KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮資料
  • 皇居空撮
  • 天皇陛下
  • 一般参賀
  • 令和最初
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 中国河北省
  • 発掘調査
  • 文物考古

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 皇室・王室
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
132
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
132
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:49.08
    2020年11月04日
    「新華社」1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡はフフホト市街地の北方に位置する大青山の蜈蚣壩(ごしょうは)頂上にある。分布範囲は約1万平方メートル。遺跡の存在は1980年代に確認されていたが、正式な発掘が始まったのは2019年からで、これまでに遺跡の形状や構造、性質が明らかになっている。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。同研究所の張文平(ちょう・ぶんぺい)副所長は、北魏の皇室が天を祭ったことは歴史書に多くの記載があるが、今回の発掘が行われるまでその場所を特定することができなかったと説明。遺跡が使用された時期については、出土品の年代鑑定から430~490年の間ではないかとの見方を示した。専門家は今回発掘された遺跡について、中原王朝の祭祀・礼法と北方遊牧民族の伝統的な祭祀方式が結合したものだと指摘。年代的に隋唐時代の西安の圜丘や明清時代の北京の天壇より早いことから、中国の皇室祭天儀式の歴史や北魏の祭天儀礼制度を研究する上で貴重な実物証拠になるとの考えを示した。(記者/張晟)<映像内容>皇帝祭天遺跡の発掘現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月25日
    1500年前の皇帝祭天遺跡を発掘内モンゴル自治区

    10月25日、フフホト市武川県の北魏皇帝祭天遺跡の発掘現場。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区の文物考古研究所は、フフホト市武川県内でこのほど、中国南北朝時代の北魏王朝(386~534年)の皇帝が天を祭る儀式を行った祭天遺跡の発掘調査を実施した。北魏皇室の祭天遺跡が発掘されたのは今回が初めて。遺跡中央部では、儀式を行う円形の建物遺構が見つかった。遺構の内径は15・5メートル、外径32・5メートルで、南東部に幅約1メートルの通路が設けられていた。室内部分からは祭祀(さいし)用の陶缶も少量ながら出土している。遺構の外側には、いけにえ用のヒツジやウマを入れる環濠が2重に掘られており、中からこれらの動物の足の骨が見つかった。また、皇帝が儀式を行う際に臣下が立ち並ぶ二重の段の跡も発見された。(フフホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月22日
    深草北陵 深草北陵・資料

    後深草天皇ら天皇12人を合葬した深草北陵=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 2020年09月22日
    深草北陵 深草北陵・資料

    後深草天皇ら天皇12人を合葬した深草北陵=京都市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都市

  • 01:31.05
    2020年07月29日
    「新華社」空から見た普寧寺景勝地河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある普寧寺景勝地は、避暑山荘の東北側を流れる武烈河のほとりに位置し、敷地面積は5万7800平方メートル。皇室寺院群のうちの普寧寺と普佑寺から構成されており、それぞれ西暦1755年(乾隆20年)、1760年(乾隆25年)に建てられた。「普天之下安寧」(天下全てが安寧である)、「保佑天下衆生」(天下の人々を加護する)という意味から名が付けられた。(記者/駱学峰)<映像内容>普寧寺景勝地の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.97
    2020年07月25日
    「新華社」空から見た承徳のミニポタラ宮河北省

    中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(記者/駱学峰)<映像内容>ミニポタラ宮の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省

    24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省

    24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省

    24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省

    24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    空から見た承徳のミニポタラ宮河北省

    24日、承徳市のミニポタラ宮「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」。(小型無人機から撮影したビデオ映像のキャプチャー画像)中国河北省承徳市の「布達拉(ポタラ)・行宮(あんぐう)景勝区」は、清王朝の夏の離宮「避暑山荘」北側の獅子嶺の南麓にある。面積は25万7900平方メートル。景勝地には皇室の寺院群のうち、1767(乾隆32)年に造営された「普陀宗乗之廟(ふだそうじょうしびょう)」がある。チベット自治区のラサ市にあるポタラ宮を模して建てられたことから、ミニポタラ宮とも呼ばれる。建築にも漢民族様式とチベット族様式が融合されており、雄大かつ荘厳な姿が青海チベット高原の風情を作り出している。(承徳=新華社記者/駱学峰)=2020(令和2)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:19.20
    2020年07月23日
    「新華社」空から眺めた夏の避暑山荘河北省承徳市

    中国河北省承徳市にある避暑山荘は、清王朝の離宮で、皇帝は夏の間ここで政務を執った。造営が始まったのは1703(康煕42)年で、面積は564万平方メートル。避暑山荘と周囲の寺院群「外八廟(がいはちびょう)」は、世界に現存する皇室庭園・寺院建築群の中で最大規模を誇る。山荘は中国の地形を模して設計されており、北西部の山岳区、南東部の湖沼区、北部の平野区からなる形状は中国国土の縮図とされる。庭園内には亭、閣、軒、榭(しゃ)、廟など中国古典建築の景観が120カ所余りある。避暑山荘と外八廟は1994年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/駱学峰)<映像内容>避暑山荘の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月13日
    高輪皇族邸の航空写真 上皇ご夫妻、19日皇居退去

    上皇ご夫妻の仮住まい先となる高輪皇族邸=11日、東京都港区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日、東京都港区

  • 2020年03月13日
    高輪皇族邸の航空写真 上皇ご夫妻、19日皇居退去

    上皇ご夫妻の仮住まい先となる高輪皇族邸=11日、東京都港区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日、東京都港区

  • 03:01.41
    2020年03月02日
    「新華社」春摘み茶の芳香広がる千島湖に浮かぶ「茶園の島」浙江省

    中国浙江省杭州市淳安県の千島湖に点在する「茶園の島」で2日、春茶の茶摘みが始まった。現地では地元の農業部門と茶葉の専門家、茶の電子商取引業者が、ライブ配信を通じて茶葉の新種紹介や「茶の旅」ルートの発表を行うことで、茶業の生産再開を後押しするイベントを実施した。同県は中国で古い歴史をもつ茶の産地の一つ。同省の主要な茶産地の一つで、初めて「国家級茶樹良種」に選ばれた竜井茶「鳩坑種」の原産地でもある。唐代にはすでに皇室献上品だった。県内の茶園の総面積は19万ムー(約1万2600ヘクタール)、茶業に従事する農家は8万余世帯にのぼるという。(記者/殷暁聖)<映像内容>茶園の風景、春茶の茶摘みの様子など、撮影日:2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.60
    2020年01月19日
    「新華社」鼎盛皇室ランタン祭り開幕承徳市

    中国河北省承徳市で19日、第7回鼎盛皇家ランタン祭りが開幕した。同祭りは歴史的民俗と文化を継承し、冬の文化観光を革新することを主旨としている。同祭りは中国の伝統な風習の伝承を基にして、氷彫刻やランタン、民俗ショー、美食、ゲームなどの催しで新春の雰囲気を生み出している。祭りは2月8日まで開催され、期間中はさまざまなテーマイベントが行われる。(記者/駱学峰)<映像内容>第7回鼎盛皇家ランタン祭りの様子、撮影日:2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月02日
    皇居前で並ぶ人たち 令和初の新年一般参賀

    令和初の新年一般参賀を待つ大勢の人たち。奥は皇居・宮殿=2日午前8時22分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日午前8時22分

  • 00:55.25
    2019年11月13日
    空撮 完成した大嘗宮を公開 皇居・東御苑、あす本番

    宮内庁は13日、皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式「大嘗宮の儀」が行われるのを前に、皇居・東御苑に設営された「大嘗宮」を報道陣に公開した。工事は清水建設(東京)が担い、7月末に着工し、10月末に完成した。大嘗宮は30余りの建物で構成。天皇陛下の儀式の場となる悠紀殿や主基殿には、皮付きの丸太を使う「黒木造り」の工法が用いられた。全国の特産品を供える庭積帳殿や、皇后さまが拝礼する帳殿などとともに、高さ約1㍍の柴垣で囲われている。柴垣の外には、供え物の料理(神饌)を調理する膳屋や、参列者用の大型天幕も並ぶ。清水建設は予定価格の6割となる9億5700万円で落札。島根・出雲大社の解体改修を担当した工事長を責任者にし、東北や関東、北陸から宮大工を確保した。建物には長野のカラマツや静岡のスギ、北海道のヤチダモの丸太などが使われた。<映像内容>皇居・東御苑に設営された「大嘗宮」を共同通信ヘリから撮影した映像、撮影日:2019(令和元)年11月13日、撮影場所:東京都 皇居・東御苑

    撮影: 2019(令和元)年11月13日

  • 00:55.25
    2019年11月13日
    空撮 完成した大嘗宮を公開 皇居・東御苑、あす本番

    宮内庁は13日、皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式「大嘗宮の儀」が行われるのを前に、皇居・東御苑に設営された「大嘗宮」を報道陣に公開した。工事は清水建設(東京)が担い、7月末に着工し、10月末に完成した。大嘗宮は30余りの建物で構成。天皇陛下の儀式の場となる悠紀殿や主基殿には、皮付きの丸太を使う「黒木造り」の工法が用いられた。全国の特産品を供える庭積帳殿や、皇后さまが拝礼する帳殿などとともに、高さ約1メートルの柴垣で囲われている。柴垣の外には、供え物の料理(神饌)を調理する膳屋や、参列者用の大型天幕も並ぶ。清水建設は予定価格の6割となる9億5700万円で落札。島根・出雲大社の解体改修を担当した工事長を責任者にし、東北や関東、北陸から宮大工を確保した。建物には長野のカラマツや静岡のスギ、北海道のヤチダモの丸太などが使われた。<映像内容>皇居・東御苑に設営された「大嘗宮」を共同通信ヘリから撮影した映像、撮影日:2019(令和元)年11月13日、撮影場所:皇居 東御苑

    撮影: 2019(令和元)年11月13日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月13日
    靖国神社の空撮 靖国の陛下参拝要請断る

    靖国神社=13日午後、東京・九段北(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後、東京・九段北

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月13日
    九段北の靖国神社 靖国の陛下参拝要請断る

    靖国神社=13日午後、東京・九段北(共同通信社ヘリから)

    撮影: 13日午後、東京・九段北

  • 2019年07月25日
    成都の東華門遺跡、唐代の御苑「摩訶池」の調査進む四川省

    上空から見た東華門遺跡の発掘エリア。(資料写真、小型無人機から)中国四川省成都市で22日、成都都市考古学研究会が開かれ、市の中心部で近年調査が進む東華門遺跡のこれまでの発掘成果や最新の調査状況が紹介された。遺跡で見つかった「摩訶(まか)池」は隋代(6世紀末~7世紀初め)に建設が始まり、約600年後の宋代に至るまで整備が続けられた。唐代には皇室所有の「皇家園林」とされ、詩人の杜甫(とほ)も訪れた。同遺構は2014年にその一部が見つかった後も断続的な発掘調査が行われており、これまでの調査で歩道や庭園建築、用水路、井戸、小さな池などが見つかり、大量の陶磁器や建築部材が出土している。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居で令和最初の一般参賀
  • 2019年05月04日
    皇居前埋める大勢の人 皇居で令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う一般参賀に訪れ、皇居前に並ぶ大勢の人たち。左上は宮殿=4日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 4日午前

  • 2019年05月04日
    参賀に向かう大勢の人たち 皇居で令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う一般参賀に向かう大勢の人たち=4日午前、皇居前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 4日午前、皇居前

  • 2019年05月04日
    皇居前に並ぶ人たち 皇居で令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う一般参賀に訪れ、皇居前に並ぶ大勢の人たち=4日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 4日午前

  • 2019年05月04日
    宮殿前に向かう人たち 皇居で令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う一般参賀のため、皇居に入る大勢の人たち=4日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 4日午前

  • 2019年05月04日
    東庭に入る大勢の人たち 皇居で令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う一般参賀のため、宮殿・東庭に入る大勢の人たち=4日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 4日午前

  • 2019年05月04日
    皇居前に並ぶ大勢の人たち 皇居で令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う一般参賀に訪れ、皇居前に並ぶ大勢の人たち。左上は宮殿=4日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 4日午前

  • 2019年05月04日
    東庭を埋める大勢の人たち 皇居で令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う令和最初の一般参賀に訪れた大勢の人たち=4日午前、宮殿・東庭(共同通信社ヘリから)

    撮影: 4日午前、宮殿・東庭

  • 2019年05月04日
    参賀に訪れた大勢の人たち 皇居で令和最初の一般参賀

    天皇陛下の即位を祝う令和最初の一般参賀に訪れた大勢の人たち=4日午前、宮殿・東庭(共同通信社ヘリから)

    撮影: 4日午前、宮殿・東庭

  • 2019年05月01日
    皇居を出る陛下の車 天皇陛下が即位

    皇居を出る天皇陛下を乗せた車の列=1日午後0時28分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午後0時28分

  • 2019年05月01日
    陛下の車と集まった人 天皇陛下が即位

    皇居を出る天皇陛下を乗せた車の列と集まった人たち=1日午後0時29分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午後0時29分

  • 2019年05月01日
    陛下の車と集まった人 天皇陛下が即位

    皇居を出る天皇陛下を乗せた車の列と集まった人たち=1日午後0時29分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午後0時29分

  • 2019年05月01日
    陛下の車と集まった人 天皇陛下が即位

    赤坂御所へ戻る天皇陛下を乗せた車の列と、沿道に集まった人たち=1日午後0時36分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午後0時36分

  • 2019年05月01日
    陛下の車と集まった人 天皇陛下が即位

    皇居へ入る天皇陛下を乗せた車の列と集まった人たち=1日午前9時57分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時57分

  • 2019年05月01日
    皇居と赤坂御所 天皇陛下が即位

    令和初日を迎えた皇居(上)と赤坂御所(左下)=1日午前9時47分(共同通信社ヘリから)

  • 2019年05月01日
    皇后さまを乗せた車の列 天皇陛下が即位

    赤坂御所(左)を出て、皇居へ向かう皇后さまを乗せた車の列=1日午前10時41分(共同通信社ヘリから)

  • 2019年05月01日
    皇后さまを乗せた車 天皇陛下が即位

    皇居に入る皇后さまを乗せた車の列=1日午前10時48分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前10時48分

  • 2019年05月01日
    皇后さまの車列 天皇陛下が即位

    皇居へ入る皇后さまを乗せた車の列と集まった人たち=1日午前10時48分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前10時48分

  • 2019年05月01日
    車列と人 天皇陛下が即位

    皇居に向かう天皇陛下を乗せた車の列=1日午前9時57分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時57分

  • 2019年05月01日
    皇居に入る車 天皇陛下が即位

    皇居に入る天皇陛下を乗せた車の列=1日午前9時57分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時57分

  • 2019年05月01日
    皇居に入る車列 天皇陛下が即位

    皇居に入る天皇陛下を乗せた車の列=1日午前9時57分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時57分

  • 2019年05月01日
    車列と赤坂御所 天皇陛下が即位

    赤坂御所(上)を出て、皇居へ向かう天皇陛下を乗せた車の列=1日午前9時53分(共同通信社ヘリから)

  • 2019年05月01日
    令和初日の日の出 天皇陛下が即位

    東京上空約1万2千㍍から見た令和元年初日の日の出=1日午前5時5分(共同通信社機から)

    撮影: 1日午前5時5分

  • 2019年05月01日
    令和初の日の出 天皇陛下が即位

    東京上空約1万2千㍍から見た令和元年初日の日の出=1日午前4時51分(共同通信社機から)

    撮影: 1日午前4時51分

  • 00:56.42
    2019年05月01日
    空撮 太宰府市で「令和」人文字 新元号ゆかりの地

    新元号の典拠となった万葉集の一節「梅花の宴」にゆかりがある福岡県太宰府市で1日、天皇陛下の即位と改元を祝って「令和」の人文字が作られた。主催した住民団体によると、当初の予定より5割多い約1500人が集まった。大宰府政庁跡で曇り空の下、事前公募に申し込んだ参加者らは、1文字の大きさが約30メートル四方になるよう早朝から整列を始めた。約1時間15分かけて午前7時半、人文字が完成した。<映像内容>新元号ゆかりの地、福岡県太宰府市の大宰府政庁跡で、市民らが集まり作られた「令和」の人文字を共同通信ヘリから撮影した映像、撮影日:2019(令和元)年5月1日、撮影場所:福岡県太宰府市 大宰府政庁跡

    撮影: 2019(令和元)年5月1日

  • 2019年04月29日
    夕闇に包まれる皇居 陛下きょう退位、平成に幕

    日が落ちて夕闇に包まれる皇居(手前中央)。30年余り続いた「平成」が終わり「令和」の時代を迎える=29日夜(共同通信社ヘリから)

  • 2019年04月29日
    東京の夜景と皇居 陛下きょう退位、平成に幕

    日が落ちて夕闇に包まれる皇居(手前)。奥は新宿の高層ビル群。30年余り続いた「平成」が終わり「令和」の時代を迎える=29日夜(共同通信社ヘリから)

  • 2019年04月29日
    皇居の宮中三殿と宮殿 陛下きょう退位、平成に幕

    皇居の宮中三殿(左下)と宮殿(右上)=29日(共同通信社ヘリから)

  • 2019年04月29日
    皇居の宮中三殿 陛下きょう退位、平成に幕

    皇居の宮中三殿。中央は賢所=29日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 29日

  • 2019年04月28日
    高輪皇族邸 公務退き、読書や音楽

    「仙洞仮御所」となる高輪皇族邸=東京都港区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 東京都港区

  • 2019年04月02日
    新浜鴨場の空撮 皇太子さまプロポーズの場

    宮内庁が管理している千葉県市川市の「新浜鴨場」=2016年7月

    撮影: 2016年7月

  • 2019年01月02日
    一般参賀で行列を作る人 平成最後の新年一般参賀

    平成最後の一般参賀を待つ人たち。手前は皇居・宮殿=2日午前8時17分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日午前8時17分

  • 2019年01月02日
    行列を作る人 平成最後の新年一般参賀

    平成最後の一般参賀を待つ人たち。手前は皇居・宮殿=2日午前8時14分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日午前8時14分

  • 01:14.74
    2019年01月02日
    空撮と地上撮 平成最後の新年一般参賀 陛下「世界の幸せ祈る」

    平成最後の年が始まり、天皇陛下が新年に当たり、人々から祝賀を受ける在位中最後の一般参賀が2日、皇居で行われた。陛下は、皇后さまや皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻ら成年皇族と共に宮殿・長和殿に立ち「本年が少しでも多くの人々にとり良い年となるよう願っています。年頭に当たり、わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」とあいさつされた。〈映像内容〉皇居で行われた平成最後の新年一般参賀の様子、雑観など、撮影日:2019(平成31)年1月2日、撮影場所:皇居

    撮影: 2019(平成31)年1月2日

  • 2018年12月21日
    竜門石窟で唐代の仏塔基壇を発見インド高僧の墓塔か

    香山寺遺跡の発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国河南省洛陽市の竜門石窟研究院はこのほど、同石窟に隣接する香山寺遺跡で実施した初の大規模発掘調査で、格式が高く規模の大きな仏塔の基壇が見つかったと発表した。同寺は唐代の皇室寺院で「竜門十寺」の一つに数えられる。基壇は文献資料などにより、唐代に中国を訪れたインドの高僧、地婆訶羅(ディバーカラ)の墓塔ではないかと推測される。(鄭州=新華社配信)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月12日
    皇居の宮殿と宮内庁 即位儀式の簡素化追求

    皇居の宮殿(左)と宮内庁=12日午後、東京都千代田区(共同通信社ヘリから)

  • 00:50.25
    2018年10月12日
    空撮 皇居全景や宮内庁など 政府、式典委員会を設置

    政府は12日の閣議で、天皇陛下の退位と新天皇の即位に伴う一連の儀式の詳細を検討する「式典委員会」の設置を決定した。安倍晋三首相がトップを務め、円滑な皇位継承に向けた準備に万全を期す方針だ。平成の代替わりを踏襲し、皇室の伝統や憲法との整合性にも配慮しながら、式次第や参列者数といった各儀式の概要を順次作成する。〈映像内容〉皇居全景や宮内庁の空撮、撮影日:2018(平成30)年10月12日、撮影場所:皇居 宮内庁

    撮影: 2018(平成30)年10月12日

  • 2017年12月18日
    高輪皇族邸(旧高松宮邸) 陛下退位後、住まい交換へ

    天皇陛下の退位後、天皇、皇后両陛下が仮住まいされる高輪皇族邸(旧高松宮邸)=18日午後、東京都港区(共同通信社ヘリから)

  • 00:39.37
    2017年12月18日
    空撮 代替わり後、住まい交換へ 両陛下と皇太子ご一家

    宮内庁は18日、天皇陛下の退位後、天皇、皇后両陛下と皇太子ご一家が住まいを交換されると正式に発表した。両陛下が先に皇居・御所を離れ、改修工事の間、東京都港区の高輪皇族邸(旧高松宮邸)に仮住まいする。皇太子ご一家の住まいは現在、東宮御所と呼ばれているが、両陛下が上皇、上皇后となって移り住んだ後は、先例に倣い「仙洞御所」と呼ぶ。<映像内容> 天皇陛下が退位後にお住まいになる予定の高輪皇族邸(旧高松宮邸)の空撮。18日午後3時45分ごろ東京都港区で撮影。

  • 2017年12月04日
    皇居の航空写真

    皇居全景。中央下は宮殿=2017年11月29日撮影

    撮影: 2017年11月29日撮影

  • 2017年12月01日
    宮内庁 陛下退位で皇室会議

    皇居内にある宮内庁=11月29日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11月29日

  • 2017年12月01日
    皇居と国会議事堂 陛下退位で皇室会議

    皇居(上)と国会議事堂=11月29日(共同通信社ヘリから)

  • 2017年12月01日
    皇居、国会議事堂 陛下退位で皇室会議

    皇居(上)と国会議事堂=11月29日(共同通信社ヘリから)

  • 02:54.77
    2017年06月09日
    空撮と記者会見 円滑な退位実施に最善 特例法成立で官房長官

    天皇陛下の退位を実現する特例法が9日成立し、政府は2018年12月にも見込む代替わりに向けた準備を本格化させる。<映像内容>皇居空撮、菅官房長官の記者会見の様子、撮影日:2017(平成29)年6月9日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2017(平成29)年6月9日

  • 2017年06月02日
    国会と皇居 衆院本会議で退位法案可決

    衆院本会議で天皇陛下の退位を実現する特例法案を可決した国会(手前)。上は皇居=2日午後(共同通信社ヘリから)

  • 2017年05月19日
    宮殿と宮内庁 新天皇即位は18年12月想定

    皇居・宮殿(左)と宮内庁=19日(共同通信社ヘリから)

  • 2017年05月19日
    首相官邸と皇居 退位法案を閣議決定

    天皇陛下の退位を実現する特例法案を閣議決定した首相官邸(手前左)。中央は国会議事堂。奥は皇居=19日午前(共同通信社ヘリから)

  • 2017年05月19日
    皇居全景 退位法案を閣議決定

    皇居全景。中央は宮殿=19日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午前

  • 2016年08月10日
    宮殿と宮内庁 皇居資料

    皇居・宮殿(上)と宮内庁=2016年8月5日(共同通信社ヘリから)

  • 2016年08月10日
    宮殿と宮内庁 皇居資料

    皇居・宮殿(手前上)と宮内庁(同下)=2016年8月5日(共同通信社ヘリから)

  • 2016年07月14日
    皇居の航空写真 公務全うが天皇の姿

    皇居=14日午前、共同通信社ヘリから

    撮影: 14日午前、共同通信社ヘリから

  • 2016年07月14日
    皇居の宮殿と宮内庁 公務全うが天皇の姿

    皇居・宮殿(左)と宮内庁=14日午前、共同通信社ヘリから

  • 2016年07月14日
    皇居・御所 公務全うが天皇の姿

    皇居・御所=14日午前、共同通信社ヘリから

    撮影: 14日午前、共同通信社ヘリから

  • 02:27.14
    2016年07月14日
    空撮 公務全うが天皇の姿 陛下が今春に意向示す

    天皇陛下が、宮内庁が新たな公務軽減策を検討していた今春、身近な関係者に「天皇である以上は公務を全うする。そうでなければ憲法で定められた象徴としてふさわしくない」との趣旨の考えを示されていたことが14日、政府関係者への取材で分かった。陛下は大幅な軽減を拒んだ上、十分な活動ができなくなれば生前退位も辞さない意向を漏らしたという。〈映像内容〉皇居の空撮。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年04月07日
    西太平洋戦没者の碑空撮 両陛下きょうパラオ入り

    パラオ・ペリリュー島で天皇、皇后両陛下が供花、拝礼される「西太平洋戦没者の碑」(中央)=3月24日(チャーターヘリから・共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年04月07日
    西太平洋戦没者の碑の空撮 両陛下きょうパラオ入り

    パラオ・ペリリュー島で天皇、皇后両陛下が供花、拝礼される「西太平洋戦没者の碑」(中央)=3月24日(チャーターヘリから・共同)

  • 02:58.61
    2014年12月03日
    紅葉の皇居・乾通りを公開 春に続き陛下の傘寿記念

    天皇陛下が80歳を迎えられたのを記念し、紅葉が見頃となった皇居・乾(いぬい)通りの一般公開が3日、始まった。7日までの5日間で、今春の桜の時期に続く2回目の公開。公開時間は毎日午前10時から午後3時半(入門は午後2時半まで)だが、初日のこの日は早朝から多くの人が集まって約6千人に達したため、宮内庁は入り口の坂下門の開門を30分早めた。宮内庁によると、正午までに3万5660人が入門した。乾通りは皇居内の宮内庁庁舎と北の丸公園側にある乾門とを結ぶ約650メートルの並木道。両側に植えられたモミジ類59本の葉が赤く染まり、入場者は旧江戸城の石垣や堀の景色も楽しみながら通りを歩いた。途中の西桔橋(にしはねばし)を渡って東御苑に抜けることもできる。<映像内容>皇居・乾通りの一般公開で、坂下門前にできた入門待ちの行列、撮影日:2014(平成26)年12月3日、撮影場所:皇居上空

    撮影: 2014(平成26)年12月3日

  • 2013年11月14日
    武蔵陵墓地 両陛下、火葬方式に

    武蔵陵墓地の全景。中央左から大正天皇陵、貞明皇后陵、昭和天皇陵、香淳皇后陵=13日、東京都八王子市で共同通信社ヘリから

    撮影: 13日、東京都八王子市で共同通信社ヘリから

  • 2013年11月14日
    武蔵陵墓地の航空写真 両陛下、火葬方式に

    武蔵陵墓地。左から大正天皇陵、貞明皇后陵、昭和天皇陵、香淳皇后陵。大正天皇陵の左側が両陛下の陵の造営予定地=13日、東京都八王子市で共同通信社ヘリから

    撮影: 13日、東京都八王子市で共同通信社ヘリから

  • 2013年11月14日
    空撮資料 武蔵陵墓地

    武蔵陵墓地。(左から)武蔵野陵(昭和天皇)、武蔵野東陵(香淳皇后)=2013年11月13日、東京都八王子市で共同通信社ヘリから

  • 1
  • 2