KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
15,217
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
15,217
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月22日
    (3)遼東湾でくつろぐゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    20日、遼寧省盤錦市の三道溝海域の干潟で遊ぶゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域の干潟で連日、ゴマフアザラシの群れが姿を見せている。毎年12月になると越冬のため、遼東湾北端の遼河の河口にやって来て出産。5月中旬ごろには三道溝海域を離れ、北西太平洋へと戻っていく。ゴマフアザラシは国家1級保護野生動物に指定されている。(盤錦=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (1)六盤山自然保護区でオオサンショウウオ発見寧夏回族自治区

    19日、発見されたチュウゴクオオサンショウウオを川に帰す職員ら。中国寧夏回族自治区固原市の六盤山(りくばんさん)国家級自然保護区管理局は、同局職員が19日、涇河(けいが)で体長約1・4メートルのオオサンショウウオを発見したと明らかにした。動物専門家の初期鑑定によると、発見された個体は50歳前後の野生のチュウゴクオオサンショウウオで、同保護区では初めての発見となる。(固原=新華社配信/王玉平)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (4)六盤山自然保護区でオオサンショウウオ発見寧夏回族自治区

    19日、涇河で発見されたチュウゴクオオサンショウウオ。中国寧夏回族自治区固原市の六盤山(りくばんさん)国家級自然保護区管理局は、同局職員が19日、涇河(けいが)で体長約1・4メートルのオオサンショウウオを発見したと明らかにした。動物専門家の初期鑑定によると、発見された個体は50歳前後の野生のチュウゴクオオサンショウウオで、同保護区では初めての発見となる。(固原=新華社配信/王玉平)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:11.27
    2021年04月22日
    「新華社」新疆アルチン山でユキヒョウの母子3頭を撮影

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州のアルチン(阿爾金)山国家級自然保護区でこのほど、赤外線カメラのデータを整理していた職員が、標高4050メートルのチマンタグ(祁曼塔格)山で撮影されたユキヒョウ3頭の映像を発見した。3頭は照合の結果、2019年にカメラに捉えられたのと同一の母子と確認された。同保護区は面積450万ヘクタール、平均標高4580メートル。近年は巡回強化や技術投下、放牧の禁止による出入り管理を通して生態環境の改善を進めている。また、同じ青海チベット高原に位置する青海省ココシリ(可可西里)やチベット自治区チャンタン(羌塘)、青海三江源国立自然保護区と共に中国西部高原の自然保護区群を構成している。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (9)遼東湾でくつろぐゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    20日、遼寧省盤錦市の三道溝海域の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域の干潟で連日、ゴマフアザラシの群れが姿を見せている。毎年12月になると越冬のため、遼東湾北端の遼河の河口にやって来て出産。5月中旬ごろには三道溝海域を離れ、北西太平洋へと戻っていく。ゴマフアザラシは国家1級保護野生動物に指定されている。(盤錦=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (10)遼東湾でくつろぐゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    20日、遼寧省盤錦市の三道溝海域の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域の干潟で連日、ゴマフアザラシの群れが姿を見せている。毎年12月になると越冬のため、遼東湾北端の遼河の河口にやって来て出産。5月中旬ごろには三道溝海域を離れ、北西太平洋へと戻っていく。ゴマフアザラシは国家1級保護野生動物に指定されている。(盤錦=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (5)遼東湾でくつろぐゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    20日、遼寧省盤錦市の三道溝海域の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域の干潟で連日、ゴマフアザラシの群れが姿を見せている。毎年12月になると越冬のため、遼東湾北端の遼河の河口にやって来て出産。5月中旬ごろには三道溝海域を離れ、北西太平洋へと戻っていく。ゴマフアザラシは国家1級保護野生動物に指定されている。(盤錦=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (6)遼東湾でくつろぐゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    20日、遼寧省盤錦市の三道溝海域の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域の干潟で連日、ゴマフアザラシの群れが姿を見せている。毎年12月になると越冬のため、遼東湾北端の遼河の河口にやって来て出産。5月中旬ごろには三道溝海域を離れ、北西太平洋へと戻っていく。ゴマフアザラシは国家1級保護野生動物に指定されている。(盤錦=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (2)六盤山自然保護区でオオサンショウウオ発見寧夏回族自治区

    19日、涇河で発見されたチュウゴクオオサンショウウオ。中国寧夏回族自治区固原市の六盤山(りくばんさん)国家級自然保護区管理局は、同局職員が19日、涇河(けいが)で体長約1・4メートルのオオサンショウウオを発見したと明らかにした。動物専門家の初期鑑定によると、発見された個体は50歳前後の野生のチュウゴクオオサンショウウオで、同保護区では初めての発見となる。(固原=新華社配信/王玉平)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (1)遼東湾でくつろぐゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    20日、遼寧省盤錦市の三道溝海域の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域の干潟で連日、ゴマフアザラシの群れが姿を見せている。毎年12月になると越冬のため、遼東湾北端の遼河の河口にやって来て出産。5月中旬ごろには三道溝海域を離れ、北西太平洋へと戻っていく。ゴマフアザラシは国家1級保護野生動物に指定されている。(盤錦=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (4)遼東湾でくつろぐゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    20日、遼寧省盤錦市の三道溝海域の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域の干潟で連日、ゴマフアザラシの群れが姿を見せている。毎年12月になると越冬のため、遼東湾北端の遼河の河口にやって来て出産。5月中旬ごろには三道溝海域を離れ、北西太平洋へと戻っていく。ゴマフアザラシは国家1級保護野生動物に指定されている。(盤錦=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (7)遼東湾でくつろぐゴマフアザラシ遼寧省盤錦市

    20日、遼寧省盤錦市の三道溝海域の干潟でくつろぐゴマフアザラシ。(小型無人機から)中国遼寧省盤錦市を流れる遼河の河口、三道溝海域の干潟で連日、ゴマフアザラシの群れが姿を見せている。毎年12月になると越冬のため、遼東湾北端の遼河の河口にやって来て出産。5月中旬ごろには三道溝海域を離れ、北西太平洋へと戻っていく。ゴマフアザラシは国家1級保護野生動物に指定されている。(盤錦=新華社記者/楊青)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    (3)六盤山自然保護区でオオサンショウウオ発見寧夏回族自治区

    19日、発見されたチュウゴクオオサンショウウオを川に帰す職員。中国寧夏回族自治区固原市の六盤山(りくばんさん)国家級自然保護区管理局は、同局職員が19日、涇河(けいが)で体長約1・4メートルのオオサンショウウオを発見したと明らかにした。動物専門家の初期鑑定によると、発見された個体は50歳前後の野生のチュウゴクオオサンショウウオで、同保護区では初めての発見となる。(固原=新華社配信/王玉平)= 配信日: 2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (7)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (7)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (6)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    17日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (8)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県安靖郷大通橋村で、雨の中満開となったハンカチノキの花を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (3)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で、満開のハンカチノキのそばを走るサイクリング愛好家。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (5)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (4)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (2)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (8)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟上空を飛ぶブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (2)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (1)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県安靖郷大通橋村で撮影した雨に濡れるハンカチノキの花。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (4)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (3)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で戯れるブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (5)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (1)干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟で餌を探すブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    タンタン 神戸のパンダ心疾患で治療

    神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン」

  • 00:11.56
    2021年04月19日
    「新華社」チベット自治区で初めてカッショクジャコウジカの撮影に成功

    中国チベット自治区山南市の卡久寺でこのほど、野鳥観察をしていた愛好家が偶然カッショクジャコウジカと遭遇し、その姿を映像に収めることに成功した。同自治区林業・草原局野生動物保護処により、自治区内で初めて撮影されたカッショクジャコウジカの映像と確認された。カッショクジャコウジカは中国で個体数が少なく、生息に適した環境も限られ、国家1級保護動物に指定されている。野生のジャコウジカは世界でもアジア東部にのみ分布し、主要生息地域となる中国では20余りの省、自治区、直轄市に遍在している。国内に生息するジャコウジカ類は6種類で、うちヤマジャコウジカとカッショクジャコウジカはチベット自治区の固有種とされている。(記者/田金文、姚兵) =配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、放流を待つゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (8)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、放流活動エリアで、海水サンプルを採取するスタッフ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、放流を待つゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (11)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、ゴマフアザラシを海に放流するスタッフ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (9)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、放流を待つゴマフアザラシを船まで運ぶスタッフ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (10)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、大連市の旅順口区沖を泳ぐゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (13)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、ゴマフアザラシを海に放流するスタッフ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (12)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、放流を待つゴマフアザラシを船まで運ぶスタッフ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (14)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、大連市の旅順口区沖を泳ぐゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (7)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、大連市の旅順口区沖を泳ぐゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (15)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、海に飛び込んだゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (6)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、ゴマフアザラシを海に放流するスタッフ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、海に飛び込んだゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (2)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、放流を待つゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (4)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区で自然に返される前のビルマニシキヘビ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (7)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区でミズオオトカゲを自然に返す準備をするスタッフ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (3)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区で自然に返されたビルマニシキヘビ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (9)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区でビルマニシキヘビを自然に帰すスタッフ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (8)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区でビルマニシキヘビを自然に帰す準備をするスタッフ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (5)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区で自然に返される前のミズオオトカゲ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (1)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区で自然に返されたミズオオトカゲ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (2)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区で自然に返されたビルマニシキヘビ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (10)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区でビルマニシキヘビを自然に帰すスタッフ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    干潟に姿を現した希少鳥類ブロンズトキ福建省

    17日、福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟上空を飛ぶブロンズトキ。中国福建省寧徳市霞浦県福寧湾の干潟にこのほど、希少鳥類のブロンズトキが姿を現した。その様子を捉えた映像が地元メディアによって報じられるとたちまち評判となり、各地のカメラマンや地元の生態保護ボランティアが、美しい姿を一目見ようと次々と干潟を訪れた。(福州=新華社記者/梅永存)=配信日:2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月17日
    (6)国家重点保護野生動物が野生復帰海南省

    15日、海南省の上渓自然保護区でミズオオトカゲとビルマニシキヘビを運ぶスタッフ。中国海南省の海口市陸生野生動物救護センターは15日、上渓自然保護区でミズオオトカゲ1匹とビルマニシキヘビ2匹を自然に返した。3匹は市民が捕獲した個体で、同センターが引き取り、野外での生存能力があることを確認していた。ミズオオトカゲとビルマニシキヘビはそれぞれ中国の国家1級、2級保護野生動物に指定されている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    キリン「サンタロウ」 池田動物園の顔に

    4月17日からの一般公開を前に、のんびりと過ごすサンタロウ。池田動物園(岡山市北区京山)で17日から雄のアミメキリン「サンタロウ」(1歳)が一般公開されるのを前に、サンタロウの仲間入りを祝うセレモニーが16日、同園で開かれ、関係者約100人が新たな人気者への成長を願った=2021(令和3)年4月16日、池田動物園=岡山市北区京山、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 01:01.73
    2021年04月16日
    「新華社」重慶陰条嶺国家級自然保護区でマエガミジカを発見

    中国重慶市の陰条嶺国家級自然保護区でこのほど、赤外線カメラのデータを整理していた職員が、野生のマエガミジカを捉えた5本の映像を発見した。マエガミジカはシカの一種で、中国の国家2級重点保護動物に指定されている。2本の牙と帽子のような房状の毛を持ち、耳の先は白い。他の種類のシカと同様、警戒心が強く、日中は茂みや森の中に隠れ、夕方になると餌を探しに出てくる。高山や丘陵地帯の常緑広葉樹林、針広混交林、低木林などに生息し、標高千~4千メートルの山中で活動することが多い。春以降は高地で暑さを避け、冬は日当たりの良い低山で過ごすという。(記者/黄偉)=配信日:2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月16日
    ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、放流を待つゴマフアザラシにスプレーで水をかけるスタッフ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)=配信日:2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    仲良し

    モスクワの動物園で、背中に赤ちゃんを乗せたゴリラ。片時も離れたくないようです。(タス=共同)

  • 2021年04月15日
    (1)コウノトリの生息地となった沿海湿地河北省唐山市

    13日、唐山市豊南区黒沿子鎮の沿海湿地に生息するコウノトリ。中国河北省唐山市豊南区はここ数年、環境整備と生態系回復に注力しており、区内の沿海湿地は国家1級保護動物、コウノトリの重要な生息地になっている。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (4)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているニシハイイロペリカン。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているモウコノウマ。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (5)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているオオフラミンゴ。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)コウノトリの生息地となった沿海湿地河北省唐山市

    13日、唐山市豊南区黒沿子鎮の沿海湿地に生息するコウノトリ。中国河北省唐山市豊南区はここ数年、環境整備と生態系回復に注力しており、区内の沿海湿地は国家1級保護動物、コウノトリの重要な生息地になっている。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)長沙税関、輸入郵便物から生きた観賞魚を押収

    7日、長沙郵便局税関が押収した観賞魚。中国湖南省の長沙郵便局税関は7日、日本からの国際郵便物から生きた観賞魚21匹を発見、押収した。同税関を管轄する長沙税関が11日、明らかにした。初期鑑定の結果、小型の熱帯魚と判明。長沙郵便局税関が国際郵便物から生きた魚を押収したのは、今回が初めて。現在長沙税関が、郵便物を法に基づき差し押さえている。中国の「輸出入動植物検疫法」とその実施条例などの規定により、生きた動物の郵送による輸入は禁止されている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)コウノトリの生息地となった沿海湿地河北省唐山市

    13日、唐山市豊南区黒沿子鎮の沿海湿地に生息するコウノトリ。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊南区はここ数年、環境整備と生態系回復に注力しており、区内の沿海湿地は国家1級保護動物、コウノトリの重要な生息地になっている。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているフラミンゴ。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (7)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているフンボルトペンギン。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (1)九嶺山自然保護区でラン科エビネ属の野生個体発見江西省

    8日、発見されたCalanthesieboldiiDecneの野生個体。中国江西省にある南昌大学生命科学学院のラン科植物専門家、楊柏雲(よう・はくうん)氏の鑑定により、同省九嶺山国家級自然保護区で見つかった植物が、中国の絶滅危惧植物に指定されているラン科エビネ属の「CalanthesieboldiiDecne」であることがこのほど判明した。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (1)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているフラミンゴ。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (6)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているペリカン。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (1)長沙税関、輸入郵便物から生きた観賞魚を押収

    7日、国際郵便物を検査する長沙税関の職員。中国湖南省の長沙郵便局税関は7日、日本からの国際郵便物から生きた観賞魚21匹を発見、押収した。同税関を管轄する長沙税関が11日、明らかにした。初期鑑定の結果、小型の熱帯魚と判明。長沙税関が国際郵便物から生きた魚を押収したのは、今回が初めて。現在長沙税関が、郵便物を法に基づき差し押さえている。中国の「輸出入動植物検疫法」とその実施条例などの規定により、生きた動物の郵送による輸入は禁止されている。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.02
    2021年04月15日
    「新華社」コウノトリの生息地となった沿海湿地河北省唐山市

    中国河北省唐山市豊南区はここ数年、環境整備と生態系回復に注力しており、区内の沿海湿地は国家1級保護動物、コウノトリの重要な生息地になっている。(記者/楊世尭) =配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (1)希少植物のギンリョウソウモドキを発見江西省貴渓市

    7日、三県嶺営林場李家門分場で発見されたギンリョウソウモドキ。中国江西省貴渓市北部の山間部にある三県嶺営林場李家門分場でこのほど、希少植物のギンリョウソウモドキ(銀竜草擬、Monoteopauniflora)40株余りが初めて発見された。一部は単独で生え、一部は群生していた。同営林場林政科長の蔡志文(さい・しぶん)氏によると、ギンリョウソウモドキは生育環境への要求が非常に高く、葉緑素を持たないため、光合成を行えないという。同営林場はここ数年、伐採は行わず植林だけを進めていることから、生態環境が年々向上している。今回、場内で初めて希少種のギンリョウソウモドキが発見されたことは、一帯の生態環境の改善を裏付けている。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (2)希少植物のギンリョウソウモドキを発見江西省貴渓市

    7日、三県嶺営林場李家門分場で発見されたギンリョウソウモドキ。中国江西省貴渓市北部の山間部にある三県嶺営林場李家門分場でこのほど、希少植物のギンリョウソウモドキ(銀竜草擬、Monoteopauniflora)40株余りが初めて発見された。一部は単独で生え、一部は群生していた。同営林場林政科長の蔡志文(さい・しぶん)氏によると、ギンリョウソウモドキは生育環境への要求が非常に高く、葉緑素を持たないため、光合成を行えないという。同営林場はここ数年、伐採は行わず植林だけを進めていることから、生態環境が年々向上している。今回、場内で初めて希少種のギンリョウソウモドキが発見されたことは、一帯の生態環境の改善を裏付けている。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (7)川西高原、自然林保護プロジェクトで動物の楽園に四川省

    カンゼ・チベット族自治州道孚(どうふ)県で牧畜民が飼育する馬。(2019年1月7日撮影)中国の長江上流域では、政府が実施した自然林保護プロジェクトによる20年余りの休養を経て、生態系が徐々に回復している。四川省西部の川西高原も継続的な植林により土壌流出が減少し、今では野生動物の理想的な生息地となっている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (10)川西高原、自然林保護プロジェクトで動物の楽園に四川省

    川西高原のヤク。(2018年11月19日撮影)中国の長江上流域では、政府が実施した自然林保護プロジェクトによる20年余りの休養を経て、生態系が徐々に回復している。四川省西部の川西高原も継続的な植林により土壌流出が減少し、今では野生動物の理想的な生息地となっている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.43
    2021年04月12日
    「新華社」川西高原、自然林保護プロジェクトで動物の楽園に四川省

    中国の長江上流域では、政府が実施した自然林保護プロジェクトによる20年余りの休養を経て、生態系が徐々に回復している。四川省西部の川西高原も継続的な植林により土壌流出が減少し、今では野生動物の理想的な生息地となっている。同高原では、雪に覆われた荒れ地に頻出する希少な野生動物が多くの写真愛好家を魅了している。標高が4千メートルを超える同省カンゼ・チベット自治州石渠県の真達郷自然保護区にも各種の希少野生動物が生息しており、写真愛好家によると、今は小型無人機(ドローン)などの撮影機器のおかげで、山の中腹まで登れば、雪に覆われた山頂で駆けまわる野生動物の感動的な姿を撮影することができるという。(記者/康錦謙) =配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (6)川西高原、自然林保護プロジェクトで動物の楽園に四川省

    川西高原のヤク。(2018年11月19日撮影)中国の長江上流域では、政府が実施した自然林保護プロジェクトによる20年余りの休養を経て、生態系が徐々に回復している。四川省西部の川西高原も継続的な植林により土壌流出が減少し、今では野生動物の理想的な生息地となっている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (5)川西高原、自然林保護プロジェクトで動物の楽園に四川省

    川西高原のヤク。(2018年11月19日撮影)中国の長江上流域では、政府が実施した自然林保護プロジェクトによる20年余りの休養を経て、生態系が徐々に回復している。四川省西部の川西高原も継続的な植林により土壌流出が減少し、今では野生動物の理想的な生息地となっている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (8)川西高原、自然林保護プロジェクトで動物の楽園に四川省

    川西高原のヤク。(2018年11月19日撮影)中国の長江上流域では、政府が実施した自然林保護プロジェクトによる20年余りの休養を経て、生態系が徐々に回復している。四川省西部の川西高原も継続的な植林により土壌流出が減少し、今では野生動物の理想的な生息地となっている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月12日
    (9)川西高原、自然林保護プロジェクトで動物の楽園に四川省

    川西高原のヤク。(2018年11月19日撮影)中国の長江上流域では、政府が実施した自然林保護プロジェクトによる20年余りの休養を経て、生態系が徐々に回復している。四川省西部の川西高原も継続的な植林により土壌流出が減少し、今では野生動物の理想的な生息地となっている。(カンゼ=新華社記者/康錦謙)= 配信日: 2021(令和3)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    コアラを間近に

    鹿児島市の平川動物公園でオープンした新しいコアラ館

  • 2021年04月10日
    (4)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (7)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (1)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (8)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (2)「パンダの都」に新たな人気スポット四川省都江堰市

    7日、「自撮りパンダ」の横顔。中国四川省都江堰(とこうえん)市の広場にこのほど、仰向けに寝転んで自撮りするジャイアントパンダの巨大オブジェが登場した。オランダ人アーティスト、フロレンテイン・ホフマン氏のデザインで、全長26・5メートル、幅11メートル、高さ12メートル、重さ130トン。都江堰は「四川のパンダ保護区群」の一部として国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に登録されており、「パンダの都」と呼ばれている。スマホを装着した自撮り棒を右手で掲げ、ポーズを決めるユニークな「自撮りパンダ」と記念写真を撮ろうと、大勢の市民や観光客が訪れている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (3)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (5)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (9)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (2)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (6)春の湿地にカンムリカイツブリが飛来河北省邢台市

    8日、河北省邢台市経済開発区の南陽湖を泳ぐカンムリカイツブリ。中国河北省邢台市の経済開発区でここ数年、川・湖に対する生態系管理や環境保護対策が強化されるにつれて、希少な各種鳥類がこの地に生息・繁殖するようになってきた。春を迎えた同区の湿地では、飛来してきた多くのカンムリカイツブリが、餌を探したり湖で泳いだりする姿を見ることができる。(邢台=新華社配信/陳雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (2)60数年ぶり、希少なインドアジサシを確認雲南省盈江県

    雲南省盈江県で撮影したインドアジサシ。(3月23日撮影)中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の県城(県政府所在地)近くを流れる大盈江の岸辺で3月下旬、広東省広州市の生態写真家、陳錦棠(ちん・きんどう)氏がインドアジサシを撮影した。この種が中国で最後に記録されたのは1960年で、実に60数年ぶりにその姿が確認されたことになる。中山大学生態学院の劉陽(りゅう・よう)教授によると、インドアジサシは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されており、国内では雲南省の盈江県などに分布する非常に希少な種だという。今年2月には、国家2級重点保護野生動物に指定された。(昆明=新華社配信/陳錦棠)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.08
    2021年04月09日
    「新華社」ガチョウがトラに猛反撃河北省

    中国河北省保定市の愛保野生動物世界でこのほど、トラとガチョウのユーモラスなシーンがカメラに収められた。野生化訓練を受けていたトラ2頭が、「百獣の王」然とした様子で1羽のガチョウにかみつこうとしたところ、ガチョウが猛反撃。体格と数で優勢だったはずのトラの方が、あっけなく退散してしまった。(記者/杜一方、高博) =配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月09日
    (1)60数年ぶり、希少なインドアジサシを確認雲南省盈江県

    雲南省盈江県で撮影したインドアジサシ。(3月23日撮影)中国雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の県城(県政府所在地)近くを流れる大盈江の岸辺で3月下旬、広東省広州市の生態写真家、陳錦棠(ちん・きんどう)氏がインドアジサシを撮影した。この種が中国で最後に記録されたのは1960年で、実に60数年ぶりにその姿が確認されたことになる。中山大学生態学院の劉陽(りゅう・よう)教授によると、インドアジサシは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されており、国内では雲南省の盈江県などに分布する非常に希少な種だという。今年2月には、国家2級重点保護野生動物に指定された。(昆明=新華社配信/陳錦棠)= 配信日: 2021(令和3)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.32
    2021年04月08日
    「新華社」自然保護区でウミガメ産卵、今年初確認広東省恵州市

    中国広東省恵州市恵東県の広東恵東ウミガメ国家級自然保護区飼育センターの人工砂浜でこのほど、産卵のため上陸し、穴を掘るウミガメの姿が今年初めて撮影された。同センターは2017年にアオウミガメの完全人工繁殖を成し遂げた後、5年連続で上陸産卵に招き入れることに成功した。ウミガメは中国の国家1級保護野生動物で、「生きた化石」とも呼ばれている。同自然保護区はここ数年、中国大陸で唯一のウミガメ保護区として継続的に整備を進め、ウミガメの繁殖と成育、保護に適した環境を提供している。(記者/丁楽) =配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    インドガンとガチョウの「恋物語」河北省唐山市

    中国河北省唐山市楽亭県にある野生動物保護協会大清河救助ステーションの所長を務める田志偉(でん・しい)さん(52)は、同ステーションで鳥の保護に携わり10年余りになる。同県は渡り鳥が通る「東アジア・オーストラリア地域フライウェイ」のルート上にあり、渡り鳥の通過点となっている。県内の沿海地区には干潟や湿地が多く、毎年渡り鳥数百万羽が同地で羽を休める。2014年5月、田さんはアシの茂みで傷付いた1羽のインドガンを見つけた。すぐに保護し、「卓瑪」と名付け、同ステーションで「療養」している2羽のガチョウと共に世話をすることにした。「卓瑪」は、傷が癒えるとほどなく飛び立ったが、群れが見つからなかったためか、約1週間後にはまたステーションに戻ってきた。それから半年後、「卓瑪」はなんと、一緒に暮らしていた雌のガチョウと「恋に落ちた」。その後、ガチョウは毎年数十個の卵を産み、田さんによる人工ふ化で「大宝」と「二宝」の2羽の雌が誕生した。田さんはこのガチョウとガンの愛の結晶を「斑頭鵝」と名付けた。2019年、成鳥となった「大宝」も子を産んだ。オスのガチョウとの交配によってできた卵から、メスの斑頭鵝3羽が生まれた。翌年5月、4代目となる斑頭鵝が誕生し、「四世同堂(4世代同居)」が実現した。同ステーションは現在、同市ひいては全国でも有名な愛鳥家の拠点となっている。過去十数年間に、田さんのステーションで救助、保護、放鳥された野鳥は百種以上、1万羽を超えるという。(記者/杜一方、高博)=配信日:2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    長沙税関、輸入郵便物から生きた観賞魚を押収

    7日、長沙郵便局税関が押収した観賞魚。中国湖南省の長沙郵便局税関は7日、日本からの国際郵便物から生きた観賞魚21匹を発見、押収した。同税関を管轄する長沙税関が11日、明らかにした。初期鑑定の結果、小型の熱帯魚と判明。長沙郵便局税関が国際郵便物から生きた魚を押収したのは、今回が初めて。現在長沙税関が、郵便物を法に基づき差し押さえている。中国の「輸出入動植物検疫法」とその実施条例などの規定により、生きた動物の郵送による輸入は禁止されている。(長沙=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.20
    2021年04月07日
    「新華社」陰条嶺国家級自然保護区でゴーラルを発見重慶市巫渓県

    中国重慶市にある陰条嶺国家級自然保護区の職員がこのほど、回収した赤外線カメラを確認していた際に、ゴーラルが活動する様子を捉えた映像を発見した。ゴーラルはウシ科の動物で、個体数が少ないことから、国家2級重点保護野生動物に指定されている。人里離れた高地の急峻で岩の多い山岳地帯に生息し、小規模な群れで活動する。また、草や低木の枝葉、木の実や果物を餌としている。同保護区は市内の巫渓(ふけい)県に位置する。地元では野生動植物資源の分布状況をより詳細に把握するため、保護区内に赤外線カメラ200台以上を設置して野生動植物などの状況を監視している。(記者/黄偉) =配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...