KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アフリカゾウ
  • タンザニア
  • 中国人客
  • 象牙目当て
  • 象牙購入

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
13,647
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
13,647
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月23日
    タンザニアのアフリカゾウ 象牙購入、中国人客の1割

    タンザニアの保護区のアフリカゾウ。象牙目当ての密猟がアフリカゾウの脅威になっている=2018年10月(ロイター=共同)

    撮影: 2018年10月

  • 2021年01月22日
    死んだエンマノホネガイ 希少な貝、飼育4年で死ぬ

    奄美海洋展示館で死んだ「エンマノホネガイ」=22日午後、鹿児島県奄美市

    撮影: 22日午後、鹿児島県奄美市

  • 00:42.88
    2021年01月22日
    「新華社」祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(記者/范培珅) =配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (6)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (4)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (7)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、広東省広州市の長隆野生動物世界で、戯れる2頭のゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、広東省広州市の長隆野生動物世界で、辺りを見回すゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、広東省広州市の長隆野生動物世界で、2020年12月に生まれた6頭のゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (9)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、ゴールデンターキンの赤ちゃんの健康診断をする獣医師(奥中央)。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、広東省広州市の長隆野生動物世界で、2020年12月に生まれた6頭のゴールデンターキンの赤ちゃん。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)祁連山国家公園に暮らすアオミミキジ甘粛省

    19日、甘粛省張掖市粛南ユグル族自治県大河郷に現れたアオミミキジ。中国甘粛省張掖市の粛南ユグル族自治県大河郷ではこのところ、国家2級保護動物のアオミミキジが群れで現れ、餌を探したり戯れたりしている。同省がここ数年、生態環境の保護に力を入れてきたことで、祁連(きれん)山国家公園内に位置する同区域の自然環境も次第に改善。生息する野生動物の種類と数は増え続けている。(粛南=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (8)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、ゴールデンターキンの赤ちゃんにミルクを与える飼育員。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (6)すくすく育つゴールデンターキンの赤ちゃん広東省広州市

    19日、ゴールデンターキンの赤ちゃんにミルクを与える飼育員。中国広東省広州市にある長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)はここ数年、ゴールデンターキンの繁殖に成功している。2020年12月に生まれた赤ちゃん6頭は健康状態も良好で、すくすくと育っている。同園は2008年にゴールデンターキンを秦嶺山脈(中国中部を東西に貫く山脈)地域から導入し、長年にわたり繁殖させてきた。ゴールデンターキンは国家1級保護動物に指定されている希少な動物として知られる。同園では現在、60頭余りが飼育されており、その個体数は4世代に達しているという。(広州=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    発言する鹿児島県知事 3㌢の隙間、小動物侵入か

    鹿児島県庁で開かれた、畜産関係者を集めた防疫対策会議で発言する塩田康一知事(中央)=21日午後

  • 00:26.44
    2021年01月21日
    「新華社」浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。麗水市生態環境局の雷金松(らい・きんしょう)局長は「百山祖角蟾は百山祖国家公園の標高1400〜1600メートルの狭い範囲にしか分布しておらず、その生息環境は常緑広葉樹林近くの渓流が中心となっている」と説明した。(記者/趙悦、殷暁聖) =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:26.64
    2021年01月21日
    「新華社」傷ついたケアシノスリ、再び大空へ内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗大石寨鎮の道端で今月初め、住民が国家2級保護野生動物に指定されているタカ科の鳥ケアシノスリを見つけた。ケアシノスリはけがをしていたが、同旗の野生動物保護監視測定ステーションと森林公安局大青山派出所の職員の世話を受けてすっかり回復。このほど空に放された。今回はほかに、以前救助されたノロジカ1頭とワシミミズク1羽も自然に返された。(記者/王靖)=配信日:2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    発見された百山祖角蟾。(資料写真)中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(麗水=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)四川蜂桶寨国家級自然保護区でヒョウの姿を初撮影

    四川蜂桶寨国家級自然保護区の赤外線カメラが捉えたヒョウの姿。(2020年4月29日撮影)中国四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区で18日、赤外線カメラの撮影データの中から、国家1級重点保護野生動物に指定されているヒョウの貴重な映像が見つかった。映像は昨年4月29日に同保護区の鄧池溝エリアで撮影された。がっしりした体つきのヒョウが現れ、力強い足取りで竹林の中を歩き去る様子を捉えている。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)四川蜂桶寨国家級自然保護区でヒョウの姿を初撮影

    四川蜂桶寨国家級自然保護区の赤外線カメラが捉えたヒョウの姿。(2020年4月29日撮影)中国四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区で18日、赤外線カメラの撮影データの中から、国家1級重点保護野生動物に指定されているヒョウの貴重な映像が見つかった。映像は昨年4月29日に同保護区の鄧池溝エリアで撮影された。がっしりした体つきのヒョウが現れ、力強い足取りで竹林の中を歩き去る様子を捉えている。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (6)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/劉金海)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    13日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/劉金海)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    13日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/劉金海)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域を泳ぐニタリクジラ。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/陶希夷)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、小動物に野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたち。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆを味わうワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆを味わうワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)月を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆの食材を準備する子どもたち。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、子どもたちが作った野菜と果物の盛り合わせを食べるワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)浙江省麗水市で新種の両生類を発見

    発見された百山祖角蟾。(資料写真)中国浙江省麗水市生態環境局は19日、同市の生物多様性基礎調査(1期)の段階的成果を発表し、調査で発見した新種の両生類について、市内の百山祖国家公園で見つかったため「百山祖角蟾(Megophrysbaishanzuensis)」と命名したことを明らかにした。生態環境部南京環境科学研究所と中国科学院成都生物研究所が共同で執筆した同種に関する論文はこのほど、国際的動物分類学誌「ZooKeys」に掲載された。(麗水=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (7)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/陶希夷)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/陶希夷)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)潿洲島海域でニタリクジラの調査実施広西チワン族自治区

    15日、潿洲島海域で確認されたニタリクジラの捕食行動。中国広西チワン族自治区の北部湾に位置する潿洲島(いしゅうとう)一帯の海域でこのほど、広西科学院、中国科学院水生生物研究所、北部湾大学から成る北部湾海洋哺乳動物共同研究チームがニタリクジラの個体識別や行動把握、健康状態評価、環境モニタリングなどを行った。(北海=新華社記者/劉金海)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンを駆け回る野生のヤク。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンの雪原で休憩するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.52
    2021年01月20日
    「新華社」鄱陽湖に多くのソデグロヅルが飛来江西省

    中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖周辺にはこのところ、多くのソデグロヅルが越冬のため飛来している。同湖では昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、渡り鳥の餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の插旗州が500ムー(約33ヘクタール)余りの農地で稲もみを残し、越冬する希少な渡り鳥に餌場を提供した。現在、農地で餌を探すソデグロヅルは千羽を超えている。(記者/彭昭之) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンの高原でえさを探すチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、仲間の毛繕いをするキタブタオザル。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、屋外エリアを歩くホロホロチョウと翼を広げた孔雀。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、恒温プールの中でくつろぐカバ。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットカモシカ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (10)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、木の上で遊ぶキタホオジロテナガザル。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、角を合わせる2頭のサイ。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、保温電球を設置した飼育室で過ごすアカアシガメ。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットカモシカ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.20
    2021年01月20日
    「新華社」湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(記者/姚兵) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.56
    2021年01月20日
    「新華社」鄱陽湖都昌水域で16万羽以上の渡り鳥の越冬を確認江西省都昌県

    中国江西省九江市都昌県は、鄱陽(はよう)湖湿地面積のうち、185万ムー(約12万3千ヘクタール)を占め、同湖で越冬する渡り鳥の重要な生息地となっている。鄱陽湖国家級自然保護区管理局都昌保護観測ステーションと都昌県渡り鳥自然保護区管理局はこのほど、同県水域で越冬する渡り鳥の調査を行い、68種16万羽以上が飛来していることを確認した。うち、ガンカモ科の鳥類が7万5千羽余り、コハクチョウは1万6千羽、ソデグロヅルは900羽を数えた。また、マナヅルやクロヅル、コウノトリなどの希少な鳥類も観測された。(記者/黄和遜、張歓) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)雲南省芒市鎮でオナガヒロハシを確認

    9日、芒市鎮に現れたオナガヒロハシ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州芒市の芒市鎮回賢村付近の林でこのほど、カメラマンがオナガヒロハシのつがいの撮影に成功した。羽毛は主に緑色で、頭部が黄色と黒に分かれており、ヘルメットをかぶっているように見える。オナガヒロハシは中国の国家2級保護動物で、体長約20センチ、体重47~80グラム。林の中などに生息する。同自治州ではこれまで、盈江県と芒市三台山郷などでは観察記録が残されていたが、今回の撮影により分布地域が更新された。(昆明=新華社配信/董有湘)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、日差しを浴びるオカメインコ。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、ムラサキウマゴヤシを食べるカバ。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)湿地に希少鳥類ブロンズトキの姿雲南省盈江県

    14日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江県郊外の湿地に姿を現したブロンズトキ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県郊外の湿地でこのほど、写真愛好家が国家2級保護動物ブロンズトキの撮影に成功した。同県でブロンズトキがカメラに捉えられたのは今回で2回目。(昆明=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンに生息するチベットノロバ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (9)動物たちの暖かい冬長沙生態動物園

    15日、暖房のそばに集まったコンゴウインコ。中国湖南省の長沙生態動物園では冬に入り、動物たちのためにさまざまな寒さ対策を講じている。ここ数日は気温の上昇に伴い、動物たちが屋外で日なたぼっこをしたり、暖房完備の飼育室でのんびりと過ごしたりしている。(長沙=新華社記者/陳振海)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    現場の農家で確認するスタッフ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    開化県の住民が発見したスズメフクロウ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.61
    2021年01月18日
    「新華社」浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.16
    2021年01月18日
    「新華社」絶滅危惧種のコウライアイサが飛来浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県分水鎮の天渓湖にこのほど、コウライアイサの群れが飛来した。同市への飛来数は今回が最多となった。カモ科の鳥コウライアイサは絶滅危惧種で、中国の国家1級重点保護動物に指定されている。2016年の湿地資源調査によると、天渓湖湿地に生息する鳥類は計17目40科209種に上る。保護ステーションのスタッフはコウライアイサが生息する水草の中で、コサギ、カルガモ、カイツブリなどの水鳥も確認したという。(記者/王懌文、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (13)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (12)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    開化県の住民が発見したスズメフクロウ。(12日撮影)中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(衢州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)豊かな自然の中で教育活動を実施四川省滎経県

    13日、竜蒼溝国家森林公園のキャンプ場で野生動物の足跡を見分けるこつを教わる胡長保小学校の児童ら。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県はここ数年、豊かな自然を生かした地域教育を推進するため、県内の竜蒼溝国家森林公園でさまざまな教育活動を実施している。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (10)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (9)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (11)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    すやすや

    トルコ・イズミルの動物園で体を寄せ合うゾウ。新型コロナウイルスの影響で休園でも、穏やかな表情です。(ゲッティ=共同)

  • 2021年01月17日
    製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.76
    2021年01月17日
    「新華社」白いパンダの映像を公開、昨年2月に撮影四川省臥龍

    中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は15日、四川省臥竜に設置された赤外線カメラが昨年2月に撮影した世界で唯一の白いジャイアントパンダの映像を公開した。白い野生のパンダの姿が公開されるのは2019年5月以来となる。臥竜で白いパンダの保護研究プロジェクトを進める譚迎春(たん・げいしゅん)氏によると、今回撮影された映像から、白いパンダは19年当時と比べ、体がかなり大きくなっていることが分かる。体毛も当時は全身白色だったが、四肢に淡い金色が目立つようになった。年齢は推定3歳前後。昨年2月に2度撮影に成功しているが、いずれも単独で行動しており、母親から離れて「自立」した個体と考えられる。国際自然保護連合(IUCN)のクマ類専門家チームのメンバーで、北京大学生命科学学院研究員の李晟(り・せい)氏によると、遺伝子変異によって白化したとみられる。アルビノ(白色個体)は体内で色素の合成ができず外見上は白や金白色、薄い金色になるが、動物個体の生存に影響があるとは限らないという。(記者/余里、楊進) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    製塩場で絶滅危惧種のクロツラヘラサギを確認海南省

    17日、海南省楽東リー族自治県の鴬歌製塩場で確認されたクロツラヘラサギ。中国海南省楽東リー族自治県鴬歌(おうか)製塩場で17日、クロツラヘラサギ数羽が確認された。海口畓榃(とうたん)湿地研究所と海南観鳥会の職員が、2021年海南越冬水鳥調査を行っていた際に発見した。クロツラヘラサギは世界規模で絶滅の危機に瀕している種で、中国では国家2級保護動物に指定されている。(楽東=新華社記者/蒲暁旭)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.35
    2021年01月16日
    「新華社」美しく舞うオグロヅル、越冬で飛来貴州省畢節市

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区ではこのところ、渡り鳥の飛来がピークを迎えている。国家1級保護鳥類のオグロヅルは朝日を浴びながら羽を優雅に羽ばたかせ、冬の景色に活気を添えている。同保護区は中国のオグロヅルの重要な越冬・生息地の一つとなっている。オグロヅルは、毎年11月から翌年の4月頃まで同保護区にとどまり冬を越す。(記者/呉斯洋、楊文斌) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (11)美しく舞うオグロヅル、越冬で飛来貴州省畢節市

    13日、貴州省草海国家級自然保護区を飛ぶオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区ではこのところ、渡り鳥の飛来がピークを迎えている。国家1級保護鳥類のオグロヅルは朝日を浴びながら羽を優雅に羽ばたかせ、冬の景色に活気を添えている。同保護区は中国のオグロヅルの重要な越冬・生息地の一つとなっている。オグロヅルは、毎年11月から翌年の4月頃まで同保護区にとどまり冬を越す。(威寧=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.39
    2021年01月16日
    「新華社」野生のプシバルスキーガゼルとアジアノロバ、中蒙国境を移動

    国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗にあるガンツモッド(甘其毛都)出入境検査ステーションの警察官はここ数日、パトロール中に野生のプシバルスキーガゼル数百頭とアジアノロバ数頭が中国とモンゴル国境のガンツモッド口岸(通関地)で餌を求めて移動する姿を発見している。同ステーションの警察官はプシバルスキーガゼルの群れが密集している地域のパトロールを強化、野生動物をけがや違法な狩猟から守っている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)美しく舞うオグロヅル、越冬で飛来貴州省畢節市

    13日、貴州省草海国家級自然保護区を飛ぶオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区ではこのところ、渡り鳥の飛来がピークを迎えている。国家1級保護鳥類のオグロヅルは朝日を浴びながら羽を優雅に羽ばたかせ、冬の景色に活気を添えている。同保護区は中国のオグロヅルの重要な越冬・生息地の一つとなっている。オグロヅルは、毎年11月から翌年の4月頃まで同保護区にとどまり冬を越す。(威寧=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)美しく舞うオグロヅル、越冬で飛来貴州省畢節市

    13日、貴州省草海国家級自然保護区に飛来し冬を越すオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区ではこのところ、渡り鳥の飛来がピークを迎えている。国家1級保護鳥類のオグロヅルは朝日を浴びながら羽を優雅に羽ばたかせ、冬の景色に活気を添えている。同保護区は中国のオグロヅルの重要な越冬・生息地の一つとなっている。オグロヅルは、毎年11月から翌年の4月頃まで同保護区にとどまり冬を越す。(威寧=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...