KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • とくしま動物園
  • カンムリ
  • ケニア
  • 徳島市
  • 斑点
  • 模様
  • 水辺

写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
並び順
  • 新しい順
16,112
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
16,112
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年08月05日
    ケニアカンムリ― 白い斑点模様がおしゃれ

    水辺を歩くケニアカンムリホロホロチョウ。見ている間、走ることはなかった=徳島市のとくしま動物園

    商品コード: 2021080510627

  • 2021年08月03日
    ライチョウ運ぶ職員 ライチョウ11羽、動物園に

    ヘリコプターで移送されたニホンライチョウが入った段ボール箱を運ぶ茶臼山動物園の職員=3日午前、長野市

    商品コード: 2021080306638

  • 2021年08月02日
    (3)コロナの影響で休園の動物園が再開スリランカ

    7月31日、再開したデヒワラ動物園を訪れた人々。スリランカ・コロンボ郊外のデヒワラ動物園がこのほど、再開園した。同園は5月初めから、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休園していた。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080207948

  • 01:09.18
    2021年08月02日
    「新華社」動物たちに涼を届ける北京動物園で暑さ対策

    夏本番を迎えた中国の北京動物園では、動物たちのためにさまざまな暑さ対策が講じられている。屋内では空調を24時間作動させて室温を保ち、屋外では氷塊を置いたり、定期的にミスト散布を行ったりして涼を届ける。また、動物たちには毎日計400キロ近くの果物を与えているという。(記者/楊淑君) =配信日: 2021(令和3)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080207966

  • 2021年08月02日
    (5)コロナの影響で休園の動物園が再開スリランカ

    7月31日、再開したデヒワラ動物園を訪れた人々。スリランカ・コロンボ郊外のデヒワラ動物園がこのほど、再開園した。同園は5月初めから、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休園していた。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080207947

  • 2021年08月02日
    (4)コロナの影響で休園の動物園が再開スリランカ

    7月31日、再開したデヒワラ動物園を訪れた男性。スリランカ・コロンボ郊外のデヒワラ動物園がこのほど、再開園した。同園は5月初めから、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休園していた。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080207945

  • 2021年08月02日
    (1)コロナの影響で休園の動物園が再開スリランカ

    7月31日、再開したデヒワラ動物園のダチョウ。スリランカ・コロンボ郊外のデヒワラ動物園がこのほど、再開園した。同園は5月初めから、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休園していた。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080207937

  • 2021年08月02日
    (2)コロナの影響で休園の動物園が再開スリランカ

    7月31日、再開したデヒワラ動物園を訪れた人々。スリランカ・コロンボ郊外のデヒワラ動物園がこのほど、再開園した。同園は5月初めから、新型コロナウイルス感染拡大防止のため休園していた。(コロンボ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080207960

  • 2021年08月01日
    (4)モスクワ動物園でパンダが5歳の誕生日

    7月31日、モスクワ動物園でスタッフが用意したバースデーケーキを食べる「如意」。ロシアのモスクワ動物園で7月31日、雄のジャイアントパンダ「如意(ルーイー)」が5歳の誕生日を迎えた。如意は2016年7月31日に中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園の協定に基づき、雌の「丁丁(ディンディン)」と共に19年4月29日から15年間の予定でモスクワに滞在している。(モスクワ=新華社配信/エフゲニー・シニツィン)= 配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107036

  • 2021年08月01日
    (3)モスクワ動物園でパンダが5歳の誕生日

    7月31日、モスクワ動物園でスタッフが用意したバースデーケーキを食べる「如意」。ロシアのモスクワ動物園で7月31日、雄のジャイアントパンダ「如意(ルーイー)」が5歳の誕生日を迎えた。如意は2016年7月31日に中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園の協定に基づき、雌の「丁丁(ディンディン)」と共に19年4月29日から15年間の予定でモスクワに滞在している。(モスクワ=新華社配信/エフゲニー・シニツィン)= 配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107028

  • 2021年08月01日
    (6)モスクワ動物園でパンダが5歳の誕生日

    7月31日、モスクワ動物園で「如意」の誕生日を祝う来園者ら。ロシアのモスクワ動物園で7月31日、雄のジャイアントパンダ「如意(ルーイー)」が5歳の誕生日を迎えた。如意は2016年7月31日に中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園の協定に基づき、雌の「丁丁(ディンディン)」と共に19年4月29日から15年間の予定でモスクワに滞在している。(モスクワ=新華社配信/エフゲニー・シニツィン)= 配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107037

  • 2021年08月01日
    (7)モスクワ動物園でパンダが5歳の誕生日

    7月31日、モスクワ動物園で誕生日を迎え、大勢の来園者の注目を浴びる「如意」。ロシアのモスクワ動物園で7月31日、雄のジャイアントパンダ「如意(ルーイー)」が5歳の誕生日を迎えた。如意は2016年7月31日に中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園の協定に基づき、雌の「丁丁(ディンディン)」と共に19年4月29日から15年間の予定でモスクワに滞在している。(モスクワ=新華社配信/エフゲニー・シニツィン)= 配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107039

  • 2021年08月01日
    (2)モスクワ動物園でパンダが5歳の誕生日

    7月31日、モスクワ動物園でスタッフが用意したバースデーケーキを食べる「如意」。ロシアのモスクワ動物園で7月31日、雄のジャイアントパンダ「如意(ルーイー)」が5歳の誕生日を迎えた。如意は2016年7月31日に中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園の協定に基づき、雌の「丁丁(ディンディン)」と共に19年4月29日から15年間の予定でモスクワに滞在している。(モスクワ=新華社配信/エフゲニー・シニツィン)= 配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107017

  • 2021年08月01日
    (8)モスクワ動物園でパンダが5歳の誕生日

    7月31日、モスクワ動物園で「如意」のバースデーケーキを運ぶスタッフ。ロシアのモスクワ動物園で7月31日、雄のジャイアントパンダ「如意(ルーイー)」が5歳の誕生日を迎えた。如意は2016年7月31日に中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園の協定に基づき、雌の「丁丁(ディンディン)」と共に19年4月29日から15年間の予定でモスクワに滞在している。(モスクワ=新華社配信/エフゲニー・シニツィン)= 配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107022

  • 2021年08月01日
    (1)モスクワ動物園でパンダが5歳の誕生日

    7月31日、モスクワ動物園でスタッフが用意したバースデーケーキを食べる「如意」。ロシアのモスクワ動物園で7月31日、雄のジャイアントパンダ「如意(ルーイー)」が5歳の誕生日を迎えた。如意は2016年7月31日に中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園の協定に基づき、雌の「丁丁(ディンディン)」と共に19年4月29日から15年間の予定でモスクワに滞在している。(モスクワ=新華社配信/エフゲニー・シニツィン)= 配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107030

  • 2021年08月01日
    (5)モスクワ動物園でパンダが5歳の誕生日

    7月31日、モスクワ動物園で「如意」の誕生日を祝う来園者ら。ロシアのモスクワ動物園で7月31日、雄のジャイアントパンダ「如意(ルーイー)」が5歳の誕生日を迎えた。如意は2016年7月31日に中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で生まれた。中国野生動物保護協会とモスクワ動物園の協定に基づき、雌の「丁丁(ディンディン)」と共に19年4月29日から15年間の予定でモスクワに滞在している。(モスクワ=新華社配信/エフゲニー・シニツィン)= 配信日: 2021(令和3)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107046

  • 2021年07月31日
    アイヌ文様の動物画 仏の温泉町に日本の彩り

    大学施設の入り口に展示された、アイヌ文様を用いた動物画のステンドグラスの再現作品=7月、フランス・ビシー(共同)

    商品コード: 2021073111056

  • 2021年07月31日
    (4)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で、氷で冷やした果物を食べるキンシコウ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110463

  • 2021年07月31日
    (7)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で果物を食べるキンシコウ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110475

  • 2021年07月31日
    (6)絶滅危惧種大理コリバス、雲南省竜陵県で発見

    25日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で見つかった大理コリバス。中国雲南省保山市竜陵県の竜陵小黒山省級自然保護区でこのほど、野外パトロールをしていた職員が珍しい植物を見つけた。同省林業・草原科学院の蒋宏(しょう・こう)高級工程師(シニアエンジニア)が鑑定したところ、ラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)と判明した。同保護区で大理コリバスが発見されたのは今回が初めて。(竜陵=新華社配信/郁文江)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107033

  • 2021年07月31日
    (2)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で、氷で冷やしたスイカを食べるパンダ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110451

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月31日
    (3)大連税関、象牙やシャコガイなどの絶滅危惧種製品を押収

    大連税関が押収したシャコガイ製の碁石。(6月25日撮影)中国遼寧省大連税関所属の大窯湾税関がこのほど、日本から戻ってきた骨董品が入っていたコンテナの中から、象牙やシャコガイ、赤サンゴなどの絶滅危惧種の製品を発見、押収した。専門機関の鑑定の結果、これら貨物には約88グラムの象牙彫刻品1点、計約2205グラムのシャコガイ製碁石202枚、計約6600グラムの赤サンゴ製品23点が含まれていた。税関の密輸取締部門がさらなる捜査を進めている。(大連=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103658

  • 2021年07月31日
    (3)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で、氷の塊で涼をとるパンダ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103623

  • 2021年07月31日
    (5)絶滅危惧種大理コリバス、雲南省竜陵県で発見

    25日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で見つかった大理コリバス。中国雲南省保山市竜陵県の竜陵小黒山省級自然保護区でこのほど、野外パトロールをしていた職員が珍しい植物を見つけた。同省林業・草原科学院の蒋宏(しょう・こう)高級工程師(シニアエンジニア)が鑑定したところ、ラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)と判明した。同保護区で大理コリバスが発見されたのは今回が初めて。(竜陵=新華社配信/郁文江)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103702

  • 2021年07月31日
    (7)絶滅危惧種大理コリバス、雲南省竜陵県で発見

    25日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で見つかった大理コリバス。中国雲南省保山市竜陵県の竜陵小黒山省級自然保護区でこのほど、野外パトロールをしていた職員が珍しい植物を見つけた。同省林業・草原科学院の蒋宏(しょう・こう)高級工程師(シニアエンジニア)が鑑定したところ、ラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)と判明した。同保護区で大理コリバスが発見されたのは今回が初めて。(竜陵=新華社配信/郁文江)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103704

  • 2021年07月31日
    (3)絶滅危惧種大理コリバス、雲南省竜陵県で発見

    25日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で見つかった大理コリバス。中国雲南省保山市竜陵県の竜陵小黒山省級自然保護区でこのほど、野外パトロールをしていた職員が珍しい植物を見つけた。同省林業・草原科学院の蒋宏(しょう・こう)高級工程師(シニアエンジニア)が鑑定したところ、ラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)と判明した。同保護区で大理コリバスが発見されたのは今回が初めて。(竜陵=新華社配信/郁文江)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103692

  • 2021年07月31日
    (2)絶滅危惧種大理コリバス、雲南省竜陵県で発見

    25日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で見つかった大理コリバス。中国雲南省保山市竜陵県の竜陵小黒山省級自然保護区でこのほど、野外パトロールをしていた職員が珍しい植物を見つけた。同省林業・草原科学院の蒋宏(しょう・こう)高級工程師(シニアエンジニア)が鑑定したところ、ラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)と判明した。同保護区で大理コリバスが発見されたのは今回が初めて。(竜陵=新華社配信/郁文江)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103689

  • 2021年07月31日
    (1)絶滅危惧種大理コリバス、雲南省竜陵県で発見

    25日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で見つかった大理コリバス。中国雲南省保山市竜陵県の竜陵小黒山省級自然保護区でこのほど、野外パトロールをしていた職員が珍しい植物を見つけた。同省林業・草原科学院の蒋宏(しょう・こう)高級工程師(シニアエンジニア)が鑑定したところ、ラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)と判明した。同保護区で大理コリバスが発見されたのは今回が初めて。(竜陵=新華社配信/郁文江)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103694

  • 2021年07月31日
    (4)絶滅危惧種大理コリバス、雲南省竜陵県で発見

    25日、雲南省の竜陵小黒山省級自然保護区で見つかった大理コリバス。中国雲南省保山市竜陵県の竜陵小黒山省級自然保護区でこのほど、野外パトロールをしていた職員が珍しい植物を見つけた。同省林業・草原科学院の蒋宏(しょう・こう)高級工程師(シニアエンジニア)が鑑定したところ、ラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)と判明した。同保護区で大理コリバスが発見されたのは今回が初めて。(竜陵=新華社配信/郁文江)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103713

  • 2021年07月31日
    (5)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園でスイカを食べるゾウ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110470

  • 2021年07月31日
    (8)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園でスイカを食べるゾウ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110480

  • 2021年07月31日
    (1)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で、水遊びをして涼をとるパンダ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110465

  • 2021年07月31日
    (9)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で、水遊びをして涼をとるパンダ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110466

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月31日
    (2)大連税関、象牙やシャコガイなどの絶滅危惧種製品を押収

    大連税関が押収した赤サンゴ製品。(6月25日撮影)中国遼寧省大連税関所属の大窯湾税関がこのほど、日本から戻ってきた骨董品が入っていたコンテナの中から、象牙やシャコガイ、赤サンゴなどの絶滅危惧種の製品を発見、押収した。専門機関の鑑定の結果、これら貨物には約88グラムの象牙彫刻品1点、計約2205グラムのシャコガイ製碁石202枚、計約6600グラムの赤サンゴ製品23点が含まれていた。税関の密輸取締部門がさらなる捜査を進めている。(大連=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080107049

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月31日
    (1)大連税関、象牙やシャコガイなどの絶滅危惧種製品を押収

    大連税関が押収した象牙彫刻品。(6月25日撮影)中国遼寧省大連税関所属の大窯湾税関がこのほど、日本から戻ってきた骨董品が入っていたコンテナの中から、象牙やシャコガイ、赤サンゴなどの絶滅危惧種の製品を発見、押収した。専門機関の鑑定の結果、これら貨物には約88グラムの象牙彫刻品1点、計約2205グラムのシャコガイ製碁石202枚、計約6600グラムの赤サンゴ製品23点が含まれていた。税関の密輸取締部門がさらなる捜査を進めている。(大連=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021080103654

  • 2021年07月31日
    (10)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で、氷で冷やしたリンゴを食べるパンダ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110471

  • 2021年07月31日
    (6)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で、果物が入った氷の塊を食べるレッサーパンダ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110472

  • 2021年07月31日
    (11)連日の猛暑重慶動物園で暑さ対策

    29日、重慶動物園で、氷で冷やしたニンジンを食べるパンダ。中国の重慶市ではこのところ連日厳しい暑さが続いており、市内の重慶動物園は動物たちが猛暑を涼しく過ごせるようさまざまな対策を講じている。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073110477

  • 2021年07月30日
    ヤケイとナンチュウ サル社会に「女性の時代」

    われ先にえさを食べる雌ザル「ヤケイ」。左は逃げる雄ザル「ナンチュウ」=30日午後、大分市の高崎山自然動物園

    商品コード: 2021073007677

  • 01:06.47
    2021年07月30日
    「新華社」8色の羽毛を持つ華麗な鳥ヤイロチョウを撮影江西省

    中国江西省九江市武寧県の伊山自然保護区でこのほど、写真愛好家がヤイロチョウの撮影に成功した。8色の羽毛を持つことから名付けられたヤイロチョウは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで危急種(VU)に分類されており、中国では国家2級保護野生動物に指定されている。低木林の草むらの中で単独で活動することが多く、主な餌は昆虫で、落ち葉や土の中にいるミミズやムカデなども好んで食べる。ヤイロチョウの姿が捉えられたことは、同地の自然環境が良好であることを物語っている。(記者/余剛) =配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106475

  • 2021年07月29日
    にげない 全身あざやかな真っ赤

    木の上のショウジョウトキ。近くで見ていてもにげない=徳島市のとくしま動物園

    商品コード: 2021072910547

  • 2021年07月29日
    足まで赤い 全身あざやかな真っ赤

    えさを食べるショウジョウトキ。細く長い足も赤い=徳島市のとくしま動物園

    商品コード: 2021072910548

  • 2021年07月29日
    (15)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したオジロワシ。(2019年2月25日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001784

  • 2021年07月29日
    (5)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    26日、横道河子東北虎林園の野生順化訓練エリアにある池でじゃれ合うアムールトラ。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001202

  • 2021年07月29日
    (13)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    28日、横道河子東北虎林園の野生順化訓練エリアにある池で涼むアムールトラ。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001211

  • 2021年07月29日
    (8)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    26日、空から見た横道河子東北虎林園。(小型無人機から)「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001192

  • 2021年07月29日
    (5)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したタンチョウの群れ。(2016年2月26日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001664

  • 2021年07月29日
    (20)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    目梨郡羅臼(らうす)町の羅臼港沖で泳ぐシノリガモの群れ。(2019年2月26日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001580

  • 2021年07月29日
    (4)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したタンチョウ。(2016年2月21日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001663

  • 2021年07月29日
    (12)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したタンチョウ。(2019年2月23日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001597

  • 2021年07月29日
    (2)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したタンチョウ。(2016年2月21日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001553

  • 2021年07月29日
    (17)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したタンチョウ。(2016年2月21日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001555

  • 2021年07月29日
    (13)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したタンチョウ。(2019年2月24日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001538

  • 2021年07月29日
    (6)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    目梨郡羅臼(らうす)町の羅臼港で撮影したオオワシ。(2016年2月23日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001698

  • 2021年07月29日
    (1)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したタンチョウの群れ。(2016年2月21日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001683

  • 2021年07月29日
    (8)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    目梨郡羅臼(らうす)町の羅臼港を飛ぶオジロワシ。後ろに見えるのが建ち並ぶ民家。(2016年2月23日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001757

  • 2021年07月29日
    (10)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したタンチョウ。(2016年2月21日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001737

  • 2021年07月29日
    (11)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    知床半島沖の海上を飛ぶオオワシ。(2019年2月26日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001738

  • 2021年07月29日
    (3)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    知床半島沖の海上で争うオオワシとオジロワシ。(2016年2月28日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001770

  • 2021年07月29日
    (7)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    目梨郡羅臼(らうす)町の羅臼港で撮影したオジロワシ。(2019年2月27日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001690

  • 2021年07月29日
    (14)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    目梨郡羅臼(らうす)町の羅臼港の上空を飛ぶオジロワシ。(2016年2月24日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001670

  • 2021年07月29日
    (16)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市の上空を飛ぶオジロワシ。(2016年2月21日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001699

  • 2021年07月29日
    (18)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影したハクチョウとアカギツネ。(2016年2月26日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001563

  • 2021年07月29日
    (1)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    26日、空から見た横道河子東北虎林園。(小型無人機から)「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001169

  • 2021年07月29日
    (2)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    26日、横道河子東北虎林園の野生順化訓練エリアで活動するアムールトラ。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001172

  • 2021年07月29日
    (6)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    27日、横道河子東北虎林園の野生順化訓練エリアにある池で休むアムールトラ。(小型無人機から)「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001188

  • 2021年07月29日
    (12)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    28日、横道河子東北虎林園の野生順化訓練エリアで鋭い眼光を向けるアムールトラ。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001194

  • 2021年07月29日
    (11)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    27日、横道河子東北虎林園にあるトラの「幼稚園」でじゃれ合うアムールトラの子ども。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001223

  • 2021年07月29日
    (7)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    27日、横道河子東北虎林園にあるトラの「幼稚園」でアムールトラの子どもにミルクを飲ませる飼育員。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001206

  • 2021年07月29日
    (9)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    26日、横道河子東北虎林園の野生順化訓練エリアにある池で涼むアムールトラ。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001180

  • 2021年07月29日
    (10)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    26日、横道河子東北虎林園の野生順化訓練エリアで岩の上に立つアムールトラ。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001203

  • 2021年07月29日
    (3)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    26日、横道河子東北虎林園にあるトラの「幼稚園」で休むアムールトラの子ども。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001173

  • 2021年07月29日
    (4)「世界トラの日」迎えた横道河子東北虎林園黒竜江省

    26日、横道河子東北虎林園の野生順化訓練エリアにある池でカモを追うアムールトラ。「世界トラの日」を迎えた29日、中国黒竜江省海林市にある横道河子東北虎林園を訪ねた。同園は世界最大の東北虎(アムールトラ)人工飼育繁殖基地となっている横道河子ネコ科動物飼育繁殖センターの重要な拠点の一つで、4万平方メートルの野生順化訓練エリアを擁し、現在400頭余りのアムールトラを飼育している。(海林=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001187

  • 2021年07月29日
    (9)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    たそがれ時に知床半島沖で撮影したオオワシ。(2019年2月27日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001724

  • 2021年07月29日
    (19)中国人写真家が捉えた北海道の野生動物

    釧路市で撮影した野生のシカ。(2019年2月22日撮影)豊かな自然資源を持つ日本の北海道は中国人観光客を引きつけるだけでなく、中国の自然写真家からも注目を集めている。北京市出身の自然写真家、孫暁宏(そん・ぎょうこう)さんは2016年から2019年までの4年間に何度も北海道を訪れ、野生動物や自然風景を撮影してきた。釧路湿原に生息するハクチョウやタンチョウの姿をカメラに収めてきた孫さんは、知床半島沖付近でオオワシとオジロワシの争う姿を捉えたこともあるという。(北京=新華社配信/孫暁宏)= 配信日: 2021(令和3)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073001716

  • 2021年07月27日
    (5)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区の上空を舞う鳥たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705949

  • 2021年07月27日
    (11)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷に広がる風景。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/楊雲)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705925

  • 2021年07月27日
    (2)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で撮影したアマサギ(左)とシラサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705860

  • 2021年07月27日
    (7)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で、木の上で羽を休める鳥たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705875

  • 2021年07月27日
    (6)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で、木の上で羽を休める鳥たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705951

  • 2021年07月27日
    (8)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で、木の上から飛び立つシラサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705899

  • 2021年07月27日
    (10)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷で、木の上で羽を休める鳥たち。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/呉芳秋)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705927

  • 2021年07月27日
    (4)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷で撮影したアマサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/唐鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705935

  • 2021年07月27日
    (9)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区に生息するガビチョウの卵。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705943

  • 2021年07月27日
    (3)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷で撮影したシラサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/欧秀燈)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705952

  • 2021年07月27日
    (1)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で撮影したシラサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705947

  • 2021年07月27日
    (12)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で、木の上で羽を休めるシラサギ。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/楊啓志)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705878

  • 2021年07月25日
    (1)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」、間もなく双子を出産

    23日、フランスのボーバル動物園で「ホアンホアン」の超音波検査をするスタッフ。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は23日、中国から貸与されたジャイアントパンダ「歓歓(ホアンホアン)」が間もなく双子を出産すると発表した。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507029

  • 2021年07月25日
    (2)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」、間もなく双子を出産

    23日、フランスのボーバル動物園で「ホアンホアン」の超音波検査をするスタッフ。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は23日、中国から貸与されたジャイアントパンダ「歓歓(ホアンホアン)」が間もなく双子を出産すると発表した。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507037

  • 2021年07月25日
    (3)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」、間もなく双子を出産

    23日、フランスのボーバル動物園で撮影された「ホアンホアン」の超音波検査画像。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は23日、中国から貸与されたジャイアントパンダ「歓歓(ホアンホアン)」が間もなく双子を出産すると発表した。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506988

  • 2021年07月25日
    (4)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」、間もなく双子を出産

    23日、フランスのボーバル動物園で撮影された「ホアンホアン」の超音波検査画像。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は23日、中国から貸与されたジャイアントパンダ「歓歓(ホアンホアン)」が間もなく双子を出産すると発表した。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507030

  • 2021年07月24日
    (2)高黎貢山で絶滅危惧種のコリバス2種が開花雲南省騰衝市

    15日、騰衝市の高黎貢山保山地区に生育するコリバス・シニイ。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局騰衝(とうしょう)分局はこのほど、同省騰衝市の高黎貢山保山地区に自生するラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)とコリバス・シニイ(学名:CorybassiniiT.TangetF.T.Wang)が開花したと明らかにした。現在、見頃を迎えているという。(騰衝=新華社配信/畢争)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072503314

  • 2021年07月24日
    (3)高黎貢山で絶滅危惧種のコリバス2種が開花雲南省騰衝市

    12日、騰衝市の高黎貢山保山地区に生育する大理コリバス。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局騰衝(とうしょう)分局はこのほど、同省騰衝市の高黎貢山保山地区に自生するラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)とコリバス・シニイ(学名:CorybassiniiT.TangetF.T.Wang)が開花したと明らかにした。現在、見頃を迎えているという。(騰衝=新華社配信/趙玉南)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072503283

  • 2021年07月24日
    (4)高黎貢山で絶滅危惧種のコリバス2種が開花雲南省騰衝市

    12日、騰衝市の高黎貢山保山地区に生育する大理コリバス。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局騰衝(とうしょう)分局はこのほど、同省騰衝市の高黎貢山保山地区に自生するラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)とコリバス・シニイ(学名:CorybassiniiT.TangetF.T.Wang)が開花したと明らかにした。現在、見頃を迎えているという。(騰衝=新華社配信/趙玉南)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072503302

  • 2021年07月24日
    (1)高黎貢山で絶滅危惧種のコリバス2種が開花雲南省騰衝市

    15日、騰衝市の高黎貢山保山地区に生育するコリバス・シニイ。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局騰衝(とうしょう)分局はこのほど、同省騰衝市の高黎貢山保山地区に自生するラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)とコリバス・シニイ(学名:CorybassiniiT.TangetF.T.Wang)が開花したと明らかにした。現在、見頃を迎えているという。(騰衝=新華社配信/畢争)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072503291

  • 2021年07月23日
    (1)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、スイカを食べる石家荘市動物園のリスザル。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403230

  • 2021年07月23日
    (3)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、氷の塊を抱く石家荘市動物園のジャイアントパンダ。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403235

  • 2021年07月23日
    (5)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、氷の上に置かれた食べ物に興味を示す石家荘市動物園のジャイアントパンダ。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403226

  • 2021年07月23日
    (2)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、スイカを食べる石家荘市動物園のオウム。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403194

  • 2021年07月23日
    (4)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、スイカを食べる石家荘市動物園のワオキツネザル。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403198

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...