KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • イズミル
  • 新型コロナウイルス

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
12,130
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
12,130
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    すやすや

    トルコ・イズミルの動物園で体を寄せ合うゾウ。新型コロナウイルスの影響で休園でも、穏やかな表情です。(ゲッティ=共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.51
    2021年01月15日
    「新華社」モンゴルのプシバルスキーガゼル7頭、餌を求めて中国へ

    国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)市でこのほど、モンゴルに生息する野生のプシバルスキーガゼルが、寒波の影響を受けて群れで鉄道脇のネットを越え、エレンホト駅国際台車交換庫付近に餌を求めてやってきた。モンゴルの野生のプシバルスキーガゼルがエレンホト市を「訪れる」のは、今年に入りすでに2回目だという。エレンホト市公安局森林公安局の警察官、耿暁華(こう・きょうか)氏は「国境付近の草原はここ数年、環境が改善され、エレンホト市の野生動物の個体群は徐々に増加に転じ、プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなど希少な野生動物が、再び人々の前に姿を見せるようになっている」と述べた。すらりとした姿のプシバルスキーガゼルは、国家2級重点保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.32
    2021年01月15日
    「新華社」砂漠公路に現れたキツネ、食物連鎖に一役新疆ウイグル自治区

    果てしない砂漠が広がり「死の海」とも呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠を横断するタリム砂漠公路は、世界初の流動性砂漠を貫く区分道路となっている。このところ、この砂漠公路でキツネを見かけることが多くなっている。タリム砂漠公路は全長522キロで、道路の両側には生態防護林が延び、野生動物に天然の生息地とシェルターを提供している。森林管理員によると、防護林の苗木は乾燥には強いものの、ネズミや野ウサギなどによる食害が脅威となっており、キツネがいることで食物連鎖のバランスが保たれているのだという。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:35.58
    2021年01月15日
    「新華社」2020年カメラが捉えた野生パンダ四川省

    中国ではここ数年、野生のジャイアントパンダが目撃される割合が高まり続けている。おおまかな統計によると、2020年に四川省内で野生のジャイアントパンダが活動する様子を捉えた貴重な映像は30本余り、パンダの活動場所も10カ所以上の自然保護地に及んでいる。新華社は省内各保護区に設置した赤外線カメラや、地元の村民が偶然に携帯で撮影したパンダの動画を、ドキュメンタリー映像にまとめた。(記者/張超群) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    ガルル

    トルコ西部イズミルの動物園のライオン。大迫力です。(共同=ゲッティ)

  • 2021年01月14日
    (3)「陽泉煤雕」石炭が美しい彫刻作品に山西省

    7日、煤雕文化博物館で展示されている石炭彫刻作品「群獅子図(ライオンの群れ)」。中国最大の無煙炭の産地、山西省陽泉市には「陽泉煤彫」と呼ばれる石炭彫刻があり、特色ある工芸品として知られる。同市で2016年に開設した煤彫文化博物館には、人物や動物、装飾品などの石炭彫刻が展示されている。ここ数年は、知名度の向上とともに海外へも販路を広げており、ニュージーランドや日本、オーストラリアなどに輸出されている。(太原=新華社記者/魏飈)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、雪に覆われた哈爾騰草原。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (5)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、遊具で遊ぶワオキツネザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)「陽泉煤雕」石炭が美しい彫刻作品に山西省

    7日、煤雕文化博物館で展示されている農民をモチーフにした石炭彫刻作品。中国最大の無煙炭の産地、山西省陽泉市には「陽泉煤彫」と呼ばれる石炭彫刻があり、特色ある工芸品として知られる。同市で2016年に開設した煤彫文化博物館には、人物や動物、装飾品などの石炭彫刻が展示されている。ここ数年は、知名度の向上とともに海外へも販路を広げており、ニュージーランドや日本、オーストラリアなどに輸出されている。(太原=新華社記者/魏飈)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (5)「陽泉煤雕」石炭が美しい彫刻作品に山西省

    7日、煤雕文化博物館で展示されている石炭彫刻の置物。中国最大の無煙炭の産地、山西省陽泉市には「陽泉煤彫」と呼ばれる石炭彫刻があり、特色ある工芸品として知られる。同市で2016年に開設した煤彫文化博物館には、人物や動物、装飾品などの石炭彫刻が展示されている。ここ数年は、知名度の向上とともに海外へも販路を広げており、ニュージーランドや日本、オーストラリアなどに輸出されている。(太原=新華社記者/魏飈)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、雪に覆われた哈爾騰草原。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、餌を食べるワオキツネザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社配信/周盛盛)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、木登りをするレッサーパンダ。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、日光浴をするコンゴウインコ。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、歌声を披露するインコたち。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)「陽泉煤雕」石炭が美しい彫刻作品に山西省

    7日、煤雕文化博物館で展示されている石炭彫刻作品「獅子滾綉球(まりを転がす獅子)」。中国最大の無煙炭の産地、山西省陽泉市には「陽泉煤彫」と呼ばれる石炭彫刻があり、特色ある工芸品として知られる。同市で2016年に開設した煤彫文化博物館には、人物や動物、装飾品などの石炭彫刻が展示されている。ここ数年は、知名度の向上とともに海外へも販路を広げており、ニュージーランドや日本、オーストラリアなどに輸出されている。(太原=新華社記者/魏飈)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、細い枝に登って遊ぶコモンリスザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (9)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、ワオキツネザル舎を掃除する飼育員。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、タイヤのブランコで遊ぶコモンリスザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)「陽泉煤雕」石炭が美しい彫刻作品に山西省

    7日、煤雕文化博物館で展示されている石炭彫刻の牛の置物。中国最大の無煙炭の産地、山西省陽泉市には「陽泉煤彫」と呼ばれる石炭彫刻があり、特色ある工芸品として知られる。同市で2016年に開設した煤彫文化博物館には、人物や動物、装飾品などの石炭彫刻が展示されている。ここ数年は、知名度の向上とともに海外へも販路を広げており、ニュージーランドや日本、オーストラリアなどに輸出されている。(太原=新華社記者/魏飈)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)「陽泉煤雕」石炭が美しい彫刻作品に山西省

    7日、煤雕文化博物館で展示されている石炭彫刻の材料「煤精」。中国最大の無煙炭の産地、山西省陽泉市には「陽泉煤彫」と呼ばれる石炭彫刻があり、特色ある工芸品として知られる。同市で2016年に開設した煤彫文化博物館には、人物や動物、装飾品などの石炭彫刻が展示されている。ここ数年は、知名度の向上とともに海外へも販路を広げており、ニュージーランドや日本、オーストラリアなどに輸出されている。(太原=新華社記者/魏飈)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)「陽泉煤雕」石炭が美しい彫刻作品に山西省

    7日、煤雕文化博物館で展示されている炭鉱労働者をモチーフにした石炭彫刻作品。中国最大の無煙炭の産地、山西省陽泉市には「陽泉煤彫」と呼ばれる石炭彫刻があり、特色ある工芸品として知られる。同市で2016年に開設した煤彫文化博物館には、人物や動物、装飾品などの石炭彫刻が展示されている。ここ数年は、知名度の向上とともに海外へも販路を広げており、ニュージーランドや日本、オーストラリアなどに輸出されている。(太原=新華社記者/魏飈)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)雪の草原がヤクの楽園に甘粛省酒泉市

    13日、哈爾騰草原を移動する野生のヤクの群れ。(小型無人機から)中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原では厳しい寒さの中、国家1級保護動物に指定されている野生のヤクが群れで雪の上を歩き回る姿が見られた。(酒泉=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.44
    2021年01月14日
    「新華社」絶滅危惧種のアカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園で9日、職員が絶滅危惧種のアカハジロの姿を確認した。カモ科のアカハジロは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されている。保山市はここ数年、湿地の生態回復事業を進めており、同湿地公園に生息する鳥類は2016年の172種から、現在では279種まで増加している。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、餌を食べるワオキツネザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.92
    2021年01月14日
    「新華社」満洲里税関、希少動物オオハナレイヨウの角179本を押収

    中国内モンゴル自治区の満洲里税関はこのほど、希少動物製品の密輸事件を摘発し、オオハナレイヨウの角、計179本を押収したと明らかにした。同税関の密輸取締官による追跡捜査を経て、最終的に犯罪グループが密輸入したオオハナレイヨウの角179本全てを回収し、容疑者7人を逮捕した。同事件は既に検察機関へ移管されている。オオハナレイヨウはサイガとも呼ばれ、中国の国家1級保護動物であり、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「絶滅寸前」(CR)に指定されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    8日、福建省晋江市の深滬湾(しんこ)にある干潟で餌を探すヘラシギ。中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(晋江=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (3)世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    8日、福建省晋江市の深滬湾(しんこ)にある干潟で餌を探すヘラシギ。中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(晋江=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (4)世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    8日、福建省晋江市の深滬湾(しんこ)にある干潟で餌を探すヘラシギ。中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(晋江=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (1)世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    8日、福建省晋江市の深滬湾(しんこ)にある干潟で餌を探すヘラシギ。中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(晋江=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.00
    2021年01月13日
    「新華社」世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(記者/梅永存、彭張青) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.82
    2021年01月11日
    「新華社」長沙生態動物園で動物たちの寒さ対策湖南省

    強風と寒さが続く中国湖南省長沙市では、長沙生態動物園の職員らが動物たちの体温を保つため、暖房機器を設置するなど特別な対策を取っている。特に変温動物の爬虫類にとって、ラジエーターやヒーターは冬の必需品となっている。ヘビには毛布や掛け布団も用意されているという。(記者/丁春雨、李紫薇) =配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (1)のんびり日なたぼっこする動物たち安徽省合肥市

    8日、木の上で休むレッサーパンダ。中国安徽省合肥市は8日、抜けるような青空が広がる好天に恵まれた。地元の動物園では、冬の穏やかな日差しの中、思い思いの姿勢を取って日なたぼっこをする動物たちの姿があちこちで見られた。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (6)のんびり日なたぼっこする動物たち安徽省合肥市

    8日、草の上に横たわるライオンの群れ。中国安徽省合肥市は8日、抜けるような青空が広がる好天に恵まれた。地元の動物園では、冬の穏やかな日差しの中、思い思いの姿勢を取って日なたぼっこをする動物たちの姿があちこちで見られた。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (2)のんびり日なたぼっこする動物たち安徽省合肥市

    8日、地面に横たわるカバ。中国安徽省合肥市は8日、抜けるような青空が広がる好天に恵まれた。地元の動物園では、冬の穏やかな日差しの中、思い思いの姿勢を取って日なたぼっこをする動物たちの姿があちこちで見られた。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (3)のんびり日なたぼっこする動物たち安徽省合肥市

    8日、水辺で羽を休めるペリカン。中国安徽省合肥市は8日、抜けるような青空が広がる好天に恵まれた。地元の動物園では、冬の穏やかな日差しの中、思い思いの姿勢を取って日なたぼっこをする動物たちの姿があちこちで見られた。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (5)のんびり日なたぼっこする動物たち安徽省合肥市

    8日、木の上で日なたぼっこをするテナガザル。中国安徽省合肥市は8日、抜けるような青空が広がる好天に恵まれた。地元の動物園では、冬の穏やかな日差しの中、思い思いの姿勢を取って日なたぼっこをする動物たちの姿があちこちで見られた。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    (4)のんびり日なたぼっこする動物たち安徽省合肥市

    8日、草の上で日なたぼっこをするミーアキャット。中国安徽省合肥市は8日、抜けるような青空が広がる好天に恵まれた。地元の動物園では、冬の穏やかな日差しの中、思い思いの姿勢を取って日なたぼっこをする動物たちの姿があちこちで見られた。(合肥=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月09日
    距離を取って見学する客 繁華街、人出減るか

    1都3県の緊急事態宣言から初の週末を迎えた千葉市動物公園で、距離を取って見学する来園客=9日午前

    撮影: 9日午前

  • 2021年01月09日
    いしかわ動物園のキリン キリンは人の目を意識?

    いしかわ動物園で屋外展示されているキリン=石川県能美市

    撮影: 石川県能美市

  • 2021年01月08日
    (1)重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    負傷したカンムリオオタカを抱える救護スタッフ。(資料写真)中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(重慶=新華社配信/李彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.96
    2021年01月08日
    「新華社」重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(記者/周文衝) =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.43
    2021年01月08日
    「新華社」雲南省で撮影されたテナガザル母子、2年前と同じ個体と判明

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県香柏村付近でこのほど、カメラマンがスカイウォーカー・フーロックテナガザル(学名:Hoolocktianxing)の母子が活動する様子の撮影に成功した。専門家による比較検証の結果、母子は2年前に撮影された個体と同一であることが確認された。スカイウォーカー・フーロックテナガザルは中国の科学者が命名した唯一の類人猿で、中国の国家1級保護動物に指定されている。国内の個体数は約150匹で、主に同省高黎貢山の一部地域や盈江県の大娘山エリアに分布している。(記者/姚兵) =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (2)重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    負傷したカンムリオオタカを抱える救護スタッフ。(資料写真)中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(重慶=新華社配信/李彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    鮮やか

    トルコ南部アンタルヤの動物園のコンゴウインコ。色と姿勢がすてきです。(ゲッティ=共同)

  • 01:14.75
    2021年01月06日
    「新華社」雪の草原に野生のヤク100頭以上甘粛省酒泉市

    中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原でこのほど、写真愛好家らが雪の上を歩く野生のヤク100頭以上をカメラに収めた。ヤクは中国の国家1級保護動物に指定されている。同草原はチベットノロバやバーラル、ユキヒョウなど、希少な野生動物の主要な生息地の一つ。この地域では2020年3月に続き、今回再び大規模なヤクの群れが確認されたことになる。映像にはヤクのほか、国家2級保護動物のチベットガゼルの姿もあった。(記者/任延昕) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:30.60
    2021年01月06日
    「新華社」希少野生動物の生息数が回復内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区エレンホト市のモンゴルとの国境付近にこのほど、プシバルスキーガゼルの群れが餌を求めてやって来た。愛らしい表情で懸命に草をはむ姿は人々を笑顔にした。エレンホト地域ではここ数年、国境付近の草原の環境改善と、動物を使った製品に対する出入国検査場の密輸取り締まり強化に伴い、野生動物の生息数が増加。プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなどの希少動物が再び人々の目に触れるようになってきている。(記者/劉懿徳) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.16
    2021年01月02日
    空撮 岐阜の養鶏場で鳥インフル 東海初、6万8千羽殺処分

    岐阜県は2日、同県美濃加茂市の養鶏場で死んだ鶏が見つかり、遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザ陽性を確認したと発表した。同日から、この養鶏場で飼育している採卵用の約6万8千羽の殺処分を進める。 今季の養鶏場での発生確認は千葉などに続き14県目で、東海地方では初めて。岐阜県では4年ぶりの発生。県によると、この養鶏場から1日夜に5羽が死んでいるとの連絡があった。簡易検査で陽性反応が出て、2日の遺伝子検査で確定した。高病原性の疑いのあるH5型のウイルスを確認したという。<映像内容>鳥インフルエンザが確認され、防疫作業が行われる岐阜県美濃加茂市の養鶏場を共同通信ヘリから撮影した映像。撮影日:2021(令和3)年1月2日午後3時15分ごろ、撮影場所:岐阜県美濃加茂市の養鶏場

    撮影: 2021(令和3)年1月2日午後3時15分ごろ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    (7)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠の雪景色

    12月27日、雪の上に野生動物が残した足跡。(小型無人機から)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠でこのほど、久しぶりの雪が降り、美しい雪景色が広がっている。新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の達瓦昆(ダワクン)砂漠観光風景区では、真っ白な雪がタクラマカン砂漠の優美な曲線を際立たせている。(カシュガル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.07
    2020年12月30日
    「新華社」北京野鴨湖湿地自然保護区、国家2級保護動物のクロヅルを救助

    中国北京野鴨湖湿地自然保護区野生動物救助ステーションはこのほど、国家2級保護動物のクロヅル1羽を救助した。現在、このクロヅルは快方に向かっており、引き続き体調の回復を待ってから自然へ帰されるという。同ステーションでは2020年、33羽の野生動物が保護され自然へ帰っていった。クロヅルは毎年秋から冬にかけて北京市延慶区を経由して中国の南方で越冬するが、飛行距離が長いため、途中でけがをしたり群れからはぐれることが、まれにあるという。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.46
    2020年12月30日
    「新華社」ハゲワシ、寒さ避け民家に飛来内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区エレンホト市ゲレル・オド・ソム(格日勒敖都蘇木)蘇吉ガチャ(村)の牧畜民が26日、自宅に黒い大型の鳥が飛来したと地元の辺境派出所に通報した。警察官が確認したところ、国家2級保護動物に指定されているハゲワシであることが分かった。ハゲワシは一般に草原や砂漠に生息し、人里に現れることは少ない。ゲレル・オド辺境派出所の孫建国(そん・けんこく)警察官によると、ハゲワシにけがはなく、連日の気温の低下により行き場を失い民家に飛来した可能性があるという。ハゲワシは、警察官により同市森林公安局野生動物救助ステーションに移送された。(記者/劉懿徳) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (1)天津の古磁器博物館チャイナハウスでライトアップイベント

    24日、スタッフと一緒にライトペインティングを体験する子どもたち。中国天津市の洋館を改造した観光名所「磁房子」(チャイナハウス)でこのほど、初の無料夜間イベント「磁房子ナイトタイムライトショー」が開催された。光と影を使ったインタラクティブ形式で「動物保護」をテーマに構成され、多くの観光客が鑑賞に訪れた。中国古磁器の博物館とも呼ばれるチャイナハウスには、磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点以上があしらわれており、2007年9月3日の一般公開以来、同市の文化と観光のランドマーク的存在となっている。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (4)天津の古磁器博物館チャイナハウスでライトアップイベント

    24日、ライトアップされたチャイナハウスの一角。中国天津市の洋館を改造した観光名所「磁房子」(チャイナハウス)でこのほど、初の無料夜間イベント「磁房子ナイトタイムライトショー」が開催された。光と影を使ったインタラクティブ形式で「動物保護」をテーマに構成され、多くの観光客が鑑賞に訪れた。中国古磁器の博物館とも呼ばれるチャイナハウスには、磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点以上があしらわれており、2007年9月3日の一般公開以来、同市の文化と観光のランドマーク的存在となっている。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (2)天津の古磁器博物館チャイナハウスでライトアップイベント

    24日、ライトアップされたチャイナハウス。中国天津市の洋館を改造した観光名所「磁房子」(チャイナハウス)でこのほど、初の無料夜間イベント「磁房子ナイトタイムライトショー」が開催された。光と影を使ったインタラクティブ形式で「動物保護」をテーマに構成され、多くの観光客が鑑賞に訪れた。中国古磁器の博物館とも呼ばれるチャイナハウスには、磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点以上があしらわれており、2007年9月3日の一般公開以来、同市の文化と観光のランドマーク的存在となっている。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (6)天津の古磁器博物館チャイナハウスでライトアップイベント

    24日、ライトアップされたチャイナハウスを撮影する観光客。中国天津市の洋館を改造した観光名所「磁房子」(チャイナハウス)でこのほど、初の無料夜間イベント「磁房子ナイトタイムライトショー」が開催された。光と影を使ったインタラクティブ形式で「動物保護」をテーマに構成され、多くの観光客が鑑賞に訪れた。中国古磁器の博物館とも呼ばれるチャイナハウスには、磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点以上があしらわれており、2007年9月3日の一般公開以来、同市の文化と観光のランドマーク的存在となっている。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (5)天津の古磁器博物館チャイナハウスでライトアップイベント

    24日、ライトアップされたチャイナハウスの一角。中国天津市の洋館を改造した観光名所「磁房子」(チャイナハウス)でこのほど、初の無料夜間イベント「磁房子ナイトタイムライトショー」が開催された。光と影を使ったインタラクティブ形式で「動物保護」をテーマに構成され、多くの観光客が鑑賞に訪れた。中国古磁器の博物館とも呼ばれるチャイナハウスには、磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点以上があしらわれており、2007年9月3日の一般公開以来、同市の文化と観光のランドマーク的存在となっている。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (3)天津の古磁器博物館チャイナハウスでライトアップイベント

    24日、ライトアップされたチャイナハウス。中国天津市の洋館を改造した観光名所「磁房子」(チャイナハウス)でこのほど、初の無料夜間イベント「磁房子ナイトタイムライトショー」が開催された。光と影を使ったインタラクティブ形式で「動物保護」をテーマに構成され、多くの観光客が鑑賞に訪れた。中国古磁器の博物館とも呼ばれるチャイナハウスには、磁器片数百万点と古い磁器1万3千点、石像300体余り、明・清期の猫型磁器製枕300点以上があしらわれており、2007年9月3日の一般公開以来、同市の文化と観光のランドマーク的存在となっている。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月28日
    円宝と円円 台湾、2匹目子パンダ公開

    28日、台北市立動物園でメディアに公開された円宝(左)と母の円円(共同)

  • 2020年12月28日
    公開された円宝 台湾、2匹目子パンダ公開

    28日、台湾の台北市立動物園でメディアに公開された円宝(共同)

  • 2020年12月27日
    (6)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    道路わきで職員から食べ物をもらう、赤ちゃんを連れたフランソワルトン。(2018年5月17日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (3)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    道路わきで食べ物を持った職員を待つ、赤ちゃんを連れたフランソワルトン。(12月9日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (5)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    餌を探すため林から出る、赤ちゃんを連れたフランソワルトン。(2018年5月17日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (1)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    保護区内の石の上で集まって休むフランソワルトンの群れ。(2018年3月25日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (4)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    赤ちゃんを連れて餌を探すフランソワルトン。(2018年5月17日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)フランソワルトンの個体数、年々増加貴州省麻陽河自然保護区

    餌を探すため林から出る赤ちゃんを連れたフランソワルトン。(2018年3月25日撮影)中国貴州省銅仁市沿河トゥチャ族自治県にある麻陽河(まようが)国家級自然保護区管理局の観測データによると、同保護区では10月以降、フランソワルトンの赤ちゃん3匹が誕生した。保護区内に生息するフランソワルトンは2019年上半期の500~600匹から現在は約700匹になった。保護区はここ数年、フランソワルトンの活動区域での人間の活動を厳しく管理・制限しており、これにより保護区内の生態環境が改善、フランソワルトンの個体数は年々増加している。同保護区は総面積3万1113ヘクタール、国家1級保護動物のフランソワルトンを主な保護対象とし、フランソワルトンの個体群の分布が世界で最も集中し、個体群数が最も多い区域となっている。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (3)国家1級保護動物のナベコウ7羽が飛来 雲南省保山市

    21日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市にある青華海国家湿地公園に21日、国家1級保護動物のナベコウ7羽が姿を現した。ナベコウは世界に約3千羽しか生息しておらず、希少性から「鳥類のパンダ」と呼ばれている。渡り鳥の飛行ルートが重なる地域に位置する同公園は湿地の回復と生態系修復、環境改善に力を入れており、渡り鳥約2万羽の越冬地となっている。公園内でこれまでに確認された鳥は279種類に上る。(保山=新華社配信/毛三)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    仲良し

    クリスマスツリーのそばで戯れるベルリンの動物園の双子パンダ。仲が良さそう。(ロイター=共同)

  • 2020年12月24日
    (2)クロツラヘラサギ、106羽飛来広東省珠海市

    14日、クロツラヘラサギの群れ。中国広東省珠海市西部の湿地でこのほど、絶滅危惧種のクロツラヘラサギ106羽が確認された。同市で1度に確認された数としては最多となる。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (1)クロツラヘラサギ、106羽飛来広東省珠海市

    16日、羽を休めるクロツラヘラサギ。中国広東省珠海市西部の湿地でこのほど、絶滅危惧種のクロツラヘラサギ106羽が確認された。同市で1度に確認された数としては最多となる。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (3)クロツラヘラサギ、106羽飛来広東省珠海市

    16日、餌をついばむクロツラヘラサギ。中国広東省珠海市西部の湿地でこのほど、絶滅危惧種のクロツラヘラサギ106羽が確認された。同市で1度に確認された数としては最多となる。(広州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (6)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (4)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (1)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:08.55
    2020年12月23日
    「新華社」吉林省森林公安、国家1級保護動物のイヌワシを保護

    中国吉林省森林公安局向海森林公安分局は11日、同省洮南(とうなん)市に負傷しているとみられる大きな鳥が1羽いるとの報告を受けた。現場に到着した警察官と野生鳥類救助センターのスタッフが確認すると、国家1級保護動物のイヌワシであることが分かった。イヌワシは翼長約1・5メートルの亜成体。向海野生鳥類救護センターで検査、治療を行い、回復後に自然に返される。(記者/廉奇達) =配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (2)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (5)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    (3)玉竜湖に国家2級保護動物のオオバンが飛来貴州省徳江県

    21日、玉竜湖に飛来しているオオバン。武陵山の奥深くに位置する中国貴州省銅仁市徳江県はここ数年、人と自然の共生を目指す発展理念に基づき、山水庭園都市の建設に力を入れている。冬を迎え、同県の玉竜湖には国家2級保護動物のオオバンが越冬のため飛来している。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    お味は?

    シドニーの動物園で、クリスマスのごちそうを口にするリスザル。どんな味かな?(ロイター=共同)

  • 2020年12月22日
    (3)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で草を食べるプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (8)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原を移動するプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (5)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で囲いを飛び越えるプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (7)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原を移動するプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (6)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で草を食べるプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (1)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で撮影したプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原を駆けるプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.38
    2020年12月22日
    「新華社」環境保護の取り組みに成果、生物多様性の回復を促進チベット・ガリ地区

    中国チベット自治区ガリ地区ゲルツェ県の林業・草原局によると、12月に入り、地元の野生動物保護員がチャンタン(羌塘)国家自然保護区で、ユキヒョウやオオカミ、野生のヤクといった多くの国家保護動物の姿や、チベットカモシカが移動する様子を複数回確認した。同自治区はここ数年、生態環境の保護を絶えず強化し、各種自然保護区を47カ所設置、生物多様性を持続的に回復させている。(記者/格桑辺覚、洛卓嘉措) =配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (4)草原を駆けるプシバルスキーガゼル青海省海北チベット族自治州

    17日、青海省海北チベット族自治州カンツァ県哈爾蓋鎮の草原で撮影したプシバルスキーガゼル。中国青海省海北チベット族自治州カンツァ(剛察)県哈爾蓋(はじがい)鎮に位置する草原では冬を迎え、プシバルスキーガゼルの敏捷な姿が独特な風景を生み出している。国家1級保護動物に指定されているプシバルスキーガゼルはかつて、内モンゴル自治区や寧夏回族自治区、甘粛省、青海省などに広く生息していたが、人々の活動の影響と生息環境の悪化から、現在では青海湖周辺地域が唯一の生息地となっている。(西寧=新華社記者/張宏祥)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    国家1級保護動物のナベコウ7羽が飛来雲南省保山市

    21日、青華海国家湿地公園の空を舞うナベコウ。中国雲南省保山市にある青華海国家湿地公園に21日、国家1級保護動物のナベコウ7羽が姿を現した。ナベコウは世界に約3千羽しか生息しておらず、希少性から「鳥類のパンダ」と呼ばれている。渡り鳥の飛行ルートが重なる地域に位置する同公園は湿地の回復と生態系修復、環境改善に力を入れており、渡り鳥約2万羽の越冬地となっている。公園内でこれまでに確認された鳥は279種類に上る。(保山=新華社配信/楊磊)=配信日:2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.65
    2020年12月18日
    「新華社」祁連山の麓をチベットノロバの群れが激走甘粛省

    中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県でこのほど、百匹以上のチベットノロバが雪の上を走り、餌を探している動画が撮影された。動画撮影者の一人で、同自治県紅柳湾鎮大壩図村に住む牧畜民によると、このチベットノロバの群れが現れたのは県内の阿勒騰郷にある哈爾騰草原だという。同草原は祁連山の西端に位置し、標高4千メートル以上で、中国の有蹄類野生動物の主要な分布区域の一つになっている。(記者/何問、張智敏) =配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    むしゃむしゃ

    パキスタン・ペシャワルの動物園で、キリンに餌をやる従業員。取り合ってけんかしないでね。(ロイター=共同)

  • 2020年12月17日
    (1)貴州省雷公山国家森林公園に樹氷幻想的な風景に

    14日、貴州省の雷公山国家森林公園に出現した樹氷。中国貴州省黔東南苗族トン族自治州雷山県の雷公山国家森林公園では気温の低下に伴い、幻想的な樹氷が見られるようになった。同公園は総面積が4354・73ヘクタールになり、森林率が88%に達する亜熱帯山地森林生態公園で、タイワンスギなど希少な動植物の保護を行っている。(雷山=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (4)貴州省雷公山国家森林公園に樹氷幻想的な風景に

    14日、貴州省の雷公山国家森林公園に出現した樹氷。中国貴州省黔東南苗族トン族自治州雷山県の雷公山国家森林公園では気温の低下に伴い、幻想的な樹氷が見られるようになった。同公園は総面積が4354・73ヘクタールになり、森林率が88%に達する亜熱帯山地森林生態公園で、タイワンスギなど希少な動植物の保護を行っている。(雷山=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (5)貴州省雷公山国家森林公園に樹氷幻想的な風景に

    14日、貴州省の雷公山国家森林公園に出現した樹氷。中国貴州省黔東南苗族トン族自治州雷山県の雷公山国家森林公園では気温の低下に伴い、幻想的な樹氷が見られるようになった。同公園は総面積が4354・73ヘクタールになり、森林率が88%に達する亜熱帯山地森林生態公園で、タイワンスギなど希少な動植物の保護を行っている。(雷山=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (3)貴州省雷公山国家森林公園に樹氷幻想的な風景に

    14日、貴州省の雷公山国家森林公園に出現した樹氷。中国貴州省黔東南苗族トン族自治州雷山県の雷公山国家森林公園では気温の低下に伴い、幻想的な樹氷が見られるようになった。同公園は総面積が4354・73ヘクタールになり、森林率が88%に達する亜熱帯山地森林生態公園で、タイワンスギなど希少な動植物の保護を行っている。(雷山=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.84
    2020年12月16日
    「新華社」山あいにオオヤマネコの姿内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の大興安嶺北部に位置する原始林区生態機能エリア内でこのほど、国家2級重点保護動物のオオヤマネコが赤外線カメラの前に複数回姿を現した。オオヤマネコはイエネコより大きく、体長1・3メートル程度で、体に斑紋を持つ。主に中国の東北、西北、華北、西南地域に生息している。(記者/彭源) =配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    会見する福守園長 クロヒョウが女性職員襲う

    記者会見する平川動物公園の福守朗園長=15日午後、鹿児島市の平川動物公園

    撮影: 15日午後、鹿児島市の平川動物公園

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...