KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • インドガン
  • オグロヅル
  • クロヅル
  • モニタリング
  • 中国貴州省
  • 保護区内
  • 保護区管理
  • 保護鳥類
  • 取り組み
  • 威寧イ族回族ミャオ族自治県

「その他」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
23
( 1 23 件を表示)
  • 1
23
( 1 23 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:34.75
    2020年06月08日
    「新華社」迷子のフクロウ幼鳥、無事大空へ

    中国浙江省衢州(くしゅう)市の生態環境局開化分局と開化県野生動植物保護協会は8日、フクロウの幼鳥12羽を山林に放した。フクロウは飛ぶ練習をしていた時に方向を見失ったとみられ、発見者が地元の野生動植物保護協会に連絡した。協会職員が20日余り心を込めて世話した結果、自然に返す条件が備わったという。同県は今年に入り、フクロウ35羽とハッカン7羽、その他の野生動物10匹余りを救助し自然に返している。(記者/鄭夢雨)<映像内容>保護していたフクロウの幼鳥を山林に放す様子、撮影日:2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:28.38
    2020年03月23日
    「新華社」北京動物園が一般公開再開入園券は実名で予約購入

    中国北京市の北京動物園は、屋外遊覧エリアの一般公開を23日から正式に再開すると明らかにした。また、入園券を実名で予約購入できるサイトを開設し、新型コロナウイルスの感染対策期間中における市民や観光客の安全と秩序を守るという。同園の張成林(ちょう・せいりん)副園長は、動物園が現在飼育している430種以上の動物のうち140種以上を屋外運動場で見ることができるが、屋内で飼育しているその他の動物は当面の間観賞できないと述べた。(記者/鞠煥宗、馬暁冬)<映像内容>北京動物園が再開、園内の様子、動物の様子、撮影日:2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月13日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    13日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬する渡り鳥。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するインドガンとアカツクシガモ。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬する渡り鳥。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するインドガン。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するインドガンとアカツクシガモ。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    草海国家級自然保護区に冬の渡り鳥が多数飛来貴州省

    11日、貴州省畢節市威寧イ族回族ミャオ族自治県の草海国家級自然保護区で越冬するオグロヅル。中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区にこのほど、多くの渡り鳥が越冬のため飛来した。同保護区管理委員会のモニタリングデータによると、現在すでにオグロヅル約1500羽、クロヅル約560羽、インドガン約2400羽、およびその他の渡り鳥の飛来が確認されている。同保護区ではここ数年、生態環境保護への取り組みを強めており、越冬のために飛来する渡り鳥が年々増加している。同保護区内の草海湿地は国家1級保護鳥類であるオグロヅルの中国における主な越冬地で、全国的にも鳥類が最も多く生息する湿地の一つとなっている。毎年多くの渡り鳥が越冬するため、同湿地は「世界で最も鳥類観察に適した湿地」の一つと言われている。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月26日
    貴陽税関、1~9月に絶滅危惧種密輸事件を45件摘発

    貴陽税関が押収した象牙の腕輪念珠。(資料写真)中国貴陽税関は今年1月から9月、絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件を45件摘発し、立件した。うち象牙製品の密輸事件は1件で、66・95グラムを押収した。象牙製品の違法持ち込み事件は14件発生し、751・31グラムを押収した。その他の違法持ち込み事件は30件で、シャコガイを使用した製品2768グラム、アメリカニンジン(Panaxquinquefolius)1010グラムを押収した。これまで貴陽税関が摘発した絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件では、絶滅危惧植物を使った腕輪念珠やペンダント、ブレスレット、ネックレスなどの物品が多数押収された。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月26日
    貴陽税関、1~9月に絶滅危惧種密輸事件を45件摘発

    貴陽税関が押収した象牙の腕輪念珠。(資料写真)中国貴陽税関は今年1月から9月、絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件を45件摘発し、立件した。うち象牙製品の密輸事件は1件で、66・95グラムを押収した。象牙製品の違法持ち込み事件は14件発生し、751・31グラムを押収した。その他の違法持ち込み事件は30件で、シャコガイを使用した製品2768グラム、アメリカニンジン(Panaxquinquefolius)1010グラムを押収した。これまで貴陽税関が摘発した絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件では、絶滅危惧植物を使った腕輪念珠やペンダント、ブレスレット、ネックレスなどの物品が多数押収された。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.38
    2019年07月02日
    「新華社」中国生花産業、物流で新たな可能性を切り開く

    中国の生花産業は、「インターネット+」の後押しや輸出入が増加しているものの、産業の高度化には物流がネックになっていると専門家は指摘する。中国花卉協会の分析によると、中国の生花消費に近年、五つの大きな変化が起こっているという。一つ目は、企業など団体による集団から個人による大衆の消費へ徐々に変化したこと。二つ目は、お祝い事や節目の日などから日常の消費へ変化したこと。三つ目は、消費モデルがより個性化・多様化したこと。四つ目は、生花消費範囲が一線都市(北京、上海、深圳と広州市)や二線都市(経済・文化が発達する地域中核都市)から県城(県政府所在地)や農村にまで拡大したこと。五つ目は、優れた新品種に注目と人気が集まったことだという。上記の五つの変化を持続的に発展させるためには、物流が重要な鍵となる。中国は、清潔で美しい包装や安定したコールドチェーン技術や専門的な生花物流企業の有無という点で依然として遅れている。長年にわたり三菱重工の輸送用冷凍機の中国総代理店である福利斯特森林電気設備貿易(上海)股份有限公司の董事長兼総経理の華軍(か・ぐん)氏は5年前、中国の物流企業の代表団を引きつれて日本を訪れ、生花の輸送車両を視察した。同氏は、「日本の生花専用輸送車両には、車載フリーザーが必ず搭載される上、専用車内換気システムも設置されているのに驚いた」と話す。また、生花は「呼吸する貨物」なので、他の冷凍する動物・植物性タンパク質とは異なり、専用物流システムで保護しなければならないと気付いたという。コールドチェーン物流の総合企業、上海交栄冷鏈物流有限公司の凌淞(りょう・しょう)総経理は、10年間の業務経験で、生花をその他の動植物と一緒に運ぶことも度々あったが、現在、生花産業や生花物流はこれまでの状態から変化しつつあるとし、「中国人がより高品質な生活を求めるようになり、生花は消費財ではあるが、単純な日用消費財ではなく、技術やサービス、精神的ニーズなどに支えられた総合的な消費財だ」と話す。(記者/許暁青、楊静、魏夢佳)<映像内容>中国生花産業の展示や物流の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月13日
    貴陽税関、1~9月に絶滅危惧種密輸事件を45件摘発

    貴陽税関が押収したセンジュガイモドキ(Chicoreustorrefactus)。(資料写真)中国貴陽税関は今年1月から9月、絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件を45件摘発し、立件した。うち象牙製品の密輸事件は1件で、66・95グラムを押収した。象牙製品の違法持ち込み事件は14件発生し、751・31グラムを押収した。その他の違法持ち込み事件は30件で、シャコガイを使用した製品2768グラム、アメリカニンジン(Panaxquinquefolius)1010グラムを押収した。これまで貴陽税関が摘発した絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件では、絶滅危惧植物を使った腕輪念珠やペンダント、ブレスレット、ネックレスなどの物品が多数押収された。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月13日
    貴陽税関、1~9月に絶滅危惧種密輸事件を45件摘発

    貴陽税関が押収した象牙のネックレス。(資料写真)中国貴陽税関は今年1月から9月、絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件を45件摘発し、立件した。うち象牙製品の密輸事件は1件で、66・95グラムを押収した。象牙製品の違法持ち込み事件は14件発生し、751・31グラムを押収した。その他の違法持ち込み事件は30件で、シャコガイを使用した製品2768グラム、アメリカニンジン(Panaxquinquefolius)1010グラムを押収した。これまで貴陽税関が摘発した絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件では、絶滅危惧植物を使った腕輪念珠やペンダント、ブレスレット、ネックレスなどの物品が多数押収された。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月13日
    貴陽税関、1~9月に絶滅危惧種密輸事件を45件摘発

    貴陽税関が押収したシャコガイの腕輪念珠。(資料写真)中国貴陽税関は今年1月から9月、絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件を45件摘発し、立件した。うち象牙製品の密輸事件は1件で、66・95グラムを押収した。象牙製品の違法持ち込み事件は14件発生し、751・31グラムを押収した。その他の違法持ち込み事件は30件で、シャコガイを使用した製品2768グラム、アメリカニンジン(Panaxquinquefolius)1010グラムを押収した。これまで貴陽税関が摘発した絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件では、絶滅危惧植物を使った腕輪念珠やペンダント、ブレスレット、ネックレスなどの物品が多数押収された。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年6月13日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 2009年03月04日
    雪原の動物の足跡

    キーワード:延々、屋外、雪、雪原、足跡、冬、動物、日本、複数、無人、その他、テーマメイン写真=2009(平成21)年3月4日、北海道札幌市、クレジット:TUYOSHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2009

  • 2006年06月26日
    小笠原諸島南島 ヒロベソカタマイマイの化石群と砂浜

    キーワード:さわやか、屋外、化石、夏、砂浜、自然遺産、初夏、小笠原諸島、小笠原村、世界遺産、絶滅種、東京都、南島、日本、風景、無人、その他、ヒロベソカタマイマイ、世界自然遺産、風景メイン写真=2006(平成18)年6月26日、東京都小笠原村、クレジット:アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※常設展示の場合、別途ご相談ください。

    撮影: 2006

  • 1980年01月08日
    増井光子

    増井光子、その他、ますい・みつこ、死去・2010年7月12日、獣医師、上野動物園園長、井の頭自然文化園管理事務所長、多摩動物公園長、よこはま動物園ズーラシア園長、兵庫県立コウノトリの郷公園園長(非常勤)=1980(昭和55)年1月8日

  • 1979年07月27日
    古賀忠道

    古賀忠道、その他、こが・ただみち、死去・1986年4月25日、上野動物園園長、東京動物園協会理事長、野生生物保護基金日本委員会設立し理事長、藍綬褒章受章、勲二等瑞宝章受章=1979(昭和54)年7月27日

    撮影: 1979

  • 1978年06月01日
    浅倉繁春

    浅倉繁春、その他、文化、あさくら・しげはる、上野動物園園長、東京動物園協会理事長=1978(昭和53)年6月1日

    撮影: 1978

  • 1