KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • オーストラリア
  • 研究チーム
  • 研究成果
  • 絶滅危惧種
  • 国際生物学
  • ウーリー
  • シガツェ市
  • シドニー
  • ジャーナル
  • ズーロジカル

「モモンガ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:49.38
    2021年06月02日
    「新華社」中国で絶滅危惧種ウーリームササビの新種2種を発見

    中国、オーストラリア、米国の研究者から成る研究チームがこのほど、中国チベット自治区シガツェ市と雲南省怒江リス族自治州でウーリームササビ属の新種2種を発見し、それぞれチベットウーリームササビ、雪山ウーリームササビと名付けた。研究成果は5月31日に英リンネ協会発行の動物学の国際学術誌「ズーロジカル・ジャーナル」に掲載された。論文の共同筆頭著者で中国科学院昆明動物研究所助理研究員の李権(り・けん)氏によると、ウーリームササビ属はネズミ目リス科リス亜科モモンガ族に属し、体長1メートル以上、体重2・5キロになる。ヒマラヤ地域の滑空する哺乳類の中で最も体が大きく、最も標高の高い場所(4800メートル)に分布することで知られる。生息数はわずか千~3千匹とみられ、国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種(EN)に指定されている。研究チームは、中国内外の自然史博物館が所蔵する標本24点を形態学や遺伝学の観点から詳細に比較し、ウーリームササビはヒマラヤ山脈全域と雲南省北西部の高山地帯に分布している可能性が高く、毛色や臼歯、遺伝的特徴から大きく異なる3種に分かれていることを確認した。今回の発見は、ヒマラヤと横断山脈一帯に極めて豊富な生物資源が存在することを改めて示した。(記者/趙珮然、周磊) =配信日: 2021(令和3)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060300283

  • 2019年07月22日
    雲南省高黎貢山で絶滅危惧種のナムダファモモンガ属新種を発見

    新種と確認された高黎貢ナムダファモモンガ。(資料写真)中国とオーストラリアの学者で構成された研究チームがこのほど、雲南省高黎貢山(こうれいこうざん)国家級自然保護区で新種のナムダファモモンガ(Biswamoyopterusbiswasi)の個体群を発見した。研究者による確認を経て、高黎貢ナムダファモモンガ(Biswamoyopterusgaoligongensis)と命名された。研究成果は18日、国際生物学誌「ZooKeys」に掲載された。(保山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202295

  • 2019年07月22日
    雲南省高黎貢山で絶滅危惧種のナムダファモモンガ属新種を発見

    新種と確認された高黎貢ナムダファモモンガ。(資料写真)中国とオーストラリアの学者で構成された研究チームがこのほど、雲南省高黎貢山(こうれいこうざん)国家級自然保護区で新種のナムダファモモンガ(Biswamoyopterusbiswasi)の個体群を発見した。研究者による確認を経て、高黎貢ナムダファモモンガ(Biswamoyopterusgaoligongensis)と命名された。研究成果は18日、国際生物学誌「ZooKeys」に掲載された。(保山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202219

  • 2019年07月22日
    雲南省高黎貢山で絶滅危惧種のナムダファモモンガ属新種を発見

    新種と確認された高黎貢ナムダファモモンガ。(資料写真)中国とオーストラリアの学者で構成された研究チームがこのほど、雲南省高黎貢山(こうれいこうざん)国家級自然保護区で新種のナムダファモモンガ(Biswamoyopterusbiswasi)の個体群を発見した。研究者による確認を経て、高黎貢ナムダファモモンガ(Biswamoyopterusgaoligongensis)と命名された。研究成果は18日、国際生物学誌「ZooKeys」に掲載された。(保山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202225

  • 2019年07月22日
    雲南省高黎貢山で絶滅危惧種のナムダファモモンガ属新種を発見

    新種と確認された高黎貢ナムダファモモンガ。(資料写真)中国とオーストラリアの学者で構成された研究チームがこのほど、雲南省高黎貢山(こうれいこうざん)国家級自然保護区で新種のナムダファモモンガ(Biswamoyopterusbiswasi)の個体群を発見した。研究者による確認を経て、高黎貢ナムダファモモンガ(Biswamoyopterusgaoligongensis)と命名された。研究成果は18日、国際生物学誌「ZooKeys」に掲載された。(保山=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072202279

  • 2006年08月11日
    エゾモモンガのタロウ エゾモモンガ飛ぶの見て

    飛行訓練するエゾモモンガの「タロウ」=11日夜、札幌市の円山動物園

    商品コード: 2006081100283

  • 2003年05月03日
    手の中で眠る天使

    シドニーにある動物園の飼育係が手にしているのは、オーストラリア東部の森林に生息するチビフクロモモンガです。世界で最も小さな空飛ぶほ乳類として知られ、羽毛のようなしっぽを持った小さな森の住人です。(ロイター=共同)

    商品コード: 2003050300030

  • 1