KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 天王寺動物園
  • ホッキョクグマ
  • 希少種保全
  • 環境省職員
  • 空港関係
  • 鹿児島県奄美市

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
14,362
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
14,362
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月22日
    訪れた人たち 天王寺動物園が再開

    再開した大阪市の天王寺動物園でホッキョクグマを見る人たち=22日午前

    商品コード: 2021062206220

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月22日
    開園を待つ人たち 天王寺動物園が再開

    大阪市の天王寺動物園で開園を待つ人たち=22日午前

    商品コード: 2021062206219

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月22日
    ホッキョクグマ 天王寺動物園が再開

    再開した天王寺動物園のホッキョクグマの「ホウちゃん」(手前)=22日午前、大阪市

    商品コード: 2021062206218

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    空港関係者の研修会 奄美の希少種保全で連携

    環境省職員から希少種の見分け方などの説明を受ける空港関係者=21日午後、鹿児島県奄美市

    商品コード: 2021062109059

  • 2021年06月21日
    (6)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    17日、シーサンパンナ・ダイ族自治州にあるアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、救助したゾウをかわいがる「ゾウのお父さん」と呼ばれる飼育員。アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前の主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107616

  • 2021年06月21日
    (3)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    15日、普洱市思茅区六順鎮の外側に設置されたアジアゾウ監視塔。(小型無人機から)アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前の主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(普洱=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107620

  • 2021年06月21日
    (1)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    15日、普洱市思茅区六順鎮の外側に設置されたアジアゾウ監視所。(小型無人機から)アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前の主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(普洱=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107623

  • 2021年06月21日
    (2)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    15日、普洱市思茅区六順鎮の外側に設置されたアジアゾウ監視塔とその周辺にある給餌場。(小型無人機から)アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前の主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(普洱=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107624

  • 2021年06月21日
    (5)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    17日、シーサンパンナ・ダイ族自治州にあるアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、救助したゾウを外に連れ出す「ゾウのお父さん」と呼ばれる飼育員。アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前はその主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(普洱=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107634

  • 2021年06月20日
    (4)コクチョウ3羽、蓮花湖に「引っ越し」江蘇省南京市

    18日、江蘇省南京市雨花台区にある蓮花湖公園の湖で泳ぐコクチョウ。中国江蘇省南京市雨花台区の農業農村局は18日、市内の紅山森林動物園で飼育されていたコクチョウ3羽を同区の蓮花湖公園に放した。同公園では現在4羽のコクチョウが生息している。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008000

  • 2021年06月20日
    (1)コクチョウ3羽、蓮花湖に「引っ越し」江蘇省南京市

    18日、江蘇省南京市雨花台区の蓮花湖公園でコクチョウを放す準備をするスタッフ。中国江蘇省南京市雨花台区の農業農村局は18日、市内の紅山森林動物園で飼育されていたコクチョウ3羽を同区の蓮花湖公園に放した。同公園では現在4羽のコクチョウが生息している。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008001

  • 2021年06月20日
    (2)コクチョウ3羽、蓮花湖に「引っ越し」江蘇省南京市

    18日、江蘇省南京市雨花台区の蓮花湖公園でコクチョウを湖に放すスタッフ。中国江蘇省南京市雨花台区の農業農村局は18日、市内の紅山森林動物園で飼育されていたコクチョウ3羽を同区の蓮花湖公園に放した。同公園では現在4羽のコクチョウが生息している。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008003

  • 2021年06月20日
    (7)コクチョウ3羽、蓮花湖に「引っ越し」江蘇省南京市

    18日、江蘇省南京市雨花台区にある蓮花湖公園の湖で泳ぐコクチョウ。中国江蘇省南京市雨花台区の農業農村局は18日、市内の紅山森林動物園で飼育されていたコクチョウ3羽を同区の蓮花湖公園に放した。同公園では現在4羽のコクチョウが生息している。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008006

  • 2021年06月20日
    (6)コクチョウ3羽、蓮花湖に「引っ越し」江蘇省南京市

    18日、江蘇省南京市雨花台区にある蓮花湖公園の湖で泳ぐコクチョウ。中国江蘇省南京市雨花台区の農業農村局は18日、市内の紅山森林動物園で飼育されていたコクチョウ3羽を同区の蓮花湖公園に放した。同公園では現在4羽のコクチョウが生息している。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008007

  • 2021年06月20日
    (5)コクチョウ3羽、蓮花湖に「引っ越し」江蘇省南京市

    18日、江蘇省南京市雨花台区にある蓮花湖公園の湖で泳ぐコクチョウ。中国江蘇省南京市雨花台区の農業農村局は18日、市内の紅山森林動物園で飼育されていたコクチョウ3羽を同区の蓮花湖公園に放した。同公園では現在4羽のコクチョウが生息している。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008002

  • 2021年06月20日
    (3)コクチョウ3羽、蓮花湖に「引っ越し」江蘇省南京市

    18日、江蘇省南京市雨花台区の蓮花湖公園でコクチョウを湖に放すスタッフ。中国江蘇省南京市雨花台区の農業農村局は18日、市内の紅山森林動物園で飼育されていたコクチョウ3羽を同区の蓮花湖公園に放した。同公園では現在4羽のコクチョウが生息している。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008005

  • 2021年06月19日
    天王寺動物園のまさひろ 「奇跡のニワトリ」が死ぬ

    「奇跡のニワトリ」と話題になったニワトリ「まさひろ」=2016年10月、大阪市の天王寺動物園

    商品コード: 2021061907365

  • 2021年06月18日
    パオーン

    ウィーンの動物園のアフリカゾウ。何をしているのかな?(ロイター=共同)

    商品コード: 2021061807698

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (4)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近の山を登る李維東氏(手前)とボランティア。(5月25日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711730

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (11)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近でイリナキウサギの活動の痕跡を観測する李維東氏。(5月25日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711935

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (10)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近の山でイリナキウサギの活動の痕跡を観測する李維東氏(右)とボランティア。(5月25日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711916

  • 2021年06月17日
    (3)ダムに自然魚道、希少魚類の繁殖を保護広西チワン族自治区

    4日、大藤峡南木江副ダムの自然魚道。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区の大藤峡水利中枢プロジェクトは、珠江流域の制御性水利中枢の要であり、珠江の「三峡プロジェクト」と呼ばれている。同プロジェクトの来賓市紅水河希少魚類増殖保護ステーションでは現在、希少魚類の孵化・養殖が行われている。珠江の大藤峡流域は、流水性魚類の重要な生息地であり、回遊魚の重要な移動ルートとされる。水利工事が希少・絶滅危惧種の回遊と産卵に影響を及ぼす恐れがあることから、同プロジェクトの建設企業は、自然生態系を模した魚道の建設、希少魚類の増殖保護ステーションと保育センターの設立を模索することで、魚類の積極的保護に努めている。(桂平=新華社記者/麦凌寒)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061714145

  • 2021年06月17日
    (1)ダムに自然魚道、希少魚類の繁殖を保護広西チワン族自治区

    4日、大藤峡南木江副ダムの自然魚道。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区の大藤峡水利中枢プロジェクトは、珠江流域の制御性水利中枢の要であり、珠江の「三峡プロジェクト」と呼ばれている。同プロジェクトの来賓市紅水河希少魚類増殖保護ステーションでは現在、希少魚類の孵化・養殖が行われている。珠江の大藤峡流域は、流水性魚類の重要な生息地であり、回遊魚の重要な移動ルートとされる。水利工事が希少・絶滅危惧種の回遊と産卵に影響を及ぼす恐れがあることから、同プロジェクトの建設企業は、自然生態系を模した魚道の建設、希少魚類の増殖保護ステーションと保育センターの設立を模索することで、魚類の積極的保護に努めている。(桂平=新華社記者/麦凌寒)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061714148

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (6)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    職場で自分が作成したイリナキウサギの標本を指し示す李維東氏。(6月1日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711802

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (9)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    職場でボランティアが描いたイリナキウサギの宣伝ポスターを示す李維東氏。(6月1日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/潘瑩)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711917

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (12)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近の断崖絶壁でイリナキウサギの活動の痕跡を観測する李維東氏(左)とボランティア。(5月25日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711939

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (13)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近の山に登ってイリナキウサギの活動の痕跡を観測する李維東氏(右)とボランティア。(5月25日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711946

  • 2021年06月17日
    (6)ダムに自然魚道、希少魚類の繁殖を保護広西チワン族自治区

    4日、大藤峡水利中枢プロジェクトの来賓市紅水河希少魚類増殖保護ステーション。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区の大藤峡水利中枢プロジェクトは、珠江流域の制御性水利中枢の要であり、珠江の「三峡プロジェクト」と呼ばれている。同プロジェクトの来賓市紅水河希少魚類増殖保護ステーションでは現在、希少魚類の孵化・養殖が行われている。珠江の大藤峡流域は、流水性魚類の重要な生息地であり、回遊魚の重要な移動ルートとされる。水利工事が希少・絶滅危惧種の回遊と産卵に影響を及ぼす恐れがあることから、同プロジェクトの建設企業は、自然生態系を模した魚道の建設、希少魚類の増殖保護ステーションと保育センターの設立を模索することで、魚類の積極的保護に努めている。(桂平=新華社記者/麦凌寒)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061714144

  • 2021年06月17日
    (2)ダムに自然魚道、希少魚類の繁殖を保護広西チワン族自治区

    4日、大藤峡南木江副ダムの自然魚道。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区の大藤峡水利中枢プロジェクトは、珠江流域の制御性水利中枢の要であり、珠江の「三峡プロジェクト」と呼ばれている。同プロジェクトの来賓市紅水河希少魚類増殖保護ステーションでは現在、希少魚類の孵化・養殖が行われている。珠江の大藤峡流域は、流水性魚類の重要な生息地であり、回遊魚の重要な移動ルートとされる。水利工事が希少・絶滅危惧種の回遊と産卵に影響を及ぼす恐れがあることから、同プロジェクトの建設企業は、自然生態系を模した魚道の建設、希少魚類の増殖保護ステーションと保育センターの設立を模索することで、魚類の積極的保護に努めている。(桂平=新華社記者/麦凌寒)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061714147

  • 2021年06月17日
    (4)ダムに自然魚道、希少魚類の繁殖を保護広西チワン族自治区

    4日、大藤峡魚類増殖ステーションと紅水河希少魚類保育センター。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区の大藤峡水利中枢プロジェクトは、珠江流域の制御性水利中枢の要であり、珠江の「三峡プロジェクト」と呼ばれている。同プロジェクトの来賓市紅水河希少魚類増殖保護ステーションでは現在、希少魚類の孵化・養殖が行われている。珠江の大藤峡流域は、流水性魚類の重要な生息地であり、回遊魚の重要な移動ルートとされる。水利工事が希少・絶滅危惧種の回遊と産卵に影響を及ぼす恐れがあることから、同プロジェクトの建設企業は、自然生態系を模した魚道の建設、希少魚類の増殖保護ステーションと保育センターの設立を模索することで、魚類の積極的保護に努めている。(桂平=新華社記者/麦凌寒)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061714131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (14)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    李維東氏が撮影したイリナキウサギ。(資料写真)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712097

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (1)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    李維東氏が撮影したイリナキウサギ。(資料写真)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711727

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (3)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近の断崖絶壁でイリナキウサギの活動の痕跡を観測する李維東氏。(5月25日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711768

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (5)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    職場で自身が作成したイリナキウサギの標本ラベルを手にする李維東氏。(6月1日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711783

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (15)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近の断崖絶壁でイリナキウサギの活動の痕跡を観測する李維東氏(左下)。(5月25日撮影、小型無人機から)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/宿伝義)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712125

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (7)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近の観測地点で遠赤外線カメラが捉えたイリナキウサギの姿。(資料写真)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711839

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (2)絶滅危惧種イリナキウサギの守護者新疆ウイグル自治区

    ウルムチ天山1号氷河付近でイリナキウサギの活動の痕跡を観測する李維東氏(手前)とボランティア。(5月25日撮影)中国新疆生態学会副秘書長で新疆ウイグル自治区林業・草原局自然保護地専門家委員会委員の李維東(り・いとう)氏(66)は、絶滅危惧種「イリナキウサギ」の発見者と命名者としても知られる。李氏は30年以上にわたり、この絶滅危惧種を救うため努力を重ねてきた。李氏は1983年、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州ニルカ県北部の山間部で標高3千メートル余りのそそり立つ崖を調査していた。その際、耳が丸く、ネズミのようでウサギのような灰褐色の小動物を発見、これが新種である可能性を直感した。86年、この発見は学界に認められ、「イリナキウサギ」と命名された。イリナキウサギの数は現在、千匹にも満たない。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711725

  • 2021年06月17日
    (5)ダムに自然魚道、希少魚類の繁殖を保護広西チワン族自治区

    4日、大藤峡水利中枢プロジェクトの来賓市紅水河希少魚類増殖保護ステーション。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区の大藤峡水利中枢プロジェクトは、珠江流域の制御性水利中枢の要であり、珠江の「三峡プロジェクト」と呼ばれている。同プロジェクトの来賓市紅水河希少魚類増殖保護ステーションでは現在、希少魚類の孵化・養殖が行われている。珠江の大藤峡流域は、流水性魚類の重要な生息地であり、回遊魚の重要な移動ルートとされる。水利工事が希少・絶滅危惧種の回遊と産卵に影響を及ぼす恐れがあることから、同プロジェクトの建設企業は、自然生態系を模した魚道の建設、希少魚類の増殖保護ステーションと保育センターの設立を模索することで、魚類の積極的保護に努めている。(桂平=新華社記者/麦凌寒)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061714143

  • 00:46.89
    2021年06月16日
    「新華社」工事現場で発見されたかわいい「トカゲ」の正体雲南省

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州屏辺ミャオ族自治県の工事現場でこのほど、作業員が「トカゲ」のような深緑色の野生動物1匹を発見した。作業員はこの「トカゲ」を保護。連絡を受けた同林業・草原局は直ちに作業スタッフを現場に派遣した。同局野生動植物保護科スタッフの朱美波(しゅ・びは)氏が鑑定した結果、この「トカゲ」のような生物は国家2級重点保護野生動物のチャイニーズウォータードラゴン(Physignathuscocincinus)であることが確認された。(記者/曽維) =配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061602623

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (4)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511718

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (1)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511727

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (10)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511796

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (13)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511801

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (16)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探す水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511802

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (15)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511799

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (7)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511756

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (11)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511788

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (5)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511751

  • 2021年06月15日
    重慶市の自然保護区で中国のサクラソウ希少固有種見つかる

    重慶市の陰条嶺国家級自然保護区で見つかったサクラソウの希少固有種「川東灯台報春」。(資料写真)中国重慶市巫渓(ふけい)県の陰条嶺国家級自然保護区管理局はこのほど、重慶師範大学生命科学学院の唐安軍(とう・あんぐん)教授の研究チームと官山営林場で実施したサクラソウ科植物の調査で、「川東灯台報春(PrimulamallophyllaBalf.f.)」と呼ばれるサクラソウ希少種の極小個体群を発見したと発表した。保護区は今月、イチイ科ウラジロイヌガヤ属の針葉樹「穂花杉」の発見も発表しており、貴重な絶滅危惧植物の発見が続いた。今回発見された川東灯台報春は主に林の端の路辺に生育し、帯状に分布していた。分布面積は約6千平方メートルで、約2100株余りが群生している。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061510665

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (18)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で餌を探す水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511815

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (9)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511793

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (3)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園で羽ばたく水鳥。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511734

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (8)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511775

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (2)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511730

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (17)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511818

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (14)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、ウルングル湖国家湿地公園をパトロールする管理スタッフの阿依木拉提·達吾列提別克(アイムラト・ダオレトベキ)さん(36)。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511791

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (6)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、空から見たウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月15日
    (12)ウルングル湖国家湿地公園を訪ねて新疆ウイグル自治区

    7日、新疆ウイグル自治区のウルングル湖国家湿地公園。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区のウルングル(烏倫古)湖国家湿地公園は総面積12万ヘクタール余り、湿地性植物と砂地植物の両方が生育する地帯にあり、渡り鳥に豊富な食物と生存、繁殖環境を提供している。湿地公園はここ数年、鳥類を保護するため複数の取り組みを行っている。同自治区各級政府は、湿地の保護・回復事業、ウルングル湖の鳥類に関する科学普及教育活動などを含む、生態系構築に約1億2千万元(1元=約17円)を相次いで投入した。統計によると2020年末時点で、同湿地公園では計269種類の鳥類が観測されている。同年観測された国家1級保護動物のカオジロオタテガモの数は、17年より157羽多い162羽だった。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061511773

  • 2021年06月14日
    睡魔

    トルコの野生動物公園の木陰で休むライオン。百獣の王もつい大あくび。(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2021061404294

  • 00:35.96
    2021年06月14日
    「新華社」チベット自治区北部の湖で泳ぐユキヒョウを撮影

    中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市草原ステーションの職員が9日、同自治区にあるチャンタン(羌塘)国家級自然保護区の湖、色林錯で泳ぐユキヒョウの撮影に成功した。職員はユキヒョウが湖で泳ぐことはめったにないとした上で、同自治区北部の高原では現在、春が到来し、大量の鳥類が繁殖期を迎えており、色林錯にやって来たユキヒョウが餌を探すために湖に入ったのかもしれないと説明した。同自治区北部に位置するチャンタン草原は平均標高4700メートルで、ほとんどの地域は原生状態にある。チベットカモシカ、ヤク、チベットノロバの他、ユキヒョウ、オグロヅル、オオカミ、ハゲタカ、ヒグマなど、多種類の野生動物が生息し、国家1級重点保護野生動物が10種、2級が21種含まれている。(記者/普布扎西) =配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405330

  • 00:37.22
    2021年06月13日
    「新華社」甘粛省白水江で野生パンダの親子4組を確認

    中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、今年1~3月のモニタリング映像を整理していたスタッフが、複数エリアの映像から野生ジャイアントパンダの親子4組を確認した。8頭のパンダはいずれも異なる個体で、うち子パンダ4頭の平均年齢は1~2歳とみられる。同保護区は甘粛省南部にあり位置し、野生ジャイアントパンダや、パンダと同じ環境で生息する動物の楽園となっている。全国第4回ジャイアントパンダ調査結果によると、同省に生息する野生ジャイアントパンダ132頭のうち、110頭が同保護区で生活している。(記者/馬莎) =配信日: 2021(令和3)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061304149

  • 01:33.40
    2021年06月12日
    「新華社」生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(記者/張昕怡)=配信日:2021(令和3)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061403700

  • 2021年06月11日
    若返りで快適環境実現へ

    大阪市天王寺区「天王寺動物園」

    商品コード: 2021061107206

  • 2021年06月11日
    若返りで快適環境実現へ

    大阪市天王寺区「天王寺動物園」

    商品コード: 2021061107203

  • 2021年06月11日
    展示室を掃除する山田さん 若返りで快適環境実現へ

    イグアナの展示室を掃除する飼育員の山田修平さん=4月、大阪市の天王寺動物園

    商品コード: 2021061105942

  • 2021年06月11日
    河合さんと山田さん 若返りで快適環境実現へ

    リクガメに餌を与える飼育員の河合芳寛さん(右)と今春入園した山田修平さん=4月、大阪市の天王寺動物園

    商品コード: 2021061105940

  • 2021年06月11日
    ホッキョクグマの親子 若返りで快適環境実現へ

    ホッキョクグマの赤ちゃん「ホウちゃん」と母親の「イッちゃん」=3月、大阪市の天王寺動物園

    商品コード: 2021061105918

  • 2021年06月11日
    ホウちゃん親子 若返りで快適環境実現へ

    母親の「イッちゃん」に寄りかかるホッキョクグマの赤ちゃん「ホウちゃん」=3月、大阪市の天王寺動物園

    商品コード: 2021061105916

  • 2021年06月11日
    アドバイスする河合さん 若返りで快適環境実現へ

    今春入園した山田修平さん(右)に、リクガメに与える野菜の切り方をアドバイスする飼育員の河合芳寛さん=4月、大阪市の天王寺動物園

    商品コード: 2021061105921

  • 2021年06月11日
    餌の魚をもらうアシカ 若返りで快適環境実現へ

    自ら体重計に乗る訓練の一環として、板の台に乗って飼育員から餌の魚をもらうアシカ=4月、大阪市の天王寺動物園

    商品コード: 2021061105932

  • 2021年06月11日
    イグアナに餌やる山田さん 若返りで快適環境実現へ

    今春入園した山田修平さん(左)がイグアナに餌を与える様子を見守る飼育員の河合芳寛さん=4月、大阪市の天王寺動物園

    商品コード: 2021061105937

  • 2021年06月11日
    (5)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    東営市図書館の近くでコウノトリを観察する、同市バードウォッチング協会の郭建三(かく・けんさん)会長とその仲間たち。(5月12日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106140

  • 2021年06月11日
    (4)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東省東営市の東営白鷺園で、木の枝に止まるシラサギ。(5月12日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106108

  • 2021年06月11日
    (3)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東省東営市の東営白鷺園で、木の枝に止まるアカガシラサギ。(5月12日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106093

  • 2021年06月11日
    (1)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    黄河が渤海に流れ込み、青い海水と黄色く濁った水が混じり合う、山東省東営市の黄河河口付近の様子。(5月13日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月11日
    (7)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区で、水陸両用カーで同僚と保護区内を巡回する警察官の楊華章(よう・かしょう)さん(前列左)。(5月13日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106454

  • 2021年06月11日
    (12)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区の風景。(2018年6月23日撮影、小型無人機から)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106530

  • 2021年06月11日
    (11)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区の風景。(2018年6月23日撮影、小型無人機から)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106526

  • 2021年06月11日
    (6)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区で、電柱の上に作られた、直径数メートルに及ぶコウノトリの巣。(5月13日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106452

  • 2021年06月11日
    (8)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区の水草が茂る湿地で、羽を休めるタンチョウヅル。(5月13日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106456

  • 2021年06月11日
    (9)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区で、茂みの上を飛ぶタンチョウヅル。(5月13日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106457

  • 2021年06月11日
    (15)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区で、餌を探すオオハクチョウなどの渡り鳥。(2014年12月22日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106553

  • 2021年06月11日
    (13)生物多様性の宝庫山東黄河三角洲国家級自然保護区を訪ねて

    山東黄河三角洲国家級自然保護区で、水面から飛び立つコクチョウ。(2012年10月31日撮影)中国黄河の河口付近に位置する黄河三角洲は、中国の暖温帯で最も完全かつ典型的な、海浜の湿地生態システムとして知られる。山東黄河三角洲国家級自然保護区は1992年の設立以降、生態系の持続的な保護と修復を通じて、河口の湿地生態システムを研究する天然の「実験室」としての役割を果たしている。豊かな生物多様性を有する同保護区は、野生動物1629種、鳥類370種が生息し、植物685種が生育する、生物多様性保全の「生物資源ライブラリー」となっている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061106525

  • 00:54.28
    2021年06月11日
    「新華社」ふ化後24時間、コウライアイサの「巣立ち」を撮影吉林省

    中国吉林省東部の長白山でこのほど、東北師範大学の研究員が国家1級保護野生動物コウライアイサの「巣立ち」の撮影に成功した。ひなはふ化して24時間後、母鳥と共に巣穴を飛び出し、渓流での生活を開始する。長白山地区ではここ数年、地域全体の環境改善と社会の環境保護意識の高まりに伴い、コウライアイサの生息数が増加している。(記者/張建、賈暁通) =配信日: 2021(令和3)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061104183

  • 2021年06月10日
    (6)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/安維斌)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007849

  • 2021年06月10日
    (1)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月31日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007802

  • 2021年06月10日
    (4)絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    盈江県の大盈江流域に生息するカワアジサシ。(5月16日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。(盈江=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061006492

  • 2021年06月10日
    (9)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/安維斌)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007920

  • 2021年06月10日
    (12)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/華爾丹)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007921

  • 2021年06月10日
    (4)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007839

  • 2021年06月10日
    (8)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼル。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/安維斌)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007851

  • 2021年06月10日
    (11)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/華爾丹)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007911

  • 2021年06月10日
    (1)絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    順調に育つ、今年1回目の繁殖で生まれたカワアジサシ。(4月21日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。(盈江=新華社配信/沙永勝)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061006465

  • 2021年06月10日
    (2)絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    盈江県の大盈江流域に生息するカワアジサシ。(5月16日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。(盈江=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061006472

  • 2021年06月10日
    (13)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/華爾丹)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007925

  • 2021年06月10日
    (6)絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    順調に育つ、今年1回目の繁殖で生まれたカワアジサシ。(4月21日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。(盈江=新華社配信/沙永勝)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061006469

  • 2021年06月10日
    (3)絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    網囲いの中で暮らす、今年2回目の繁殖で生まれたカワアジサシのヒナ。(5月16日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。(盈江=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061006471

  • 2021年06月10日
    (7)絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    1日に撮影したカワアジサシの親子。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。(盈江=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061006490

  • 00:37.40
    2021年06月10日
    「新華社」絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。カワアジサシは中国の国家1級重点保護野生動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されており、ミャンマー国境に近い同県大盈江流域が主な生息地と子育ての場になっている。同省銅壁関省級自然保護区管理保護局盈江支局は、カワアジサシを順調に繁殖させるため、巣の周りに網囲いを設置し、監視活動を行うなどの措置を講じてきたという。(記者/姚兵)=配信日:2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061300111

  • 2021年06月10日
    (5)絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    卵を温めるカワアジサシの親鳥。(5月16日撮影)中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。(盈江=新華社配信/尹以祜)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061006467

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...