KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 消しブロック
  • 消波ブロック
  • 南関東ブロック
  • キャラクター
  • ケンタッキー
  • コーヒー
  • チワン族
  • テーマレストラン
  • フライドチキン
  • モニタリング

「ブロック」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月24日
    (1)禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    21日、放流するダブリーチョウザメを担架に乗せる職員。中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。(宜賓=新華社記者/楊迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.67
    2021年01月24日
    「新華社」禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。ダブリーチョウザメは長江チョウザメの別称を持つ長江の固有種の希少魚類で、国家1級保護動物に指定されており、「水中のパンダ」とも呼ばれている。(記者/尹恒) =配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (2)禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    21日、ダブリーチョウザメの放流の準備をする職員ら。中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。(宜賓=新華社記者/楊迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (3)禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    21日、金沙江に放流されるダブリーチョウザメ。中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。(宜賓=新華社記者/楊迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (4)禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    21日、放流の現場の様子。中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。(宜賓=新華社記者/楊迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.31
    2020年12月10日
    「新華社」珍しいアルガリの群れが出現内モンゴル自治区シリンゴル盟

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗のモンゴルとの国境付近にこのほど、数多くのアルガリが出現、最も多い時で50頭余りが確認された。通報を受けた森林公安人民警察がすぐに現場に出動、アルガリが体力を回復し、安全に生息できるよう、現れそうな場所に飼料や塩の固まりを置いた。地元の牧畜民によると、今回のようにアルガリが群れで現れるのは非常に珍しいという。以前、餌になる草地の干ばつや退化、人的要因などにより、アルガリの個体数が減少したことを受け、同旗は2018年、牧畜民からなる生態パトロール隊を結成し、草原生態系の保護や、野生動物の狩猟など違法行為の防止に取り組んでいる。(記者/葉紫嫣)<映像内容>アルガリの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.16
    2020年09月11日
    「新華社」武漢東湖に「水中の森」出現湖北省

    中国湖北省武漢市にある東湖の付属湖、郭鄭湖の鵝咀(がそ)と呼ばれる場所でこのところ、水中の森が市民の注目を集めている。東湖では4月より、水域生態修復プロジェクトが正式に開始された。ごみ処理や区画を分ける囲いの設置、沈水性植物の植え付け、水生動物の放流などの措置を通じ、植物を中心とした水域生態系を再構築することで環境改善を進めている。モデル区内ではここ数カ月、担当者が水生植物の生育や水質、湖底の状況などに対する追跡モニタリングを行っている。8月の中間評価報告によると、モデル区の生態系は安定傾向を示しており、水中の森も予想以上に順調に育っている。(記者/廖君、熊琦)<映像内容>武漢市の東湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.74
    2020年08月01日
    旭山でホッキョクグマに氷 暑さ対策

    動物たちもひんやりとした氷で暑気払い―。夏日が続く北海道旭川市の旭山動物園で1日、ホッキョクグマやペンギン、チンパンジーなどに涼んでもらおうと、重さ計約1・3トン分の氷の塊がプレゼントされた。 同日午前、ほっきょくぐま館では、19歳の雄「ホクト」や14歳の雌「ピリカ」が、大きな口を開けて氷をかじったり、爪でひっかいたりして遊んでいた。  <映像内容>北海道旭川市の旭山動物園のほっきょくぐま館で、ホッキョクグマに氷の塊がプレゼントされた様子、撮影日:2020(令和2)年8月1日、撮影場所:北海道旭川市

    撮影: 2020(令和2)年8月1日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.97
    2020年07月17日
    「新華社」雲南省の警官、2級重点保護野生動物のオオコノハズクを保護

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州金平ミャオ族ヤオ族ダイ族自治県でこのほど、中国の2級保護野生動物に指定されているオオコノハズクが保護された。警官が公安局の市街区派出所に届いた紙箱を開けたところ、灰色の羽毛と大きな目を持つかわいらしい鳥1羽を発見、直ちに同県公安局森林警察大隊に引き渡した。鑑定を経て、鳥はオオコノハズクであることが確認された。検査の結果、外傷はなく、健康状態を示す指標も正常だった。専門家によると、まだ幼いため、山林に放す時期ではないという。警察大隊の警官は、引き続き飼育・観察を続け、野外での生存能力が備わり次第、自然に返すことになると語った。(記者/孫敏)<映像内容>保護された幼いオオコノハズクの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.22
    2019年12月18日
    「新華社」「東方の宝石」トキ、穏やかに越冬陝西省寧陝県

    中国陝西省南部の山間部にある寧陝県野生復帰放鳥基地では、秦嶺山脈の奥地に生息する野生のトキが、入念な管理・保護の下で厳寒期を穏やかに過ごしている。同県寨溝村は自然が豊かで水田の区画が明確なことから、世界初のトキの生息域外野生復帰放鳥基地として、良好な生息環境を提供している。トキは最古の鳥類の一つとして「東方の宝石」とたたえられる。かつては中国や日本、韓国、ロシアなどに広く分布していたが、1970~80年代に絶滅の危機にさらされるようになった。野生のトキ7羽が81年に陝西省洋県で発見され、保護スタッフによる個体群の系譜調査、人工繁殖、放鳥による野生化の取り組みが進められた。世界のトキの個体群数は現在、3千羽を超え、うち2500羽余りが陝西省内に生息している。生息地の面積は1万4千平方キロメートル余りにまで拡大した。(記者/張晨俊)<映像内容>野生のトキの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.16
    2019年12月11日
    「新華社」KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ

    中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(記者/朱麗莉、姚雨璘)<映像内容>民族文化を取り入れたKFCの店舗、銅鼓キャラクターコーヒーを発売、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月24日
    KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ

    市民が取った銅鼓の拓本。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月24日
    KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ

    民族調を前面に出した内装のKFC広西民族文化テーマレストラン。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月24日
    KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ

    広西民族博物館がKFC店舗内で行った銅鼓文化に関する展示。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月24日
    KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ

    銅鼓の拓本体験イベントに参加した市民。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月24日
    KFC店舗にチワン族文化広西民族博物館とコラボ

    「銅鼓キャラクター」シリーズの鹿紋コーヒー。(11月24日撮影)中国広西チワン族自治区南寧市の「三街両巷」歴史街区には、同自治区の民族文化を取り入れたケンタッキー・フライドチキン(KFC)の店舗がある。KFCはこのほど、広西民族博物館との異業種提携に乗り出し、テーマレストランでチワン族の「銅鼓」の装飾に見られる動物の姿をかたどった「銅鼓キャラクター」コーヒー4種を発売した。(南寧=新華社配信)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月19日
    クジャクバトのペア ペアになったら一生続く

    一つの区画をオスとメスのペアで使うクジャクバト=北海道帯広市の「おびひろ動物園」

    撮影: 北海道帯広市の「おびひろ動物園」

  • 01:49.78
    2019年07月29日
    「新華社」夏真っ盛り!動物たちの「猛暑を乗り切る裏ワザ」を見てみよう

    1年で最も暑い時期を迎えている中国福建省アモイ市。同市にある霊玲動物王国では、動物たちに暑い夏を少しでも涼しく過ごしてもらおうと、飼育員がクーラーをつける、氷の塊を置く、スイカや夏バテの予防薬を与える、水浴びをさせる、日よけ棚を作るなど工夫を凝らしている。動物たちの「猛暑を乗り切る裏ワザ」はさまざまで、それぞれ違った良さがある。(記者/付敏、陳旺)<映像内容>夏真っ盛りの動物たちの食事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月08日
    モリアオガエル 産卵期迎える

    泡状の卵塊を作りながら産卵するモリアオガエル。命育む神秘の泡―。真庭市の蒜山地域でモリアオガエルが産卵期を迎えた。メスの背中に一回り小さい数匹のオスが抱きつき、乳白色の泡状の卵塊を作っている。産卵は深夜や未明に行われ、今月中旬まで続くという。モリアオガエルは岡山県版レッドデータブックで絶滅危惧2類に指定されている。県内では中北部の山林に生息し、池などの水面に張り出した木の枝先などに直径15センチ程度の卵塊を作る。=2018(平成30)年6月8日、岡山県真庭市蒜山下和、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 2017年04月01日
    レゴと子どもたち ようこそブロックの世界へ

    「レゴランド・ジャパン」で、ブロックで作った動物の模型に近寄る子どもたち=1日午前、名古屋市港区

    撮影: 1日午前、名古屋市港区

  • 2017年03月17日
    ブロック形フライドポテト ブロック製の動物、噴水も

    「レゴランド・ジャパン」のレストランが提供するブロックの形をしたフライドポテト=17日、名古屋市

    撮影: 17日、名古屋市

  • 2017年03月17日
    ジェットコースターなど ブロック製の動物、噴水も

    「レゴランド・ジャパン」のジェットコースター「ザ・ドラゴン」=17日午後、名古屋市

    撮影: 17日午後、名古屋市

  • 2017年03月17日
    ジェットコースター ブロック製の動物、噴水も

    「レゴランド・ジャパン」のジェットコースター「ザ・ドラゴン」=17日、名古屋市

    撮影: 17日、名古屋市

  • 2015年08月05日
    ひんやり

    中国湖北省の動物園で、氷の塊で涼を取るジャイアントパンダ。暑い夏に少しでもひんやりと。(ロイター=共同)

  • 2014年07月14日
    照明灯のある消波ブロックとカモメの群れ

    キーワード:ウミネコ、カモメ、屋外、夏、海、群れ、照明灯、水平線、生き物、静か、大群、知床、長時間露光、鳥、灯台、動物、道東、日本、風景、無人、野生、野鳥、夕方、羅臼町、旅、佇む、30秒、14日、スローシャッター、根室海峡、消波ブロック、目梨郡、波消しブロック、風景メイン写真=2014(平成26)年7月14日、北海道岬町、クレジット:Hajime Ishizeki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2014

  • 2014年07月14日
    照明灯のある消波ブロックとカモメの群れ

    キーワード:ウミネコ、カモメ、屋外、夏、海、群れ、照明灯、水平線、生き物、静か、大群、知床、長時間露光、鳥、灯台、動物、道東、日本、風景、複数、無人、野生、野鳥、夕方、羅臼町、旅、佇む、30秒、14日、スローシャッター、根室海峡、消波ブロック、目梨郡、波消しブロック、風景メイン写真=2014(平成26)年7月14日、北海道岬町、クレジット:Hajime Ishizeki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2014

  • 2011年02月22日
    興味津々

    オランダ中部の動物園で遊ぶホッキョクグマ。2頭の赤ちゃんグマは、目の前の凍った魚の塊に興味津々の様子。(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年10月01日
    サイの子供用の区画 南ア、最悪のサイ密猟被害

    親を殺され保護された子供のサイを見詰めるエド・ヘーンさん=9月3日、南アフリカ・ヨハネスブルク郊外の動物保護区(共同)

    撮影: 9月3日、南アフリカ・ヨハネスブルク郊外の動物保護区

  • 2010年07月18日
    氷とホッキョクグマ 氷のプレゼントに上機嫌

    氷の塊にかじり付くホッキョクグマ=18日午前、北海道旭川市の旭山動物園

    撮影: 18日午前、北海道旭川市の旭山動物園

  • 2010年07月18日
    氷とホッキョクグマ 氷のプレゼントに興奮

    水中で氷の塊を追いかけるホッキョクグマ=18日午前、北海道旭川市の旭山動物園

    撮影: 18日午前、北海道旭川市の旭山動物園

  • 2005年09月16日

    「カラー」【】 ◎山際大志郎、やまぎわ・だいしろう、第44回(2005年)衆院選特別通信、重複、神奈川18区、南関東ブロック、自民、党青年局次長、獣医師、動物病院代表、福島県、東大院、2005年7月29日撮影、顔

  • 1