KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • レッドリスト
  • 保護動物
  • 野生動物
  • 重点保護
  • コウノトリ
  • 科学研究
  • 絶滅危惧
  • 絶滅寸前
  • 自然保護
  • 救護センター

「IUCN」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
219
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
219
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月17日
    (4)自然保護区で絶滅危惧種のアカハジロを確認雲南省

    14日、雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で撮影されたアカハジロ。中国雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で野鳥観察愛好家が14日撮影した鳥類が、中国科学院昆明動物研究所の専門家による鑑定の結果、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されているアカハジロであることが判明した。同種が騰衝市で確認されたのは今回が初めて。アカハジロは中国の国家1級保護動物に指定されており、主に水流が緩やかで水生植物が豊富な湖や池、沼地に生息する。同保護区ではこれまでにアカハジロの他、国家1級保護動物に指定されているナベコウやビルマカラヤマドリなど、55種類の鳥類が確認されている。(騰衝=新華社配信/畢争)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)自然保護区で絶滅危惧種のアカハジロを確認雲南省

    14日、雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で撮影されたアカハジロ。中国雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で野鳥観察愛好家が14日撮影した鳥類が、中国科学院昆明動物研究所の専門家による鑑定の結果、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されているアカハジロであることが判明した。同種が騰衝市で確認されたのは今回が初めて。アカハジロは中国の国家1級保護動物に指定されており、主に水流が緩やかで水生植物が豊富な湖や池、沼地に生息する。同保護区ではこれまでにアカハジロの他、国家1級保護動物に指定されているナベコウやビルマカラヤマドリなど、55種類の鳥類が確認されている。(騰衝=新華社配信/朱武完)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    自然保護区で絶滅危惧種のアカハジロを確認雲南省

    14日、雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で撮影されたアカハジロ。中国雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で野鳥観察愛好家が14日撮影した鳥類が、中国科学院昆明動物研究所の専門家による鑑定の結果、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されているアカハジロであることが判明した。同種が騰衝市で確認されたのは今回が初めて。アカハジロは中国の国家1級保護動物に指定されており、主に水流が緩やかで水生植物が豊富な湖や池、沼地に生息する。同保護区ではこれまでにアカハジロの他、国家1級保護動物に指定されているナベコウやビルマカラヤマドリなど、55種類の鳥類が確認されている。(騰衝=新華社配信/畢争)=配信日:2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月14日
    自然保護区で絶滅危惧種のアカハジロを確認雲南省

    14日、雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で撮影されたアカハジロ。中国雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で野鳥観察愛好家が14日撮影した鳥類が、中国科学院昆明動物研究所の専門家による鑑定の結果、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されているアカハジロであることが判明した。同種が騰衝市で確認されたのは今回が初めて。アカハジロは中国の国家1級保護動物に指定されており、主に水流が緩やかで水生植物が豊富な湖や池、沼地に生息する。同保護区ではこれまでにアカハジロの他、国家1級保護動物に指定されているナベコウやビルマカラヤマドリなど、55種類の鳥類が確認されている。(騰衝=新華社配信/朱武完)=配信日:2021(令和3)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.80
    2021年02月09日
    「新華社」長隆野生動物世界、シロサイの繁殖に成功広東省広州市

    中国広東省広州市の長隆野生動物世界がこのほど、シロサイの繁殖に成功した。赤ちゃんは1月5日生まれ。主に母乳を飲み、出生時に49キロだった体重は1日平均1・3キロずつ増え、生後1カ月で88・8キロになった。健康状態は極めて良好で、屋外を元気に駆け回っている。群れにもなじみ、両親や兄、姉らと共に草地で日なたぼっこをしたり、草をはんだりして過ごす。シロサイは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで準絶滅危惧種(NT)に指定されている。長隆野生動物世界では2009年に初めてシロサイの繁殖に成功し、これまでに10頭以上が誕生した。(記者/劉大偉、黄保国) =配信日: 2021(平成33)年02月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.85
    2021年02月06日
    「新華社」住民が絶滅危惧種クチジロジカの群れに遭遇四川省白玉県

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州白玉県麻絨郷馬門村の住民が2日、水を飲み、休憩しているクチジロジカの群れに出合った。群れはここ数日、午後5~6時頃に同じ場所に来ているという。警戒心が強く、人が少しでも近づくと逃げてしまうため、遠くからスマートフォンで撮影するほかない。クチジロジカは中国の国家1級保護野生動物で、青海チベット高原や周辺の高山草原など、標高3千~5千メートルの地域に暮らす典型的な高地・寒冷地動物。世界自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に指定されている。(記者/康錦謙) =配信日: 2021(平成33)年02月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (5)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で一般公開が始まったアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (9)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で一般公開が始まったアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (3)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で一般公開が始まったアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (7)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で一般公開が始まったアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (6)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で一般公開が始まったアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (4)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で餌を探すアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で一般公開が始まったアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (8)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で一般公開が始まったアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.91
    2021年01月31日
    「新華社」珠海長隆海洋王国でアフリカマナティーの赤ちゃんお披露目

    中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」で29日、アフリカマナティーの赤ちゃん「比莉(ビリー)」がお披露目され、愛らしい姿が注目を集めた。比莉は2020年12月3日生まれで、母親にとって2回目の出産。珠海長隆海洋王国ではこれまでに4頭のアフリカマナティーが誕生している。飼育員によると、赤ちゃんは主に母乳を飲み、時折新鮮な野菜も食べている。健康状態は良好だという。マナティーは3種に分類されており、いずれも国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(記者/黄国保) =配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月31日
    (2)上海動物園にアダックスの赤ちゃんお目見え

    1月31日、上海動物園で一般公開が始まったアダックスの赤ちゃん。中国上海動物園でこのほど、同園で初めて生まれたアダックスの赤ちゃんの一般公開が始まった。アダックスは偶蹄目ウシ科アダックス属を構成する唯一の種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前種」(CR)に分類されている。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.96
    2021年01月29日
    「新華社」冬のレンコン畑に舞うソデグロヅル江西省南昌市

    中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖には毎年、世界のソデグロヅルの98%が越冬のため、はるばる飛来してくる。ソデグロヅルは地球上で6千万年もの間生き延びてきた「生きた化石」として知られ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。江西省南昌市郊外にある五星農場のレンコン畑ではこのところ、数千羽のソデグロヅルが餌を求めて飛来している。群れの中の2羽が羽を大きく広げて舞う姿も見られ、人々の目を楽しませている。(記者/余剛) =配信日: 2021(平成33)年01月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:22.90
    2021年01月29日
    「新華社」海岸近くにピンクイルカの姿広東省深圳市

    中国広東省深圳市塩田港に広がる金色海岸の遊覧船乗り場近くに1月29日午後、ピンクイルカが現れた。波間を優雅に泳ぐ姿に、居合わせた人たちはしきりにスマートフォンを向けていた。付近の海域では近年、イルカがたびたび出現している。イルカの活動には極めて高い水質が必要とされることから、生物多様性向上の表れだとする関係者もいる。ピンクイルカは中国の国家1級保護動物で、2008年に国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに掲載された。(記者/王豊)=配信日:2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (8)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (6)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (1)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (5)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (10)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (9)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (11)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (3)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (2)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (7)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (12)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.76
    2021年01月26日
    「新華社」絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。同自治州に生息するファイヤールトンは雲南西部亜種(T.phayreishanicus)に属する。中国科学院昆明動物学研究所の研究者らは2018年、野外調査や研究により、軒崗郷などに生息するファイヤールトンの個体数は少なくとも5群、320匹に上ることを明らかにした。(記者/姚兵) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (13)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (12)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (10)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (9)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園の上空を飛ぶコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (11)公園にコウノトリが飛来河南省商丘市

    12日、南湖公園に飛来したコウノトリ。中国河南省商丘市の南湖公園ではこのところ、コウノトリ数十羽が飛来し、写真愛好家や市民の目を楽しませている。コウノトリは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(商丘=新華社記者/許雅楠)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.76
    2021年01月17日
    「新華社」白いパンダの映像を公開、昨年2月に撮影四川省臥龍

    中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は15日、四川省臥竜に設置された赤外線カメラが昨年2月に撮影した世界で唯一の白いジャイアントパンダの映像を公開した。白い野生のパンダの姿が公開されるのは2019年5月以来となる。臥竜で白いパンダの保護研究プロジェクトを進める譚迎春(たん・げいしゅん)氏によると、今回撮影された映像から、白いパンダは19年当時と比べ、体がかなり大きくなっていることが分かる。体毛も当時は全身白色だったが、四肢に淡い金色が目立つようになった。年齢は推定3歳前後。昨年2月に2度撮影に成功しているが、いずれも単独で行動しており、母親から離れて「自立」した個体と考えられる。国際自然保護連合(IUCN)のクマ類専門家チームのメンバーで、北京大学生命科学学院研究員の李晟(り・せい)氏によると、遺伝子変異によって白化したとみられる。アルビノ(白色個体)は体内で色素の合成ができず外見上は白や金白色、薄い金色になるが、動物個体の生存に影響があるとは限らないという。(記者/余里、楊進) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.51
    2021年01月15日
    「新華社」モンゴルのプシバルスキーガゼル7頭、餌を求めて中国へ

    国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)市でこのほど、モンゴルに生息する野生のプシバルスキーガゼルが、寒波の影響を受けて群れで鉄道脇のネットを越え、エレンホト駅国際台車交換庫付近に餌を求めてやってきた。モンゴルの野生のプシバルスキーガゼルがエレンホト市を「訪れる」のは、今年に入りすでに2回目だという。エレンホト市公安局森林公安局の警察官、耿暁華(こう・きょうか)氏は「国境付近の草原はここ数年、環境が改善され、エレンホト市の野生動物の個体群は徐々に増加に転じ、プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなど希少な野生動物が、再び人々の前に姿を見せるようになっている」と述べた。すらりとした姿のプシバルスキーガゼルは、国家2級重点保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.44
    2021年01月14日
    「新華社」絶滅危惧種のアカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園で9日、職員が絶滅危惧種のアカハジロの姿を確認した。カモ科のアカハジロは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されている。保山市はここ数年、湿地の生態回復事業を進めており、同湿地公園に生息する鳥類は2016年の172種から、現在では279種まで増加している。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.92
    2021年01月14日
    「新華社」満洲里税関、希少動物オオハナレイヨウの角179本を押収

    中国内モンゴル自治区の満洲里税関はこのほど、希少動物製品の密輸事件を摘発し、オオハナレイヨウの角、計179本を押収したと明らかにした。同税関の密輸取締官による追跡捜査を経て、最終的に犯罪グループが密輸入したオオハナレイヨウの角179本全てを回収し、容疑者7人を逮捕した。同事件は既に検察機関へ移管されている。オオハナレイヨウはサイガとも呼ばれ、中国の国家1級保護動物であり、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「絶滅寸前」(CR)に指定されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    8日、福建省晋江市の深滬湾(しんこ)にある干潟で餌を探すヘラシギ。中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(晋江=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (3)世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    8日、福建省晋江市の深滬湾(しんこ)にある干潟で餌を探すヘラシギ。中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(晋江=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (4)世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    8日、福建省晋江市の深滬湾(しんこ)にある干潟で餌を探すヘラシギ。中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(晋江=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (1)世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    8日、福建省晋江市の深滬湾(しんこ)にある干潟で餌を探すヘラシギ。中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(晋江=新華社記者/梅永存)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.00
    2021年01月13日
    「新華社」世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(記者/梅永存、彭張青) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.62
    2020年12月10日
    「新華社」絶滅危惧種コサックギツネの撮影に成功内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルグン市の黒山頭鎮草原でこのほど、絶滅危惧種コサックギツネの姿をカメラが捉えた。同市写真家協会のカメラマン、張淵(ちょう・えん)さんが撮影した。コサックギツネは主に中央アジアに分布し、一部は中国北部の省にも生息。2008年には国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録された。張さんは、コサックギツネが黒山頭鎮草原に現れたことについて、ここ数年の草原保護に対する力強い取り組みと、生態環境の回復が大きく関係しているとの見方を示した。(記者/葉紫嫣)<映像内容>黒山頭鎮草原のコサックギツネの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.50
    2020年11月17日
    「新華社」「鳥類のパンダ」ナベコウ、5年連続で姿現す陝西省城固県

    中国陝西省漢中市城固県を流れる湑水(しょすい)河流域でこのほど、林業スタッフが野生動物の観測中に国家1級重点保護野生動物のナベコウを確認した。同地域での確認は5年連続となる。今回姿を現したナベコウは4羽で、川でのんびりと餌を探したり、低空で旋回したり、地元の風景に美しい彩りを添えていた。ナベコウは絶滅の恐れのある鳥の一種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに登録されており、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(記者/張晨俊)<映像内容>野生のナベコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカ。(8月30日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月28日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    魚を捉える三娘湾のピンクイルカ。(8月28日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.08
    2020年08月13日
    「新華社」河南省済源市でキバライタチを初めて確認

    中国河南省済源市にある愚公営林場の職員がこのほど、野外に設置している赤外線カメラの撮影データを整理していた際、映像の中に小さな動物が写っているのを見つけた。写っていたのは「三有」保護動物(中国が保護する有益で重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも掲載されているキバライタチ(学名Mustelakathiah)。映像の長さはわずか10秒だが、キバライタチの地理的分布を研究する上で非常に重要な意義を持つ。(記者/任卓如)<映像内容>赤外線カメラが捉えた野生のキバライタチの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.41
    2020年08月07日
    「新華社」人工巣塔にコウノトリの姿黒竜江省

    国境を越えて渡りをしながら繁殖、越冬するコウノトリは中国の国家1級保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)からも絶滅危惧種に分類されている希少種で「鳥類のパンダ」と呼ばれている。三江平原湿地に位置する黒竜江省嘟嚕(とろ)河省級自然保護区は、人工巣塔の増設など人為的にコウノトリを引き寄せる試みを通し、かつての渡り鳥の飛来地を繁殖・生息の場へと変化させた。コウノトリの繁殖集団は主に黒竜江(アムール川)、烏蘇里江(ウスリー川)流域や松嫩平原、三江平原に分布している。同自然保護区内では今年、個体数が予測を上回ったため、人工巣塔が不足しており、後から到着したコウノトリは「巣の横取り」を余儀なくされている。(記者/馬暁成、王松、李建平)<映像内容>人工巣塔のコウノトリの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.11
    2020年07月11日
    「新華社」自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省

    中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。ブロンズトキは主に欧州南部、アフリカ、中米、アジアに分布している。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長期間確認されなかったため、国際自然保護連合(IUCN)の基準に照らし、多くの専門家が中国では絶滅していたと考えていた。剣湖湿地管護局の職員が6月初め、定期巡回中にブロンズトキ8羽の足跡を初めて発見した。研究スタッフの追跡調査と行動観察の結果、同湿地のサギ類繁殖区域でブロンズトキが繁殖していることが確認できた。また、巣の中で幼鳥3羽が見つかった。中国科学院昆明動物研究所鳥類グループの伍和啓(ご・わけい)博士は「雲南省で初めてブロンズトキの自然繁殖に関する情報を得られた。国内では非常に珍しい」とした上で、ブロンズトキの繁殖期は地域ごとに異なるが、一般的に春に集団で巣を作り、一つの巣に3~5個の卵を産むと説明。今回の情報は、ブロンズトキに関する研究・保護事業を展開する上で重要な意義を持つと述べた。(記者/趙珮然)<映像内容>ブロンズトキの自然繁殖、ひなに餌を与える様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.02
    2020年06月25日
    「新華社」ウンピョウ3匹、映像に同時「出演」雲南省

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管護局はこのほど、複数の赤外線カメラの映像の中に、ウンピョウの姿が写っているのを発見した。中には3匹が同時「出演」する珍しい場面もあった。撮影データを整理していた職員が、経度や緯度、標高の異なる場所に設置された赤外線カメラ4台全てが、2019年11月から20年1月までの間にウンピョウの姿を捉えていたのを見つけた。ウンピョウは中国の国家1級保護野生動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に指定されている。(記者/姚兵)<映像内容>野生のウンピョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    廃校水族館 啓発展示へ オサガメからレジ袋

    国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定する世界最大級のウミガメ「オサガメ」の死体がこのほど、室戸市沖で見つかり、解剖したむろと廃校水族館の職員が体内からレジ袋など2枚を発見した=2020(令和2)年6月23日、高知県室戸市室戸岬町、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、3羽のコウノトリが入ったケージを運ぶスタッフ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、ケージの中で放鳥を待つコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、ケージを出たコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、放鳥に備え、コウノトリをケージに入れようとするスタッフ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、田んぼで餌を探すコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、コウノトリをケージに入れ、放鳥の準備をするスタッフ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月17日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    17日、ケージから飛び立つコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.08
    2020年06月16日
    「新華社」青海省で珍しいクチジロジカの子どもを保護

    中国青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱(チュマルレプ)県に住む牧畜民の文青(ウェンチン)さんが7日、国道308号沿いで、群れからはぐれた子どものクチジロジカ1匹を保護した。シカはその後、地元の森林公安部門の協力で元気を取り戻すと、自然に戻された。文さんは、クチジロジカを見つけた時の様子について「歩き方が不安定で、動くのが辛そうだった。空腹で疲れていて自力で生きるのが難しいと思い、家に連れて帰って青草と牛乳を与えた」と語った。文さんは翌8日午前10時ごろ、三江源国家公園の関係部門にクチジロジカを引き渡した。シカは三江源国家公園森林公安局の約古宗列自然保護分区派出所に送られ、保護された。飼育観察を経て16日午前に健康状態が回復し、自然復帰の条件が整ったことを確認すると、シカは文さんと警官の手で群れが集まる場所に運ばれ、自然に戻された。クチジロジカは中国特有の貴重な鹿で、国家1級保護動物となっており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは危急種(VU)に指定されている。典型的な高山動物で、主に青海チベット高原と周辺の高山草原地区など、標高3千~5千メートルに生息する。(記者/李占軼)<映像内容>保護されたクチジロジカの子ども、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    16日、体力を回復したコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月16日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    16日、体力を回復したコウノトリ。中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社記者/周密)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.43
    2020年06月04日
    「新華社」コウライアイサの「巣立ち」の撮影に成功吉林省

    中国吉林省長春市の東北師範大学自然博物館は4日、同館の研究員がこのほど長白山で国家1級保護野生動物コウライアイサの「巣立ち」の撮影に成功したと発表した。研究員によると「巣立ち」は、ひながふ化して24時間後、母鳥に伴われて巣穴から飛び出し、渓流での生活を始めるプロセスを指す。コウライアイサはジャイアントパンダやアモイトラと並ぶ希少種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種(EN)に指定されている。分布域が狭く、長白山から小興安嶺沿いにロシア極東地区に至るエリアで繁殖し、主に長江中・下流域以南で冬を越す。(記者/張建)<映像内容>コウライアイサの巣立ち、巣穴から飛び出す様子、撮影日:2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.90
    2020年05月29日
    「新華社」国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(記者/林碧鋒)<映像内容>野生のクロオオリスの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.42
    2020年05月27日
    「新華社」高黎貢山で絶滅危惧種「滇桐」の個体群を発見雲南省

    中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局はこのほど、研究スタッフが同保護区の保山地区で絶滅危惧種の植物、滇桐(てんとう、学名Craigiayunnanensis)31株から成る個体群を発見したと明らかにした。保山地区での滇桐の発見は初めて。同局の徐聡麗(じょ・そうれい)生態学博士によると、滇桐は落葉性の喬木で、分布域が狭く、群生がめったに見られない希少な国家2級重点保護野生植物で、中国生物種レッドリストと国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されているという。中国科学院昆明植物研究所の刀志霊(とう・しれい)副研究員によると、今回発見された個体群は保山地区の騰衝(とうしょう)市エリアにあり、主に1株ずつ独立しているが、ごく一部は2株、3株まとまって生育している。うち最大の個体は高さが約30メートル、胸高直径が1メートル余りあり、これまでの研究で樹齢200年前後と推定されている。同局騰衝分局大蒿坪(たいこうへい)管理保護ステーションの責任者、余新林(よ・しんりん)氏は、森林保護スタッフが野外で収集した滇桐の種子116個を持ち帰って発芽試験を行ったところ、1カ月余りで種子2個が発芽したと説明し「育苗が成功すれば屋外に移植し、滇桐の個体数を増やしていく」と語った。高黎貢山は豊かな動植物資源に恵まれ、世界的に意義のある陸生生物の多様性が保たれた重要地区であり、「世界生物種遺伝資源ライブラリー」と称されている。(記者/林碧鋒、趙珮然)<映像内容>絶滅危惧種の植物である滇桐の個体群を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.11
    2020年05月17日
    「新華社」四面山自然保護区にコビトジャコウジカが出没重慶市江津区

    中国重慶市江津区の保護スタッフがこのほど、同地の四面山自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えた国家1級重点保護野生動物のコビトジャコウジカの映像を発見した。カメラには夜間と日中いずれの映像も記録されており、画像は非常に鮮明だったという。コビトジャコウジカは個体数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、現在「国際自然保護連合(IUCN)レッドリスト」に登録されている。(記者/黎華玲)<映像内容>赤外線カメラが捉えた野生のコビトジャコウジカ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月16日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月04日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月4日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月04日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月4日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.90
    2020年04月25日
    「新華社」希少動物オナガゴーラル、浙江省仙居県で発見

    中国浙江省森林資源モニタリングセンターの専門家はこのほど、赤外線定点カメラの映像を整理した際、一部の映像にオナガゴーラルが映っているのを見つけた。同省台州市仙居県の括蒼山自然保護区に設置したカメラが撮影した。オナガゴーラルは中国の国家2級重点保護動物に指定されているほか、国際自然保護連盟(IUCN)のレッドリストや中国生物多様性レッドリストでも危急種(VU)に登録されている。オナガゴーラルの個体群数は人間の活動による影響を受け、ここ数十年で急減しており、中国東部と南部では痕跡を見いだすことが難しくなっている。今回撮影された大量の映像と写真は、同県が中国東部におけるオナガゴーラル個体群の重要な集中分布域であることを証明した。(記者/王俊禄、張璇)<映像内容>野生のオナガゴーラルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月24日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.61
    2020年04月23日
    「新華社」希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(記者/林碧鋒)<映像内容>ハリオハチクイの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月23日
    希少鳥類、ハリオハチクイを確認雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したハリオハチクイ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターの職員がこのほど、鳥類のモニタリング作業中に希少鳥類であるハリオハチクイの群れを発見した。ハリオハチクイは「中国で最も美しい夏の渡り鳥」の一つと言われ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(LC)に分類されている。同湿地公園には2年連続で姿を現した。(昆明=新華社配信/汪金芳)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾をたわむれながら泳ぐ3頭のピンクイルカ。(4月14日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月14日
    三娘湾のピンクイルカの個体数、280頭超に広西欽州

    広西チワン族自治区欽州市の三娘湾を泳ぐピンクイルカの群れ。(4月14日撮影)中国広西チワン族自治区欽州市の北部湾沿岸に位置する三娘湾は、「中華白イルカ(ピンクイルカ)の古里」として知られる。同湾に生息するピンクイルカの個体数は現在、280頭を超えている。ピンクイルカは国家1級保護動物で、2008年に「国際自然保護連合(IUCN)絶滅危惧種レッドリスト」に登録されており、「海のパンダ」の異名を持つ。(欽州=新華社配信/趙一)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:55.48
    2020年04月13日
    「新華社」重点保護鳥類コウライアイサを確認吉林省

    中国吉林省白山市撫松県の頭道松花江流域でこのほど、中国国家1級重点保護野生動物、コウライアイサの姿が捉えられた。同省森林公安局松江河森林公安分局の警官が監視カメラによる巡視中に発見した。コウライアイサは世界的に絶滅の危機に瀕しており、北東アジア地域で最も絶滅の恐れが高い水鳥の一種でもある。生息数は世界で2千羽に満たない。コウライアイサは2002年に国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種(EN)に指定され、「水上の生きた化石、鳥の世界のジャイアントパンダ」と称されている。今回確認されたコウライアイサは約10羽。地元の森林公安局は引き続き保護措置を強化し、繁殖と生息の安全を守る生態バリアを構築していく。(記者/周万鵬)<映像内容>野生のコウライアイサの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.04
    2020年04月02日
    「新華社」烏蒙山保護区で絶滅危惧種のシセンミヤマテッケイを初撮影雲南省

    中国雲南省の烏蒙山国家級自然保護区管護局がこのほど動物資源調査を実施した際、世界的に絶滅の恐れのあるシセンミヤマテッケイなど複数種の中国の重点保護野生動物を赤外線カメラで初めて撮影した。同管護局の馬良(ば・りょう)局長によると、シセンミヤマテッケイは中国の1級重点保護野生動物で、中国固有種。分布域が狭く、個体群数も少ない。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危機種(EN)に分類されている。多くは原生林の中で活動しており、今回の撮影成功は保護区内の原生林の生態系が比較的良好に保たれ、シセンミヤマテッケイの生息や繁殖に適していることの現れだという。調査時に赤外線カメラはツキノワグマやハッカン、ギンケイなど重点保護野生動物の姿を捉えたほか、マエガミジカやクリハラリス、ヤマアラシなど希少な野生動物の活動も記録していた。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種のシセンミヤマテッケイなど野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:27.28
    2020年04月02日
    「新華社」絶滅危惧種シロスキハシコウの群れ、世界自然遺産・荔波に飛来

    中国貴州省荔波(れいは)県甲良鎮双江大壩(壩は山間にある平地)では連日、飛来してきた世界絶滅危惧種のシロスキハシコウ数百羽が羽を休めたり、エサを食べたりする姿を見ることができる。2013年に「国際自然保護連合(IUCN)」の絶滅危惧種レッドリストの低危険種に分類されたシロスキハシコウは、主に草、魚、エビを食べる大型の渡り鳥で、毎年春から6月にかけて飛来する。シロスキハシコウが羽を休め、エサを食べる双江大壩は、平均海抜768メートル、面積1189ムー(約79ヘクタール)で、主導産業はブドウと水稲。水源に恵まれ、現地で有名な生態系・アグリツーリズムの基地として知られる。(記者/呉斯洋、斉健)<映像内容>世界絶滅危惧種のシロスキハシコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月02日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    保護された当時、餌を食べるコウノトリのひな。(4月2日撮影)中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社配信/況紹祥)=2020(令和2)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    保護されたコウノトリ、野生に復帰江西省

    救護センターでコウノトリのひなの手当てをする職員。(4月1日撮影)中国江西省林業科学研究院野生動植物救護センターは17日、保護していたコウノトリ3羽を同省上饒市万年県で放鳥した。国家電網江西省電力の職員が4月1日、鄱陽湖畔の同県梓埠鎮を巡回した際、送電用鉄塔の上に作られた巣の中に、母鳥を亡くしたコウノトリのひな3羽がいるのを発見。野生動物保護部門と協力して救護センターに送り届けた。3羽は2カ月余りの治療を経て、野生に返せる状態にまで回復したため、元の生息地で放された。コウノトリは中国の国家1級保護動物で「鳥類のパンダ」と称される。また、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。(南昌=新華社配信/況紹祥)=2020(令和2)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    渡り鳥の飛来数、昨年の2倍に遼寧省瀋陽市

    瀋陽市法庫県にある獾子洞国家湿地公園のソデグロヅル。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市法庫県の獾子洞国家湿地公園ではこのところ、北へ向かう多くの渡り鳥が立ち寄り、野鳥観察に最も適した時期を迎えている。同公園では3月12日以降、観察員がトモエガモ、ソデグロヅルなどの希少種を含む渡り鳥が北上する姿を相次いで確認した。ソデグロヅルは渡り鳥のシンボルとして国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級保護動物でもある。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月01日
    渡り鳥の飛来数、昨年の2倍に遼寧省瀋陽市

    瀋陽市法庫県にある獾子洞国家湿地公園のソデグロヅル。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市法庫県の獾子洞国家湿地公園ではこのところ、北へ向かう多くの渡り鳥が立ち寄り、野鳥観察に最も適した時期を迎えている。同公園では3月12日以降、観察員がトモエガモ、ソデグロヅルなどの希少種を含む渡り鳥が北上する姿を相次いで確認した。ソデグロヅルは渡り鳥のシンボルとして国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定されており、中国の国家1級保護動物でもある。(瀋陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3