KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 野生動物
  • ジャイアントパンダ
  • 中国雲南省
  • 保護動物
  • 重点保護
  • スタッフ
  • 中国国家
  • 中国広東省
  • 一般開放
  • 中国青海省

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
436
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
436
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:40.32
    2021年04月08日
    「新華社」自然保護区でウミガメ産卵、今年初確認広東省恵州市

    中国広東省恵州市恵東県の広東恵東ウミガメ国家級自然保護区飼育センターの人工砂浜でこのほど、産卵のため上陸し、穴を掘るウミガメの姿が今年初めて撮影された。同センターは2017年にアオウミガメの完全人工繁殖を成し遂げた後、5年連続で上陸産卵に招き入れることに成功した。ウミガメは中国の国家1級保護野生動物で、「生きた化石」とも呼ばれている。同自然保護区はここ数年、中国大陸で唯一のウミガメ保護区として継続的に整備を進め、ウミガメの繁殖と成育、保護に適した環境を提供している。(記者/丁楽) =配信日: 2021(令和3)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月29日
    (4)公園内に公共図書館が開館上海市

    28日、上海市閔行区の浦江郊野公園に新しくオープンした図書館で動物の標本を見る親子。中国上海市で28日、市民文化節(祭)「文化サービスデー」がスタートし、浦江郊野公園内に図書館が開館した。公園内に公共の図書館が設置されるのは同市初で、建築面積92平方メートル、蔵書数は1万5千冊以上。館内は貸出や自習、イベントなどエリアに分かれ、公園にちなんで昆虫や園芸関連の書籍を集めたエリアもある。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (1)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (4)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (2)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月23日
    (3)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝で発見した密葉イチイ。(2020年10月27日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:TaxuscontortaGriffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2021(令和3)年3月23日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (3)アニマルカフェ、中国の都市で人気沸騰

    太原市のアニマルカフェで、アルパカと触れ合う客。(1月30日撮影)中国山西省太原市にこのほどオープンしたアニマルカフェは、ほのぼのとした愛らしいインテリアとかわいい動物が人気で、大勢の客でにぎわっている。(太原=新華社記者/洪慕瑄)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (2)アニマルカフェ、中国の都市で人気沸騰

    太原市のアニマルカフェで飼われているアルパカ(左)とアンゴラウサギ。(1月30日撮影)中国山西省太原市にこのほどオープンしたアニマルカフェは、ほのぼのとした愛らしいインテリアとかわいい動物が人気で、大勢の客でにぎわっている。(太原=新華社記者/高剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月06日
    (1)アニマルカフェ、中国の都市で人気沸騰

    太原市のアニマルカフェで、猫をなでる若者。(1月30日撮影)中国山西省太原市にこのほどオープンしたアニマルカフェは、ほのぼのとした愛らしいインテリアとかわいい動物が人気で、大勢の客でにぎわっている。(太原=新華社記者/洪慕瑄)= 配信日: 2021(令和3)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (1)ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲にある農地で餌を探すソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (7)ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲にある農地で戯れるソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (5)ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲にある農地を歩くソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (4)ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲にある農地で戯れるソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.78
    2021年02月01日
    「新華社」広東省の自然保護区でチュウゴクカモシカを撮影

    国広東省韶関(しょうかん)市始興県の南山省級自然保護区に設置された赤外線カメラがこのほど、国家2級重点保護野生動物に指定されるチュウゴクカモシカの姿を鮮明な映像で捉えた。研究者による録画映像の確認作業で明らかになった。複数のカメラの録画映像を確認したところ、体重約100キロ程度の雌の成体であることが分かった。チュウゴクカモシカはウシ科に属し、主に標高1000~4400メートルの針広混交林、針葉樹林、岩の多い雑灌林に生息するという。(始興県融媒体センター提供、記者/霍思穎、馬汝軒) =配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (3)ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲にある農地で戯れるソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (2)ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲で、空へ舞い上がるソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (9)ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲で、空へ舞い上がるソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (1)禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    21日、放流するダブリーチョウザメを担架に乗せる職員。中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。(宜賓=新華社記者/楊迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.67
    2021年01月24日
    「新華社」禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。ダブリーチョウザメは長江チョウザメの別称を持つ長江の固有種の希少魚類で、国家1級保護動物に指定されており、「水中のパンダ」とも呼ばれている。(記者/尹恒) =配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (2)禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    21日、ダブリーチョウザメの放流の準備をする職員ら。中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。(宜賓=新華社記者/楊迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (3)禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    21日、金沙江に放流されるダブリーチョウザメ。中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。(宜賓=新華社記者/楊迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (4)禁漁期の長江にダブリーチョウザメが「里帰り」産卵

    21日、放流の現場の様子。中国の農業農村部長江流域漁政監督管理弁公室が計画した「2021年ダブリーチョウザメ救出作戦・放流活動」が21日、四川省宜賓(ぎひん)市で実施され、「ダブリーチョウザメの古里」と呼ばれる金沙江下流の三塊石-安辺江区間に、成熟したダブリーチョウザメの親魚80匹が放流された。長江での10年間の禁漁措置など、一連の好条件の下で、ダブリーチョウザメの自然個体群の回復加速が期待されている。人工繁殖された親魚80匹は雌雄各40匹で、いずれも体長が1メートル以上ある。中国水産科学研究院長江水産研究所と宜賓希少水生動物研究所から提供され、そのうちの24匹には超音波追跡マーカーが埋め込まれている。今後、長江水産研究所の研究者は、放流個体の分布や活動、移動、成長、発育、産卵状況などの継続的な追跡とモニタリングを実施する。(宜賓=新華社記者/楊迪)= 配信日: 2021(令和3)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.52
    2021年01月20日
    「新華社」鄱陽湖に多くのソデグロヅルが飛来江西省

    中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖周辺にはこのところ、多くのソデグロヅルが越冬のため飛来している。同湖では昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、渡り鳥の餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の插旗州が500ムー(約33ヘクタール)余りの農地で稲もみを残し、越冬する希少な渡り鳥に餌場を提供した。現在、農地で餌を探すソデグロヅルは千羽を超えている。(記者/彭昭之) =配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲にある農地で戯れるソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)=配信日:2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.32
    2021年01月15日
    「新華社」砂漠公路に現れたキツネ、食物連鎖に一役新疆ウイグル自治区

    果てしない砂漠が広がり「死の海」とも呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠を横断するタリム砂漠公路は、世界初の流動性砂漠を貫く区分道路となっている。このところ、この砂漠公路でキツネを見かけることが多くなっている。タリム砂漠公路は全長522キロで、道路の両側には生態防護林が延び、野生動物に天然の生息地とシェルターを提供している。森林管理員によると、防護林の苗木は乾燥には強いものの、ネズミや野ウサギなどによる食害が脅威となっており、キツネがいることで食物連鎖のバランスが保たれているのだという。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲で、地面近くを飛ぶソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)=配信日:2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    ソデグロヅルに餌場を提供江西省余干県

    上饒市余干県康山開墾地の挿旗洲にある農地で羽根を休めるソデグロヅル。(1月15日撮影)中国江西省上饒市余干県の鄱陽湖では、越冬のため飛来した多くのソデグロヅルが羽根を休めている。昨年続いた高水位が水生植物の生育に影響し、餌が不足しているため、東岸に位置する余干県康山開墾地の挿旗洲は千ムー(約67ヘクタール)以上の農地で稲もみを残し、希少な渡り鳥に餌場を提供している。(上饒=新華社記者/彭昭之)=配信日:2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    動物園に里山エリア

    沖縄こどもの国の動物園にオープンした新エリア「里山の迷宮」=沖縄県沖縄市

    撮影: 沖縄県沖縄市

  • 2020年11月06日
    中国の学者、5億年前の古生物新種を発見

    中国科学院南京地質古生物研究所の黄迪穎(こう・てきえい)氏が提供したキリンシアの復元図。(資料写真)エビのような体、五つの目、頑丈なハサミ…。このような生物が多くの現生生物の祖先なのか。中国人学者が発見し、学術誌「ネイチャー」で5日発表された新種の古代生物「章氏麒麟エビ(キリンシア、Kylinxiazhangi)」。このような5億年以上前の古代生物は多くの生物の形態特徴を合わせ持ち、生物進化の隙間を架け橋のように埋めるという。キリンシアは、雲南省澄江地域で発見された5億2千万年前の化石群「澄江動物群」から見つかった。中国神話の麒麟に似ており、さまざまな生物の形態特徴を持つという。(南京=新華社記者/王珏玢)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    (5)絶滅危惧種「密葉イチイ」、中国2カ所目の個体群発見

    チベット自治区シガツェ市ティンリ県絨轄溝にある密葉イチイを含む植物群落。(2020年10月29日撮影)中国国家林業・草原局昆明勘察設計院の最新調査結果によると、研究者がチベット自治区珠峰(チョモランマ)国家級自然保護区でイチイ科イチイ属の希少植物、密葉イチイ(学名:Taxus contorta Griffith、中国名:密葉紅豆杉)の大規模な個体群を発見した。40年以上前に発見されて以来、国内2カ所目の個体群となる。同院シニアエンジニアの趙明旭(ちょう・めいきょく)氏によると、最初の個体群は1975年、中国が青海チベット高原で総合科学調査研究を初めて実施した際に、同自治区シガツェ市キドン県で発見した。 趙氏のチームは2019~20年にかけて、同市ティンリ県絨轄溝で国内2カ所目となる大規模な密葉イチイの個体群を発見。個体群の分布域は7500ムー(500ヘクタール)余りで、個体数は3千株以上に達する。密葉イチイは、古いイチイ科イチイ属裸子植物の生き残りで、中国に分布する同属植物の中で、最も分布面積が狭く、数が少ない種として、国家1級重点保護野生植物と全国極小個体群野生植物に指定されており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されている。(昆明=新華社配信/趙明旭氏提供)= 配信日: 2020(令和2)年10月29日、クレジット:趙明旭氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月27日
    野生復帰のアカゲザル、生態観光区でのびのび河南省内郷県

    27日、宝天曼生態文化観光区で撮影したアカゲザル。中国河南省南陽市内郷県の宝天曼生態文化観光区は省内で自然林の保存状態が最も良い地区の一つで、野生動物の生息と繁殖に優れた環境を提供している。同観光区ではここ数年、人の手で繁殖させたアカゲザルを野生復帰させ、観光客に新たな楽しみを提供している。(南陽=新華社記者/馮大鵬)=2020(令和2)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館の氷の彫刻アート展示エリアで、スタッフに支えられながら氷上自転車を体験する観光客。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館で、アザラシのショーを楽しむ観光客。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館で、ホッキョクオオカミを眺める観光客。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館のアザラシ。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館の氷の彫刻アート展示エリアで、氷の滑り台を体験する観光客。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館で、ペンギンに餌をあげる飼育員。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館前で行われた開館式。(小型無人機から)中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館のペンギン。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.83
    2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。長沙極地館の総面積は6796・47平方メートルで、1階が動物の一般公開エリアと氷の彫刻アートの展示エリアとなっている。地下1階には海底トンネルのほか、クラゲやウミガメの展示エリア、タッチプールなども設けられた。(記者/程済安)<映像内容>長沙極地館の様子、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館の氷の彫刻アート展示エリアで、作品の写真を撮る観光客。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館で、アシカを撮影する観光客。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館のペンギン。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    「新華社」北極や南極の動物が大集合湖南省に長沙極地館オープン

    18日、長沙極地館のホッキョクギツネ。中国湖南省の長沙生態動物園で18日、北極圏や南極圏に生息する動物を集めた「長沙極地館」がオープンした。アシカやアザラシ、ホッキョクギツネ、ホッキョクオオカミ、ペンギンなどの希少な動物たちが一斉にお目見えし、来場者に涼しさを届けた。(長沙=新華社記者/陳思汗)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月21日
    展示されたチーター 躍動するチーター間近に

    千葉市動物公園にオープンしたチーターの展示施設=21日、千葉市

    撮影: 21日、千葉市

  • 00:55.14
    2020年07月10日
    「新華社」太行山の華北ヒョウ「F8」を追跡山西省昔陽県

    中国太行山脈の中段に位置する、山西省晋中市の昔陽県でこのほど、1頭の華北ヒョウ(学名Pantherapardusjaponensis)の姿が捉えられた。長期にわたり華北ヒョウの研究を行っている動物保護の従事者によると、この華北ヒョウは太行山で人気の「F8」だという。華北ヒョウは中国特有のヒョウの亜種で、「F8」は昔陽県の隣県、和順県で生まれ、今年4~5歳になる。「F8」が、生まれた土地以外の地域で姿を現したのは今回が初めてで、昔陽県が持続的な生態修復や植樹を通して、種の多様性にしっかりとした基礎を提供したことを示している。(記者/馬志異、王勁玉)<映像内容>太行山の華北ヒョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    千種類以上の靴を展示華夏靴文化博物館を訪ねて天津市

    13日、華夏靴文化博物館に展示された古代中国の伝説の動物、辟邪(へきじゃ)をモチーフにした「辟邪瑞獣靴(へきじゃすいじゅうくつ)」。中国天津市の老舗靴屋「老美華」が設立した同市で初の靴文化を紹介する施設、華夏靴文化博物館は、2010年5月18日に正式にオープンした。館内では千種類以上のさまざまな靴が、「靴の発展史」「靴の民俗」「民間の靴製品」「靴の製造技術」などのテーマごとに分かれて展示されている。古代の遺物から後に作られた復元品まで、数千年を誇る中国の靴文化の歴史を余すところなく伝えている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:12.16
    2020年05月31日
    「新華社」野生動物の感染症監視、生態安全保護に貢献河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市は北東アジアの重要な渡り鳥の飛行ルート上に位置しており、市内で500種類余りの鳥類が発見されている。秦皇島野生動物救護センターは国家級野生動物疫源疫病監視ステーションとして、傷を負った鳥を保護するとともに、肛囲や咽頭を拭って検体を採取し、野生動物の感染症に対する監視と積極的な注意喚起に取り組んでいる。近年増加傾向にある人獣共通感染症についても、この取り組みが鳥類の疫学調査に役立ち、同市の生態安全保護につながっている。積極的注意喚起を開始した2012年以降、同センターは累計1万3955点の関連サンプルを提供した。今春採取した1100点余りのサンプルは、すでに検査に送られている。(記者/王昆)<映像内容>傷を負った鳥の保護、検体採取の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.76
    2020年05月05日
    「新華社」動物たちと久しぶりの「再会」広州市の動物園が一部エリアを開放

    中国では1月末以来、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制対策のため、動物園を含む多くの観光地や文化施設が一時的に閉鎖していた。広州市にある動物園「長隆野生動物世界」も1月24日から休業していたが、メーデー連休(今年は5月1~5日)期間中には一部エリアを開放、多くの親子連れが訪れ、動物たちと久しぶりの「再会」を果たした。動物園ではオンライン予約を実施し、入場の際は健康状態のチェックや記名式の登録、検温などさまざまな措置を行っている。(記者/陸浩、鄧瑞璇)<映像内容>営業再開した動物園、動物の様子、客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、3カ月ぶりに再会したパンダを見つめる来園者ら。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、竹を食べるジャイアントパンダ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、長隆野生動物世界のパンダ館で、手作りのパンダのぬいぐるみを持ってパンダと記念撮影するファン。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、パンダのぬいぐるみと共にカメラに納まるパンダ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、竹を食べるジャイアントパンダ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、長隆野生動物世界パンダ館のジャイアントパンダ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、木に体をこすりつけるジャイアントパンダ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、長隆野生動物世界のパンダ館で、手作りのパンダのぬいぐるみを持ってパンダと記念撮影するファン。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、長隆野生動物世界パンダ館のジャイアントパンダ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/陸浩)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月30日
    パンダとの再会喜ぶ来園者広州長隆野生動物世界

    4月30日、長隆野生動物世界パンダ館のジャイアントパンダ。中国広東省広州市の長隆野生動物世界はメーデー連休(今年は5月1~5日)を控えた4月30日、園内の一部で一般開放を再開した。来園者は長い間お目にかかれなかった動物たちやお気に入りのパンダと再会した。休園中もライブ配信や動画、写真などでパンダの最新の状況を確認していた「パンダファン」らは、開園と同時にパンダ館に直行し、スマートフォンで撮影したパンダの写真や動画を友人に送るなどして楽しんだ。(広州=新華社記者/鄧瑞璇)=2020(令和2)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月31日
    ペット葬儀場の静かなお見送り江西省南昌市

    3月31日、動物病院で死亡した犬を引き取る万義偉さん。ペットの死体をきれいに整え、15分間の小ぢんまりとした追悼式を行い、専用炉で火葬した後、飼い主が遺骨を持ち帰る…。これは中国江西省南昌市にあるペット葬儀社での日常の一こま。万義偉(ばん・ぎい)さん(48)はこの葬儀社の代表者で、昨年8月、事業を開始した。ペットの美容や葬儀といったサービスを提供し、すでに30回以上、特別な「告別式」を執り行っている。万さんは飼い主とペットの心温まる物語を数え切れないほど見てきたと述べ、「時には、われわれは精神科医のように、飼い主一人一人の話に耳を傾け、心のケアをしている」と語った。(南昌=新華社記者/程迪)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:47.66
    2020年03月27日
    都民に「危機意識高めて」 コロナ対策会議で都知事

    東京都は27日、新型コロナウイルス感染症の対策本部の会議を開いた。感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づき、首相が緊急事態宣言を発令できるようになったことに伴い、都から国に運用方法の検討や、結果の情報提供を求めていることが報告され、小池百合子知事は「危機意識を高める必要がある」と述べた。小池氏は26日に都が発表した感染者が過去最多の47人になったことに触れ「これまでにない増加傾向だ。感染者が爆発的に増加するかどうかの岐路にある」と強調。上野動物園などの都立施設の休園や閉鎖を4月12日まで続けると述べた。<映像内容>東京都の新型コロナ対策本部会議の様子。入り、会議雑観、小池百合子都知事の発言など、撮影日:2020(令和2)年3月27日、撮影場所:東京都庁

    撮影: 2020(令和2)年3月27日

  • 00:48.96
    2020年03月23日
    「新華社」大豊麋鹿国家級自然保護区でシフゾウの赤ちゃんが誕生江蘇省

    中国江蘇省の大豊麋鹿国家級自然保護区で23日、今年初めてとなるシフゾウの赤ちゃんが誕生した。同保護区の職員によると、この赤ちゃんは2017年に保護区で最初に人工飼育されたシフゾウの子どもで、シフゾウの飼育管理や人工飼育繁殖、精細管理についての科学的根拠を提供し、科学研究・技術データの蓄積に貢献したという点で少し特別な存在だという。職員の観察によると、赤ちゃんの健康状態に異常はなく、すでに自分で立って歩くことができる。よろめきながら母親の後を追う姿や、母親が赤ちゃんの毛皮をなめる様子も見られるという。シフゾウは中国固有の稀少なシカ科の動物で、「シカのようだがシカではなく、ラクダのようだがラクダではなく、ウシのようだがウシではなく、ウマのようだがウマではない」ことを意味する「四不像」とも呼ばれる。保護区では1986年以来、英国からシフゾウ39頭を迎え入れており、19年6月時点で個体数は5016頭、うち野生は1350頭に達している。(記者/邱氷清、李光正)<映像内容>シフゾウの赤ちゃんの様子、撮影日:2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、済南動物園でゾウを見る来園者。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、済南動物園でトラを見る来園者。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、済南動物園のジャイアントパンダ。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、済南動物園のジャイアントパンダ。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、済南動物園のサイ。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、済南動物園で動物を見る来園者。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、済南動物園のゾウ。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、済南動物園でゾウの写真を撮る来園者。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月21日
    済南動物園、一般開放を再開山東省

    21日、ゾウに餌をやる済南動物園の飼育員。中国山東省済南市の済南動物園は21日、新型コロナウイルス感染防止に万全を期した上で一般公開を再開した。開園初日は来場者数も穏やかで、安全で秩序ある開園となった。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    ジャイアントパンダも「職場復帰」青蔵高原野生動物園

    16日、一般開放を再開した西寧パンダ館。中国青海省西寧市の青蔵高原野生動物園が一般開放を再開してから3日後の16日、園内の西寧パンダ館も一般開放され、館内のジャイアントパンダ4頭が来場者を迎えた。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    ジャイアントパンダも「職場復帰」青蔵高原野生動物園

    16日、西寧パンダ館で竹を食べるジャイアントパンダの「円満(ユエンマン)」。中国青海省西寧市の青蔵高原野生動物園が一般開放を再開してから3日後の16日、園内の西寧パンダ館も一般開放され、館内のジャイアントパンダ4頭が来場者を迎えた。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    ジャイアントパンダも「職場復帰」青蔵高原野生動物園

    16日、中国青海省西寧市の西寧パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「和興(ホーシン)」中国青海省西寧市の青蔵高原野生動物園が一般開放を再開してから3日後の16日、園内の西寧パンダ館も一般開放され、館内のジャイアントパンダ4頭が来場者を迎えた。(西寧=新華社記者/解統強)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    ジャイアントパンダも「職場復帰」青蔵高原野生動物園

    16日、西寧パンダ館のジャイアントパンダ。中国青海省西寧市の青蔵高原野生動物園が一般開放を再開してから3日後の16日、園内の西寧パンダ館も一般開放され、館内のジャイアントパンダ4頭が来場者を迎えた。(西寧=新華社記者/解統強)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    ジャイアントパンダも「職場復帰」青蔵高原野生動物園

    16日、西寧パンダ館で休むジャイアントパンダの「奇果(チーグオ)」。中国青海省西寧市の青蔵高原野生動物園が一般開放を再開してから3日後の16日、園内の西寧パンダ館も一般開放され、館内のジャイアントパンダ4頭が来場者を迎えた。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月16日
    ジャイアントパンダも「職場復帰」青蔵高原野生動物園

    16日、一般開放を再開した西寧パンダ館。中国青海省西寧市の青蔵高原野生動物園が一般開放を再開してから3日後の16日、園内の西寧パンダ館も一般開放され、館内のジャイアントパンダ4頭が来場者を迎えた。(西寧=新華社記者/耿輝凰)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された鼎(かなえ)を背負う動物の塑像。大禹が天下を9つの州に分け、豚・亀など「九州」を象徴する9種の動物が中国古代の器物の一種、鼎(かなえ)を背負って大禹の検閲を受けたという神話をモチーフにしている。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.22
    2019年12月18日
    「新華社」「東方の宝石」トキ、穏やかに越冬陝西省寧陝県

    中国陝西省南部の山間部にある寧陝県野生復帰放鳥基地では、秦嶺山脈の奥地に生息する野生のトキが、入念な管理・保護の下で厳寒期を穏やかに過ごしている。同県寨溝村は自然が豊かで水田の区画が明確なことから、世界初のトキの生息域外野生復帰放鳥基地として、良好な生息環境を提供している。トキは最古の鳥類の一つとして「東方の宝石」とたたえられる。かつては中国や日本、韓国、ロシアなどに広く分布していたが、1970~80年代に絶滅の危機にさらされるようになった。野生のトキ7羽が81年に陝西省洋県で発見され、保護スタッフによる個体群の系譜調査、人工繁殖、放鳥による野生化の取り組みが進められた。世界のトキの個体群数は現在、3千羽を超え、うち2500羽余りが陝西省内に生息している。生息地の面積は1万4千平方キロメートル余りにまで拡大した。(記者/張晨俊)<映像内容>野生のトキの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月28日
    中国の研究者ら、6億1千万年前の胚化石の謎を解明

    28日、研究で明らかになった胚化石「籠脊球」の標本と部分拡大図の組み合わせ写真。中国科学院南京地質古生物研究所の研究者は、英国やスウェーデン、スイスの学者と協力し、貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州甕安(おうあん)県の生物相から見つかった化石が、6億1千万年前の胚化石であることを明らかにした。これまでに見つかった動物関連の胚化石としては最古の部類に属し、動物の起源の謎を解明する上で、新しい重要な手がかりを提供する。研究成果は27日、国際的科学誌「CurrentBiology」に掲載された。(南京=新華社配信)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月26日
    アリババ、香港に上場

    26日、香港証券取引所に登場したアリババグループの各業務を代表する「アリババ動物園」のキャラクター。中国電子商取引(EC)大手のアリババグループが26日、香港証券取引所に株式を上場し、米国と香港に重複上場した初の中国インターネット企業となった。(香港=新華社配信/アリババグループ提供)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    ハルビン税関、東北地域で初めて検疫有害動物のミカンコミバエを捕獲

    23日、動植物検疫初期審査実験室で、有害動物の検査・測定を行うハルビン太平国際空港税関の検査職員。中国黒竜江省のハルビン税関所属のハルビン太平国際空港税関はこのほど、東北三省(黒竜江、吉林、遼寧)と内モンゴル自治区を合わせた地域で初めて検疫有害動物のミカンコミバエを捕獲した。(ハルビン=新華社配信/ハルビン税関提供)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:ハルビン税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月15日
    杭州税関、カミツキガメを検疫モニタリング浙江省で初めて

    15日、輸入したカミツキガメをチェックする税関職員。中国杭州税関所属の嘉興税関職員は15日、浙江省嘉興市大橋鎮にある入境動物検験検疫隔離場で、空輸で輸入した大量のカミツキガメの現場監督管理を行った。杭州税関によると、これらは米国から送られ、計3万3344匹だった。米国産のカミツキガメが同省から国内に入るのは初めてだという。嘉興税関職員の現物検疫検査では、カメたちは状態が非常に良く、健康で元気があり、不審死も病気に感染している兆候も見らなかった。職員はその後、輸入水生動物の安全を確保するために、サンプルを採取し関連検疫モニタリングを行った。(杭州=新華社配信/杭州税関提供)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:杭州税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月15日
    杭州税関、カミツキガメを検疫モニタリング浙江省で初めて

    15日、輸入したカミツキガメの数を確認する税関職員。中国杭州税関所属の嘉興税関職員は15日、浙江省嘉興市大橋鎮にある入境動物検験検疫隔離場で、空輸で輸入した大量のカミツキガメの現場監督管理を行った。杭州税関によると、これらは米国から送られ、計3万3344匹だった。米国産のカミツキガメが同省から国内に入るのは初めてだという。嘉興税関職員の現物検疫検査では、カメたちは状態が非常に良く、健康で元気があり、不審死も病気に感染している兆候も見らなかった。職員はその後、輸入水生動物の安全を確保するために、サンプルを採取し関連検疫モニタリングを行った。(杭州=新華社配信/杭州税関提供)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:杭州税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月15日
    杭州税関、カミツキガメを検疫モニタリング浙江省で初めて

    15日、輸入したカミツキガメ。中国杭州税関所属の嘉興税関職員は15日、浙江省嘉興市大橋鎮にある入境動物検験検疫隔離場で、空輸で輸入した大量のカミツキガメの現場監督管理を行った。杭州税関によると、これらは米国から送られ、計3万3344匹だった。米国産のカミツキガメが同省から国内に入るのは初めてだという。嘉興税関職員の現物検疫検査では、カメたちは状態が非常に良く、健康で元気があり、不審死も病気に感染している兆候も見らなかった。職員はその後、輸入水生動物の安全を確保するために、サンプルを採取し関連検疫モニタリングを行った。(杭州=新華社配信/杭州税関提供)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:杭州税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月30日
    天津税関、船員が持ち込もうとした象牙製品63点を押収

    押収された象牙製品の一部。(9月30日撮影)中国天津税関は、同税関の密輸捜査部門がこのほど、停泊中の「理城輪」の船員数名が違法に持ち込もうとした象牙製品63点、総重量5335・7グラムを押収したと発表した。同税関が今年摘発した中で最大の象牙押収量となった。象牙や象牙製品はワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)の規制リストに掲載され、国が輸出入を禁じている。(天津=新華社配信/天津税関提供)=2019(令和元)年9月30日、クレジット:邢立達氏/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月26日
    貴陽税関、1~9月に絶滅危惧種密輸事件を45件摘発

    貴陽税関が押収した象牙の腕輪念珠。(資料写真)中国貴陽税関は今年1月から9月、絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件を45件摘発し、立件した。うち象牙製品の密輸事件は1件で、66・95グラムを押収した。象牙製品の違法持ち込み事件は14件発生し、751・31グラムを押収した。その他の違法持ち込み事件は30件で、シャコガイを使用した製品2768グラム、アメリカニンジン(Panaxquinquefolius)1010グラムを押収した。これまで貴陽税関が摘発した絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件では、絶滅危惧植物を使った腕輪念珠やペンダント、ブレスレット、ネックレスなどの物品が多数押収された。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月26日
    貴陽税関、1~9月に絶滅危惧種密輸事件を45件摘発

    貴陽税関が押収した象牙の腕輪念珠。(資料写真)中国貴陽税関は今年1月から9月、絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件を45件摘発し、立件した。うち象牙製品の密輸事件は1件で、66・95グラムを押収した。象牙製品の違法持ち込み事件は14件発生し、751・31グラムを押収した。その他の違法持ち込み事件は30件で、シャコガイを使用した製品2768グラム、アメリカニンジン(Panaxquinquefolius)1010グラムを押収した。これまで貴陽税関が摘発した絶滅危惧種および関連製品の違法密輸事件では、絶滅危惧植物を使った腕輪念珠やペンダント、ブレスレット、ネックレスなどの物品が多数押収された。(貴陽=新華社配信/貴陽税関提供)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:貴陽税関/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月10日
    動物園で開かれたゾウの「結婚式」江蘇省無錫市

    10日、動物園スタッフが2頭のゾウのために作った「結婚証」。中国江蘇省無錫(むしゃく)市の無錫動物園で10日、ゾウの「結婚式」が行われ、大勢の来場者が「参列」した。(無錫=新華社配信/無錫動物園提供)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:無錫動物園/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月10日
    中米の科学者、最古の蠕虫様動物の化石を発見

    夷陵虫の化石と夷陵虫が死ぬ前に残した痕跡。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所によると、同研究所の初期生命研究チームと米国バージニア工科大学の古生物学者の協力により、中国・三峡地区で約5億5千万年前に生息していた蠕虫様動物の化石が見つかった。この化石はこれまでに確認された中で最も古く、自発的に動き、体節が分かれ、左右対称な生物のもので、現在のゴカイやムカデといった環形動物や節足動物に似ている。研究者は発見した地名からこの生物を「夷陵(いりょう)虫」と名付けた。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月10日
    動物園で開かれたゾウの「結婚式」江蘇省無錫市

    10日、無錫動物園内に掲げられた結婚式を祝う横断幕。中国江蘇省無錫(むしゃく)市の無錫動物園で10日、ゾウの「結婚式」が行われ、大勢の来場者が「参列」した。(無錫=新華社配信/無錫動物園提供)=2019(令和元)年9月10日、クレジット:無錫動物園/新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5