KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • シュアンシュアン
  • シーシー
  • チォンチォン
  • チンチン
  • ハーフバースデー
  • 中国重慶市
  • 赤ちゃんパンダ
  • 重慶動物園
  • ジャイアントパンダ
  • 野生動物

「sports」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
70
( 1 70 件を表示)
  • 1
70
( 1 70 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年05月01日
    馬と指導員の安田さん コロナ禍、傍らの動物たち

    休業中の乗馬クラブで、馬の顔をなでる指導員の安田利実さん。「会員のレッスンがなくなったので、運動不足で体調不良にならないよう意識しています。スタッフも触れ合うことでストレスを解消できています」=4月29日、大阪府羽曳野市

    撮影: 4月29日、大阪府羽曳野市

  • 01:28.38
    2020年03月23日
    「新華社」北京動物園が一般公開再開入園券は実名で予約購入

    中国北京市の北京動物園は、屋外遊覧エリアの一般公開を23日から正式に再開すると明らかにした。また、入園券を実名で予約購入できるサイトを開設し、新型コロナウイルスの感染対策期間中における市民や観光客の安全と秩序を守るという。同園の張成林(ちょう・せいりん)副園長は、動物園が現在飼育している430種以上の動物のうち140種以上を屋外運動場で見ることができるが、屋内で飼育しているその他の動物は当面の間観賞できないと述べた。(記者/鞠煥宗、馬暁冬)<映像内容>北京動物園が再開、園内の様子、動物の様子、撮影日:2020(令和2)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.84
    2020年01月11日
    「新華社」寿山石印章方寸の中に宿る世界福建省福州市

    中国福建省福州市晋安区で採掘される寿山石(じゅざんせき)は中国の貴重な印章石の一つで、千年以上の歴史を有する。同市で11日、中国寿山石文化発展研究センターと福建省民間文芸家協会、晋安区文化スポーツ・観光局の共催による「石耀東方-鈕彫・薄意印章芸術展」が開幕した。20人以上の若手彫刻家による105点の作品の題材は人物、山水、珍しい草花、鳥類・動物など幅広く、寿山石印章芸術の伝承と革新を反映している。(記者/林凱)<映像内容>「石耀東方-鈕彫・薄意印章芸術展」の様子、撮影日:2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、赤ちゃんパンダを抱いて屋外へ出る飼育員。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、赤ちゃんパンダを抱いて屋外へ出る飼育員。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場でたわむれる赤ちゃんパンダたち。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場でたわむれる赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、ハーフバースデーを迎えた4頭の赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ赤ちゃんパンダたち。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場でたわむれる赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、赤ちゃんパンダを抱いて屋外へ出る飼育員。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ赤ちゃんパンダたち。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ4頭の赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ赤ちゃんパンダたち。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、木の上で遊ぶ赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ4頭の赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場でたわむれる赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、飼育員の作業服を引っ張って遊ぶ赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場でたわむれる赤ちゃんパンダたち。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月22日
    可愛い!4頭の赤ちゃんパンダ、ハーフバースデー迎える重慶動物園

    22日、パンダ館の運動場で遊ぶ赤ちゃんパンダ。中国重慶市の重慶動物園で22日、4頭の赤ちゃんパンダ「双双(シュアンシュアン)」「重重(チォンチォン)」「喜喜(シーシー)」「慶慶(チンチン)」の生後半年を祝うハーフバースデーイベントが行われた。飼育員の見守る中、赤ちゃんパンダたちはパンダ館の運動場でたわむれたり、遊んだりして、訪れた市民や観光客とともに冬至を過ごした。(重慶=新華社記者/唐奕)=2019(令和元)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:14.56
    2019年12月03日
    「新華社」萌える!雪だるまとたわむれるパンダ青海省西寧市

    中国青海省西寧市でこのほど降雪となった。同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館の運動場では、4頭のパンダが楽しそうに遊んでいる。パンダたちは雪の地面でゴロゴロしたり、あちこち歩き回ったり、地面に座って竹を頬張ったり、高台に登ったりしていた。また、スタッフが作ったかわいらしい雪だるまを見つけると、興味深そうに近づき、その周りをうろうろしたりして、愛らしい姿を見せていた。(記者/田文傑)<映像内容>雪が積もる運動場のパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月29日
    萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市

    29日、雪の積もったパンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月29日
    萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市

    29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月29日
    萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市

    29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月29日
    萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市

    29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月29日
    萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市

    29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月29日
    萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市

    29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月29日
    萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市

    29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場で竹を食べるパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月29日
    萌える!雪の中で竹を頬張るパンダ青海省西寧市

    29日、雪の積もった西寧パンダ館の屋外運動場にたたずむパンダ。中国青海省西寧市で降雪となった29日、同市の青海チベット高原野生動物園にある西寧パンダ館で飼育されているジャイアントパンダ4頭が、雪の中で竹を頬張っていた。パンダの生活に適した温度は26度から氷点下5度の間で、冬の気温が氷点下5度を下回ると、保温装置が稼動するようになっている。(西寧=新華社記者/呉剛)=2019(令和元)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月22日
    ミルキーに新運動場 のいち動物公園 脳性まひのチンパンジー

    脳性まひがある県立のいち動物公園(香南市野市町)の雌のチンパンジー、ミルキーの新たな運動場がこのほど園内に完成した。飼育員は「活発に動いて、仲間と一緒に過ごせるようにリハビリを続ける」と話している。写真は6歳になったミルキー =2019(令和元)年9月22日、高知県香南市野市町の県立のいち動物公園 、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

  • 02:53.35
    2019年01月04日
    「新華社」アトラス山脈に生息する絶滅危惧種のサルモロッコ·イフレン

    モロッコ中部の小都市イフレンは、ヨーロッパ式の建築や冬の雪景色から「モロッコのスイス」と呼ばれている。自然の風景やスキーなどのウインタースポーツが人気だが、周辺にはさまざまな動植物が生息しており、こちらも観光客の人気を集めている。2004年に設立されたイフレン国立公園は、中アトラス山脈(モワヤンアトラス山脈)の西側にあり、面積は約5万1800ヘクタールとなっている。公園内には、主にアトラス山脈付近に分布するヒマラヤスギの一種、アトラスシダーがまっすぐに立ち並んでいる。同国立公園には鳥類140種類と哺乳類37種類が生息しており、その中で最も有名なのはオナガザル科のバーバリーマカクだ。絶滅の危機に瀕しているこのサルは、マカク属としては唯一、アジア以外に生息している。同国立公園のスタッフによると、公園内に生息するバーバリーマカクの数は2009年の統計で約5千匹となっており、15年前と比べて大幅に減少しているという。(記者/陳斌傑)<映像内容>モロッコの絶滅危惧種のサル、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:16.35
    2018年12月17日
    「新華社」パンダが活発になる季節到来寒いほど元気に昆明市

    中国雲南省昆明市はこのところ気温が低下、涼しい気候を好むジャイアントパンダが元気に活動する季節になった。ジャイアントパンダは全身を覆う分厚い毛皮と脂肪層が寒さから身を守るため、冬には冬眠は一切しない。雲南野生動物園のジャイアントパンダ館に暮らす「毛竹」と「珍多」の2頭のパンダは最近、動きが鈍い普段の様子から一転、一緒に転げ回ってじゃれ合うなど運動量が増加している。越冬には多く食べることも欠かせないが、現在2頭が毎日食べる竹や笹の量は大幅に増加しており、座って、寄りかかって、寝転んでと、自由な姿で食欲旺盛に食べる様子は実に愛くるしい。(記者/何春好)<映像内容>食欲旺盛で活発なパンダの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.61
    2018年12月08日
    「新華社」「生きた化石」メタセコイアの王様湖北省利川市

    中国湖北省利川(りせん)市謀道(ぼうどう)鎮には、600年以上風雨に耐えながらたくましくそびえ立つ古木があり、「世界で最も古いスギ」の「メタセコイアの王様」と呼ばれている。世界の植物界から注目を集めるこのメタセコイアの木は、樹高35メートル、胸高直径2・48メートル、樹冠幅22メートルで、大人4人が手をつないでやっと一周できるほどの太さ。「メタセコイアの王様」の発見後、中国政府は一連の保護措置を講じてきた。2003年には、湖北省星斗山国家級自然保護区が正式に設置され、「メタセコイアの王様」を含む5700本余りのメタセコイアの原生的な遺伝資源を有する母樹がすべて保護範囲に組み込まれた。2006年には「中国メタセコイア植物園」が設立され、林業スタッフが「メタセコイアの王様」の周囲に柵や避雷針を設けたほか、木の成長に良好な環境を作り出すため、スタッフを毎日派遣して清掃するようになった。メタセコイアは世界的にも古くて希少な植物で、植物の「生きた化石」と呼ばれ、極めて高い科学研究と保護の価値がある。メタセコイア発見以前は、欧米の植物学者は一般に、1億年前に全盛だったメタセコイアは2500年前の第四紀の氷河運動で地球から絶滅したと考えていた。中国の科学者が1941年に、天然のメタセコイアを初めて発見、鑑定を経て命名したことは、近代生物学における重要な発見とされている。(記者/肖芸九、譚元斌)<映像内容>メタセコイアの王様の景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.55
    2018年10月28日
    「新華社」ウインタースポーツシーズン到来新彊アルタイ地区

    「2018年中国雪の都・初滑りイベント」が28日、中国新疆ウイグル自治区のアルタイ山脈南麓に位置するアルタイ市で行われ、早くもウインタースポーツシーズンが開幕した。雪にすっぽりと覆われたアルタイ山に造られたゲレンデでは、スキーヤーが思い思いのシュプールを描き、新疆の冬の訪れを楽しんだ。新疆ウイグル自治区で最も早くから冬季観光やウインタースポーツの開発と推進に取り組んできた同地区は、スキーの歴史は1万2千年前にさかのぼることができるといわれ、現在でも動物の毛皮のスキー板を使う住民がいる。同地区は近年、冬季観光の発展を制約するボトルネックに対して積極的に対策を講じ、2017~18年のウインターシーズンには延べ226万6800人を集客し、観光総消費額は17億9700万元(1元=約16円)に達した。(記者/段敏夫)<映像内容>2018年中国雪の都・初滑りイベントの様子、撮影日:2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月15日
    ペット展が人気広がるビジネスチャンス湖北省武漢市

    15日、武漢ペット展で行われた動物運動会に参加した犬。第7回CPF国際ペットフェア・2018武漢ペット展が14~16日、中国湖北省武漢市の武漢国際博覧センターで開催された。各種ペット用品のメーカー2千社近くが出展し、多くの市民が訪れた。(武漢=新華社配信/柯皓)=2018(平成30)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月26日
    ピューマ 神経質なのでビンカーン

    運動場を歩き回るメスのピューマ、マロン=広島県の福山市立動物園

    撮影: 広島県の福山市立動物園

  • 2018年05月24日
    ブラッザグエノン 水戸黄門のような顔

    ブラッザグエノンは運動場のかげの方にいることが多い=山口県宇部市のときわ動物園

    撮影: 山口県宇部市のときわ動物園

  • 2018年05月05日
    五輪目指せる逸材かも

    動物タイプと適性スポーツの例

  • 2018年05月05日
    五輪目指せる逸材かも

    動物タイプと適性スポーツの例

  • 2018年02月22日
    シマオイワワラビー 少ない草をヤギに取られる

    運動場でのんびりしているシマオイワワラビー。警戒心が強そうには見えない=東京・多摩動物公園

    撮影: 東京・多摩動物公園

  • 2017年06月01日
    アミメキリン 山のように高く育って

    運動場を走り回るアミメキリンの子ども、ヨシダ。元気いっぱいだ=京都市動物園

    撮影: 京都市動物園

  • 03:45.79
    2017年03月02日
    上野のパンダ、公開再開 5年ぶりベビーに期待

    上野動物園(東京都台東区)は2日、ジャイアントパンダの雄リーリーと雌シンシン(いずれも11歳)の公開を再開した。発情期を迎え、繁殖のため2月22日から一時的に非公開としていた。交尾しており、5年ぶりの赤ちゃん誕生が期待されている。上野動物園によると、27日朝と午後に計3回の交尾行動を確認。その後、2頭とも相手に強い関心を示さなくなるなど発情兆候が収まった。今後シンシンに食欲の減退や運動量の低下など妊娠の兆候がないかを注視していく。 〈映像内容〉開園前に撮影したリーリーとシンシンの雑観、渡部浩文副園長の囲み取材、パンダを見物する来園客や子どもたち、入り口外観など。

  • 2016年10月20日
    ピグミーゴート ペットとして飼う人も

    ピグミーゴートは運動神経がいい。木のぼりもできるそうだ=群馬県桐生市の桐生が岡動物園

    撮影: 群馬県桐生市の桐生が岡動物園

  • 2016年02月28日
    ほっとひと息

    イスラエル・テルアビブで動物愛護運動家の手に収まるコウモリ。心なしかほっとした様子。(UPI=共同)

  • 03:24.23
    2015年12月23日
    北海道・旭山動物園でペンギンが雪の上を散歩

    北海道旭川市の旭山動物園で23日、ペンギンが雪の上をおよそ500メートルよちよち歩く様子を間近で見物できるイベントが始まった。運動不足の解消が狙い。雪がなくなる3月中旬ごろまで続く。〈映像内容〉北海道旭川市の旭山動物園で、ペンギンが雪の上を歩くイベントの様子、撮影日:2015(平成27)年12月23日、撮影場所:北海道 旭山動物園

    撮影: 2015(平成27)年12月23日

  • 2015年05月30日
    中国の研究者ら、初期の動物の行動を酸素が制御していたことを解明

    約5億5千万年前、酸素濃度変化の影響を受けた古生物が、海底面の藻類の間を「上下に潜り込む」ことで残した生痕化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所の早期生命研究チームはこのほど、米バージニア工科大学の古生物学者と協力し、三峡地区で約5億5千万年前の古生物の生痕化石を発見した。化石には古生物の独特な「上下に潜り込みながら進む運動」の痕跡が記録されており、研究者は初期の動物が酸素によって行動を制御されていたことと関係しているとの見方を示した。(南京=新華社配信)=2015(平成27)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2014年01月27日
    並んで泳ぐ水鳥

    キーワード:水鳥、泳ぐ、屋外、かわいい、午後、水辺、水面、生き物、池、鳥、冬、動物、日本、波紋、並ぶ、無人、野生、野鳥、鳥類、6羽、上野町、愛媛県総合運動公園、動植物メイン写真=2014(平成26)年1月27日、愛媛県松山市、クレジット:Shinobu Soga/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月16日
    動物愛護運動家 野犬処分は「大虐殺」

    ルーマニアの首都ブカレストの憲法裁判所前で、野犬の殺処分に反対する動物愛護運動家=9月25日(ロイター=共同)

    撮影: 9月25日

  • 2013年03月28日
    マサイキリン ゆったり走ってもはやい

    運動場を走るマサイキリンの子ども=宮崎市フェニックス自然動物園

    撮影: 宮崎市フェニックス自然動物園

  • 2011年09月14日
    敬意

    スペイン・マドリードで、牛をやりで刺し殺す祭りに対する抗議活動を見守る犬。動物愛護運動に敬意を払っている?(ロイター=共同)

  • 2011年03月29日
    対面するゴーゴとバフィン 相性良し、2世に期待

    運動場で対面するホッキョクグマのゴーゴ(右)とバフィン=29日午後、大阪市の天王寺動物園

  • 2007年12月08日
    散歩するキングペンギン ペンギンが目の前を大行進

    冬季の運動不足解消のため、園内を散歩するキングペンギン=8日午後、北海道旭川市の旭山動物園

    撮影: 8日午後、北海道旭川市の旭山動物園

  • 2007年12月08日
    キングペンギンの散歩 ペンギンが目の前を大行進

    冬季の運動不足解消のため、園内を散歩するキングペンギン=8日午後、北海道旭川市の旭山動物園

    撮影: 8日午後、北海道旭川市の旭山動物園

  • 2007年03月13日
    新設された観覧スペース ライオンを間近で〓体感〓

    ライオンの運動場内に造られたガラス張りの観覧スペース=13日、名古屋市千種区の東山動物園☆始めダブルミニュート☆終わりダブルミニュート

    撮影: 13日、名古屋市千種区の東山動物園☆始めダブルミニュート☆終わりダブルミニュート

  • 2006年12月09日
    園内を歩くペンギン ペンギンが目の前を散歩

    旭山動物園で始まった冬の名物「ペンギンの散歩」。運動不足となる冬の健康管理も兼ねている=9日午前、北海道旭川市

    撮影: 9日午前、北海道旭川市

  • 2005年12月15日
    旭山動物園のペンギン 雪道散歩でペンギン減量

    運動不足を解消するため、園内を散歩するペンギン=15日午前11時、北海道旭川市の旭山動物園

    撮影: 15日午前11時、北海道旭川市の旭山動物園

  • 2004年12月10日
    旭山動物園のペンギン 動物園内をよちよち散歩

    冬季の運動不足を解消するため、園内を散歩するキングペンギン=10日、北海道旭川市の旭山動物園

    撮影: 10日、北海道旭川市の旭山動物園

  • 2004年12月03日
    野上ふさ子さん

    動物実験廃止運動を続ける市民団体代表の野上ふさ子(のがみ・ふさこ)さん

  • 2003年12月06日
    園内を散歩するペンギン ペンギンたちもダイエット

    運動不足解消のため、動物園内の雪道を散歩するペンギン=6日午前、北海道旭川市の旭山動物園

    撮影: 6日午前、北海道旭川市の旭山動物園

  • 2002年02月02日
    岩手雪まつり 雪像も冬季五輪を応援

    岩手県雫石町の小岩井農場で二日、「第三十五回岩手雪まつり」が始まった。まもなく開催されるソルトレークシティー冬季五輪やサッカーW杯に合わせ、スノーボードやサッカーなどスポーツをする動物キャラクターの雪像十七基が雪原いっぱいに展示されている。八日夜には花火大会も行われ、期間は十一日まで。

  • 1998年05月20日
    存続賛成シール張る子ども 存続求め募金や署名運動

    動物園存続の賛否を問う「市民投票」で存続賛成の赤いシールをボードに張る子どもたち=5日午後、北九州市小倉北区の到津遊園

    撮影: 5日午後、北九州市小倉北区の到津遊園

  • 1998年03月26日
    アザラシの捕獲はやめて

    「虐待に反対」などと書いたプラカードを掲げ気勢を上げているのは、アザラシの商業捕獲に反対するデモの参加者。このほどオタワで行われたデモには、カナダ全土から動物愛護運動家が集まりました。海から駆け付けたかのような縫いぐるみのアザラシも加わって、多くの人に訴えが届くといいのですが…。(ロイター=共同)

  • 1998年03月04日
    治療を受ける知的障害児 イルカの声でセラピー

    坊や、聞こえるかい―。メキシコ市動物園の水族館で三日、幼児をそっとつっついているのはイルカのビーナス君。でも遊んでいるのではなく、セラピーなのです。イルカの発する高周波音で脳を刺激することが知的障害や運動神経まひ、自閉症などの治療に有効とみられ、知的障害児のカルロス・マリオ・ソサ・ロシレスちゃん(2っ)もいま治療中。この治療を採用している医師によると実際に効果が挙がっているそうです。(ロイター=共同)

  • 1976年04月16日
    チンパンジー看護夫奮戦記

    「それっ!急患だ」宇山先生の往診カバンを抱えて真っ先に玄関を飛び出す-近ごろ動物の世界にも交通事故、運動不足によるストレスなど現代病の患者が急増、“猫の手”ならぬチンパンジーの手を借り、助手役に=1976(昭和51)年4月、福岡市中央区清川(写真特集「チンパンジー看護夫奮戦記」5枚組の3)

    撮影: 1976

  • 1976年02月01日
    君原をマークする中国選手 第25回別大毎日マラソン

    6キロ付近で君原健二(4)をぴったりマークして走る中国から初参加の尹増江(12)選手=1976(昭和51)年2月1日、大分市の高崎山自然動物公園前

  • 1953年04月11日
    公明選挙珍風景2

    公明選挙のたすきをかけて心斎橋筋へ乗り込み、公明選挙促進運動に一役買った大阪・天王寺動物園のチンパンジー「シュジー嬢」。喫茶店で一休み=1953(昭和28)年4月11日 (縮刷版掲載なし 28年内地番号なし)

    撮影: 1953

  • 1949年09月25日
    「インディラ」、「はな子」と対面

    上野動物園に着き、運動場でタイ象「はな子」(左)と対面するインド象「インディラ」=1949(昭和24)年9月25日

  • 1