KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • 動物
並び順
  • 新しい順
14,539
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
14,539
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年07月27日
    (5)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区の上空を舞う鳥たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705949

  • 2021年07月27日
    (11)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷に広がる風景。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/楊雲)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705925

  • 2021年07月27日
    (6)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で、木の上で羽を休める鳥たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705951

  • 2021年07月27日
    (8)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で、木の上から飛び立つシラサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705899

  • 2021年07月27日
    (2)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で撮影したアマサギ(左)とシラサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705860

  • 2021年07月27日
    (7)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で、木の上で羽を休める鳥たち。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705875

  • 2021年07月27日
    (10)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷で、木の上で羽を休める鳥たち。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/呉芳秋)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705927

  • 2021年07月27日
    (4)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷で撮影したアマサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/唐鵬)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705935

  • 2021年07月27日
    (9)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区に生息するガビチョウの卵。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705943

  • 2021年07月27日
    (3)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷で撮影したシラサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/欧秀燈)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705952

  • 2021年07月27日
    (1)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で撮影したシラサギ。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705947

  • 2021年07月27日
    (12)貴州省岑鞏県、希少鳥類の理想的な生息地に

    12日、岑鞏県天星郷林区で、木の上で羽を休めるシラサギ。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州岑鞏(しんきょう)県はここ数年、生態建設の着実な推進に取り組んでいる。現在、各林区(森林地帯)と生態湿地が、シラサギやオニカッコウ、ムラサキサギ、アマサギなどの希少な鳥類にとって、理想的な餌探し、繁殖、生息の地になりつつある。(岑鞏=新華社配信/楊啓志)= 配信日: 2021(令和3)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072705878

  • 2021年07月25日
    (1)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」、間もなく双子を出産

    23日、フランスのボーバル動物園で「ホアンホアン」の超音波検査をするスタッフ。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は23日、中国から貸与されたジャイアントパンダ「歓歓(ホアンホアン)」が間もなく双子を出産すると発表した。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507029

  • 2021年07月25日
    (2)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」、間もなく双子を出産

    23日、フランスのボーバル動物園で「ホアンホアン」の超音波検査をするスタッフ。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は23日、中国から貸与されたジャイアントパンダ「歓歓(ホアンホアン)」が間もなく双子を出産すると発表した。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507037

  • 2021年07月25日
    (3)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」、間もなく双子を出産

    23日、フランスのボーバル動物園で撮影された「ホアンホアン」の超音波検査画像。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は23日、中国から貸与されたジャイアントパンダ「歓歓(ホアンホアン)」が間もなく双子を出産すると発表した。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072506988

  • 2021年07月25日
    (4)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」、間もなく双子を出産

    23日、フランスのボーバル動物園で撮影された「ホアンホアン」の超音波検査画像。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は23日、中国から貸与されたジャイアントパンダ「歓歓(ホアンホアン)」が間もなく双子を出産すると発表した。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507030

  • 2021年07月24日
    (2)高黎貢山で絶滅危惧種のコリバス2種が開花雲南省騰衝市

    15日、騰衝市の高黎貢山保山地区に生育するコリバス・シニイ。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局騰衝(とうしょう)分局はこのほど、同省騰衝市の高黎貢山保山地区に自生するラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)とコリバス・シニイ(学名:CorybassiniiT.TangetF.T.Wang)が開花したと明らかにした。現在、見頃を迎えているという。(騰衝=新華社配信/畢争)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072503314

  • 2021年07月24日
    (3)高黎貢山で絶滅危惧種のコリバス2種が開花雲南省騰衝市

    12日、騰衝市の高黎貢山保山地区に生育する大理コリバス。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局騰衝(とうしょう)分局はこのほど、同省騰衝市の高黎貢山保山地区に自生するラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)とコリバス・シニイ(学名:CorybassiniiT.TangetF.T.Wang)が開花したと明らかにした。現在、見頃を迎えているという。(騰衝=新華社配信/趙玉南)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072503283

  • 2021年07月24日
    (4)高黎貢山で絶滅危惧種のコリバス2種が開花雲南省騰衝市

    12日、騰衝市の高黎貢山保山地区に生育する大理コリバス。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局騰衝(とうしょう)分局はこのほど、同省騰衝市の高黎貢山保山地区に自生するラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)とコリバス・シニイ(学名:CorybassiniiT.TangetF.T.Wang)が開花したと明らかにした。現在、見頃を迎えているという。(騰衝=新華社配信/趙玉南)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072503302

  • 2021年07月24日
    (1)高黎貢山で絶滅危惧種のコリバス2種が開花雲南省騰衝市

    15日、騰衝市の高黎貢山保山地区に生育するコリバス・シニイ。中国雲南省の高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局騰衝(とうしょう)分局はこのほど、同省騰衝市の高黎貢山保山地区に自生するラン科コリバス属の希少絶滅危惧種、大理コリバス(学名:CorybastaliensisT.Tang)とコリバス・シニイ(学名:CorybassiniiT.TangetF.T.Wang)が開花したと明らかにした。現在、見頃を迎えているという。(騰衝=新華社配信/畢争)= 配信日: 2021(令和3)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072503291

  • 2021年07月23日
    (1)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、スイカを食べる石家荘市動物園のリスザル。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403230

  • 2021年07月23日
    (3)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、氷の塊を抱く石家荘市動物園のジャイアントパンダ。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403235

  • 2021年07月23日
    (5)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、氷の上に置かれた食べ物に興味を示す石家荘市動物園のジャイアントパンダ。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403226

  • 2021年07月23日
    (2)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、スイカを食べる石家荘市動物園のオウム。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403194

  • 2021年07月23日
    (4)動物たちに夏の冷たいプレゼント河北省石家荘市

    22日、スイカを食べる石家荘市動物園のワオキツネザル。二十四節気の一つで、一年で最も暑い時期とされる「大暑」を迎えた22日、中国河北省の石家荘市動物園では、さまざまな暑さ対策を通して動物たちに涼を届けていた。(石家荘=新華社配信/陳其保)= 配信日: 2021(令和3)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072403198

  • 2021年07月22日
    (6)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、岩の上で腹ばいになるヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302882

  • 2021年07月22日
    (13)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、草原にたたずむヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302863

  • 2021年07月22日
    (3)中国などの研究者、希少なウェルウィッチアの進化の謎を解明

    砂漠に生息するウェルウィッチア。(資料写真)中国内外の研究者は3年以上にわたる綿密な研究により、希少植物であるウェルウィッチアの進化の謎を解明した。研究結果はこのほど、国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302866

  • 2021年07月22日
    (5)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、餌を食べるヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302940

  • 2021年07月22日
    (3)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」が再び妊娠

    フランスのボーバル動物園で暮らすホアンホアン。(5月5日撮影)フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は20日、中国から貸与されたジャイアントパンダの「歓歓(ホアンホアン)」が再び妊娠したと発表した。7月末か8月初めに出産予定という。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302894

  • 2021年07月22日
    (3)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、甘南チベット族自治州の草原で撮影したヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302900

  • 2021年07月22日
    (6)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」が再び妊娠

    フランスのボーバル動物園で暮らすホアンホアン。(5月5日撮影)フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は20日、中国から貸与されたジャイアントパンダの「歓歓(ホアンホアン)」が再び妊娠したと発表した。7月末か8月初めに出産予定という。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302837

  • 2021年07月22日
    (10)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、甘南チベット族自治州の草原で撮影したヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302889

  • 2021年07月22日
    (3)ネコ科動物の没入体験型展示を開催上海市

    10日、拡大版リビングルームの体験ゾーンでネコの日常を体験する子どもたち。中国上海市普陀区の長風大悦城でこのほど、ネコ科動物に関する体験型科学普及展が開幕した。同展は没入型展示に力を入れ、ネコ科動物の生態の秘密を明らかにしている。12の展示エリアには、ネコの日常を体験できるリビングルームの拡大版や本物そっくりの高原模型、ユキヒョウの生息地の再現など、それぞれのストーリーに応じた体験ゾーンが設置されている。会期は10月まで。(上海=新華社配信/潘開浚)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302899

  • 2021年07月22日
    (8)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、甘南チベット族自治州の草原で撮影したヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302903

  • 2021年07月22日
    (9)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、甘南チベット族自治州の草原で撮影したヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302929

  • 2021年07月22日
    (1)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、草原にたたずむヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302920

  • 2021年07月22日
    (5)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」が再び妊娠

    フランスのボーバル動物園で暮らすホアンホアン。(5月5日撮影)フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は20日、中国から貸与されたジャイアントパンダの「歓歓(ホアンホアン)」が再び妊娠したと発表した。7月末か8月初めに出産予定という。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302841

  • 2021年07月22日
    (7)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、草の上で腹ばいになるヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302875

  • 2021年07月22日
    (4)ネコ科動物の没入体験型展示を開催上海市

    10日、上海市の長風大悦城に展示されたネコ科動物の系譜を紹介するコーナー。中国上海市普陀区の長風大悦城でこのほど、ネコ科動物に関する体験型科学普及展が開幕した。同展は没入型展示に力を入れ、ネコ科動物の生態の秘密を明らかにしている。12の展示エリアには、ネコの日常を体験できるリビングルームの拡大版や本物そっくりの高原模型、ユキヒョウの生息地の再現など、それぞれのストーリーに応じた体験ゾーンが設置されている。会期は10月まで。(上海=新華社配信/潘開浚)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302849

  • 2021年07月22日
    (11)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、餌を探すヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302854

  • 2021年07月22日
    (4)中国などの研究者、希少なウェルウィッチアの進化の謎を解明

    砂漠に生息するウェルウィッチア。(資料写真)中国内外の研究者は3年以上にわたる綿密な研究により、希少植物であるウェルウィッチアの進化の謎を解明した。研究結果はこのほど、国際学術誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に掲載された。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302858

  • 2021年07月22日
    (4)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、餌を食べるヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302840

  • 2021年07月22日
    (1)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」が再び妊娠

    20日、妊娠が明らかになったホアンホアンの超音波検査の画像。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は20日、中国から貸与されたジャイアントパンダの「歓歓(ホアンホアン)」が再び妊娠したと発表した。7月末か8月初めに出産予定という。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302857

  • 2021年07月22日
    (5)ネコ科動物の没入体験型展示を開催上海市

    10日、ネコ科動物に関する展示に見入る来場者。中国上海市普陀区の長風大悦城でこのほど、ネコ科動物に関する体験型科学普及展が開幕した。同展は没入型展示に力を入れ、ネコ科動物の生態の秘密を明らかにしている。12の展示エリアには、ネコの日常を体験できるリビングルームの拡大版や本物そっくりの高原模型、ユキヒョウの生息地の再現など、それぞれのストーリーに応じた体験ゾーンが設置されている。会期は10月まで。(上海=新華社配信/潘開浚)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302851

  • 2021年07月22日
    (2)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」が再び妊娠

    20日、妊娠が明らかになったホアンホアンの超音波検査の画像。フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は20日、中国から貸与されたジャイアントパンダの「歓歓(ホアンホアン)」が再び妊娠したと発表した。7月末か8月初めに出産予定という。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302831

  • 2021年07月22日
    (2)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、甘南チベット族自治州の草原で撮影したヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302907

  • 2021年07月22日
    (12)ヒマラヤマーモット、草原に現る甘粛省

    16日、草原にたたずむヒマラヤマーモット。夏を迎えた中国甘粛省甘南チベット族自治州の草原では、ヒマラヤマーモットが頻繁に姿を現し、タカやオオカミ、ハゲワシ、チベットスナギツネなどの野生動物と共に、草原生態系の基本的構成要素となっている。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302908

  • 2021年07月22日
    (1)ネコ科動物の没入体験型展示を開催上海市

    10日、上海市の長風大悦城に展示されたユキヒョウ生息地の再現模型。中国上海市普陀区の長風大悦城でこのほど、ネコ科動物に関する体験型科学普及展が開幕した。同展は没入型展示に力を入れ、ネコ科動物の生態の秘密を明らかにしている。12の展示エリアには、ネコの日常を体験できるリビングルームの拡大版や本物そっくりの高原模型、ユキヒョウの生息地の再現など、それぞれのストーリーに応じた体験ゾーンが設置されている。会期は10月まで。(上海=新華社配信/潘開浚)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072302936

  • 2021年07月22日
    (4)フランス在住のパンダ「ホアンホアン」が再び妊娠

    フランスのボーバル動物園で暮らすホアンホアン。(5月5日撮影)フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園は20日、中国から貸与されたジャイアントパンダの「歓歓(ホアンホアン)」が再び妊娠したと発表した。7月末か8月初めに出産予定という。(サンテニャンシュルシェール=新華社配信/ボーバル動物園提供)= 配信日: 2021(令和3)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072305214

  • 2021年07月21日
    立ちすがた 金色に光る美しい羽毛

    水辺(みずべ)に立つホオジロカンムリヅル。目が水色がかって見える=徳島市のとくしま動物園

    商品コード: 2021072104601

  • 2021年07月21日
    気になる 金色に光る美しい羽毛

    ホオジロカンムリヅル。そばにいる真っ赤なショウジョウトキが気になるらしい=徳島市のとくしま動物園

    商品コード: 2021072104600

  • 2021年07月20日
    展示されるマヌルネコ マヌルネコ施設広さ3倍に

    栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」でリニューアルした飼育施設に展示されるマヌルネコ=20日

    商品コード: 2021072006018

  • 2021年07月20日
    飼育施設のマヌルネコ マヌルネコ施設広さ3倍に

    栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」でリニューアルした飼育施設に展示されるマヌルネコ=20日

    商品コード: 2021072006008

  • 2021年07月19日
    甘えん坊

    メキシコ中部の動物園で、生まれたばかりのカバと母親。甘えているのかな?(ロイター=共同)

    商品コード: 2021071904268

  • 2021年07月18日
    (1)国家1級重点保護野生動物のミズオオトカゲ、雲南省竜陵県に出現

    雲南省保山市竜陵県に出現したミズオオトカゲ。(動画のスクリーンショット)中国雲南省保山市竜陵県木城郷でこのほど、巡回中の作業スタッフが国家1級重点保護野生動物、ミズオオトカゲの活動する様子を撮影した。同県でミズオオトカゲが確認されたのは十数年ぶりとなる。(保山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807771

  • 2021年07月18日
    (2)国家1級重点保護野生動物のミズオオトカゲ、雲南省竜陵県に出現

    雲南省保山市竜陵県に出現したミズオオトカゲ。(動画のスクリーンショット)中国雲南省保山市竜陵県木城郷でこのほど、巡回中の作業スタッフが国家1級重点保護野生動物、ミズオオトカゲの活動する様子を撮影した。同県でミズオオトカゲが確認されたのは十数年ぶりとなる。(保山=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071807798

  • 2021年07月16日
    (5)動物園でさまざまな暑さ対策浙江省湖州市

    14日、ミスト噴霧装置の下で涼むトラ。猛暑が続く中、中国浙江省湖州市安吉県の中南百草園動物園では、空調設備や屋外ミスト噴霧装置の設置、扇風機や日よけの増設のほか、飼育舎に氷を置いたり、新鮮な野菜や果物を多く与えたりすることで、動物たちが暑い夏を快適に乗り切れるようサポートしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705549

  • 2021年07月16日
    (3)動物園でさまざまな暑さ対策浙江省湖州市

    14日、扇風機と日よけを備えた飼育舎で涼むアルパカ。毛も短く刈られている。猛暑が続く中、中国浙江省湖州市安吉県の中南百草園動物園では、空調設備や屋外ミスト噴霧装置の設置、扇風機や日よけの増設のほか、飼育舎に氷を置いたり、新鮮な野菜や果物を多く与えたりすることで、動物たちが暑い夏を快適に乗り切れるようサポートしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705499

  • 2021年07月16日
    (2)絶滅危惧種トラフザメの繁殖に再び成功広東省珠海市

    13日、トラフザメの稚魚に餌を与える飼育員。中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」は今年、絶滅危惧種に指定されているトラフザメ3匹の繁殖に相次いで成功した。3匹の稚魚はそれぞれ2月27日と3月8日、15日に体長26~28センチ、体重70~80グラムでふ化した。現在は体長100~150センチ、体重300~400グラムに成長しており、各指標も正常値を示している。トラフザメは2015年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。同園では昨年も2匹の繁殖に成功している。(珠海=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705399

  • 2021年07月16日
    (7)絶滅危惧種トラフザメの繁殖に再び成功広東省珠海市

    13日、全身に薄い褐色の斑点があるトラフザメの成魚。中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」は今年、絶滅危惧種に指定されているトラフザメ3匹の繁殖に相次いで成功した。3匹の稚魚はそれぞれ2月27日と3月8日、15日に体長26~28センチ、体重70~80グラムでふ化した。現在は体長100~150センチ、体重300~400グラムに成長しており、各指標も正常値を示している。トラフザメは2015年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。同園では昨年も2匹の繁殖に成功している。(珠海=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705406

  • 2021年07月16日
    (5)絶滅危惧種トラフザメの繁殖に再び成功広東省珠海市

    13日、珠海長隆海洋王国で順調に育つ、繁殖されたトラフザメの稚魚。中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」は今年、絶滅危惧種に指定されているトラフザメ3匹の繁殖に相次いで成功した。3匹の稚魚はそれぞれ2月27日と3月8日、15日に体長26~28センチ、体重70~80グラムでふ化した。現在は体長100~150センチ、体重300~400グラムに成長しており、各指標も正常値を示している。トラフザメは2015年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。同園では昨年も2匹の繁殖に成功している。(珠海=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705408

  • 2021年07月16日
    (2)動物園でさまざまな暑さ対策浙江省湖州市

    14日、氷や新鮮なササが置かれた飼育舎で過ごすレッサーパンダ。猛暑が続く中、中国浙江省湖州市安吉県の中南百草園動物園では、空調設備や屋外ミスト噴霧装置の設置、扇風機や日よけの増設のほか、飼育舎に氷を置いたり、新鮮な野菜や果物を多く与えたりすることで、動物たちが暑い夏を快適に乗り切れるようサポートしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705482

  • 2021年07月16日
    (4)動物園でさまざまな暑さ対策浙江省湖州市

    14日、扇風機と日よけを備えた飼育舎で涼むアルパカ。毛も短く刈られている。猛暑が続く中、中国浙江省湖州市安吉県の中南百草園動物園では、空調設備や屋外ミスト噴霧装置の設置、扇風機や日よけの増設のほか、飼育舎に氷を置いたり、新鮮な野菜や果物を多く与えたりすることで、動物たちが暑い夏を快適に乗り切れるようサポートしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705532

  • 2021年07月16日
    (6)動物園でさまざまな暑さ対策浙江省湖州市

    14日、飼育舎の日陰で涼むキンシコウ。猛暑が続く中、中国浙江省湖州市安吉県の中南百草園動物園では、空調設備や屋外ミスト噴霧装置の設置、扇風機や日よけの増設のほか、飼育舎に氷を置いたり、新鮮な野菜や果物を多く与えたりすることで、動物たちが暑い夏を快適に乗り切れるようサポートしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705550

  • 2021年07月16日
    (1)動物園でさまざまな暑さ対策浙江省湖州市

    14日、空調設備のある飼育舎で涼むレッサーパンダ。猛暑が続く中、中国浙江省湖州市安吉県の中南百草園動物園では、空調設備や屋外ミスト噴霧装置の設置、扇風機や日よけの増設のほか、飼育舎に氷を置いたり、新鮮な野菜や果物を多く与えたりすることで、動物たちが暑い夏を快適に乗り切れるようサポートしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705488

  • 2021年07月16日
    (3)絶滅危惧種トラフザメの繁殖に再び成功広東省珠海市

    13日、珠海長隆海洋王国で順調に育つ、繁殖されたトラフザメの稚魚。中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」は今年、絶滅危惧種に指定されているトラフザメ3匹の繁殖に相次いで成功した。3匹の稚魚はそれぞれ2月27日と3月8日、15日に体長26~28センチ、体重70~80グラムでふ化した。現在は体長100~150センチ、体重300~400グラムに成長しており、各指標も正常値を示している。トラフザメは2015年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。同園では昨年も2匹の繁殖に成功している。(珠海=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705421

  • 2021年07月16日
    (4)絶滅危惧種トラフザメの繁殖に再び成功広東省珠海市

    13日、珠海長隆海洋王国で順調に育つ、繁殖されたトラフザメの稚魚。中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」は今年、絶滅危惧種に指定されているトラフザメ3匹の繁殖に相次いで成功した。3匹の稚魚はそれぞれ2月27日と3月8日、15日に体長26~28センチ、体重70~80グラムでふ化した。現在は体長100~150センチ、体重300~400グラムに成長しており、各指標も正常値を示している。トラフザメは2015年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。同園では昨年も2匹の繁殖に成功している。(珠海=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705409

  • 2021年07月16日
    (1)絶滅危惧種トラフザメの繁殖に再び成功広東省珠海市

    13日、珠海長隆海洋王国で順調に育つ、繁殖されたトラフザメの稚魚。中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」は今年、絶滅危惧種に指定されているトラフザメ3匹の繁殖に相次いで成功した。3匹の稚魚はそれぞれ2月27日と3月8日、15日に体長26~28センチ、体重70~80グラムでふ化した。現在は体長100~150センチ、体重300~400グラムに成長しており、各指標も正常値を示している。トラフザメは2015年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。同園では昨年も2匹の繁殖に成功している。(珠海=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705442

  • 2021年07月16日
    (6)絶滅危惧種トラフザメの繁殖に再び成功広東省珠海市

    13日、珠海長隆海洋王国で順調に育つ、繁殖されたトラフザメの稚魚。中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」は今年、絶滅危惧種に指定されているトラフザメ3匹の繁殖に相次いで成功した。3匹の稚魚はそれぞれ2月27日と3月8日、15日に体長26~28センチ、体重70~80グラムでふ化した。現在は体長100~150センチ、体重300~400グラムに成長しており、各指標も正常値を示している。トラフザメは2015年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。同園では昨年も2匹の繁殖に成功している。(珠海=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705396

  • 2021年07月16日
    (8)絶滅危惧種トラフザメの繁殖に再び成功広東省珠海市

    13日、全身に薄い褐色の斑点があるトラフザメの成魚。中国広東省珠海市の海洋テーマパーク「珠海長隆海洋王国」は今年、絶滅危惧種に指定されているトラフザメ3匹の繁殖に相次いで成功した。3匹の稚魚はそれぞれ2月27日と3月8日、15日に体長26~28センチ、体重70~80グラムでふ化した。現在は体長100~150センチ、体重300~400グラムに成長しており、各指標も正常値を示している。トラフザメは2015年、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に分類された。同園では昨年も2匹の繁殖に成功している。(珠海=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705402

  • 2021年07月16日
    (7)動物園でさまざまな暑さ対策浙江省湖州市

    14日、飼育舎の日陰で涼むキンシコウ。猛暑が続く中、中国浙江省湖州市安吉県の中南百草園動物園では、空調設備や屋外ミスト噴霧装置の設置、扇風機や日よけの増設のほか、飼育舎に氷を置いたり、新鮮な野菜や果物を多く与えたりすることで、動物たちが暑い夏を快適に乗り切れるようサポートしている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071705508

  • 2021年07月15日
    とさかのあるオス 高い山々の上を飛ぶ

    アンデスコンドルのオス。つばさを少し広げた=徳島市のとくしま動物園

    商品コード: 2021071506824

  • 2021年07月15日
    メスのココ 高い山々の上を飛ぶ

    岩場に立つアンデスコンドルのココ。目はするどい=徳島市のとくしま動物園

    商品コード: 2021071506823

  • 2021年07月14日
    秋山多江園長 餌やり工夫でゾウに癒やし

    甲府市立遊亀公園付属動物園で取材に答える秋山多江園長(左)ら。奥はアジアゾウの「テル」=7日、甲府市

    商品コード: 2021071402287

  • 2021年07月14日
    ササを食べるアジアゾウ 餌やり工夫でゾウに癒やし

    コンクリート塀越しに発見した餌のササを食べるアジアゾウの「テル」=7日、甲府市立遊亀公園付属動物園

    商品コード: 2021071402256

  • 2021年07月14日
    アジアゾウのテル 餌やり工夫でゾウに癒やし

    甲府市立遊亀公園付属動物園のアジアゾウの「テル」=7日、甲府市

    商品コード: 2021071402275

  • 2021年07月14日
    ササを食べるアジアゾウ 餌やり工夫でゾウに癒やし

    コンクリート塀越しに発見した餌のササを食べるアジアゾウの「テル」=7日、甲府市立遊亀公園付属動物園

    商品コード: 2021071402277

  • 2021年07月14日
    (4)普者黒国家湿地公園で希少な「双頭蓮」を確認雲南省

    6日、普者黒国家湿地公園の双頭蓮。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、職員が1本の茎に二つの花をつけた珍しい「双頭蓮」を見つけた。二つの花は色が異なるが、種類も異なる可能性があるという。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度見られるが、今回のように1本の茎と根から異なる花が咲く例は非常に少ないという。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071503736

  • 2021年07月14日
    (2)普者黒国家湿地公園で希少な「双頭蓮」を確認雲南省

    6日、普者黒国家湿地公園の双頭蓮。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、職員が1本の茎に二つの花をつけた珍しい「双頭蓮」を見つけた。二つの花は色が異なるが、種類も異なる可能性があるという。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度見られるが、今回のように1本の茎と根から異なる花が咲く例は非常に少ないという。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071503738

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月14日
    (4)国家1級保護動物のエロンガータリクガメ、雲南省の路上で発見

    6日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で発見されたエロンガータリクガメ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県でこのほど、パトロールから帰ってきた隴川辺境管理支隊の警察官が、路上で国家1級保護動物のエロンガータリクガメを発見した。(徳宏=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071404038

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月14日
    (5)国家1級保護動物のエロンガータリクガメ、雲南省の路上で発見

    6日、隴川辺境管理支隊の警察官に保護されたエロンガータリクガメ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県でこのほど、パトロールから帰ってきた隴川辺境管理支隊の警察官が、路上で国家1級保護動物のエロンガータリクガメを発見した。(徳宏=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071404053

  • 2021年07月14日
    (3)普者黒国家湿地公園で希少な「双頭蓮」を確認雲南省

    6日、普者黒国家湿地公園の双頭蓮。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、職員が1本の茎に二つの花をつけた珍しい「双頭蓮」を見つけた。二つの花は色が異なるが、種類も異なる可能性があるという。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度見られるが、今回のように1本の茎と根から異なる花が咲く例は非常に少ないという。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071503737

  • 2021年07月14日
    (5)普者黒国家湿地公園で希少な「双頭蓮」を確認雲南省

    6日、普者黒国家湿地公園で1万ムー(約667ヘクタール)近くにわたり咲き誇るハスの花。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、職員が1本の茎に二つの花をつけた珍しい「双頭蓮」を見つけた。二つの花は色が異なるが、種類も異なる可能性があるという。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度見られるが、今回のように1本の茎と根から異なる花が咲く例は非常に少ないという。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071503739

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月14日
    (3)国家1級保護動物のエロンガータリクガメ、雲南省の路上で発見

    6日、雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で発見されたエロンガータリクガメ。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県でこのほど、パトロールから帰ってきた隴川辺境管理支隊の警察官が、路上で国家1級保護動物のエロンガータリクガメを発見した。(徳宏=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071404060

  • 2021年07月13日
    (1)スロベニアのヒグマ観察小屋で人と野生動物の共生を体験

    8日、スロベニア南部のノトランスカ地方の風景。スロベニア南部の風光明媚なノトランスカ地方に広がる森林地帯には現在、野生のヒグマ約千頭が生息している。地元の青年が数年前、深い森の奥に木造の小屋を建て、観光客がヒグマを観察、撮影できるようにし、人々と野生動物が共生する新たな道を開いた。(リュブリャナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071404020

  • 2021年07月13日
    (3)スロベニアのヒグマ観察小屋で人と野生動物の共生を体験

    8日、スロベニア南部のノトランスカ地方にある小屋を消毒する地元の青年、ミハ・ムラカルさん。スロベニア南部の風光明媚なノトランスカ地方に広がる森林地帯には現在、野生のヒグマ約千頭が生息している。地元の青年が数年前、深い森の奥に木造の小屋を建て、観光客がヒグマを観察、撮影できるようにし、人々と野生動物が共生する新たな道を開いた。(リュブリャナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071401861

  • 2021年07月13日
    (4)スロベニアのヒグマ観察小屋で人と野生動物の共生を体験

    8日、スロベニア南部のノトランスカ地方で餌を探す野生のヒグマ。スロベニア南部の風光明媚なノトランスカ地方に広がる森林地帯には現在、野生のヒグマ約千頭が生息している。地元の青年が数年前、深い森の奥に木造の小屋を建て、観光客がヒグマを観察、撮影できるようにし、人々と野生動物が共生する新たな道を開いた。(リュブリャナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071401862

  • 2021年07月13日
    (7)スロベニアのヒグマ観察小屋で人と野生動物の共生を体験

    8日、スロベニア南部のノトランスカ地方で餌を探す野生のヒグマ。スロベニア南部の風光明媚なノトランスカ地方に広がる森林地帯には現在、野生のヒグマ約千頭が生息している。地元の青年が数年前、深い森の奥に木造の小屋を建て、観光客がヒグマを観察、撮影できるようにし、人々と野生動物が共生する新たな道を開いた。(リュブリャナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071402155

  • 2021年07月13日
    (2)スロベニアのヒグマ観察小屋で人と野生動物の共生を体験

    8日、スロベニア南部のノトランスカ地方にある小屋から野生のヒグマを撮影する観光客。スロベニア南部の風光明媚なノトランスカ地方に広がる森林地帯には現在、野生のヒグマ約千頭が生息している。地元の青年が数年前、深い森の奥に木造の小屋を建て、観光客がヒグマを観察、撮影できるようにし、人々と野生動物が共生する新たな道を開いた。(リュブリャナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071403598

  • 2021年07月13日
    (8)スロベニアのヒグマ観察小屋で人と野生動物の共生を体験

    8日、スロベニア南部のノトランスカ地方にある野生のヒグマの観察地点で記念撮影する地元の青年、ミハ・ムラカルさん。スロベニア南部の風光明媚なノトランスカ地方に広がる森林地帯には現在、野生のヒグマ約千頭が生息している。地元の青年が数年前、深い森の奥に木造の小屋を建て、観光客がヒグマを観察、撮影できるようにし、人々と野生動物が共生する新たな道を開いた。(リュブリャナ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071402154

  • 2021年07月13日
    (1)中国と海外の科学者、アルバレスサウルス小型化の謎を解明

    進化過程に応じた体型や食性の違いを示したアルバレスサウルス科の代表的な4恐竜の生態想像図。白亜紀は巨大恐竜の時代といわれる。この時代になると、恐竜同士の争いが激しさを増し、獣脚類の多くが大型化、さらには巨大化する進化の過程をたどった。一方で、謎の恐竜とされるアルバレスサウルス科は、短期間で急激に小型化したことが最近の研究で明らかになった。小型化の理由は、同恐竜の食性がトカゲなどの小動物からシロアリなどの社会性昆虫に変わったことに関係すると考えられる。関連の研究成果はこのほど、米学術誌「カレント・バイオロジー」(CurrentBiology)に掲載された。(北京=新華社配信/韓志信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071310484

  • 2021年07月13日
    (2)中国と海外の科学者、アルバレスサウルス小型化の謎を解明

    中国で発見された白亜紀末期の1本指のアルバレスサウルス科小型恐竜「Linhenykusmonodactylus」の想像図。白亜紀は巨大恐竜の時代といわれる。この時代になると、恐竜同士の争いが激しさを増し、獣脚類の多くが大型化、さらには巨大化する進化の過程をたどった。一方で、謎の恐竜とされるアルバレスサウルス科は、短期間で急激に小型化したことが最近の研究で明らかになった。小型化の理由は、同恐竜の食性がトカゲなどの小動物からシロアリなどの社会性昆虫に変わったことに関係すると考えられる。関連の研究成果はこのほど、米学術誌「カレント・バイオロジー」(CurrentBiology)に掲載された。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071310486

  • 2021年07月12日
    (3)人工ふ化のオシドリ24羽を放鳥北京市

    8日、オシドリを放鳥する北京動物園の技術員。中国の北京動物園はこのほど、市内通州区の副都心エリアにある城市緑心森林公園でオシドリを放鳥した。北京動物園は親鳥が温めなかった卵を巣箱から採集して人工ふ化させ、成長後に健康診断を実施し、放鳥した。観察を続けるため、今回放された24羽のうち8羽にはGPS追跡装置が装着された。放鳥は動物園の技術員によって行われ、映像情報収集や科学研究普及事業も展開する。今後はGPSと放鳥場所での直接観察を通した科学的モニタリングにより、オシドリの生息地への適応と活動状況を観察する。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071302518

  • 2021年07月12日
    (4)人工ふ化のオシドリ24羽を放鳥北京市

    8日、北京市通州区の城市緑心森林公園で放され、園内の福沢湖を泳ぐオシドリ。中国の北京動物園はこのほど、市内通州区の副都心エリアにある城市緑心森林公園でオシドリを放鳥した。北京動物園は親鳥が温めなかった卵を巣箱から採集して人工ふ化させ、成長後に健康診断を実施し、放鳥した。観察を続けるため、今回放された24羽のうち8羽にはGPS追跡装置が装着された。放鳥は動物園の技術員によって行われ、映像情報収集や科学研究普及事業も展開する。今後はGPSと放鳥場所での直接観察を通した科学的モニタリングにより、オシドリの生息地への適応と活動状況を観察する。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071302519

  • 2021年07月12日
    (2)人工ふ化のオシドリ24羽を放鳥北京市

    8日、オシドリを放鳥する北京動物園の技術員。中国の北京動物園はこのほど、市内通州区の副都心エリアにある城市緑心森林公園でオシドリを放鳥した。北京動物園は親鳥が温めなかった卵を巣箱から採集して人工ふ化させ、成長後に健康診断を実施し、放鳥した。観察を続けるため、今回放された24羽のうち8羽にはGPS追跡装置が装着された。放鳥は動物園の技術員によって行われ、映像情報収集や科学研究普及事業も展開する。今後はGPSと放鳥場所での直接観察を通した科学的モニタリングにより、オシドリの生息地への適応と活動状況を観察する。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071302521

  • 2021年07月12日
    (1)人工ふ化のオシドリ24羽を放鳥北京市

    8日、北京市通州区の城市緑心森林公園で放され、園内の福沢湖を泳ぐオシドリ。中国の北京動物園はこのほど、市内通州区の副都心エリアにある城市緑心森林公園でオシドリを放鳥した。北京動物園は親鳥が温めなかった卵を巣箱から採集して人工ふ化させ、成長後に健康診断を実施し、放鳥した。観察を続けるため、今回放された24羽のうち8羽にはGPS追跡装置が装着された。放鳥は動物園の技術員によって行われ、映像情報収集や科学研究普及事業も展開する。今後はGPSと放鳥場所での直接観察を通した科学的モニタリングにより、オシドリの生息地への適応と活動状況を観察する。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071302601

  • 2021年07月10日
    (6)希少な落葉高木「天台鵝耳櫪」の保護活動を展開浙江省

    7日、天台鵝耳櫪の接ぎ木の実験に使う装置。中国浙江省南部の山間部に位置する麗水市景寧ショオ(畲)族自治県には、カバノキ科クマシデ属の希少樹種、天台鵝耳櫪(CarpinustientaiensisCheng)が群生している。中国固有種の落葉高木で、国家2級保護植物に指定されていることから、地元の関連部門はここ数年、繁殖拡大などの保護活動に積極的に取り組んでいる。(景寧=新華社配信/李粛人)= 配信日: 2021(令和3)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071008134

  • 2021年07月10日
    (1)希少な落葉高木「天台鵝耳櫪」の保護活動を展開浙江省

    7日、浙江省景寧ショオ族自治県の山中で撮影した天台鵝耳櫪。中国浙江省南部の山間部に位置する麗水市景寧ショオ(畲)族自治県には、カバノキ科クマシデ属の希少樹種、天台鵝耳櫪(CarpinustientaiensisCheng)が群生している。中国固有種の落葉高木で、国家2級保護植物に指定されていることから、地元の関連部門はここ数年、繁殖拡大などの保護活動に積極的に取り組んでいる。(景寧=新華社配信/李粛人)= 配信日: 2021(令和3)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071008087

  • 2021年07月10日
    (3)黄河故道で絶滅危惧種のアカハジロを確認河南省民権県

    7日、民権県の黄河故道国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国河南省商丘(しょうきゅう)市民権県は近年、黄河故道(黄河の元流路)湿地の修復事業を積極的に推し進めるとともに、野生動物の保護を継続的に強化。人類活動による自然環境への影響を減らすことで、野鳥の生息に適した環境づくりに取り組んできた。同県の黄河故道国家湿地公園ではこれまでに、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロ266羽が確認されており、生態環境改善の効果が目に見えて現れている。(商丘=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2021(令和3)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071008574

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...