KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 動物
並び順
  • 新しい順
2,570
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,570
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:35.96
    2021年09月21日
    「新華社」動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    中国の上海動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)に合わせ、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(記者/張建松、岑志連) =配信日: 2021(令和3)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092103073

  • 2021年09月20日
    (5)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるオオサイチョウ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007304

  • 2021年09月20日
    (3)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を争うようにして食べるコンゴウインコ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007313

  • 2021年09月20日
    (6)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園でオオサイチョウに「月餅」を与える飼育員。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007318

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (9)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    1日、新疆ウイグル自治区のカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、野外環境に適応する訓練を行うモウコノウマ。中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003897

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (6)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマのためにスイカの餌を作るスタッフ。(8月10日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003898

  • 2021年09月20日
    (11)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で動物たちのために特製「月餅」を作る飼育員。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007347

  • 2021年09月20日
    (1)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるレッサーパンダ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007249

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (7)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマのふんの寄生虫を調べる医師。(2020年6月2日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003900

  • 2021年09月20日
    (2)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるコンゴウインコ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007314

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.23
    2021年09月20日
    「新華社」雲南省のゾウ、「食べ歩き」しながら警察官舎へ

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州のシーサンパンナ国家級自然保護区で暮らしているゾウ3頭がこのほど、「食べ歩き」をしながら移動し、同自治州の磨憨(モーハン)出入境検査ステーション岔河(たが)出張所の警察官舎にやって来た。3頭は畑に入り込んで野菜を頬張り、バスケットコートを歩き回ったり、ヤシの木を押し倒したりするなどわが物顔に振る舞い、警察官は速やかに通行人を避難させた。約2時間後、ゾウは悠々と保護区に帰って行った。(記者/王研、周磊) =配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006832

  • 2021年09月20日
    (5)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「園満(ユエンマン)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006861

  • 2021年09月20日
    (4)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「奇果(チーグオ)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006862

  • 2021年09月20日
    (3)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「奇果(チーグオ)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006865

  • 2021年09月20日
    (6)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「園満(ユエンマン)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006864

  • 2021年09月20日
    (7)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるレッサーパンダ。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007316

  • 2021年09月20日
    (4)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園でレッサーパンダに「月餅」を食べさせる飼育員。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007317

  • 2021年09月20日
    (12)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で飼育員が動物たちのために用意した「月餅」。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007362

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (1)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、馬運コンテナに慣れる訓練を受けるモウコノウマ。(8月9日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003894

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (8)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、馬運コンテナに慣れる訓練を受けるモウコノウマ。(8月9日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003899

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (4)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで撮影したモウコノウマ。(2020年6月2日、小型無人機から)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003895

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月20日
    (3)絶滅危惧種のモウコノウマが487頭に新疆ウイグル自治区

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで撮影したモウコノウマ。(8月10日撮影)中国の新疆ウイグル自治区モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、同自治区内のモウコノウマ個体群は487頭に達していると発表した。うち野生の個体は274頭だという。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092003896

  • 2021年09月20日
    (8)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるワオキツネザル。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007326

  • 2021年09月20日
    (2)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「奇果(チーグオ)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006863

  • 2021年09月20日
    (1)中秋節連休、パンダが観光客を魅了青海省西寧市

    19日、青海チベット高原野生動物園パンダ館で遊ぶジャイアントパンダの「園満(ユエンマン)」。中国青海省西寧市にある青海チベット高原野生動物園では中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)小型連休初日の19日、ジャイアントパンダの愛らしい姿を見ようと、多くの市民や観光客がパンダ館を訪れた。(西寧=新華社記者/薛玉斌)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092006829

  • 2021年09月20日
    (13)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるワオキツネザル。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007370

  • 2021年09月20日
    (9)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で「月餅」を食べるワオキツネザル。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007348

  • 2021年09月20日
    (10)動物たちに特製「月餅」をプレゼント上海動物園

    20日、上海動物園で動物たちのために用意した特製「月餅」を見せる飼育員。中秋節(旧暦8月15日、今年は9月21日)を前に中国の上海動物園では、飼育員が動物たちのために、特製の「月餅」を用意した。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021092007349

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (1)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区内を歩くモウコノウマ。(2020年6月3日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (7)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマの写真を撮影する技術者の張赫凡(ちょう・かくはん)さん。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909152

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (2)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで撮影したモウコノウマ。(8月9日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (4)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、馬運コンテナに慣れる訓練を受けるモウコノウマ。(8月9日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909134

  • 2021年09月19日
    (3)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔の牧場で放牧されているヒツジの群れ。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906637

  • 2021年09月19日
    (14)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖に集まるチャガシラカモメ。中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907921

  • 2021年09月19日
    (2)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖風景区で写真撮影を楽しむ観光客。中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906625

  • 2021年09月19日
    (6)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔を流れる倒淌(とうとう)河。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906689

  • 2021年09月19日
    (4)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔を流れる倒淌(とうとう)河。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906640

  • 2021年09月19日
    (7)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔を流れる倒淌(とうとう)河。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906703

  • 2021年09月19日
    (9)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    氷が解け始めた青海湖。(2020年4月20日撮影、小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906743

  • 2021年09月19日
    (13)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、上空から見た青海湖。(パノラマ写真、小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907918

  • 2021年09月19日
    (11)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖に停泊中の遊覧船。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907922

  • 2021年09月19日
    (1)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔を流れる倒淌(とうとう)河。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907923

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (6)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の野生復帰ポイントで、モウコノウマを大きな囲いに入れ、環境に適応させるスタッフ。(9月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909142

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (5)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の野生復帰ポイントで、モウコノウマを大きな囲いに入れ、環境に適応させるスタッフ。(9月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909131

  • 2021年09月19日
    (15)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖に集まるチャガシラカモメ。中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907919

  • 2021年09月19日
    (10)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、上空から見た青海湖。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907924

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (3)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで撮影したモウコノウマ。(8月9日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (8)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターの事務室で、撮影したモウコノウマの写真を整理する技術者の張赫凡(ちょう・かくはん)さん。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909153

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (13)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマにスイカを与えるスタッフ。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909160

  • 2021年09月19日
    (5)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、青海湖畔の牧場にたたずむプシバルスキーガゼル。中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091906642

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (11)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の野生復帰ポイントで、モウコノウマの体調をチェックする王振彪(おう・しんひょう)さん。(9月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909156

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (9)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、馬糞の寄生虫を検査する獣医師。(2020年6月2日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909157

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (10)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区の野生復帰ポイントで、馬運コンテナを下ろすスタッフ。(9月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909155

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (12)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマのためにスイカの餌を作るスタッフ。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月19日
    (14)絶滅危惧種のモウコノウマ最初の野生復帰から20年

    新疆モウコノウマ繁殖研究センターで、モウコノウマに草を与えるスタッフ。(8月10日撮影)中国新疆ウイグル自治区の天山山脈北側、ジュンガル盆地東部に位置する新疆カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、荒涼とした草原で、モウコノウマの故郷でもある。モウコノウマは中国の国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。原生地は新疆のジュンガル盆地とモンゴル西部となっている。新疆モウコノウマ繁殖研究センターの統計によると、2020年末時点で野生復帰した保護区のモウコノウマの総数は274頭で、20年前の10倍になり、新疆ウイグル自治区内のモウコノウマの総数は世界全体の約5分の1を占めている。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091909161

  • 2021年09月19日
    (12)青海湖で自然環境の改善続く青海省

    15日、上空から見た青海湖。(小型無人機から)中国青海省の青海湖ではここ十数年の間、水位上昇と面積拡大の傾向が続いている。同湖と周辺の河川にのみ分布し、絶滅危惧種に指定されているコイの一種「青海湖裸鯉」や、国家1級保護動物プシバルスキーガゼルの生息数も増加しており、自然環境が改善に向かっていることを示している。(西寧=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091907920

  • 01:35.32
    2021年09月18日
    「新華社」生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(記者/唐奕) =配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809424

  • 2021年09月18日
    (4)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809468

  • 2021年09月18日
    (10)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダを抱いて記念撮影に応じる飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809471

  • 2021年09月18日
    (5)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809478

  • 2021年09月18日
    (3)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダと触れ合う飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809487

  • 2021年09月18日
    (12)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダを抱っこする飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809489

  • 2021年09月18日
    (7)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダと触れ合う飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809469

  • 2021年09月18日
    (7)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の額枋(長押)に彫刻された竜と花。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809612

  • 2021年09月18日
    (5)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の屋根に飾られていた瑠璃製の鴟吻。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809607

  • 2021年09月18日
    (2)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809422

  • 2021年09月18日
    (1)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809423

  • 2021年09月18日
    (11)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809472

  • 2021年09月18日
    (9)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダと触れ合う飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809479

  • 2021年09月18日
    (13)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダを抱いて記念撮影に応じる飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809495

  • 2021年09月18日
    (8)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダと触れ合う飼育員。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809470

  • 2021年09月18日
    (6)生後100日の双子パンダ、重慶動物園でお披露目

    17日、重慶動物園でお披露目された双子のパンダ。中国の重慶動物園で17日、生後100日を迎えた双子のジャイアントパンダの名前を募集するイベントが開かれた。母パンダ「莽仔(マンザイ)」が6月10日に出産した双子の赤ちゃんは、来園者にお披露目された。2匹とも健康状態は良好で体重は兄が6060グラム、弟が5680グラム。兄のほうは活発で警戒心が強く、弟はおとなしい性格だという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809476

  • 2021年09月18日
    (6)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の額枋(長押)に彫刻された花。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809610

  • 2021年09月18日
    (8)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の再建工事の完了を記した銘文磚。「元の中統4(1263)年9月27日に三清殿の再建を終えた」と書かれている。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809611

  • 2021年09月18日
    (1)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の瑠璃製冠瓦に彫刻された竜の図案。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809571

  • 2021年09月18日
    (9)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の手印磚。青磚(青れんが)の表面に職人が指で模様を描いている。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809615

  • 2021年09月18日
    (3)道教の古刹、永楽宮の建築部材の魅力に迫る山西省太原市

    永楽宮三清殿の藻井の団竜(円状に描かれた竜)。藻井はドーム型の天井で最も高貴な建築に用いられる。(7月10日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で、同省運城市にある道教寺院、永楽宮の文化財を展示する特別展が開催されている。元代の瑠璃製の冠瓦(かんむりがわら)、鴟吻(しふん、屋根に置く伝説上の動物)や藻井(そうせい、天井装飾)などの精巧で美しい建築部材を通じて、古風でシンプルな元代建築の魅力を間近に体感できる。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091809593

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月17日
    (1)自然豊かな山村、バードウオッチングで経済振興雲南省

    雲南省保山市隆陽区百花嶺村の林で水浴びする小鳥。(2020年12月4日撮影)中国雲南省保山市隆陽区百花嶺村は、高黎貢山国家級自然保護区の東側に位置し、豊かな自然の中に多くの鳥が生息している。1995年12月、保護区の主導の下、同村に高黎貢山農民生物多様性保護協会が設立され、地元住民らに生態保護の強化を促すとともに、バードウオッチングによる経済振興の旗振り役を務めるようになった。関連産業の進展に伴い、観光客が年々増加、村外へ出稼ぎに出ていた人々も次々と帰郷し、バードウオッチング関連の職に就いている。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091713993

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月17日
    (2)自然豊かな山村、バードウオッチングで経済振興雲南省

    雲南省保山市隆陽区百花嶺村の林で水浴びする小鳥。(2020年12月4日撮影)中国雲南省保山市隆陽区百花嶺村は、高黎貢山国家級自然保護区の東側に位置し、豊かな自然の中に多くの鳥が生息している。1995年12月、保護区の主導の下、同村に高黎貢山農民生物多様性保護協会が設立され、地元住民らに生態保護の強化を促すとともに、バードウオッチングによる経済振興の旗振り役を務めるようになった。関連産業の進展に伴い、観光客が年々増加、村外へ出稼ぎに出ていた人々も次々と帰郷し、バードウオッチング関連の職に就いている。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091711369

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月17日
    (5)自然豊かな山村、バードウオッチングで経済振興雲南省

    雲南省保山市隆陽区百花嶺村で撮影したシュイロマシコ。(4月18日撮影)中国雲南省保山市隆陽区百花嶺村は、高黎貢山国家級自然保護区の東側に位置し、豊かな自然の中に多くの鳥が生息している。1995年12月、保護区の主導の下、同村に高黎貢山農民生物多様性保護協会が設立され、地元住民らに生態保護の強化を促すとともに、バードウオッチングによる経済振興の旗振り役を務めるようになった。関連産業の進展に伴い、観光客が年々増加、村外へ出稼ぎに出ていた人々も次々と帰郷し、バードウオッチング関連の職に就いている。(昆明=新華社配信/葛宝智)= 配信日: 2021(令和3)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091711374

  • 00:37.72
    2021年09月15日
    「新華社」絶滅危惧種コビトジャコウジカの親子を撮影雲南省昌寧県

    中国雲南省保山市昌寧県の瀾滄江自然保護区はこのほど、赤外線カメラでコビトジャコウジカの親子を撮影したと明らかにした。カメラは前後に並んで林から出てくる2頭の動物を捉えていた。首の両側にある白い帯状の模様や耳、四肢の形などから、専門家がコビトジャコウジカの親子と確認した。コビトジャコウジカは警戒心が強く、標高2千~2800メートル以上の地域を主な生息地としている。中国の国家1級保護野生動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種(EN)に指定されている。保護区内の赤外線カメラはこれまでもコビトジャコウジカの成獣を何度も撮影しているが、子どもの撮影に成功したのは今回が初めてだという。(記者/林碧鋒、趙彩琳) =配信日: 2021(令和3)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091506435

  • 00:31.89
    2021年09月13日
    「新華社」フェンスに絡まっていたチベットノロバを救出青海省

    中国青海省ゴロク・チベット族自治州でこのほど、フェンスに絡まり動けなくなったチベットノロバが見つかり、ボランティアの手で助け出された。祁連山(きれんざん)自然保護協会のボランティア2人が野生動物の撮影中、前足がフェンスの金網に絡まったチベットノロバを発見し救出した。チベットノロバは青蔵(青海・チベット)高原特有の希少動物で、中国の国家1級保護野生動物に指定されている。(記者/王艶) =配信日: 2021(令和3)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091305313

  • 2021年09月11日
    (5)雲南省竜陵県でサクララン属の希少植物を発見

    4日、雲南省保山市竜陵県で見つかったHoyaburmanicaRolfe。中国雲南省保山市にある竜陵小黒山省級自然保護区の科学技術スタッフがこのほど、野外を巡回した際に、2019年に中国で初めて報告されたサクララン属(ホヤ属)のHoyaburmanicaRolfeを発見した。今回の発見は同種の中国における分布が拡大したことを示している。(昆明=新華社配信/郁雲江)= 配信日: 2021(令和3)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104260

  • 2021年09月11日
    (1)雲南省竜陵県でサクララン属の希少植物を発見

    雲南省保山市竜陵県で見つかったHoyaburmanicaRolfe。(8月14日撮影)中国雲南省保山市にある竜陵小黒山省級自然保護区の科学技術スタッフがこのほど、野外を巡回した際に、2019年に中国で初めて報告されたサクララン属(ホヤ属)のHoyaburmanicaRolfeを発見した。今回の発見は同種の中国における分布が拡大したことを示している。(昆明=新華社配信/廖勤昌)= 配信日: 2021(令和3)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104269

  • 2021年09月11日
    (4)雲南省竜陵県でサクララン属の希少植物を発見

    4日、雲南省保山市竜陵県で見つかったHoyaburmanicaRolfe。中国雲南省保山市にある竜陵小黒山省級自然保護区の科学技術スタッフがこのほど、野外を巡回した際に、2019年に中国で初めて報告されたサクララン属(ホヤ属)のHoyaburmanicaRolfeを発見した。今回の発見は同種の中国における分布が拡大したことを示している。(昆明=新華社配信/郁雲江)= 配信日: 2021(令和3)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104279

  • 2021年09月11日
    (3)雲南省竜陵県でサクララン属の希少植物を発見

    4日、雲南省保山市竜陵県で見つかったHoyaburmanicaRolfe。中国雲南省保山市にある竜陵小黒山省級自然保護区の科学技術スタッフがこのほど、野外を巡回した際に、2019年に中国で初めて報告されたサクララン属(ホヤ属)のHoyaburmanicaRolfeを発見した。今回の発見は同種の中国における分布が拡大したことを示している。(昆明=新華社配信/郁雲江)= 配信日: 2021(令和3)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104248

  • 00:40.06
    2021年09月11日
    「新華社」雲南省竜陵県でサクララン属の希少植物を発見

    中国雲南省保山市にある竜陵小黒山省級自然保護区の科学技術スタッフがこのほど、野外を巡回した際に、2019年に中国で初めて報告されたサクララン属(ホヤ属)のHoyaburmanicaRolfeを発見した。今回の発見は同種の中国における分布が拡大したことを示している。中国科学院西双版納(シーサンパンナ)熱帯植物園の譚運洪(たん・うんこう)研究員は同種について、キョウチクトウ科サクララン属の植物で、黄色い花冠が星形をしており、花は淡いレモンの香りがすると説明した。譚さんによると、HoyaburmanicaRolfeはもともとミャンマー北部と西部、インド東部に分布していたという。今回の発見で、竜陵小黒山省級自然保護区のサクララン属植物は10種に増えた。(記者/林碧鋒、趙彩琳) =配信日: 2021(令和3)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104235

  • 2021年09月11日
    (2)雲南省竜陵県でサクララン属の希少植物を発見

    4日、雲南省保山市竜陵県で見つかったHoyaburmanicaRolfe。中国雲南省保山市にある竜陵小黒山省級自然保護区の科学技術スタッフがこのほど、野外を巡回した際に、2019年に中国で初めて報告されたサクララン属(ホヤ属)のHoyaburmanicaRolfeを発見した。今回の発見は同種の中国における分布が拡大したことを示している。(昆明=新華社配信/郁雲江)= 配信日: 2021(令和3)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104262

  • 2021年09月10日
    大きくなってね

    セルビアの首都ベオグラードにある動物園にいる、カバの赤ちゃんとお母さん。8月に生まれたばかりです。(ロイター=共同)

    商品コード: 2021091008348

  • 2021年09月10日
    ワクチンを受ける少女 企業でもワクチン義務化へ

    米フィラデルフィアの動物園で新型コロナウイルスワクチンを受ける少女=7日(ロイター=共同)

    商品コード: 2021091005098

  • 01:00.19
    2021年09月10日
    「新華社」恐竜より古い「四川マミズクラゲ」を発見四川省成都市

    中国四川省成都市錦江区の大観堰公園でこのほど、子どもたちが湖を漂う1円玉ほどの大きさのクラゲを発見した。専門家の鑑定によりこのクラゲは「水中のパンダ」と呼ばれるマミズクラゲの仲間で絶滅危惧種に指定されている「四川マミズクラゲ」(Craspedacustasichuanensis)と判明した。成都市の中心部で同種が発見されたのは今回が初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長によると、マミズクラゲは原始的な下等無脊椎動物の一種で、地球上で唯一の淡水クラゲという。恐竜の出現よりも前の約5億5千万年前に誕生し、生物進化の研究における「生きた化石」と呼ばれている。(記者/李倩薇) =配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104233

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月10日
    (1)中蒙国境の草原で国家1級保護動物のユキヒョウを保護内モンゴル自治区

    5日、中蒙国境地帯の草原で見つかったユキヒョウ。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市四子王旗公安局が5日午後5時半頃、白音敖包ソムで真っ白な「大型の猫」が草地に伏せている、国家希少動物ではないかと牧畜民から通報を受けた。警察が駆け付け、国家1級保護動物のユキヒョウと確認された。ユキヒョウにけがはなかった。このユキヒョウはすでにオルドス市野生動物救助ステーションに移送され、病気をしていないかさらに検査をし、基準に達したのち、適切な場所で自然に帰されるという。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091014029

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月10日
    (3)中蒙国境の草原で国家1級保護動物のユキヒョウを保護内モンゴル自治区

    5日、中蒙国境地帯の草原で見つかったユキヒョウ。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市四子王旗公安局が5日午後5時半頃、白音敖包ソムで真っ白な「大型の猫」が草地に伏せている、国家希少動物ではないかと牧畜民から通報を受けた。警察が駆け付け、国家1級保護動物のユキヒョウと確認された。ユキヒョウにけがはなかった。このユキヒョウはすでにオルドス市野生動物救助ステーションに移送され、病気をしていないかさらに検査をし、基準に達したのち、適切な場所で自然に帰されるという。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091014031

  • 2021年09月10日
    (3)恐竜より古い「四川マミズクラゲ」を発見四川省成都市

    6日、大観堰公園で発見された「四川マミズクラゲ」。中国四川省成都市錦江区の大観堰公園でこのほど、子どもたちが湖を漂う1円玉ほどの大きさのクラゲを発見した。専門家の鑑定によりこのクラゲは「水中のパンダ」と呼ばれるマミズクラゲの仲間で絶滅危惧種に指定されている「四川マミズクラゲ」(Craspedacustasichuanensis)と判明した。成都市の中心部で同種が発見されたのは今回が初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長によると、マミズクラゲは原始的な下等無脊椎動物の一種で、地球上で唯一の淡水クラゲという。恐竜の出現よりも前の約5億5千万年前に誕生し、生物進化の研究における「生きた化石」と呼ばれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104268

  • 2021年09月10日
    (1)恐竜より古い「四川マミズクラゲ」を発見四川省成都市

    6日、大観堰公園で発見された「四川マミズクラゲ」。中国四川省成都市錦江区の大観堰公園でこのほど、子どもたちが湖を漂う1円玉ほどの大きさのクラゲを発見した。専門家の鑑定によりこのクラゲは「水中のパンダ」と呼ばれるマミズクラゲの仲間で絶滅危惧種に指定されている「四川マミズクラゲ」(Craspedacustasichuanensis)と判明した。成都市の中心部で同種が発見されたのは今回が初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長によると、マミズクラゲは原始的な下等無脊椎動物の一種で、地球上で唯一の淡水クラゲという。恐竜の出現よりも前の約5億5千万年前に誕生し、生物進化の研究における「生きた化石」と呼ばれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104237

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:18.12
    2021年09月10日
    「新華社」中蒙国境の草原で国家1級保護動物のユキヒョウを保護内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ウランチャブ市四子王旗公安局が5日午後5時半頃、白音敖包ソムで真っ白な「大型の猫」が草地に伏せている、国家希少動物ではないかと牧畜民から通報を受けた。警察が駆け付け、国家1級保護動物のユキヒョウと確認された。ユキヒョウにけがはなかった。同市野生動植物・湿地保護ステーションの蘆化文(ろ・かぶん)所長は「四子王旗で初めて発見されたユキヒョウで、中蒙国境付近から来たとみられる。発見時、目立った外傷はなく状態は良好だった」と述べた。このユキヒョウはすでにオルドス市野生動物救助ステーションに移送され、病気をしていないかさらに検査をし、基準に達したのち、適切な場所で自然に帰されるという。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091014055

  • 2021年09月10日
    (2)長隆野生動物世界、カバの誕生日をお祝い広東省広州市

    9日、誕生日会のごちそうを食べる「菲菲」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で9日、カバの「菲菲(フェイフェイ)」が2歳の誕生日を迎えた。菲菲は園内で人工保育された雌のカバで、体重が200キロを超える。同園ではカバ約30頭を飼育しており、うち10頭余りは園内で誕生した。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091009395

  • 2021年09月10日
    (5)長隆野生動物世界、カバの誕生日をお祝い広東省広州市

    9日、誕生会のごちそうを食べる「菲菲」。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で9日、カバの「菲菲(フェイフェイ)」が2歳の誕生日を迎えた。菲菲は園内で人工保育された雌のカバで、体重が200キロを超える。同園ではカバ約30頭を飼育しており、うち10頭余りは園内で誕生した。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091009396

  • 2021年09月10日
    (4)長隆野生動物世界、カバの誕生日をお祝い広東省広州市

    9日、「菲菲」(奥)の誕生会でごちそうを食べるコビトカバの「楽宝(ローバオ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界で9日、カバの「菲菲(フェイフェイ)」が2歳の誕生日を迎えた。菲菲は園内で人工保育された雌のカバで、体重が200キロを超える。同園ではカバ約30頭を飼育しており、うち10頭余りは園内で誕生した。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091009398

  • 2021年09月10日
    (4)恐竜より古い「四川マミズクラゲ」を発見四川省成都市

    6日、成都市錦江区の大観堰公園。中国四川省成都市錦江区の大観堰公園でこのほど、子どもたちが湖を漂う1円玉ほどの大きさのクラゲを発見した。専門家の鑑定によりこのクラゲは「水中のパンダ」と呼ばれるマミズクラゲの仲間で絶滅危惧種に指定されている「四川マミズクラゲ」(Craspedacustasichuanensis)と判明した。成都市の中心部で同種が発見されたのは今回が初めて。成都華希昆虫博物館の趙力(ちょう・りき)館長によると、マミズクラゲは原始的な下等無脊椎動物の一種で、地球上で唯一の淡水クラゲという。恐竜の出現よりも前の約5億5千万年前に誕生し、生物進化の研究における「生きた化石」と呼ばれている。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091104219

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...