KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • オニオオハシ
  • メス同士
  • 円山動物園
  • 今井菜摘

写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,577
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,577
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月10日
    飼育員の今井菜摘さん 5年繁殖挑むもメス同士

    円山動物園の飼育員、今井菜摘さんとオニオオハシ(後方)=4月20日、札幌市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月10日
    オニオオハシの2羽 5年繁殖挑むもメス同士

    円山動物園で飼育されているオニオオハシ2羽=4月20日、札幌市

    撮影: 4月20日、札幌市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:12.70
    2021年05月09日
    「新華社」サファリパークのヒョウが脱走、周辺住民に注意喚起浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市富陽区政府は8日、同区銀湖街道受降四聯村金苑山荘で7日午後8時ごろ、住民から「ヒョウに似た動物を見た」と警察に通報があったと発表した。同区の関係部門による合同調査で、ヒョウは市内のサファリパーク「杭州野生動物世界」から逃げ出した子どものヒョウ3頭であることが確認され、すでに2頭が捕獲されている。地元政府は現在、周辺地域を全面的な管理下に置き、ローラー作戦で残る1頭の捜索に当たっている。同時に同パークに対して直ちに営業を停止し、速やかにヒョウが脱走した原因を調査するよう指導した。(記者/許舜達、鄭夢雨) =配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.36
    2021年05月09日
    「新華社」重慶市の陰条嶺国家級自然保護区でキョンを発見

    中国重慶市巫渓(ふけい)県にある陰条嶺国家級自然保護区の職員がこのほど、回収した赤外線カメラのデータを整理していたところ、中国の「三有保護動物(有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)」に指定されたキョンの鮮明な映像を発見した。キョンは小型のシカ科動物で、低木の茂みに1匹または雄雌1対で生息することを好み、主に中国の亜熱帯地域に分布している。同保護区は多くの動植物資源が豊かな生態環境を育んでおり、多数の絶滅危惧種も生息している。(記者/黄偉) =配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.14
    2021年05月09日
    「新華社」鳥籠から大空へ飛び立つ希少な渡り鳥遼寧省瀋陽市

    月と10月の第2土曜日は国連環境計画(UNEP)が制定した「世界渡り鳥デー」。希少な渡り鳥は動物園の「人気者」ではあるが、中国遼寧省瀋陽市の一部の動物園ではこれらの「人気者」に対して厳しい野生化訓練が行われている。訓練を経て条件が整った渡り鳥は自然に返される。瀋陽森林動物園では「鶴放飛」と呼ばれる特別な展示が毎日開催されている。来園者は人工飼育されたタンチョウ十数羽が、鳥籠から一斉に大空へと飛び立つ様子を見ることができる。関係部門の承認を得て1990年、同園に「瀋陽ツル類人工繁殖研究基地」が設置された。30年にわたる努力により、タンチョウなどの人工繁殖が行われた希少なツル類は700羽余りに達した。東北アジアの渡り鳥飛行経路上に位置する瀋陽市は、渡り鳥の重要な休息地、中継地となっている。同市はこれら渡り鳥の保護や研究活動を行うため、市内を流れる渾河(こんが)に鳥類テーマパーク「瀋陽鳥島」を建設した。現在、約100種類千羽以上の渡り鳥が同地で繁殖しており、自由な生活を送っている。(記者/姜兆臣) =配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    (2)ヘリが緊急出動、脱走したヒョウを捜索浙江省杭州市

    8日夕方、脱走したヒョウを捜索するために緊急出動する航空特殊勤務隊のヘリコプター。中国浙江省杭州市で8日、市内のサファリパーク「杭州野生動物世界」から子どものヒョウ3頭が逃げ出した。すでに2頭は捕獲され、現在、3頭目の搜索が続いている。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    (3)ヘリが緊急出動、脱走したヒョウを捜索浙江省杭州市

    8日夕方、脱走したヒョウの捜索を担当する航空特殊勤務隊のスタッフ。中国浙江省杭州市で8日、市内のサファリパーク「杭州野生動物世界」から子どものヒョウ3頭が逃げ出した。すでに2頭は捕獲され、現在、3頭目の搜索が続いている。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    (4)ヘリが緊急出動、脱走したヒョウを捜索浙江省杭州市

    8日夕方、脱走したヒョウを捜索するために緊急出動する航空特殊勤務隊のヘリコプター。中国浙江省杭州市で8日、市内のサファリパーク「杭州野生動物世界」から子どものヒョウ3頭が逃げ出した。すでに2頭は捕獲され、現在、3頭目の搜索が続いている。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    (1)ヘリが緊急出動、脱走したヒョウを捜索浙江省杭州市

    8日夕方、脱走したヒョウを捜索するために緊急出動する航空特殊勤務隊のヘリコプター。中国浙江省杭州市で8日、市内のサファリパーク「杭州野生動物世界」から子どものヒョウ3頭が逃げ出した。すでに2頭は捕獲され、現在、3頭目の搜索が続いている。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (5)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、長広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (3)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (1)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (9)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (7)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (4)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (6)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (8)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (2)大連の広鹿島にカラシラサギ飛来遼寧省

    1日、広鹿島の低木に止まるカラシラサギ。中国遼寧省大連市長海県の広鹿島でこのほど、カラシラサギが多数飛来し繁殖を始めた。同県は2016年、中国野生動物保護協会から「中国カラシラサギの里」に認定されている。カラシラサギは希少な水鳥で、2021年に中国の1級野生保護動物に指定された。(長海=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (3)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    自身のスタジオで、ジャムで皿の上に絵を描く劉旭峰さん。(4月28日撮影)中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (6)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    自身のスタジオで、ジャムで皿の上に絵を描く劉旭峰さん。(4月28日撮影)中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (5)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    自身のスタジオで、ライブ配信でジャム絵画を紹介する劉旭峰さん。(4月28日撮影)中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (9)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    3日、勤務先のホテルで、メインディッシュの最後の飾り付けをする劉旭峰さん。中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (7)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    3日、勤務先のホテルで、ジャムで皿の上に絵を描く劉旭峰さん。中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (10)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    自身のスタジオで、ジャム絵画用のジャムを作る劉旭峰さん。(4月28日撮影)中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (4)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    自身のスタジオで、ジャム絵画を教える劉旭峰さん(右)。(4月28日撮影)中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (1)ジャム絵画に魅せられた青年の夢山西省太原市

    自身のスタジオで、ジャムで皿の上に絵を描く劉旭峰さん。(4月28日撮影)中国山西省太原市の劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は5年前、初めてジャム絵画と出合った。農村から働きに来た劉さんは、皿の上にジャムで絵を描くアート作品に深く魅了され、創作を始めた。仕事の傍ら、自身のスタジオを設立。生徒に教えながら、制作過程を撮影した動画をネットに公開している。スタジオ内には、風景や動物、建築物などが生き生きと描かれた皿が並ぶ。劉さんは「山西省の文化を作品に取り入れ、ジャム絵画を立派な芸術品にしたい」と夢を語った。(太原=新華社記者/柴婷)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    お散歩

    ドイツ・ミュンヘンの動物園で歩くゾウの子ども。久しぶりの営業再開を喜んでいる様子。(ロイター=共同)

  • 2021年05月04日
    (2)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園の山の中腹でけんかする雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)西寧野生動物園、保護したハイイロネコを一般公開青海省

    1日、西寧野生動物園で公開されているハイイロネコ。中国青海省の西寧野生動物園(青海野生動物救護繁殖センター)はこのほど、ハイイロネコ1匹を一般公開した。このハイイロネコは昨年10月19日に同省海北チベット族自治州門源回族自治県で保護され、半年間の治療を受けてきた。現在の健康状態は良好で、すでに園内の生活に完全に適応している。センターの職員によると、足の切断により自然界での生存能力を失っているため、動物園で展示し、来園者に科学教育や保護のPRを行っていくという。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (6)国家1級保護動物のスローロリス、民家の窓で発見雲南省

    4月29日、スローロリスの保護を試みる救助隊員。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で4月29日午前、国家1級保護動物のスローロリスが民家の窓につかまっているのを住民が発見した。通報を受け、同県公安局森林警察大隊と消防救援大隊の隊員が捕獲道具を持って現場に駆け付け、無事スローロリスを保護した。(隴川=新華社配信/范慶荷)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (4)国家1級保護動物のスローロリス、民家の窓で発見雲南省

    4月29日、民家の窓の面格子につかまるスローロリス。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で4月29日午前、国家1級保護動物のスローロリスが民家の窓につかまっているのを住民が発見した。通報を受け、同県公安局森林警察大隊と消防救援大隊の隊員が捕獲道具を持って現場に駆け付け、無事スローロリスを保護した。(隴川=新華社配信/段宗智)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (5)国家1級保護動物のスローロリス、民家の窓で発見雲南省

    4月29日、2人がかりでスローロリスを保護する救助隊員。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で4月29日午前、国家1級保護動物のスローロリスが民家の窓につかまっているのを住民が発見した。通報を受け、同県公安局森林警察大隊と消防救援大隊の隊員が捕獲道具を持って現場に駆け付け、無事スローロリスを保護した。(隴川=新華社配信/范慶荷)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (7)国家1級保護動物のスローロリス、民家の窓で発見雲南省

    4月29日、保護されたスローロリス。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で4月29日午前、国家1級保護動物のスローロリスが民家の窓につかまっているのを住民が発見した。通報を受け、同県公安局森林警察大隊と消防救援大隊の隊員が捕獲道具を持って現場に駆け付け、無事スローロリスを保護した。(隴川=新華社配信/段宗智)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)西寧野生動物園、保護したハイイロネコを一般公開青海省

    1日、西寧野生動物園で公開されているハイイロネコ。中国青海省の西寧野生動物園(青海野生動物救護繁殖センター)はこのほど、ハイイロネコ1匹を一般公開した。このハイイロネコは昨年10月19日に同省海北チベット族自治州門源回族自治県で保護され、半年間の治療を受けてきた。現在の健康状態は良好で、すでに園内の生活に完全に適応している。センターの職員によると、足の切断により自然界での生存能力を失っているため、動物園で展示し、来園者に科学教育や保護のPRを行っていくという。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.93
    2021年05月04日
    「新華社」食べるのが惜しい、皿にジャムで描いた絵山西省太原市

    国山西省太原市のジャム絵画のスペシャリスト、劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は、5~6年前からジャムで皿の上に絵を描くアート作品を制作している。鳥や小動物、自然の風景などが生き生きと再現されている作品を、あなたは惜しまずに食べられるだろうか。(記者/馬志異、劉翔霄、柴婷) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.73
    2021年05月04日
    「新華社」広州長隆野生動物世界でライオンの五つ子お披露目

    中国広東省の広州長隆野生動物世界で2日、昨年11月8日に生まれたライオンの五つ子が一般公開された。ライオンはアフリカ最大のネコ科動物で、迫力ある声と雄壮な姿から、百獣の王と呼ばれている。広州長隆野生動物世界ではすでにベンガルトラやチーター、シベリアイタチ、ツキノワグマ、リカオン、ホッキョクグマ、ジャイアントパンダなど、希少な肉食動物の人工哺育技術を確立している。(記者/劉大偉、黄保国) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (2)西寧野生動物園、保護したハイイロネコを一般公開青海省

    1日、西寧野生動物園で公開されているハイイロネコ。中国青海省の西寧野生動物園(青海野生動物救護繁殖センター)はこのほど、ハイイロネコ1匹を一般公開した。このハイイロネコは昨年10月19日に同省海北チベット族自治州門源回族自治県で保護され、半年間の治療を受けてきた。現在の健康状態は良好で、すでに園内の生活に完全に適応している。センターの職員によると、足の切断により自然界での生存能力を失っているため、動物園で展示し、来園者に科学教育や保護のPRを行っていくという。(西寧=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雌のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (4)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園の山の中腹でけんかする雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (5)「山の白き隠者」ハッカンが姿現す福建省福州市

    3日、福州市の金鶏山公園で餌を探す雄のハッカン。中国福建省福州市はここ数年、都市緑化率が向上し、生態環境が改善し続けている。市内の山に作られた福州国家森林公園や金鶏山公園、金牛山公園などの公園では、国家2級保護動物のハッカンをはじめ、さまざまな希少な鳥の姿を目にするようになった。ハッカンはキジ目キジ科に属し、大型のニワトリの仲間に含まれる。雄は全長100~119センチ、背側が白で腹側が黒い羽に覆われている。雌は58~67センチで、全身がオリーブ色がかった褐色をしている。樹木が密集した場所や樹下の植生がまばらな常緑広葉樹林、谷間の森林に生息する。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (2)国家1級保護動物のスローロリス、民家の窓で発見雲南省

    4月29日、民家の窓の面格子につかまるスローロリス。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で4月29日午前、国家1級保護動物のスローロリスが民家の窓につかまっているのを住民が発見した。通報を受け、同県公安局森林警察大隊と消防救援大隊の隊員が捕獲道具を持って現場に駆け付け、無事スローロリスを保護した。(隴川=新華社配信/段宗智)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (1)国家1級保護動物のスローロリス、民家の窓で発見雲南省

    4月29日、民家の窓の面格子につかまるスローロリス。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で4月29日午前、国家1級保護動物のスローロリスが民家の窓につかまっているのを住民が発見した。通報を受け、同県公安局森林警察大隊と消防救援大隊の隊員が捕獲道具を持って現場に駆け付け、無事スローロリスを保護した。(隴川=新華社配信/段宗智)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (3)国家1級保護動物のスローロリス、民家の窓で発見雲南省

    4月29日、スローロリスの保護を試みる救助隊員。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で4月29日午前、国家1級保護動物のスローロリスが民家の窓につかまっているのを住民が発見した。通報を受け、同県公安局森林警察大隊と消防救援大隊の隊員が捕獲道具を持って現場に駆け付け、無事スローロリスを保護した。(隴川=新華社配信/范慶荷)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (3)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区の崖に巣を作るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (4)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区で戯れる2羽のハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (10)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区で木の枝に止まるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (2)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区の崖に巣を作るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (7)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区で木の枝に止まるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.98
    2021年05月03日
    「新華社」「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。ハリオハチクイはハチなど飛ぶ虫を好んで食べることからその名が付いた。色鮮やかで優雅な姿から「中国で最も美しい鳥」と呼ばれている。(記者/魏培全) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (1)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区で木の枝に止まるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (6)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区で木の枝に止まるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (9)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区で餌を見つけて飛び立つハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (8)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、昆虫を見つけて急降下するハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (5)「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    4月30日、アモイ市五縁湾栗喉蜂虎自然保護区の崖に巣を作るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。(アモイ=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (7)ウガンダ人女性、人間と野生動物の共存呼び掛け

    4月14日、ウガンダ・ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで、ライオンと触れ合うホーリー・オリビア・アケロさん。ウガンダ人女性ホーリー・オリビア・アケロさん(23)は、同国中部ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで調教師として7年近く勤務してきた。毎日数百頭の野生動物に餌をやり、世話をするほか、訓練や健康管理なども担当している。休みの日には学校や地域コミュニティーで講演を行い、若い人たちに野生動物の保護や動物との共存を呼び掛ける。敷地面積31エーカー(約0・13平方キロメートル)の同センターは、ライオンやハイエナ、ワニ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど10種類余りの希少な哺乳類や鳥類、爬虫類の飼育や繁殖に取り組んでいる。(カンパラ=新華社配信/ハジャラ・ナルワッダ)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (1)ウガンダ人女性、人間と野生動物の共存呼び掛け

    4月14日、ウガンダ・ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで、タマゴヘビと触れ合うホーリー・オリビア・アケロさん。ウガンダ人女性ホーリー・オリビア・アケロさん(23)は、同国中部ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで調教師として7年近く勤務してきた。毎日数百頭の野生動物に餌をやり、世話をするほか、訓練や健康管理なども担当している。休みの日には学校や地域コミュニティーで講演を行い、若い人たちに野生動物の保護や動物との共存を呼び掛ける。敷地面積31エーカー(約0・13平方キロメートル)の同センターは、ライオンやハイエナ、ワニ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど10種類余りの希少な哺乳類や鳥類、爬虫類の飼育や繁殖に取り組んでいる。(カンパラ=新華社記者/張改萍)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (5)ウガンダ人女性、人間と野生動物の共存呼び掛け

    4月14日、ウガンダ・ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで、新華社の取材を受けるホーリー・オリビア・アケロさん。ウガンダ人女性ホーリー・オリビア・アケロさん(23)は、同国中部ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで調教師として7年近く勤務してきた。毎日数百頭の野生動物に餌をやり、世話をするほか、訓練や健康管理なども担当している。休みの日には学校や地域コミュニティーで講演を行い、若い人たちに野生動物の保護や動物との共存を呼び掛ける。敷地面積31エーカー(約0・13平方キロメートル)の同センターは、ライオンやハイエナ、ワニ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど10種類余りの希少な哺乳類や鳥類、爬虫類の飼育や繁殖に取り組んでいる。(カンパラ=新華社記者/張改萍)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (8)ウガンダ人女性、人間と野生動物の共存呼び掛け

    4月14日、ウガンダ・ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで、ハイエナと触れ合うホーリー・オリビア・アケロさん。ウガンダ人女性ホーリー・オリビア・アケロさん(23)は、同国中部ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで調教師として7年近く勤務してきた。毎日数百頭の野生動物に餌をやり、世話をするほか、訓練や健康管理なども担当している。休みの日には学校や地域コミュニティーで講演を行い、若い人たちに野生動物の保護や動物との共存を呼び掛ける。敷地面積31エーカー(約0・13平方キロメートル)の同センターは、ライオンやハイエナ、ワニ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど10種類余りの希少な哺乳類や鳥類、爬虫類の飼育や繁殖に取り組んでいる。(カンパラ=新華社配信/ハジャラ・ナルワッダ)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (6)ウガンダ人女性、人間と野生動物の共存呼び掛け

    4月14日、ウガンダ・ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで、ライオンの餌を準備するホーリー・オリビア・アケロさん。ウガンダ人女性ホーリー・オリビア・アケロさん(23)は、同国中部ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで調教師として7年近く勤務してきた。毎日数百頭の野生動物に餌をやり、世話をするほか、訓練や健康管理なども担当している。休みの日には学校や地域コミュニティーで講演を行い、若い人たちに野生動物の保護や動物との共存を呼び掛ける。敷地面積31エーカー(約0・13平方キロメートル)の同センターは、ライオンやハイエナ、ワニ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど10種類余りの希少な哺乳類や鳥類、爬虫類の飼育や繁殖に取り組んでいる。(カンパラ=新華社配信/ハジャラ・ナルワッダ)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (9)ウガンダ人女性、人間と野生動物の共存呼び掛け

    4月14日、ウガンダのブタンバラ県にあるCTC野生動物保護センターで、撮影したライオン。ウガンダ人女性ホーリー・オリビア・アケロさん(23)は、同国中部ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで調教師として7年近く勤務してきた。毎日数百頭の野生動物に餌をやり、世話をするほか、訓練や健康管理なども担当している。休みの日には学校や地域コミュニティーで講演を行い、若い人たちに野生動物の保護や動物との共存を呼び掛ける。敷地面積31エーカー(約0・13平方キロメートル)の同センターは、ライオンやハイエナ、ワニ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど10種類余りの希少な哺乳類や鳥類、爬虫類の飼育や繁殖に取り組んでいる。(カンパラ=新華社配信/ハジャラ・ナルワッダ)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (4)ウガンダ人女性、人間と野生動物の共存呼び掛け

    4月14日、ウガンダ・ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで、オオミミギツネに餌を与えるホーリー・オリビア・アケロさん。ウガンダ人女性ホーリー・オリビア・アケロさん(23)は、同国中部ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで調教師として7年近く勤務してきた。毎日数百頭の野生動物に餌をやり、世話をするほか、訓練や健康管理なども担当している。休みの日には学校や地域コミュニティーで講演を行い、若い人たちに野生動物の保護や動物との共存を呼び掛ける。敷地面積31エーカー(約0・13平方キロメートル)の同センターは、ライオンやハイエナ、ワニ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど10種類余りの希少な哺乳類や鳥類、爬虫類の飼育や繁殖に取り組んでいる。(カンパラ=新華社記者/張改萍)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (3)ウガンダ人女性、人間と野生動物の共存呼び掛け

    4月14日、ウガンダ・ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで、オオミミギツネに餌を与えるホーリー・オリビア・アケロさん。ウガンダ人女性ホーリー・オリビア・アケロさん(23)は、同国中部ブタンバラ県のCTC野生動物保護センターで調教師として7年近く勤務してきた。毎日数百頭の野生動物に餌をやり、世話をするほか、訓練や健康管理なども担当している。休みの日には学校や地域コミュニティーで講演を行い、若い人たちに野生動物の保護や動物との共存を呼び掛ける。敷地面積31エーカー(約0・13平方キロメートル)の同センターは、ライオンやハイエナ、ワニ、ヘビ、カメレオン、トカゲなど10種類余りの希少な哺乳類や鳥類、爬虫類の飼育や繁殖に取り組んでいる。(カンパラ=新華社記者/張改萍)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (4)「地球の腎臓」湿地を守る中国の取り組み

    雲南省デチェン・チベット族自治州シャングリラ(香格里拉)市に位置するラムサール条約湿地、ナパ(納帕)海に生息する鳥類。2016年以降、ナパ海の6300ムー(420ヘクタール)で湿地が回復し、現在では毎年冬になるとオグロヅルやナベヅルなどの希少種を含む約5万羽の渡り鳥が飛来するようになった。(2018年3月11日撮影)中国は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、中央財政だけで98億7千万元(1元=約17円)を投じ、湿地生態系がもたらす便益に対する補償・補助や、農地を湿地に戻す活動など2千件以上のプロジェクトを実施した。これにより保護・修復の水準が全面的に向上し、湿地面積は20万2600ヘクタール増加。全国の湿地保護率は5割を超えた。湿地は生物多様性に富んだ生態系と人類にとって重要な生存環境を備え、水源の保持や水質浄化、生物多様性の維持に重要な役割を果たしていることから「地球の腎臓」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    マルミミゾウ 高まる絶滅の可能性

    マルミミゾウ=2013年9月、コンゴ共和国

    撮影: 2013年9月、コンゴ共和国

  • 00:55.72
    2021年04月29日
    「新華社」中国固有種のオタマジャクシを高解像度で撮影雲南省

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州屏辺ミャオ族自治県の大囲山でこのほど、中国固有種のヒゲガエル「密棘髭蟾」(学名:Vibrissaphoraliui)のオタマジャクシを高解像度で撮影することに成功した。大囲山は地形や気候環境、生息環境が複雑かつ多様性に富み、名実ともに「動植物の遺伝子バンク」となっている。雲南大囲山国家級自然保護区管護局屏辺管理保護分局資源保護科の楊沢鵬(よう・たくほう)アシスタントエンジニアによると、密棘髭蟾は別名を「原髭蟾」といい、中国の国家2級保護動物に指定されている。オタマジャクシは灰褐色で大きめの体をしていて、頭頂部に星型の斑点があり、楕円形の体の後ろには太い尾がついている。成体は岩の下を好んで生息し、水辺で繁殖することが多い。(記者/曽維) =配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (7)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、松林で配偶者をめぐり争うクロライチョウ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.75
    2021年04月28日
    「新華社」陝西省太白県で初めて国家1級保護動物のトキを発見

    中国陝西省宝鶏市太白県黄柏鎮皂角湾(そうかくわん)村の水田では今年の4月初めから、1羽のトキが毎日餌を探しに飛来している。国家1級保護動物に指定されているトキが同県で確認されたのは、これが初めてとなる。地元の村民によると、このトキは毎朝空が明るくなるころ村の水田に飛んで来て、餌を探している。村民が農作業をしている間は、トキは水田の脇にたたずんだり、のんびりと歩いたりして、夕方になると再び水田のそばの低木や村の林に飛んで来て、羽を休めているという。村民は、このトキは村から40キロ余り離れた「トキの里」と呼ばれる同省漢中市洋県から飛来してきたはずだと語っている。(記者/都紅剛) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (2)長江上流の希少魚類23万3千匹を放流雲南省水富市

    23日、雲南省水富市で行われた放流活動の様子。中国雲南省水富(すいふ)市でこのほど、「長江上流に生息する希少魚類の国家級自然保護区」の雲南省エリアでの増殖・放流活動が行われ、長江上流に生息する希少魚類計23万3千匹が一斉に放流された。(昆明=新華社配信/譚興華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (3)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、決まった場所に集まり、羽を広げる行為や鳴き声、格闘で配偶者の帰属を決めるクロライチョウ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (4)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、決まった場所に集まり、羽を広げる行為や鳴き声、格闘で配偶者の帰属を決めるクロライチョウ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (1)長江上流の希少魚類23万3千匹を放流雲南省水富市

    23日、雲南省水富市で行われた放流活動の様子。中国雲南省水富(すいふ)市でこのほど、「長江上流に生息する希少魚類の国家級自然保護区」の雲南省エリアでの増殖・放流活動が行われ、長江上流に生息する希少魚類計23万3千匹が一斉に放流された。(昆明=新華社配信/譚興華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (9)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、決まった場所に集まり、羽を広げる行為や鳴き声、格闘で配偶者の帰属を決めるクロライチョウ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (6)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、松林で配偶者をめぐり争うクロライチョウ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (5)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、松林で配偶者をめぐり争うクロライチョウ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:25.82
    2021年04月28日
    「新華社」ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(記者/達日罕) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (2)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、撮影愛好家に野生動物保護を呼び掛ける黄岡梁派出所の警察官。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    (3)長江上流の希少魚類23万3千匹を放流雲南省水富市

    23日、雲南省水富市で行われた放流活動の様子。中国雲南省水富(すいふ)市でこのほど、「長江上流に生息する希少魚類の国家級自然保護区」の雲南省エリアでの増殖・放流活動が行われ、長江上流に生息する希少魚類計23万3千匹が一斉に放流された。(昆明=新華社配信/譚興華)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (1)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、松林で配偶者をめぐり争うクロライチョウ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    (8)ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    23日、松林で配偶者をめぐり争うクロライチョウ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(赤峰=新華社記者/達日罕)= 配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月27日
    熟睡

    英西部ウェールズの動物園の木の上でくつろぐレッサーパンダ。そんな格好で眠ると落っこちるよ。(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    天王寺動物園 天王寺動物園・資料

    天王寺動物園=大阪市天王寺区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 大阪市天王寺区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    天王寺動物園 天王寺動物園・資料

    天王寺動物園=大阪市天王寺区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 大阪市天王寺区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    天王寺動物園 天王寺動物園・資料

    天王寺動物園=大阪市天王寺区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 大阪市天王寺区

  • 00:56.66
    2021年04月27日
    「新華社」鉄塔上のコウノトリの巣を「ライブ配信」で見守り江西省

    中国送電大手、国家電網傘下の江西省電力南昌供電はこのほど、鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区管理局と共同で、送電塔2基の上に作られたコウノトリの巣をモニタリングするカメラを設置した。24時間全天候型の「ライブ配信」を開始し、希少鳥類の個体群回復の研究に役立てる。2台の監視カメラからの映像によると、現在、二つの巣のひな6羽は順調に育っている。(記者/姚子雲) =配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.64
    2021年04月26日
    「新華社」街中に現れたハナジカを保護区に移送江西省

    中国江西省九江市彭沢県の県城(県政府所在地)で21日早朝、路上を走る野生の梅花鹿(ハナジカ)が目撃された。見つけた市民は電動バイクで並走し、警察に通報した。ハナジカは妊娠しており、警察官と野生生物保護スタッフが2時間余りかけて捕獲、無事保護区に移送した。(記者/余剛) =配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (6)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県で生育し、結実した「五針白皮松」。(2020年6月1日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/高順勇)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (1)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (3)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (4)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県で生育している「五針白皮松」。(2011年1月1日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/李文虎)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (5)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県で生育している「五針白皮松」の幼苗。(2019年7月7日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/高順勇)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.36
    2021年04月26日
    「新華社」増水期の鄱陽湖、澄んだ水に映える緑

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)は4月初めから増水期に入った。水位の変動により、草地には水面から露出している箇所と水中に没している箇所がある。草の緑が澄んだ水に映え、春の趣あふれる美しい風景が広がる。同湖は中国の十大生態機能保護区の一つで、世界的にも重要な湿地として知られる。近年は環境保護・修復作業の強化により、湿地の生態系が効果的に改善されている。(記者/黄和遜) =配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (5)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (8)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (2)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県で生育している「五針白皮松」。(2008年8月20日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/李文虎)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (1)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県白鶴灘鎮楊家湾村に移植された「五針白皮松」。(2018年4月13日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/高順勇)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (4)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、地元観光の持続可能な発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (1)雲南省、高黎貢山国家公園の建設を開始

    高黎貢山国家級自然保護区の瀘水(ろすい)地区で撮影した国家1級保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧IA類(CR)に指定されているミャンマーシシバナザル。(資料写真)中国雲南省林業草原局はこのほど、高黎貢山地区の総合的・科学的な調査と国家公園の建設事業を正式に開始した。今年7月までに初歩的な調査を完了し、年内の高黎貢山国家公園完成を目指す。高黎貢山国家級自然保護区で総合的・科学的な調査が行われるのは26年ぶりだという。(昆明=新華社配信/陳奕欣)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.88
    2021年04月26日
    「新華社」杭州市で腐生植物「ギンリョウソウ」を発見浙江省

    中国浙江省の杭州原郷野地生態保護・研究センターのチームはこのほど、同市余杭区径山鎮で生物多様性調査を実施した際、「球果假沙晶蘭」(ギンリョウソウ)を発見した。同種は全体が透き通るような純白で、成育環境に対する要求が非常に高いという。同鎮の九竜瀑風景区で撮影と記録を行ったスタッフは、ギンリョウソウは薄暗く湿気のある落ち葉の間で育ち、特殊な菌類から養分を得て生きる腐生植物だと説明した。九竜瀑風景区では世界的に絶滅が危惧され「水中のジャイアントパンダ」と称されるマミズクラゲや、国家2級保護野生動物のチュウゴクオオサンショウウオも見つかった。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (6)暗闇をよちよち家路を急ぐコガタペンギンNZ

    22日、ニュージーランド南島のダニーデン保護区に生息するコガタペンギン。4月25日は「世界ペンギンの日」。コガタペンギンはニュージーランドで最も広く生息している種で、ペンギンの中で最も小さく、成鳥でも体長は25~35センチ、体重は1~1・5キロ程度しかない。性質は臆病で、いつも人影のない場所に隠れている。常に群れて行動し、日の出前に海に入って餌を捕食し、日没後に巣穴に戻る。コガタペンギンの保護に力を入れ、持続可能な地元観光の発展を後押しするため、ニュージーランド南島のオタゴ半島の海岸沿いでは、1990年代からコガタペンギンを保護する組織が数多く設立されてきた。この半島にあるダニーデン保護区では、適切な保護に努めたことで、コガタペンギンの個体数が着実に増加している。(ダニーデン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...