KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • アザラシ
  • ドイツ北部
  • 久しぶり
  • 新型コロナウイルス

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 動物
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
14,026
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
14,026
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    久しぶり

    新型コロナウイルスによる閉鎖から数カ月ぶりに再開したドイツ北部の動物園。アザラシも久々の人が珍しげ?(ロイター=共同)

  • 01:12.35
    2021年02月28日
    「新華社」魚をたたきつけて丸のみ珍しいカワセミの捕食シーン

    中国の「三有」保護動物(有益で重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)に指定されているカワセミは、小さくて美しい鳥で、体長16~17センチ、体重40~45グラム。頭部に暗緑色と鮮やかなブルーのまだら模様がある。普段、野生のカワセミが魚を捕食するシーンを近距離で撮影できる機会はあまりない。カワセミがどのように魚を食べるのか見てみよう。(記者/魏培全) =配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.07
    2021年02月28日
    「新華社」初春の日差し浴びて泳ぐ「海のパンダ」福建省

    国福建省南部を流れる漳江の河口付近でこのほど、「海のパンダ」の異名を持つピンクイルカ2頭が、初春の日差しを浴びて気持ちよさそうに泳ぐ姿が確認された。ここ数年、漳江口紅樹林国家級自然保護区で養殖業者の廃業の動きが強まるにつれて、マングローブ林の面積がさらに拡大。ピンクイルカやクロツラヘラサギなどの希少な野生動物が頻繁に姿を見せるようになった。(記者/郭圻) =配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (1)元宵節のごちそうを味わう動物たち山東省済南市

    26日、済南動物園で、元宵節のごちそうを味わうレッサーパンダ。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日、中国山東省済南市の済南動物園では、動物たちがこの伝統的な祝日を楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (2)元宵節のごちそうを味わう動物たち山東省済南市

    26日、済南動物園で、元宵節のごちそうを味わうベンガルトラ。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日、中国山東省済南市の済南動物園では、動物たちがこの伝統的な祝日を楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (3)元宵節のごちそうを味わう動物たち山東省済南市

    26日、済南動物園で、元宵節のごちそうを味わうレッサーパンダ。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日、中国山東省済南市の済南動物園では、動物たちがこの伝統的な祝日を楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    (4)元宵節のごちそうを味わう動物たち山東省済南市

    26日、済南動物園で、元宵節のごちそうを味わうキンシコウ。春節(旧正月)から15日目の元宵節に当たる26日、中国山東省済南市の済南動物園では、動物たちがこの伝統的な祝日を楽しく過ごせるようたくさんのごちそうが用意された。(済南=新華社記者/王凱)= 配信日: 2021(平成33)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    昼寝するさんた 「園長」はかつての捨て猫

    宇都宮動物園で昼寝する猫園長のさんた=12日、宇都宮市

    撮影: 12日、宇都宮市

  • 2021年02月27日
    園長に抱えられるさんた 「園長」はかつての捨て猫

    宇都宮動物園の荒井賢治園長に抱えられる猫園長のさんた=21日、宇都宮市

    撮影: 21日、宇都宮市

  • 2021年02月27日
    さんたと荒井園長ら 「園長」はかつての捨て猫

    宇都宮動物園で、猫園長のさんた(中央)について話す荒井賢治園長=21日、宇都宮市

  • 2021年02月27日
    猫園長のさんた 「園長」はかつての捨て猫

    宇都宮動物園の猫園長さんた=21日、宇都宮市

    撮影: 21日、宇都宮市

  • 2021年02月27日
    (14)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、満腹になって休憩する双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、長隆野生動物世界で飼育されている双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、肉たっぷりの湯円を食べる双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (6)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、長隆野生動物世界で飼育されている双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (2)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、長隆野生動物世界で遊ぶ双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で、ゴマフアザラシの赤ちゃんを抱き上げる飼育員。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (16)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、長隆野生動物世界で飼育されている双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (3)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (4)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、肉たっぷりの団子を食べる双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (1)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    24日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (2)上海海昌海洋公園でゴマフアザラシの赤ちゃん誕生

    26日、上海海昌海洋公園で誕生したゴマフアザラシの赤ちゃん。中国上海市浦東新区にある海洋テーマパーク、上海海昌海洋公園の「海獣探秘館」(海洋哺乳類動物探検館)で23日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが誕生した。現在、健康状態は良好だという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (8)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、長隆野生動物世界で飼育されている双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (15)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、長隆野生動物世界で遊ぶ双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (13)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、長隆野生動物世界で遊ぶ双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (11)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、長隆野生動物世界で遊ぶる双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (9)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、食後に歯の掃除をする双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (7)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、肉たっぷりの湯円を見つめる双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月27日
    (5)双子の華南トラ、特製湯円で元宵節を祝う広東省広州市

    25日、肉たっぷりの湯円を食べる双子の華南トラ(アモイトラ)。中国広東省広州市の長隆野生動物世界(長隆サファリパーク)で飼育されている華南トラ(アモイトラ)の雄の双子「安安(アンアン)」と「康康(カンカン)」は25日、飼育員が特別に用意した肉たっぷりの湯円(タンユェン、もち米で作った団子)を与えられ、旧暦1月15日の元宵節(今年は2月26日)を楽しく祝った。同パークは清遠市に「華南トラ繁殖および野生化訓練基地」を設立しており、昨年6月に双子の華南トラの繁殖に成功した。華南トラは中国の十大絶滅危惧動物に数えられ、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されている。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (4)雲南省の住民と警察官、国家2級保護動物ワシミミズクを保護

    17日、保護されたワシミミズク。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県捨得イ族郷の路上でこのほど、住民が傷ついた野鳥を保護し、派出所に届けた。警察官が調べた結果、鳥は国家2級保護野生動物のワシミミズクであることが判明。警察で応急処置を施し、けがが治るのを待って自然に返すことになった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (4)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の上で餌をついばむシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の上で餌をついばむシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (5)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の枝に止まったシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (6)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の枝に止まったシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (2)雲南省の住民と警察官、国家2級保護動物ワシミミズクを保護

    17日、ワシミミズクの傷の手当てをする診療所の医療スタッフ。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県捨得イ族郷の路上でこのほど、住民が傷ついた野鳥を保護し、派出所に届けた。警察官が調べた結果、鳥は国家2級保護野生動物のワシミミズクであることが判明。警察で応急処置を施し、けがが治るのを待って自然に返すことになった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (5)雲南省の住民と警察官、国家2級保護動物ワシミミズクを保護

    17日、傷ついたワシミミズクを交番へ届けた村民。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県捨得イ族郷の路上でこのほど、住民が傷ついた野鳥を保護し、派出所に届けた。警察官が調べた結果、鳥は国家2級保護野生動物のワシミミズクであることが判明。警察で応急処置を施し、けがが治るのを待って自然に返すことになった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (3)雲南省の住民と警察官、国家2級保護動物ワシミミズクを保護

    17日、ワシミミズクの傷の手当てをする診療所の医療スタッフ。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県捨得イ族郷の路上でこのほど、住民が傷ついた野鳥を保護し、派出所に届けた。警察官が調べた結果、鳥は国家2級保護野生動物のワシミミズクであることが判明。警察で応急処置を施し、けがが治るのを待って自然に返すことになった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月26日
    (1)雲南省の住民と警察官、国家2級保護動物ワシミミズクを保護

    17日、けがをして保護されたワシミミズク。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県捨得イ族郷の路上でこのほど、住民が傷ついた野鳥を保護し、派出所に届けた。警察官が調べた結果、鳥は国家2級保護野生動物のワシミミズクであることが判明。警察で応急処置を施し、けがが治るのを待って自然に返すことになった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (3)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、木の枝に止まったシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)高黎貢山に希少鳥類シュイロマシコ雲南省

    21日、雲南省保山市に姿を現したシュイロマシコ。中国雲南省保山市百花嶺村の村民がこのほど、木の枝で餌をついばむ希少鳥類シュイロマシコ30羽余りを目撃した。高黎貢山国家級自然保護区保山管理保護局が明らかにした。地元の野鳥ガイドによると、毎年1~3月はシュイロマシコが標高の高い地域から降りて食べ物を探すため、観察に適している。単独または数羽で行動することが多く、今回のように30羽単位で共に過ごすケースは珍しいという。個体数が少ないことから、国家林業局が2000年8月1日に発表した「国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物リスト」に掲載されている。(昆明=新華社配信/毛三)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.16
    2021年02月26日
    「新華社」良渚古城遺跡公園で子鹿が人気者に浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の良渚(りょうしょ)古城遺跡公園は、春風そよぐ初春を迎えた。同園には鹿苑があり、親子連れの人気スポットになっている。多くの観光客が梅花鹿(ハナジカ)と触れ合い、その様子をSNSに投稿している。同園は新石器時代の都市遺跡で、世界遺産にも登録される良渚古城遺跡を中心に整備された遺跡公園。5千年前の良渚地域の気候は穏やかで、遺跡発掘時にはブタやウシ、シカなどの痕跡も見つかっている。同園では、子どもたちが子鹿と触れ合うだけでなく、シカなど哺乳動物が太古の先住民にとっていかに重要だったかを学べるようになっている。(記者/段菁菁、張璇) =配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:14.95
    2021年02月25日
    「新華社」夢中で竹を食べる野生パンダの映像公開甘粛省

    中国甘粛省の白水江国家級自然保護区はこのほど、赤外線カメラが捉えた野生のジャイアントパンダの貴重な映像を公開した。映像には夢中で竹を食べるパンダがはっきりと映っている。撮影日は2019年10月11日。映像から判断すると、パンダは体重約80キロの成体で、身体はがっちりしており、赤外線カメラから5メートル足らずの場所にいたと思われる。甘粛省南部に位置する同保護区は野生パンダの楽園として知られており、省内で確認された132頭のうち110頭が生息している。(記者/馬莎) =配信日: 2021(平成33)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    伐採された森 最大の責任は人類に

    伐採され燃やされたカンボジア・ラタナキリ州の森。環境破壊が動物由来感染症の背景にある(共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.34
    2021年02月24日
    「新華社」山の斜面を駆け上るアイベックスの群れを発見新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州和静(わせい)県を流れる開都河中流の峡谷でこのほど、アイベックスの群れが山の斜面を勢いよく駆け上る姿が発見された。今年確認したアイベックスは例年よりも数が多く、100頭以上に達している。国家2級保護動物に指定されるアイベックスは山登りとジャンプが得意で、標高3500~6千メートルの高原や山腹に生息し、最も標高の高い場所に住む哺乳動物の一種とされる。中国最大の亜高山帯草原、バインブルク草原では今年、標高2千メートル以上の春の牧草地に、餌を求めて移動するアイベックスの群れが何度も確認されている。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    甘えん坊

    オーストリア・ウィーンの動物園で抱き合うコアラの母娘。まだまだ甘えたいようです。(ロイター=共同)

  • 2021年02月23日
    (2)絶滅危惧種のウンナンシシバナザルに赤ちゃん誕生雲南省

    20日、赤ちゃんサルを抱くウンナンシシバナザル。中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区野生動物救護ステーションによると、同保護区でこのほど、ウンナンシシバナザルの赤ちゃん1匹が生まれた。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)絶滅危惧種のウンナンシシバナザルに赤ちゃん誕生雲南省

    20日、赤ちゃんサルを抱くウンナンシシバナザル。中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区野生動物救護ステーションによると、同保護区でこのほど、ウンナンシシバナザルの赤ちゃん1匹が生まれた。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.97
    2021年02月23日
    「新華社」国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(記者/柳王敏) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽ばたくコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽を休めるコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖の水面から飛び立つ渡り鳥。(2020年9月19日撮影)中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/劉寧波)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖国家湿地公園管理センターで監視カメラが捉えた映像を映し出すモニター。水遊びをするコウライアイサの姿が映っている。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    14日、湖南省双牌県瀟水のほとりでコウライアイサの状況を観察するボランティアの劉寧波(りゅう・ねいは)さん。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)絶滅危惧種のウンナンシシバナザルに赤ちゃん誕生雲南省

    20日、赤ちゃんサルを抱くウンナンシシバナザル。中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区野生動物救護ステーションによると、同保護区でこのほど、ウンナンシシバナザルの赤ちゃん1匹が生まれた。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)絶滅危惧種のウンナンシシバナザルに赤ちゃん誕生雲南省

    20日、ウンナンシシバナザルの群れ。中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区野生動物救護ステーションによると、同保護区でこのほど、ウンナンシシバナザルの赤ちゃん1匹が生まれた。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    湖南省双牌県に飛来した渡り鳥。(2020年9月19日撮影)中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/唐軍)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で餌を探すコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽ばたくコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占めその間を川が流れる田畑が中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)絶滅危惧種のウンナンシシバナザルに赤ちゃん誕生雲南省

    20日、赤ちゃんサルを抱くウンナンシシバナザル。中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区野生動物救護ステーションによると、同保護区でこのほど、ウンナンシシバナザルの赤ちゃん1匹が生まれた。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園のピューマの親子。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (9)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園で、母親のそばにいるピューマの赤ちゃん「雷娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (10)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園のピューマの赤ちゃん「希望」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (4)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園のピューマの赤ちゃん「火娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園でピューマの赤ちゃん「雷娃」を見つめる来場者。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (5)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園で、母親のそばにいるピューマの赤ちゃん「雷娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園のピューマの赤ちゃん「火娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園で、母親に甘えるピューマの赤ちゃん「雷娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (8)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園のピューマの赤ちゃん「火娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表上海動物園

    20日、上海動物園で、母親のそばにいるピューマの赤ちゃん「雷娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (1)北京で気温上昇春日和の日曜日

    21日、北京動物園を訪れた人々。中国北京市は21日、快晴となり、都市部の大部分で日中の気温が20度を超えた。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.83
    2021年02月21日
    「新華社」昼間に活動するミミセンザンコウを撮影福建省武夷山

    中国福建省の武夷山国家公園で18日、日中に洞穴から出て餌を探すミミセンザンコウの姿が確認された。日中は洞穴で眠り、夜に食べ物を探す夜行性のミミセンザンコウが、昼間に撮影されることは非常に少ないという。ミミセンザンコウは国家2級保護野生動物に指定されていたが、2020年6月に1級に引き上げられた。同公園ではここ数年、生態環境と野生動物の保護を強化しており、野生動物の生育環境が改善され、個体数も年を追うごとに増加している。(記者/郭圻) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (9)北京で気温上昇春日和の日曜日

    21日、北京動物園を訪れた人々。中国北京市は21日、快晴となり、都市部の大部分で日中の気温が20度を超えた。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (8)北京で気温上昇春日和の日曜日

    21日、北京動物園で戯れるハクチョウ。中国北京市は21日、快晴となり、都市部の大部分で日中の気温が20度を超えた。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)北京で気温上昇春日和の日曜日

    21日、北京動物園を訪れた人々。中国北京市は21日、快晴となり、都市部の大部分で日中の気温が20度を超えた。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)北京で気温上昇春日和の日曜日

    21日、北京動物園を訪れた人々。中国北京市は21日、快晴となり、都市部の大部分で日中の気温が20度を超えた。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (11)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表 上海動物園

    20日、上海動物園のピューマの赤ちゃん「火娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (12)ピューマの赤ちゃん3頭の名前公表 上海動物園

    20日、上海動物園のピューマの赤ちゃん「火娃」。中国の上海動物園はこのほど、昨年9月に生まれたピューマの赤ちゃん3頭の名前を公表した。3頭はそれぞれ「火娃(フォーワー)」「雷娃(レイワー)」「希望(シーワン)」と名付けられた。2頭のオスは、湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染拡大時期に建てられた「火神山医院」「雷神山医院」から「火」と「雷」を取った。メスは生まれた時に体が弱かったが、その後健康を取り戻したことから「希望」と付けられた。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    平安北道新義州市で発掘された約1億3000万年前の恐竜の歯の化石

    平安北道新義州市で発掘された約1億3000万年前の恐竜の歯の化石(左上)、哺乳動物の化石(右上)、カエルの化石(左下)、翼竜の化石=右下=(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    絶滅危惧種のウンナンシシバナザルに赤ちゃん誕生雲南省

    20日、赤ちゃんサルを抱くウンナンシシバナザル。中国雲南省白馬雪山国家級自然保護区野生動物救護ステーションによると、同保護区でこのほど、ウンナンシシバナザルの赤ちゃん1匹が生まれた。(昆明=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.16
    2021年02月18日
    「新華社」北京市、春節連休の公園入場者164万人前年同期の2・7倍

    中国北京市の公園管理センターは18日、今年の春節(旧正月)期間(11~17日)に同市が管轄する公園と中国園林博物館を訪れた人の数が延べ164万人となり、前年の春節期間の約2・7倍に増えたことを明らかにした。入場者数は旧暦大みそかに当たる11日から日ごとに増え、旧暦1月4日に当たる15日に最多の30万2800人に上った。天壇公園が24万8700人と最も多く、北京動物園の22万6千人、頤和園の20万4300人が続いた。(記者/楊淑君、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    防寒ばっちり

    ロシア・サンクトペテルブルクの動物園で冬を過ごすアルパカ。寒さを楽しんでいるようにも見えます。(タス=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    絶滅からゾウを守る

    象牙目当ての密猟が脅威になっているアフリカゾウ=ケニア・アンボセリ国立公園(ロイター=共同)

    撮影: ケニア・アンボセリ国立公園

  • 2021年02月17日
    (4)自然保護区で絶滅危惧種のアカハジロを確認雲南省

    14日、雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で撮影されたアカハジロ。中国雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で野鳥観察愛好家が14日撮影した鳥類が、中国科学院昆明動物研究所の専門家による鑑定の結果、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されているアカハジロであることが判明した。同種が騰衝市で確認されたのは今回が初めて。アカハジロは中国の国家1級保護動物に指定されており、主に水流が緩やかで水生植物が豊富な湖や池、沼地に生息する。同保護区ではこれまでにアカハジロの他、国家1級保護動物に指定されているナベコウやビルマカラヤマドリなど、55種類の鳥類が確認されている。(騰衝=新華社配信/畢争)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)自然保護区で絶滅危惧種のアカハジロを確認雲南省

    14日、雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で撮影されたアカハジロ。中国雲南省騰衝市の北海湿地省級自然保護区で野鳥観察愛好家が14日撮影した鳥類が、中国科学院昆明動物研究所の専門家による鑑定の結果、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されているアカハジロであることが判明した。同種が騰衝市で確認されたのは今回が初めて。アカハジロは中国の国家1級保護動物に指定されており、主に水流が緩やかで水生植物が豊富な湖や池、沼地に生息する。同保護区ではこれまでにアカハジロの他、国家1級保護動物に指定されているナベコウやビルマカラヤマドリなど、55種類の鳥類が確認されている。(騰衝=新華社配信/朱武完)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (6)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(下)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (3)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (4)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (2)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (5)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で、ゴールデンターキンの赤ちゃん(左)の毛繕いをする母親。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (1)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (7)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(中央)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.60
    2021年02月17日
    「新華社」丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(記者/崔力) =配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月17日
    (8)丑年の新年にゴールデンターキンの赤ちゃん誕生浙江省杭州市

    15日、杭州野生動物世界で誕生したゴールデンターキンの赤ちゃん(右)。中国浙江省杭州市にあるサファリパーク「杭州野生動物世界」で15日、ゴールデンターキンの赤ちゃんが誕生した。ゴールデンターキンはウシ科ターキン属の動物で、中国の国家1級保護動物に指定されており、ジャイアントパンダやキンシコウ、トキとともに中国の「四大動物国宝」と呼ばれている。今回誕生した赤ちゃんは、同パークが繁殖に成功した4頭目のゴールデンターキンとなる。赤ちゃんは全身の毛が暗褐色で、額には小さな白い斑点がある。体毛の色は成長につれて、徐々に黄金色に変わるという。(杭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    食事中

    ロンドンの動物園にいる雄のスマトラトラ。閉園が続く園内でリラックスできているかな。(ロイター=共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.76
    2021年02月16日
    「新華社」野生動物と共存、警官がバーラルの群れを見守る新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県イェティムブラク(依呑布拉克)鎮にある派出所の警察官が16日、管轄エリアで国家2級保護動物のバーラルの群れを発見した。バーラルが線路に近づいて列車の運行に支障を来さないよう、警官は群れを安全なところまで追い払った。同鎮は平均標高3千メートル超、新疆ロプノール(羅布泊)野生ラクダ国家級自然保護区とアルチン(阿爾金)山国家級自然保護区が交わる場所にあり、多くの野生動物が生息する楽園となっているが、国家重点鉄道建設プロジェクトの格庫鉄道(青海省ゴルムド市-新疆コルラ市)が必ず通過する場所でもある。(記者/阿曼)=配信日:2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    (5)双子のユキヒョウ姉妹すくすく青海省西寧市

    14日、大きくあくびする姉の「水墨」(下)。中国国内で唯一現存する人工繁殖による双子のユキヒョウ姉妹「水墨(シュイモー)」と「油画(ヨウホア)」が誕生したのは2019年5月27日。2頭は青海省の西寧野生動物園で飼育員の世話の下、すくすくと成長している。(西寧=新華社記者/陳傑)= 配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月15日
    (2)双子のユキヒョウ姉妹すくすく青海省西寧市

    14日、窓から外を見る姉の「水墨」。中国国内で唯一現存する人工繁殖による双子のユキヒョウ姉妹「水墨(シュイモー)」と「油画(ヨウホア)」が誕生したのは2019年5月27日。2頭は青海省の西寧野生動物園で飼育員の世話の下、すくすくと成長している。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.81
    2021年02月15日
    「新華社」春節休暇中に野生のパンダとばったり四川省雅安市

    中国四川省雅安市石綿県栗子坪郷拖烏山回廊区間の国道108号線で旧暦の1月2日に当たる13日、春節(旧正月)休暇中に親戚や友人を訪ねていた村民が1頭の野生のジャイアントパンダを発見した。偶然にも、昨年の旧暦1月12日(2020年2月5日)にも、野生のパンダが同市宝興県の民家に姿を現していた。同省宝興県林業局野生動物保護科の鄭従軍(てい・じゅうぐん)科長によると、春節前後には山が大雪に覆われることが多く、パンダの餌となる竹にも氷が張ることから、採食に困った野生パンダが食べ物を求めて山を下り活動している可能性が高い。(記者/張超群) =配信日: 2021(平成33)年02月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...