KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
9,134
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
9,134
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年06月16日
    リナ・カーン氏 米、FTC委員長に規制派

    米上院商業科学運輸委員会で証言するリナ・カーン氏=4月21日、ワシントン(ロイター=共同)

    商品コード: 2021061600041

  • 2021年06月14日
    (1)雲南省、北上するゾウの群れを生息地に誘導へ

    13日、雲南省玉渓市易門県十街郷で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省は今後、北上を続けている野生のアジアゾウの群れに対し、降雨や気温低下など有利な条件を生かしながら、科学的知見に基づき適量の餌を与え、徐々に元の生息地に戻るよう誘導する。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061403814

  • 2021年06月14日
    (2)雲南省、北上するゾウの群れを生息地に誘導へ

    13日、雲南省玉渓市易門県十街郷で確認されたゾウの群れ。(小型無人機から)中国雲南省は今後、北上を続けている野生のアジアゾウの群れに対し、降雨や気温低下など有利な条件を生かしながら、科学的知見に基づき適量の餌を与え、徐々に元の生息地に戻るよう誘導する。安全警備活動を担当する省対策本部が明らかにした。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061403818

  • 2021年06月07日
    恐竜時代の琥珀から4匹のエビを発見中国と海外の共同研究

    琥珀に閉じこめられていたエビの生態想像図。(資料写真)中国とカナダ、米国の科学者がこのほど、9900万年前の琥珀(こはく)に閉じこめられた4匹のエビを発見し、研究成果が5日、国際学術誌「科学通報(ChieneseScienceBulletin)」に掲載された。琥珀はミャンマー北部カチン州のフーガン渓谷で採取され、現在は雲南省昆明市の博物館に保管されている。長さは約13センチで、内部には4匹のエビが閉じこめられていた。エビの形態は同一で、研究者は十脚目根鰓亜目に分類した。(昆明=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904986

  • 2021年06月07日
    (1)恐竜時代の琥珀から4匹のエビを発見中国と海外の共同研究

    最新のイメージング技術で生成した琥珀の立体画像。(資料写真)中国とカナダ、米国の科学者がこのほど、9900万年前の琥珀(こはく)に閉じこめられた4匹のエビを発見し、研究成果が5日、国際学術誌「科学通報(ChieneseScienceBulletin)」に掲載された。琥珀はミャンマー北部カチン州のフーガン渓谷で採取され、現在は雲南省昆明市の博物館に保管されている。長さは約13センチで、内部には4匹のエビが閉じこめられていた。エビの形態は同一で、研究者は十脚目根鰓亜目に分類した。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060708363

  • 2021年06月07日
    (3)恐竜時代の琥珀から4匹のエビを発見中国と海外の共同研究

    最新のイメージング技術で生成した琥珀の画像。(資料写真)中国とカナダ、米国の科学者がこのほど、9900万年前の琥珀(こはく)に閉じこめられた4匹のエビを発見し、研究成果が5日、国際学術誌「科学通報(ChieneseScienceBulletin)」に掲載された。琥珀はミャンマー北部カチン州のフーガン渓谷で採取され、現在は雲南省昆明市の博物館に保管されている。長さは約13センチで、内部には4匹のエビが閉じこめられていた。エビの形態は同一で、研究者は十脚目根鰓亜目に分類した。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060708354

  • 2021年05月31日
    (7)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    26日、中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の7号祭祀坑で、象牙についた泥などを落とす考古学者。三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109689

  • 2021年05月31日
    (5)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    26日、中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の7号祭祀坑で、象牙についた泥などを落とす考古学者。三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109691

  • 2021年05月31日
    (4)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の4号祭祀坑で、象牙についた泥などを落とす考古学者。(5月14日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053111188

  • 2021年05月31日
    (10)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の3号祭祀坑で、象牙についた泥などを落とす考古学者。(5月12日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053111194

  • 2021年05月31日
    (1)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の3号祭祀坑で、ビニールに包まれた象牙を運ぶ考古学者。(5月12日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053111191

  • 2021年05月31日
    (14)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の3号祭祀坑で、象牙についた泥などを落とす考古学者。(5月12日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053111213

  • 2021年05月31日
    (2)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の4号祭祀坑で、象牙を取り出す考古学者。(4月15日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109714

  • 2021年05月31日
    (6)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の4号祭祀坑で、象牙についた泥などを落とす考古学者。(5月12日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109719

  • 2021年05月31日
    (8)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の4号祭祀坑で、象牙を取り出す考古学者。(4月15日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109675

  • 2021年05月31日
    (19)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    24日、中国四川省広漢市にある三星堆博物館に展示されている象牙。三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109932

  • 2021年05月31日
    (18)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    27日、中国四川省成都市の成都金沙遺址博物館に展示されている象牙。三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053109934

  • 2021年05月31日
    (13)三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の4号祭祀坑で、象牙についた泥などを落とす考古学者。(5月12日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053111214

  • 2021年05月29日
    李克強氏、中国両院院士大会・中国科学技術協会全国代表大会で重要演説

    中国科学院第20回院士(アカデミー会員)大会・中国工程院第15回院士大会と中国科学技術協会第10回全国代表大会第2回全体会議が28日午後、北京の人民大会堂で開かれ、李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理が重要演説を行った。(北京=新華社記者/李響)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908206

  • 2021年05月28日
    (2)習近平氏、中国両院院士大会・中国科学技術協会全国代表大会で重要演説

    28日、中国両院院士大会・中国科学技術協会全国代表大会に出席した習近平、李克強(り・こくきょう)、栗戦書(りつ・せんしょ)、汪洋(おう・よう)、王滬寧(おう・こねい)、趙楽際(ちょう・らくさい)、韓正(かん・せい)各氏ら。中国科学院第20回院士(アカデミー会員)大会・中国工程院第15回院士大会と中国科学技術協会第10回全国代表大会が28日、北京の人民大会堂で開幕した。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052901145

  • 2021年05月28日
    (1)習近平氏、中国両院院士大会・中国科学技術協会全国代表大会で重要演説

    28日、中国両院院士大会・中国科学技術協会全国代表大会に出席した習近平氏。中国科学院第20回院士(アカデミー会員)大会・中国工程院第15回院士大会と中国科学技術協会第10回全国代表大会が28日、北京の人民大会堂で開幕した。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/鞠鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052901172

  • 2021年05月28日
    (3)習近平氏、中国両院院士大会・中国科学技術協会全国代表大会で重要演説

    28日、中国両院院士大会・中国科学技術協会全国代表大会に出席した習近平氏。中国科学院第20回院士(アカデミー会員)大会・中国工程院第15回院士大会と中国科学技術協会第10回全国代表大会が28日、北京の人民大会堂で開幕した。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席が出席し、重要演説を行った。(北京=新華社記者/李響)= 配信日: 2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052901166

  • 2021年05月24日
    (1)「中国・ベラルーシ青年科学技術イノベーション大会」、ミンスクで開催

    20日、開幕式であいさつする中国の謝小用(しゃ・しょうよう)駐ベラルーシ大使。ベラルーシの首都ミンスクで20日、「第2回中国・ベラルーシ青年科学技術イノベーション大会」が開幕し、両国の大学の学生と若手研究者が、オンラインとオフラインを組み合わせた形式で参加した。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052500026

  • 2021年05月24日
    (2)「中国・ベラルーシ青年科学技術イノベーション大会」、ミンスクで開催

    20日、開幕式で歌声を披露する民族衣装姿の出演者。ベラルーシの首都ミンスクで20日、「第2回中国・ベラルーシ青年科学技術イノベーション大会」が開幕し、両国の大学の学生と若手研究者が、オンラインとオフラインを組み合わせた形式で参加した。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052500025

  • 2021年05月20日
    (2)夜の博物館を探検上海自然博物館

    18日、ハクチョウをテーマとしたイベントに参加する子どもたち。イベントはバレエの演出が取り入れられている。「国際博物館の日」の18日、中国上海市にある上海自然博物館で、同博物館の2021年ナイトシリーズイベント「好奇心と標本の出合い」が開幕し、市民らがさまざまな形式を通して科学普及活動に参加した。同博物館は今後3カ月間にわたり、公益イベント「博物館の不思議な夜」を3回開催し、より多くの人に自然や科学技術と触れ合う機会を提供するという。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052012872

  • 2021年05月18日
    (1)「生物の宝庫」竜泉市で調査を実施浙江省

    11日、発見した小さなヘビを観察する南京環境科学研究所の研究員。中国浙江省南西部の山間地帯に位置する竜泉市は、生態環境が良好なことから、華東地域における生物多様性の宝庫として知られている。生態環境部南京環境科学研究所は現在、生物種の電子標本リストと基本データベース構築を目指し、専門家による竜泉市内の生物多様性の調査を続けている。(麗水=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051806740

  • 2021年05月18日
    (6)「生物の宝庫」竜泉市で調査を実施浙江省

    11日、哺乳類の調査のため川を渡る南京環境科学研究所の雍凡(よう・はん)研究員(右端)。中国浙江省南西部の山間地帯に位置する竜泉市は、生態環境が良好なことから、華東地域における生物多様性の宝庫として知られている。生態環境部南京環境科学研究所は現在、生物種の電子標本リストと基本データベース構築を目指し、専門家による竜泉市内の生物多様性の調査を続けている。(麗水=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051806823

  • 2021年05月18日
    (2)「生物の宝庫」竜泉市で調査を実施浙江省

    11日、電子標本を作るためコブラを撮影する南京環境科学研究所の職員。中国浙江省南西部の山間地帯に位置する竜泉市は、生態環境が良好なことから、華東地域における生物多様性の宝庫として知られている。生態環境部南京環境科学研究所は現在、生物種の電子標本リストと基本データベース構築を目指し、専門家による竜泉市内の生物多様性の調査を続けている。(麗水=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051806821

  • 2021年05月18日
    (8)「生物の宝庫」竜泉市で調査を実施浙江省

    11日、赤外線カメラで撮影された写真を確認する南京環境科学研究所の雍凡(よう・はん)研究員(左)と助手として調査に参加した劉煜坤(りゅう・いくこん)氏。中国浙江省南西部の山間地帯に位置する竜泉市は、生態環境が良好なことから、華東地域における生物多様性の宝庫として知られている。生態環境部南京環境科学研究所は現在、生物種の電子標本リストと基本データベース構築を目指し、専門家による竜泉市内の生物多様性の調査を続けている。(麗水=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051806793

  • 2021年05月18日
    (9)「生物の宝庫」竜泉市で調査を実施浙江省

    12日、鳥類の調査をする南京環境科学研究所の崔鵬(さい・ほう)研究員(右)と鳥類学者の程国竜(てい・こくりゅう)氏。中国浙江省南西部の山間地帯に位置する竜泉市は、生態環境が良好なことから、華東地域における生物多様性の宝庫として知られている。生態環境部南京環境科学研究所は現在、生物種の電子標本リストと基本データベース構築を目指し、専門家による竜泉市内の生物多様性の調査を続けている。(麗水=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051806826

  • 2021年05月18日
    夜の博物館を探検上海自然博物館

    18日、鳥類展示エリアで解説員から鳥類の特徴や習性について説明を聞く来場者。「国際博物館の日」の18日、中国上海市にある上海自然博物館で、同博物館の2021年ナイトシリーズイベント「好奇心と標本の出合い」が開幕し、市民らがさまざまな形式を通して科学普及活動に参加した。同博物館は今後3カ月間にわたり、公益イベント「博物館の不思議な夜」を3回開催し、より多くの人に自然や科学技術と触れ合う機会を提供するという。(上海=新華社記者/方喆)=2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052115804

  • 2021年05月16日
    (9)コレクション3千万余点を所蔵ウィーン自然史博物館を訪ねて

    12日、ウィーン自然史博物館で、展示品を見つめる観光客。オーストリアの首都ウィーンにある博物館はこのほど、同国の新型コロナウイルス感染症に関する規制措置がさらに緩和されたことを受け、一般公開を再開した。ウィーン自然史博物館は世界的に有名な博物館の一つで、生物学、地球科学、人類学、考古学などの分野におよぶコレクション3千万点余りを収蔵している。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903483

  • 2021年05月16日
    (1)コレクション3千万余点を所蔵ウィーン自然史博物館を訪ねて

    12日、ウィーン自然史博物館を見学する観光客。オーストリアの首都ウィーンにある博物館はこのほど、同国の新型コロナウイルス感染症に関する規制措置がさらに緩和されたことを受け、一般公開を再開した。ウィーン自然史博物館は世界的に有名な博物館の一つで、生物学、地球科学、人類学、考古学などの分野におよぶコレクション3千万点余りを収蔵している。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903479

  • 2021年05月16日
    (8)コレクション3千万余点を所蔵ウィーン自然史博物館を訪ねて

    12日、ウィーン自然史博物館を見学する観光客。オーストリアの首都ウィーンにある博物館はこのほど、同国の新型コロナウイルス感染症に関する規制措置がさらに緩和されたことを受け、一般公開を再開した。ウィーン自然史博物館は世界的に有名な博物館の一つで、生物学、地球科学、人類学、考古学などの分野におよぶコレクション3千万点余りを収蔵している。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903480

  • 2021年05月16日
    (4)コレクション3千万余点を所蔵ウィーン自然史博物館を訪ねて

    12日、ウィーン自然史博物館を見学する観光客。オーストリアの首都ウィーンにある博物館はこのほど、同国の新型コロナウイルス感染症に関する規制措置がさらに緩和されたことを受け、一般公開を再開した。ウィーン自然史博物館は世界的に有名な博物館の一つで、生物学、地球科学、人類学、考古学などの分野におよぶコレクション3千万点余りを収蔵している。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903476

  • 2021年05月16日
    (3)コレクション3千万余点を所蔵ウィーン自然史博物館を訪ねて

    12日、ウィーン自然史博物館の外観。オーストリアの首都ウィーンにある博物館はこのほど、同国の新型コロナウイルス感染症に関する規制措置がさらに緩和されたことを受け、一般公開を再開した。ウィーン自然史博物館は世界的に有名な博物館の一つで、生物学、地球科学、人類学、考古学などの分野におよぶコレクション3千万点余りを収蔵している。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903478

  • 2021年05月16日
    (6)コレクション3千万余点を所蔵ウィーン自然史博物館を訪ねて

    12日、ウィーン自然史博物館で、展示品を見つめる観光客。オーストリアの首都ウィーンにある博物館はこのほど、同国の新型コロナウイルス感染症に関する規制措置がさらに緩和されたことを受け、一般公開を再開した。ウィーン自然史博物館は世界的に有名な博物館の一つで、生物学、地球科学、人類学、考古学などの分野におよぶコレクション3千万点余りを収蔵している。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903481

  • 2021年05月16日
    (2)コレクション3千万余点を所蔵ウィーン自然史博物館を訪ねて

    12日、ウィーン自然史博物館を見学する観光客。オーストリアの首都ウィーンにある博物館はこのほど、同国の新型コロナウイルス感染症に関する規制措置がさらに緩和されたことを受け、一般公開を再開した。ウィーン自然史博物館は世界的に有名な博物館の一つで、生物学、地球科学、人類学、考古学などの分野におよぶコレクション3千万点余りを収蔵している。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903477

  • 2021年05月16日
    (7)コレクション3千万余点を所蔵ウィーン自然史博物館を訪ねて

    12日、ウィーン自然史博物館の館内の様子。オーストリアの首都ウィーンにある博物館はこのほど、同国の新型コロナウイルス感染症に関する規制措置がさらに緩和されたことを受け、一般公開を再開した。ウィーン自然史博物館は世界的に有名な博物館の一つで、生物学、地球科学、人類学、考古学などの分野におよぶコレクション3千万点余りを収蔵している。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903482

  • 2021年05月13日
    新実験棟の外観 広大原医研に新実験棟

    広島市の広島大霞キャンパスにできた原爆放射線医科学研究所の新実験棟=13日午後

    商品コード: 2021051312774

  • 2021年05月12日
    三星堆遺跡の「祭祀坑」から出土した象牙の謎に迫る

    中国四川省広漢市にある三星堆遺跡の3号祭祀坑で、象牙についた泥などを落とす考古学者。(5月12日撮影)三星堆遺跡や金沙遺跡のような古蜀文明の大規模遺跡では、象牙は非常に重要な遺物とされ、三星堆ではこれまでに約200本の象牙が、金沙では100本以上の象牙が見つかっている。しかし、現在の成都平原には象は生息していない。これほど大量の、はるか昔の象牙は、はたして時世の激変や気候変動によって残された本土のものなのか、それとも他国との貿易によって輸入されたものなのか。中国科学技術大学の専門家と四川省文物考古研究院は、微量元素や同位元素のトレースなどの技術を駆使して、この疑問の答えを探っている。(成都=新華社記者/王曦)=2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060107578

  • 2021年04月30日
    (4)中国の科学者、雲南省景東県で地衣類の新種を発見

    雲南省普洱市景東イ族自治県の哀牢山地区に生育する「磺盤ヨコワサルオガセ」。(3月31日撮影)中国の科学者はこのほど、雲南省普洱(ふじ)市景東イ族自治県で採集したヨコワサルオガセの一種の標本について、3年以上の研究の結果、地衣類の新種「磺盤(こうばん)ヨコワサルオガセ」と特定し、研究成果を国際学術誌に発表した。(景東=新華社配信/何有剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021043004327

  • 2021年04月30日
    (1)中国の科学者、雲南省景東県で地衣類の新種を発見

    雲南省普洱市景東イ族自治県の哀牢山地区に生育する「磺盤ヨコワサルオガセ」。(3月31日撮影)中国の科学者はこのほど、雲南省普洱(ふじ)市景東イ族自治県で採集したヨコワサルオガセの一種の標本について、3年以上の研究の結果、地衣類の新種「磺盤(こうばん)ヨコワサルオガセ」と特定し、研究成果を国際学術誌に発表した。(景東=新華社配信/何有剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021043004255

  • 2021年04月30日
    (2)中国の科学者、雲南省景東県で地衣類の新種を発見

    雲南省普洱市景東イ族自治県の哀牢山地区に生育する「磺盤ヨコワサルオガセ」。(3月31日撮影)中国の科学者はこのほど、雲南省普洱(ふじ)市景東イ族自治県で採集したヨコワサルオガセの一種の標本について、3年以上の研究の結果、地衣類の新種「磺盤(こうばん)ヨコワサルオガセ」と特定し、研究成果を国際学術誌に発表した。(景東=新華社配信/何有剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021043004326

  • 2021年04月21日
    リナ・カーン氏 米、FTC委員長に規制派

    キーワード:米上院商業科学運輸委員会、証言、リナ・カーン氏=2021(令和3)年4月21日、米ワシントン(ロイター=共同)

    商品コード: 2021061601853

  • 2021年04月20日
    佐藤学東京大名誉教授 科学が政治の召し使いに

    日本学術会議の任命拒否問題で、記者会見する佐藤学東京大名誉教授(右端)ら=20日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021042014700

  • 2021年04月20日
    (7)習近平氏、清華大学を視察

    19日、清華大学本館2階ホールで自主革新能力の増強、世界的主要科学センター・優れた革新の舞台構築の推進、人文社会学科の教育研究レベルの向上などの状況について説明を受ける習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、間もなく創立110周年を迎える清華大学を視察した。(北京=新華社記者/黄敬文)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009625

  • 2021年04月20日
    (8)習近平氏、清華大学を視察

    19日、清華大学本館2階ホールで自主革新能力の増強、世界的主要科学センター・優れた革新の舞台構築の推進、人文社会学科の教育研究レベルの向上などの状況について説明を聴取する習近平氏。習近平(しゅう・きんぺい)中国共産党中央委員会総書記・国家主席・中央軍事委員会主席は19日、間もなく創立110周年を迎える清華大学を視察した。(北京=新華社記者/黄敬文)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042009626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (2)中国の研究チーム、ペルム紀末大量絶滅に新仮説

    ペルム紀末に絶滅した古代サンゴの化石。(資料写真)約2億5千万年前に起きた史上最大の生物大量絶滅では、海洋生物の9割以上と陸上生物の7割以上が死滅した。原因については、シベリアの巨大火山活動を上げる説が有力視されているが、中国科学技術大学の沈延安(しん・えんあん)教授の研究チームはこのほど、火山から噴出した「ニッケルのもや」が大量絶滅の元凶である可能性を発見した。(合肥=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041308669

  • 2021年04月07日
    (1)中国の古生物学者、1億2500万年前の単子葉植物化石を発見

    寧城中華草の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、同研究所が主導する科学研究チームが内モンゴル自治区赤峰市寧城県で、これまで発見された中では世界最古の単子葉植物の化石を発見したと公表した。1億2500万年前のもので「寧城中華草(Sinoherbaningchengensis)」と命名された。植物進化の研究の重要な根拠になるという。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040800428

  • 2021年04月07日
    (2)中国の古生物学者、1億2500万年前の単子葉植物化石を発見

    寧城中華草の想像図。中国科学院南京地質古生物研究所は6日、同研究所が主導する科学研究チームが内モンゴル自治区赤峰市寧城県で、これまで発見された中では世界最古の単子葉植物の化石を発見したと公表した。1億2500万年前のもので「寧城中華草(Sinoherbaningchengensis)」と命名された。植物進化の研究の重要な根拠になるという。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040800427

  • 2021年04月02日
    室蘭市青少年科学館

    北海道室蘭市青少年科学館は2021年3月をもって閉館した=2021(令和3)年4月2日、北海道室蘭市、クレジット:北海道ファンマガジン/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041410308

  • 2021年04月01日
    (1)2千年以上前の「圧力鍋」満城漢墓の熊足銅鼎

    満城漢墓出土の熊足銅鼎。(資料写真)中国河北省保定市満城区の陵山にある満城漢墓は、前漢の中山靖王劉勝(りゅう・しょう)と妻の竇綰(とう・わん)の墓で「天下一の崖墓(がいぼ)」と呼ばれる。発掘が行われたのは1968年で、20世紀の中国考古学重要発見の一つとされる。河北博物院社会教育部の李雅雯(り・がぶん)氏によると、同墓から大量に出土した鼎(かなえ)、釜、鑊(かく、鍋)などの煮炊器や壺、杯、罍(らい、壺の一種)などの酒器は、造形が美しいだけでなく精巧に作られており、設計も科学的だという。中でも「熊足銅鼎(ゆうそくどうてい)」は「古代の圧力鍋」と呼ばれている。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040108440

  • 2021年04月01日
    (2)2千年以上前の「圧力鍋」満城漢墓の熊足銅鼎

    熊足銅鼎の足の部分。(資料写真)中国河北省保定市満城区の陵山にある満城漢墓は、前漢の中山靖王劉勝(りゅう・しょう)と妻の竇綰(とう・わん)の墓で「天下一の崖墓(がいぼ)」と呼ばれる。発掘が行われたのは1968年で、20世紀の中国考古学重要発見の一つとされる。河北博物院社会教育部の李雅雯(り・がぶん)氏によると、同墓から大量に出土した鼎(かなえ)、釜、鑊(かく、鍋)などの煮炊器や壺、杯、罍(らい、壺の一種)などの酒器は、造形が美しいだけでなく精巧に作られており、設計も科学的だという。中でも「熊足銅鼎(ゆうそくどうてい)」は「古代の圧力鍋」と呼ばれている。(保定=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040108439

  • 2021年03月31日
    中国の科学者、雲南省景東県で地衣類の新種を発見

    雲南省普洱市景東イ族自治県の哀牢山地区に生育する「磺盤ヨコワサルオガセ」。(3月31日撮影)中国の科学者はこのほど、雲南省普洱(ふじ)市景東イ族自治県で採集したヨコワサルオガセの一種の標本について、3年以上の研究の結果、地衣類の新種「磺盤(こうばん)ヨコワサルオガセ」と特定し、研究成果を国際学術誌に発表した。(景東=新華社配信/何有剛)=2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051212034

  • 2021年03月28日
    (2)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された菱マンガン鉱(Rhodochrosite)。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800519

  • 2021年03月28日
    (1)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された霊璧石「鎖雲」。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800517

  • 2021年03月28日
    (7)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」で、展示品を見つめる子ども。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800537

  • 2021年03月28日
    (3)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された自然金。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800518

  • 2021年03月28日
    (9)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示されたロシア産の鉄隕石。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800538

  • 2021年03月28日
    (8)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された方解石。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800536

  • 2021年03月28日
    (11)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示されたアンモナイトの化石。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800539

  • 2021年03月28日
    (14)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された琥珀。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800540

  • 2021年03月28日
    (13)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された琥珀。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800542

  • 2021年03月28日
    (15)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」で、展示品を見つめる来場者。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800546

  • 2021年03月28日
    (16)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」で、展示物に触れる子ども。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800545

  • 2021年03月28日
    (5)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された天然のナノカーボン。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800525

  • 2021年03月28日
    (4)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された緑松石(トルコ石)。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800526

  • 2021年03月28日
    (12)貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」で、展示品を見つめる来場者。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032800541

  • 2021年03月26日
    25日、軍需工業部、国防科学研究部門の幹部と共に新型戦術誘導弾の試射を指導する李炳哲朝鮮労働党書記=右から3人目

    25日、軍需工業部、国防科学研究部門の幹部と共に新型戦術誘導弾の試射を指導する李炳哲朝鮮労働党書記=右から3人目(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032612482

  • 2021年03月26日
    貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示された菊花石。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)=配信日:2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032912701

  • 2021年03月26日
    25日、国防科学院が行った新型戦術誘導弾の試射

    25日、国防科学院が行った新型戦術誘導弾の試射(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032612476

  • 2021年03月26日
    貴重な琥珀・隕石が登場「上海鉱物化石展」開幕

    26日、「第22回上海鉱物化石展」に展示されたアラゴナイト。中国上海市閔行区の商業センター「阿拉城」で26日、「第22回上海鉱物化石展」が開幕し、鉱石、宝石、隕石、琥珀など様々な展示品が公開された。29日まで、4日間にわたって開催される。会期中には科学普及フォーラムや専門家による講演会なども開催される。(上海=新華社記者/張建松)=配信日:2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032912680

  • 2021年03月26日
    25日、国防科学院が行った新型戦術誘導弾の試射

    25日、国防科学院が行った新型戦術誘導弾の試射(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032612473

  • 2021年03月22日
    (3)山西省で出土の周代銅壺の液体、果実酒と判明

    北白鵝墓地から出土した方形銅壺と中に入っていた液体。分析の結果、果実酒の化学成分が検出された。(資料写真)中国山西省考古研究院と中国科学院大学(北京市)は、同省北白鵝(ほくはくが)墓地(周代の高級貴族の墓群)で出土した銅壺に入っていた液体と土に対しこのほど実施した科学分析で、果実酒の成分が検出されたと明らかにした。研究者は、先秦時代の果実酒の研究の空白を埋める発見だと話している。北白鵝墓地は、山西省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。2020年4月から12月にかけて山西省考古研究院が運城市、垣曲県の文化財部門と合同で発掘調査を実施。墓9基を発掘し、各種遺物500点余りが出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300126

  • 2021年03月22日
    (1)山西省で出土の周代銅壺の液体、果実酒と判明

    北白鵝墓地で出土した液体の入った銅壺。分析の結果、果実酒の化学成分が検出された。(資料写真)中国山西省考古研究院と中国科学院大学(北京市)は、同省北白鵝(ほくはくが)墓地(周代の高級貴族の墓群)で出土した銅壺に入っていた液体と土に対しこのほど実施した科学分析で、果実酒の成分が検出されたと明らかにした。研究者は、先秦時代の果実酒の研究の空白を埋める発見だと話している。北白鵝墓地は、山西省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。2020年4月から12月にかけて山西省考古研究院が運城市、垣曲県の文化財部門と合同で発掘調査を実施。墓9基を発掘し、各種遺物500点余りが出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300264

  • 2021年03月22日
    (7)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、清・道光年間編纂(へんさん)の「黄檗山寺志」巻5にある報恩塔に関する記載。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032202958

  • 2021年03月22日
    (8)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で発見した報恩塔の前で記念撮影する調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032202959

  • 2021年03月22日
    (2)山西省で出土の周代銅壺の液体、果実酒と判明

    北白鵝墓地から出土した円形銅壺と中に入っていた液体。これらの液体はまだ分析されていない。(資料写真)中国山西省考古研究院と中国科学院大学(北京市)は、同省北白鵝(ほくはくが)墓地(周代の高級貴族の墓群)で出土した銅壺に入っていた液体と土に対しこのほど実施した科学分析で、果実酒の成分が検出されたと明らかにした。研究者は、先秦時代の果実酒の研究の空白を埋める発見だと話している。北白鵝墓地は、山西省運城市垣曲県英言鎮白鵝村の東にある。2020年4月から12月にかけて山西省考古研究院が運城市、垣曲県の文化財部門と合同で発掘調査を実施。墓9基を発掘し、各種遺物500点余りが出土した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032300188

  • 2021年03月22日
    (3)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、隠元が建立した報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201659

  • 2021年03月22日
    (1)中国の科学者、約1億年前の昆虫の新種を発見

    「大角カメムシ」が閉じ込められていた琥珀の全体写真。(資料写真)中国北京市の石探記博物館で20日、約1億年前の昆虫を閉じ込めた琥珀(こはく)が公開された。これまで発見された中で触角が全体に占める割合が最も大きい昆虫であり、科学者により「大角カメムシ」と名付けられた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032206247

  • 2021年03月22日
    (2)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、発見した報恩塔に供物を供える調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201649

  • 2021年03月22日
    (5)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201657

  • 2021年03月22日
    (4)黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で、発見した報恩塔を供養する調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)= 配信日: 2021(令和3)年3月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032201665

  • 2021年03月20日
    (4)独特な地質景観「石林谷」を訪ねて四川省中江県

    16日、石林谷の一角。中国四川省徳陽市中江県集鳳鎮にある地質景観「石林谷」では現在、道路や景観ベルトなどのインフラ整備が進んでいる。第1期工事は今年5月1日までに完成する予定で、レジャー観光と野外探検、科学普及教育を一体化した景勝地、石林谷が一般公開される。石林谷がある獅子河谷の両岸は、約2キロにわたって石林が延々と続いている。ここの岩石は第四紀氷河に残されたジュラ紀の砂岩で、長年にわたって水流による侵食・洗掘を受け、幅の狭い峡谷が自然形成された。(中江=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003054

  • 2021年03月20日
    (5)独特な地質景観「石林谷」を訪ねて四川省中江県

    16日、石林谷の一角。中国四川省徳陽市中江県集鳳鎮にある地質景観「石林谷」では現在、道路や景観ベルトなどのインフラ整備が進んでいる。第1期工事は今年5月1日までに完成する予定で、レジャー観光と野外探検、科学普及教育を一体化した景勝地、石林谷が一般公開される。石林谷がある獅子河谷の両岸は、約2キロにわたって石林が延々と続いている。ここの岩石は第四紀氷河に残されたジュラ紀の砂岩で、長年にわたって水流による侵食・洗掘を受け、幅の狭い峡谷が自然形成された。(中江=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003051

  • 2021年03月20日
    (6)独特な地質景観「石林谷」を訪ねて四川省中江県

    16日、石林谷の一角。中国四川省徳陽市中江県集鳳鎮にある地質景観「石林谷」では現在、道路や景観ベルトなどのインフラ整備が進んでいる。第1期工事は今年5月1日までに完成する予定で、レジャー観光と野外探検、科学普及教育を一体化した景勝地、石林谷が一般公開される。石林谷がある獅子河谷の両岸は、約2キロにわたって石林が延々と続いている。ここの岩石は第四紀氷河に残されたジュラ紀の砂岩で、長年にわたって水流による侵食・洗掘を受け、幅の狭い峡谷が自然形成された。(中江=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003055

  • 2021年03月20日
    (2)独特な地質景観「石林谷」を訪ねて四川省中江県

    16日、石林谷でシルト(沈泥)を除去する作業員。中国四川省徳陽市中江県集鳳鎮にある地質景観「石林谷」では現在、道路や景観ベルトなどのインフラ整備が進んでいる。第1期工事は今年5月1日までに完成する予定で、レジャー観光と野外探検、科学普及教育を一体化した景勝地、石林谷が一般公開される。石林谷がある獅子河谷の両岸は、約2キロにわたって石林が延々と続いている。ここの岩石は第四紀氷河に残されたジュラ紀の砂岩で、長年にわたって水流による侵食・洗掘を受け、幅の狭い峡谷が自然形成された。(中江=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003049

  • 2021年03月20日
    (1)独特な地質景観「石林谷」を訪ねて四川省中江県

    16日、石林谷でシルト(沈泥)を除去する作業員。中国四川省徳陽市中江県集鳳鎮にある地質景観「石林谷」では現在、道路や景観ベルトなどのインフラ整備が進んでいる。第1期工事は今年5月1日までに完成する予定で、レジャー観光と野外探検、科学普及教育を一体化した景勝地、石林谷が一般公開される。石林谷がある獅子河谷の両岸は、約2キロにわたって石林が延々と続いている。ここの岩石は第四紀氷河に残されたジュラ紀の砂岩で、長年にわたって水流による侵食・洗掘を受け、幅の狭い峡谷が自然形成された。(中江=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003048

  • 2021年03月20日
    (3)独特な地質景観「石林谷」を訪ねて四川省中江県

    16日、石林谷の一角。中国四川省徳陽市中江県集鳳鎮にある地質景観「石林谷」では現在、道路や景観ベルトなどのインフラ整備が進んでいる。第1期工事は今年5月1日までに完成する予定で、レジャー観光と野外探検、科学普及教育を一体化した景勝地、石林谷が一般公開される。石林谷がある獅子河谷の両岸は、約2キロにわたって石林が延々と続いている。ここの岩石は第四紀氷河に残されたジュラ紀の砂岩で、長年にわたって水流による侵食・洗掘を受け、幅の狭い峡谷が自然形成された。(中江=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003050

  • 2021年03月16日
    職員にプルトニウムが付着

    「核物質管理センター」六ケ所保障措置分析所(青森・六ケ所村)

    商品コード: 2021031611617

  • 2021年03月16日
    職員にプルトニウムが付着

    「核物質管理センター」六ケ所保障措置分析所(青森・六ケ所村)

    商品コード: 2021031611612

  • 2021年03月16日
    (2)中国などの科学者、3億年前の木の化石を発見

    「烏海擬歯葉」の想像図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は15日、中国や英国、米国などの古生物学者がこのほど、内モンゴル自治区で3億年前の古代の木「烏海擬歯葉(Paratingiawuhaia)」を発見したことを明らかにした。この木は松ぼっくりのような果穂と杉の葉に似た形の葉を持ち、石炭を形成する主要植物の一つでもある。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609949

  • 2021年03月16日
    (4)中国などの科学者、3億年前の木の化石を発見

    「烏海擬歯葉」の化石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は15日、中国や英国、米国などの古生物学者がこのほど、内モンゴル自治区で3億年前の古代の木「烏海擬歯葉(Paratingiawuhaia)」を発見したことを明らかにした。この木は松ぼっくりのような果穂と杉の葉に似た形の葉を持ち、石炭を形成する主要植物の一つでもある。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031610756

  • 2021年03月16日
    黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、福建省福清市漁渓鎮の熨斗山で報恩塔を発見した調査団。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)=配信日:2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032506913

  • 2021年03月16日
    黄檗文化の重要遺跡「報恩塔」を発見福建省福清市

    16日、隠元が建立した報恩塔。中国福建省福清市の黄檗(おうばく)文化促進会、一拂書院、福山寺住持の賢済法師らからなる調査団はこのほど、同市漁渓鎮熨斗山で、明代末期に日本に渡った高僧・隠元禅師が建立した報恩塔を発見した。現存する重要な黄檗文化遺跡がまた一つ増えた。塔は仏座山の山頂にあり、石碑には左から右に「崇禎辛巳年季夏庚申日造、皇明報恩塔、臨済正伝三十二世隆琦仝衆立(臨済正伝32世隆琦は隠元のこと。仝衆立は「衆と共に立てる」の意)」と刻まれていた。調査に参加した福清市博物館の毛胤雲(もう・いんうん)館長は碑文について、崇禎辛巳年季夏庚申日は明の崇禎14(1641)年6月で、隠元は当時、福清黄檗山万福禅寺の住持だったと説明した。1654年に日本へ渡った隠元は、仏教の教義だけでなく、当時の中国の先進文化や科学技術を伝えた。これらは後世の日本の学術界で「黄檗文化」と総称され、江戸時代の経済・社会の発展に重要な影響を与えた。(福清=新華社配信/鄭松波)=配信日:2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032506920

  • 2021年03月16日
    (7)独特な地質景観「石林谷」を訪ねて 四川省中江県

    16日、石林谷の一角。中国四川省徳陽市中江県集鳳鎮にある地質景観「石林谷」では現在、道路や景観ベルトなどのインフラ整備が進んでいる。第1期工事は今年5月1日までに完成する予定で、レジャー観光と野外探検、科学普及教育を一体化した景勝地、石林谷が一般公開される。石林谷がある獅子河谷の両岸は、約2キロにわたって石林が延々と続いている。ここの岩石は第四紀氷河に残されたジュラ紀の砂岩で、長年にわたって水流による侵食・洗掘を受け、幅の狭い峡谷が自然形成された。(中江=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032003056

  • 2021年03月16日
    (2)中ロの女性代表、オンライン交流会で友情深める

    15日、交流会で発言する中国の地方劇「黄梅戯(こうばいぎ)」俳優の韓再芬(かん・さいふん)さん。中国とロシアの女性による交流会が15日、オンラインで開かれた。各界を代表する女性20人余りが、経済発展や貧困削減、科学、文化交流などについて経験を分かち合った。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031610817

  • 2021年03月16日
    (3)中国などの科学者、3億年前の木の化石を発見

    「烏海擬歯葉」の化石が見つかった場所。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は15日、中国や英国、米国などの古生物学者がこのほど、内モンゴル自治区で3億年前の古代の木「烏海擬歯葉(Paratingiawuhaia)」を発見したことを明らかにした。この木は松ぼっくりのような果穂と杉の葉に似た形の葉を持ち、石炭を形成する主要植物の一つでもある。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609541

  • 2021年03月16日
    (1)中国などの科学者、3億年前の木の化石を発見

    内モンゴル自治区の烏達炭田の場所に、3億年前にあった湿地林の想像図。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は15日、中国や英国、米国などの古生物学者がこのほど、内モンゴル自治区で3億年前の古代の木「烏海擬歯葉(Paratingiawuhaia)」を発見したことを明らかにした。この木は松ぼっくりのような果穂と杉の葉に似た形の葉を持ち、石炭を形成する主要植物の一つでもある。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031609620

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...