KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景メイン
  • テーマメイン
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 高層ビル
  • 世界遺産
  • ライトアップ

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
152,914
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
152,914
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Indonesia: Residents of Rusunawa must prokes Covid-19

    June 21, 2021, Madiun, East Java, Indonesia: It looks like a simple rented flat-floor building (Rusunawa) in Madiun City. In the condition that the State of Indonesia is currently experiencing a Covid-19 pandemic, the manager of the rental house will continue to apply the Covid-19 health protocol (Prokes) discipline. Everyone or close relatives who want to visit, must obey the Covid-19 Prokes. In fact, every guest is not allowed to enter the house to meet each tenant‘s family (Credit Image: © Ajun Ally/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Ajun Ally/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062201124

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月21日
    Indonesia: Residents of Rusunawa must prokes Covid-19

    June 21, 2021, Madiun, East Java, Indonesia: It looks like a simple rented flat-floor building (Rusunawa) in Madiun City. In the condition that the State of Indonesia is currently experiencing a Covid-19 pandemic, the manager of the rental house will continue to apply the Covid-19 health protocol (Prokes) discipline. Everyone or close relatives who want to visit, must obey the Covid-19 Prokes. In fact, every guest is not allowed to enter the house to meet each tenant‘s family (Credit Image: © Ajun Ally/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Ajun Ally/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062201086

  • 2021年06月21日
    New cruise terminal

    21 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Wismar: A new terminal building for passengers and crew members of cruise ships is handed over in the port on the Baltic Sea. The completion of the building is also the conclusion of extensive modernisation measures at the cruise berth. on 23.06.2021, the first ship of this year is expected in the Hanseatic city with the call of the cruise ship “Hanseatic Inspiration“. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062112075

  • 2021年06月21日
    Amri investigation committee - handover of the final report

    21 June 2021, Berlin: Wolfgang Schäuble (CDU), president of the Bundestag, receives the final report of the 1st Investigation Committee on the terrorist attack at Breitscheidplatz in Berlin, December 19, 2016, from the chairman of the Investigation Committee ijm the Reichstag building. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062113406

  • 2021年06月21日
    New cruise terminal

    21 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Wismar: A new terminal building for passengers and crew members of cruise ships is handed over in the port on the Baltic Sea. The completion of the building is also the conclusion of extensive modernisation measures at the cruise berth. on 23.06.2021, the first ship of this year is expected in the Hanseatic city with the call of the cruise ship “Hanseatic Inspiration“. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062112084

  • 2021年06月21日
    Trial against nurse begins

    21 June 2021, North Rhine-Westphalia, Wermelskirchen: A sign with the logo of “Krankenhaus Wermelskirchen GmbH“ stands in front of the building. On 22.06. the trial of a 47-year-old nurse begins, who is accused of killing a patient with severe dementia while on night duty at the hospital. Photo: Roberto Pfeil/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062201053

  • 2021年06月21日
    Trial against nurse begins

    21 June 2021, North Rhine-Westphalia, Wermelskirchen: A sign with the logo of “Krankenhaus Wermelskirchen GmbH“ stands in front of the building. On 22.06. the trial of a 47-year-old nurse begins, who is accused of killing a patient with severe dementia while on night duty at the hospital. Photo: Roberto Pfeil/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062201344

  • 2021年06月21日
    Trial against nurse begins

    21 June 2021, North Rhine-Westphalia, Wermelskirchen: A sign with the logo of “Krankenhaus Wermelskirchen GmbH“ stands in front of the building. On 22.06. the trial of a 47-year-old nurse begins, who is accused of killing a patient with severe dementia while on night duty at the hospital. Photo: Roberto Pfeil/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062201352

  • 2021年06月21日
    New cruise terminal

    21 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Wismar: A new terminal building for passengers and crew members of cruise ships is handed over in the port on the Baltic Sea. The completion of the building is also the conclusion of extensive modernisation measures at the cruise berth. on 23.06.2021, the first ship of this year is expected in the Hanseatic city with the call of the cruise ship “Hanseatic Inspiration“. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062112073

  • 2021年06月21日
    New cruise terminal

    21 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Wismar: A new terminal building for passengers and crew members of cruise ships is handed over in the port on the Baltic Sea. The completion of the building is also the conclusion of extensive modernisation measures at the cruise berth. on 23.06.2021, the first ship of this year is expected in the Hanseatic city with the call of the cruise ship “Hanseatic Inspiration“. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062112076

  • 2021年06月21日
    New cruise terminal

    21 June 2021, Mecklenburg-Western Pomerania, Wismar: A new terminal building for passengers and crew members of cruise ships is handed over in the port on the Baltic Sea. The completion of the building is also the conclusion of extensive modernisation measures at the cruise berth. on 23.06.2021, the first ship of this year is expected in the Hanseatic city with the call of the cruise ship “Hanseatic Inspiration“. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062112077

  • 2021年06月21日
    Amri investigation committee - handover of the final report

    21 June 2021, Berlin: The final report of the 1st Committee of Inquiry into the terrorist attack on Breitscheidplatz in Berlin, December 19, 2016, is presented to the President of the Bundestag at the Reichstag building. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062113395

  • 2021年06月21日
    Trial against nurse begins

    21 June 2021, North Rhine-Westphalia, Wermelskirchen: A sign with the logo of “Krankenhaus Wermelskirchen GmbH“ stands in front of the building. On 22.06. the trial of a 47-year-old nurse begins, who is accused of killing a patient with severe dementia while on night duty at the hospital. Photo: Roberto Pfeil/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062201350

  • 2021年06月21日
    Amri investigation committee - handover of the final report

    21 June 2021, Berlin: The final report of the 1st Committee of Inquiry into the terrorist attack on Breitscheidplatz in Berlin, December 19, 2016, is presented to the President of the Bundestag at the Reichstag building. Photo: Wolfgang Kumm/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062113402

  • 2021年06月20日
    Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Village Press Tour in Chuo, Japan - 20 Jun 2021

    June 20, 2021, Chuo, Tokyo, Japan: A colorful space where the athletes can take photos with Japanese unique icons such as a traditional public bath and train car is installed in a building of Olympic and Paralympic Village. (Credit Image: © Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062108822

  • 2021年06月20日
    Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Village Press Tour in Chuo, Japan - 20 Jun 2021

    June 20, 2021, Chuo, Tokyo, Japan: A sign of COVID-19 countermeasures is displayed on a wall in a building of Olympic and Paralympic Village (Credit Image: © Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062108432

  • 2021年06月20日
    Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Village Press Tour in Chuo, Japan - 20 Jun 2021

    June 20, 2021, Chuo, Tokyo, Japan: A sign of COVID-19 countermeasures is displayed on a wall by a sink in a dinning hall of Olympic and Paralympic Village. (Credit Image: © Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062200749

  • 2021年06月20日
    Tripitaka Koreana open to public for first time Tripitaka Koreana open to public for first time

    Tripitaka Koreana open to public for first timeA visitor looks inside Beopbojeon, one of the four buildings that store the Tripitaka Koreana, in Haein Temple in Hapcheon, South Gyeongsang Province, on June 20, 2021. The temple began allowing the public access to the collection of Buddhist wooden printing blocks every Saturday and Sunday on June 19. Considered the most comprehensive set of Buddhist scriptures found to date, the Tripitaka Koreana, or “Palmandaejanggyeong“ in Korean, comprises 13th-century Buddhist scriptures carved on more than 80,000 wooden printing blocks. (Yonhap)/2021-06-20 14:32:12/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109349

  • 2021年06月20日
    Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Village Press Tour in Chuo, Japan - 20 Jun 2021

    June 20, 2021, Chuo, Tokyo, Japan: A view of the residential buildings of the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Village. (Credit Image: © Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062108425

  • 2021年06月20日
    Tripitaka Koreana open to public for first time Tripitaka Koreana open to public for first time

    Tripitaka Koreana open to public for first timeVisitors look inside Beopbojeon, one of the four buildings that store the Tripitaka Koreana, in Haein Temple in Hapcheon, South Gyeongsang Province, on June 20, 2021. The temple began allowing the public access to the collection of Buddhist wooden printing blocks every Saturday and Sunday on June 19. Considered the most comprehensive set of Buddhist scriptures found to date, the Tripitaka Koreana, or “Palmandaejanggyeong“ in Korean, comprises 13th-century Buddhist scriptures carved on more than 80,000 wooden printing blocks. (Yonhap)/2021-06-20 14:31:02/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109334

  • 2021年06月20日
    Tripitaka Koreana open to public for first time Tripitaka Koreana open to public for first time

    Tripitaka Koreana open to public for first timeVisitors look inside Beopbojeon, one of the four buildings that store the Tripitaka Koreana, in Haein Temple in Hapcheon, South Gyeongsang Province, on June 20, 2021. The temple began allowing the public access to the collection of Buddhist wooden printing blocks every Saturday and Sunday on June 19. Considered the most comprehensive set of Buddhist scriptures found to date, the Tripitaka Koreana, or “Palmandaejanggyeong“ in Korean, comprises 13th-century Buddhist scriptures carved on more than 80,000 wooden printing blocks. (Yonhap)/2021-06-20 14:30:51/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109333

  • 2021年06月20日
    Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Village Press Tour in Chuo, Japan - 20 Jun 2021

    June 20, 2021, Chuo, Tokyo, Japan: Signs indicating the location of the residential centre, business centre and meeting rooms are displayed on a glass wall of a building inside Olympic and Paralympic Village. (Credit Image: © Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Jinhee Lee/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062108387

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008366

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008463

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008279

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008251

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110189

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110100

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008343

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109761

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008317

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008257

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109645

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008269

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110108

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008403

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008369

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008276

  • 2021年06月20日
    Migrant Workers During Monsoon

    June 20, 2021, Dhaka, Dhaka, Bangladesh: There are no safety measures provided for employees, laborers working in a construction building wearing polythene to shelter themselves from the rain because they have no rain protector in Dhaka, Bnagladesh. (Credit Image: © Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire)、クレジット:©Fatima-Tuj Johora/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008493

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110130

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109907

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109862

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110021

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110282

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062201727

  • 2021年06月20日
    Demonstration To Defend Primary Care And Public Health

    Protesters from the Marea Blanca organization demonstrate in the center of Madrid to defend primary care and public health in Madrid, Spain, on June 20, 2021 (Photo by Oscar Gonzalez/NurPhoto)=クレジット:Oscar Gonzalez/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110107

  • 2021年06月20日
    Malaysia Mobile Vaccination

    A man walks to waiting area before receive a dose of the Covid-19 vaccine during Mobile vaccination programme in Kuala Lumpur on June 20, 2021 (Photo by Mohd Firdaus/NurPhoto)=クレジット:Mohd Firdaus/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109960

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062103711

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102565

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102388

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102366

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102421

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102551

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102709

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102439

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062104392

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102345

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102416

  • 2021年06月20日
    Palestinian farmers harvest watermelons in Jenin, West Bank

    June 20, 2021: Jenin, West Bank, Palestine. 20 June 2021. Palestinian farmers pick watermelons in the Marj Bin Amer valley in Jenin, in the northern West Bank, at the beginning of the watermelon harvest season. Agriculture has always been an important source of livelihood in the Jenin area, yet like the rest of the Palestinian territories Jenin has been badly affected by the Israeli occupation. Palestinian farmers have often lost land or access to it due to the continuous building and expansion of Israeli settlements and by-pass roads, military zones, the separation wall, and by other actions by Jewish Israeli settlers and the Israeli army. The use of water resources available to Palestinians has also been constantly reduced while restrictions to their mobility, including to markets, have kept increasing (Credit Image: © Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire)、クレジット:©Mohammed Turabi/IMAGESLIVE via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062102404

  • 2021年06月20日
    Chemical disposal in Essen

    20 June 2021, North Rhine-Westphalia, Essen: The old TÜV Nord building. Mercury oxyanide was found there in a forgotten container. This highly explosive and toxic chemical is neutralized today and then disposed of. For safety reasons, 200 meters around the discovery site is evacuated. Photo: Caroline Seidel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062007856

  • 2021年06月20日
    (23)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭の石碑と題額。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008201

  • 2021年06月20日
    (20)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ董其昌(とう・きしょう、明代の文人)筆の「魚楽国」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008193

  • 2021年06月20日
    (16)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺大雄宝殿の後方から望む隋塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008181

  • 2021年06月20日
    (21)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ日蓮宗知恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008197

  • 2021年06月20日
    (2)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の雨花殿。天台宗の開祖、智顗(ちぎ)がかつてこの場所で「妙法蓮華経」を講義した際、天が真心に感動し、法雨(ほうう)や天花(てんげ)を降らせたことにちなむ。内部には四大天王像が安置されている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008062

  • 2021年06月20日
    (3)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ王羲之(おう・ぎし)筆の「鵝」石碑。発見時は文字が半分しか残っていなかったとされる。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008074

  • 2021年06月20日
    (9)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の外の碑廊に立つ「天台宗永永流伝」石碑。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008145

  • 2021年06月20日
    (6)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺三賢殿の壁に埋め込まれた寒山の詩句を刻んだ石碑。三賢殿は三賢堂とも呼ばれ、豊干、拾得、寒山の三賢人を祭っている。仏教では彼らを「三大士」と呼び、それぞれ阿弥陀仏、文殊菩薩、普賢菩薩の化身としている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008157

  • 2021年06月20日
    (7)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の妙法堂。2階は蔵経閣。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008155

  • 2021年06月20日
    (10)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の境内に咲く梅とロウバイ。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008164

  • 2021年06月20日
    (12)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔(手前)と唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008167

  • 2021年06月20日
    (11)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ七仏塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008165

  • 2021年06月20日
    Budapest in the evening

    20 June 2021, Hungary, Budapest: The moon shines in the evening over the illuminated city on the Danube with the parliament building (l). Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062103962

  • 2021年06月20日
    (13)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ石碑。裏に「日本天台宗総本山比叡山延暦寺第253世天台宗座主恵諦敬白」と長文が刻まれている。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008172

  • 2021年06月20日
    (14)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺妙法堂の内部。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008177

  • 2021年06月20日
    Chemical disposal in Essen

    20 June 2021, North Rhine-Westphalia, Essen: The old TÜV Nord building. Mercury oxyanide was found there in a forgotten container. This highly explosive and toxic chemical is neutralized today and then disposed of. For safety reasons, 200 meters around the discovery site is evacuated. Photo: Caroline Seidel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062007348

  • 2021年06月20日
    (22)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「法乳千秋」碑亭。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008202

  • 2021年06月20日
    (28)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔遠景。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008212

  • 2021年06月20日
    Budapest in the evening

    dpatop - 20 June 2021, Hungary, Budapest: The moon shines in the evening over the illuminated city on the Danube with the parliament building (l). Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107384

  • 2021年06月20日
    Budapest in the evening

    20 June 2021, Hungary, Budapest: The parliament building on the Danube is illuminated in the evening. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062103963

  • 2021年06月20日
    (4)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の山門。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008072

  • 2021年06月20日
    (26)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008213

  • 2021年06月20日
    (1)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ一行禅師記念碑「一行到此水西流」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008040

  • 2021年06月20日
    (8)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の弥勒殿。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008156

  • 2021年06月20日
    (25)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の「隋代古刹」照壁。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008203

  • 2021年06月20日
    (24)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある豊干、寒山、拾得「三大士」を記念した豊干橋。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008204

  • 2021年06月20日
    (17)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に展示されている中日両国の仏教交流に関する資料。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008179

  • 2021年06月20日
    Chemical disposal in Essen

    20 June 2021, North Rhine-Westphalia, Essen: The old TÜV Nord building. Mercury oxyanide was found there in a forgotten container. This highly explosive and toxic chemical is neutralized today and then disposed of. For safety reasons, 200 meters around the discovery site is evacuated. Photo: Caroline Seidel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062007127

  • 2021年06月20日
    Budapest in the evening

    20 June 2021, Hungary, Budapest: The parliament building on the Danube is illuminated in the evening. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062103960

  • 2021年06月20日
    Budapest in the evening

    20 June 2021, Hungary, Budapest: Evening view of the illuminated city on the Danube with the parliament building (l). Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062103964

  • 2021年06月20日
    Budapest in the evening

    20 June 2021, Hungary, Budapest: An excursion boat sails on the Danube in the evening past the parliament building, which is illuminated at night. Photo: Robert Michael/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062103961

  • 2021年06月20日
    (19)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺にある梅の古木「隋梅」。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008187

  • 2021年06月20日
    (27)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺の隋塔。隋塔は、晋王楊広(よう・こう、後の隋煬帝)が開皇18(598)年、智顗(ちぎ)から受けた菩薩戒に報いるため建立した報恩塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智顗(ちぎ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐代の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、宋代の済公(さいこう)、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも摩崖(まがい)石刻、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008214

  • 2021年06月20日
    (18)中国天台宗の総本山、国清寺を訪ねて浙江省台州市

    国清寺に立つ唐一行禅師塔。(2019年1月22日撮影)中国浙江省台州市天台県城関鎮にある国清寺は、隋の開皇18(598)年に建立された。当初は「天台寺」と呼ばれていたが、後に「寺若成、国即清(寺成れば、国清からん)」にちなんで「国清寺」と改名された。隋代の高僧、智越(ちえつ)が同寺で天台宗を創設したことから、同宗の発祥地とされる。同寺にはかつて、唐の一行(いちぎょう)、寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、済公(さいこう)や、日本の真言宗開祖の空海、天台宗開祖の最澄など有名な高僧が多数滞在した。鑑真(がんじん)も訪日の際に同寺を参詣している。最澄は留学僧として天台山で道邃(どうすい)に教義を学び、帰国後に比叡山で延暦寺を建て、日本の天台宗を創始したが、その後も国清寺を祖庭として敬った。同寺の現存する建物は、清の雍正12(1734)年に勅命により改修されている。敷地面積は7万3千平方メートルで、隋塔(古塔)や豊干(ぶかん)橋、「隋代古刹」照壁、山門、山門弥勒殿、雨花殿(四天王殿)、大雄宝殿、妙法堂(2階は蔵経閣)などが残る。境内には天台宗五祖の手植えとされる梅の古木があり「隋梅」と呼ばれている。寺の周りにも磨崖(まがい)、石碑、書簡、仏像、法器などの貴重な文化財が多数残されており、2006年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(台州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062008180

  • 2021年06月19日
    Protests Against Bolsonaro In Sao Paulo

    Demonstrators gather with signs and flags during a protest against Bolsonaro‘s administration on June 19, 2021 in Sao Paulo, Brazil. Brazilian president Jair Bolsonaro is facing a probe for pandemic mismanagement as the country counts 500,022 deaths of COVID. The controversial decision to host the Copa America 2021 amid the coronavirus crisis is questioned by a large part of the population. (Photo by Cris Faga/NurPhoto)=クレジット:Cris Faga/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110745

  • 2021年06月19日
    Spain v Poland - UEFA Euro 2020: Group E

    Jan Bednarek (POL) Aymeric Laporte (ESP) Wojciech Szczesny (POL) Kamil Glik (POL) Rodri (ESP) Robert Lewandowski (POL) during the UEFA Euro 2020 Championship Group E match between Spain and Poland at Estadio La Cartuja on June 19, 2021 in Seville, Spain. (Photo by Foto Olimpik/NurPhoto)=クレジット:Foto Olimpik/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062109977

  • 2021年06月19日
    Protests Against Bolsonaro In Sao Paulo

    Demonstrators gather with signs and flags during a protest against Bolsonaro‘s administration on June 19, 2021 in Sao Paulo, Brazil. Brazilian president Jair Bolsonaro is facing a probe for pandemic mismanagement as the country counts 500,022 deaths of COVID. The controversial decision to host the Copa America 2021 amid the coronavirus crisis is questioned by a large part of the population. (Photo by Cris Faga/NurPhoto)=クレジット:Cris Faga/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110790

  • 2021年06月19日
    Protests Against Bolsonaro In Sao Paulo

    Demonstrators gather with signs and flags during a protest against Bolsonaro‘s administration on June 19, 2021 in Sao Paulo, Brazil. Brazilian president Jair Bolsonaro is facing a probe for pandemic mismanagement as the country counts 500,022 deaths of COVID. The controversial decision to host the Copa America 2021 amid the coronavirus crisis is questioned by a large part of the population. (Photo by Cris Faga/NurPhoto)=クレジット:Cris Faga/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110788

  • 2021年06月19日
    Spain v Poland - UEFA Euro 2020: Group E

    Robert Lewandowski (POL) Unai Simon (ESP) Marcos Llorente (ESP) during the UEFA Euro 2020 Championship Group E match between Spain and Poland at Estadio La Cartuja on June 19, 2021 in Seville, Spain. (Photo by Foto Olimpik/NurPhoto)=クレジット:Foto Olimpik/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110069

  • 2021年06月19日
    Protests Against Bolsonaro In Sao Paulo

    Demonstrators gather with signs and flags during a protest against Bolsonaro‘s administration on June 19, 2021 in Sao Paulo, Brazil. Brazilian president Jair Bolsonaro is facing a probe for pandemic mismanagement as the country counts 500,022 deaths of COVID. The controversial decision to host the Copa America 2021 amid the coronavirus crisis is questioned by a large part of the population. (Photo by Cris Faga/NurPhoto)=クレジット:Cris Faga/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062110801

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...