KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
18,036
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
18,036
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:22.61
    2021年01月18日
    「新華社」浙江省開化県の住民、国家2級保護動物のスズメフクロウを発見

    中国浙江省衢州(くしゅう)市開化県野生動植物保護協会はこのほど、池淮鎮横竜村の農家で1羽の「かわいい鳥」を発見したとの連絡を受けた。現場で確認したところ、国家2級保護動物のスズメフクロウ属の幼鳥だと分かり、職員が連れて帰って世話をした。その後の観察でフクロウに野生での生存能力があると判断され、翌日、自然に返された。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:20.46
    2021年01月18日
    「新華社」山東省の金鉱事故、生存者との連絡に成功

    中国山東省棲霞市(栖霞市)の山東五彩竜投資笏山金鉱で起きた爆発事故の現場で17日午後2時前、作業員が閉じ込められている坑道に通じる穴が貫通し、生存者との連絡に成功した。坑内から送られたメモによると、地下648メートル地点の「五中段」で11人、地下698メートル地点の「六中段」で1人が閉じ込められているほか、10人が不明という。現場では懸命の救助活動が続けられている。(記者/呉飛座) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.82
    2021年01月18日
    「新華社」山東省の金鉱事故、2本目の救出孔が貫通

    中国山東省棲霞市(栖霞市)の山東五彩竜投資笏山金鉱で起きた爆発事故の現場で18日午前5時8分頃、閉じ込められた作業員のいる坑道へ通じる穴がもう1本貫通した。続いて、救助隊員は救助孔を通して坑内に閉じ込められた作業員と連絡を取るため、掘削機のパイプを何度も叩いたが、午前5時15分ごろまでに坑内からの反応は得られなかった。事故は10日午後2時に発生。作業員22人が地下約600メートルの坑内に閉じ込められている。(記者/呉飛座) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.35
    2021年01月18日
    「新華社」【パンダフル】散歩も運動の一種

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、1頭のパンダがダイエットを始めた。散歩をしながらトレーニングの方法を考えていたら、すっかり疲労困憊。トレーニングは始まる前に終わってしまった。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.64
    2021年01月18日
    「新華社」超高圧送電線の故障修理、送電状態のままで修復完了湖北省

    国の送電大手、国家電網傘下の湖北電力公司検修はこのほど、作業員が甘粛省酒泉市から湖南省韶山市への送電線の巡回点検中に、±800キロボルトの超高圧直流送電線3555号の鉄塔に長さ60センチの欠陥箇所を発見、送電状態のまま作業し、1時間後に修復を終えたと明らかにした。同社の修理担当者は欠陥の発見後、状況を調べた上で、送電状態で修理を行うことを決めた。同担当者は電気を止めずに作業を行うことで、電力需要に影響を与えずに欠陥を除去できると説明、高圧送電線の安全性と安定性を確保していくと述べた。(記者/侯文坤、方亜東) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:41.30
    2021年01月18日
    「新華社」イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.70
    2021年01月17日
    「新華社」雲南省、全16自治州・市の高速道路整備完了

    中国雲南省普洱(ふじ)市墨江ハニ族自治県と臨滄市を結ぶ高速道路が13日、試験的に供用を始めた。着工から完成まで5年余りを費やしたプロジェクトで、今回の供用開始に伴い、省内の8自治州と8地級市全てに高速道路が整備されたことになる。昨年末の時点で、同省の高速道路の総延長は9千キロメートルを超えた。(記者/孫敏、厳勇) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.48
    2021年01月17日
    「新華社」浙江省で上山文化の考古学成果展1万年の稲作の歴史を実証

    中国浙江省博物館の孤山館区精品館で15日、同省で発見された新石器時代文化「上山文化」に関する考古学成果展が開かれた。浙江省文物考古研究所と浙江省博物館、浦江県人民政府、上山文化遺跡連盟が浙江省文物局の指導の下で主催し、上山文化の最新の考古学的成果を2カ月間展示する。同省浦江県にある上山遺跡は2000年に発見され、2005年に上山文化と名付けられた。中国の長江下流と南東部沿海地区で年代の最も古い新石器文化で、その歴史は約1万年前にさかのぼる。浙江省文物考古研究所などの機関はこれまで、省内の銭塘江流域と霊江流域で上山文化に属する遺跡19カ所を発見した。これらの遺跡は、中国さらには東アジア地域で最も規模が大きく、最も分布が集中した初期新石器時代遺跡群を形成している。会場では、大口盆や双耳罐(そうじかん)、土器杯、土器碗、石磨盤、石磨棒など上山文化で1万年前に稲作が行われていたことを示す遺物を見ることができる。中でも「万年米」は1万年前のコメで、上山遺跡から出土した。上山文化の考古学上の最大の貢献は、稲作の起源が中国にあることを実証した点にある。同展では、上山遺跡の他にも義烏市の橋頭遺跡や仙居県の下湯遺跡から出土した器物も展示している。うち橋頭遺跡から出土した彩色土器は9千年の歴史がある。上山文化の稲作と彩色土器については、著名考古学者の厳文明(げん・ぶんめい)北京大学教授もかつて、共に「世界初」の名にふさわしいと評している。(記者/馮源) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:49.67
    2021年01月17日
    年賀はがき当せん番号決定 引き換え7月20日まで

    お年玉付き年賀はがきと切手の抽せん会が17日、東京都千代田区で開かれ、当せん番号が決まった。お笑いコンビ「ぺこぱ」らがゲストとして出席した  <映像内容>東京都内で行われたお年玉付き年賀はがきと切手の抽せん会の様子、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 00:55.76
    2021年01月17日
    「新華社」白いパンダの映像を公開、昨年2月に撮影四川省臥龍

    中国のジャイアントパンダ国家公園管理局は15日、四川省臥竜に設置された赤外線カメラが昨年2月に撮影した世界で唯一の白いジャイアントパンダの映像を公開した。白い野生のパンダの姿が公開されるのは2019年5月以来となる。臥竜で白いパンダの保護研究プロジェクトを進める譚迎春(たん・げいしゅん)氏によると、今回撮影された映像から、白いパンダは19年当時と比べ、体がかなり大きくなっていることが分かる。体毛も当時は全身白色だったが、四肢に淡い金色が目立つようになった。年齢は推定3歳前後。昨年2月に2度撮影に成功しているが、いずれも単独で行動しており、母親から離れて「自立」した個体と考えられる。国際自然保護連合(IUCN)のクマ類専門家チームのメンバーで、北京大学生命科学学院研究員の李晟(り・せい)氏によると、遺伝子変異によって白化したとみられる。アルビノ(白色個体)は体内で色素の合成ができず外見上は白や金白色、薄い金色になるが、動物個体の生存に影響があるとは限らないという。(記者/余里、楊進) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.30
    2021年01月17日
    「新華社」中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。「H9」モデルは2020年下半期の発売で、中国での販売価格は30万9800元~53万9800元(1元=約16円)。韓国では自動車型式認証の取得手続き完了後、正式に市場に参入する。紅旗ブランドは1958年の創設で、紅旗セダンが中国国内の重要式典で観閲用の車両として使われるなど、中国独自の高級自動車ブランドの代表格として知られる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどにも販売網を広げている。2020年、紅旗ブランド全体の年間生産・販売台数はいずれも20万台を超え、前年の2倍に上った。販売台数は18年に3万台、19年には10万台を超えるペースで増えている。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.94
    2021年01月17日
    「新華社」河北省の病院、1日半で濃厚接触者用に病棟を改修

    中国河北省石家荘市の河北医科大学第二医院は、新型コロナウイルス感染症高リスク地域の濃厚接触者を受け入れるため、1日半足らずで病院東エリアの病棟改修を終えた。(記者/范世輝) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.00
    2021年01月17日
    「新華社」山東省の金鉱事故、救援用の穴が貫通生存者の叩打音確認

    中国山東省煙台市が管轄する栖霞市で建設中の山東五彩竜投資笏山金鉱で10日に起きた爆発事故は、17日午後2時前に閉じ込められた作業員のいる坑道へ通じる穴が貫通した。坑内からは掘削機のパイプを叩く音が聞こえたという。今後はこの穴を通じて生存者と連絡を取り、食料や水などを供給する。事故は10日午後2時に発生。作業員22人が地下約600メートルの坑内に閉じ込められた。(記者/呉飛座) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.30
    2021年01月17日
    空撮 夕方の神戸・公園「東遊園地」 阪神大震災26年

    1995年の阪神大震災は17日、発生から26年となった。犠牲者は6434人。 神戸市中央区の公園「東遊園地」では夜明け前から「1・17のつどい」が開かれ、灯籠を並べて形作った「がんばろう」の文字が浮かび上がった。<映像内容>神戸市中央区の公園「東遊園地」の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:神戸市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 00:41.47
    2021年01月17日
    北朝鮮で最高人民会議か 平壌市内雑観

    北朝鮮は17日、国会に当たる最高人民会議の招集日を迎えた。首都平壌(ピョンヤン)で5~12日に開かれた朝鮮労働党大会の決定を踏まえ、国家機関の組織改編や人事、予算を決める。5年ぶりの党大会で総書記に就任した金正恩(キムジョンウン)氏が「国家の代表」である国務委員長職に代わる新たなポストに就く可能性もある。  <映像内容>北朝鮮・平壌の市内雑観、5~12日に第8回朝鮮労働党大会が開催された「4・25文化会館」など、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:23.58
    2021年01月17日
    阪神大震災26年 コロナ緊急事態下の追悼

    6434人が犠牲となった1995年の阪神大震災は17日、発生から26年となった。新型コロナウイルスの感染が収まらず、兵庫県に緊急事態宣言が再発令された異例の状況。感染対策を重ねて開催にこぎ着けた追悼行事では、午前5時46分、集まった人々が黙とうした。  神戸市中央区の公園「東遊園地」では恒例の「1・17のつどい」が開かれ、今年は「がんばろう」の文字の形に灯籠が並べられた。来場者の分散を目的に、一部の灯籠は16日からともされた。<映像内容> 分灯、竹灯籠への点灯、発生時刻に合わせ黙とうする参加者、「がんばろう 1・17」の文字の俯瞰、雑観、撮影日:2021(令和3)年1月17日、撮影場所:兵庫県

    撮影: 2021(令和3)年1月17日

  • 00:52.35
    2021年01月16日
    「新華社」美しく舞うオグロヅル、越冬で飛来貴州省畢節市

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧(いねい)イ族回族ミャオ族自治県にある草海国家級自然保護区ではこのところ、渡り鳥の飛来がピークを迎えている。国家1級保護鳥類のオグロヅルは朝日を浴びながら羽を優雅に羽ばたかせ、冬の景色に活気を添えている。同保護区は中国のオグロヅルの重要な越冬・生息地の一つとなっている。オグロヅルは、毎年11月から翌年の4月頃まで同保護区にとどまり冬を越す。(記者/呉斯洋、楊文斌) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.39
    2021年01月16日
    「新華社」野生のプシバルスキーガゼルとアジアノロバ、中蒙国境を移動

    国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗にあるガンツモッド(甘其毛都)出入境検査ステーションの警察官はここ数日、パトロール中に野生のプシバルスキーガゼル数百頭とアジアノロバ数頭が中国とモンゴル国境のガンツモッド口岸(通関地)で餌を求めて移動する姿を発見している。同ステーションの警察官はプシバルスキーガゼルの群れが密集している地域のパトロールを強化、野生動物をけがや違法な狩猟から守っている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.51
    2021年01月16日
    「新華社」厳寒の線路守る「鉄道ドクター」黒竜江省漠河市

    中国最北端に位置する黒竜江省漠河市は「神州の北極」と呼ばれている。この地の冬は長く厳しく、年間積雪日数は210日以上になるため、作業現場の気温が氷点下40度を下回ることも多い。中国鉄道ハルビン局集団加格達奇(ジャグダチ)工務部の楊玉海(よう・ぎょくかい)さんは、作業員と共に嫩林線と古洛線の一部駅・線路のポイント保守作業を担当している。鉄道関連の仕事に30年間携わっている楊さんは、その優れた仕事ぶりによって2015年に全国鉄道システム機関車賞を受賞。自らの使命と役割について「列車が安全でスムーズにポイントを通過すること」と述べた。(記者/謝剣飛、馬暁成、王鶴) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.65
    2021年01月16日
    「新華社」極寒の村を守る中国最北端の消防隊員黒竜江省漠河市

    中国黒竜江省漠河(ばくが)市北極鎮の北極村は、真冬の気温が氷点下40度を下回ることも多い。そうした過酷な環境でも消防や救助活動を遂行できるよう、同村消防救助ステーションの消防隊員らは、極寒の中、基礎訓練に励んでいる。同ステーションは2020年1月、中国最北端の消防救助ステーションとして村に設置され、現在、消防士10人が在籍している。(記者/謝剣飛、馬暁成、王鶴) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.32
    2021年01月16日
    「新華社」中国「最東端」の鉄道で安全守る作業員

    王旭東(おう・きょくとう)さん(50)は、中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団のジャムス(佳木斯)保線区で働く作業員で、2011年に開通した「中国最東端の鉄道」前撫鉄道(ジャムス市前進鎮‐撫遠市)の撫遠工区を受け持っている。同地の冬の寒さは非常に厳しいが、同工区の安全を守るため、日々任務に励んでいる。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.52
    2021年01月16日
    空撮 緊急事態宣言発令後の大阪 御堂筋と戎橋

    新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が京都、大阪、兵庫の関西3府県に再発令された。対象外となった滋賀、奈良、和歌山の3県は宣言地域との不要不急の往来自粛を住民に要請している。ただそれぞれ感染者はじわりと増え、通勤・通学圏が府県境を越えていることもあり、急拡大の波が広がるのを強く警戒する。<映像内容>緊急事態宣言の再発令後に週末を迎えた大阪・戎橋と御堂筋の様子の空撮、撮影日:2021(令和3)年1月16日、撮影場所:大阪府大阪市

    撮影: 2021(令和3)年1月16日

  • 00:41.56
    2021年01月16日
    「新華社」【パンダフル】成都の寒さが身に染みる

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、身に染みる寒さの中、なかなか眠りにつけないパンダ。昼寝を中断してむっくりと起きだした。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.45
    2021年01月16日
    「新華社」鄱陽湖が「白鳥の湖」に、コハクチョウ飛来江西省都昌県

    中国江西省九江市都昌県にある鄱陽(はよう)湖の大沔池(だいべんち)水域ではこのところ、コハクチョウが群れを成して戯れる様子が見られ、同湖はまさしく「白鳥の湖」となっている。2012年4月に中国野生動物協会から「中国コハクチョウの郷」との称号を贈られた都昌県は、多年にわたって渡り鳥の保護に力を入れている。渡り鳥の個体群と個体数は増加を続け、現在、同湖で越冬するコハクチョウは1万6千羽余りに上っている。(記者/黄和遜) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.42
    2021年01月16日
    「新華社」タリム油田、20年の原油・ガス生産量は3千万トン超中国3位

    中国石油大手、中国石油天然気(ペトロチャイナ)が保有する新疆ウイグル自治区南部にあるタリム油田の2020年通期の原油・ガス生産量は3080万トン(原油換算)に上った。長慶油田、大慶油田に次ぐ国内第3の規模となる。同社傘下の中国石油塔里木油田が明らかにした。タリム油田では3年近くにわたって大々的な探査・開発が進められ、地下8千メートルの深層で豊富な石油・天然ガス資源が発見されている。埋蔵量10億トン級のボズ(博孜)・大北ガス田と富満油田が稼働し、原油・ガス生産量は542万トンの純増となった。超深層での複雑な探査・開発技術は世界最先端の水準に達している。このほか、300億立方メートルの大型ガスエリアも開発され、天然ガスの年間生産量は全国の6分の1を占める。「克拉2号」や「迪那2号」など18カ所の大中型ガス田で高品質の天然ガスを産出。西部の天然ガスを東部に輸送するプロジェクト「西気東輸」や新疆南部の各地に供給するガスの輸送量は累計3100億立方メートルを超えている。(記者/宿伝義、顧煜、杜剛) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:28.09
    2021年01月16日
    「新華社」氷の中で動けなくなったハクチョウを救助遼寧省

    中国の多くの地域が史上まれに見る寒波に見舞われる中、遼寧省北票市南八家子郷の紅村では、ハクチョウ保護員が巡回し、眠っている間に氷の中で動けなくなったハクチョウを救助している。保護員は自宅から持って来たお湯で氷を溶かすなどして、これまでに4羽を救助したという。毎年オオハクチョウ100羽以上が越冬する同村では、専門の保護員チームのほか、大勢のボランティアも保護活動に参加している。(記者/孫仁斌、朱輝) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.54
    2021年01月16日
    「新華社」中国最北の馬そり隊、極寒の北極村観光で大活躍黒竜江省漠河市

    中国黒竜江省大興安嶺地区にある漠河市の北極村では、多くの観光客が馬そりに乗って、氷雪の風景や雪の彫刻を観賞し、東北地方特有の風情を楽しんでいる。村民52人と馬52頭からなる「最北の馬隊」、北極村馬そり農民専業合作社(協同組合)のメンバーは、ピーク時には1日100往復以上そりを引き、1シーズンで数十万元(1元=約16円)の収入を得ている。(記者/謝剣飛、馬暁成、王鶴) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:35.76
    2021年01月16日
    「新華社」極寒の中で働く道路補修員黒竜江省

    中国黒竜江省牡丹江市の雪郷(双峰林場)道路補修ステーションは、同地とつながるヤブリとハルビンを結ぶ「亜雪道路」といった主要道路の除雪とメンテナンス業務を担当している。冬になると、スムーズな通行を保障するため、職員らが午前2~3時に急勾配や急カーブの道路で作業を行っている。(記者/孫彪、董宝森、王君宝) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.46
    2021年01月16日
    「新華社」【パンダフル】木のてっぺんで熟睡

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、パンダが木のてっぺんにうつぶせになって眠っている。枝の上でもぴくりとも動かない寝姿は、「睡眠スキル」の高さをうかがわせる。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.72
    2021年01月16日
    「新華社」一汽大衆、20年の新車販売・生産台数ともに200万台突破

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団とドイツのフォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)は7日、2020年の中国での新車販売・生産台数がともに200万台を超えたと明らかにした。アウディブランドの輸入車を含めた新車販売台数は、前年比1・5%増の216万1888台だった。生産と物流をデジタル化して、サプライチェーンの最適化や生産効率の向上、生産コストの低減を図るとともに、「アウディe-tron」などの高級新エネルギー車(NEV)を相次いで打ち出し、生産と販売の拡大につなげた。中国国内で年間の新車販売・生産台数がともに200万台の大台を超えたのは、同社のみとなる。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.04
    2021年01月16日
    「新華社」「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(記者/熊琦、季暁荘) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.46
    2021年01月16日
    「新華社」空から見た冬のカナス湖新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区にあるカナス(喀納斯)湖は、アルタイ山脈奥地の高山に位置する湖。「カナス」はモンゴル語で「峡谷の中の湖」を意味する。周囲をうっそうとした原生林に囲まれ、毎年冬になると雪に覆われた緑色のマツと、凍結する前の湖や渓流が趣を引き立て合う。カナス国家級自然保護区は1986年、中国国務院の承認を経て設立された。カナス湖と月亮湾、臥竜湾などの景勝地を中心とした同保護区は、「この世の浄土」「アルタイ山脈の珠玉の観光地」と称えられている。(記者/馬鍇、沙達提、董博婷、朱翃) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.77
    2021年01月16日
    「新華社」冬空を舞うタンチョウ黒竜江省扎竜国家級自然保護区

    中国黒竜江省チチハル市にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区では厳しい寒さの中、タンチョウの舞い飛ぶ姿が多くの観光客を楽しませている。同保護区は国際的な重要性が認められ、中国で初めてラムサール条約に登録された湿地の一つ。これまで、野生のタンチョウやソデグロヅル、ナベヅルなど希少鳥類の保護に積極的に取り組んできた。タンチョウの人工繁殖と野生化訓練の拠点としては国内最大規模で、これまでに350羽が野生復帰したという。人工飼育と半自然状態のタンチョウは計500羽、うち半自然状態のつがいは15組に達している。(記者/唐鉄富) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.35
    2021年01月16日
    「新華社」冬の高品質野菜の生産・出荷を促進湖南省江永県

    中国湖南省永州市江永県ではここ数年、野菜生産の大規模化、標準化の進展と冬の上質な生鮮野菜の開発に力を入れ、高品質な野菜の出荷を推し進めてきた。同県全体で現在、毎日約30トンの野菜が粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)の卸売市場へ出荷されているという。(記者/程済安) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.13
    2021年01月16日
    「新華社」内モンゴル自治区ウラド草原に渡り鳥が飛来

    中国内モンゴル自治区のウラド草原では厳冬期を迎え、サカツラガンやアカツクシガモなど、渡り鳥の大群が越冬のために飛来している。同自治区バヤンノール市ウラド中旗の新忽熱ソムにある査干敖包牧場では連日、サカツラガンの群れが羽を休め、餌を探している。地元の牧畜民によると、2009年にサカツラガン2羽だけだった渡り鳥は年々増え続け、多い時には1万羽以上飛来するようになった。毎年11月ごろにやってきて、翌年4、5月に北へ帰っていく。渡り鳥の個体数増加を受け、同自治区ウラド前旗は、3千ムー(約200ヘクタール)余りの保護区を設立し、ボランティアや企業の支援を得て、餌やりを行っている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:55.77
    2021年01月16日
    「がんばろう」の文字に点灯 阪神大震災から明日26年

    1995年の阪神大震災は17日で発生から26年となる。兵庫県に新型コロナウイルスの緊急事態宣言が再発令された状況で迎える慰霊の日。神戸市中央区の公園「東遊園地」で毎年開催される追悼行事「1・17のつどい」は16日から、並べた灯籠に火をともす作業が開始された。 灯籠に使う竹が例年通り集まらず、今年はA4サイズの紙をラミネート加工して筒状に丸め、瓶詰めのろうそくにかぶせる方法で不足分を代用した。 <映像内容>紙の灯籠を並べる作業の様子、ガス灯「1・17希望の灯り」からの分灯、黙とう、灯籠で形作られた「がんばろう」の文字への点火、点灯された「がんばろう」の文字の俯瞰。震災発生後にラジオで「頑張ろう」と呼びかけ、市民ボランティア団体「がんばろう!!神戸」を結成した俳優の堀内正美(ほりうち・まさみ)氏のインタビュー。この呼びかけなどが「がんばろう神戸」の合言葉の誕生につながった、撮影日:2021(令和3)年1月16日、撮影場所:神戸市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月16日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:07.21
    2021年01月15日
    「新華社」警察官にナンを渡すおじさん、ネットで話題に新疆クチャ市

    国新疆ウイグル自治区のナン職人の男性が勤務中の警察官にナンを渡す動画がこのところ、ネットで話題となっている。投稿から6日後には再生回数が5千万回を突破し、動画投稿アプリ「抖音(ドウイン)」のある公式アカウントがこの動画を拡散すると、22万回の「いいね」を獲得した。動画は道路に設置された監視カメラが撮影したものだった。監視カメラは、同市の勝利路と解放路の交差点付近で警察官3人が交通整理に当たる様子と、三輪バイクに乗っていた男性が突然停車し、バイクの荷台に乗せていた大きなナンを警察官に渡す様子を捉えていた。ナンを渡した男性はその後、自治区級無形文化遺産「クチャ大ナン」の5代目伝承者、熱西提・依米提(レシティ・イミティ)さん(61)と判明。熱西提さんはここ数年、9人の従業員を抱えるナンの店を経営している。熱西提さんは、1年中パトロールに当たる警察官にナンをプレゼントしたことは、自身の内なる敬意を表した行為にすぎないと話している。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.31
    2021年01月15日
    「新華社」山西省晋中市楡次区で無料の全員核酸検査を実施

    中国山西省晋中市では12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認された。これを受け同市は管理制御措置を強化、13日から楡次(ゆじ)区の全住民を対象とした無料の核酸検査を実施している。(記者/韓依格、馬志異) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.94
    2021年01月15日
    「新華社」極寒の地で森林を守る作業員黒竜江省

    中国黒竜江省大興安嶺地区呼中(こちゅう)区では、多くの林業労働者が真冬の寒さの中、営林の現場で持ち場を守り、極寒の山林を回って病気の木や腐った木を取り除いて、若い森林の育成に励んでいる。大興安嶺林業集団呼中林業局大西溝管護区の森林作業員11人は、今月2日から携帯電話の電波が届かない現場に入り、森林の手入れをしている。作業期間中は約20日間、仮設テントで生活する。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.69
    2021年01月15日
    「新華社」トルコ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    トルコのエルドアン大統領は14日夜、同国の首都アンカラで中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。同氏は接種後、ソーシャルメディアを通じて伝えた。エルドアン氏はまた、全国ですでに25万人余りの医療関係者がワクチンを接種しており、接種プロセスはスムーズで効率的、満足のいくものだと述べた。トルコが発注した同社のワクチン第1陣300万回分は昨年12月30日、アンカラに到着。政府の計画によると、第1段階では感染リスクの高い医療関係者などを対象に、900万人に優先的に接種される。(記者/鄭思遠) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.51
    2021年01月15日
    「新華社」モンゴルのプシバルスキーガゼル7頭、餌を求めて中国へ

    国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)市でこのほど、モンゴルに生息する野生のプシバルスキーガゼルが、寒波の影響を受けて群れで鉄道脇のネットを越え、エレンホト駅国際台車交換庫付近に餌を求めてやってきた。モンゴルの野生のプシバルスキーガゼルがエレンホト市を「訪れる」のは、今年に入りすでに2回目だという。エレンホト市公安局森林公安局の警察官、耿暁華(こう・きょうか)氏は「国境付近の草原はここ数年、環境が改善され、エレンホト市の野生動物の個体群は徐々に増加に転じ、プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなど希少な野生動物が、再び人々の前に姿を見せるようになっている」と述べた。すらりとした姿のプシバルスキーガゼルは、国家2級重点保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.32
    2021年01月15日
    「新華社」砂漠公路に現れたキツネ、食物連鎖に一役新疆ウイグル自治区

    果てしない砂漠が広がり「死の海」とも呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠を横断するタリム砂漠公路は、世界初の流動性砂漠を貫く区分道路となっている。このところ、この砂漠公路でキツネを見かけることが多くなっている。タリム砂漠公路は全長522キロで、道路の両側には生態防護林が延び、野生動物に天然の生息地とシェルターを提供している。森林管理員によると、防護林の苗木は乾燥には強いものの、ネズミや野ウサギなどによる食害が脅威となっており、キツネがいることで食物連鎖のバランスが保たれているのだという。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:37.91
    2021年01月15日
    「新華社」中国最北端の大地に描かれた雪原絵巻黒竜江省

    中国最北端の黒竜江省漠河市に位置する九曲十八湾風景区は冬を迎え、一面に銀世界が広がっている。凍結した額木爾河は、白い絹のリボンで描かれた絵のように大地をくねくねと走り、太陽の光を浴びて非常に美しく壮観な風景を生み出している。(記者/謝剣飛、馬暁成、王鶴) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:37.93
    2021年01月15日
    「広島市以外に要請なし」 加藤氏、緊急事態並み対策で

    加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言に準じた対策が必要な地域に関し「現時点で広島市以外の地域から具体的な申し出があるとは承知していない」と述べた。このほか「患者の権利の制限と社会経済全体の利益のバランスに留意して検討する」と表明した。<映像内容>加藤長官の定例会見、撮影日:2021(令和3)年1月15日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2021(令和3)年1月15日

  • 00:42.04
    2021年01月15日
    「新華社」中国最北のガソリンスタンド黒竜江省漠河市

    中国黒竜江省漠河市北極村には、中国最北のガソリンスタンドがある。冬が長く、寒さが厳しい北極村は、積雪期間が毎年210日を超え、最低気温は氷点下40度を下回る。ガソリンスタンドの従業員は24時間体制で勤務し、観光客や村民にサービスを提供している。(記者/王鶴、馬暁成、謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.55
    2021年01月15日
    「新華社」北京市延慶区が銀世界に

    中国北京市延慶区の大荘科郷は14日、雪が降り続き、一面の銀世界となった。山間部では樹氷も現れ、幻想的な光景が広がった。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.95
    2021年01月15日
    「新華社」武漢市のCT搭載車、河北省で新型コロナ対策を支援

    中国河北省の新型コロナウイルス感染症対策を支援するために、湖北省から送られたコンピューター断層撮影装置(CT)搭載車が13日、運用を開始した。この車両は全身のCTスキャンや造影CT検査に対応しており、迅速な胸部CTスクリーニング検査が可能で、1日平均200~300人分の検診・スクリーニングができる。(記者/白明山) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:35.58
    2021年01月15日
    「新華社」2020年カメラが捉えた野生パンダ四川省

    中国ではここ数年、野生のジャイアントパンダが目撃される割合が高まり続けている。おおまかな統計によると、2020年に四川省内で野生のジャイアントパンダが活動する様子を捉えた貴重な映像は30本余り、パンダの活動場所も10カ所以上の自然保護地に及んでいる。新華社は省内各保護区に設置した赤外線カメラや、地元の村民が偶然に携帯で撮影したパンダの動画を、ドキュメンタリー映像にまとめた。(記者/張超群) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.36
    2021年01月15日
    「新華社」最も寒い時期に屋外で「入浴する」魚黒竜江省撫遠市

    中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚市場、東極魚市で10日、業者が開店前に冷凍魚に「ろう塗り」を行った。冷凍魚を取り出しほうきでさっと汚れを落とした後、準備しておいた冷水に浸して洗浄する。この作業は、まるで魚が入浴しているように見える。水産物業者によると、冷水で洗い流すと魚の表面に薄い氷の層ができ、冷凍魚が乾燥で裂けるのを防ぎ、肉質を新鮮に保つことができるのだという。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.68
    2021年01月15日
    「新華社」ハルビン極地館シロイルカが「新居」に到着

    中国黒竜江省のハルビン極地館で暮らすシロイルカの「ミラ」と「ニコラ」がこのほど、新エリアの極地公園内へ引っ越した。2頭は同館を代表するショー「海洋之心(ハート・オブ・オーシャン)」の主役として多くの観客の心をつかんできた。22日からは新たなステージとなる超大型プールで来場者の前に登場する。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.17
    2021年01月15日
    「新華社」95歳の新型コロナ重症患者が退院遼寧省瀋陽市

    中国瀋陽市の第六人民医院で13日午後、95歳の高齢重症患者を含む新型コロナウイルス感染患者5人が退院した。今後は指定病院で14日間の経過観察とリハビリ治療を受けるという。95歳の患者は2020年12月27日に入院。翌日新型コロナの感染が確認された。同医院重症医学科(集中治療科)の呉雲海(ご・うんかい)主任によると、患者は冠動脈疾患や高血圧など多くの基礎疾患があることから、複数の専門家が詳細な医療・看護プランを作成し治療に当たった。(記者/趙泳、羅奇) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.74
    2021年01月15日
    「新華社」秦嶺の赤ちゃんパンダ、名前募集中陝西省西安市

    中国陝西省西安市周至県にある秦嶺ジャイアントパンダ研究センターは12日、昨年誕生したパンダの赤ちゃん4頭の名前の募集を開始した。応募受け付けは31日まで。決まった名前は2月上旬に発表される。(記者/付瑞霞) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.60
    2021年01月15日
    「新華社」活気あふれる大都市、深圳を訪ねて

    中国広東省深圳市が中国初の経済特区に指定されて40年たった。かつての小さな漁村は域内総生産(GDP)が2兆元(1元=約16円)を超える活気あふれる大都市に変身した。 =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.96
    2021年01月15日
    「新華社」郵便・宅配業界の取扱量、今年は1200億件超と予測国家郵政局

    中国国家郵政局はこのほど、2021年に郵便・宅配業の取扱量が前年比12%増の1219億件に達するとの予測を発表した。同期間中の宅配業界の取扱量は955億件、営業収益は9800億元(1元=約16円)に達すると見込まれる。郵便・宅配業界全体の売上高は前年比11%増の1兆2千億元になると予測している。同局によると、2020年の郵便・宅配業界全体の売上高は1兆1千億元だった。 =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.01
    2021年01月15日
    「新華社」長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。遺跡は同研究所が2019年3月から2020年12月にかけ、北京大学考古文博学院と共同で発掘調査を実施。銅鋳造施設のために築かれた人工基礎の上で、銅鋳造に関わる各種遺構を発見した。人工基礎は灄水(長江の支流)の東岸沿いに平行に築かれており、南辺の長さは29・4メートル、東辺は40・8メートル。面積は約1100平方メートルで、独立した工房エリアを構成していた。同研究所の副研究員で、同遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める胡剛(こ・ごう)氏によると、遺構ではこれまでに炉台15基、るつぼ壁の残骸80点余り、土製鋳型120点余り、石製、銅製の工具類105点が出土。2つの境界溝と複数の大型灰坑の中からは大量の日用土器や印文硬質土器、炭化した植物種子、木炭、小動物の骨が見つかった。浮選法で選別した種子の放射性炭素年代測定値を年輪年代法で補正した数値は紀元前1401年~同1226年だった。同研究所の方勤(ほう・きん)所長は、出土した土製鋳型片から推測した器物の口径が25センチだったことから、同遺構では大型器物も鋳造されていたと指摘。銅くずの分析では銅と錫の合金(青銅)を精錬していたことも分かっており、遺構が少なくとも粗銅と合金の精錬、鋳型による鋳造を行う高い技術と生産能力を持っていたと説明した。方氏はまた、遺跡の位置づけについて「湖北省ではここ数年で最も重要な商代の考古学発見の一つといえる。紀元前1226年前後の商王朝による長江流域の統治と支配の実像を再現しており、殷墟文化第一期前後の青銅器鋳造活動の組織形態や原料の輸送ルートなど、青銅器時代の重要な学術的問題にとって大きな価値がある」と述べた。(記者/方亜東、喩珮) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:39.15
    2021年01月15日
    旧優生保護法、3例目違憲 札幌地裁、初の実名原告

    旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたのは憲法違反だとして、札幌市の小島喜久夫さん(79)が国に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(広瀬孝裁判長)は15日、旧法を違憲と判断した。違憲性を認めた判決は仙台地裁、大阪地裁に続き3例目。賠償請求は、手術から提訴までに20年の「除斥期間」が過ぎて権利が消滅したとして棄却した。 全国9地裁・支部で起こされた一連の訴訟で4件目の判決。小島さんは実名を公表した最初の原告だった。 <映像内容>原告・小島喜久夫さんらの入廷行動、判決言い渡し直後の旗出し、判決後の記者会見の様子など、撮影日:2021(令和3)年1月15日、撮影場所:北海道札幌市

    撮影: 2021(令和3)年1月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:23.57
    2021年01月15日
    感染者数「前回と桁違い」 首都圏宣言1週間に小池氏

    東京都の小池百合子知事は15日の定例記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の期間に入って1週間となっても人の流れが減っていない状況に関して「前回の宣言時とは感染者数の桁が違うということを理解してほしい」と述べ、外出自粛の徹底を求めた。<映像内容> 小池都知事の定例会見。冒頭説明と質疑応答。その後開かれた首都圏3知事とのテレビ会議の頭撮り、撮影日:2021(令和3)年1月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月15日

  • 00:53.12
    2021年01月14日
    「新華社」極寒の森林地帯を走る「最も遅い」快速列車黒竜江省

    厳冬期の中国黒竜江省で、K7093列車が夜の森林地帯や雪原を走っている。同省ハルビン市と内モンゴル自治区フルンボイル市ハイラル区を往復するK7093とK7094旅客列車は、1320キロの距離を26時間10分かけて運行し、52の駅に停車する。「K」の字が付く快速列車にもかかわらず、運行時間が長く、平均で約30分おきに停車するほど停車駅が多いことから、森林地帯を走る「最も遅い」快速列車と呼ばれている。30年以上運行している同列車の設備は、1990年代の深緑色をした旧型車両の「緑皮車」から現在の空調付き車両「25G型」まで徐々にグレードアップされ、乗客も車内でより暖かく、快適に過ごせるようになっている。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.35
    2021年01月14日
    「新華社」宮廷風マホガニー家具、匠の技が生み出す美河北省淶水県

    中国北京市に隣接する河北省保定市淶水(らいすい)県は、宮廷風マホガニー家具の生産地として知られている。明・清代の宮廷で用いられた調度品の図録に基づき、こだわりの素材と巧みな職人技で作られた家具は、直線と曲線が引き立て合う優美な造形が風格を醸し出している。県内では現在、420社がクラシック家具の製造を手掛ける。従業員は1万2千人、熟練技術者は千人超に上り、生産額は18億元(1元=約16円)に達している。(記者/白明山) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.04
    2021年01月14日
    「新華社」内モンゴル自治区、今後5年間で森林率を23・5%へ

    中国内モンゴル自治区は、今後5年間で林業生態建設5千万ムー(約333万ヘクタール)と草原生態建設7500万ムー(500万ヘクタール)を完成させる計画を策定した。森林率を23・5%まで引き上げ、中国北部の重要な生態安全障壁をさらに強固にする。同自治区林業・草原局の郝影(かく・えい)局長は、自治区が黄河重点生態区と東北森林帯、北方砂防帯の建設を統一的に推進すると説明。2025年までに森林蓄積量を16億5千万立方メートルとし、草原の植被率を45%で安定させ、湿地保護率を32%以上にするとの考えを示した。内モンゴル自治区は東北、華北、西北にまたがり、北方地域で最も面積が大きく、種類が豊富な生態機能エリアとなっている。国内の生態面で重要な位置付けとなっており、ここ数年、国内の生態建設任務の約9分の1に当たる1千万ムー(約66万7千ヘクタール)以上の林業生態建設を毎年行っており、現時点での森林率は22・1%となっている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.91
    2021年01月14日
    「新華社」トルコ保健相、中国製コロナワクチンを接種

    トルコ保健省のコジャ保健相は13日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチン接種を受け、その様子がテレビで中継された。同国のコロナウイルス対策委員会(科学諮問委員会)のメンバーも同日、中国製ワクチンを接種した。コジャ氏は同日の記者会見で、中国製ワクチンの安全性を強調。14日から全国の医療従事者に対してワクチン接種を開始すると述べた。同省の医薬品・医療機器庁は13日、同国で最初の新型コロナワクチンとして、同社製ワクチンの接種を緊急承認した。コジャ氏によると、これまでに同社製ワクチンを接種した同国実験参加者のデータ分析によると、ワクチンの有効性は91・25%に達しているという。(記者/鄭思遠) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:25.89
    2021年01月14日
    「新華社」独自ECアプリ創設、各地に出荷される貴州省の物産

    中国貴州省では現在、ますます多くの地元の物産が電子商取引(EC)アプリを通じて省外各地に出荷されるようになっており、市場で人気を博している。同省はビッグデータ技術を利用して「一碼貴州」など地方色豊かなECサイトの創設・発展に力を入れ、「クラウド」販売を通じ農業の産業構造の調整を図り、受注生産農業を展開している。「一碼貴州」アプリは生産と販売両サイドから同時に資源を集め、騰訊控股(テンセント)のチャットアプリ「微信(WeChat)」ミニプログラム「微信小程序」コード一つに特色ある商品や各種生活サービスを取りまとめることに成功したという。これにより消費者に農産物や卸売・小売商品、宿泊、飲食、文化、観光など幅広い消費サービスを提供している。(記者/楊焱彬、陳嬙)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.41
    2021年01月14日
    「新華社」風雪と闘い電力供給を確保する「マント除氷隊」貴州省威寧県

    中国貴州省畢節(ひっせつ)市威寧イ族回族ミャオ族自治県の標高2400メートルを超える雪山鎮では、このところ低温が続き、送配電業務を請け負う中国南方電網貴州畢節威寧供電局の雪山エリアの送電線で着氷が確認された。同局雪山供電所の除氷隊隊員は羊毛製のマントをまとい、全力で作業に当たり、住民への電力の安定供給を確保している。作業が行われたエリアは高原綿羊飼育基地に属し、20世紀以降、地元の牧畜民は羊毛でマントを作り防寒に利用している。マントは除氷隊全員に1着ずつ支給され、隊員を作業時の寒さから守っている。(記者/劉勤兵)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.04
    2021年01月14日
    「新華社」鉄道の安定運行を守るため凍結と闘う「特別部隊」内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヤクシ(牙克石)市の博林鉄道は、大興安嶺山脈の森林地帯を貫いて走る地元住民の重要な交通手段。この鉄道に沿って流れる河川は冬になると下流域が凍結し、上流域に位置する線路はあふれた水で浸水のリスクにさらされる。中国鉄路ハルビン局集団のハイラル工務段(保線区)新綽源線路作業場の職員は、24時間態勢で線路を点検、数時間おきに除氷作業を行い、線路の潜在的なリスクを取り除き、極寒の中での安定的な運行を確保している。(記者/王君宝)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:16.36
    2021年01月14日
    「新華社」湖面に青い氷が描き出す不思議な模様新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州テケス県の中心市街地から約48キロ東に位置する恰甫其海は、約58平方キロの水域総面積を持つ。冬になると、凍結した湖面に閉じ込められた青い浮氷が不思議な模様を描き出し、まるで水晶の世界にいるように感じる。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.35
    2021年01月14日
    「新華社」中国主要港のコンテナ取扱量が増加輸出拡大を受け

    中国港湾協会の最新データによると、2020年12月21~31日の八大中枢港湾のコンテナ取扱量は前年同期比4・1%増だった。天津港、寧波舟山港、深圳港では20%を上回った。12月1カ月間では、八大中枢港湾のコンテナ取扱量は前年同月比6・4%増、対外貿易のコンテナ取扱量は7%増だった。対外貿易のコンテナ取扱量急増は、中国の輸出が急速に拡大したことを受けたもの。昨年11月はドルベースで前年同月比21・1%増加し、2018年2月以来の急成長となった。 =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日: 2021

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.89
    2021年01月14日
    「新華社」物流のクローズドループ管理で接触リスクを低減黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市ではこのところ、新型コロナウイルスの新規感染者増を受け、市外からの車両と人に対しクローズドループ管理を実施している。高速道路の黒河料金所ゲートでは、監視員が市内に入る車両と搭乗者を厳しく管理し、警察官が車両・人員の情報を登録した上で紙を貼ってドアを封印。車両が貨物ステーションに到着すると、物資の積み降ろしは専門の作業員が担当し、運転手はその間、車内にとどまることで接触リスクを低減している。作業が終わると、車は来た道をそのまま引き返し、警察官によってドアの封印に破れなどがないことが確認された後、通行を許可される。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.40
    2021年01月14日
    「新華社」コールドチェーンの輸入食品、厳格な取り扱いで安全を確保湖北省武漢市

    武漢万吨・華中コールドチェーン(低温物流)港は中国湖北省最大の冷凍倉庫の一つ。冷凍貨物の1日の取扱量は800トン前後で、うち4分の1を輸入冷凍食品が占める。同冷凍倉庫へ搬入される輸入冷凍食品はロットごとに全て通関書類、検疫証明書、PCR検査陰性報告書、消毒証明書を検査しなければならず、検査後はじめて搬入が認められる。敷地内で車両が冷凍食品を輸送する時には専用レーンを走行し、荷降ろしの際も専用スペースを使用しなければならない。全ての輸入冷凍貨物は入境、入庫、出庫時にそれぞれ1回消毒し、追跡用の「湖北省コールドチェーン」コードを貼付した上で市場に出荷されている。(記者/寥君、饒饒、王斯班、熊琦) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.52
    2021年01月14日
    「新華社」貴州省で降雪、世界遺産「梵浄山」も銀世界

    中国貴州省でこのほど雪が降り、銅仁市にある世界自然遺産、梵浄山(ぼんじょうさん)も雪に覆われ白く染まった。武陵山脈の主峰を成す同山の最高地点は標高2500メートルを超える。ユネスコ「人間と生物圏」計画の生物圏保護地域に登録されており、中国の5A級景勝地に指定される国家級自然保護区でもある。(記者/汪軍、劉勤兵) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.67
    2021年01月14日
    「新華社」黄河壺口瀑布、下流の水位上昇で落差「消失」

    中国山西省と陝西省の境に位置する黄河壺口瀑布ではこのところ、落差がほぼ消失し、通常とは異なる光景が広がっている。下流で川の水が数十キロにわたって凍り、川幅の狭い場所も氷に覆われたことで上流の水位が上昇し、同瀑布に変化をもたらした。黄河は晋陜大峡谷を経て山西省吉県内に入ると、300~400メートルあった川幅が約50メートルに狭まる。瀑布は30メートル余りの高さから大量の水が岩の間に落ち、巨大な壺に水を注いでいるように見えることから、壺口瀑布と呼ばれるようになった。(記者/馬志異)=配信日:2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.04
    2021年01月14日
    「新華社」特別巡回強化し、電力供給の安全を確保新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州クイトゥン市ではこのほど、再度の寒波到来で周辺の山間部の気温が氷点下30度を記録した。送電網の安定的な運用を確保するため、作業員らは極寒の中、管轄区域の主要な送電線や送電線が凍結しやすいエリアに対する特別巡回をいっそう強化し、電力供給設備の安全な運用と人々の生産・生活に欠かせない電力使用を確実に保障している。(記者/張嘯誠) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:09.87
    2021年01月14日
    「新華社」野生のヒョウ一家4匹を捉えた、貴重な映像陝西省

    中国陝西省のジャイアントパンダ国家公園天華山管理処はこのほど、同管理処が設置した赤外線カメラが捉えた、野生のヒョウ一家4匹のビデオを公開した。同ビデオは2019年12月に撮影されたもので、大きな1匹と小さな3匹は映像から家族であると判断された。ヒョウは単独で生活する。オスとメスは発情期にのみ行動を共にし、発情期が終わるとオスはメスのもとを去り、メスだけで子育てをするという。(記者/付瑞霞) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.34
    2021年01月14日
    「新華社」【パンダフル】誰か私を呼んだ?

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、近づいて来たパンダに観光客が声をかけた。パンダは足を止めて何かを探すように辺りを見回した後、自分が呼ばれたのではないと思ったのか、あっという間に立ち去ってしまった。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:43.92
    2021年01月14日
    「新華社」満洲里税関、希少動物オオハナレイヨウの角179本を押収

    中国内モンゴル自治区の満洲里税関はこのほど、希少動物製品の密輸事件を摘発し、オオハナレイヨウの角、計179本を押収したと明らかにした。同税関の密輸取締官による追跡捜査を経て、最終的に犯罪グループが密輸入したオオハナレイヨウの角179本全てを回収し、容疑者7人を逮捕した。同事件は既に検察機関へ移管されている。オオハナレイヨウはサイガとも呼ばれ、中国の国家1級保護動物であり、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「絶滅寸前」(CR)に指定されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:34.94
    2021年01月14日
    「新華社」新疆ウイグル自治区、全民族の人口増加2010~18年

    中国新疆ウイグル自治区では2010〜18年の8年間、全民族の人口が増えていたことが明らかになった。同自治区統計局が公表した1978〜2018年のデータによると、この間、ウイグル族の人口が漢族を常に上回っていた。自治区内のウイグル族の人口は、2000年が1017万人、2018年が1271万人だった。漢族は2000年が883万人、2018年が900万人だった。同自治区の少数民族人口は2010〜18年の間、287万人(22・1%)増え、1586万人となった。 =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.30
    2021年01月14日
    「新華社」水簾洞石窟群を訪ねて甘粛省武山県

    中国甘粛省天水市武山県の中心市街地の北東25キロに位置する魯班峡谷に、国の重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される水簾洞石窟群がある。五胡十六国の後秦(384~417年)時代に造営が始まり、水簾洞や拉梢寺、千仏洞などからなる。中でも断崖に浮き彫りされた高さ42・3メートルの拉梢寺摩崖(まがい)大仏が有名で、世界最大の摩崖浮彫仏とされる。拉梢寺浮彫大仏の造営は559年で、1400年余りの歴史を持つ。水簾洞石窟群の中で最も重要な塑像であり、数層からなる蓮台の花弁の層間には、獅子や鹿、象などが今にも動き出しそうな立ち姿や横たわる姿で彫り込まれている。大仏は高さ150メートル余り、幅60メートル余りの自然の崖に彫られており、高さ42・3メートルの大仏のほかにも、歴代の壁龕(へきがん)24カ所、彫像33体、覆鉢式塔(仏舎利塔)の浮彫彫刻7基、摩崖題記1カ所、壁画1700平方メートルが残る。中国の渭河流域、また古代シルクロード沿いの仏教石窟群の中でも極めて貴重な芸術の至宝といえる。(記者/張智敏) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:23.44
    2021年01月14日
    「新華社」絶滅危惧種のアカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園で9日、職員が絶滅危惧種のアカハジロの姿を確認した。カモ科のアカハジロは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されている。保山市はここ数年、湿地の生態回復事業を進めており、同湿地公園に生息する鳥類は2016年の172種から、現在では279種まで増加している。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.32
    2021年01月13日
    「新華社」封鎖管理下の河北省石家荘市

    中国河北省石家荘市は5日夜から、全ての農村と社区(コミュニティー)の封鎖管理を実施している。人口約1千万人の都市が封鎖となり、普段は賑やかな通りも現在は人や車がほとんど見られず、夜になると家々からの灯りが輝いている。(記者/許楊、楊知潤、牟宇) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.30
    2021年01月13日
    「新華社」神秘的な魚市場、魚を「雪で炒めて」販売黒竜江省撫遠市

    中国黒竜江省撫遠(ふえん)市の魚市場、東極魚市ではこのところ、真冬ならではの特別な光景が見られる。市場に運ばれてきた新鮮なフナが直接地面に積み置かれると、業者はその上にあらかじめ袋に詰めておいた雪をまき、まるで炒め物をするようにプラスチックのちり取りで魚と雪をかき混ぜる。地元ではこの作業を「雪炒魚」と呼んでいる。冬の寒さが厳しい同市では、水揚げしたばかりの魚はすぐに凍りついてしまうが、魚に雪をまぶすことで魚同士の凍結を防ぎ、販売や保存の利便性が高まるという。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.64
    2021年01月13日
    「新華社」厳寒の地で電力の安全確保に励む作業員黒竜江省チチハル市

    中国の多くの地域では寒気の到来により、気温が大幅に低下し、厳しい寒さが続いている。最低気温が氷点下30度前後まで下がった中国黒竜江省チチハル地域では、中国国有送配電大手、国家電網の作業員が電力網の運営方式を的確に整え、凍結による災害への対応を着実に行っている。また、電力施設の運営やメンテナンス、重点的な送電線のパトロールを強化し、故障の要因を取り除くなどの取り組みを行うことで、電力網の安全で安定した運営と電力の確実な供給の確保に努めている。(記者/梁冬、唐鉄富) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.72
    2021年01月13日
    緊急事態、追加発令へ 官房長官「感染状況踏まえ判断」

    菅義偉首相は13日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7府県に新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言を再発令する方針だ。都市部で感染拡大に歯止めがかからないため、7日に宣言した首都圏4都県に7府県を追加し、対象を計11都府県へ拡大する。期間は2月7日まで。 加藤勝信官房長官は13日の記者会見で、発令対象について「知事の要請は受け止めるが、最終的には感染状況や医療提供体制の状況も踏まえて判断する」と説明した。京都、大阪、兵庫の3府県は9日、栃木、岐阜、愛知3県は12日に政府に宣言の再発令を要請した。首相は4都県に再発令した7日の記者会見で、愛知、大阪について再発令する状況にはないとの認識を示していた。<映像内容>加藤勝信官房長官の記者会見、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 01:10.40
    2021年01月13日
    「新華社」雪にも負けず、ガス供給を守る「凍結対策出動隊」貴州省

    中国貴州省の各地ではここ数日、強い寒気の影響で低温による凍結が多発している。貴州燃気(集団)盤州市燃気は「凍結対策出動隊」を結成し、24時間の交代勤務態勢で、液化天然ガスの気化器設備の除氷・除霜作業を続け、市民の暮らしに欠かせないガス供給の確保に努めている。(記者/欧東衢、劉勤兵)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:38.19
    2021年01月13日
    大阪府知事、感染拡大防止へ協力求める 記者会見で

    国が緊急事態宣言の対象地域に新たに7府県を追加することになった13日、大阪府の吉村洋文(よしむら・ひろふみ)知事は記者会見で、大阪府民に対して感染拡大防止への協力を訴えた。同時に対象地域となる京都府、兵庫県とも緊密な連携を取る考えだ。<映像内容>吉村知事による記者会見、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:大阪市中央区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 00:34.00
    2021年01月13日
    「新華社」世界的な絶滅危惧種のヘラシギ、福建省晋江市で越冬

    中国福建省晋江市でこのほど、越冬のために飛来したヘラシギの姿が見られた。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前」(CR)に指定されているヘラシギは、分布エリアが非常に狭く、わずかなツンドラ地帯でのみ繁殖し、中国南東の沿海部や東南アジア、南アジアの沿海部にある湿地で越冬する。(記者/梅永存、彭張青) =配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.76
    2021年01月13日
    「新華社」住民の植樹活動で峡谷を緑化湖南省永州市

    中国湖南省永州市藍山県湘江源ヤオ族郷坪源村の奥にある湘江大峡谷ではこのところ、村民から成る植林チームが桜やモミジ、クロマツなど鑑賞用の木々を植えている。活動はこれまで9年間にわたり継続され、峡谷の緑化に貢献してきた。同村は自然の風景を求めて訪れるアウトドア愛好家からの人気が高まったことから、農村観光に力を入れるようになり、2012年から峡谷の両側や滝、渓流のほとりなどで植樹を開始。今では花見や紅葉狩りの名所となっている。(記者/柳王敏)=配信日:2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:26.64
    2021年01月13日
    緊急事態宣言、7府県追加 菅首相が記者会見

    菅義偉首相は13日、新型コロナウイルス感染症対策本部を官邸で開き、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に京都、大阪、兵庫の関西3府県と愛知、岐阜の東海2県、栃木、福岡の計7府県を追加した。7日に首都圏1都3県に再発令したものの、感染拡大に歯止めがかからなかった。期間は14日から2月7日まで。<映像内容>菅義偉首相の記者会見の冒頭発言、撮影日:2021(令和3)年1月13日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月13日

  • 03:39.10
    2021年01月12日
    「オリコン」 北川景子、髪バッサリカットに本音

    女優の北川景子(34)が12日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』(2月11日公開)の完成報告イベントに参加。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 03:11.55
    2021年01月12日
    「オリコン」 中村倫也“憧れ”窪塚洋介から絶賛

    俳優の中村倫也(34)、窪塚洋介(41)、女優の北川景子(34)が12日、都内で行われた映画『ファーストラヴ』(2月11日公開)の完成報告イベントに参加。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 03:43.64
    2021年01月12日
    「オリコン」 人気モデル5人“振袖TEENS”結成

    10代に人気のモデル5人(粕谷音、樽井みか、石川翔鈴、横田未来、高橋かの)で結成されたグループ・振袖TEENSが12日、都内で行われた振袖専門店『ジョイフル恵利』のお披露目イベントに登場した。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:32.36
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform nucleic acid tests on residents in a basement in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 01:27.74
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:18.60
    2021年01月12日
    v1610449911519.mp4

    A medical worker takes photos of the identity information of residents in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:55.59
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:21.72
    2021年01月12日
    COVID19 - Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:44.54
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:12.84
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers prepare to perform a COVID-19 nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 00:10.43
    2021年01月12日
    COVID-19 Nucleic Acid Detection in Shijiazhuang City

    Medical workers perform a nucleic acid test on residents of a community in Shijiazhuang, Hebei province, China, Jan 12, 2021.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 05:31.93
    2021年01月12日
    「オリコン」 たむけん、ロケ中も“事業”に夢中

    お笑いタレントのたむらけんじが12日、オンラインで行われた『炭火焼肉たむら監修ローソンオリジナル商品オンライン発表会』に登場。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 03:43.44
    2021年01月12日
    「オリコン」 菅田将暉&有村架純、恋愛と結婚観

    俳優の菅田将暉(27)と女優の有村架純(27)が12日、都内で行われた映画『花束みたいな恋をした』(29日公開)完成報告イベントに出席した。撮影日時:2021(平成33)年01月12日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 00:54.38
    2021年01月12日
    「新華社」中国製特大自動運転バス、フランスでの公道走行許可を取得

    中国の鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下の電気自動車(EV)メーカー、中車時代電動汽車は5日、自社製の全長12メートルの自動運転バスがフランス・パリでの路上テストに合格したと明らかにした。フランスで全長12メートルの自動運転バスの公道走行が認可されたのはこれが初めてで、中国製の自動運転バスが同国へ進出するのも初めて。中車時代電動汽車の子会社、長沙中車智馭新能源科技の自動運転技術部の責任者によると、今回試験走行を行った自動運転バスは、運転や動力、相互接続のスマート化を実現しており、人と車両と道路のリアルタイムな情報のやり取りを全面的に行い、交通の安全を確保しながら運行効率を高めることが可能となっている。同責任者は今回のプロジェクトについて、多くの課題を克服した自動運転分野における中仏協力の良い事例だと述べた。(記者/丁春雨) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...