KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • だい
  • 令和
  • 武夷岩茶
  • 歴史
  • 記者
  • 品種
  • 水仙
  • 肉桂
  • 品評会
  • 茶摘み

「いこうほ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
198
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
198
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の岩茶の製造展示室に置かれた、乾燥中の茶葉。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918685

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918731

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918544

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された岩茶づくりの道具。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919155

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918749

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918710

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館内の岩茶製造展示室に置かれた、乾燥工程の茶葉。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918748

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の正面玄関。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918745

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器の展示。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919187

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918751

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな岩茶が収められたれた茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918752

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918881

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶室の外観。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918927

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919191

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館内の岩茶製造展示室。乾燥工程に使う設備が展示されている。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918533

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示スペース。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918640

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の10年、20年、30年前のさまざまな古い岩茶が展示されている茶葉貯蔵庫。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919112

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918750

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918734

  •  (21)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2018年03月31日
    (21)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館の茶葉貯蔵庫に保存されている古い岩茶のサンプル。(2018年3月31日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919176

  •  (24)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2019年01月18日
    (24)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山の瑞泉岩茶博物館が所蔵する茶文化に関する書籍。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918755

  •  (22)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2019年01月18日
    (22)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された宋代の茶道具。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918744

  •  (23)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2019年01月18日
    (23)武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館に展示された宋代の茶道具。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918740

  •  武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省
    2019年01月18日
    武夷山の瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省

    武夷山にある瑞泉岩茶博物館1階にある陽光茶品評室。(1月18日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918747

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、母親の游玉瓊さん(右)から、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の摘み取り方を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800831

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、製茶工場で従業員らと共に試飲する游玉瓊さん(右端)と息子の方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800819

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の改良を進める游玉瓊さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800919

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の摘み取り作業を急ぐ製茶工場の従業員ら。(小型無人機から)武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800814

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、武夷岩茶のライブ配信販売を従業員に指導する方舟(ほう・しゅう)さん(右)。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800822

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、国家無形文化遺産に指定されている武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者、游玉瓊さん(右)と息子の方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800826

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、母親の游玉瓊さん(右)から、武夷岩茶の伝統的な手作業による製法を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800923

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、伝統的な薄い紙に包まれる「白鶏冠茶」。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800769

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800776

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、母親の游玉瓊さんから武夷岩茶の木炭焼成法を習う方舟(ほう・しゅう)さん(右)。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800891

  •  武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省
    2020年05月10日
    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省

    10日、母親の游玉瓊さん(左)から武夷岩茶の伝統的な手作業による製法を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800900

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、「工夫式」と呼ばれる作法でお茶を入れるカプセル式スマート抽出機と茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800778

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800793

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで審査をする専門家ら。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800771

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、カプセル式スマート抽出機の特徴とコンテストのルールを紹介する抽出機の開発者、葉揚生(よう・ようせい)さん(右から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800820

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、大紅袍を入れる茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800708

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、茶芸師と抽出機が入れたお茶。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800785

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800696

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで採点する、南平市無形文化遺産・大紅袍製作技能継承者で中国国家一級茶芸師の劉安興(りゅう・あんこう)さん(左から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800854

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、競技者の名前を伏せた状態で審査する専門家。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800856

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストで、「工夫式」と呼ばれる作法でお茶を入れる茶芸師。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800713

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストでお茶を入れるカプセル式スマート抽出機。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800832

  •  人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市
    2020年05月13日
    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市

    13日、中国茶の入れ方コンテストの様子。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800845

  •  (8)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (8)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶の香りを審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706559

  •  (12)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (12)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706625

  •  (7)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (7)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706510

  •  (3)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (3)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、テーブルに並べられた出品茶。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706472

  •  (1)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (1)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶の香りを審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706397

  •  (2)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (2)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706459

  •  (9)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (9)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706576

  •  (10)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (10)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶の香りを審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706578

  •  (11)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (11)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706622

  •  (4)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (4)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶の準備をする専門家審査員やスタッフ。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706466

  •  (6)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (6)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する製茶企業と茶農家の代表。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706498

  •  (5)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (5)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、茶葉を手に取って審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706508

  •  (13)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市
    2021年11月17日
    (13)武夷岩茶の品評会、最終審査始まる福建省武夷山市

    16日、出品茶を審査する専門家審査員。中国福建省武夷山市で16日、武夷岩茶の品評会「『朱子杯』第19回武夷山市民間闘茶大会」の最終審査が始まった。「大紅袍(だいこうほう)」「肉桂(にっけい)」「水仙」の3品種で最優秀賞などを決定する。主催は第15回海峡両岸(中国の大陸と台湾)茶業博覧会の組織委員会。今回の出品点数は2189点に上った。武夷山市民間闘茶大会は今年で創設20周年。現地で最大規模を誇る茶の品評会で、製茶技術の向上や茶文化の普及、茶産業の発展を推進する役割を担ってきた。(武夷山=新華社記者/姜克紅)= 配信日: 2021(令和3)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111706803

  •  (1)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (1)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    武夷山に昔から伝わる茶文化の一つ「民間闘茶賽(とうちゃさい、茶の品評会)」で、武夷岩茶を試飲する外国人観光客。(2017年10月28日撮影)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705927

  •  (2)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (2)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    武夷山に昔から伝わる茶文化の一つ「喊山祭茶」。茶業の繁栄を願い、山に向かって茶の神にささげる祭文を叫ぶ。(2019年4月14日撮影)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705931

  •  (6)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (6)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市星村鎮の燕子窠生態茶園。(小型無人機から)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705969

  •  (13)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (13)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市の星村鎮。(小型無人機から)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706039

  •  (8)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (8)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    外国留学から帰国した一人息子の方舟(ほう・しゅう)さん(手前)に、武夷岩茶の炭火焙煎(ばいせん)法を指導する国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」の唯一の女性伝承者、游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さん。(2020年5月10日撮影)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706008

  •  (10)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (10)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、外国留学から帰国した一人息子の方舟(ほう・しゅう)さん(奥)に、武夷岩茶製造技法の「手工揺青(茶葉を揺らす作業)」を指導する国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」の唯一の女性伝承者、游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さん。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706006

  •  (7)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (7)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、武夷岩茶の製造技法の一つ「手工揉捻」を披露する国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」の唯一の女性伝承者、游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さん。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705989

  •  (4)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (4)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市の星村鎮。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705973

  •  (3)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (3)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市星村鎮の茶山。(小型無人機から)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705968

  •  (12)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (12)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、外国留学から帰国した一人息子の方舟(ほう・しゅう)さん(中央)に、武夷岩茶の焙煎(ばいせん)技術を指導する国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」の唯一の女性伝承者、游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さん(左)。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706040

  •  (5)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (5)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、「武夷岩茶第一鎮」と呼ばれる武夷山市星村鎮の燕子窠生態茶園。(小型無人機から)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120705971

  •  (11)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (11)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    1日、武夷岩茶(大紅袍)製造技法の「手工炒青」を披露する武夷山市団茶製作技術伝承者の何世安(か・せあん)さん。中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120706043

  •  (9)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省
    2022年12月07日
    (9)岩茶のふるさと武夷山を訪ねて福建省

    闘茶賽(とうちゃさい、茶の品評会)で茶の品評をする国家級無形文化遺産「武夷岩茶(大紅袍)制作技法」伝承者の葉啓桐(よう・けいとう)さん(左)。(2017年10月28日撮影)中国福建省武夷山市は世界のウーロン茶(青茶)と紅茶の発祥地とされる。ウーロン茶の中でも、武夷山の岩場の多い山肌で育つチャノキから採った茶葉は「武夷岩茶」と呼ばれ高い価値を持つ。武夷岩茶は数種類あるが、中でも大紅袍(だいこうほう)が最高峰とされる。伝統的な武夷岩茶の製造技術は①茶摘み②萎凋(いちょう、茶葉を天日や熱風でしおらせる)③攤晾(たんりょう、日陰に広げて熱気を取る)④揺青(ようせい、茶葉を揺らして香りを高める)⑤炒青(しょうせい、釜炒り)⑥殺青(さっせい、発酵を止めるために熱を加える)⑦揉捻(じゅうねん、茶葉を揉む)⑧乾燥⑨選別⑩焙煎(ばいせん)の10工程からなる。武夷山の四季は、茶摘みや製茶、闘茶(茶の品評会)など茶の風物詩で彩られている。長い歴史と伝統を持つ茶文化は人々の暮らしに根付き、深く溶け込んでいる。武夷山市の茶園面積は約15万ムー(約1万ヘクタール)で、毛茶(荒茶)の年間生産量は2万トン余りと福建省全体の20分の1を占める。茶の生産に関わる人の数は市全体で12万人、登録されている茶関連企業は8858社と茶産業は農村振興の重要な支えになっている。(武夷山=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120707542

  •  (6)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (6)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館に展示された茶道具。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105209

  •  (4)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (4)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館内の岩茶製造展示室。乾燥工程に使う設備が展示されている。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105204

  •  (7)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (7)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館のさまざまな古い岩茶が展示されている茶葉貯蔵庫。(2019年12月11日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105211

  •  (9)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (9)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    26日、瑞泉岩茶博物館で行われた民建三茶融合発展研究会の設立大会の会場。(小型無人機から)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105215

  •  (10)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (10)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館にある陽光茶品評室と茶器展示エリア。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105218

  •  (5)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (5)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館に展示された茶道具。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105207

  •  (8)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (8)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    26日、瑞泉岩茶博物館で行われた民建三茶融合発展研究会の設立大会の会場。(小型無人機から)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105213

  •  (11)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (11)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館に展示された茶道具。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105265

  •  (12)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (12)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館のさまざまな古い岩茶が展示されている茶葉貯蔵庫。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105219

  •  (1)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (1)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館の外観。(2022年9月1日、小型無人機から)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105214

  •  (15)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (15)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館に展示された茶道具。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105249

  •  (14)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (14)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館の内部。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105243

  •  (17)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (17)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館に展示された製茶道具。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105254

  •  (13)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (13)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館の内部。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105247

  •  (2)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (2)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    26日、瑞泉岩茶博物館で行われた民建三茶融合発展研究会の設立大会の会場。(小型無人機から)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105190

  •  (3)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (3)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館の内部。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105193

  •  (18)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (18)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    26日、空から見た瑞泉岩茶博物館。(小型無人機から)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105366

  •  (16)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市
    2023年03月31日
    (16)瑞泉岩茶博物館を訪ねて福建省武夷山市

    瑞泉岩茶博物館内の岩茶製造展示室。乾燥工程に使う設備が展示されている。(2018年8月27日撮影)中国福建省の観光名所、武夷山(ぶいざん)風景区の北口から大紅袍(だいこうほう)エリアへと続く道に、中国の伝統的住居建築「四合院(しごういん)」風の建物がある。約3千平方メートルの延床面積を持つ、武夷山初の私設茶葉博物館「瑞泉岩茶博物館」だ。「瑞泉」岩茶製茶工場は1644年の創業。武夷岩茶は清朝中後期に最盛期を迎えた。2014年に設立された博物館は武夷岩茶の文化を継承し、岩茶の輝かしい歴史を紹介している。(武夷山=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033105252

  •  (23)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (23)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    武夷山市星村鎮朝陽村の環境配慮型の茶畑で春茶を摘む茶農家の人々。(2019年4月14日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106705

  •  (20)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (20)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    武夷山市星村鎮朝陽村の環境配慮型の茶畑で山に向かって「茶摘みだ!」と叫ぶ茶農家の人々。(2019年4月14日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106706

  •  (24)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (24)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    武夷山市星村鎮朝陽村の環境配慮型の茶畑を楽しむ観光客。(2019年4月14日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106731

  •  (29)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (29)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    武夷山市の製茶企業、武夷星茶業の作業服を着て、武夷星有機茶畑で武夷岩茶を摘む茶農家の人々。(2022年4月20日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106788

  •  (14)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (14)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    武夷山の峡谷、九竜窠(きゅうりゅうか)に生える大紅袍の母木の下で伝統行事「喊山祭茶」を行い、果物を供える茶人。(2022年4月13日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106484

  •  (22)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (22)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    武夷山市星村鎮朝陽村の環境配慮型の茶畑で春茶を摘む茶農家の人々。(2019年4月14日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106720

  •  (8)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (8)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    伝統儀式「喊山祭茶」に参加する武夷山大紅袍茶製作技術の伝承者。(2020年4月9日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106457

  •  (11)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (11)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    福建省武夷山市の山へ茶摘みに行く女性。(2020年4月9日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106463

  •  (4)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市
    2023年04月30日
    (4)伝統儀式「喊山祭茶」で春茶の豊作を祈願福建省武夷山市

    新芽を摘む福建省武夷山市星村鎮桐木村の茶農家の人々。(2021年3月5日撮影)中国福建省の西北部にある武夷山では茶摘みのシーズンを迎え、茶農家の人々が茶の豊作を祈願して「喊山祭茶」と呼ばれる伝統的な儀式を行った。武夷山茶の歴史は古く、史料によると唐代にはすでに栽培が始まり、民間では高級贈答品として利用されていた。宋代には皇室への献上品となり、元代には専門に献上茶を生産する「焙茶局」「御茶園」が設けられ、明代末から清代初めにはウーロン茶の製法が確立した。武夷山の茶樹の品種は非常に多く、中でも大紅袍(だいこうほう)は中国ウーロン茶の最高級品とされる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050106183

  • 1
  • 2