KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 平成
  • 風景
  • 景観
  • 世界
  • 歴史
  • ドイツ
  • 理念
  • 部分

「いちじき」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
115
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
115
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    CASTILLA-LEON.

    CASTILLA-LEON. SEGOVIA. Vista parcial del ALCAZAR, iniciado en el siglo XI y reconstruido durante los siglos XIV y XIX, con la TORRE DE JUAN II, que durante un tiempo fue una prisión en la que estuvo preso Alvaro de Luna, entre otros. España.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020050100371

  • -
    Tomb of Buyanquli Khan.

    Tomb of Buyanquli Khan. At Bukhara in Uzbekistan, a domed mausoleum was erected over the grave of a Muslim descendent of the great Mongol conqueror Genghis Khan. For a time this man, Buyanquli Khan, was the puppet ruler of parts of Central Asia, but in 1358, when he tried to assert his own authority, he was assassinated by a local warlord.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100400196

  • -
    Tomb of Buyanquli Khan.

    Tomb of Buyanquli Khan. At Bukhara in Uzbekistan, a domed mausoleum was erected over the grave of a Muslim descendent of the great Mongol conqueror Genghis Khan. For a time this man, Buyanquli Khan, was the puppet ruler of parts of Central Asia, but in 1358, when he tried to assert his own authority, he was assassinated by a local warlord.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100400195

  • -
    Nymph and Shepherd.

    Nymph and Shepherd. Artist: Johann Liss (German, Oldenburg ca. 1595/1600-1631 Verona). Dimensions: 41 1/8 x 37 3/8 in. (104.5 x 94.9 cm). Date: ca. 1625.Liss, from northwestern Germany, reportedly studied in Haarlem and about 1620 travelled through Antwerp and Paris to Italy. After a period in Venice he worked in Rome (ca. 1622-25), where he painted works eclectically reminiscent of Caravaggio‘s followers, Annibale Carracci, Rubens, and other Italian and Netherlandish artists. This poetic picture was painted under the influence of Titian‘s pastoral imagery (which inspired Poussin at about the same time). Not unlike the viewer, a passing shepherd has discovered a sleeping nymph who is at once intensely physical and a vision of innocent youth. Museum: Metropolitan Museum of Art, New York, USA.、クレジット:Album/Metropolitan Museum of Art,NY/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020040301076

  • -
    Tomb of Buyanquli Khan.

    Tomb of Buyanquli Khan. At Bukhara in Uzbekistan, a domed mausoleum was erected over the grave of a Muslim descendent of the great Mongol conqueror Genghis Khan. For a time this man, Buyanquli Khan, was the puppet ruler of parts of Central Asia, but in 1358, when he tried to assert his own authority, he was assassinated by a local warlord.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100400182

  • -
    Progress in the fight against Bilharzia (shicstosoma) a parasitic trematode which spends one period

    Progress in the fight against Bilharzia (shicstosoma) a parasitic trematode which spends one period of its lifecycle in water-snails and another in man. A Shell Petroleum scientist testing various compounds on parasite-free snails under conrtrolled condi、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019062004210

  • -
    This painting cost 8 guiness

    This painting cost 8 guiness, plus 」3.3s for a three quarter frame Burnished Gold and 7s for a case. George liked the painting so much that he had Thomas Gainsborough (1727-1788) paint him another. This picture was hung in the Rectory at Hampton Lucy for a time. It is now possibly in the family wing. The second painting cost the same as the first.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2020041402776

  • -
    Washington Navy Yard

    Washington Navy Yard, D.C. Photograph of George A. Atzerodt, 1865, conspirator in the assassination of President Abraham Lincoln. This photograph has backgrounds of dark metal, and was presumably taken on the monitors, U.S.S. Montauk and Saugus, where the conspirators were for a time confined.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042302333

  • 1919年12月31日
    Right wing ex-soldiers at a street barricade during the 1919

    Right wing ex-soldiers at a street barricade during the 1919 Spartacist uprising、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120800126

  • 1951年08月19日
    スケッチ7879 国会議事堂前のススキ

    戦後の一時期、食糧難から畑にもなったことがある国会議事堂前の広場に、秋の訪れを告げるススキが咲き始めた=1951(昭和26)年8月19日、東京都千代田区永田町

    商品コード: 2016122100369

  • 1976年05月11日
    (やなぎもと・しょういち) 柳本晶一

    バレーボール選手、指導者。元日本代表選手。帝人三原、新日本製鉄、日新製鋼などで選手として活躍。新日本製鉄と日新製鋼では一時期監督も兼務。Vリーグ女子、東洋紡の監督を経て、2003年から2008年まで全日本女子代表監督を務めた。写真は、新日本製鉄在籍中、モントリオール五輪男子バレー日本代表として撮影=1976(昭和51)年5月11日

    商品コード: 2013021200165

  • 1982年09月27日
    平仲明信

    平仲明信、運動、ひらなか・あきのぶ、戸籍名・平仲信明、一時期のリングネーム・平仲伸章、プロボクサー、WBA世界ジュニアウェルター級王者、1984年ロス五輪ボクシングウェルター級出場=1982(昭和57)年9月27日

    商品コード: 1982112000013

  • 1996年12月20日
    会見する佐原氏ら 一時期九州に乗り換えたか

    銅鐸埋納の復元について記者会見する(左から)京都国立博物館の難波洋三考古室長、国立歴史民俗博物館の佐原真副館長と春成秀爾教授=20日午後、島根県加茂町の加茂町文化ホール(なんば・ようぞう、さはら・まこと、はるなり・ひでじ)

    商品コード: 1996122000105

  • 1996年12月20日
    埋納の様子を再現 一時期九州に乗り換えたか

    復元模型(色の濃い部分)を含めて埋納の様子が再現された加茂岩倉遺跡の銅鐸=20日午後、島根県加茂町

    商品コード: 1996122000104

  • 1997年11月11日
    キム・グァンオクさん 「早く国交回復を」と期待

    夫と一時期住んでいた京都府八木町を訪問し、歓迎を受けるキム・グァンオクさん(右)=11日午後

    商品コード: 1997111100101

  • 1997年11月12日
    もちつきをするキムさん もちつき楽しむキムさん

    夫と一時期住んでいた京都府八木町での歓迎会で、もちつきを楽しむキム・グァンオクさん(左)=12日午前

    商品コード: 1997111200031

  • 2000年03月10日
    函館・大森浜 「新しき明日」を夢見て

    )、企画11S、20日付朝刊以降使用、解禁厳守  明治40年、岩手県玉山村渋民から函館に移った啄木は函館大火で職を失い札幌に移るまでの4カ月間、生涯で最も落ちついた一時期を過ごした。啄木はこの函館・大森浜を愛し「東海の…」など数々の歌がここから生まれた=北海道函館市日乃出町

    商品コード: 2000031000110

  • 2001年11月08日
    ブッシュ米大統領 野球カードに登場

    米国の野球カードメーカーのトップス社が、アフガニスタン攻撃作戦の名前にちなんだ90枚組のカード「不朽の自由(ENDURING・FREEDOM)」シリーズの販売を始めた。大統領専用機内でジュリアーニ・ニューヨーク市長と会話するブッシュ大統領も登場する。10月中旬から1セット1ドル99セントで販売されているが、一時期ブームとなったポケモンカードの売り上げには及びそうにないという。(ロイター=共同)

    商品コード: 2001110800010

  • 2002年05月10日
    リンゴの摘花をする派遣者 広がる農協の助っ人紹介

    農家に派遣され、リンゴの摘花作業をする男性。作業が一時期に集中する果樹農家には心強い助っ人=4月19日、福島市内

    商品コード: 2002051000070

  • 2004年05月27日
    坂口厚労相 任意時代に一時期未加入

    坂口力厚生労働相

    商品コード: 2004052700119

  • 2004年05月27日
    坂口厚労相の表情1 任意時代に一時期未加入

    任意時代の一時期、国民年金に未加入だったことを明らかにした坂口厚労相=27日午後、参院厚労委

    商品コード: 2004052700148

  • 2004年05月27日
    坂口厚労相の表情三態2 任意時代に一時期未加入

    任意時代の一時期、国民年金に未加入だったことを明らかにした坂口厚労相=27日午後、参院厚労委

    商品コード: 2004052700151

  • 2004年05月27日
    坂口厚労相の表情三態3 任意時代に一時期未加入

    任意時代の一時期、国民年金に未加入だったことを明らかにした坂口厚労相=27日午後、参院厚労委

    商品コード: 2004052700150

  • 2004年05月27日
    参院厚労委の坂口厚労相 任意時代に一時未加入

    参院厚労委で、一時期国民年金に未加入だったことを明らかにした坂口厚労相=27日午後

    商品コード: 2004052700127

  • 2007年03月28日
    顔をそろえた園児たち 能登半島地震

    石川県輪島市門前町の「市立劔地(つるぎじ)保育所」で予定より1日遅れの終了式が行われ、地震発生以来初めて園児10人全員がそろった。一時期避難所で生活した子どももいたが、みんな元気。「たんすが倒れた」「お皿が割れた」「揺れたらこたつの中に入る」と口々に幼い震災体験を報告していた=28日午前(能登半島地震)

    商品コード: 2007032800386

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年02月17日
    苦難の戦争花嫁に 進駐軍兵士と挙式

    1948(昭和23)年2月23日、終戦後の占領中に東京・明治記念館で日本人女性と結婚式を挙げる進駐軍の米兵士。神前で軍服と洋装というのも珍しい。帰国する夫について異国に渡る妻は少なくなかったが、敵国の「戦争花嫁」を一時期入国させない国もあって、偏見や差別などの苦難と闘った。

    商品コード: 2011021700134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年02月19日
    苦難の戦争花嫁に 進駐軍兵士と挙式

    1948(昭和23)年2月23日、終戦後の占領中に東京・明治記念館で日本人女性と結婚式を挙げる進駐軍の米兵士。神前で軍服と洋装というのも珍しい。帰国する夫について異国に渡る妻は少なくなかったが、敵国の「戦争花嫁」を一時期入国させない国もあって、偏見や差別などの苦難と闘った。

    商品コード: 2015021900242

  • 2018年05月23日
    小説の中で自分取り戻せた

    「一時期は年に24冊ほど書いていた。今も物語をつくるのは苦じゃないですね」と話す赤川次郎さん

    商品コード: 2018052300210

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で古代武器を修復する閻民さん。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423210

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で古代武器を修復する閻鵬さん(前)、閻民さん。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423176

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で古代武器を修復する閻民さん。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423184

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で修復された古代武器。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423215

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で、修復した古代兵器を確認する閻鵬さん。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423172

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で古代武器を修復する閻民さん。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423170

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で、修復した古代武器を見せる閻民さん。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423225

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で古代武器を修復する閻鵬さん。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423166

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で、修復した古代武器を見せる閻民さん(左)、閻鵬さん親子。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423168

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で、修復した古代武器を拭く閻民さん(右)、閻鵬さん親子。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423199

  • 2018年09月11日
    よみがえる名刀石家荘の父子、古代武器の修復技術を継承

    11日、石家荘市新華区にある古代武器修復作業室で古代武器を修復する閻民さん。中国河北省石家荘市に住む閻民(えん・みん)さんは、幼い時から刀剣が好きで、古代武器の修復に携わってすでに30年以上になる。息子の閻鵬(えん・ほう)さんは父の影響を受け、2015年に元の仕事を辞め、父と同じ古代武器修復の世界に入った。親子はこれまでに累計500件以上の古代武器を修復してきた。閻民さんによると、古代武器の修復はおおむね鞘の修復と刃の修復に分けられる。年代を特定した後、鞘を修復し、武器の年代にふさわしい装飾と鞘をあてがい、さらに磨き上げ、つや出し、研磨などの工程により刃の部分を修復する。閻民さんは、それぞれの古代武器が歴史上の一時期を表しており、古代武器の修復は歴史の再現でもあるとの考えを示し、今後も時間と戦いながら、中国の古代武器文化のために微力を尽くすと述べた。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091423219

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、建盞愛好家が現代の制作者による鷓鴣斑(しゃこはん)建盞を宋代の鷓鴣斑建盞のかけらと一緒に写真に収めている。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210118

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、福建省南平市建陽区にある建盞作品が並ぶ通りを見学する観光客。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210105

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、福建省南平市建陽区の「開河窯」建盞展示ホールで展示されている鉄銹斑(てっしゅうはん)の建盞作品。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210085

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、自身が制作した彩金曜焔油滴の茶碗を見せる建盞伝統技術職人の王革(おう・かく)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209954

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、茶碗の底に「供御」と記された宋代の磁器を見せる建盞制作者の周建平(しゅう・けんぺい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210121

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、福建省南平市建陽区の「開河窯」建盞展示ホールに並ぶ建盞作品。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209970

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、建盞の素地に釉を掛ける無形文化遺産伝承者の李細妹(り・さいまい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210090

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、宋代の金兎毫(とごう)建盞(左)と銀兎毫建盞のかけらを見せる建盞制作者の周建平(しゅう・けんぺい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209942

  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、自身が焼成した鷓鴣斑(しゃこはん)文様の建盞を見せる無形文化遺産伝承者の李細妹(り・さいまい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110210066

  • 04:39.04
    2018年11月24日
    「新華社」13年で5千公演人気雑技「ERA時空の旅」、アジア最大の天幕で観客と再会

    前回の公演から147日、中国で最も息の長い舞台エンターテインメントの一つ、マルチメディアを駆使した現代風の雑技ファンタジーショー「ERA時空の旅」が24日夜、大天幕バージョン(カストル版)として上海で内外の観衆と再会を果たした。同舞台は2005年9月、上海雑技の拠点とされる上海馬戯城で初演されて以来、13年間で5003回の公演を行った。上演場所の上海馬戯城劇場が大規模修繕を行う関係で一時期観衆に別れを告げたが、この度の公演再開に合わせ、元の劇場跡地から500メートルの場所に、敷地面積3700平方メートル、メインテント面積2886平方メートル、高さ31メートルの「白い時空の城」が設置された。アジア最大の天幕といわれる移動劇場は、PVC(ポリ塩化ビニル)フィルム製の幕で覆われている。中に入ると直径18メートルの円形メインステージがあり、ステージからは34メートルの花道が延びている。劇場も舞台も元の劇場より大きくなり、演目の展開スピードや上演方式、音響システムも改良されている。伝統的な雑技とハイテクを融合させた中国初のマルチメディア幻想劇「時空の旅」は13年間で延べ500万人以上の内外の観客を魅了してきた。中国要素と国際合作を創作理念とした各演目は、雑技や西洋音楽、中国伝統の演劇や舞踏、武術などの要素を集約し、時空を交錯させる舞台演出で観衆を幻想的な世界に誘う。(記者/呉霞)<映像内容>雑技ファンタジーショー「ERA時空の旅」の様子、撮影日:2018(平成30)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112928614

  • 2018年12月19日
    日本人カメラマン、35年かけ中国東北部の都市の変遷を記録

    吉林省文化館に展示されている池宮城晃氏撮影の、幼い頃の記憶を呼び起こす20世紀の一時期に流行した子ども向け読み物「小人書」の写真。(2018年12月19日撮影)中国吉林省文化館で開かれている「長春の記憶フォトコレクション-池宮城晃撮影作品展」に並ぶ写真の数々には、同省の省都、長春市の1980年代の都市建物や広場、通り、人々の暮らしぶりが記録されている。これら作品は日本のカメラマン、池宮城晃氏がこの35年間に何度も長春に足を運び撮影した貴重な都市の記憶であり、発展の変遷の記録である。(長春=新華社配信/偽満皇宮博物院提供)=2018(平成30)年12月19日、クレジット:偽満皇宮博物院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019335

  • 2019年01月08日
    ダンテゆかりの村 伊に「本の行商人村」

    ダンテが一時期暮らしたとされるイタリア北部の村ムラッツォ。「神曲」の村にまつわる部分の記述を刻んだ本のモニュメントがある=2018年11月(共同)

    商品コード: 2019010800039

  • 00:45.63
    2019年03月06日
    「新華社」イスラエルのヘブライ大学、アインシュタインの手書き資料を公開

    アインシュタインの生誕140周年を前に、イスラエルのエルサレムにあるヘブライ大学は6日、110ページに上るアインシュタインの手書き資料を公開した。資料の大半はこれが初公開となる。ヘブライ大学は同日開いた記者会見で、資料の大半は1944~48年のもので、アインシュタインが小さな文字で記した数学の論証メモであることを明らかにした。このほか、アインシュタインが1935年にスイスに住む息子、ハンス・アルバートに宛てて書いた手紙のほか、親友で同じく科学者だったミシェル・ベッソ宛ての手紙4通も含まれている。ヘブライ大学アインシュタイン文書館の館長を務めるロニー・グロス博士は会見で、これらの資料は「実に珍しい」もので、アインシュタインの私生活と、彼がくぐり抜けた自己懐疑の一時期を垣間見ることができると説明した。文書館の学術顧問を務めるハノク・グートフロイント氏は、資料はアインシュタインの思考の道筋や彼を悩ませたもの、彼の考えや結論の順序を示していると述べた。今回公開された資料は、米国シカゴのある財団が個人収集家から購入し、文書館に寄贈されたもの。アインシュタインはヘブライ大学の創始者の一人であり、自身の著書を全て同大学に寄贈するよう遺言した。ヘブライ大学は現在、手書き資料や手紙、証明書、メダルなど、8万点以上のアインシュタインゆかりの品を集めており、収蔵数は世界最大となっている。(記者/陳文仙)<映像内容>アインシュタインの手書き資料、撮影日:2019(平成31)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203424

  • 01:17.04
    2019年10月11日
    「新華社」ユムブラカン、チベット最古の宮殿

    ユムブラカン(雍布拉康)は、中国チベット自治区山南市ネドン区沢当鎮から11キロの扎西次日山の上に建てられたチベット最古の宮殿。言い伝えによると、紀元前2世紀に第1代チベット王のニャティ・ツェンポ(聶赤賛普)のために建てられ、ソンツェン・ガンポ(松賛干布)王が文成公主(ぶんせいこうしゅ)と結婚した後、一時期ここに住んでいたという。「雍布」はチベット語で「母鹿」を意味する。扎西次日山の地形が母鹿に似ていることからこの名が付けられた。ユムブラカンは1962年にチベット自治区級文物保護単位(文化財)に指定されている。(記者/旦増尼瑪曲珠)<映像内容>チベット最古の宮殿であるユムブラカンの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101101842

  • 00:40.04
    2020年02月19日
    「新華社」新型肺炎感染の7カ月の赤ちゃん、無事退院江西省南昌市

    新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一附属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した。赤ちゃんは10日に新型肺炎と診断され、同院に入院。看護師7人が付き添いのできない母親に代わって、検温や体調管理のほか、授乳やおむつ替え、清拭、着替えなどの世話を24時間、交替で行っていた。ほんの一時期、母親役を務めた看護師たちも赤ちゃんの退院を心から喜んだ。(記者/彭昭之、閔尊涛)<映像内容>新型肺炎患者の赤ちゃんが退院、撮影日:2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022118946

  • 00:40.04
    2020年02月19日
    「新華社」新型肺炎感染の7カ月の赤ちゃん、無事退院江西省南昌市

    新型コロナウイルスによる肺炎と診断され、中国江西省の南昌大学第一付属医院象湖院区で治療を受けていた生後7カ月の赤ちゃんが19日午前、治癒し、正式に退院した。赤ちゃんは10日に新型肺炎と診断され、同院に入院。看護師7人が付き添いのできない母親に代わって、検温や体調管理のほか、授乳やおむつ替え、清拭、着替えなどの世話を24時間、交替で行っていた。ほんの一時期、母親役を務めた看護師たちも赤ちゃんの退院を心から喜んだ。(記者/彭昭之、閔尊涛)<映像内容>新型肺炎患者の赤ちゃんが退院、撮影日:2020(令和2)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503483

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海の水面で揺れる「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503401

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海のほとりの湿地に咲く「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503415

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海の水面で揺れる「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503540

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海のほとりの湿地に咲く「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503479

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海のほとりの湿地に咲く「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503519

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海の水面で揺れる「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503581

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海の水面で揺れる「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503738

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海の水面で揺れる「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503726

  • 2020年05月31日
    洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    洱海の水面で揺れる「海菜花」。(5月31日撮影)中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。(大理=新華社記者/江文耀)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503728

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    空調改修のため8月まで休館の大原美術館

    休館を知らせる看板が立ち、ひっそりとした大原美術館。新型コロナウイルスの影響による国の緊急事態宣言が解除され、文化施設などが再開していく中、岡山県倉敷市美観地区の大原美術館(同市中央)は8月中旬まで休館を続けている。コロナ禍に配慮しながら空調設備を改修するためで、終戦前後の一時期を除き、長期休館は開館90年の歴史で初めて。美観地区への客足は徐々に戻りつつあり、関係者は倉敷観光の〝主役〞の再開を待っている。=2020(令和2)年6月1日、大原美術館=岡山県倉敷市中央、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061502373

  • 00:53.68
    2020年06月14日
    「新華社」洱海の水質改善で「海菜花」復活雲南省

    中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖「洱海(じかい)」では一時期、水質のバロメーターとされる中国固有の水生植物「海菜花」(学名Otteliaacuminata)が見られなくなっていた。同省は2016年末から洱海の環境対策に力を入れており、ここ数年は主要な水質指標が改善傾向にある。海菜花は現在、澄んだ湖面で揺れている。<映像内容>中国固有の水生植物「海菜花」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706280

  • 2020年08月12日
    Sensitive memory

    12 August 2020, Italy, Predappio: The present town hall of Predappio, Palazzo Varano, in Emilia-Romagna. The Italian dictator was born in the town in 1883, and for a time he lived in the building that used to be a school. (to dpa “Delicate memory: Where dictators were at home“) Photo: Petra Kaminsky/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090202230

  • 2020年08月12日
    Sensitive memory

    12 August 2020, Italy, Predappio: The present town hall of Predappio, Palazzo Varano, in Emilia-Romagna. The Italian dictator was born in the town in 1883, and for a time he lived in the building that used to be a school. (to dpa “Delicate memory: Where dictators were at home“) Photo: Petra Kaminsky/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090202164

  • 00:57.47
    2020年08月17日
    「新華社」伝統芸術を生活の中に重慶漆器の若き伝承者

    中国重慶市に住む陳芷月(ちん・しげつ)さんは今年38歳。中国の代表的な漆器の一つ「重慶漆器」の6代目市級伝承者の指定を受けており、その工房には大小さまざまな特色ある漆器が所狭しと並ぶ。伝統漆器だけでなく、新しい要素を取り入れて創作した実用品も数多くある。中国は世界で最初に漆器を使用した国であり、重慶漆器は20世紀、北京、揚州、福州と並ぶ「中国四大漆都」と呼ばれた。一時期は高い評価を得て、国内外の工芸品展で数多くの賞を獲得しただけでなく、国の贈答品にも度々指定され、名声は外国に及んだ。陳さんは「重慶漆器の髹飾(きゅうしょく、うるし塗り)技術は地方色が豊かで、中でも絵付けや研磨、螺鈿(らでん)・卵殻(らんかく)、重ね塗りなどの技術は全国に名高い」と語る。「重慶漆器の髹飾技術」は2008年、第2次国家級無形文化遺産リストに登録されたが、業界の衰退に加え、プロセスが複雑かつ時間がかかり、原料も不足していることから、伝統技術を学び、伝承しようとする若者は多くない。陳さんは「私たちの世代の伝承者は時間との競争に入っている。伝統技巧の発展のスピードを技術が消え去るスピードより速めなければならない」と指摘。重慶漆器が時代と共に歩めるよう、職業学校での授業や伝統漆器の知識と技法の普及を行うほか、漆器工房を開き、形状が豊富で価格も手ごろな製品を数多く作り出し、実用品と芸術品を融合させた。陳さんは「より多くの人に漆器を身近に感じてもらうには、漆器を大衆の生活の中に戻すしかない。そうすれば市場拡大にもつながる」と語った。(記者/呉燕霞)<映像内容>重慶漆器の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803496

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、総合産業基地「馬荘香包文化大院」で香り袋を製作する村民。中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400399

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、馬荘村の公衆トイレの前を通る清掃作業員。中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400402

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、「農家楽(アグリツーリズム)」を経営し、自宅の庭で観光客向けの食事を作る馬荘村の村民。中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400407

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、空から見た馬荘村。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400409

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、総合産業基地「馬荘香包文化大院」で香り袋を製作する村民。中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400574

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、馬荘村周辺にある潘安湖国家湿地公園。かつては石炭採掘により深刻な地盤沈下を引き起こしたエリアだった。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400397

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、総合産業基地「馬荘香包文化大院」で香り袋を製作する村民。中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400437

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、馬荘村周辺にある潘安湖国家湿地公園。かつては石炭採掘により深刻な地盤沈下を引き起こしたエリアだった。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400450

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、「農家楽(アグリツーリズム)」を経営し、自宅の庭で観光客向けの食事の準備をする馬荘村の村民。中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400455

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、総合産業基地「馬荘香包文化大院」で香り袋を選ぶ観光客。中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400416

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、村民で結成された馬荘村吹奏楽団の練習風景。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400451

  • 2020年09月08日
    環境に配慮した「グリーン発展」で成長江蘇省馬荘村

    8日、空から見た馬荘村。(小型無人機から)中国江蘇省徐州市賈汪区の潘安湖街道馬荘村はかつて典型的な石炭採掘で発展してきた村だった。しかし、過度な採掘から同村周辺は一時期、市内で最も大規模に地盤沈下が進み、環境破壊が深刻化していた。同村は近年、環境に配慮した「グリーン発展」の理念を実践し、環境保護を重視した発展方式への転換を着実に進めている。居住環境を整備し、香り袋の製作など文化産業に力を入れ、村とその周辺環境はここ数年で見違えるほど変化した。2019年の同村の集団経済収入は404万元(1元=約16円)に達し、一人当たりの可処分所得は3万3千元となった。(徐州=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400452

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: Completely empty, except for a police car, the A5 motorway at Frankfurt Airport is completely blocked off during a full closure triggered by environmental activists. At the same time, on Monday morning, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102804901

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist is arrested by police on highway 5. At the same time, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt on Monday morning, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102805145

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist is arrested by police on highway 5. At the same time, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt on Monday morning, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102805008

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist (M) is arrested by police on highway 5. At the same time, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt on Monday morning, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102805078

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    dpatop - 26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist is hanging from a bridge over the Autobahn 5 at Frankfurt Airport. At the same time, on Monday morning, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102804964

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist is hanging from a bridge over the Autobahn 5 at Frankfurt Airport. At the same time, on Monday morning, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102805000

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: The A5 motorway at Frankfurt Airport is completely empty during a complete closure triggered by environmental activists. At the same time, several groups of environmental activists rappelled down from highway bridges around Frankfurt on Monday morning, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102805071

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist is arrested by police on highway 5. At the same time, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt on Monday morning, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102805085

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    dpatop - 26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist is arrested by police on highway 5. At the same time, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt on Monday morning, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102804851

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist is hanging from a bridge over the Autobahn 5 at Frankfurt Airport. At the same time, on Monday morning, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102805156

  • 2020年10月26日
    Environmental activists block motorways in Hesse

    dpatop - 26 October 2020, Hessen, Zeppelinheim: An activist is arrested by police on highway 5. At the same time, several groups of environmentalists had rappelled down from highway bridges around Frankfurt on Monday morning, bringing traffic to a complete standstill for a time. The actions are also directed against the clearing of the forest in Dannenrod, activists said. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102805103

  • 00:59.92
    2021年01月12日
    「新華社」岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。湖南省文物考古研究所は2020年に小洲羅で実施した発掘調査で、土器や石器の製造など手工業活動と関わりがあるとみられる土取り場跡や窯跡、建築跡を発見した。日常生活に関連する灰坑や井戸なども見つかり、主に春秋時代中・後期に属する土器や石器などが出土した。同研究所の研究員で、羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める盛偉(せい・い)氏は「これらの遺構は、楚人が羅国の民を移住させたという文献の記載が根拠のないものではないことを示している。羅城遺跡は楚が羅国の民を移した場所である可能性が高い」と指摘。陶盆や陶罐などの器物とその組み合わせは典型的な楚文化様式であり、湖北省の江漢平原で出土した春秋時代後期の土器との類似性が高く、湘江下流の臨湘大畈遺跡に代表されるこの地域の同時代の文化遺構とは大きく異なると説明した。したがって、当時の羅城に住んでいたのは湖南の土着民ではなく、江漢平原西部の楚文化地区からの移民である可能性があるという。専門家は、羅城遺跡が文献に記載のある羅県であった可能性があるとも推測する。戦国時代に強大な勢力を誇った楚は、南方開拓へ注力するために羅県を設置した。楚の詩人、屈原(くつ・げん)が晩年の一時期を同地で過ごし、汨羅江の河畔で吟行したとの言い伝えもある。同地には高位者を埋葬したと思われる大型の封土を持つ墳墓があり「屈原の十二疑塚」と呼ばれている。(記者/崔俊傑、李紫薇) =配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011205074

  • 00:33.25
    2021年01月21日
    「新華社」馮家江の水質が改善、生物の楽園に広西チワン族自治区北海市

    中国広西チワン族自治区北海市の馮家江は中心市街地を流れる最大の水系で、下流はマングローブ林の広がる金海湾紅樹林保護区に隣接し、生態学的に重要な役割を持っている。この一帯ではかつて、歴史的な理由からエビや魚の養殖池が数多く造られたが、馮家江の汚水直接排出などの問題が深刻になり、流域の生態系は一時期、危機的な状況に陥った。同市は2018年12月、「馮家江湿地水環境対策事業」を開始。水源の管理や汚水の遮断、水再生施設、給水管、生態修復などの整備を行い、流域の排水基準をこれまでの「一級A」から「地表水4類」に引き上げたほか、鳥類などに生息地を提供するため、流域にマングローブを植えた。統計によると、流域の鳥類は17年の136種から171種に、水域の底部に生息する底生生物は66種から89種に増えた。(記者/楊馳、徐海濤) =配信日: 2021(令和3)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012202649

  • 2021年11月19日
    PAKISTAN-ISLAMABAD-COVID-19-LIFE-RESUMPTION

    (211119) -- ISLAMABAD, Nov. 19, 2021 (Xinhua) -- A man receives a dose of COVID-19 vaccine at a vaccination center in Islamabad, Pakistan, Nov. 16, 2021. Pakistan has reported less than 300 daily cases for several days in the past week, with the positivity rate falling below 1 percent for a time, according to the National Command and Operation Center (NCOC) of Pakistan. As Pakistan managed to flatten its COVID-19 curve, the NCOC, which oversees Pakistan‘s response to the pandemic, decided to further ease restrictions in cities based on their respective vaccination rates. TO GO WITH “Feature: COVID-19 loses steam in Pakistan with pragmatic response, expanding immunization drive“ (Xinhua/Ahmad Kamal)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303288

  • 2021年11月19日
    PAKISTAN-ISLAMABAD-COVID-19-LIFE-RESUMPTION

    (211119) -- ISLAMABAD, Nov. 19, 2021 (Xinhua) -- Women wearing face masks visit a market in Islamabad, Pakistan, Nov. 16, 2021. Pakistan has reported less than 300 daily cases for several days in the past week, with the positivity rate falling below 1 percent for a time, according to the National Command and Operation Center (NCOC) of Pakistan. As Pakistan managed to flatten its COVID-19 curve, the NCOC, which oversees Pakistan‘s response to the pandemic, decided to further ease restrictions in cities based on their respective vaccination rates. TO GO WITH “Feature: COVID-19 loses steam in Pakistan with pragmatic response, expanding immunization drive“ (Xinhua/Ahmad Kamal)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112302841

  • 2021年11月19日
    PAKISTAN-ISLAMABAD-COVID-19-LIFE-RESUMPTION

    (211119) -- ISLAMABAD, Nov. 19, 2021 (Xinhua) -- A man sells face masks at a market in Islamabad, Pakistan, Nov. 16, 2021. Pakistan has reported less than 300 daily cases for several days in the past week, with the positivity rate falling below 1 percent for a time, according to the National Command and Operation Center (NCOC) of Pakistan. As Pakistan managed to flatten its COVID-19 curve, the NCOC, which oversees Pakistan‘s response to the pandemic, decided to further ease restrictions in cities based on their respective vaccination rates. TO GO WITH “Feature: COVID-19 loses steam in Pakistan with pragmatic response, expanding immunization drive“ (Xinhua/Ahmad Kamal)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112302928

  • 2021年11月19日
    PAKISTAN-ISLAMABAD-COVID-19-LIFE-RESUMPTION

    (211119) -- ISLAMABAD, Nov. 19, 2021 (Xinhua) -- A man receives a dose of COVID-19 vaccine at a vaccination center in Islamabad, Pakistan, Nov. 16, 2021. Pakistan has reported less than 300 daily cases for several days in the past week, with the positivity rate falling below 1 percent for a time, according to the National Command and Operation Center (NCOC) of Pakistan. As Pakistan managed to flatten its COVID-19 curve, the NCOC, which oversees Pakistan‘s response to the pandemic, decided to further ease restrictions in cities based on their respective vaccination rates. TO GO WITH “Feature: COVID-19 loses steam in Pakistan with pragmatic response, expanding immunization drive“ (Xinhua/Ahmad Kamal)、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112303125

  • 2021年12月30日
    Metro Vancouver Sees Another Major Snowfall - Canada Metro Vancouver Sees Another Major Snowfall - Canada

    A person drives a snow-covered vehicle with only a portion of the windshield cleared after 21 centimetres of snow fell overnight, in Vancouver, on Thursday, December 30, 2021. Vancouver and Victoria got a dump of snow, too, with cold temperatures keeping precipitation all-snow down to sea level. Around 5-15+ cm of snow fell across the region, with Vancouver Airport reporting low visibility for a time on Thursday morning. Photo by Darryl Dyck/CP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年12月30日、クレジット:Dyck Darryl/CP/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010408985

  • 2021年12月30日
    Metro Vancouver Sees Another Major Snowfall - Canada Metro Vancouver Sees Another Major Snowfall - Canada

    A woman shovels snow from the sidewalk in front of her house after 21 centimetres of snow fell overnight, in Vancouver, on Thursday, December 30, 2021. Vancouver and Victoria got a dump of snow, too, with cold temperatures keeping precipitation all-snow down to sea level. Around 5-15+ cm of snow fell across the region, with Vancouver Airport reporting low visibility for a time on Thursday morning. Photo by Darryl Dyck/CP/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年12月30日、クレジット:Dyck Darryl/CP/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010409217

  • 1
  • 2