KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • きゅうり
  • たけのこ
  • サヤインゲン
  • ルーツ
  • レンコン
  • 世界平和
  • 僧侶
  • 大根
  • 寺院

「いんげんまめ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月03日
    塩花まめ蜜煮

    キーワード:塩花豆、花豆の蜜煮、花インゲンマメ、花インゲンマメの蜜煮=2019(令和元)年7月3日、群馬県、クレジット:共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080208582

  • 2019年07月29日
    白花豆の甘納豆

    キーワード:インゲン、ベニバナインゲン、飲食、花豆、菓子、甘い、甘納豆、砂糖漬け、東京都、豆菓子、日本、白花豆、無人、和菓子、北海道産、モノメイン写真、シロバナインゲンマメ、白花いんげん豆=2019(令和元)年7月29日、東京都、クレジット:Nobuyuki_Yoshikawa/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122500547

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701762

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701821

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701822

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701823

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701824

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701718

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、京都府宇治市の黄檗宗大本山万福寺。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040701819

  • 1