KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ぎん
  • 両国
  • 中国語
  • 位置
  • 友情
  • 子ども
  • 平成
  • 教科
  • 教育
  • 校舎

「うちみ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年05月28日
    綱打ち見守る新横綱 新横綱武蔵丸、綱打ち

    相撲S、電子カメラ、代表撮影  綱打ちを見守る武蔵川親方(左)と新横綱の武蔵丸=28日午前9時50分、東京都荒川区東日暮里の武蔵川部屋(代表撮影)

    商品コード: 1999052800030

  • 2013年04月09日
    綱打ち見守る理事長 北の湖理事長の赤い綱完成

    「綱打ち」の作業を見守る北の湖理事長=9日午前、東京都江東区の北の湖部屋

    商品コード: 2013040900147

  • 2015年08月12日
    サヨナラ打見守る田中 米大リーグ・田中

    16回、インディアンスのブラントリー(23)のサヨナラ打を見守るヤンキース・田中(左上)=クリーブランド(共同)

    商品コード: 2015081200346

  • 2017年02月10日
    酷似しているポスター 維新博ポスターそっくり

    3月から始まる「志国高知 幕末維新博」のポスター(左)と、「こうちミュージアムネットワーク」が過去の企画展で使ったポスター

    商品コード: 2017021000959

  • 2019年03月08日
    国境線上の村二つの国の児童が通う小学校雲南省瑞麗市

    8日、銀井小学校で休み時間に一緒に遊戯を楽しむ中国とミャンマーの児童。中国とミャンマーの国境に位置する雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州瑞麗市の銀井(ぎんせい)村では、中国へ越境入学しているミャンマー籍の子どもたちが、銀井国境検問所を通り銀井小学校へ向かう光景が毎朝見られる。同校の開校は1960年3月。幼児クラスと小学1~3年のクラスがあり、中国語、タイ族語、ミャンマー語などの教科が設置されている。現在の生徒数は135人で、うちミャンマーの児童は36人。中国への毎日の「留学」は、ミャンマー児童らにとって楽しい旅となっている。このタイ族の村には両国の国境線が通っており、中国側を「銀井」、ミャンマー側を「芒秀(Mangxiu)」と呼ぶ。落ち着きを保つ美しい校舎は、互いが「親戚」と呼び合う中国とミヤンマーの子どもたちの友情を長年見守ってきた。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203594

  • 2019年03月08日
    国境線上の村二つの国の児童が通う小学校雲南省瑞麗市

    8日、銀井小学校で古詩「恵崇春江晩景」を朗読するミャンマー籍のウェンリャン君。中国とミャンマーの国境に位置する雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州瑞麗市の銀井(ぎんせい)村では、中国へ越境入学しているミャンマー籍の子どもたちが、銀井国境検問所を通り銀井小学校へ向かう光景が毎朝見られる。同校の開校は1960年3月。幼児クラスと小学1~3年のクラスがあり、中国語、タイ族語、ミャンマー語などの教科が設置されている。現在の生徒数は135人で、うちミャンマーの児童は36人。中国への毎日の「留学」は、ミャンマー児童らにとって楽しい旅となっている。このタイ族の村には両国の国境線が通っており、中国側を「銀井」、ミャンマー側を「芒秀(Mangxiu)」と呼ぶ。落ち着きを保つ美しい校舎は、互いが「親戚」と呼び合う中国とミヤンマーの子どもたちの友情を長年見守ってきた。(瑞麗=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203586

  • 2019年03月08日
    国境線上の村二つの国の児童が通う小学校雲南省瑞麗市

    8日、ミャンマーの児童に国語の補習をする銀井小学校の教師。中国とミャンマーの国境に位置する雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州瑞麗市の銀井(ぎんせい)村では、中国へ越境入学しているミャンマー籍の子どもたちが、銀井国境検問所を通り銀井小学校へ向かう光景が毎朝見られる。同校の開校は1960年3月。幼児クラスと小学1~3年のクラスがあり、中国語、タイ族語、ミャンマー語などの教科が設置されている。現在の生徒数は135人で、うちミャンマーの児童は36人。中国への毎日の「留学」は、ミャンマー児童らにとって楽しい旅となっている。このタイ族の村には両国の国境線が通っており、中国側を「銀井」、ミャンマー側を「芒秀(Mangxiu)」と呼ぶ。落ち着きを保つ美しい校舎は、互いが「親戚」と呼び合う中国とミヤンマーの子どもたちの友情を長年見守ってきた。(瑞麗=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203591

  • 2019年03月08日
    国境線上の村二つの国の児童が通う小学校雲南省瑞麗市

    8日、銀井小学校で休み時間に一緒に遊戯を楽しむ中国とミャンマーの児童。中国とミャンマーの国境に位置する雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州瑞麗市の銀井(ぎんせい)村では、中国へ越境入学しているミャンマー籍の子どもたちが、銀井国境検問所を通り銀井小学校へ向かう光景が毎朝見られる。同校の開校は1960年3月。幼児クラスと小学1~3年のクラスがあり、中国語、タイ族語、ミャンマー語などの教科が設置されている。現在の生徒数は135人で、うちミャンマーの児童は36人。中国への毎日の「留学」は、ミャンマー児童らにとって楽しい旅となっている。このタイ族の村には両国の国境線が通っており、中国側を「銀井」、ミャンマー側を「芒秀(Mangxiu)」と呼ぶ。落ち着きを保つ美しい校舎は、互いが「親戚」と呼び合う中国とミヤンマーの子どもたちの友情を長年見守ってきた。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203606

  • 2019年03月08日
    国境線上の村二つの国の児童が通う小学校雲南省瑞麗市

    8日、銀井小学校で休み時間に一緒に遊戯を楽しむ中国とミャンマーの児童。中国とミャンマーの国境に位置する雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州瑞麗市の銀井(ぎんせい)村では、中国へ越境入学しているミャンマー籍の子どもたちが、銀井国境検問所を通り銀井小学校へ向かう光景が毎朝見られる。同校の開校は1960年3月。幼児クラスと小学1~3年のクラスがあり、中国語、タイ族語、ミャンマー語などの教科が設置されている。現在の生徒数は135人で、うちミャンマーの児童は36人。中国への毎日の「留学」は、ミャンマー児童らにとって楽しい旅となっている。このタイ族の村には両国の国境線が通っており、中国側を「銀井」、ミャンマー側を「芒秀(Mangxiu)」と呼ぶ。落ち着きを保つ美しい校舎は、互いが「親戚」と呼び合う中国とミヤンマーの子どもたちの友情を長年見守ってきた。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203568

  • 2019年03月08日
    国境線上の村二つの国の児童が通う小学校雲南省瑞麗市

    8日、ミャンマー籍のネンリャ君に字を教える銀井小学校の王德宇(おう・とくう)先生。中国とミャンマーの国境に位置する雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州瑞麗市の銀井(ぎんせい)村では、中国へ越境入学しているミャンマー籍の子どもたちが、銀井国境検問所を通り銀井小学校へ向かう光景が毎朝見られる。同校の開校は1960年3月。幼児クラスと小学1~3年のクラスがあり、中国語、タイ族語、ミャンマー語などの教科が設置されている。現在の生徒数は135人で、うちミャンマーの児童は36人。中国への毎日の「留学」は、ミャンマー児童らにとって楽しい旅となっている。このタイ族の村には両国の国境線が通っており、中国側を「銀井」、ミャンマー側を「芒秀(Mangxiu)」と呼ぶ。落ち着きを保つ美しい校舎は、互いが「親戚」と呼び合う中国とミヤンマーの子どもたちの友情を長年見守ってきた。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203434

  • 2019年03月08日
    国境線上の村二つの国の児童が通う小学校雲南省瑞麗市

    8日、自転車で銀井国境検問所を通り帰宅するミャンマーの児童。中国とミャンマーの国境に位置する雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州瑞麗市の銀井(ぎんせい)村では、中国へ越境入学しているミャンマー籍の子どもたちが、銀井国境検問所を通り銀井小学校へ向かう光景が毎朝見られる。同校の開校は1960年3月。幼児クラスと小学1~3年のクラスがあり、中国語、タイ族語、ミャンマー語などの教科が設置されている。現在の生徒数は135人で、うちミャンマーの児童は36人。中国への毎日の「留学」は、ミャンマー児童らにとって楽しい旅となっている。このタイ族の村には両国の国境線が通っており、中国側を「銀井」、ミャンマー側を「芒秀(Mangxiu)」と呼ぶ。落ち着きを保つ美しい校舎は、互いが「親戚」と呼び合う中国とミヤンマーの子どもたちの友情を長年見守ってきた。(瑞麗=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031203475

  • 1