KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 日本農業新聞
  • 旧正月
  • 春節
  • 記者
  • ブタ
  • 内容
  • 干支
  • 意味
  • 映像

「うつぼかずら」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1990年01月27日
    造形美競う花博パビリオン

    (1)“食中植物” 観客をのみ込んでしまいそうな巨大なウツボカズラの「三和みどり館」のエントランスホール

    商品コード: 2020092803431

  • 1998年06月18日
    ウツボカズラと岡村さん 食虫植物の促成栽培に成功

    促成栽培に成功した食虫植物「ウツボカズラ」を手にする岡村正治さん=高知県南国市

    商品コード: 1998061800111

  • 2001年08月10日
    夢の島で食虫植物展

    夢の島熱帯植物館で開催中の「神秘―食虫植物の世界展」に展示されているウツボカズラ=東京都江東区

    商品コード: 2001081000080

  • 2002年07月18日
    食虫植物 動・植物(食虫植物)

    ウツボカズラ=2002(平成14)年7月18日、東京都、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [02-539-13]

    商品コード: 2017092600809

  • 2002年07月24日
    食虫植物 動・植物(食虫植物)

    食虫植物「ウツボカズラ」=2002(平成14)年7月24日、静岡県沼津市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外14-1088-16]

    商品コード: 2017102600738

  • 2004年07月16日
    食虫植物 動・植物(食虫植物)

    ウツボカズラ=2004(平成16)年7月16日、東京都、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20040716DN0116]

    商品コード: 2017121200307

  • 02:09.87
    2019年02月05日
    「新華社」「猪年」は上海植物園に「猪籠草」を見に行こう

    中国では春節(旧正月)から干支が変わるので、間もなく「猪年」になるところ。中国では「猪」はブタを意味するが、植物界には、名前に「猪」の字がつく植物がいくつかある。一緒に見てみよう。これは世界最大の食虫植物ウツボカズラ。栄養を吸い取る独特の捕虫袋がついている。捕虫袋の多くは楕円(だえん)形で、下にいくにつれやや大きくなっており、口の部分にはフタがついている。その形状が広東地区で豚を捕まえるのに使用される籠に似ているため、中国では「猪籠草」と呼ばれている。新春の訪れに際し上海植物園は2月4日から、「亥!猪籠草」をテーマにしたウツボカズラ展を開催する。ウツボカズラの原種や園芸品種約100種類、200株余りが展示される。上海植物園は展示の準備段階で、極力ウツボカズラの原生地の環境に似せて、株の大きさや高さの異なるウツボカズラを一緒に植え、コケ、シダ、小石、置物などをあしらっている。小さくて精巧なミニチュアの景観からカラフルな草花のある熱帯の風景まで、生命力にあふれている。展示は2月24日まで。(記者/呉霞)<映像内容>上海植物園のウツボカズラ展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518439

  • 04:40.66
    2019年02月08日
    「新華社」広州伝統の年越し花市、幸運のブタあふれる

    「花街を巡って年越し」は中国広東省の伝統的な春節(旧正月)の習慣だ。春節の前後には毎年、広東省各地で花市が開かれる。花市巡りは花街巡りとも呼ばれ、一家そろって花街を巡らないと年を越せないと言われるほどだ。広州市の中心にある西湖路(せいころ)花市は地元で最も歴史が古く、最も伝統の味わいを持つ迎春の花市だ。旧暦のブタ年(日本ではイノシシ年)の今年は、花市の入り口に金色のブタの像が置かれ、花市に訪れた多くの人がSNSで公開する写真を撮影する人気スポットになっている。百年の伝統を誇るこの迎春花市に入る時、最初に目に入るのが花ではなく、まばゆいばかりに輝く金色のブタなのが今年ならでは。花市では、ペッパピッグやマクダルに代表されるアニメのキャラクターグッズが至る所で見られ、いろいろな形の風船や家庭に幸福を呼ぶとされる風車、また好奇心を大いにそそられる、ひねると鳴き声のする蛍光色のブタまで、さまざまブタのキャラクターグッズが店頭に並んでいる。当然、各種のぬいぐるみもたくさんある。しかし、花市であるからには、やはり最大の主役は花だ。年々歳々花あい似たり。迎春を象徴する小型の柑橘系植物「年橘」の鉢植えや、桃の花、百合、水仙、胡蝶蘭、ツノナスなど縁起が良いとされる花は、昔も今も花市で最も人気がある。しかし、今年はさらに強力なライバルが出現した。やはり「ブタ」と関係がある。「花街を巡って年越し」は中国南部の特色ある伝統習俗で、広州市では、迎春花市は毎年旧暦の12月28日午前に開場し、同1月1日の明け方まで続く。(記者/霍思穎、黄国保)<映像内容>中国広州、年越し伝統の花市巡りの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020825156

  • 2021年01月25日
    春節用生花の出荷準備進む広東省広州市

    25日、広州市従化区にある花卉栽培拠点で、ウツボカズラに水をやる従業員。中国広東省には、春節(旧正月)の時期に花を買い求める伝統的な習慣がある。花に開運出世の意味を込め、祝福の気持ちを表す。花卉(かき)栽培地の一つ、同省広州市従化区では販売の最盛期を前に、従業員らが準備に追われている。(広州=新華社記者/陸浩)=配信日:2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020103750

  • 1