KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • じん
  • シフゾウ
  • 個体
  • 増加
  • 生き物
  • 李博
  • 群れ
  • ハス

「うれしいこと」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  「福島民報」「民報ニュース」第3回赤ちゃん保健コンテスト表彰
    01:20.87
    1958年12月31日
    「福島民報」「民報ニュース」第3回赤ちゃん保健コンテスト表彰

    飛島社長あいさつ「自分の赤ちゃんがほめられることもまたうれしいこと」撮影日:1958(昭和33)年、クレジット:福島民報社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031202351

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年05月30日
    島田事件の再審開始を決定

    よかった、と免田さん 「よかった、どんなにうれしいことか・」と語る免田事件の免田栄さん=1986(昭和61)年5月30日撮影、静岡弁護士会館

    商品コード: 1986053000018

  • 漆芸の佐治賢使さん 時代に合った造形に挑戦
    1995年10月23日
    漆芸の佐治賢使さん 時代に合った造形に挑戦

    文化勲章受章の知らせに「生まれてこの方、こんなにうれしいことはない」と語る漆芸の佐治賢使さん(さじ・ただし)(カラーネガ)

    商品コード: 1995102300058

  •  人情喜劇で引っ張りだこ
    2004年10月12日
    人情喜劇で引っ張りだこ

    「好きな役者さんたちの出る作品を書かせてもらえるのはうれしいこと」と話す水谷龍二=東京・丸の内のホテル

    商品コード: 2004101200106

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月28日
    散策する来場者 福島・花見山が春の彩り

    福島市の花見山公園で桜やレンギョウなどが見ごろを迎え、山肌をパッチワークのように彩っている。大型連休初日は絶好の花見日和となり、家族連れらが遊歩道の散策を楽しんだ。昨シーズンは震災や原発事故の影響で、来場者が前年の3分の1以下に激減。放射性物質の除染は今も続くが、客足は戻りつつあるという。花案内人の渡部八重子さん(75)は「福島まで来てくれるのはうれしいこと。花の力は大きいと感じる」と話した=28日

    商品コード: 2012042800426

  •  琴欧洲「世界一幸せ」  欧州勢初の大関が断髪
    03:05.65
    2014年10月04日
    琴欧洲「世界一幸せ」  欧州勢初の大関が断髪

    大相撲で欧州出身初の大関となり、3月の春場所限りで現役を引退した琴欧洲親方(31)=本名 安藤(あんどう)カロヤン、ブルガリア出身、佐渡ケ嶽部屋=の引退断髪披露大相撲が4日、東京・両国国技館で行われ、横綱白鵬関や父ステファン氏ら約350人がはさみを入れた。升席から2階席までほとんど埋まる大盛況の中、師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)に大銀杏(おおいちょう)を切り落とされた琴欧洲親方は涙を流し「国技館が満員御礼となり、こんなうれしいことはない。私は世界一幸せな男だ」と感慨に浸った。<映像内容>断髪式で師匠の佐渡ケ嶽親方に大銀杏を切り落とされる元大関の琴欧洲親方、撮影日:2014(平成26)年10月4日、撮影場所:両国国技館

    商品コード: 2019030605332

  • 飲食店でテレビ見る女性 南北首脳が会談
    2018年04月27日
    飲食店でテレビ見る女性 南北首脳が会談

    27日午後、在日コリアンの店がひしめく東京・新大久保で飲食店を営む女性が南北首脳会談を報じるテレビを眺めていた。「世界的に平和な日。こんなにうれしいことはないでしょう」と笑顔で話した

    商品コード: 2018042700933

  • 飲食店のテレビ 南北首脳が会談
    2018年04月27日
    飲食店のテレビ 南北首脳が会談

    27日午後、在日コリアンの店がひしめく東京・新大久保で飲食店を営む女性が南北首脳会談を報じるテレビを眺めていた。「世界的に平和な日。こんなにうれしいことはないでしょう」と笑顔で話した

    商品コード: 2018042700934

  • 桂文枝さん 「残りの人生を注ぎたい」
    2018年07月17日
    桂文枝さん 「残りの人生を注ぎたい」

    「喜楽館に来た皆さんに存分に笑っていただければ、こんなにうれしいことはありません」と語る桂文枝さん=神戸市兵庫区

    商品コード: 2018071700612

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月09日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    9日、GPS情報からシフゾウの群れの移動経路を確認する任義軍さん。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062204530

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月09日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    9日、シフゾウの群れの活動状況を観察する任義軍さん(左)ら。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905115

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月09日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    9日、シフゾウの群れの活動状況を観察する任義軍さん(右)ら。(小型無人機から)中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905046

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月09日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    9日、シフゾウの群れの活動状況を観察する任義軍さん(右)ら。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905074

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月09日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    9日、シフゾウの活動エリアを車で巡回する任義軍さんら。(小型無人機から)中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905122

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月10日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    10日、大豊麋鹿国家級自然保護区内のシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905276

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月10日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    10日、大豊麋鹿国家級自然保護区で来園者にシフゾウについて解説する任義軍さん(左)。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905088

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月10日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    10日、シフゾウに餌をやる任義軍さん。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905092

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月10日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    10日、人工飼育されたシフゾウと任義軍さん。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905118

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月10日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    10日、大豊麋鹿国家級自然保護区内を移動するシフゾウの群れ。(小型無人機から)中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905128

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月11日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    11日、シフゾウの角を計測し、成長状況を分析する任義軍さん(中央)。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905135

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月11日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    11日、シフゾウが餌を食べたか確認する任義軍さんら。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061904999

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月11日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    11日、池の近くで休むシフゾウの群れ。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905126

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月11日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    11日、シフゾウが餌を食べたか確認する任義軍さん(右)ら。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905134

  •  シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省
    2020年06月11日
    シフゾウを守る人たち「個体数の増加が一番うれしい」江蘇省

    11日、大豊麋鹿国家級自然保護区内を移動するシフゾウの群れ。中国江蘇省大豊麋鹿(シフゾウ)国家級自然保護区で技術管理責任者を務める任義軍(じん・ぎぐん)さん(48)は、22年前から同保護区でシフゾウの個体数管理に携わり、この中国特有の希少動物を守ってきた。当時400頭余りだった個体数が今では5千頭を超えたことが「私にとって最もうれしいこと」と話す。(塩城=新華社記者/李博)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905165

  • 心境語る加藤沢男さん 「うれしいことだが恐縮」
    2020年10月26日
    心境語る加藤沢男さん 「うれしいことだが恐縮」

    文化功労者に選ばれ心境を語る体操五輪金メダリストの加藤沢男さん

    商品コード: 2020102603016

  • 加藤沢男さん 「うれしいことだが恐縮」
    2020年10月26日
    加藤沢男さん 「うれしいことだが恐縮」

    文化功労者に選ばれ心境を語る体操五輪金メダリストの加藤沢男さん

    商品コード: 2020102603021

  •  「新華社」吉林省長春市に住む日本人女性と中国の縁
    00:50.72
    2021年10月06日
    「新華社」吉林省長春市に住む日本人女性と中国の縁

    中国吉林省長春市に在住の日本人女性、諸角天美さん(28)は、同市で先月末に開かれた第13回中国・北東アジア博覧会で日本の商品や日本に関する展示を見て、懐かしくうれしかったと語った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本には2年余り帰っていない。諸角さんにとって、中日両国の経済や文化などの協力の深まりを感じることが特にうれしいことだという。中国で生活して8年。この地で家庭を持ち、子どもも授かった。諸角さんは「中国は第二のふるさと。より多くの日本人に中国の変化を見てほしい。本当の中国の姿を理解してもらいたい」と語る。大学院の専攻は外交学。実生活も「民間大使」のような日々を送る。「多くの外国人は北京や上海などの大都市を好むが、私は友人に長春のような地方都市を勧めている。空気が良くて、暮らしやすい。大きな家にも住めるし交通も便利で、良いとこだらけ」と話す。吉林大学を卒業後、長春理工大学の日本語教師になった。授業では言葉を教えるだけでなく、中日両国の文化の違いを学生たちに伝えている。毎日が充実して楽しいという。諸角さんは、中国の急速な変化を目の当たりにしてきた。これからも中日間の協力がさらに増え、二つのふるさとの友好が末永く続くことを願っていると語った。(記者/邵美琦、高楠) =配信日: 2021(令和3)年10月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100704846

  •  (3)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省
    2022年06月14日
    (3)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省

    9日、普者黒国家湿地公園に咲き誇るハスの花。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、同公園の職員が開花したピンク色の「双頭蓮(そうとうれん)」を発見した。1本の茎に二つの花をつけ、鮮やかな色をしている。「双頭蓮」はハス科に属し、「並頭蓮」「同心芙蓉」「合歓蓮」「瑞蓮」などの別名を持ち、「花の中の君子」とも呼ばれる。非常に珍しい花で、遺伝しないため、地元ではめでたいことやうれしいこと、愛など多くの幸運の兆しとされてきた。園内には312の孤峰が点在し、83の鍾乳洞がさまざまな姿を見せ、澄んだ水をたたえた54の湖が連なる。毎年夏になると、天然湖に約1万ムー(約667ヘクタール)にわたってハスの花が咲き誇る。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度しか見られないという。(丘北=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061407317

  •  (4)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省
    2022年06月14日
    (4)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省

    9日、普者黒国家湿地公園に咲くピンク色の「双頭蓮」。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、同公園の職員が開花したピンク色の「双頭蓮(そうとうれん)」を発見した。1本の茎に二つの花をつけ、鮮やかな色をしている。「双頭蓮」はハス科に属し、「並頭蓮」「同心芙蓉」「合歓蓮」「瑞蓮」などの別名を持ち、「花の中の君子」とも呼ばれる。非常に珍しい花で、遺伝しないため、地元ではめでたいことやうれしいこと、愛など多くの幸運の兆しとされてきた。園内には312の孤峰が点在し、83の鍾乳洞がさまざまな姿を見せ、澄んだ水をたたえた54の湖が連なる。毎年夏になると、天然湖に約1万ムー(約667ヘクタール)にわたってハスの花が咲き誇る。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度しか見られないという。(丘北=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061407339

  •  (1)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省
    2022年06月14日
    (1)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省

    9日、普者黒国家湿地公園に咲くピンク色の「双頭蓮」。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、同公園の職員が開花したピンク色の「双頭蓮(そうとうれん)」を発見した。1本の茎に二つの花をつけ、鮮やかな色をしている。「双頭蓮」はハス科に属し、「並頭蓮」「同心芙蓉」「合歓蓮」「瑞蓮」などの別名を持ち、「花の中の君子」とも呼ばれる。非常に珍しい花で、遺伝しないため、地元ではめでたいことやうれしいこと、愛など多くの幸運の兆しとされてきた。園内には312の孤峰が点在し、83の鍾乳洞がさまざまな姿を見せ、澄んだ水をたたえた54の湖が連なる。毎年夏になると、天然湖に約1万ムー(約667ヘクタール)にわたってハスの花が咲き誇る。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度しか見られないという。(丘北=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061407316

  •  (5)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省
    2022年06月14日
    (5)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省

    9日、普者黒国家湿地公園に咲き誇るハスの花。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、同公園の職員が開花したピンク色の「双頭蓮(そうとうれん)」を発見した。1本の茎に二つの花をつけ、鮮やかな色をしている。「双頭蓮」はハス科に属し、「並頭蓮」「同心芙蓉」「合歓蓮」「瑞蓮」などの別名を持ち、「花の中の君子」とも呼ばれる。非常に珍しい花で、遺伝しないため、地元ではめでたいことやうれしいこと、愛など多くの幸運の兆しとされてきた。園内には312の孤峰が点在し、83の鍾乳洞がさまざまな姿を見せ、澄んだ水をたたえた54の湖が連なる。毎年夏になると、天然湖に約1万ムー(約667ヘクタール)にわたってハスの花が咲き誇る。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度しか見られないという。(丘北=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061407337

  •  (2)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省
    2022年06月14日
    (2)普者黒国家湿地公園でピンクの「双頭蓮」見つかる雲南省

    9日、普者黒国家湿地公園に咲き誇るハスの花。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州丘北県の普者黒(プジャヘイ)国家湿地公園でこのほど、同公園の職員が開花したピンク色の「双頭蓮(そうとうれん)」を発見した。1本の茎に二つの花をつけ、鮮やかな色をしている。「双頭蓮」はハス科に属し、「並頭蓮」「同心芙蓉」「合歓蓮」「瑞蓮」などの別名を持ち、「花の中の君子」とも呼ばれる。非常に珍しい花で、遺伝しないため、地元ではめでたいことやうれしいこと、愛など多くの幸運の兆しとされてきた。園内には312の孤峰が点在し、83の鍾乳洞がさまざまな姿を見せ、澄んだ水をたたえた54の湖が連なる。毎年夏になると、天然湖に約1万ムー(約667ヘクタール)にわたってハスの花が咲き誇る。職員によると、二つの花の色と種類が同じ双頭蓮は数年に一度しか見られないという。(丘北=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061407392

  • 1