KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 動物
  • 生き物
  • 風景
  • 群れ
  • 越冬
  • シベリア
  • 渡り鳥
  • 改善

「おおはく」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
300
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
300
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1971年01月28日
    ことしもやってきたオオハクチョウ

    ことしもシベリヤからはるばるやってきたオオハクチョウ。子どもたちがトウモロコシを投げるとグワグワと寄ってきた=1971(昭和46)年1月、青森県東津軽郡平内町

    商品コード: 2010092200164

  • 1994年05月25日
    住民に保護された鳥 北帰行を待つオオハクチョウ

    来春の北帰行に備える群馬県・多々良沼のオオハクチョウ

    商品コード: 1994052500007

  • 1994年07月21日
    衛星使い日本野鳥の会 オオハクチョウの渡り追跡

    渡り経路追跡のため送信機が取り付けられたオオハクチョウ=青森県・平内町の浅所海岸(野鳥保護)

    商品コード: 1994072100060

  • 1996年04月04日
    青森の水田で、県が調査 オオハクチョウ9羽が死亡

    水田で見つかったオオハクチョウの死がい=4日午後、青森家畜保健衛生所

    商品コード: 1996040400093

  • 1997年10月15日
    飛来したオオハクチョウ 山陰にオオハクチョウ

    米子水鳥公園に飛来し、カモの群れに交じって休むオオハクチョウ=15日午前、鳥取県米子市

    商品コード: 1997101500050

  • 1998年05月12日
    保護されたオオハクチョウ 鉛中毒の渡り鳥保護作戦

    保護された鉛中毒とみられるオオハクチョウ=12日、北海道江別市の酪農学園大獣医学部

    商品コード: 1998051200173

  • 2002年11月20日
    ルアーをつけた子白鳥 子白鳥のくちばしにルアー

    くちばしに釣り用のルアーが引っかかったオオハクチョウの幼鳥(左)=20日午後、仙台市宮城野区の七北田川

    商品コード: 2002112000190

  • 2002年11月20日
    ルアーをぶら下げる白鳥 子白鳥のくちばしにルアー

    口から釣り用ルアーをぶらさげ、川岸にたたずむオオハクチョウの幼鳥(手前)=20日午後、仙台市宮城野区の七北田川

    商品コード: 2002112000195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2003年02月04日
    オオハクチョウの幼鳥 ルアー刺さり白鳥けが

    ルアーがあごに刺さったオオハクチョウの幼鳥=4日、山形県酒田市の最上川スワンパーク

    商品コード: 2003020400138

  • 2003年02月06日
    ルアーが刺さった白鳥 ルアーの白鳥を救出

    ルアーがあごに刺さったオオハクチョウの幼鳥=4日、山形県酒田市の最上川スワンパーク

    商品コード: 2003020600214

  • 2005年06月09日
    湖で泳ぐハクチョウのひな ハクチョウのひなすくすく

    母鳥とともに元気に泳ぐオオハクチョウのひな=9日午後、北海道苫小牧市のウトナイ湖

    商品コード: 2005060900107

  • 2009年12月14日
    力強く羽ばたくオオハクチョウ

    キーワード:5羽、オオハクチョウ、ハクチョウ、ローアングル、屋外、生き物、鳥、動物、日本、無人、野生、野鳥、動植物メイン写真=2009(平成21)年12月14日、北海道釧路市、クレジット:HISAO NAKAMURA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030306771

  • 2009年12月14日
    オオハクチョウ

    キーワード:5羽、オオハクチョウ、ハクチョウ、ローアングル、屋外、生き物、鳥、動物、日本、無人、野生、野鳥、動植物メイン写真=2009(平成21)年12月14日、北海道釧路市、クレジット:HISAO NAKAMURA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030306294

  • 2013年04月13日
    Two Whooper swans (Cygnus cygnus) in flight in winter

    Two Whooper swans (Cygnus cygnus) in flight in winter, motion blur, province Oerebro laen, Sweden, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Tobias Veser/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603593

  • 2013年04月13日
    Whooper swans (Cygnus cygnus)

    Whooper swans (Cygnus cygnus), flying in winter in cloudy weather, Tysslingen, Oerebro, Sweden, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Tobias Veser/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603556

  • 2013年04月13日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) in flight in fog

    Whooper swan (Cygnus cygnus) in flight in fog, province Oerebro laen, Sweden, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Tobias Veser/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603505

  • 2014年02月21日
    ペアで泳ぐオオハクチョウ

    キーワード:2羽、オオハクチョウ、ハクチョウ、ペア、泳ぐ、屋外、湖、公園、国定公園、水面、生き物、昼、鳥、冬、動物、日本、白鳥、氷、並ぶ、無人、網走国定公園、濤沸湖、ラムサール条約、汽水湖、白鳥公園、動植物メイン写真=2014(平成26)年2月21日、北海道網走市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700227

  • 2014年02月21日
    つがいで鳴くオオハクチョウ

    キーワード:オオハクチョウ、ハクチョウ、屋外、群れ、湖、午前中、公園、国定公園、生き物、鳥、冬、動物、日本、白鳥、氷、風景、複数、無人、網走国定公園、濤沸湖、ラムサール条約、汽水湖、白鳥公園=2014(平成26)年2月21日、北海道網走市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700185

  • 2014年02月21日
    整列して泳ぐオオハクチョウ

    キーワード:7羽、オオハクチョウ、ハクチョウ、泳ぐ、屋外、湖、公園、国定公園、整列、生き物、昼、鳥、冬、動物、日本、白鳥、氷、風景、並ぶ、無人、網走国定公園、濤沸湖、ラムサール条約、汽水湖、白鳥公園=2014(平成26)年2月21日、北海道網走市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700742

  • 2014年02月21日
    濤沸湖の白鳥公園と白鳥の群れ

    キーワード:オオハクチョウ、ハクチョウ、屋外、群れ、湖、午前中、公園、国定公園、生き物、青空、雪、鳥、冬、動物、日本、白鳥、風景、複数、無人、網走国定公園、濤沸湖、ラムサール条約、汽水湖、白鳥公園=2014(平成26)年2月21日、北海道網走市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700426

  • 2014年12月29日
    オオハクチョウの群れ 住宅街の川にハクチョウ

    北海道釧路市の仁々志別川に飛来したオオハクチョウ=29日

    商品コード: 2014122900204

  • 2014年12月29日
    羽を広げるオオハクチョウ 住宅街の川にハクチョウ

    北海道釧路市の仁々志別川に飛来し、羽を広げるオオハクチョウ=23日

    商品コード: 2014122900205

  • 2014年12月29日
    オオハクチョウの群れ 住宅街の川にハクチョウ

    住宅街の近くを流れる仁々志別川で越冬するオオハクチョウ=29日、北海道釧路市

    商品コード: 2014122900206

  • 2014年12月29日
    飛来したオオハクチョウ 住宅街の川にハクチョウ

    北海道釧路市の仁々志別川に飛来したオオハクチョウ=23日

    商品コード: 2014122900207

  • 2015年01月02日
    けあらしとオオハクチョウ 釧路の川面覆う冬の霧

    新釧路川と仁々志別川の合流付近で立ち上る「けあらし」。手前は羽を休めるオオハクチョウ=2日午前、北海道釧路市

    商品コード: 2015010200109

  • 2016年01月19日
    Whooper swans (Cygnus cygnus) resting on an ice surface in winter

    Whooper swans (Cygnus cygnus) resting on an ice surface in winter, Saxony-Anhalt, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Kevin Proennecke/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908481

  • 2016年01月19日
    Whooper swans (Cygnus cygnus) resting on an ice surface in winter

    Whooper swans (Cygnus cygnus) resting on an ice surface in winter, Saxony-Anhalt, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Kevin Proennecke/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908408

  • 2016年02月07日
    Whooper swans (Cygnus cygnus) at Kotan

    Whooper swans (Cygnus cygnus) at Kotan, Kussharo Lake, Akan National Park, Hokkaido, Japan, Asia、クレジット:imageBROKER.com/Wolfgang Jaekel/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603636

  • 02:27.54
    2016年04月28日
    北海道稚内市の大沼 北帰行へハクチョウ羽休め

    北海道稚内市の大沼で、本州などで越冬し、繁殖地シベリアへ渡る前のハクチョウの群れが集まり、羽休めをしている。28日は日本海を隔てた利尻山がはっきり望める晴天。午前9時までに約2300羽のコハクチョウやオオハクチョウが所狭しと集まり「クオー、クオー」と甲高い鳴き声を響かせながら、長い首を水中に入れて水草をついばんだり、大きく羽を広げたりしていた。稚内市大沼野鳥観察館によると、5月中旬ごろまで飛来のピークは続く。〈映像内容〉大沼に集まったハクチョウの群れや、ハクチョウが飛んでいる様 子、着水する様子など。

    商品コード: 2017090201365

  • 2016年11月26日
    生態環境の改善で「白鳥の町」が活性化河南省三門峡市

    三門峡市の黄河湿地に生息しているオオハクチョウの群れ。(2016年11月26日撮影)二十四節気の「小寒」が過ぎ、中国の北方地域では寒さが本格化し、物寂しい風景が広がっている。しかし、河南省三門峡市にある黄河湿地では、約1万羽のオオハクチョウが越冬のために飛来し、各地から訪れた多くの観光客が、人と自然が調和した美しい風景を満喫している。三門峡市の天鵝湖湿地公園で説明員を務める韓鉄艶(かん・てつえん)さんはこの8年間、河南省西部の黄河湿地が生態環境の改善により、オオハクチョウの重要な生息地となっていく様子を見守ってきた。人々の優しさと努力の結果、この地に数多くのオオハクチョウが訪れるようになり、同市は今や「白鳥の町」として、中国の人々に知られている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2016(平成28)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120717

  • 2017年03月05日
    Whooper swans (Cygnus cygnus) in flight

    Whooper swans (Cygnus cygnus) in flight, Tysslingen, Oerebro, Sweden, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Tobias Veser/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603628

  • 2017年03月11日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) in flight

    Whooper swan (Cygnus cygnus) in flight, motion blur, province Oerebro laen, Sweden, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Tobias Veser/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122603483

  • 2017年12月03日
    生態環境の改善で「白鳥の町」が活性化河南省三門峡市

    三門峡市の黄河湿地に生息しているオオハクチョウの群れ。(2017年12月3日撮影)二十四節気の「小寒」が過ぎ、中国の北方地域では寒さが本格化し、物寂しい風景が広がっている。しかし、河南省三門峡市にある黄河湿地では、約1万羽のオオハクチョウが越冬のために飛来し、各地から訪れた多くの観光客が、人と自然が調和した美しい風景を満喫している。三門峡市の天鵝湖湿地公園で説明員を務める韓鉄艶(かん・てつえん)さんはこの8年間、河南省西部の黄河湿地が生態環境の改善により、オオハクチョウの重要な生息地となっていく様子を見守ってきた。人々の優しさと努力の結果、この地に数多くのオオハクチョウが訪れるようになり、同市は今や「白鳥の町」として、中国の人々に知られている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2017(平成29)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120703

  • 2018年02月02日
    生態環境の改善で「白鳥の町」が活性化河南省三門峡市

    三門峡市の黄河湿地に生息しているオオハクチョウの群れ。(2018年2月2日撮影)二十四節気の「小寒」が過ぎ、中国の北方地域では寒さが本格化し、物寂しい風景が広がっている。しかし、河南省三門峡市にある黄河湿地では、約1万羽のオオハクチョウが越冬のために飛来し、各地から訪れた多くの観光客が、人と自然が調和した美しい風景を満喫している。三門峡市の天鵝湖湿地公園で説明員を務める韓鉄艶(かん・てつえん)さんはこの8年間、河南省西部の黄河湿地が生態環境の改善により、オオハクチョウの重要な生息地となっていく様子を見守ってきた。人々の優しさと努力の結果、この地に数多くのオオハクチョウが訪れるようになり、同市は今や「白鳥の町」として、中国の人々に知られている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120692

  • 2018年02月02日
    ハート

    ロシア・アルタイ地方の湖で過ごすオオハクチョウ。雌雄は分からないが、愛し合っているように見える。(タス=共同)

    商品コード: 2018020200291

  • 2018年05月07日
    Toco toucan (Ramphastos toco)

    Toco toucan (Ramphastos toco), Foz de Iguazu, Puerto Iguazu, Argentina, South America、クレジット:imageBROKER.com/Harald von Radebrecht/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120201411

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:21.82
    2018年10月25日
    「新華社」オオハクチョウの大群が越冬のため飛来新疆ウイグル自治区コルラ市

    約80羽の野生のオオハクチョウが10月中旬から下旬にかけて、中国新疆ウイグル自治区バインブルク草原の湖や渓流に別れを告げ、越冬のために一家そろって同自治区コルラ市の孔雀河(コンチェ・ダリヤ)に戻って来る。同市園林緑化管理局監察大隊によると、孔雀河でのオオハクチョウの越冬は12年連続で、今年最初の群れは9月14日に飛来し、これまでで最も早かったという。寒くなるにつれて、バインブルク草原から同市に飛来するオオハクチョウはさらに増えており、群れの越冬環境を整え、これらの「水中の妖精」の餌が不足しないように、オオハクチョウ保護専門の隊員が十分な餌を用意し、定期的に与えている。【解説】オオハクチョウは季節の変化と共に南北を移動する渡り鳥で、国家二級重点保護動物に指定されている。冬になるとオオハクチョウの多くは長江流域や付近の海域に移動し、夏には北のバインブルク草原などに戻る。2007年秋、19羽のオオハクチョウが初めてコルラ市の孔雀河で越冬した。その後、徐々に数が増え、越冬する期間も以前の51日から、最近では約180日になっている。(記者/郭燕)<映像内容>オオハクチョウの大群の越冬のため飛来する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925479

  • 01:32.82
    2018年11月07日
    「新華社」渡り鳥と湖が作り出す秋の美景甘粛省蘇干湖

    秋深まる季節、中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県内の蘇干(そかん)湖湿地では爽やかな秋晴れの空が広がり、オグロヅル、オオハクチョウ、マガモなど無数の鳥が出会い集う。冷たく透き通った湖面では、鳥たちが高く羽ばたいてはゆらゆら漂い、美しく響く鳥の鳴き声が湖の静寂を破る光景は、さながら色鮮やかな絵巻物のようだ。青い空と白い雲の下、蘇干湖はまるでゴビ砂漠に埋め込まれた一面の鏡のようだ。夕日が西に沈む頃、遠くの山と湖、水鳥と金色のアシが落陽の中引き立て合うように輝き、人々を魅了し、幻想的な秋の美景を作り上げている。(記者/多蕾)<映像内容>蘇干湖の渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110921213

  • 2018年11月17日
    生態環境の改善で「白鳥の町」が活性化河南省三門峡市

    三門峡市の黄河天鵝湖でシャボン玉遊びをする子ども。(2018年11月17日撮影)二十四節気の「小寒」が過ぎ、中国の北方地域では寒さが本格化し、物寂しい風景が広がっている。しかし、河南省三門峡市にある黄河湿地では、約1万羽のオオハクチョウが越冬のために飛来し、各地から訪れた多くの観光客が、人と自然が調和した美しい風景を満喫している。三門峡市の天鵝湖湿地公園で説明員を務める韓鉄艶(かん・てつえん)さんはこの8年間、河南省西部の黄河湿地が生態環境の改善により、オオハクチョウの重要な生息地となっていく様子を見守ってきた。人々の優しさと努力の結果、この地に数多くのオオハクチョウが訪れるようになり、同市は今や「白鳥の町」として、中国の人々に知られている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2018(平成30)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120680

  • 2019年01月03日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    3日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/朱祥)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700865

  • 2019年01月03日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    3日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウの群れ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/王丁)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700867

  • 2019年01月03日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    3日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウの群れ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/朱祥)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700863

  • 2019年01月03日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    3日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/王丁)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700864

  • 2019年01月03日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    3日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウの群れ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/朱祥)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700762

  • 2019年01月03日
    Whooper Swans (Cygnus cygnus)

    Whooper Swans (Cygnus cygnus), Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703006

  • 2019年01月03日
    Whooper Swans (Cygnus cygnus)

    Whooper Swans (Cygnus cygnus), Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703001

  • 2019年01月03日
    生態環境の改善で「白鳥の町」が活性化河南省三門峡市

    3日、オオハクチョウに餌を与える準備をする黄河湿地管理所のスタッフ。二十四節気の「小寒」が過ぎ、中国の北方地域では寒さが本格化し、物寂しい風景が広がっている。しかし、河南省三門峡市にある黄河湿地では、約1万羽のオオハクチョウが越冬のために飛来し、各地から訪れた多くの観光客が、人と自然が調和した美しい風景を満喫している。三門峡市の天鵝湖湿地公園で説明員を務める韓鉄艶(かん・てつえん)さんはこの8年間、河南省西部の黄河湿地が生態環境の改善により、オオハクチョウの重要な生息地となっていく様子を見守ってきた。人々の優しさと努力の結果、この地に数多くのオオハクチョウが訪れるようになり、同市は今や「白鳥の町」として、中国の人々に知られている。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120718

  • 2019年01月04日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    4日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/王丁)=2019(平成31)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700735

  • 2019年01月04日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    4日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウの群れ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/朱祥)=2019(平成31)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700858

  • 2019年01月04日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    4日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/王丁)=2019(平成31)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700870

  • 2019年01月04日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    4日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウの群れ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/王丁)=2019(平成31)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700714

  • 2019年01月04日
    約1万羽のオオハクチョウが越冬河南省三門峡市

    4日、三門峡黄河湿地で撮影したオオハクチョウ。中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウが越冬のために飛来するようになった。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来しており、現在、約1万羽が越冬している。(三門峡=新華社記者/王丁)=2019(平成31)年1月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700765

  • 03:58.46
    2019年01月09日
    「新華社」1万羽ハクチョウの越冬地河南省三門峡市

    中国河南省三門峡市の黄河湿地はここ数年、生態環境の改善により、オオハクチョウの越冬地となっている。毎年冬になると、オオハクチョウが遠くシベリアから群れを成して黄河湿地や付近の水域に飛来し、羽を休める。現在、約1万羽がこの地域で越冬している。三門峡黄河湿地公園は同市の市街地にあり、現在中国で最大のオオハクチョウの越冬地になっている。美しい純白のオオハクチョウと青く波打つ黄河の流れが、現代的な都市と一つに溶け合い、市民と観光客がそれを岸辺で静かに観賞する様子は人と自然の調和が織りなす一幅の絵のようだ。同市の「白鳥の街」という美称もここから来ている。毎年冬には全国各地から観光客や写真愛好家が観賞や撮影に訪れる。同公園は、今では国内で最も有名なオオハクチョウの撮影スポットの一つになっている。同市は2017年にオオハクチョウ保護のために法整備を行った。市民は一層積極的に保護に参加するようになり、「環境保護、鳥類愛護」の意識も高まり、オオハクチョウの温かいふるさとづくりに積極的に取り組んでいる。(記者/姜亮)<映像内容>オオハクチョウの越冬地の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921076

  • 04:28.84
    2019年01月11日
    「新華社」にぎやかに餌を食べるオオハクチョウ河南省三門峡市

    「白鳥の町」と呼ばれる中国河南省三門峡市の黄河湿地公園では毎年10月末から翌年3月にかけて、何万羽ものオオハクチョウが越冬のために飛来する。オオハクチョウが順調に冬を越すために、現地のスタッフはオオハクチョウに餌を与え、栄養を補給している。専門家によると、遠くシベリアやモンゴルなどから飛来したオオハクチョウは体力の消耗が非常に大きく、体重と体内脂肪が減少し、免疫力も低下しており、餌の補給を急ぐ必要がある。オオハクチョウは水生植物の根や茎、葉、種の他、小魚やエビ、水生昆虫なども食べる。冬はハクチョウが食べる自然界の餌が減少するため、湿地公園のスタッフは毎日ハクチョウ1羽当たり500グラムのトウモロコシを朝晩に分けて与えているが、これは少しの餌を補っているにすぎず、やはりハクチョウが自ら餌を探すことに頼っている。地元政府はこの他、湿地公園の水生生物の生態環境建設に注力し、約20万平方メートルの場所にハスやスイレン、アシ、ガマなどを栽培することで生態環境を改善し、自然界におけるオオハクチョウの餌の供給源を保証している。<映像内容>オオハクチョウ飛来、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120781

  • 2019年01月14日
    絶滅危惧種の渡り鳥16羽、鄱陽湖で放鳥江西省南昌市

    14日、渡り鳥を放鳥するスタッフ。中国江西省野生動植物救護飼育センター、天津市野生動物救護飼育センターは14日、江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で、保護されていた絶滅危惧種の渡り鳥16羽を放鳥した。16羽には国家1級保護動物のコウノトリ1羽、国家2級保護動物のオオハクチョウ2羽、オシドリ3羽が含まれる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301177

  • 2019年01月14日
    絶滅危惧種の渡り鳥16羽、鄱陽湖で放鳥江西省南昌市

    14日、渡り鳥を放鳥するスタッフ。中国江西省野生動植物救護飼育センター、天津市野生動物救護飼育センターは14日、江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で、保護されていた絶滅危惧種の渡り鳥16羽を放鳥した。16羽には国家1級保護動物のコウノトリ1羽、国家2級保護動物のオオハクチョウ2羽、オシドリ3羽が含まれる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301152

  • 2019年01月14日
    絶滅危惧種の渡り鳥16羽、鄱陽湖で放鳥江西省南昌市

    14日、オオハクチョウを放鳥するスタッフ。中国江西省野生動植物救護飼育センター、天津市野生動物救護飼育センターは14日、江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で、保護されていた絶滅危惧種の渡り鳥16羽を放鳥した。16羽には国家1級保護動物のコウノトリ1羽、国家2級保護動物のオオハクチョウ2羽、オシドリ3羽が含まれる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301161

  • 2019年01月14日
    絶滅危惧種の渡り鳥16羽、鄱陽湖で放鳥江西省南昌市

    14日、コウノトリを放鳥するスタッフ。中国江西省野生動植物救護飼育センター、天津市野生動物救護飼育センターは14日、江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区で、保護されていた絶滅危惧種の渡り鳥16羽を放鳥した。16羽には国家1級保護動物のコウノトリ1羽、国家2級保護動物のオオハクチョウ2羽、オシドリ3羽が含まれる。(南昌=新華社記者/万象)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301232

  • 2019年01月15日
    Singschwan Days in the Lower Oder National Park

    15 January 2019, Brandenburg, Schwedt: Whooper swans (Cygnus cygnus), recognizable by their yellow beaks, swim in the flooded polder area of the Lower Oder Valley National Park. The lower Oder valley has become the adopted home of the Whooper Swans. (to “13th Singschwan Days lure into the Lower Oder Valley National Park“ from 17.01.2019) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012101004

  • 2019年01月15日
    Singschwan Days in the Lower Oder National Park

    15 January 2019, Brandenburg, Schwedt: Whooper swans (Cygnus cygnus), recognizable by their yellow beaks, swim in the flooded polder area of the Lower Oder Valley National Park. The lower Oder valley has become the adopted home of the Whooper Swans. From 18 to 20 January the Lower Oder Valley National Park invites you to the 13th Singschwan Days. (to “13th Singschwan Days lure into the Lower Oder Valley National Park“ from 17.01.2019) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012100570

  • 2019年01月15日
    Singschwan Days in the Lower Oder National Park

    15 January 2019, Brandenburg, Schwedt: Whooper swans (Cygnus cygnus), here three parents and five still grey feathered young, swim in the flooded polder area of the Lower Oder Valley National Park. The lower Oder valley has become the adopted home of the Whooper Swans. (to “13th Singschwan Days lure into the Lower Oder Valley National Park“ from 17.01.2019) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012100972

  • 2019年01月15日
    Singschwan Days in the Lower Oder National Park

    15 January 2019, Brandenburg, Schwedt: Whooper swans (Cygnus cygnus) with their yellow beaks swim in the flooded polder area of the Lower Oder Valley National Park. The lower Oder valley has become the adopted home of the Whooper Swans. From 18 to 20 January the Lower Oder Valley National Park invites you to the 13th Singschwan Days. (to “13th Singschwan Days lure into the Lower Oder Valley National Park“ from 17.01.2019) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012100568

  • 2019年01月15日
    Singschwan Days in the Lower Oder National Park

    15 January 2019, Brandenburg, Schwedt: Singschw舅e (Cygnus cygnus), here two parents and two still gray feathered young, swim in the flooded polder-area of the national park Unteres Odertal. The lower Oder valley has become the adopted home of the Whooper Swans. (to “13th Singschwan Days lure into the Lower Oder Valley National Park“ from 17.01.2019) Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012100968

  • 2019年01月15日
    Singschwan Days in the Lower Oder National Park

    15 January 2019, Brandenburg, Schwedt: Singschw舅e (Cygnus cygnus), here a parent and three still gray feathered young, swim in the flooded polder-area of the national park Unteres Odertal. The lower Oder valley has become the adopted home of the Whooper Swans. From 18 to 20 January the Lower Oder Valley National Park invites you to the 13th Singschwan Days. Guests will learn interesting facts about the singing swans with a varied program and will be able to observe them in the wintry lowlands of the Auenniederung. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011721589

  • 2019年01月19日
    Whooper swans (Cygnus cygnus)

    Whooper swans (Cygnus cygnus), flock of birds in flight, Lower Oder Valley National Park, Brandenburg, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Michael Schroeder/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908111

  • 2019年01月22日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) swims in the lake in winter

    Whooper swan (Cygnus cygnus) swims in the lake in winter, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700368

  • 2019年01月22日
    Whooper swan (Cygnus cygnus)

    Whooper swan (Cygnus cygnus), standing in steaming water in winter, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700405

  • 2019年01月22日
    Whooper swans

    22 January 2019, Baden-Wuerttemberg, Obermarchtal-Reutlingendorf: Several singing swans are on their way in the cloudy sky. Photo: Thomas Warnack/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402101

  • 2019年01月22日
    Whooper swans

    22 January 2019, Baden-Wuerttemberg, Obermarchtal-Reutlingendorf: Several Singschw舅e stand on a snow-covered meadow. Photo: Thomas Warnack/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012400864

  • 2019年01月22日
    Sing Schwane

    A whooper swan flies over a frozen field in the morning. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051606770

  • 2019年01月22日
    Sing Schwane

    Several whooper swans are traveling in the cloudy sky. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051700746

  • 2019年01月22日
    Whooper swans

    dpatop - 22 January 2019, Baden-Wuerttemberg, Obermarchtal-Reutlingendorf: Several Singschw舅e stand on a snow-covered meadow. Photo: Thomas Warnack/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012400749

  • 2019年01月22日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) in lake in winter

    Whooper swan (Cygnus cygnus) in lake in winter, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700372

  • 02:46.27
    2019年01月23日
    「新華社」ある生態都市のハクチョウとの「約束」河南省三門峡市

    中国河南省の黄河南岸に位置する三門峡市では、真冬の時期を迎えても生命力に満ちた光景が見られる。市内の天鵝湖国家都市湿地公園には多くのオオハクチョウが湖面に集まり、戯れたり飛び立ったりしている。中国が改革の全面的深化を掲げて5年、この愛すべき「水上の精霊」の姿は、三門峡黄河湿地の絶え間ない生態環境の改善と人と動物の調和と共生を何よりも映し出している。数ある三門峡の代名詞の中でも「白鳥の城」の名は最も輝かしいものだといえる。数千羽のオオハクチョウは、毎年冬になると遥かなシベリアから温暖なこの地に飛来し越冬する。今では毎年1万羽以上が三門峡黄河ダム区で越冬している。同市は2017年、オオハクチョウ保護のための法整備を行い「三門峡市オオハクチョウおよび生息地保護条例」を公布した。生態環境の改善によって、オオハクチョウ以外にも多くの鳥が黄河湿地に定住するようになった。かつて金や石炭、ボーキサイトなどの優良資源に依存する工業都市だった三門峡の森林被覆率は、今や50・72%に達する。資源依存型都市から住みやすい生態都市への転換を成し遂げ、黄河湿地に感動的な生態文明絵巻を作りだしている。(記者/張彩霞、袁明月)<映像内容>オオハクチョウ飛来の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301436

  • 2019年01月24日
    Two Whooper swans (Cygnus cygnus) floats in the lake

    Two Whooper swans (Cygnus cygnus) floats in the lake, snowy shore, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700400

  • 2019年01月24日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) swims in the lake

    Whooper swan (Cygnus cygnus) swims in the lake, snowy shore, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700408

  • 2019年01月24日
    Two Whooper swans (Cygnus cygnus) swimming in the lake

    Two Whooper swans (Cygnus cygnus) swimming in the lake, snowy shore, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700322

  • 2019年01月24日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) swims in the lake

    Whooper swan (Cygnus cygnus) swims in the lake, snowy shore, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700393

  • 2019年01月24日
    Two Whooper swans (Cygnus cygnus) swim in the lake in winter

    Two Whooper swans (Cygnus cygnus) swim in the lake in winter, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700295

  • 2019年01月24日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) swims in the lake in winter

    Whooper swan (Cygnus cygnus) swims in the lake in winter, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700407

  • 2019年01月25日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) lands at sea

    Whooper swan (Cygnus cygnus) lands at sea, snowy shore, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700417

  • 2019年01月25日
    Whooper swan (Cygnus cygnus) with spread wings in the water

    Whooper swan (Cygnus cygnus) with spread wings in the water, snowy shore, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700271

  • 2019年01月25日
    Whooper swan (Cygnus cygnus)

    Whooper swan (Cygnus cygnus), young with spread wings, snowy bank, Muonio, Lapland, Finland, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031700281

  • 01:00.99
    2019年01月31日
    「新華社」黄河湿地がオオハクチョウの越冬地に青海省貴徳県

    中国青海省海南チベット族自治州貴徳県の黄河清国家湿地公園にこのほど、数百羽のオオハクチョウが飛来した。ゆったりと餌をついばんだり遊び戯れる姿が、澄んだ黄河の水と共に冬の美しい景観を生み出している。オオハクチョウは国家2級保護動物に指定されている。現地の生態環境の改善によりここ数年、毎年10月になると多くのオオハクチョウが遠く離れた北方から飛来し、青海湖、貴徳県一帯で越冬して、翌年の2月から3月にかけて旅立っていく。<映像内容>黄河清国家湿地公園にオオハクチョウ飛来、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013113475

  • 2019年02月04日
    Whooper swan (Cygnus cygnus)

    Whooper swan (Cygnus cygnus), standing on ice surface with reflection, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703088

  • 2019年02月04日
    Whooper swan (Cygnus cygnus)

    Whooper swan (Cygnus cygnus), standing on ice, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702970

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月11日
    新春に舞う越冬のオオハクチョウ新疆コルラ市

    11日、杜鵑河の畔で越冬のため飛来したオオハクチョウを眺める市民。中国新疆ウイグル自治区中部、バインゴリン・モンゴル自治州コルラ市の杜鵑河(とけんが)ではこのところ、越冬のために飛来した数百羽のオオハクチョウを見るために、多くの市民が訪れている。現在、同市には約400羽が越冬しており、「白い妖精」たちは水面で悠然と戯れる姿を見せている。(コルラ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409766

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月11日
    新春に舞う越冬のオオハクチョウ新疆コルラ市

    11日、杜鵑河の畔で越冬のため飛来したオオハクチョウを眺める市民。中国新疆ウイグル自治区中部、バインゴリン・モンゴル自治州コルラ市の杜鵑河(とけんが)ではこのところ、越冬のために飛来した数百羽のオオハクチョウを見るために、多くの市民が訪れている。現在、同市には約400羽が越冬しており、「白い妖精」たちは水面で悠然と戯れる姿を見せている。(コルラ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409776

  • 2019年02月11日
    Whooper swans (Cygnus cygnus)

    Whooper swans (Cygnus cygnus), on a meadow in rain, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012702955

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月11日
    新春に舞う越冬のオオハクチョウ新疆コルラ市

    11日、コルラ市の杜鵑河で戯れるオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区中部、バインゴリン・モンゴル自治州コルラ市の杜鵑河(とけんが)ではこのところ、越冬のために飛来した数百羽のオオハクチョウを見るために、多くの市民が訪れている。現在、同市には約400羽が越冬しており、「白い妖精」たちは水面で悠然と戯れる姿を見せている。(コルラ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409725

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月11日
    新春に舞う越冬のオオハクチョウ新疆コルラ市

    11日、コルラ市の杜鵑河で戯れるオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区中部、バインゴリン・モンゴル自治州コルラ市の杜鵑河(とけんが)ではこのところ、越冬のために飛来した数百羽のオオハクチョウを見るために、多くの市民が訪れている。現在、同市には約400羽が越冬しており、「白い妖精」たちは水面で悠然と戯れる姿を見せている。(コルラ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409727

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月11日
    新春に舞う越冬のオオハクチョウ新疆コルラ市

    11日、オオハクチョウの越冬の状況を観察するコルラ市園林緑化管理局監察大隊の隊員。中国新疆ウイグル自治区中部、バインゴリン・モンゴル自治州コルラ市の杜鵑河(とけんが)ではこのところ、越冬のために飛来した数百羽のオオハクチョウを見るために、多くの市民が訪れている。現在、同市には約400羽が越冬しており、「白い妖精」たちは水面で悠然と戯れる姿を見せている。(コルラ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409772

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月11日
    新春に舞う越冬のオオハクチョウ新疆コルラ市

    11日、オオハクチョウに餌を与えるコルラ市園林緑化管理局監察大隊のトゥルサン隊員。中国新疆ウイグル自治区中部、バインゴリン・モンゴル自治州コルラ市の杜鵑河(とけんが)ではこのところ、越冬のために飛来した数百羽のオオハクチョウを見るために、多くの市民が訪れている。現在、同市には約400羽が越冬しており、「白い妖精」たちは水面で悠然と戯れる姿を見せている。(コルラ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409758

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年02月11日
    新春に舞う越冬のオオハクチョウ新疆コルラ市

    11日、コルラ市の杜鵑河で羽を休めるオオハクチョウ。中国新疆ウイグル自治区中部、バインゴリン・モンゴル自治州コルラ市の杜鵑河(とけんが)ではこのところ、越冬のために飛来した数百羽のオオハクチョウを見るために、多くの市民が訪れている。現在、同市には約400羽が越冬しており、「白い妖精」たちは水面で悠然と戯れる姿を見せている。(コルラ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021409770

  • 2019年02月12日
    Whooper swans (Cygnus cygnus)

    Whooper swans (Cygnus cygnus), group of animals in a meadow, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908395

  • 2019年02月12日
    Whooper swans (Cygnus cygnus)

    Whooper swans (Cygnus cygnus), pair standing in a meadow, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908363

  • 2019年02月12日
    Whooper swans (Cygnus cygnus)

    Whooper swans (Cygnus cygnus), group of animals in a meadow, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908194

  • 2019年02月12日
    Whooper swans (Cygnus cygnus)

    Whooper swans (Cygnus cygnus), pair standing in a meadow, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908203

  • 2019年02月12日
    Whooper swan (Cygnus cygnus)

    Whooper swan (Cygnus cygnus), flying, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908353

  • 2019年02月12日
    Whooper swans (Cygnus cygnus)

    Whooper swans (Cygnus cygnus), standing in a meadow, Emsland, Lower Saxony, Germany, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Erhard Nerger/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111908400

  • 1
  • 2
  • 3