KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • もち米
  • 令和
  • 女性
  • 記者
  • せん
  • フウ
  • 人々
  • 伝承
  • 伝統文化
  • 伝統行事

「おこわ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2009年07月15日
    おこわ風おむすびの素 商品ニュース

    ミツカンが発売する、ご飯に混ぜて使う「おむすびの素」の「おむすび山 五目おこわ風」

    商品コード: 2009071500158

  • 2014年04月19日
    江戸の人気食再現

    老舗和菓子店「川崎屋東照」の「奈良茶飯風おこわ」

    商品コード: 2014041900732

  • 2020年03月24日
    プイ族女性、伝統行事「三月三」を祝う彩色おこわ作り貴州省

    24日、プイ族女性の方茜さんが作った彩色おこわ。プイ族の人々にとって、彩色おこわは「三月三」「六月六」などの大切な行事に欠かせない伝統的なごちそうの一つ。中国貴州省鎮寧プイ族ミャオ族自治県の女性、方茜(ほう・せん)さんは先日、プイ族の伝統行事「三月三」(今年3月26日)を祝うため、彩色おこわを作った。「プイ族彩色おこわ制作技法」の伝承者である方さんは、食用のフウ(楓)の葉やミツモンカ(密蒙花)、「紫藍草」と呼ばれる植物を洗い、水に浸し、煮詰め、濾すなどの手順を経てもち米に色をつける。出来上がった色鮮やかな彩色おこわは、近所の人たちからも好評を得ている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033100739

  • 2020年03月24日
    プイ族女性、伝統行事「三月三」を祝う彩色おこわ作り貴州省

    24日、彩色おこわを作るプイ族女性の方茜さん。プイ族の人々にとって、彩色おこわは「三月三」「六月六」などの大切な行事に欠かせない伝統的なごちそうの一つ。中国貴州省鎮寧プイ族ミャオ族自治県の女性、方茜(ほう・せん)さんは先日、プイ族の伝統行事「三月三」(今年3月26日)を祝うため、彩色おこわを作った。「プイ族彩色おこわ制作技法」の伝承者である方さんは、食用のフウ(楓)の葉やミツモンカ(密蒙花)、「紫藍草」と呼ばれる植物を洗い、水に浸し、煮詰め、濾すなどの手順を経てもち米に色をつける。出来上がった色鮮やかな彩色おこわは、近所の人たちからも好評を得ている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033100803

  • 2020年03月24日
    プイ族女性、伝統行事「三月三」を祝う彩色おこわ作り貴州省

    24日、ミツモンカを摘むプイ族女性の方茜さん(左端)。プイ族の人々にとって、彩色おこわは「三月三」「六月六」などの大切な行事に欠かせない伝統的なごちそうの一つ。中国貴州省鎮寧プイ族ミャオ族自治県の女性、方茜(ほう・せん)さんは先日、プイ族の伝統行事「三月三」(今年3月26日)を祝うため、彩色おこわを作った。「プイ族彩色おこわ制作技法」の伝承者である方さんは、食用のフウ(楓)の葉やミツモンカ(密蒙花)、「紫藍草」と呼ばれる植物を洗い、水に浸し、煮詰め、濾すなどの手順を経てもち米に色をつける。出来上がった色鮮やかな彩色おこわは、近所の人たちからも好評を得ている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033100783

  • 2020年03月24日
    プイ族女性、伝統行事「三月三」を祝う彩色おこわ作り貴州省

    24日、美しく色をつけたもち米。プイ族の人々にとって、彩色おこわは「三月三」「六月六」などの大切な行事に欠かせない伝統的なごちそうの一つ。中国貴州省鎮寧プイ族ミャオ族自治県の女性、方茜(ほう・せん)さんは先日、プイ族の伝統行事「三月三」(今年3月26日)を祝うため、彩色おこわを作った。「プイ族彩色おこわ制作技法」の伝承者である方さんは、食用のフウ(楓)の葉やミツモンカ(密蒙花)、「紫藍草」と呼ばれる植物を洗い、水に浸し、煮詰め、濾すなどの手順を経てもち米に色をつける。出来上がった色鮮やかな彩色おこわは、近所の人たちからも好評を得ている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033100795

  • 2020年03月24日
    プイ族女性、伝統行事「三月三」を祝う彩色おこわ作り貴州省

    24日、フウ(楓)の葉を摘むプイ族女性の方茜さん。プイ族の人々にとって、彩色おこわは「三月三」「六月六」などの大切な行事に欠かせない伝統的なごちそうの一つ。中国貴州省鎮寧プイ族ミャオ族自治県の女性、方茜(ほう・せん)さんは先日、プイ族の伝統行事「三月三」(今年3月26日)を祝うため、彩色おこわを作った。「プイ族彩色おこわ制作技法」の伝承者である方さんは、食用のフウ(楓)の葉やミツモンカ(密蒙花)、「紫藍草」と呼ばれる植物を洗い、水に浸し、煮詰め、濾すなどの手順を経てもち米に色をつける。出来上がった色鮮やかな彩色おこわは、近所の人たちからも好評を得ている。(貴陽=新華社記者/蒋成)=2020(令和2)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020033100805

  • 2021年04月26日
    (3)カラフルなちまきやおこわが彩る「姉妹節」貴州省台江県

    24日、「五彩飯」を販売する店員。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県姉妹街で24日、ミャオ族の伝統的な祭り「姉妹節(祭)」のために、地元のミャオ族女性が「五彩粽(ちまき)」や「五彩飯(おこわ)」を作り、訪れた観光客の目を楽しませている。「五彩粽」と「五彩飯」は、さまざまな木の葉や花びらの汁で着色したもち米を蒸して作られ、「姉妹節」に欠かせない食べ物となっている。「姉妹節」は毎年旧暦の3月15日(今年は4月26日)前後に行われる。(台江=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705931

  • 2021年04月26日
    (1)カラフルなちまきやおこわが彩る「姉妹節」貴州省台江県

    24日、台江県姉妹街で「五彩粽」を作るミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県姉妹街で24日、ミャオ族の伝統的な祭り「姉妹節(祭)」のために、地元のミャオ族女性が「五彩粽(ちまき)」や「五彩飯(おこわ)」を作り、訪れた観光客の目を楽しませている。「五彩粽」と「五彩飯」は、さまざまな木の葉や花びらの汁で着色したもち米を蒸して作られ、「姉妹節」に欠かせない食べ物となっている。「姉妹節」は毎年旧暦の3月15日(今年は4月26日)前後に行われる。(台江=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705932

  • 2021年04月26日
    (4)カラフルなちまきやおこわが彩る「姉妹節」貴州省台江県

    23日、「五彩飯」作りに使う葉を摘む台江県のミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県姉妹街で24日、ミャオ族の伝統的な祭り「姉妹節(祭)」のために、地元のミャオ族女性が「五彩粽(ちまき)」や「五彩飯(おこわ)」を作り、訪れた観光客の目を楽しませている。「五彩粽」と「五彩飯」は、さまざまな木の葉や花びらの汁で着色したもち米を蒸して作られ、「姉妹節」に欠かせない食べ物となっている。「姉妹節」は毎年旧暦の3月15日(今年は4月26日)前後に行われる。(台江=新華社記者/余天英)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705934

  • 2021年04月26日
    (2)カラフルなちまきやおこわが彩る「姉妹節」貴州省台江県

    24日、台江県姉妹街で「五彩粽」を作るミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州台江県姉妹街で24日、ミャオ族の伝統的な祭り「姉妹節(祭)」のために、地元のミャオ族女性が「五彩粽(ちまき)」や「五彩飯(おこわ)」を作り、訪れた観光客の目を楽しませている。「五彩粽」と「五彩飯」は、さまざまな木の葉や花びらの汁で着色したもち米を蒸して作られ、「姉妹節」に欠かせない食べ物となっている。「姉妹節」は毎年旧暦の3月15日(今年は4月26日)前後に行われる。(台江=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705933

  • 1