KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 東京
  • 大手町
  • 昭和
  • 渡り鳥
  • 引っ越し
  • 皇居
  • 記者
  • ひな
  • マガモ

「かるがも」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
81
( 1 81 件を表示)
  • 1
81
( 1 81 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  カルガモ 屈斜路湖
    -
    カルガモ 屈斜路湖

    キーワード:1羽、カルガモ、屋外、屈斜路湖、生き物、鳥、動物、日本、無人、野生、野鳥、動植物メイン写真=撮影日不明、北海道、クレジット:ASO FUJITA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061106380

  •  [あんやたん あの日・あの時]
    1974年01月05日
    [あんやたん あの日・あの時]

    東京の上野動物園からコザ市のこどもの国に、ハト20羽とカルガモ6羽が贈られた。パンダの大好物のサトウキビ支援のお礼だった=1974(昭和49)年1月5日、沖縄県那覇空港、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807526

  • カルガモ一家 皇居のお堀にお引っ越し
    1985年06月15日
    カルガモ一家 皇居のお堀にお引っ越し

    三井物産の人工池から皇居のお堀に引っ越しを試みるカルガモ一家=1985(昭和60)年6月16日、東京・大手町

    商品コード: 1985061550001

  • 見物にやってきた人たち 都心でカルガモサンデー
    1986年06月15日
    見物にやってきた人たち 都心でカルガモサンデー

    好天に誘われ、カルガモ一家を見物にやってきた人たち=1986(昭和61)年6月15日正午、東京・大手町の三井物産人工池

    商品コード: 1986061550002

  • 歩行中のカルガモ一家 都心でカルガモサンデー
    1986年06月16日
    歩行中のカルガモ一家 都心でカルガモサンデー

    引っ越しを目前に控え、歩行回数も増えてきたカルガモ一家=1986(昭和61)年6月16日午前8時、東京・大手町の三井物産人工池

    商品コード: 1986061550001

  •  かるがも一家
    01:54.24
    1986年07月01日
    かるがも一家

    キーワード:かるがも一家=製作年:1986(昭和61)年7月1日、場所不明、クレジット:インタナシヨナル映画/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061405781

  • 三井物産人工池 カルガモ一家お目見え
    1987年05月11日
    三井物産人工池 カルガモ一家お目見え

    三井物産の人工池に今年もお目見えしたカルガモ一家。母親と一緒に元気に泳ぐ8羽の赤ちゃんカルガモ=1987(昭和62)年5月11日、東京・大手町

    商品コード: 2012102200231

  • カルガモの様子を見るOL カルガモ一家お目見え
    1987年05月11日
    カルガモの様子を見るOL カルガモ一家お目見え

    三井物産の人工池に今年もお目見えしたカルガモ一家。母親と一緒に元気に泳ぐ赤ちゃんカルガモを見守るOL=1987(昭和62)年5月11日、東京・大手町

    商品コード: 2012102200234

  •  カルガモ一家が初泳ぎ
    1988年05月19日
    カルガモ一家が初泳ぎ

    子ガモが水面に降りるまで辺りを警戒する母ガモ=1988(昭和63)年5月19日、東京・大手町の三井物産本社ビル前の人工池

    商品コード: 2007010500124

  •  カルガモ一家が初泳ぎ
    1988年05月19日
    カルガモ一家が初泳ぎ

    カルガモの様子を見にくるOLたち=1988(昭和63)年5月19日、東京・大手町の三井物産本社ビル前の人工池

    商品コード: 2007010500122

  •  カルガモ一家が初泳ぎ
    1988年05月19日
    カルガモ一家が初泳ぎ

    母ガモに寄り添い、元気いっぱいに泳ぐカルガモのヒナ=1988(昭和63)年5月19日、東京・大手町の三井物産本社ビル前の人工池

    商品コード: 2007010500123

  •  カルガモ一家が引っ越し
    1988年06月23日
    カルガモ一家が引っ越し

    意を決して皇居のお堀に飛び込むカルガモの子供たち=1988(昭和63)年6月23日午前4時半、東京・大手町の三井物産ビル前

    商品コード: 2007010500144

  •  カルガモ一家が引っ越し
    1988年06月23日
    カルガモ一家が引っ越し

    皇居のお堀に移動し、白鳥の側で泳ぐ子ガモたち=1988(昭和63)年6月23日午前4時半すぎ、東京都千代田区の大手濠

    商品コード: 2007010500146

  •  カルガモ一家が引っ越し
    1988年06月23日
    カルガモ一家が引っ越し

    皇居のお堀で元気に泳ぐカルガモ一家=1988(昭和63)年6月23日午前4時半すぎ、東京都千代田区の大手濠

    商品コード: 2007010500145

  •  カルガモ一家が引っ越し
    1988年06月23日
    カルガモ一家が引っ越し

    母親を先頭に皇居のお堀へと内堀通りを横断するカルガモ一家=1988(昭和63)年6月23日午前4時半、東京・大手町の三井物産ビル前

    商品コード: 2007010500143

  • カルガモ一家 引っ越し、どうなったの?
    1989年06月28日
    カルガモ一家 引っ越し、どうなったの?

    皇居のお堀へ引っ越しの気配を見せないカルガモ一家=1989(平成元)年6月24日、東京・大手町の三井物産人工池

    商品コード: 2019120601080

  •  カルガモちゃんがジャンプ
    1989年07月10日
    カルガモちゃんがジャンプ

    三井物産人工池のカルガモが皇居方面へ飛び立ったあと、立ち入り禁止の鎖や看板を片付ける係員=1989(平成元)年7月10日午前7時40分、東京・大手町

    商品コード: 2020020300258

  •  カルガモちゃんがジャンプ
    1989年07月10日
    カルガモちゃんがジャンプ

    飛び立つ前日、さかんに飛行訓練をする三井物産人工池の子ガモ=1989(平成元)年7月8日、東京・大手町

    商品コード: 2020020300259

  •  カルガモ一家また出現
    1989年08月02日
    カルガモ一家また出現

    三井物産本社人工池で母鳥と一緒にスイスイと泳ぎ始めた6羽のひな=1989(平成元)年8月2日午後、東京・大手町

    商品コード: 2020031302561

  •  Yugoslav delegation visits USSR
    1989年10月31日
    Yugoslav delegation visits USSR

    8169850 31.10.1989 A visit of the delegation of the Socialist Federal Republic of Yugoslavia to the USSR. Yugoslav foreign minister Budimir Loncar lays a wreath at the To,b of the Unknown Soldier at the Kremlin Wall in Moscow.、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042507205

  •  カルガモ一家、庭園散策
    1990年07月10日
    カルガモ一家、庭園散策

    韓国庭園の宮殿様式の方形の池で泳ぐカルガモの親子=1990(平成2)年7月10日午後、大阪・鶴見緑地の花博会場

    商品コード: 2022081910174

  •  カルガモ親子を無事保護
    1994年05月24日
    カルガモ親子を無事保護

    無事保護されたカルガモ親子=24日午後、東京都足立区大谷

    商品コード: 1994052400104

  • カルガモの親子 元気なカルガモ母子に人気
    1994年06月04日
    カルガモの親子 元気なカルガモ母子に人気

    屋上の池で泳ぐカルガモの親子=福井市内のホテル

    商品コード: 1994060400071

  •  どちらへお引っ越し?
    1994年06月09日
    どちらへお引っ越し?

    早朝のラッシュを横目に、ベルギーのオーステンデの道路を悠々と横断するカモの親子。東京のカルガモ一家は皇居を目指したが、この親子はいずこへ?(ロイター=共同)

    商品コード: 1994060900051

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年05月24日
    国会噴水池にカルガモ親子

    衆院玄関前の噴水池でふ化したカルガモのヒナと親鳥を見守る女性職員=24日午前、国会(カラーネガ)

    商品コード: 1995052400022

  • 村山首相 カルガモと比べてみても
    1995年05月26日
    村山首相 カルガモと比べてみても

    社会党の臨時党大会を前に国会前庭の噴水で生まれたカルガモを見学する村山首相=26日午後(カラーネガ)

    商品コード: 1995052600044

  • 村山首相 カルガモと比べてみても
    1995年05月26日
    村山首相 カルガモと比べてみても

    社会党の臨時党大会を前に国会前庭の噴水で生まれたカルガモを見学する村山首相=26日午後(カラーネガ)

    商品コード: 1995052600047

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年06月05日
    保護員に誘導され皇居へ カルガモのひなが引っ越し

    東京都の鳥獣保護員(左端)に誘導されて道路を横断、皇居のお堀へ向かうカルガモのひな=5日午前5時50分、東京都千代田区大手町(カラーネガ)

    商品コード: 1996060500008

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年06月05日
    保護員に誘導され皇居へ カルガモのひなが引っ越し

    東京都の鳥獣保護員(左端)に誘導されて道路を横断、皇居のお堀へ向かうカルガモのひな=5日午前5時50分、東京都千代田区大手町(カラーネガ)

    商品コード: 1996060500007

  • エサをまく奥田文相 カルガモのひな9羽誕生
    1996年06月17日
    エサをまく奥田文相 カルガモのひな9羽誕生

    文部省中庭の池でかえったカルガモのひなにエサをまく奥田幹生文相=17日午後、東京・霞が関(カラーネガ)(副ネガにカルガモ・良・あり)

    商品コード: 1996061700105

  • エサをまく奥田文相 カルガモのひな9羽誕生
    1996年06月17日
    エサをまく奥田文相 カルガモのひな9羽誕生

    文部省中庭の池でかえったカルガモのひなにエサをまく奥田幹生文相=17日午後、東京・霞が関(カラーネガ)(副ネガにカルガモ・良・あり)

    商品コード: 1996061700112

  • カルガモのひなと親鳥 カルガモの親子が人気者
    1998年05月23日
    カルガモのひなと親鳥 カルガモの親子が人気者

    「川俣処理場」内で誕生したカルガモのひなと親鳥=23日午前、大阪府東大阪市川俣

    商品コード: 1998052300032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年05月28日
    保護された親子 東名高速にカルガモ親子

    横浜市緑区十日市場町の東名高速道路で保護されたカルガモの親子=28日

    商品コード: 1998052800215

  • 鳥取県猟友会の米沢さん カルガモの巣を守ろう
    1998年06月24日
    鳥取県猟友会の米沢さん カルガモの巣を守ろう

    カルガモの巣を守るため、刈り残された草むらを指さす米沢正美さん=鳥取市秋里

    商品コード: 1998062400023

  •  カルガモ行進今年は駄目か
    1999年07月10日
    カルガモ行進今年は駄目か

    母親を先頭に皇居のお堀に引っ越しするカルガモ一家=86(昭和61)年6月、東京・内堀通り(61年国内6926)

    商品コード: 1999071000001

  • 泳ぐカルガモ親子 カルガモのひな5羽が誕生
    1999年07月27日
    泳ぐカルガモ親子 カルガモのひな5羽が誕生

    「プラザ池」を泳ぐ親カルガモと5羽のひな=27日午前11時50分、東京・大手町の三井物産本社前

    商品コード: 1999072700052

  • 2002年02月14日

    「カラー」【】 ◎カルガモの親子、2000年7月、千葉県松戸市で撮影

    商品コード: 2002021400103

  • 2002年02月14日

    「カラー」【】 ◎カルガモの親子、2000年7月、千葉県松戸市で撮影

    商品コード: 2002021400101

  •  下水処理場でカルガモ誕生
    2003年06月02日
    下水処理場でカルガモ誕生

    親鳥と一緒に歩くカルガモの赤ちゃん=2日、大阪府東大阪市のスカイランド

    商品コード: 2003060200213

  • 住み着いたカルガモ ビルの谷間にカルガモ親子
    2004年06月08日
    住み着いたカルガモ ビルの谷間にカルガモ親子

    複合ビル「ゲートシティ大崎」の一角の溝に住み着いたカルガモの親子=8日午後、東京都品川区大崎

    商品コード: 2004060800205

  • カルガモ親子 ビルの谷間にカルガモ親子
    2004年06月08日
    カルガモ親子 ビルの谷間にカルガモ親子

    ビルの一角の溝に住み着いたカルガモ親子=8日午後、東京都品川区大崎

    商品コード: 2004060800206

  • パトカー前を「横断」 官邸にカルガモ親子
    2004年06月15日
    パトカー前を「横断」 官邸にカルガモ親子

    首相官邸の周辺道路で、警備するパトカーの前を「横断」するカルガモ親子=15日午後、東京・永田町

    商品コード: 2004061500132

  • カルガモ親子 官邸に4羽のカルガモ親子
    2006年05月31日
    カルガモ親子 官邸に4羽のカルガモ親子

    首相官邸敷地内の人工池に住み着いたカルガモの親子=25日午後、首相官邸

    商品コード: 2006053100211

  • カルガモの親子 官邸に4羽のカルガモ親子
    2006年05月31日
    カルガモの親子 官邸に4羽のカルガモ親子

    首相官邸敷地内の人工池に住み着いたカルガモの親子=25日午後、首相官邸

    商品コード: 2006053100210

  • 向島百花園で親子が行進 下町にカルガモの楽園
    2007年05月25日
    向島百花園で親子が行進 下町にカルガモの楽園

    向島百花園内を歩き回るカルガモの親子=東京都墨田区

    商品コード: 2007052500101

  • 親ガモと小ガモ カルガモの赤ちゃん復活
    2007年06月23日
    親ガモと小ガモ カルガモの赤ちゃん復活

    三井物産本社の人工池を泳ぐカルガモの親子=21日、東京・大手町

    商品コード: 2007062300004

  •  カルガモの親子の群れ
    2010年06月02日
    カルガモの親子の群れ

    キーワード:カルガモ、屋外、かわいい、夏、掘割、群れ、子供、初夏、親子、水面、生き物、足利学校、鳥、日本、複数、無人、野鳥、動植物メイン写真=2010(平成22)年6月2日、撮影場所不明、クレジット:TSUTOMU TAKAHASHI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070809436

  •  新緑をバックに池に浮かぶカルガモ
    2016年05月30日
    新緑をバックに池に浮かぶカルガモ

    キーワード:カルガモ、バック、屋外、午後、自然、十二湖、春、新緑、生き物、池、鳥、日本、浮かぶ、無人、西津軽郡、動植物メイン写真=2016(平成28)年5月30日、青森県深浦町、クレジット:Akaishizawa Takehiko/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070608679

  •  「新華社」渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖
    02:42.90
    2018年11月02日
    「新華社」渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)は近ごろ、渡り鳥の飛来シーズンを迎えた。鄱陽湖国家級自然保護区管理局によると、9月下旬に最初の渡り鳥が越冬のために同湖の都昌湖区に飛来してから多数の渡り鳥が続き、既に「江西都昌候鳥(渡り鳥)省級自然保護区」だけでも2万羽余りを観測した。同自然保護区の関係者は、都昌観測所の管轄区ではこれまでにサカツラガン、ヒシクイ、マガン、クロヅル、マナヅル、ヘラサギ、ナベコウなど20種余りの渡り鳥の姿が確認され、大沔池(だいべんいけ)、黄金咀(おうごんしょ)などではクロヅル4千羽余りを観測したと語った。通常よく見られる渡り鳥の他に、観測員はさらに中国国家1級重点保護野生動物であるナベコウ5羽の飛来を確認、今シーズン初の鄱陽湖でのナベコウの観測となった。鄱陽湖南磯湿地国家級自然保護区管理局の南山管理ステーションの観測員が東湖で観測活動を行い、129羽のコハクチョウとクロヅル、アオサギ、ヒシクイ、サカツラガン、ハイイロガン、マガン、カルガモなど20種余りの合計2千羽余りの飛来を確認した。鄱陽湖は中国最大の淡水湖で世界的に有名な湿地。渡り鳥が安全に越冬できるよう、江西省は鄱陽湖一帯で渡り鳥と湿地の保護に向けた9カ月間に及ぶ活動を展開中で、渡り鳥の越冬の障害となる隠れた危険を取り除くことに力を尽くしている。(記者/潘暁菁)<映像内容>鄱陽湖に渡り鳥が飛来、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110515953

  •  上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察
    2019年04月25日
    上海ディズニーリゾート、100種類目の野鳥を観察

    上海ディズニーリゾートで撮影されたカルガモ(Anaspoecilorhyncha)。(資料写真、4月25日撮影)中国の上海ディズニーリゾートは23日、リゾートエリアの星願公園(WishingStarPark)で、コウライウグイス(Orioluschinensis)が観察されたと明らかにした。鳥類専門家とボランティアスタッフが毎月実施している定例バードウォッチングで発見した。同エリアで観察された野鳥はこれで100種類目となる。上海ディズニーは開園3周年を迎えた6月、テーマパークとホテルに隣接する湿地公園、星願公園に90種類以上の野鳥が「定住」していると発表していた。野鳥の種類は開園初期に比べ大幅に増えており、上海市内でも珍しい自然環境となっている。上海ディズニーリゾートで観察された野鳥は先月の時点で99種類に達していた。(上海=新華社配信/何鑫)=2019(平成31)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092605122

  •  閩江河口湿地でバードウオッチング福建省
    2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、カルガモやコガモと共に閩江河口湿地で羽を休めるアオアシシギ(右)。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322641

  • 親ガモと泳ぐ11羽のひな 談話室 足利学校でカルガモの赤ちゃん
    2020年06月01日
    親ガモと泳ぐ11羽のひな 談話室 足利学校でカルガモの赤ちゃん

    足利学校のお堀を泳ぐカルガモ親子[下野新聞掲載日:2020(令和2)年6月1日]=撮影年月日不明、栃木県、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062203418

  • 助け出された子ガモ 側溝から子ガモ11羽救出
    2020年06月11日
    助け出された子ガモ 側溝から子ガモ11羽救出

    側溝から助け出されたカルガモのひな=11日、仙台市

    商品コード: 2020061113528

  • 保護されたカルガモのひな 側溝から子ガモ11羽救出
    2020年06月11日
    保護されたカルガモのひな 側溝から子ガモ11羽救出

    側溝から助け出されたカルガモのひな=11日、仙台市

    商品コード: 2020061113535

  • 横切るカルガモの親子 大阪・梅田にカルガモ親子
    2020年06月30日
    横切るカルガモの親子 大阪・梅田にカルガモ親子

    大阪市北区の大型複合施設「グランフロント大阪」近くの車道を横切るカルガモの親子=30日

    商品コード: 2020063007223

  • 人工の池で泳ぐカルガモ 大阪・梅田にカルガモ親子
    2020年06月30日
    人工の池で泳ぐカルガモ 大阪・梅田にカルガモ親子

    大阪市北区の大型複合施設「グランフロント大阪」敷地内にある人工の池で泳ぐカルガモの親子=30日

    商品コード: 2020063007232

  • 車道を横切るカルガモ 大阪・梅田にカルガモ親子
    2020年06月30日
    車道を横切るカルガモ 大阪・梅田にカルガモ親子

    大阪市北区の大型複合施設「グランフロント大阪」近くの車道を横切るカルガモの親子=30日

    商品コード: 2020063007227

  •  「新華社」渡り鳥「第1陣」のヘラサギ、鄱陽湖に飛来江西省
    00:48.02
    2020年09月12日
    「新華社」渡り鳥「第1陣」のヘラサギ、鄱陽湖に飛来江西省

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区内の馬影湖で12日、越冬のために飛来したヘラサギ4羽が確認された。同保護区管理局が明らかにした。今秋、鄱陽湖エリアで越冬する渡り鳥が発見されるのは今回が初めて。初飛来は昨年より11日早い。保護区ではヘラサギのほか、同地で夏を過ごす少数のヒシクイやマガンに加え、カルガモやマガモなどカモ科の水鳥2千羽余りとサギ科やチドリ目の水鳥千羽余りが生息しているのも確認された。(記者/彭菁)<映像内容>越冬のために飛来したヘラサギ、鄱陽湖の鳥たちの様子、撮影日:2020(令和2)年9月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092404019

  •  「新華社」絶滅危惧種のコウライアイサが飛来浙江省杭州市
    00:39.16
    2021年01月18日
    「新華社」絶滅危惧種のコウライアイサが飛来浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県分水鎮の天渓湖にこのほど、コウライアイサの群れが飛来した。同市への飛来数は今回が最多となった。カモ科の鳥コウライアイサは絶滅危惧種で、中国の国家1級重点保護動物に指定されている。2016年の湿地資源調査によると、天渓湖湿地に生息する鳥類は計17目40科209種に上る。保護ステーションのスタッフはコウライアイサが生息する水草の中で、コサギ、カルガモ、カイツブリなどの水鳥も確認したという。(記者/王懌文、李濤) =配信日: 2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011902299

  •  「新華社」江西省と天津市が保護した渡り鳥鄱陽湖の空へ
    00:51.41
    2021年01月26日
    「新華社」江西省と天津市が保護した渡り鳥鄱陽湖の空へ

    中国江西省にある鄱陽湖畔でこのほど、江西省野生動植物保護協会、天津市野生動物救護・飼育・繁殖センター、江西省野生動物救護繁殖センター、都昌県渡り鳥自然保護区管理局が保護していた渡り鳥9羽を自然に返した。今回放されたのは天津市から輸送されたコウノトリ1羽、クロヅル1羽、ヒシクイ2羽、カルガモ2羽、マガモ1羽と、江西省野生動植物保護協会が保護していたコハクチョウ2羽。天津市野生動物救護・飼育・繁殖センター弁公室の李振卓(り・しんたく)主任は、天津市は渡り鳥が移動する際の中継地になっていると話し、保護した渡り鳥ができるだけ早く群れに戻れるよう、環境の良い鄱陽湖水域で放鳥することにしたと説明した。(記者/黄和遜、張歓) =配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012602594

  •  「新華社」青海省西寧市の湿地公園が水鳥の楽園に
    00:58.16
    2021年01月27日
    「新華社」青海省西寧市の湿地公園が水鳥の楽園に

    中国青海省はここ数年、生態環境が持続的に改善しており、鳥類の種類や数が増え続けている。冬になると、さまざま種類の鳥が青空の下、自由に戯れる様子を目にすることができる。同省西寧市にある寧湖湿地公園の担当者の話によると、マガモ、カルガモ、カワアイサ、ハクチョウなど約700羽の水鳥が公園に生息している。公園の歩道は全長6・5キロあり、観光客らは水鳥の観賞や写真撮影、サイクリングなどを楽しんでいる。毎朝ジョギングや体操に訪れる人も多いという。(記者/厳賦憬、耿輝凰) =配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902559

  •  「新華社」絶滅危惧種の中華秋沙鴨を確認貴州省遵義市
    00:57.60
    2021年01月27日
    「新華社」絶滅危惧種の中華秋沙鴨を確認貴州省遵義市

    中国貴州省遵義市の新蒲湿地公園でこのほど、絶滅危惧種の鳥類「中華秋沙鴨(コウライアイサ)」2羽が確認された。同市林業局が明らかにした。中華秋沙鴨は東アジアに分布する希少な鳥類で、中国では1980年代に国家一級重点保護野生動物に登録されている。2020年には世界的絶滅危惧種にも指定され、現在の成熟個体数は2400~4500とされる。同局の担当者は、中華秋沙鴨の他にも今冬はユリカモメやセイタカシギ、カルガモ、ヨシガモなど30種余りが観測されていると説明した。(記者/劉智強) =配信日: 2021(令和3)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012704197

  •  (4)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区
    2021年03月01日
    (4)春を告げる渡り鳥、白洋淀に飛来河北省雄安新区

    2月22日、白洋淀の上空を飛ぶマガモとカルガモ。中国河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀では2月26日、気温の上昇とともに、今年最初の渡り鳥が飛来した。白洋淀は以前より「天然の種の博物館」と呼ばれ、特に雄安新区の設立以降、その豊かな水系や植物、多様な地形は野鳥に良好な生息地を提供している。(石家荘=新華社配信/斉明)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030104060

  •  La M.O.D.A. concert in Mostoles, Spain - 24 Apr 2021
    2021年04月24日
    La M.O.D.A. concert in Mostoles, Spain - 24 Apr 2021

    April 24, 2021, Mostoles, Spain: Jorge Juan Mariscal of La M.O.D.A. performs at Teatro del Bosque in Mostoles. (Credit Image: © Aingeru Harri/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Aingeru Harri/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042605277

  •  La M.O.D.A. concert in Mostoles, Spain - 24 Apr 2021
    2021年04月24日
    La M.O.D.A. concert in Mostoles, Spain - 24 Apr 2021

    April 24, 2021, Mostoles, Spain: Jorge Juan Mariscal of La M.O.D.A. performs at Teatro del Bosque in Mostoles. (Credit Image: © Aingeru Harri/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Aingeru Harri/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042605421

  •  カルガモ親子
    2021年06月08日
    カルガモ親子

    病院中庭を散歩するカルガモの親子。愛らしい姿が患者らの心を和ませている=2021(令和3)年6月8日、岩手県盛岡市、クレジット:岩手日報/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061006667

  •  (3)成都平原の水域に渡り鳥が飛来四川省金堂県
    2022年02月18日
    (3)成都平原の水域に渡り鳥が飛来四川省金堂県

    金堂県を流れる川の上空を飛ぶカルガモ。(資料写真)中国の成都平原の北東部に位置する四川省成都市金堂県は、豊かな水域環境を有し、越冬する渡り鳥の「天国」となっている。今年1月9日に発表された第6回成都平原越冬水鳥調査によると、同県の水域で確認された水鳥は6目9科30種に上り、今回調査した種類のほぼ半分に達した。(成都=新華社配信/蒋永平)= 配信日: 2022(令和4)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022021807424

  •  「新華社」ウランチャブ市に多く渡り鳥が飛来内モンゴル自治区
    00:47.46
    2022年03月17日
    「新華社」ウランチャブ市に多く渡り鳥が飛来内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ウランチャブ市に3月中旬、カルガモやアカツクシガモなど多くの渡り鳥が飛来した。同市は渡り鳥の重要な移動ルートに位置しており、毎年春と秋に多くの鳥が滞在、繁殖する。ここ数年は環境保護の取り組みを絶えず強化し、岱海(たいかい)などの水系生態系が大きく改善。良好な生態環境は渡り鳥にも快適な生息地を提供している。(記者/恩浩) =配信日: 2022(令和4)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022031712144

  •  「新華社」雲南省でインドカルガモの亜種を発見
    00:32.80
    2022年04月08日
    「新華社」雲南省でインドカルガモの亜種を発見

    中国雲南省騰衝市のバードウォッチング愛好家がこのほど、同市和順古鎮の陥河湿地で鳥類調査を行った際、インドカルガモ亜種の痕跡を発見した。専門家による形態的特徴の確認と文献資料調査により、その1種がインドカルガモの亜種、A.p.poecilorhynchaと確認された。同亜種が雲南省で確認されたのは今回が初めて。報告によると、同鳥は頭部が薄い黄褐色で、遠くから見ると白に近く、過眼線はくちばしの付け根まで届かず、両側の過眼線とくちばしの付け根の間にそれぞれ薄赤色の三角斑がある。くちばしは青みがかかった濃い灰色で、先端部分が黄色い。また、首の側面、胸部、腹部、脇の模様は、雲南省西部や南部でよく見られる別の亜種、A.p.haringtoniよりも濃くはっきりしており、尾羽は外側が白く、立つ時や飛行する時に際立っている。大理大学東ヒマラヤ研究院の董江天(とう・こうてん)氏によると、今回見つかった亜種は2016年4月に西蔵(シーザン)自治区山南市で一度見られ、中国では2回目の発見となる。見つかった地域は生態環境が豊かで、さまざまな鳥類の生息地で、生物多様性研究の基礎となる豊富な資料を提供した。(記者/趙彩琳) =配信日: 2022(令和4)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040810207

  •  (2)雲南省でインドカルガモの亜種を発見
    2022年04月08日
    (2)雲南省でインドカルガモの亜種を発見

    1日、雲南省騰衝市で発見されたインドカルガモの亜種、A.p.poecilorhyncha。中国雲南省騰衝市のバードウォッチング愛好家がこのほど、同市和順古鎮の陥河湿地で鳥類調査を行ったところ、インドカルガモ亜種の痕跡を発見した。専門家による形態的特徴の確認と文献資料調査により、その1種がインドカルガモの亜種、A.p.poecilorhynchaと確認された。同亜種が雲南省で確認されたのは今回が初めて。(騰衝=新華社配信/朱元)= 配信日: 2022(令和4)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040810206

  •  (1)雲南省でインドカルガモの亜種を発見
    2022年04月08日
    (1)雲南省でインドカルガモの亜種を発見

    雲南省騰衝市で発見されたインドカルガモの亜種A.p.haringtoni(奥)と亜種A.p.poecilorhyncha(手前)。(3月25日撮影)中国雲南省騰衝市のバードウォッチング愛好家がこのほど、同市和順古鎮の陥河湿地で鳥類調査を行ったところ、インドカルガモ亜種の痕跡を発見した。専門家による形態的特徴の確認と文献資料調査により、その1種がインドカルガモの亜種、A.p.poecilorhynchaと確認された。同亜種が雲南省で確認されたのは今回が初めて。(騰衝=新華社配信/朱元)= 配信日: 2022(令和4)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040810242

  •  (5)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市
    2022年09月20日
    (5)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市

    7日、青海省西寧市城西区の湟水国家湿地公園で泳ぐオオバン。中国青海省西寧市の湟水(こうすい)国家湿地公園でこのほど、青海国家公園観鳥協会の職員が鳥類観察を行い、マガモやカルガモ、カンムリカイツブリなど10種以上の鳥を確認した。青海チベット高原では9月に入って涼しくなり、渡り鳥が移動を開始している。同協会の王艦艇(おう・かんてい)会長によると、省内ではオグロヅルやナベコウ、コウライアイサなど20種以上の国家1級保護鳥類を含む計430種余りの鳥が確認されているという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092007436

  •  (3)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市
    2022年09月20日
    (3)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市

    7日、青海省西寧市城西区の湟水国家湿地公園で草地を歩くバン。中国青海省西寧市の湟水(こうすい)国家湿地公園でこのほど、青海国家公園観鳥協会の職員が鳥類観察を行い、マガモやカルガモ、カンムリカイツブリなど10種以上の鳥を確認した。青海チベット高原では9月に入って涼しくなり、渡り鳥が移動を開始している。同協会の王艦艇(おう・かんてい)会長によると、省内ではオグロヅルやナベコウ、コウライアイサなど20種以上の国家1級保護鳥類を含む計430種余りの鳥が確認されているという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092007438

  •  (4)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市
    2022年09月20日
    (4)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市

    7日、青海省西寧市城西区の湟水国家湿地公園で木の枝に止まるシラコバト。中国青海省西寧市の湟水(こうすい)国家湿地公園でこのほど、青海国家公園観鳥協会の職員が鳥類観察を行い、マガモやカルガモ、カンムリカイツブリなど10種以上の鳥を確認した。青海チベット高原では9月に入って涼しくなり、渡り鳥が移動を開始している。同協会の王艦艇(おう・かんてい)会長によると、省内ではオグロヅルやナベコウ、コウライアイサなど20種以上の国家1級保護鳥類を含む計430種余りの鳥が確認されているという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092007440

  •  (2)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市
    2022年09月20日
    (2)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市

    7日、青海省西寧市城西区の湟水国家湿地公園で杭の先に止まるチベットモズ。中国青海省西寧市の湟水(こうすい)国家湿地公園でこのほど、青海国家公園観鳥協会の職員が鳥類観察を行い、マガモやカルガモ、カンムリカイツブリなど10種以上の鳥を確認した。青海チベット高原では9月に入って涼しくなり、渡り鳥が移動を開始している。同協会の王艦艇(おう・かんてい)会長によると、省内ではオグロヅルやナベコウ、コウライアイサなど20種以上の国家1級保護鳥類を含む計430種余りの鳥が確認されているという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092007417

  •  (6)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市
    2022年09月20日
    (6)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市

    7日、青海省西寧市城西区の湟水国家湿地公園で泳ぐカイツブリ。中国青海省西寧市の湟水(こうすい)国家湿地公園でこのほど、青海国家公園観鳥協会の職員が鳥類観察を行い、マガモやカルガモ、カンムリカイツブリなど10種以上の鳥を確認した。青海チベット高原では9月に入って涼しくなり、渡り鳥が移動を開始している。同協会の王艦艇(おう・かんてい)会長によると、省内ではオグロヅルやナベコウ、コウライアイサなど20種以上の国家1級保護鳥類を含む計430種余りの鳥が確認されているという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092007437

  •  (1)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市
    2022年09月20日
    (1)秋の高原に舞う野鳥青海省西寧市

    7日、青海省西寧市城西区の湟水国家湿地公園で泳ぐカンムリカイツブリ。中国青海省西寧市の湟水(こうすい)国家湿地公園でこのほど、青海国家公園観鳥協会の職員が鳥類観察を行い、マガモやカルガモ、カンムリカイツブリなど10種以上の鳥を確認した。青海チベット高原では9月に入って涼しくなり、渡り鳥が移動を開始している。同協会の王艦艇(おう・かんてい)会長によると、省内ではオグロヅルやナベコウ、コウライアイサなど20種以上の国家1級保護鳥類を含む計430種余りの鳥が確認されているという。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092007418

  •  (13)湿地に広がる初冬の景色重慶市梁平区
    2022年11月10日
    (13)湿地に広がる初冬の景色重慶市梁平区

    7日、重慶市の梁平双桂湖国家湿地公園を飛ぶカルガモ。中国重慶市梁平区はここ数年、「エコ優先、グリーン(環境配慮型)発展」の理念に基づき、国家湿地公園1カ所、飲用水水源保護区26カ所と湿地保護居住区数カ所を建設した。区内の湿地保護率は52%に上る。同区は今年、第2陣の「国際湿地都市」に選出された。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2022(令和4)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022111012515

  •  (8)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える
    2022年11月24日
    (8)三峡ダムの湿地公園越冬する鳥の群れを迎える

    13日、大昌湖に生息するハイイロガンとカルガモ。中国三峡ダムエリアの中心部にある重慶市巫山(ふざん)県の大昌湖国家湿地公園では、多種多様な鳥が生息し、初冬の景色が広がっている。大昌湖湿地公園は2019年、国の検収に合格し「国家湿地公園」に認定された。データによると、同湖に生息する鳥類は以前の100種余りから143種に増え、毎年、中・大型の水鳥や渉禽類計1万羽以上が越冬のために飛来する。(重慶=新華社配信/陳光国)= 配信日: 2022(令和4)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112404916

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年05月20日
    (9)上海が渡り鳥の休憩地に鳥類500種超を確認

    上海崇明東灘鳥類国家級自然保護区に生息するカルガモ。(2021年11月8日撮影)世界に9本ある渡り鳥の主要な移動ルートの中で、東アジア・オーストラリア地域フライウェイは鳥類の多様性が最も高いとされる。多くの場合、1回の飛行では目的地に到達できず、経由地に短期間とどまって栄養を取り、エネルギーを蓄えてから再び飛び立つ。長江河口に位置する中国上海市は移動ルートの中間にある。干潟や湿地が多いことから、春に北上する鳥がアジアに上陸して最初に立ち寄り、秋に南下する鳥がアジア大陸で最後に休む場所となっている。同市はここ数年、生息地の環境修復や密猟の取り締まり、科学的な知見に基づく救助と野生復帰、調査の強化など、さまざまな措置を講じて野鳥保護を推進。市内で22目80科251属519種の鳥が観察されたという。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2023(令和5)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052006054

  •  ひなたぼっこするカルガモ親子
    2023年06月06日
    ひなたぼっこするカルガモ親子

    中庭で愛らしい姿を見せるカルガモの親子=2023(令和5)年6月6日、岩手県盛岡市、クレジット:岩手日報/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060806739

  • 1