KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ムー
  • モデル
  • 令和
  • 位置
  • 出現
  • 同地
  • 土地
  • 影響
  • 抑制
  • 拡大

「きゅうた」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1951年11月23日
    米作り日本一

    米作り日本一で農林大臣賞を受けた佐藤久太さん=1951(昭和26)年11月23日(26年内地番号なし)

    商品コード: 2013121800156

  • 2019年06月21日
    砂地に出現した「緑の長城」寧夏回族自治区

    21日、小型無人機から撮影した寧夏回族自治区の霊武白芨灘国家級自然保護区にある白芨灘国家級砂漠公園。遠くにわずかに残された砂漠区域が生態環境の変化を示している。中国寧夏回族自治区の霊武白芨灘(はくきゅうたん)国家級自然保護区は毛烏素砂地の縁部に位置し、かつては砂ぼこりの被害が深刻で、近隣都市の生活や工・農業生産に大きな影響を与えていた。同地では長年の模索を経て、「五位一体」(砂の移動防止、造林、中心産業創出、栽培と養殖)という砂漠化対策と発展のモデルを構築。計63万ムー(4万2千ヘクタール)の防砂林を整備し、100万ムー(約6万6700ヘクタール)近い土地の砂の移動を抑制したことで、森林被覆率は41%に達した。同砂地の南への移動と西への拡大を阻止する「緑の長城」が築き上げられた。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304702

  • 2019年06月21日
    砂地に出現した「緑の長城」寧夏回族自治区

    21日、「緑の長城」を守るため、寧夏回族自治区の霊武白芨灘国家級自然保護区大泉林場を巡回する毛烏素砂地の森林保護員。中国寧夏回族自治区の霊武白芨灘(はくきゅうたん)国家級自然保護区は毛烏素砂地の縁部に位置し、かつては砂ぼこりの被害が深刻で、近隣都市の生活や工・農業生産に大きな影響を与えていた。同地では長年の模索を経て、「五位一体」(砂の移動防止、造林、中心産業創出、栽培と養殖)という砂漠化対策と発展のモデルを構築。計63万ムー(4万2千ヘクタール)の防砂林を整備し、100万ムー(約6万6700ヘクタール)近い土地の砂の移動を抑制したことで、森林被覆率は41%に達した。同砂地の南への移動と西への拡大を阻止する「緑の長城」が築き上げられた。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304693

  • 2019年06月21日
    砂地に出現した「緑の長城」寧夏回族自治区

    21日に撮影した寧夏回族自治区の霊武白芨灘国家級自然保護区馬鞍山林場。中国寧夏回族自治区の霊武白芨灘(はくきゅうたん)国家級自然保護区は毛烏素砂地の縁部に位置し、かつては砂ぼこりの被害が深刻で、近隣都市の生活や工・農業生産に大きな影響を与えていた。同地では長年の模索を経て、「五位一体」(砂の移動防止、造林、中心産業創出、栽培と養殖)という砂漠化対策と発展のモデルを構築。計63万ムー(4万2千ヘクタール)の防砂林を整備し、100万ムー(約6万6700ヘクタール)近い土地の砂の移動を抑制したことで、森林被覆率は41%に達した。同砂地の南への移動と西への拡大を阻止する「緑の長城」が築き上げられた。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304697

  • 2019年06月21日
    砂地に出現した「緑の長城」寧夏回族自治区

    21日、小型無人機から撮影した寧夏回族自治区の霊武白芨灘国家級自然保護区にある白芨灘国家級砂漠公園。わずかに残された砂漠区域が生態環境の変化を示している。中国寧夏回族自治区の霊武白芨灘(はくきゅうたん)国家級自然保護区は毛烏素砂地の縁部に位置し、かつては砂ぼこりの被害が深刻で、近隣都市の生活や工・農業生産に大きな影響を与えていた。同地では長年の模索を経て、「五位一体」(砂の移動防止、造林、中心産業創出、栽培と養殖)という砂漠化対策と発展のモデルを構築。計63万ムー(4万2千ヘクタール)の防砂林を整備し、100万ムー(約6万6700ヘクタール)近い土地の砂の移動を抑制したことで、森林被覆率は41%に達した。同砂地の南への移動と西への拡大を阻止する「緑の長城」が築き上げられた。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304590

  • 2019年06月21日
    砂地に出現した「緑の長城」寧夏回族自治区

    21日に撮影した寧夏回族自治区の霊武白芨灘国家級自然保護区馬鞍山林場。中国寧夏回族自治区の霊武白芨灘(はくきゅうたん)国家級自然保護区は毛烏素砂地の縁部に位置し、かつては砂ぼこりの被害が深刻で、近隣都市の生活や工・農業生産に大きな影響を与えていた。同地では長年の模索を経て、「五位一体」(砂の移動防止、造林、中心産業創出、栽培と養殖)という砂漠化対策と発展のモデルを構築。計63万ムー(4万2千ヘクタール)の防砂林を整備し、100万ムー(約6万6700ヘクタール)近い土地の砂の移動を抑制したことで、森林被覆率は41%に達した。同砂地の南への移動と西への拡大を阻止する「緑の長城」が築き上げられた。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304700

  • 1