KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 山西省忻
  • 中国山西省
  • 無形文化遺産
  • 新型コロナウイルス
  • 現代農業
  • 新型肺炎
  • 伝統文化
  • 敷地面積
  • 習近平国家主席
  • 金正恩委員長

「きんしゅう」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
335
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
335
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月13日
    12日、朝鮮労働党第8回大会で新たに選出された第8期党中央指導機関メンバーと平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問する金正恩党総書記=中央

    12日、朝鮮労働党第8回大会で新たに選出された第8期党中央指導機関メンバーと平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問する金正恩党総書記=中央(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 中央

  • 2021年01月01日
    1日午前0時、新年を迎えて朝鮮労働党第8回大会の代表者と共に平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問する金正恩党委員長

    1日午前0時、新年を迎えて朝鮮労働党第8回大会の代表者と共に平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問する金正恩党委員長(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (6)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    5日、陸景平さんが手がけた坭興陶作品。(12月5日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (8)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    制作途中の坭興陶作品を並べる陸景平さん。(12月2日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (5)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市にある陸景平さんの窯で、焼成を待つ坭興陶作品。(11月9日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (4)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、坭興陶作品のデザインを描く陸景平さん。(11月26日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (3)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    4日、広西チワン族自治区欽州市の工房で、弟子に彫り方を指導する陸景平さん。(12月4日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (7)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    5日、陸景平さんが手がけた坭興陶作品。(11月5日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (9)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    制作途中の坭興陶作品を工房に運ぶ陸景平さん。(12月3日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (1)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、急須を制作する陸景平さんの窯元のメンバー。(12月2日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (2)「坭興陶」一筋40年、名陶の技法伝える無形文化遺産伝承者

    広西チワン族自治区欽州市の工房で、従業員に坭興陶の制作技法を指導する陸景平さん。(12月3日撮影)中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」の一つに数えられ、同市を流れる欽江の両岸一帯から産出する独特な赤銅色の陶土を原料として作られる。焼成前に、陶器職人が臼でひく、ふるいにかけるなどの複雑な工程を経た陶土をデザインに従って成形して素地を作り、その滑らかな表面に花、人物、風景などの絵や模様を彫り込む。坭興陶の制作技法は2008年に国家級無形文化遺産リストに登録された。約1300年以上の歴史を持つ同市に生まれ、幼い頃から絵とやきものに親しんできた陸景平(りく・けいへい)さん(60)は、1979年に同市の坭興陶工場に入社した。その後、約40年間にわたり、坭興陶の制作に打ち込んできた。彼が作る坭興陶は、チワン族の民族的な要素と現代的なスタイルが結びついているという特徴を持つ。作品が国内外で高く評価されている陸さんは、その卓越した技能と豊富な経験により、2018年に坭興陶無形文化遺産の国家級伝承者に選ばれた。(南寧=新華社記者/張愛林)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    金正日総書記の逝去9周年(17日)に際して総書記の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問する金正恩朝鮮労働党委員長

    金正日総書記の逝去9周年(17日)に際して総書記の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問する金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が17日報じた(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (14)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    山西省忻州(きんしゅう)市五台県にある五台山の塔院寺境内に立つ五台山大白塔。釈迦文仏真身舎利塔ともいう。元の大徳6(1302)年の創建。仏教の聖地、五台山の象徴であり、「清涼第一勝境(最も清涼な景勝地)」と呼ばれている。(2011年11月3日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月21日
    20日、平壌・錦繍山太陽宮殿広場で行われた咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に従事した首都党員師団戦闘員の忠誠の報告集会に参加した朴奉珠朝鮮労働党副委員長

    20日、平壌・錦繍山太陽宮殿広場で行われた咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に従事した首都党員師団戦闘員の忠誠の報告集会に参加した朴奉珠朝鮮労働党副委員長(前列右から4人目)ら幹部(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月21日
    20日、平壌・錦繍山太陽宮殿広場で行われた咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に従事した首都党員師団戦闘員の忠誠の報告集会

    20日、平壌・錦繍山太陽宮殿広場で行われた咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に従事した首都党員師団戦闘員の忠誠の報告集会(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い単室住居の遺構。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い複室住居の遺構(F4)と単室住居の遺構(F1)。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡の周辺地形。青い点線で囲まれているのが遺跡。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.43
    2020年11月06日
    「新華社」指先の技術が増収を後押し貴州省冊亨県

    「中華プイ刺しゅうの里」と呼ばれる中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州冊亨(さつこう)県はここ数年、住民の手工芸技能の向上、起業・就業を促進する「錦繍(きんしゅう)計画」と、東部・西部地区間のペアリング貧困支援を通じ、地元の人々の増収を後押ししている。同計画はこれまでに、2400人余りの雇用を創出し、刺しゅう工房の「錦繍坊」を21カ所設立しており、指先の技術は次第に指先の経済になりつつある。出稼ぎ労働者の留守家庭の女性や、移住・転居による貧困救済事業の移住世帯は、貧困支援作業場で指先の技術を生かし、子育てをしながら刺しゅうに励み、生計を立てる幸せな暮らしを営んでいる。(記者/楊焱彬)<映像内容>貴州省冊亨県の刺しゅう工房の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    空から見た上海浦東サッカー場

    10月26日、空から見た上海浦東サッカー場。(小型無人機から)中国上海市錦繍東路の南側、金滇路の西側に位置する敷地面積約14万平方メートルの上海浦東サッカー場には、固定席約3万4千席が設置されている。一部施設は既に引き渡しを終え、段階的に使用を開始している。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    空から見た上海浦東サッカー場

    10月26日、空から見た上海浦東サッカー場。(小型無人機から)中国上海市錦繍東路の南側、金滇路の西側に位置する敷地面積約14万平方メートルの上海浦東サッカー場には、固定席約3万4千席が設置されている。一部施設は既に引き渡しを終え、段階的に使用を開始している。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    空から見た上海浦東サッカー場

    10月26日、空から見た上海浦東サッカー場。(小型無人機から)中国上海市錦繍東路の南側、金滇路の西側に位置する敷地面積約14万平方メートルの上海浦東サッカー場には、固定席約3万4千席が設置されている。一部施設は既に引き渡しを終え、段階的に使用を開始している。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    空から見た上海浦東サッカー場

    10月26日、空から見た上海浦東サッカー場。(小型無人機から)中国上海市錦繍東路の南側、金滇路の西側に位置する敷地面積約14万平方メートルの上海浦東サッカー場には、固定席約3万4千席が設置されている。一部施設は既に引き渡しを終え、段階的に使用を開始している。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    空から見た上海浦東サッカー場

    10月26日、空から見た上海浦東サッカー場。(小型無人機から)中国上海市錦繍東路の南側、金滇路の西側に位置する敷地面積約14万平方メートルの上海浦東サッカー場には、固定席約3万4千席が設置されている。一部施設は既に引き渡しを終え、段階的に使用を開始している。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    空から見た上海浦東サッカー場

    10月26日、空から見た上海浦東サッカー場。(小型無人機から)中国上海市錦繍東路の南側、金滇路の西側に位置する敷地面積約14万平方メートルの上海浦東サッカー場には、固定席約3万4千席が設置されている。一部施設は既に引き渡しを終え、段階的に使用を開始している。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、店頭に並ぶ坭興陶の茶筒。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、2006年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「優良手工芸品賞」を受賞した坭興陶作品「高鼓花樽」。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、欽州市にある坭興陶企業の工場で坭興陶の茶筒の素地を手直しする職人。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、欽州市にある坭興陶企業の工場で坭興陶の湯飲みの素地を手直しする職人。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、欽州市にある坭興陶企業の工場に並ぶ制作中の湯飲み。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、店頭に並ぶ坭興陶の茶器。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月16日
    中国四大名陶「坭興陶」の魅力広西チワン族自治区

    16日、欽州市にある坭興陶企業の工場で坭興陶の湯飲みの素地に彫刻を施すスタッフ。中国広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市発祥の陶器「坭興陶(でいこうとう)」は1300年以上の歴史を持ち、江蘇省宜興(ぎこう)市の紫砂陶、雲南省の建水陶、重慶市の栄昌陶と並んで「中国四大名陶」と称されている。欽州坭興陶の制作技法は2008年6月、国家級無形文化遺産リストに登録された。(欽州=新華社記者/黄耀滕)=2020(令和2)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月10日
    8日、咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に志願した平壌市朝鮮労働党員の決起大会=錦繍山太陽宮殿広場

    8日、咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に志願した平壌市朝鮮労働党員の決起大会=錦繍山太陽宮殿広場(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 錦繍山太陽宮殿広場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月10日
    8日、咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に志願した平壌市朝鮮労働党員の決起大会=錦繍山太陽宮殿広場

    8日、咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に志願した平壌市朝鮮労働党員の決起大会=錦繍山太陽宮殿広場(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 錦繍山太陽宮殿広場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月10日
    8日、咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に志願した平壌市朝鮮労働党員の決起大会=錦繍山太陽宮殿広場

    8日、咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に志願した平壌市朝鮮労働党員の決起大会=錦繍山太陽宮殿広場(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 錦繍山太陽宮殿広場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月10日
    8日、咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に志願した平壌市朝鮮労働党員の決起大会で演説する李日煥党副委員長=錦繍山太陽宮殿広場

    8日、咸鏡南・北道の台風被害復旧事業に志願した平壌市朝鮮労働党員の決起大会で演説する李日煥党副委員長=錦繍山太陽宮殿広場(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

    撮影: 錦繍山太陽宮殿広場

  • 2020年08月20日
    19日、平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問する朝鮮労働党中央委員会第7期第6回総会の参加者

    19日、平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問する朝鮮労働党中央委員会第7期第6回総会の参加者(朝鮮中央通信=朝鮮通信)、クレジット:朝鮮通信/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺を見学する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿内部の金剛像と脇侍菩薩(きょうじぼさつ)像。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、簡素で質朴な造りの南禅寺大殿。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿内部の彩色塑像の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿の正面。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿の屋根を支える斗栱(ときょう)。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    京津冀と西南地域を結ぶ国内貿易直航海上ルートが開通

    5月29日、就航した「天津―欽州」直航コンテナ船。中国天津港集団はこのほど、天津市と広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市を結ぶ新たなコンテナ航路を開設、京津冀(北京市、天津市、河北省)地域と西南地域を結ぶ初の国内貿易直航海上ルートを打ち立てた。これによりモンゴル、ロシアと東南アジア諸国連合(ASEAN)各国を結ぶ貨物の新ルートも形成される。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    京津冀と西南地域を結ぶ国内貿易直航海上ルートが開通

    5月29日、就航した「天津―欽州」直航コンテナ船。中国天津港集団はこのほど、天津市と広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市を結ぶ新たなコンテナ航路を開設、京津冀(北京市、天津市、河北省)地域と西南地域を結ぶ初の国内貿易直航海上ルートを打ち立てた。これによりモンゴル、ロシアと東南アジア諸国連合(ASEAN)各国を結ぶ貨物の新ルートも形成される。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    京津冀と西南地域を結ぶ国内貿易直航海上ルートが開通

    5月29日、「天津―欽州」直航コンテナ船の荷役作業。中国天津港集団はこのほど、天津市と広西チワン族自治区欽州(きんしゅう)市を結ぶ新たなコンテナ航路を開設、京津冀(北京市、天津市、河北省)地域と西南地域を結ぶ初の国内貿易直航海上ルートを打ち立てた。これによりモンゴル、ロシアと東南アジア諸国連合(ASEAN)各国を結ぶ貨物の新ルートも形成される。(天津=新華社配信)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    家畜飼育合作社(協同組合)で羊にえさをやる山西省忻州市岢嵐県宋家溝村の賀毛小(が・もうしょう)さん。(5月19日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業により周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月09日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    山西省忻州市岢嵐県宋家溝村。(小型無人機から、5月9日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業により周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月09日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    上:山西省忻州市岢嵐県宋家溝村で、移住・転居が行われる前に村民が住んでいた家屋(資料写真)。下:山西省忻州市岢嵐県宋家溝村の家屋。(5月9日撮影)(組み合わせ写真)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業により周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月09日
    移住・転居貧困救済事業と観光開発で生まれ変わった農村山西省

    山西省忻州市岢嵐県宋家溝村を散策する観光客。(5月9日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市岢嵐(からん)県宋家溝村は2017年、移住・転居による貧困救済事業によりには周辺の14村145世帯の貧困世帯を受け入れた。また、77日間で数万平方メートルの建築を撤去して整地、新築する村全体の改良プロジェクトを実施、受け入れた住民の居住環境を大きく改善した。同時に農村観光の発展に力を注ぎ、村民の貧困脱却と増収を促進している。(忻州=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.93
    2020年05月01日
    「新華社」中ロパイプライン東ルート連休中も休まず工事

    中国遼寧省凌海市では労働節(メーデー)の連休初日に当たる1日、遼河油田建設が建設工事を請け負う中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプラインの東ルート(吉林省松原市長嶺県-河北省廊坊市永清県)建設プロジェクト第5区間の工事が急ピッチで進められていた。新型コロナウイルス感染症の流行は工事の進捗に大きな影響を及ぼしたが、計画通り進むよう同社が入念に調整を行った。同プロジェクトは吉林省、内モンゴル自治区、遼寧省、河北省、天津市の五つの省・自治区・直轄市を通過する。うち第5区間は全長169キロ余り、遼寧省の盤錦(ばんきん)市と錦州(きんしゅう)市を通過し、大規模河川7本と幹線道路24本、鉄道3本を横切る。同社の従業員731人は工事開始以来、計画に基づいて休むことなく建設を進めている。(記者/趙泳)<映像内容>中国とロシアを結ぶ天然ガスパイプラインの東ルート建設プロジェクトの様子、撮影日:2020(令和2)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.74
    2020年04月26日
    「新華社」山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。山西省忻州(きんしゅう)市の政治協商会議と人民代表大会はそれぞれ21日と22日にオンライン方式で開幕した。(記者/原勲)<映像内容>オンライン形式で両会を開催、検温する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市人民代表大会参加者の健康申告書。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市忻府区のサブ会場で、政府活動報告を聴取する人民代表大会代表。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市で開かれたオンライン形式による同市政治協商会議。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市忻府区のサブ会場で、オンライン形式による同市人民代表大会の様子を映し出すモニター。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月22日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    22日、山西省忻州(きんしゅう)市人民代表大会のメイン会場で、朱暁東(しゅ・ぎょうとう)市長代理による政府活動報告を聴取する参加者。ステージ両側のモニターが各県・区のサブ会場の様子を表示している。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    21日、山西省忻州(きんしゅう)市政治協商会議のメイン会場の入り口で、参加者の検温をするために待機する医療関係者。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の路地裏の夜景。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、泰山廟の裏手にある路地裏の夜景。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城にある秀容書院の正門。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の秀容書院からの眺め。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    山西省、初めてオンライン形式による地方の両会を開催

    21日、山西省忻州(きんしゅう)市政治協商会議のメイン会場に置かれたティッシュ、消毒ハンドソープと注意書き。中国の各市・県の両会(人民代表大会と政治協商会議)は毎年1、2月に集中的に開かれるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、今年は多くの都市で延期された。中国の感染状況の好転により、複数の市では安全・秩序を確保した上で、メイン会場とサブ会場をつなぐオンライン形式で両会を開催している。(忻州=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城の泰山廟。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、夜の忻州古城を散策する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、忻州古城にある南城門楼。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、古城内にある伝統演劇舞台、古戯台。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るホンカイドウとチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県にある錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県にある錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.99
    2020年04月11日
    「新華社」黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。教室を取り囲むように8枚の黒板を順番に並べると、絵がぴたりとつながる。山や川、橋、家、川面に浮かぶ帆船、川の両岸に生い茂る草木など、力強く美しい風景がチョークで描かれている。趙さんは「子どもたちは鮮やかな色の方が喜ぶと思い、色は4回調整した」と語った。今回この絵を描こうと思いついたのは、以前、児童から「清明上河図」について質問されたことがきっかけだという。趙さんは2019年の冬休みが始まると、インターネットで電子版の「清明上河図」を購入、紙に印刷して黒板の数に合わせて折り畳み、それを見ながら絵を描いた。3カ月の奮闘の末、2日、ついに作品が完成した。趙さんによると、残念ながらチョークでは細部まで表現できず、黒板に描いた「清明上河図」は風景のみで、人物は描かれていないという。趙さんの作品は地元の教育部門の支持を受け、黒板は同県教育局が購入し、創作スペースは学校が提供した。趙さんは「自分たちの学校にも『清明上河図』があることを知れば、子どもたちはきっと喜ぶだろう」と語った。授業再開の日は未定だが、趙さんはその日を心待ちにしている。(記者/徐偉、王学濤)<映像内容>「清明上河図」を黒板アートで再現、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県にある錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、洛南県の錦繍大地花博園に咲き誇るチューリップ。秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月11日
    春真っ盛り秦嶺山脈の奥深くに広がる花の海陝西省

    11日、色鮮やかな花々が咲き誇る洛南県の錦繍大地花博園。(小型無人機から)秦嶺山脈の奥深くにある中国陝西省商洛市洛南県の錦繍大地花博園ではこのところ、チューリップやホンカイドウ、サルスベリが競うように咲き誇り、花の海のような風景が一面に広がっている。同園は、地元政府が同地の地理的位置、気候、生態系環境の強みを踏まえ、山や川、林、湖などの自然資源の全面的な融合発展を図りながら、エコツーリズム(生態観光)と現代農業を高度に融合させたモデル施設の構築を模索。地元住民400人以上の雇用を創出するとともに、レジャー・観光、花や樹木の取引にうってつけの場所となっている。(洛南=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年4月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、黒板アートを手直しする趙文瑞さん。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんが描いた作品「旭日東昇」。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんがチョークで描いた作品の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんが学校の科学室の天井に描いた星空。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんが学校の科学室の天井に描いた星空。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんがチョークで描いた作品の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんの黒板アートが保管された教室。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんが制作時に使用したチョークから出た粉。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月07日
    黒板アート描き、授業再開を待ち望む美術教師山西省忻州市

    7日、趙文瑞さんがチョークで描いた作品の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市繁峙(はんじ)県の浜河小学校は、新型コロナウイルス感染症の影響でいまだに休校したままとなっている。同校の美術教師、趙文瑞(ちょう・ぶんすい)さんは、授業が再開した時に子どもたちに贈るプレゼントとして、3カ月をかけて中国の名画「清明上河図」を黒板アートで再現した。(繁峙=新華社記者/徐偉)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省

    25日、山西省忻州(きんしゅう)市静楽県第一中学校が遠方から通う生徒のために用意した送迎車。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省

    25日、山西省忻州(きんしゅう)市静楽県第一中学校で検温の列に並ぶ生徒。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    大学入試に向け全力25万人の高校3年、授業再開へ山西省

    25日、山西省忻州(きんしゅう)市静楽県第一中学校の食堂で時間をずらして食事を取る生徒。中国国内で新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、山西省の472校の高校3年生25万人余りがこのほど、相次いで学校での授業を再開した。同省の教育部門と各学校は授業再開にあたり、送迎車の手配や校内の完全封鎖管理、定期的な殺菌・消毒、クラス別授業、時間差による食事、生徒と教員へのマスク配布など、入念に安全対策を進めることで、生徒が良い衛生意識を身に付け、全力で大学入学試験「高考」に備えられるよう指導している。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月19日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    19日、忻州市の忻州古城。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月19日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    19日、忻州古城の関帝廟禅堂に飾られている五台山修渊島壁画芸術館の王雲峰(おう・うんほう)館長の作品「釈迦牟尼説法図」。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月19日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    19日、忻州古城の修渊島壁画館。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月19日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    19日、自身の作品の前に立つ五台山修渊島壁画芸術館の王雲峰(おう・うんほう)館長。中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社記者/孫亮全)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    忻州古城の修渊島壁画館に展示された作品。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    忻州古城の修渊島壁画館の内部。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月10日
    古壁画に西洋絵画の要素新感覚が庶民に人気山西省忻州市

    忻州古城の修渊島壁画館。(3月10日撮影)中国仏教四大名山の一つ、五台山のある山西省忻州(きんしゅう)市では、新型コロナウイルスの感染拡大で閉鎖されていた古城風景区も再び開放され、エリア内にある壁画館、五台山修渊島壁画芸術館が人気スポットとなっている。本来は石窟や寺院の壁面に描かれている古壁画だが、今では芸術家の手により新たな芸術作品となり、一般家庭に飾られる機会も増えている。(太原=新華社配信/王雲峰)=2020(令和2)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4