KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • スタッフ
  • 平成
  • 時点
  • 資料
  • 配信
  • 臍帯血
  • 中央
  • 事件
  • 個人
  • 全国

「さい帯血」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 記者会見する医師ら 第三者のさい帯血移植成功
    1997年03月17日
    記者会見する医師ら 第三者のさい帯血移植成功

    白血病治療のため国内で初めて非血縁者間でのさい帯血移植に成功し、記者会見する横浜市立大医学部の生田孝一郎講師(中央)ら=17日午後、横浜市役所

    商品コード: 1997031700068

  • 展示を見るご夫妻 秋篠宮ご夫妻が式典出席
    2009年08月29日
    展示を見るご夫妻 秋篠宮ご夫妻が式典出席

    「日本さい帯血バンクネットワーク」設立10周年の記念式典に出席され、展示を見る秋篠宮ご夫妻=29日午後、東京都新宿区(代表撮影)

    商品コード: 2009082900301

  • 記者会見する後藤理事長 臍帯血でiPS樹立へ
    2013年08月06日
    記者会見する後藤理事長 臍帯血でiPS樹立へ

    記者会見する「兵庫さい帯血バンク」の後藤武理事長=6日午後、兵庫県庁

    商品コード: 2013080600633

  •  天津市さい帯血造血幹細胞バンク、臨床利用1800例超える
    2015年05月29日
    天津市さい帯血造血幹細胞バンク、臨床利用1800例超える

    さい帯血の分離分取を行う天津市さい帯血造血幹細胞バンクのスタッフ。(資料写真)中国天津ハイテク産業開発区(天津高新区)にある天津市さい帯血造血幹細胞バンクは28日、さい帯血の臨床利用が6月30日時点で1800例を超えたことを明らかにした。(天津=新華社配信/天津市さい帯血造血幹細胞バンク提供)=2015(平成27)年5月29日、クレジット:天津市さい帯血造血幹細胞バンク/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211215

  •  天津市さい帯血造血幹細胞バンク、臨床利用1800例超える
    2015年05月29日
    天津市さい帯血造血幹細胞バンク、臨床利用1800例超える

    さい帯血を凍結保存する天津市さい帯血造血幹細胞バンクのスタッフ。(資料写真)中国天津ハイテク産業開発区(天津高新区)にある天津市さい帯血造血幹細胞バンクは28日、さい帯血の臨床利用が6月30日時点で1800例を超えたことを明らかにした。(天津=新華社配信/天津市さい帯血造血幹細胞バンク提供)=2015(平成27)年5月29日、クレジット:天津市さい帯血造血幹細胞バンク/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211144

  •  天津市さい帯血造血幹細胞バンク、臨床利用1800例超える
    2015年05月29日
    天津市さい帯血造血幹細胞バンク、臨床利用1800例超える

    さい帯血を凍結保存する天津市さい帯血造血幹細胞バンクのスタッフ。(資料写真)中国天津ハイテク産業開発区(天津高新区)にある天津市さい帯血造血幹細胞バンクは28日、さい帯血の臨床利用が6月30日時点で1800例を超えたことを明らかにした。(天津=新華社配信/天津市さい帯血造血幹細胞バンク提供)=2015(平成27)年5月29日、クレジット:天津市さい帯血造血幹細胞バンク/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211192

  •  天津市さい帯血造血幹細胞バンク、臨床利用1800例超える
    2015年06月04日
    天津市さい帯血造血幹細胞バンク、臨床利用1800例超える

    凍結保存前のさい帯血の分離作業を行う天津市さい帯血造血幹細胞バンクのスタッフ。(資料写真)中国天津ハイテク産業開発区(天津高新区)にある天津市さい帯血造血幹細胞バンクは28日、さい帯血の臨床利用が6月30日時点で1800例を超えたことを明らかにした。(天津=新華社配信/天津市さい帯血造血幹細胞バンク提供)=2015(平成27)年6月4日、クレジット:天津市さい帯血造血幹細胞バンク/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211184

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:07.66
    2017年09月12日
    臍帯血2千人分、廃棄せず 加藤厚労相の閣議後記者会見

    個人の臍帯血(さいたいけつ)を有料保管する民間バンクで、契約終了後も廃棄処分せずに保管し続けている臍帯血が5社で計約2100人分あることが厚生労働省の緊急調査で12日、分かった。厚労省は「契約が不適切だ」と指摘。根拠の無い高額な自由診療に使われる恐れがあるとして、民間バンクに業務内容を届け出るように指示する。調査は、経営破綻した民間バンクから流出した臍帯血が、全国の民間クリニックで無届け投与される事件が起きたのを受けて実施した。加藤勝信厚労相は12日の閣議後会見で「こうした取り組みを再生医療の回復につなげたい」と述べた。<映像内容>加藤勝信厚労相の閣議後記者会見。撮影は厚生労働省で12日午前9時40分ごろから10時ごろまで。

    商品コード: 2017091205954

  • 1