KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 緑茶
  • 製造
  • 平成
  • 香り
  • レジャー
  • 一般
  • 千年
  • 宦渓鎮
  • 最初

「さんぴん茶」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1999年08月19日
    各メーカーのさんぴん茶 さんぴん茶はだれのもの?

    各メーカーが販売している「さんぴん茶」

    商品コード: 1999081900003

  • 2003年05月01日
    天然ジャスミン茶

    伊藤園の「天然系ジャスミン茶」

    商品コード: 2003050100084

  • 2009年12月16日
    聘珍樓のジャスミン茶 商品ニュース

    中国料理の老舗「聘珍樓」との協力でつくったダイドードリンコのペットボトル飲料「聘珍茶寮 ジャスミン茶」

    商品コード: 2009121600237

  • 2017年06月08日
    特保のジャスミン茶 商品ニュース

    サントリー食品インターナショナルの「サントリー 特茶 ジャスミン」

    商品コード: 2017060800671

  • 2018年08月21日
    多様な措置でジャスミン茶産業発展を推進福建省福州市

    21日、小型無人機で撮影した福州市閩侯県祥謙鎮新壋島にある福州南仙茉莉花栽培保護拠点。中国福建省福州市はここ数年、茉莉花栽培拡大に補助金を支給する政策の実施、ジャスミン茶保護・発展計画作成、福州茉莉花と福州ジャスミン茶文化遺産の保護、継承、革新的研究や普及活動の展開など、さまざまな措置によりジャスミン茶産業の持続的な発展を推進している。ITC(InternationalTeaCommittee)は2011年、福州市に「世界ジャスミン茶発祥地」の称号を授与した。また、国際連合食糧農業機関(FAO)は2014年、福州市の茉莉花と茶文化を世界農業遺産に認定した。(福州=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715233

  • 2018年08月21日
    多様な措置でジャスミン茶産業発展を推進福建省福州市

    21日、福州市城門鎮龍江村南仙製茶作業場でジャスミンを選別する製茶職人。中国福建省福州市はここ数年、茉莉花栽培拡大に補助金を支給する政策の実施、ジャスミン茶保護・発展計画作成、福州茉莉花と福州ジャスミン茶文化遺産の保護、継承、革新的研究や普及活動の展開など、さまざまな措置によりジャスミン茶産業の持続的な発展を推進している。ITC(InternationalTeaCommittee)は2011年、福州市に「世界ジャスミン茶発祥地」の称号を授与した。また、国際連合食糧農業機関(FAO)は2014年、福州市の茉莉花と茶文化を世界農業遺産に認定した。(福州=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715188

  • 2018年08月21日
    多様な措置でジャスミン茶産業発展を推進福建省福州市

    21日、福州市閩侯県祥謙鎮新壋島にある福州南仙茉莉花栽培保護拠点でジャスミンを摘む観光客。中国福建省福州市はここ数年、茉莉花栽培拡大に補助金を支給する政策の実施、ジャスミン茶保護・発展計画作成、福州茉莉花と福州ジャスミン茶文化遺産の保護、継承、革新的研究や普及活動の展開など、さまざまな措置によりジャスミン茶産業の持続的な発展を推進している。ITC(InternationalTeaCommittee)は2011年、福州市に「世界ジャスミン茶発祥地」の称号を授与した。また、国際連合食糧農業機関(FAO)は2014年、福州市の茉莉花と茶文化を世界農業遺産に認定した。(福州=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082715639

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で、摘んできた茶葉を釜炒りする製茶職人。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602625

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」の開幕式の会場を見学する観光客。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602593

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で、製茶職人が茶葉の手もみを実演する様子。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602626

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」の会場で、茶の摘み取り方について学ぶ茶摘みの女性。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602657

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で、茶葉の天日干しを体験する子ども。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602660

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で、機械に摘んできた茶葉を入れて揺る茶摘み職人。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602664

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で、摘んできた茶葉を炒る製茶職人。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602594

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で、摘んだばかりの茶葉をふるいにかける製茶職人。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602696

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日に撮影した「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」の会場。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602624

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」の会場で、茶摘みをする前に伝統の「喊山」儀式を行う茶摘みの女性たち。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602591

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で、摘んだばかりの茶葉を乾かす製茶職人。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602725

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で行われた春茶摘み祭りの開幕式の様子。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602699

  • 2019年03月23日
    春の最初の茶摘み始まる福建省福州市

    23日、春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で、摘んできた茶葉を炒る製茶職人。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032602700

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    福建省の茶葉輸出量、1~4月は前年同期比8・7%増の7726トン

    5月30日、福州ジャスミン茶を製造する福建春倫集団の従業員。中国福建省福州税関の統計によると、同省の今年1~4月の茶葉輸出量は前年同期比8・7%増の7726・1トンだった。輸出品種はウーロン茶、緑茶などで、輸出先は主に日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)、香港特別行政区などだった。福建省は中国有数の茶産地で、茶産業は同省の特色ある産業となっており、主にウーロン茶や緑茶、白茶、花茶などを生産している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508790

  • 2020年05月30日
    福建省の茶葉輸出量、1~4月は前年同期比8・7%増の7726トン

    5月30日、福建春倫集団で製造される福州ジャスミン茶。中国福建省福州税関の統計によると、同省の今年1~4月の茶葉輸出量は前年同期比8・7%増の7726・1トンだった。輸出品種はウーロン茶、緑茶などで、輸出先は主に日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)、香港特別行政区などだった。福建省は中国有数の茶産地で、茶産業は同省の特色ある産業となっており、主にウーロン茶や緑茶、白茶、花茶などを生産している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508689

  • 2020年05月30日
    福建省の茶葉輸出量、1~4月は前年同期比8・7%増の7726トン

    5月30日、福州ジャスミン茶を製造する福建春倫集団の従業員。中国福建省福州税関の統計によると、同省の今年1~4月の茶葉輸出量は前年同期比8・7%増の7726・1トンだった。輸出品種はウーロン茶、緑茶などで、輸出先は主に日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)、香港特別行政区などだった。福建省は中国有数の茶産地で、茶産業は同省の特色ある産業となっており、主にウーロン茶や緑茶、白茶、花茶などを生産している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508687

  • 2020年05月30日
    福建省の茶葉輸出量、1~4月は前年同期比8・7%増の7726トン

    5月30日、福州ジャスミン茶を製造するため、ジャスミンの花の水分を飛ばす福建春倫集団の従業員。中国福建省福州税関の統計によると、同省の今年1~4月の茶葉輸出量は前年同期比8・7%増の7726・1トンだった。輸出品種はウーロン茶、緑茶などで、輸出先は主に日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)、香港特別行政区などだった。福建省は中国有数の茶産地で、茶産業は同省の特色ある産業となっており、主にウーロン茶や緑茶、白茶、花茶などを生産している。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508704

  • 00:47.93
    2020年09月01日
    「新華社」芳しいジャスミン、富をもたらす花に広西チワン族自治区

    ジャスミンの花期を迎えた中国広西チワン族自治区南寧市横県では、真っ白な花が風になびき、漂う香りが人々を包み込んでいる。同県のジャスミン栽培面積は11万3千ムー(約7500ヘクタール)。年間生産量は生花が9万トン、ジャスミン茶が8万トンで、国内生産の8割以上を占める。ジャスミンは地元農民を小康(ややゆとりのある)社会へと導く「富をもたらす花」となっている。(記者/覃広華、李兪輝、黄凱瑩)<映像内容>ジャスミンの栽培風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090202782

  • 2021年03月19日
    (5)第1回中国越境EC交易会、福建省福州市で開催

    18日、来場者に福州のジャスミン茶について説明するスタッフ(右)。第1回中国越境電子商取引(EC)交易会が18日、福建省福州市で開幕した。同会は新型コロナウイルス感染症の影響下で越境ECに生じた弊害や課題の解消や、従来の貿易のデジタル化推進を目的としている。20日まで開かれる同会では、越境EC総合プラットフォーム、越境ECサービス、越境ECサプライヤー、越境ECブランドPRの四つの展示エリアが設けられ、世界から33の越境ECプラットフォーム、35の全国輸出型産業ベルト、200社以上の越境ECサービス企業、2千社以上の貿易サプライヤー企業が出展している。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031903198

  • 2022年05月05日
    (7)ライチ紅茶が大人気マカオの老舗茶葉専門店を訪ねて

    「英記茶荘」のジャスミン茶。(4月22日撮影)中国マカオ特別行政区マカオ半島の西部には、老舗が立ち並ぶ「十月初五老街」がある。レトロな建物が軒を連ね、人々の生活の息吹が立ち込めている。中国茶専門店「英記茶荘」は、この街で1世紀近く商いを続けている。店主の盧石麟(ろ・せきりん)さん(64)は、毎朝9~10時ごろの開店と同時に店頭に立つ。「英記茶荘は1930年に叔父が開業した。父は10歳から店を手伝い始め、81年にわたり茶業に従事した後、2002年に私にバトンタッチした」と語る。マカオの中国返還以降、英記茶荘には内地から多くの観光客が訪れるようになった。徐々に評判が高まり、21年には看板商品の「茘枝(ライチ)紅茶」が突然の大ヒット。店はマカオで社会現象になるほどの人気店となり、コロナ禍でも業績を伸ばした。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2022(令和4)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050503162

  • 1