KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • ウクライナ侵攻
  • ロシア軍
  • 戦争
  • 攻撃
  • 紛争
  • 軍事作戦
  • 軍隊
  • 記者
  • 研究

「せいすい」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
976
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
976
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Sailing ship in still water, Lodewijk Gilles Haccou, 1802 - 1846

    Sailing ship in still water, Lodewijk Gilles Haccou, 1802 - 1846.、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2021020600670

  • -
    Conch Shell water vessel

    Conch Shell water vessel 1800-94 Conches are used to pour sanctified water in a number of Brahmanic ceremonies including the cutting of a prince or princess‘s top-knot to mark the reaching of puberty. They are also used during Thai marriage ceremonies where water is poured over the hands of the bride and groom. In ancient Indian Hinduism the conch was a symbol of sovereignty and power.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100400225

  • -
    Priest with holy water brush before the possessed bailiff, Caspar Luyken, Jan Claesz ten Hoorn, 1699.

    Priest with holy water brush before the possessed bailiff, Caspar Luyken, Jan Claesz ten Hoorn, 1699.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022020103599

  • -
    Conch Shell water vessel

    Conch Shell water vessel 1800-94 Conches are used to pour sanctified water in a number of Brahmanic ceremonies including the cutting of a prince or princess‘s top-knot to mark the reaching of puberty. They are also used during Thai marriage ceremonies when water is poured over the hands of the bride and groom.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100400186

  • -
    Near East. Middle Ages. Ampulla. Globular bottle with two handles. Used for holy water or holy oil (pilgrimages). The State Herm

    Near East. Middle Ages. Ampulla. Globular bottle with two handles. Used for holy water or holy oil (pilgrimages). The State Hermitage Museum. Saint Petersburg. Russia.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019101501939

  • -
    Jesus Before Caiaphas.

    Jesus before Caiaphas. Artist: After Hans Holbein the Younger (German, Augsburg 1497/98-1543 London). Dimensions: Sheet: 3 9/16 × 2 3/8 in. (9 × 6 cm). Etcher: Wenceslaus Hollar (Bohemian, Prague 1607-1677 London). Series/Portfolio: The satirical passion. Date: 1625-77.Monks drag Jesus to the left where Caiaphus stands wearing a bishop‘s mitre and raising a holy-water sprinkler as if to fling it at Christ. Museum: Metropolitan Museum of Art, New York, USA.、クレジット:Album/Metropolitan Museum of Art,NY/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020031704627

  • -
    Maestro de Perea. San Lázaro con sus hermanas Marta y María. Escuela valenciana, principios del siglo XVI. Detalle. Museo Lázaro

    Maestro de Perea. San Lázaro con sus hermanas Marta y María. Escuela valenciana, principios del siglo XVI. Detalle. Museo Lázaro Galdiano. Madrid. España.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081608163

  • -
    Holy water container in the figure of the Virgin Mary

    Holy water container in the figure of the Virgin Mary, central american, twentieth century、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041601930

  • -
    Holy-water font.

    Holy-water font. Stupovi in Biskupija near Knin. Medieval art. Croatia. Museum of Croatian Archaeological Monuments. Split. Croatia.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021080900231

  • -
    Holy water bowl.

    Holy water bowl. Gift from Tsar Mikhail Feodorovich. In the vestry of the Kremlin. Assumption Cathedral in the Kremlin. Prokudin-Gorskii, Sergei Mikhailovich, 1863-1944, photographer.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070106854

  • -
    Maestro de Perea. San Lázaro con sus hermanas Marta y María. Escuela valenciana, principios del siglo XVI. Museo Lázaro Galdiano

    Maestro de Perea. San Lázaro con sus hermanas Marta y María. Escuela valenciana, principios del siglo XVI. Museo Lázaro Galdiano. Madrid. España.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019081608191

  • -
    Sagrada Familia. Crypt. Detail of the Holy Water stoup.

    Sagrada Familia. Crypt. Detail of the Holy Water stoup. Author: ANTONI GAUDI.、クレジット:Album/Ramon Manent/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019080600827

  • -
    Holy Water Font, late 1400s. Southern France, late 15th century.

    Holy Water Font, late 1400s. Southern France, late 15th century. Marble; overall: 31.5 x 52.7 x 46.4 cm (12 3/8 x 20 3/4 x 18 1/4 in.).、クレジット:Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022010506495

  • -
    Holy water container in the figure of the Virgin Mary

    Holy water container in the figure of the Virgin Mary, central american, twentieth century、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041601912

  • -
    Buonaparte at Rome giving audience in state, Cruikshank, Isaac, 1756?-1811?, engraving 1797, Napoleon

    Buonaparte at Rome giving audience in state, Cruikshank, Isaac, 1756?-1811?, engraving 1797, Napoleon, wearing tattered clothing, seated on a low throne; kneeling before him is a pope placing the keys of St. Peter at his feet as he kicks the crown off the popes head, saying I say remember to take off your HAT when you wait on a Gemman!!! Cardinals follow the pope, one holding Mary Magdalene‘s Cracked Pitcher, another holds Vn Marys Peticoat. Behind Napoleon stands a soldier urinating into a font labeled Holy Water.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020070808094

  • -
    Holy-water font.

    Holy-water font. Stupovi in Biskupija near Knin. Medieval art. Croatia. Museum of Croatian Archaeological Monuments. Split. Croatia.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021080900312

  • 1956年12月31日
    思い出の昭和 リンタク

    栄枯盛衰は世の習い。同志はつぎつぎ引退したが、時勢に抗し生き残ったのが高知市内で約30台。往時の健脚がエンジンと駆けくらべ。ツギの当たったホロが、並ぶピカピカのタクシーと対照的(昭和31年、国鉄高知駅前で) =1956(昭和31)年撮影月日不明、高知県、クレジット:高知新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070601161

  • 1967年10月31日
    故吉田茂氏の納骨

    納骨前に聖水で清める浜尾司祭。手前は遺族=1967(昭和42)年10月31日、東京都港区の青山墓地

    商品コード: 2011061400384

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:36.92
    1976年07月30日
    「中日映画社」田中前首相逮捕

    ロッキード事件でその頂点・田中角栄を逮捕。ハワイでニクソン大統領と会談・密約。<映像内容>検察当局は ロッキード事件で田中角栄前首相を逮捕と発表、田中角栄氏の盛衰の歴史、撮影日不明・公開日:1976(昭和51)年7月30日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2018110216325

  • 1990年12月31日
    Japan: ‘Gempei Seisuiki - Chronicles of the Genji and the Heike‘, part of a series of paintings depicting Miura Daisuke Yoshiaki

    ‘The Tale of the Heike‘ is a Japanese epic account of the conflict between the Minamoto and Taira clans over control of Japan which occurred near the end of the 12th century CE, known as the Genpei War (1180-1185). The tale is often described as a Japanese ‘Iliad‘, and has been translated into English multiple times. The Genpei War occurred during the late Heian Period, and ultimately saw the fall of the Taira clan and the rise of the Minamoto clan. Minamoto no Yoritomo, clan leader, then established the Kamakura shogunate, which would rule over Japan for roughly 150 years. The Kamakura shogunate began the suppression of the emperor‘s power and the rise of samurai influence and power. (Newscom TagID: pfhphotos033901.jpg) [Photo via Newscom]、クレジット:ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用はできません。

    商品コード: 2021051011562

  • 1991年04月07日
    Priest believers Easter

    89272 07.04.1991 Sprinkling believers with holy water on the day of Christ‘s Resurrection close to the Church of Our Lady of Kazan, Red Square. Yuriy Kaver / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040900204

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    崩壊した聖水大橋 ソウルで橋崩壊

    ラッシュ時に一部が崩壊した聖水大橋。バスや乗用車が落下した=21日午前8時30分、ソウル市内漢江(共同)

    商品コード: 1994102100014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    崩壊した聖水大橋 ソウルで橋崩壊

    ラッシュ時に一部が崩壊した聖水大橋。バスや乗用車が落下した=21日午前8時30分、ソウル市内漢江(共同)

    商品コード: 1994102100018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    転落した通勤バス ソウルで橋崩壊

    橋の崩壊で転落し、あお向けになった通勤バス=21日午前8時40分、ソウル市内の聖水大橋(共同)

    商品コード: 1994102100026

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    悲しみの遺族 漢江の橋崩壊は人災か

    21日、ソウルの聖水大橋崩壊事故で、身内の死を知り悲しみに暮れる犠牲者の遺族(ロイター=共同)

    商品コード: 1994102100085

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    聖水大橋 ソウルで橋崩壊

    一部が崩壊した聖水大橋(韓国KBSテレビ)

    商品コード: 1994102100012

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    落下した通勤バス ソウルで橋崩壊

    橋の崩壊で転落し、あお向けになった通勤バス=21日午前8時40分、ソウル市内の聖水大橋(共同)

    商品コード: 1994102100023

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    中央部が崩壊した橋 ソウルで橋崩壊

    中央部が崩壊した聖水大橋=21日午前、ソウル市内の漢江(共同)

    商品コード: 1994102100029

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    聖水大橋崩壊事故 漢江の橋崩壊は人災か

    ソウル市内の漢江で21日、聖水大橋が崩壊した現場で転落したバスの乗客らの救助活動をする警察や消防局の救助隊員ら(共同)

    商品コード: 1994102100081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月21日
    聖水大橋崩壊事故 漢江の橋崩壊は人災か

    ソウル市内の漢江で21日、聖水大橋が崩壊した現場で転落したバスの乗客らの救助活動をする警察や消防局の救助隊員ら(共同)

    商品コード: 1994102100079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月22日
    行方不明者を探すダイバー 橋げたの接続部分に異常

    22日、ソウルの聖水大橋崩壊事故の現場で行方不明者を探す韓国海軍のダイバー(ロイター=共同)

    商品コード: 1994102200097

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月22日
    花束を投げ入れる女学生ら 管理責任者の逮捕状請求

    22日、ソウルの聖水大橋事故で亡くなった友人に別れを告げるため、漢江に花束を投げ入れる女学生ら(ロイター=共同)

    商品コード: 1994102200119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年10月31日
    安全軽視したソウルの事故 日常の維持管理が大切

    )、社会37S  約50メートルにわたって崩壊したソウル市の聖水大橋(ロイター=共同)

    商品コード: 1994103100035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年11月03日
    元ソウル市長を取り調べ

    32人の死者を出したソウル市の聖水大橋崩壊事故で事情聴取を受けるため3日、検察庁に出頭する李元鐘・元ソウル市長(ロイター=共同)

    商品コード: 1994110300059

  • 1995年02月13日
    商店街の盛衰を決めるもの

    八代 尚宏

    商品コード: 1995021300035

  • 1996年09月02日
    大企業の盛衰

    セルゲイ・ブラギンスキー

    商品コード: 1996090200032

  • 1997年06月13日
    バンコク近郊の寺 株疑惑で挫折、めい想に

    )、13日送信外信415S、外信部注意  庶民が集うバンコク近郊の寺。寺への寄進の後、僧は厄を払い、福を招くための聖水をかける(共同)

    商品コード: 1997061300073

  • 1997年07月03日
    崩壊した聖水大橋 ソウル聖水大橋が開通

    崩壊した当時の「聖水大橋」=94年10月21日(共同)

    商品コード: 1997070300039

  • 1997年07月03日
    聖水大橋開通式 ソウル聖水大橋が開通

    復旧工事を終え、開通式が行われたソウルの「聖水大橋」=3日午前(共同)

    商品コード: 1997070300038

  • 1998年12月24日
    平家詞曲の本を出版へ 琵琶の伴奏で栄枯盛衰語る

    本を執筆中の鈴木元子さんと平家琵琶を抱える娘のまどかさん(左)=23日、東京都練馬区立野町

    商品コード: 1998122400121

  • 1999年01月09日
    最高神「御前様」 存亡危機の隠れキリシタン

    「隠れキリシタン」の最高神「御前様」の掛軸と祭壇に供された聖水(手前のつぼ)=元日午前、長崎県生月町壱部

    商品コード: 1999010900054

  • 1999年10月01日
    古城に響く歌声 栄枯盛衰とは何か

    )、企画91S、9日付朝刊以降使用 台風一過の岡城址(おかじょうし)。古城の石垣に、「荒城の月」の原曲が響く。地元のコーラスグループ「コール竹田メリーズ」と「コーラス稲葉」の人たちは全員が女性。週1回の練習はいつもは普段着。この日は白いブラウスに黒のパンタロンやロングスカートのコンサート用衣装で着飾った=大分県竹田市(撮影・菅谷洋司)

    商品コード: 1999100100098

  • 2004年07月28日
    信仰をめぐる栄枯盛衰

    白山と室堂センター

    商品コード: 2004072800023

  • 2004年10月29日
    聖水受ける新国王 シハモニ新国王が即位

    29日、プノンペンの王宮で、戴冠式を前にシアヌーク前国王夫妻から聖水を受け、身を清めるシハモニ新国王(中央)(共同)

    商品コード: 2004102900233

  • 2005年10月12日
    祝福される犬

    飼い主に抱きかかえられた犬が司祭から聖水をかけられている。ペルーの首都リマにある教会では数百匹のペットがこうした「祝福」を受けるそう。飼い主もうれしそうだ。(ロイター=共同)

    商品コード: 2005101200121

  • 2009年08月22日
    Monument to Ukrainian peacekeeper Ihor Kynal

    TERNOPIL UKRAINE - AUGUST 22, 2009 - A priest consecrates the monument to Ukrainian peacekeeper, senior lieutenant of the Interior Troops Ihor Kynal who died in Mitrovica, Kosovo, March 17, 2008, Ternopil, western Ukraine.=2009(平成21)年8月22日、クレジット:Ukrinform/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022012513715

  • 2010年01月01日
    BORN SWEET (2010), directed by CYNTHIA WADE.

    BORN SWEET (2010), directed by CYNTHIA WADE.、クレジット:Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021020310005

  • 2010年05月10日
    インドのタージマハル ガンジスの聖水を飲用に

    インド北部アグラのタージマハル(共同)

    商品コード: 2010051000530

  • 2012年03月24日
    卓球の世界選手権会場 日本の栄枯盛衰知る舞台

    卓球の世界選手権会場のウェストファーレンハーレン=ドルトムント(共同)

    商品コード: 2012032400403

  • 2013年01月01日
    ALIA SHAWKAT and CHERIEN DABIS in MAY IN THE SUMMER (2013), directed by CHERIEN DABIS.

    ALIA SHAWKAT and CHERIEN DABIS in MAY IN THE SUMMER (2013), directed by CHERIEN DABIS.、クレジット:DISPLACED PICTURES/ANONYMOUS CONTENT/DURGA ENT/WHITEWATER FI/Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021032000906

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月08日
    列強の盛衰を見詰めて

    マレーシア・マラッカ川

    商品コード: 2013100800256

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月08日
    列強の盛衰を見詰めて

    マレーシア・マラッカ川

    商品コード: 2013100800257

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月08日
    川岸の聖ザビエル教会 列強の盛衰を見詰めて

    ライトアップされたマラッカ川岸の聖フランシスコ・ザビエル教会(左奥)。川沿いの街は東洋と西洋の文化が融合した独特の景観だ=マレーシア南部マラッカ(共同)

    商品コード: 2013100800280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月08日
    丘に立つザビエルの像 列強の盛衰を見詰めて

    セントポールの丘に立つフランシスコ・ザビエルの像。ザビエルはこの地で日本人ヤジローと出会い、日本行きを決めたといわれている=マレーシア南部マラッカ(共同)

    商品コード: 2013100800282

  • 2014年08月26日
    Situla or Holy Water bucket made with silver.

    Situla or Holy Water bucket made with silver. Augsburg (Germany) 1580-1600). The bucket was made to contain Holy Water for use during baptisms and other church services. It is decorated with garlands of flowers and fruit and emblems of the crucifixion of Christ.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100914

  • 2014年08月26日
    Situla or Holy Water bucket made with silver.

    Situla or Holy Water bucket made with silver. Augsburg (Germany) 1580-1600). The bucket was made to contain Holy Water for use during baptisms and other church services. It is decorated with garlands of flowers and fruit and emblems of the crucifixion of Christ.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100953

  • 2014年08月26日
    Situla or Holy Water bucket made with silver.

    Situla or Holy Water bucket made with silver. Augsburg (Germany) 1580-1600). The bucket was made to contain Holy Water for use during baptisms and other church services. It is decorated with garlands of flowers and fruit and emblems of the crucifixion of Christ.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100921

  • 2014年08月26日
    Situla or Holy Water bucket made with silver.

    Situla or Holy Water bucket made with silver. Augsburg (Germany) 1580-1600). The bucket was made to contain Holy Water for use during baptisms and other church services. It is decorated with garlands of flowers and fruit and emblems of the crucifixion of Christ.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071100838

  • 2015年03月11日
    聖水を求める人たち 今なお渦巻く怒り、不安

    新年を迎えた中国甘粛省のチベット仏教寺院で、僧侶が配る聖水を求める人たち。聖水はあらゆる病を治すと信じられている=2月(共同)

    商品コード: 2015031100773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月05日
    荘厳

    爆弾テロがあったタイ・バンコクの観光名所「エラワンのほこら」。修繕した像に聖水をかけた。荘厳だ。(ロイター=共同)

    商品コード: 2015090500185

  • 2016年01月12日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した青銅の仏像。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年1月12日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217193

  • 2016年01月25日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した石仏のレリーフ。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年1月25日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216773

  • 2016年01月25日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した石の経幢の一部。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年1月25日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216925

  • 2016年04月20日
    IT業界、栄枯盛衰

    米携帯端末向け広告の市場シェア

    商品コード: 2016042000816

  • 2016年04月20日
    IT業界、栄枯盛衰

    米携帯端末向け広告の市場シェア

    商品コード: 2016042000817

  • 2016年04月20日
    IT業界、栄枯盛衰

    米携帯端末向け広告の市場シェア

    商品コード: 2016042000818

  • 2016年04月20日
    IT業界、栄枯盛衰

    米携帯端末向け広告の市場シェア

    商品コード: 2016042000819

  • 2016年06月15日
    「聖水」の湧く寺院 「聖水」

    クルド民族少数派ヤジド派の聖地で「聖水」の湧く寺院=5月、イラク北部クルド人自治区ラリシュ(共同)

    商品コード: 2016061500491

  • 2016年07月06日
    打ち上げ成功祈る聖職者 大西さん、きょう打ち上げ

    ソユーズロケットの打ち上げ成功を祈願し、関係者に聖水を振りかけるロシア正教会の聖職者=6日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地(共同)

    商品コード: 2016070601063

  • 2016年07月06日
    聖水を振りかける聖職者 大西さん、きょう打ち上げ

    ソユーズロケットの打ち上げ成功を祈願し、関係者に聖水を振りかけるロシア正教会の聖職者=6日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地(共同)

    商品コード: 2016070601062

  • 2016年07月06日
    聖水まく聖職者 大西さん、きょう打ち上げ

    ソユーズロケットの打ち上げ成功を祈願し、聖水をまくロシア正教会の聖職者=6日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地(共同)

    商品コード: 2016070601076

  • 2016年07月06日
    ロケットと成功祈願 大西さん、きょう打ち上げ

    打ち上げを待つソユーズロケット。ロシア正教会の聖職者(左下)が、聖水をまき、安全飛行を祈願した=6日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地(共同)

    商品コード: 2016070601087

  • 2016年08月18日
    Russian cities. Sebezh

    18.08.2016 A chapel over the Holy Water spring at the Sebezhsky National Park in Russia‘s Pskov Region. Vladimir Astapkovich / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060908840

  • 2016年12月02日
    箱根神社 龍神水

    キーワード:芦ノ湖、縁結び、屋外、寒気、寒気、建物、元箱根、浄化、神社、神奈川県、水、聖水、石、冬、日本、箱根、無人、冷気、霊水、パワースポット、箱根神社、新宮、九頭龍神社、龍神水、清め、テーマメイン写真=2016(平成28)年12月2日、神奈川県、クレジット:spo/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070312085

  • 2016年12月02日
    箱根神社 龍神水

    キーワード:芦ノ湖、縁結び、屋外、寒気、寒気、建物、元箱根、浄化、神社、神奈川県、水、聖水、石、冬、日本、箱根、無人、冷気、霊水、パワースポット、箱根神社、新宮、九頭龍神社、龍神水、清め、テーマメイン写真=2016(平成28)年12月2日、神奈川県、クレジット:spo/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070312051

  • 2016年12月30日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した銅銭。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年12月30日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217242

  • 2016年12月30日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した平瓦。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年12月30日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216946

  • 2016年12月30日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した唐三彩の器。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年12月30日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216983

  • 2017年06月02日
    中江ノ島

    キーワード:隠れキリシタン、平戸島、生月島、無人島、キリスト教、江戸時代、潜伏キリシタン、キリスト教、処刑場、重要文化的景観、平戸島の文化的景観、聖水、ドローン、空撮=2017(平成29)年6月2日、長崎県平戸市、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200794

  • 2017年06月02日
    平戸の聖地と集落 中江ノ島

    キーワード:隠れキリシタン、平戸島、生月島、無人島、キリスト教、江戸時代、潜伏キリシタン、キリスト教、処刑場、重要文化的景観、平戸島の文化的景観、聖水=2017(平成29)年6月2日、長崎県平戸市、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200374

  • 2017年06月02日
    平戸の聖地と集落 中江ノ島

    キーワード:隠れキリシタン、平戸島、生月島、無人島、キリスト教、江戸時代、潜伏キリシタン、キリスト教、処刑場、重要文化的景観、平戸島の文化的景観、聖水=2017(平成29)年6月2日、長崎県平戸市、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701161

  • 2017年06月02日
    平戸の聖地と集落 中江ノ島

    キーワード:隠れキリシタン、平戸島、生月島、無人島、キリスト教、江戸時代、潜伏キリシタン、キリスト教、処刑場、重要文化的景観、平戸島の文化的景観、聖水、岩場=2017(平成29)年6月2日、長崎県平戸市・中江ノ島、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060701176

  • 2017年06月02日
    中江ノ島

    キーワード:隠れキリシタン、平戸島、生月島、無人島、キリスト教、江戸時代、潜伏キリシタン、キリスト教、処刑場、重要文化的景観、平戸島の文化的景観、聖水、ドローン、空撮=2017(平成29)年6月2日、長崎県平戸市、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200364

  • 2017年06月02日
    中江ノ島

    キーワード:隠れキリシタン、平戸島、生月島、無人島、キリスト教、江戸時代、潜伏キリシタン、キリスト教、処刑場、重要文化的景観、平戸島の文化的景観、聖水、ドローン、空撮=2017(平成29)年6月2日、長崎県平戸市、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018070402103

  • 2017年12月16日
    聖職者とロケット 金井さんきょう宇宙へ

    発射台に設置され、打ち上げを待つソユーズロケット。聖職者が安全を祈り、聖水をかける儀式を行っていた=16日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地(共同)

    商品コード: 2017121600607

  • 2018年06月18日
    平田オリザ 子どもたちの感性育む効果

    新作舞台「日本文学盛衰史」の公開リハーサル後に語る平田オリザ=兵庫・城崎国際アートセンター

    商品コード: 2018061800576

  • 01:34.84
    2018年10月17日
    「新華社」最後の「包丁研ぎ師」江西省南昌市

    包丁研ぎ師が長い板の腰掛けを肩に担いで街中を歩き回る姿や、どこでも聞こえる彼らのよく響く物売りの声は、多くの中国人の記憶に残っている。だが、社会や生活のリズムが早まるにつれ、この職業も次第に消えようとしている。中国江西省南昌市に住む包丁研ぎ師の熊(ゆう)氏は、今年60歳。16歳から父親に包丁研ぎの技術を学び、その技を受け継いで、既に40余年になる。彼は業界の盛衰を目の当たりにしてきた。<映像内容>最後の「包丁研ぎ師」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818193

  • 2019年01月15日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    January 15, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Naga sadhus wait for their moment to bathe in the holy waters of the Ganges river during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060108793

  • 2019年01月15日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    January 15, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Naga sadhus enter the holy waters of the Ganges river during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060108940

  • 2019年01月16日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土したれんが彫刻の仏像。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217251

  • 2019年01月16日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した玉珠。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217219

  • 2019年01月20日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    January 20, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Pilgrims prepare to bathe in the holy waters of the Ganges river during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060108825

  • 2019年01月21日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    January 21, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Pilgrims bathe in the holy waters of the Ganges river during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060108786

  • 2019年01月29日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    January 29, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Flowers of worship float on the holy waters of the Ganges river during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060108915

  • 2019年02月03日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    February 3, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Thousands of pilgrims on the banks of the Ganges river prepare to bathe in the holy waters during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060108888

  • 2019年02月06日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    February 6, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Pilgrims prepare to bathe on the holy waters of the Ganges river during the night at the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060108947

  • 2019年02月10日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    February 10, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Naga sadhus walk towards the holy waters of the Ganges river during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060109004

  • 2019年02月10日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    February 10, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: A crowd of pilgrims run on the holy waters of the Ganges river during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060109069

  • 2019年02月10日
    Kumbh Mela festival in Prayagraj, India - 10 Feb 2019

    February 10, 2019, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: (EDITORS NOTE: Image contains nudity) Naga sadhus walk towards the holy waters of the Ganges river during the Kumbh Mela festival. Every twelve years, millions of Hindu devotees begin a massive pilgrimage to the most sacred of Indian festivals: the Kumbha Mela, which takes place in Prayagraj, a place considered particularly auspicious because it is at the confluence of the Ganges, Yamuna and the mythical Saraswati. It is estimated that in 2019, 120 million people attended the sacred enclosure over the course of a month and a half. These numbers, equivalent to the total population of Japan, and 40 times the number of pilgrims who visit Mecca in the annual procession, makes Kumbha Mela, the largest human concentration in history. To welcome all these people, an impressive 36 km2 pop-up city rises on the banks of the Ganges River. (Credit Image: © Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eduardo Leal/SOPA Images via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060108997

  • 2019年02月20日
    Attukal Pongala Festival In Trivandrum

    Hindu priest sprinkles holy water to bless the pongala during the Attukal Pongala Mahotsavam Festival in the city of Thiruvananthapuram (Trivandrum), Kerala, India, on February 19, 2019. The Attukal Pongala Mahotsavam Festival is celebrated by millions Hindu women each year. During this festival women prepare Pongala (rice cooked with jaggery, ghee, coconut as well as other ingredients) in the open in small pots to please the Goddess Attukal Devi (popularly known as Attukal Amma). Pongala (which literally means to boil over) is a ritualistic offering of a sweet dish, consisting of rice porridge, sweet brown molasses, coconut gratings, nuts and raisins. It is done as an offering to the goddess who is believed to fulfill the wishes of her devotees and provide prosperity. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101405964

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...