KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • 資生堂
  • 東京
  • 銀座
  • ストア
  • 平成
  • 歴史
  • 発見
  • ハクチョウ

「せいどう」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
67
( 1 67 件を表示)
  • 1
67
( 1 67 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 李政道(り・せいどう) Tsung Dao Lee giving a lecture at CERN, 1968
    1994年01月05日
    李政道(り・せいどう) Tsung Dao Lee giving a lecture at CERN, 1968

    Editorial use only. This image may not be used to state or imply endorsement by CERN of any product, activity or service Tsung Dao Lee (b.1926), Chinese-American physicist and Nobel Laureate. Lee moved to America in 1946, after winning a grant to study in Chicago. He then moved to Princeton, and later Columbia. In 1956, Lee and fellow physicist Chen Ning Yang showed that parity conservation (mirror-image symmetry) is violated in interactions involving the weak nuclear force. This won them the 1957 Nobel Prize for Physics. Lee and Yang also proposed that electron- and muon-type neutrinos are different, predicted the existence of the W boson as the carrier of the weak force, and indicated the existence of neutral weak currents. Photographed at CERN, Geneva, in 1968.、クレジット:SCIENCE PHOTO LIBRARY/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080905685

  • 李政道(り・せいどう) Tsung-Dao Lee
    2002年01月22日
    李政道(り・せいどう) Tsung-Dao Lee

    No advertising usage in consumer or trade magazines without prior written approval Tsung-Dao Lee. Portrait of the Chinese-American physicist Tsung-Dao Lee (born 1926). Lee moved to America in 1946. In 1956, Lee and Chen Ning Yang showed that parity conservation (mirror-image symmetry) is violated in interactions via the weak nuclear force. This work won them the 1957 Nobel Prize for Physics. Lee and Yang also proposed that electron- and muon-type neutrinos are different, predicted the existence of the weak force carrier, the W boson, and indicated the existence of neutral weak currents. Photographed in 1956. ***** NO ADVERTISING USAGE IN CONSUMER OR TRADE MAGAZINES WITHOUT PRIOR WRITTEN APPROVAL *****、クレジット:SCIENCE PHOTO LIBRARY/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080905679

  • 男性用日焼け止め美容液 商品ニュース
    2005年05月12日
    男性用日焼け止め美容液 商品ニュース

    資生堂の「シセイドウ メン UVプロテクター」

    商品コード: 2005051200114

  • アーカイブテーブル 銀座から美と文化発信
    2007年02月23日
    アーカイブテーブル 銀座から美と文化発信

    おしゃれな展示が楽しめるハウス オブ シセイドウの「アーカイブテーブル」=東京・銀座

    商品コード: 2007022300115

  • 資生堂の男性用美容液 商品ニュース
    2009年05月15日
    資生堂の男性用美容液 商品ニュース

    資生堂が発売する、男性用化粧品ブランド「シセイドウ メン」の美容液

    商品コード: 2009051500234

  • 資生堂の商品 皮脂を抑えてさっぱり
    2012年08月06日
    資生堂の商品 皮脂を抑えてさっぱり

    資生堂の「シセイドウ メン ハイドレーティングローション」

    商品コード: 2012080601052

  • 山積みにされた「火花」 出版界全体が活気づく
    2015年07月22日
    山積みにされた「火花」 出版界全体が活気づく

    芥川賞に選ばれた次の日、書店に山積みにされた又吉直樹さんの「火花」=17日、東京・神保町(じんぼうちょう)の三省堂(さんせいどう)書店

    商品コード: 2015072200452

  • ストアの内部 資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    ストアの内部 資生堂、改装旗艦店を公開

    報道陣に公開された「シセイドウ・ザ・ストア」の店内=18日午後、東京・銀座

    商品コード: 2018011800804

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-13

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-4

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-8

  • 旗艦店の店内 資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    旗艦店の店内 資生堂、改装旗艦店を公開

    報道陣に公開された「シセイドウ・ザ・ストア」の店内=18日午後、東京・銀座

    商品コード: 2018011800807

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-7

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-12

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-5

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-15

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-9

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-14

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-2

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-1

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-6

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-10

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-11

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-16

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-17

  •  資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    資生堂、改装旗艦店を公開

    商品コード: 2018011800807-3

  • 公開された店内 資生堂、改装旗艦店を公開
    2018年01月18日
    公開された店内 資生堂、改装旗艦店を公開

    報道陣に公開された「シセイドウ・ザ・ストア」の店内=18日午後、東京・銀座

    商品コード: 2018011800805

  •  黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」
    2018年10月01日
    黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」

    1日、見守る観衆に手を振ってあいさつするアディリさんと弟子のシャルトルさん。「高空王子」と呼ばれる中国の綱渡りの名人であるアディリ(阿迪力)さんが1日、弟子のシャルトル(沙特爾)さんやチームとともに、寧夏回族自治区青銅峡(せいどうきょう)市で黄河大峡谷の綱渡りに成功した。(青銅峡=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321295

  •  黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」
    2018年10月01日
    黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」

    1日、綱に横たわる弟子のシャルトルさんの上を「歩く」アディリさん。「高空王子」と呼ばれる中国の綱渡りの名人であるアディリ(阿迪力)さんが1日、弟子のシャルトル(沙特爾)さんやチームとともに、寧夏回族自治区青銅峡(せいどうきょう)市で黄河大峡谷の綱渡りに成功した。(青銅峡=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321312

  •  黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」
    2018年10月01日
    黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」

    1日、目隠しして綱渡りをするアディリさん。「高空王子」と呼ばれる中国の綱渡りの名人であるアディリ(阿迪力)さんが1日、弟子のシャルトル(沙特爾)さんやチームとともに、寧夏回族自治区青銅峡(せいどうきょう)市で黄河大峡谷の綱渡りに成功した。(青銅峡=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321280

  •  黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」
    2018年10月01日
    黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」

    1日、綱の上に片足で立つパフォーマンスを見せるアディリさん。「高空王子」と呼ばれる中国の綱渡りの名人であるアディリ(阿迪力)さんが1日、弟子のシャルトル(沙特爾)さんやチームとともに、寧夏回族自治区青銅峡(せいどうきょう)市で黄河大峡谷の綱渡りに成功した。(青銅峡=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321314

  •  黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」
    2018年10月01日
    黄河大峡谷の綱渡りに成功中国名人「高空王子」

    1日、綱渡りをするアディリさん。「高空王子」と呼ばれる中国の綱渡りの名人であるアディリ(阿迪力)さんが1日、弟子のシャルトル(沙特爾)さんやチームとともに、寧夏回族自治区青銅峡(せいどうきょう)市で黄河大峡谷の綱渡りに成功した。(青銅峡=新華社配信/馮開華)=2018(平成30)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321334

  •  当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区
    2019年02月14日
    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区

    14日、査干徳日斯駅で列車の運行状況を監視する補助当直員の王建国さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701589

  •  当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区
    2019年02月14日
    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区

    14日、晩ご飯の準備をする査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん(右)と王建国さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701606

  •  当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区
    2019年02月14日
    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区

    14日、バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701590

  •  当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区
    2019年02月15日
    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区

    15日、査干徳日斯駅の前で記念撮影する成道功さん(右)と王建国さん。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701616

  •  当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区
    2019年02月15日
    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区

    15日、列車の滑り止めを点検する査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701592

  •  当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区
    2019年02月15日
    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区

    15日未明、査干徳日斯駅で列車の運行状況を監視する補助当直員の成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701605

  •  当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区
    2019年02月15日
    当直員2人が守る砂漠の駅内モンゴル自治区

    15日、観葉植物に水をやる査干徳日斯駅の補助当直員、成道功さん。中国内モンゴル自治区に広がる砂漠地帯を貫き、バヤンノール市臨河区の臨河駅とエジン旗内の中国・モンゴル国境策克口岸(出入境検査場)を結ぶ臨策鉄道の沿線には14の「五等駅」(鉄道に設置される最も小さな駅で、旅客の乗降はなく、当直員1人が待機する駅)がある。駅周辺は荒涼として人影もなく、自然環境も非常に厳しい。バダインジャラン砂漠の周縁に位置する査干徳日斯駅はその一つであり、同駅では成道功(せい・どうこう)さんと王建国(おう・けんこく)さんという2人の補助当直員が交代で任務に当たっている。24時間待機し、交代の同僚2人が来るまで昼夜を問わず列車の運行状況を監視しており、仕事が忙しく、ゆっくりと眠ることができず、半月も家に帰れないのが常態だという。生活は苦しく、半月の飲食は通勤の時の列車で運んで来たものが頼りだ。それでも彼らは多くの旅客が一家団らんのひとときを過ごせるよう、駅当直の厳しい基準を守り、安全上のリスクを解消し、列車の円滑な運行を確保している。(アルシャー左旗=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701614

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月30日
    安徽省の盗掘事件が解決戦国期の文化財多数を回収

    7月30日、警察が回収した「虎形青銅座(こけいせいどうざ)」。中国安徽省淮南(わいなん)市公安局はこのほど、春秋戦国時代の楚国の墓の盗掘事件を解決し、容疑者29人を逮捕したことを明らかにした。国家1級文化財26点も回収された。中でも「虎座鳳鳴鼓(こざほうめいこ)」などの漆器は極めて貴重な文化財とされている。(淮南=新華社記者/陳尚営)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080607700

  •  「新華社」空から見る青銅峡黄河大峡谷中国寧夏回族自治区
    02:19.07
    2020年05月08日
    「新華社」空から見る青銅峡黄河大峡谷中国寧夏回族自治区

    中国寧夏回族自治区の青銅峡(せいどうきょう)市にある青銅峡黄河大峡谷は、賀蘭(がらん)山脈の麓と黄河の岸辺に位置し、下流に向かって黄河上流最後の峡谷と両岸の文化的景観を有し、「黄河小三峡」と呼ばれてきた。同峡谷には寧夏引黄古灌区(古代のかんがい施設)や青銅峡水利施設、仏教遺跡の「108塔」、大禹(だいう)文化園など多くの観光スポットがあり、峡谷の景観を存分に楽しめるだけでなく、黄河文明の素晴らしさを知ることができる。(記者/劉海)<映像内容>青銅峡黄河大峡谷の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051302715

  •  ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析
    2020年05月13日
    ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析

    鵝首曲頚青銅壺が出土した墓。(資料写真)中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市で今年5月に出土した「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と呼ばれるハクチョウの頭部をかたどった青銅製の壺に残っていた3リットル余りの謎の液体の解析結果を発表した。液体は中国科学院大学の研究スタッフの解析で、前漢初期の古酒であることが分かった。湖南省長沙市の馬王堆漢墓から出土した医学書「五十二病方」の記述と一致しており、止血と消炎効果のある薬酒だという。(三門峡=新華社配信)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505553

  •  ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析
    2020年05月19日
    ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析

    三門峡市の後川村で出土した鵝首曲頚青銅壺(部分)。(資料写真)中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市で今年5月に出土した「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と呼ばれるハクチョウの頭部をかたどった青銅製の壺に残っていた3リットル余りの謎の液体の解析結果を発表した。液体は中国科学院大学の研究スタッフの解析で、前漢初期の古酒であることが分かった。湖南省長沙市の馬王堆漢墓から出土した医学書「五十二病方」の記述と一致しており、止血と消炎効果のある薬酒だという。(三門峡=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505394

  •  ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析
    2020年05月19日
    ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析

    三門峡市の後川村で出土した鵝首曲頚青銅壺。(資料写真)中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市で今年5月に出土した「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と呼ばれるハクチョウの頭部をかたどった青銅製の壺に残っていた3リットル余りの謎の液体の解析結果を発表した。液体は中国科学院大学の研究スタッフの解析で、前漢初期の古酒であることが分かった。湖南省長沙市の馬王堆漢墓から出土した医学書「五十二病方」の記述と一致しており、止血と消炎効果のある薬酒だという。(三門峡=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092505393

  •  河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体
    2020年05月22日
    河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体

    22日、河南省三門峡市の発掘現場から出土した鵝首曲頚青銅壺。中国河南省の三門峡市文物考古研究所の考古学者がこのほど、同市内の発掘現場で、首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼを発見した。「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と名付けられたつぼの中には、成分不明の液体が3千ミリリットル以上入っていたという。(三門峡=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701342

  •  河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体
    2020年05月22日
    河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体

    22日、河南省三門峡市の発掘現場から出土した鉄剣と玉器など。中国河南省の三門峡市文物考古研究所の考古学者がこのほど、同市内の発掘現場で、首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼを発見した。「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と名付けられたつぼの中には、成分不明の液体が3千ミリリットル以上入っていたという。(三門峡=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701295

  •  河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体
    2020年05月22日
    河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体

    22日、河南省三門峡市の発掘現場から出土した出土した銅鍪(どうぼう)と銅勺(どうしゃく)。中国河南省の三門峡市文物考古研究所の考古学者がこのほど、同市内の発掘現場で、首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼを発見した。「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と名付けられたつぼの中には、成分不明の液体が3千ミリリットル以上入っていたという。(三門峡=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701322

  •  河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体
    2020年05月22日
    河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体

    22日、河南省三門峡市の発掘現場から出土した鵝首曲頚青銅壺。中国河南省の三門峡市文物考古研究所の考古学者がこのほど、同市内の発掘現場で、首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼを発見した。「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と名付けられたつぼの中には、成分不明の液体が3千ミリリットル以上入っていたという。(三門峡=新華社記者/李麗静)=2020(令和2)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701340

  •  「新華社」河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体
    01:21.24
    2020年05月25日
    「新華社」河南省でハクチョウの首の形をした青銅壺が出土中には成分不明の液体

    中国河南省の三門峡市文物考古研究所の考古学者がこのほど、同市内の発掘現場で、首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼを発見した。「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と名付けられたつぼの中には、成分不明の液体が3千ミリリットル以上入っていたという。同研究所の関係責任者の祝暁東(しゅく・ぎょうとう)氏によると、青銅壺は同市開発区後川棚戸区(バラック地区)の再開発工事に伴い実施した発掘調査で見つかった古墓から出土した。墓葬の形式から秦王朝末期から漢王朝初期のものと思われ、被葬者は爵位を持つ下級官吏と見られている。墓からは青銅壺以外にも銅鍪(どうぼう、煮沸器)や銅盆(どうぼん)、鉄剣、玉剣具なども出土した。祝氏によると、当時の青銅壺は注口部分がニンニクの鱗茎(りんけい)の形をしているものが多く、ハクチョウやガン、アヒルなどの動物の形をしたものもあったが数は少ないという。今回出土した青銅壺はハクチョウの頭部と曲がった首からなる注口と下膨れの胴部、圏足を持つ。頂部に穴が1カ所開いており、独特な形状をしている。祝氏は「出土した青銅壺から推測すれば、三門峡では秦王朝末期から漢王朝初期に既にハクチョウが見られたと考えられるが、実際は珍しかったのではないか」と語った。壺の中の液体は黄褐色で多くの不純物が沈殿していた。具体的な成分については現在検査が行われている。(記者/楊金鑫、李麗静)<映像内容>ハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼが出土、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060401862

  •  「新華社」河南省の黄河河畔で大型古墓群見つかる出土品は2千点以上
    01:22.30
    2020年05月28日
    「新華社」河南省の黄河河畔で大型古墓群見つかる出土品は2千点以上

    中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市湖浜区の黄河河畔で大型古墓群を発見したと明らかにした。各時代の墓葬600基余りを発掘し、遺物2千点余りが出土した。同研究所の鄭立超(てい・りつちょう)所長によると、古墓群は黄河南岸から500メートルの後川村にある。同地で2017年10月から始まったバラック地区の改造事業に合わせて実施した3度の探査発掘で3万7600平方メートルを調査。各時代の墓葬600基余りを発見した。時代は主に秦漢時代(紀元前3世紀~3世紀)、唐宋時代(7世紀~13世紀)、明清時代(14世紀~20世紀)に分かれており、中でも秦漢時代の墓が多く、300基近く見つかった。これまでに発掘を終えた墓葬602基からは、土器や銅器、鉄器、金銀器、玉器、磁器、石器、骨器・蚌器(大型の貝殻から作られた道具)などの器物2千点余りが出土した。首を曲げたハクチョウの頭部をかたどった青銅製のつぼ「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」や玉の剣具、玉を象眼した銅製の帯鈎(たいこう)、銘文のある銅器など、独特な造型を持ち精巧に作られた器物も多く見つかった。いずれも高い歴史的、芸術的価値を持つ希少な副葬品だという。秦漢時代の墓葬から「陝亭」「陝市」と刻印された副葬品が見つかったほか、唐~元代の墓誌には陝州に関する直接的な記述があった。専門家は、墓が秩序正しく並び、同時代の墓葬ではエリアの重なりが見られないことや旧陝州城の近くにあることから、陝州城の人々が代々使用した集団墓地だった可能性を指摘。しかも計画に基づき整備されたものだとの見方を示した。専門家はまた、今回の大型古墓群の発見と発掘により、三門峡地区が政治的中心の移転に伴い次第に隆盛から衰退へ向かった過程が明らかになったと説明。中でも大量に見つかった秦墓と前漢墓は、同地区の墓葬の変化を知る上で貴重な資料になると述べた。(記者/楊金鑫、李麗静)<映像内容>河南省の黄河河畔大型古墓群を発見、発掘作業の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060209746

  •  「新華社」ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析
    00:33.52
    2020年09月21日
    「新華社」ハクチョウの首の形の青銅壺、中身は漢代の薬酒研究者が解析

    中国河南省の三門峡市文物考古研究所はこのほど、同市で今年5月に出土した「鵝首曲頚青銅壺(がしゅけいじんせいどうこ)」と呼ばれるハクチョウの頭部をかたどった青銅製の壺に残っていた3リットル余りの謎の液体の解析結果を発表した。液体は中国科学院大学の研究スタッフの解析で、前漢初期の古酒であることが分かった。湖南省長沙市の馬王堆漢墓から出土した医学書「五十二病方」の記述と一致しており、止血と消炎効果のある薬酒だという。中国科学院大学考古学・人類学系(学部)の楊益民(よう・えきみん)教授は「今も窒素・炭素の安定同位体の測定や微量な植物化石の分析、プロテオーム解析などを続けている。原料や制法、効能に関するより多くの情報が得られる見込みだ」と明らかにした。三門峡市文物考古研究所の鄭立超(てい・りつちょう)所長は、「当時の壺の首はニンニクの球根の形をしたものが多く、ハクチョウの頭部をかたどった造型は個人が特別に作らせたものだろう。個性的で非常に珍しい。液体の分析結果に基づけば壺は酒器であり、頂部にある小さな孔から酒を注いだのだろう」と述べた。青銅壺は同市後川村の古墓群から出土した。墓の形式とその後の調査により、前漢初期のものと判断された。被葬者は身長1・8メートル前後の男性と推定されるが、遺骨の状態が悪いため年齢や死因は分かっていない。同墓からは銅器や玉器、陶器、鉄器なども出土した。銅器には銅鏡、銅印、銅盆、銅飾品などが含まれる。また、鉄剣には四つの玉の装飾品からなる玉剣具も付いていた。鄭氏は「宝剣が出土したのであれば身分は武人のはず。銅鏡や銅の装飾品は容姿に気を使っていたことを示している。ハクチョウの首をかたどった壺に美酒を入れていたことをみると、被葬者は生活の質を追求する人物だったと考えられる」と説明した。<映像内容>古墓群から出土した青銅製の壺、壺の中に残っていた液体の解析、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092800091

  •  New Mexico Wildfires 2022: McBride Fire
    2022年04月13日
    New Mexico Wildfires 2022: McBride Fire

    April 13, 2022, Albuquerque, New Mexico, USA: DONNA SEIDOW, of Las Cruces to Gavilan loads her late sister belongings into her SUV after residents of the Gavilan Canyon Road area were forced to evacuate due to the McBride Fire in Ruidoso.Photographed on Wednesday. (Credit Image: © Adolphe Pierre-Louis/Albuquerque Journal via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Adolphe Pierre-Louis/Albuquerque Journal via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042102897

  •  (2)西安で前漢海昏侯劉賀墓の特別展陝西省
    2022年06月12日
    (2)西安で前漢海昏侯劉賀墓の特別展陝西省

    11日、秦始皇陵博物院で展示された海昏侯劉賀墓出土の鎏金青銅編鐘底座(りゅうきんせいどうへんしょうていざ)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物館で11日、「流風遺躅-前漢海昏侯劉賀墓出土文物展」が始まった。劉賀(りゅう・が)は漢武帝の孫で、一度は皇帝に即位したものの、その後廃され、海昏(かいこん)侯に格下げされた。海昏侯墓は2011年に発見され、多くの貴重な副葬品が出土している。同展は江西省南昌市の漢代海昏侯国遺跡博物館が所蔵する器物128点(組)を展示。海昏侯国、劉賀の家族、劉賀墓など多次元的な角度から2千年余り前の前漢文明を説き明かす。会期は10月11日まで。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061206597

  •  (6)西安で前漢海昏侯劉賀墓の特別展陝西省
    2022年06月12日
    (6)西安で前漢海昏侯劉賀墓の特別展陝西省

    11日、秦始皇陵博物院で、海昏侯劉賀墓出土の鎏金青銅編鐘底座(りゅうきんせいどうへんしょうていざ)を撮影する人。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物館で11日、「流風遺躅-前漢海昏侯劉賀墓出土文物展」が始まった。劉賀(りゅう・が)は漢武帝の孫で、一度は皇帝に即位したものの、その後廃され、海昏(かいこん)侯に格下げされた。海昏侯墓は2011年に発見され、多くの貴重な副葬品が出土している。同展は江西省南昌市の漢代海昏侯国遺跡博物館が所蔵する器物128点(組)を展示。海昏侯国、劉賀の家族、劉賀墓など多次元的な角度から2千年余り前の前漢文明を説き明かす。会期は10月11日まで。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2022(令和4)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061206653

  •  (58)四川省文物考古研究院、三星堆遺跡の最新発掘成果を発表
    2022年06月14日
    (58)四川省文物考古研究院、三星堆遺跡の最新発掘成果を発表

    三星堆遺跡8号祭祀坑で出土した鏤空青銅王笏(ろうくうせいどうおうしゃく)。(5月20日撮影)中国の四川省文物考古研究院は13日、同省広漢市にある三星堆(さんせいたい)遺跡の最新発掘成果を発表した。「人首蛇身」「月光宝盒」「猪鼻竜形」など独特な形状をした青銅器は、中国古代の人々の自由な想像力を体現するとともに、中華文明の多元一体性を証明している。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061409611

  •  (2)中日韓3カ国の「古代青銅器展」、中国国家博物館で開幕
    2022年07月28日
    (2)中日韓3カ国の「古代青銅器展」、中国国家博物館で開幕

    26日、中国の蔡侯青銅鼎(さいこうせいどうてい)。中国、日本、韓国3カ国の国立博物館が所蔵する青銅器を集めた共同企画展「東方吉金-中韓日古代青銅器展」が26日、北京市の中国国家博物館で始まった。同博物館と日本の東京国立博物館、韓国の国立中央博物館が所蔵する青銅器の文化財約50点(セット)を展示している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2022(令和4)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072807012

  •  (3)中日韓3カ国の「古代青銅器展」、中国国家博物館で開幕
    2022年07月28日
    (3)中日韓3カ国の「古代青銅器展」、中国国家博物館で開幕

    26日、韓国の青銅浄瓶(せいどうじょうへい)。中国、日本、韓国3カ国の国立博物館が所蔵する青銅器を集めた共同企画展「東方吉金-中韓日古代青銅器展」が26日、北京市の中国国家博物館で始まった。同博物館と日本の東京国立博物館、韓国の国立中央博物館が所蔵する青銅器の文化財約50点(セット)を展示している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2022(令和4)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072807011

  •  (1)中日韓3カ国の「古代青銅器展」、中国国家博物館で開幕
    2022年07月28日
    (1)中日韓3カ国の「古代青銅器展」、中国国家博物館で開幕

    26日、韓国の青銅多層小塔(せいどうたそうしょうとう)。中国、日本、韓国3カ国の国立博物館が所蔵する青銅器を集めた共同企画展「東方吉金-中韓日古代青銅器展」が26日、北京市の中国国家博物館で始まった。同博物館と日本の東京国立博物館、韓国の国立中央博物館が所蔵する青銅器の文化財約50点(セット)を展示している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2022(令和4)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072807084

  •  (5)中日韓3カ国の「古代青銅器展」、中国国家博物館で開幕
    2022年07月28日
    (5)中日韓3カ国の「古代青銅器展」、中国国家博物館で開幕

    26日、中国の蔡侯青銅編鐘(さいこうせいどうへんしょう)。中国、日本、韓国3カ国の国立博物館が所蔵する青銅器を集めた共同企画展「東方吉金-中韓日古代青銅器展」が26日、北京市の中国国家博物館で始まった。同博物館と日本の東京国立博物館、韓国の国立中央博物館が所蔵する青銅器の文化財約50点(セット)を展示している。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2022(令和4)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072807018

  •  (4)鄭州博物館で中国百年百大考古発見展始まる河南省
    2022年09月06日
    (4)鄭州博物館で中国百年百大考古発見展始まる河南省

    4日、中国百年百大考古発見展で展示された戴金面罩青銅人頭像(たいきんめんとうせいどうじんとうぞう)。中国河南省鄭州市の鄭州博物館で2日、「繁星盈天-中国百年百大考古発見展」が始まった。全国各地の代表的な文化財を集中的に展示する。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090606954

  •  (6)鄭州博物館で中国百年百大考古発見展始まる河南省
    2022年09月06日
    (6)鄭州博物館で中国百年百大考古発見展始まる河南省

    4日、中国百年百大考古発見展で、戴金面罩青銅人頭像(たいきんめんとうせいどうじんとうぞう)を見る人。中国河南省鄭州市の鄭州博物館で2日、「繁星盈天-中国百年百大考古発見展」が始まった。全国各地の代表的な文化財を集中的に展示する。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2022(令和4)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022090606973

  •  (26)西漢南越王博物院を訪ねて広東省広州市
    2022年12月07日
    (26)西漢南越王博物院を訪ねて広東省広州市

    西漢南越王博物院で展示されている文帝九年青銅句鑃(ぶんていくねんせいどうくちょう)。(6月28日撮影)中国広東省広州市の西漢南越王博物院は、前漢時代に中国南部からベトナム北部に存在した王国、南越国の重要遺跡に建てられた大型遺跡博物館で、王墓と王宮の二つのエリアに分かれている。南越王墓は、第2代南越王、趙眜(ちょう・ばつ)の陵墓で、中国嶺南地区(主に広東省、広西チワン族自治区、海南省)でこれまでに発見された漢代彩色石室墓の中で、被葬者の身分が最も高く、規模も最大で、保存状態も良い。墓からは1万点(組)余りの遺物が出土した。中でも「絲縷玉衣(しろうぎょくい)」は、これまでに出土した前漢時代の玉衣(玉製の喪衣)の中で最も完全な状態かつ最も年代が古く、絹糸で玉片をつなぎ合わせた唯一の玉衣として知られる。趙眜の玉璽(ぎょくじ)「文帝行璽(ぶんていぎょうじ)」は、これまでに発見された前漢時代の金印の中で最も大きく、「犀角形玉杯(さいかくけいぎょくはい、犀角はサイの角の意)」は漢玉の希世の宝として名高い。西漢南越王博物院の建築面積は1万7400平方メートル余り。王墓を中心に、山に沿う形で建てられており、嶺南地区の現代建築の傑作とされる。王宮エリアには、石造りの大型池や水渠など御苑の園林と水景の名残を残す遺構や遺物が展示されている。南越王宮遺跡は、中国の宮中庭園の最も古い実例となっている。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022120712821

  •  (5)中国の古都・西安の文化的シンボル陝西歴史博物館
    2023年05月13日
    (5)中国の古都・西安の文化的シンボル陝西歴史博物館

    11日、陝西歴史博物館に展示された戦国時代の青銅竜(せいどうりゅう)。中国陝西省西安市は関中平原中部に位置し、北は黄土高原を望み、南は秦嶺山脈を背にする。都市として3100年余り、国都として1100年余りの歴史を持ち、13の王朝による幾多の変転浮沈を経てきた。西安の文化的シンボルの一つ、陝西歴史博物館は中国初の近代的な大型国家級博物館として知られる。1983年に建設が計画され、91年6月に開館。中国の博物館事業はこれを一里塚として、新たな発展段階へと踏み出していった。収蔵品は170万点(組)を超える。中でも商(殷)周時代の青銅器や歴代の陶俑(よう)、漢代と唐代の金銀器、唐代の墓葬壁画に際立った特色があり、同省の歴史と文化、古代中国文明を体現する芸術の殿堂となっている。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2023(令和5)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023051309777

  •  (16)西安博物院の常設展「古都西安」陝西省
    2023年05月29日
    (16)西安博物院の常設展「古都西安」陝西省

    19日、西安博物院の常設展「古都西安」で展示されている鎏金西方三聖銅像(りゅうきんせいほうさんせいどうぞう、唐代)。中国陝西省西安市にある西安博物院の常設展「古都西安」は、同院所蔵の文化財1100点(組)余りを展示する。「千年古都」「帝都万象」「府城華章」の3部分からなり、古都・西安の歴史群像と帝都の風情を紹介している。(西安=新華社記者/薛瑩瑩)= 配信日: 2023(令和5)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023052908832

  •  (7)文化財が語る山東省の文明史清華大芸術博物館
    2023年12月03日
    (7)文化財が語る山東省の文明史清華大芸術博物館

    清華大学芸術博物館「礼運東方-山東古代文明の精髄」で展示された青銅盂(せいどうう、春秋時代)。(11月14日撮影)中国北京市の清華大学芸術博物館で10月から、特別展「礼運東方-山東古代文明の精髄」が開催されている。山東省が同省の文明発展史を包括的に紹介するために北京で初めて開いた大型総合展覧会で、同博物館にとって最大規模の展覧会となっている。山東省各地で出土した文化財から440点(組)余りを展示しており、玉石器や銅器、土器、陶磁器、書画など多くの種類の芸術品を含む。会期は来年1月14日まで。(北京=新華社記者/馬暁冬)= 配信日: 2023(令和5)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023120311879

  •  (6)文化財の中の竜甘粛省博物館の春節特別展
    2024年02月28日
    (6)文化財の中の竜甘粛省博物館の春節特別展

    26日、甘粛省博物館「竜行中華・甲辰竜年干支文物合同展」で展示された青銅竜虎闘牌飾(せいどうりゅうことうはいしょく)。中国甘粛省蘭州市の甘粛省博物館では今年の春節(旧正月)期間、干支(えと)の竜をテーマにした特別展「竜行中華・甲辰竜年干支文物合同展」が人気を集めた。竜は時空を超え、自在に姿を変えながら彩陶罐(さいとうかん)や玉の装飾品、磁器などのモチーフとなり、中国の竜文化が持つ歴史の活力と精神性を示してきた。(蘭州=新華社記者/梁軍)= 配信日: 2024(令和6)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024022808453

  •  「新華社」楚国最大級王墓・武王墩墓、君主の威厳を示す青銅器
    01:06.88
    2024年06月19日
    「新華社」楚国最大級王墓・武王墩墓、君主の威厳を示す青銅器

    中国安徽省淮南市にある武王墩(ぶおうとん)墓は、これまでに発掘された春秋戦国時代・楚国の大型高級墓の中で最大の規模と最高の格式、最も複雑な構造を持つ。3千点(組)以上の出土品のうち150点(組)余りが青銅器で、2千年前の青銅器職人の優れた技術を今に伝える。楚国は中原の周王朝に鼎の軽重を問い、一方に覇を唱えた。遷都は数回行い、最後は戦国時代末期の紀元前241年に考烈王が秦国の勢いを避けるため寿春(現在の淮南市南寿県一帯)に都を移したが、幽王、哀王、楚王負芻(ふすう)を経た18年後に秦に滅ぼされた。当時の青銅器は祭祀(さいし)や朝見、征伐、宴席、冠婚葬祭との関わりが深く、鼎(かなえ)は食べ物の煮炊きのほか、身分の等級を示す重要な礼器として用いられた。武王墩墓出土の銅鼎(どうてい)は口径が88・9センチ、重さが400キロ以上あり、同市の李三狐堆(りさんこたい)で出土した楚大鼎(鋳客大鼎)を上回る。李三狐堆は専門家により幽王の墓だと確認されている。武王墩墓については、規模や構造、出土した文字、文献資料などの分析により、「史記・楚家」に記載のある幽王の父、すなわち考烈王の墓である可能性があると判断された。武王墩発掘プロジェクトの責任者、宮希成(きゅう・きせい)氏は出土した青銅簠(せいどうほ)に刻まれた銘文「楚王酓前作鋳金簠以供歳嘗」の「楚王酓前」が考烈王・熊完(ゆうかん、または熊元)を指すことから、武王墩墓の被葬者は考烈王の可能性があると述べた。武王墩墓出土の青銅器は、中央集権の象徴とされる「九鼎八簋(きゅうていはっき)」など礼器としての組み合わせをなしていた。宮氏は「墓の東1室から鼎や簋、簠、敦(たい)、鈁(ほう)、壺、甗(げん)、豆、鑑、釜、盤、尊缶などを含む青銅礼器3組が見つかり、墓の等級が王級だと証明された」と説明した。簋は煮炊きした食物を盛る容器として使われ、口は丸く、取っ手が二つある。簠は粟や稲を盛り、逆さにしても置けるよう本体とふたが同じ形をしている。鈁は盛酒器として使われた。甗は上部が食物を蒸す甑(そう)、下部が湯を沸かす鬲(れき)からなり、武王墩墓からは足を折りたためる甗が初めて見つかった。足の「ひざ」部分に90度折りたためる機構があり、可動部は獣面花文で正面から見えないよう隠されていた。(記者/屈彦、白斌) =配信日: 2024(令和6)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024061904832

  • 1