KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 千里眼
  • リアルタイム
  • 人々
  • 様子
  • 記者
  • アモイ航空
  • カメラ
  • ゴルムド駅
  • シンガポール
  • タワーブリッジ

「せんりがん」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2008年05月24日
    千里眼?

    23日、ロンドンのタワーブリッジ近くでパイプのような芸術作品をのぞく人々。ニューヨークのブルックリン橋の様子がリアルタイムで見られるとか。地下トンネルでニューヨークとつなぐという空想を現実にしたような仕掛けの装置だ。“千里眼”に人々も夢中な様子?(ロイター=共同)

    商品コード: 2008052400073

  • 02:23.74
    2019年05月21日
    「新華社」青蔵鉄道の安全を守る「大脳指揮システム」

    世界で最も高い地点を走る青蔵鉄道(青海省西寧-チベット自治区ラサ)は「世界の屋根を行く鋼鉄の大通り」と呼ばれる。沿線はしばしば強風や雨雪に見舞われることから、安全の保障と運行の効率化には、同鉄道の「大脳指揮システム」である運転指令所の役割がとりわけ重要となる。中国鉄路青蔵集団有限公司の運転指令所内で、担当者は各駅に秩序ある業務指示を出すのに忙しい。同鉄道沿線の各専門業務や部門の情報をセンターに集約し、情報を加工・処理し、適切な司令を沿線各駅に出すことで、列車の安全運行が保たれている。同鉄道は中国の鉄道会社では初となる「ビデオ監視制御システム」を設置。全路線に3千台近くの通称「千里眼」カメラ(WEBカメラ)を取り付けており、運転指令所では随時、沿線の画像をリアルタイムに映し出し、列車の運行状況を監視制御できる。先進的な技術や設備により、同鉄道沿線のゴルムド駅からラサ駅の区間では、58駅のうち51駅で無人化を実現した。人員を最小限にするだけでなく、列車の安全で効率的な運行も保証している。(記者/趙玉和、何程)<映像内容>青蔵鉄道の風景、運転指令所の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052200213

  • 2019年11月14日
    福建省の媽祖像、空路でタイへ文化交流の旅を開始

    14日、媽祖と千里眼、順風耳(媽祖の守護神)の搭乗券を見せる湄洲島の女性(左から3人目)とアモイ航空の乗務員。搭乗券には本来の名前の「LINMO(林黙)」と印字されている。中国福建省莆田(ほでん)市湄洲(びしゅう)島の媽祖像が14日、同省のアモイ高崎空港からタイのバンコクに到着し、巡礼と交流の旅を開始した。今回のタイ訪問は「媽祖が南洋へ海のシルクロードを行く」と題した一連の文化交流イベントの一環。媽祖像は2017年に空路でシンガポールとマレーシア、2018年には船でフィリピンを訪れ、現地の人々から大歓迎された。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111803757

  • 1