KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 一帯一路
  • 中国企業
  • インフラ
  • ケイジョ
  • ビエンチャン
  • メコン川
  • 中国電力
  • 地域経済

「そのため」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
575
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
575
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:14.88
    2021年01月21日
    「新華社」天津大学、脳でロボットを制御するBCI技術の開発に注力

    中国の天津大学の研究者は、宇宙飛行士が脳で考えるだけでロボットを操作できる「ブレイン・コンピューター・インタフェース(BCI)」技術の開発を進めている。同大学が2016年に開発したBCIの試験システムを宇宙実験室「天宮2号」に設置し、宇宙空間でさまざまな実験を行った。BCIシステムは、脳波を使ってコンピューターなどの電子機器を制御でき、動作や口頭での指示は一切必要としない。そのため、宇宙でBCIシステムを活用すれば、宇宙飛行士は「第3の手」を備えることになり、作業負担が軽減できる。研究者によると、将来的には宇宙飛行士がBCIシステムを装備し、宇宙探査や技術的なメンテナンスなどの作業を行う可能性がある。 =配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:36.75
    2021年01月19日
    「新華社」キンシコウ、餌を求めて人里へ陝西省鳳県

    中国陝西省宝鶏市鳳県では秦嶺山脈の峰々に樹氷が現れ、年の初めから大勢の観光客が訪れている。雪景色に魅せられたのは人だけではない。美しく愛らしい「サルの王様」キンシコウまでが餌を求めて人里を訪れ、眺めを楽しんでいる。同県黄牛鋪鎮東河橋村の村民がこのほど、家の裏庭の木の上にいるキンシコウを発見した。同県生態・野生動植物保護管理ステーションによると、数日前の寒気で秦嶺山脈の気温が急激に下がり、キンシコウが餌探しに苦労している。そのため、餌を求めて山の麓へ降りてくるキンシコウの姿がよく見られるようになったという。(記者/都紅剛) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    World News - November 11, 2020

    November 11, 2020: Protester with a protective mask is seen with a banner that reads, Barcelona in common. Sports hub. Sport is not only essential for a healthy life, it is a tool for cohesion, education and equality that must be defended. That is why it is necessary for sports facilities to be able to open. All support for the Call. Sport is health..Catalan sports federations and entities have demonstrated in Barcelona to demand the reopening of gyms and sports facilities in Cataloni aIn Barcelona, Spain. (Credit Image: © Thiago PrudêNcio/DAX via ZUMA Wire)、クレジット:©Thiago PrudêNcio/DAX via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: A student wearing a face mask holds a placard during the demonstration...Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: A student wearing a hijab is seen giving a speech during the demonstration..Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: A teacher is seen giving a speech during the demonstration..Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: Students wearing face masks hold placards during the demonstration...Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: A student wearing a face mask holds a placard during the demonstration...Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: Students wearing face masks hold placards during the demonstration..Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: A student wearing a face mask holds a flag during the demonstration..Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: A student wearing a face mask holds a placard during the demonstration..Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    Students protest in Amsterdam, Netherlands - 02 Oct 2020

    October 2, 2020, Amsterdam, Netherlands: A student wearing a face mask holds a placard during the demonstration...Due to the measures against Covid-19, only 10 to 30 percent of education takes place in Schools. Some students don窶冲 get to visit their campus at all, and teachers are struggling to digitalize their courses. Because of that, the Amsterdam student unions ASVA and SRVU, the National Student Union together with the #ikwilaansschool action group organized a protest to demand financial resources to provide safe physical education. Students and teachers gathered at the Museumplein holding placards in representation of students from other cities that due to Covid19 traveling is highly not recommend. (Credit Image: © Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Ana Fernandez/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    19日、ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    Alternative practitioners in Venezuela

    14 August 2020, Venezuela, Caracas: Surgical scissors of the healer “Brother Guayanes“ lie next to a candle on a table in the “Street of the Miracle Healers“ in Petare, where the “Brother“ has his practice. People often let themselves be treated by the same healer for years. In view of the current corona pandemic, however, hospitals are avoided and alternative healing methods are sought instead. “Brother Guayanes“ has a healing gift, explains his assistant. “If corona patients come, we will of course treat them too,“ he says. “The doctor is there to serve patients. We have taken an oath for that. And we do it for love, not for money. Health is our top priority“. Photo: Pedro Rances Mattey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟の主窟の壁に彫られた東方三聖像。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟の主窟の壁に彫られた仏像彫刻群。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟の主窟の壁に彫られた仏像彫刻群。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟の主窟の壁に彫られた仏像彫刻群。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、観光客に合掌岩石窟を紹介する西安寺の僧侶。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、西安寺仏堂前の岩に刻まれた巨大な「心」の文字。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟の主窟の壁に彫られた仏像彫刻群。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟の主窟の壁に彫られた仏像彫刻群。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    Alternative practitioners in Venezuela

    14 August 2020, Venezuela, Caracas: A stethoscope and a cross hang on the chest of the “Brother Guayanes“, a healer who has his practice in the “Street of the Miracle Healers“ in the Jose Feliz Ribas neighborhood, in Petare. People often let themselves be treated by the same healer for years. In view of the current corona pandemic, however, hospitals are avoided and alternative healing methods are sought instead. “Brother Guayanes“ has a healing gift, explains his assistant. “If corona patients come, we will of course treat them too,“ he says. “The doctor is there to serve patients. We have taken an oath for that. And we do it for love, not for money. Health is our top priority“. Photo: Pedro Rances Mattey/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟の主窟中央部にある石柱に彫られた四方仏(左)。右側は壁に彫られた仏像彫刻群。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟の主窟の奥に開削された小石窟。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    武夷山脈南麓の現代石窟「万仏石窟」を探訪福建省

    14日、合掌岩万仏石窟内の小石窟を見学する観光客。中国福建省の武夷山脈南麓の支脈、杉嶺(さんれい)山脈の山中に、標高551・7メートルの花こう岩の峰があり、手を合わせて合掌しているように見えることから「合掌岩」と呼ばれている。頂上部分には仏教石窟が開削されていて、大小の仏像が5千体余りある。そのため「万仏石窟」の呼び名を持つ。石窟の開削が始まったのは2003年。合掌岩西安寺の僧侶本円(ほんえん)が発起し、資金を集めて造営した。石窟には前門と後門があり、大窟の中にさらに小窟が作られている。内部は前庁と大庁、通路、念仏堂、閉関洞からなり、中国南方地域の現代石窟では最大の面積を持つ。(福州=新華社記者/彭張青)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.68
    2020年08月11日
    「新華社」通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(記者/鄭夢雨、顧小立)<映像内容>自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供する「茶攤」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.41
    2020年08月03日
    「新華社」前漢の軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の修復が完了内モンゴル自治区

    中国前漢時代の重要な軍事要塞だった鶏鹿塞(けいろくさい)遺跡の修復保護プロジェクトが、4年がかりの緊急保護作業を経てこのほど完了した。漢代の北方地域に設けられた軍事要塞の築造技術などを研究する上で重要な役割を果たすと期待される。同遺跡は内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県にある。武帝時代(紀元前141~同87年)に築城され、漢代の長城防衛システムの一翼を担った。現存する中国最古の甕城(おうじょう、城門を守るため外側に半円形に築かれた城壁)が残されており、2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。同遺跡の平面は方形をしており、南壁に1カ所だけ設けられた城門の外側に甕城が築かれている。門の内側には城の最上部へ続く石造りの階段がある。鶏鹿塞の北と南西にはのろし台が設置され、遠距離を隔て呼応していた。遺跡は2千年以上にわたる自然の浸食を受け、城壁が複数の箇所で倒壊するなど損傷が激しかった。そのため国家文物局の許可を得て、2016年10月に修復保護プロジェクトが開始された。修復工事では築城当時の材料と技法を用い、最小限の介入と原型保持の原則を堅持。城壁や甕城、角台、4カ所ののろし台などで補強工事を実施し、築城当時の姿を再現した。(記者/李雲平)<映像内容>軍事要塞「鶏鹿塞遺跡」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月31日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月31日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、完成した酸梅湯を容器に移す胡亜蓮さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、通行人に酸梅湯を配るため前童鎮の古街道に向かう童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、童松達さん(右)が火を起こす様子をそばで見つめるひ孫の周予童(しゅう・よどう)さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、前童鎮の古街道で通行人に酸梅湯を配る童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、当日分の酸梅湯を配り終え、オート三輪で帰宅の途につく童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、自宅でくつろぐ童松達さん夫妻。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、酸梅湯を作るため火を起こす童松達さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、通行人に酸梅湯を渡す童松達さんのひ孫、周予童(しゅう・よどう)さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、酸梅湯配りが一段落し、一息つく童松達さん(右)とひ孫の周予童(しゅう・よどう)さん(中央)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、酸梅湯を作るため火を起こす童松達さん(左)と湯を沸かす胡亜蓮さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、近隣の住人に酸梅湯を配る童松達さん(右)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、前童鎮にある石臼。「咸豊七年七月」と刻まれており、史料によると童松達さんの先祖がお茶を煮出すのに用いたという。中にはお茶を煮出すかまどが入っている。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、通行人に配る酸梅湯を入れた容器を荷台付き三輪車に乗せる胡亜蓮さん(右)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    中国企業、瀾滄江・メコン川流域経済発展ベルトの構築に尽力

    ラオス中部のボーリカムサイ県にある中国電力建設集団傘下の中国水利水電第三工程局が請け負うラオス南屯1号水力発電所プロジェクトの建設現場。(7月17日撮影、小型無人機から)瀾滄江(らんそうこう)・メコン川の流域国は現在、地域経済発展ベルトの構築に取り組んでいる。そのため、中国の建設業者は新型コロナウイルス感染症の脅威と向き合いながら、現地のインフラ整備に力を注いでいる。(ビエンチャン=新華社配信/ケイジョ)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    Students Take Selectivity Exams In Malaga

    July 7, 2020: Malaga, Spain: Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    World News - July 7, 2020

    July 7, 2020: July 7, 2020 (Malaga) Coronavirus selectivity begins in Malaga.More than 9,000 students from Malaga are taking the Selectivity exams since Tuesday.The tests are face-to-face, The first contact of the students with the classrooms will take place almost four months ago, when the state of alarm was decreed as a result of the coronavirus. For this reason, safety, distance and hygiene measures are comprehensive. (Credit Image: © Lorenzo Carnero/ZUMA Wire)、クレジット:©Lorenzo Carnero/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6