KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 人々
  • 高さ
  • 最大
  • 女性
  • 重要文化財
  • 済南
  • 展覧会
  • 天女

「たんせい」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
257
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
257
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  にわとりと遊ぶ女性たち
    -
    にわとりと遊ぶ女性たち

    冬用の厚手の袷の着物を着た女性がチャボに餌を与えているところと思われる。高島田に結った髪と端正な着物姿の二人の女性を映したものである。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐30‐0]

    商品コード: 2017080903156

  •  内国勧業博覧会会場
    1903年12月31日
    内国勧業博覧会会場

    中央の像は楊柳観音像だと思われる。当時の記録は、観音像が夜間、色電気を以ってヴァイオレットに照らし出される姿は嘆声を出さしめるものであったと伝えている。=1903(明治36)年、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号46‐79‐0]

    商品コード: 2017080902842

  •  食糧の見返り品
    1946年02月15日
    食糧の見返り品

    加賀縫(かがぬい)刺繡。丹精込めて描かれる花模様=1946(昭和21)年2月15日、石川県(21年内地274)

    商品コード: 2014040300178

  • スケッチ20463 菊作り
    1956年10月30日
    スケッチ20463 菊作り

    新宿御苑で丹精込めて行われる大輪の菊作り=1956(昭和31)年10月30日、東京都新宿区

    商品コード: 2017090300250

  • スケッチ21014 盆栽展
    1957年05月23日
    スケッチ21014 盆栽展

    盆栽展で、丹精込めて生育された盆栽に見入る女性たち=1957(昭和32)年5月23日、撮影場所不明

    商品コード: 2017091400663

  • スケッチ24413 野球用バット作り
    1962年04月01日
    スケッチ24413 野球用バット作り

    丹精込めて1本づつ作られる野球用バット=1962(昭和37)年4月1日、撮影場所不明

    商品コード: 2017111200119

  • 発射台を離れる1号機 東大の試験衛星、軌道に
    1977年02月19日
    発射台を離れる1号機 東大の試験衛星、軌道に

    オレンジ色の炎とごう音を残し発射台を離れるミュー3H型ロケット1号機。搭載された試験衛星「MST3」は、地球周回軌道に乗り、「たんせい3号」と命名。わが国が打ち上げた9個目の国産人工衛星となった=1977(昭和52)年2月19日、鹿児島県肝属郡内之浦町の東京大学生産技術研究所鹿児島宇宙空間観測所(52年内地 1329)

    商品コード: 2014070700271

  • 報告する秋葉主任 東大の試験衛星、軌道に
    1977年02月19日
    報告する秋葉主任 東大の試験衛星、軌道に

    試験衛星「MST3」打ち上げに成功し記者団に報告する東大宇宙研スタッフ。中央は秋葉鐐二郎実験主任。「たんせい3号」と命名され、わが国が打ち上げた9個目の国産人工衛星となった=1977(昭和52)年2月19日、鹿児島県肝属郡内之浦町の東京大学生産技術研究所鹿児島宇宙空間観測所(52年内地 1331)

    商品コード: 2014070700272

  •  人工飼育の「トキ」の幼鳥
    1981年07月14日
    人工飼育の「トキ」の幼鳥

    中国陝西省洋県で発見され、北京動物園で人工飼育されている「トキ」の幼鳥。片足をあげて〝端正〟な姿を見せる=1981(昭和56)年7月14日、北京市(共同)

    商品コード: 2015100200253

  •  人工飼育の「トキ」の幼鳥
    1981年07月14日
    人工飼育の「トキ」の幼鳥

    中国陝西省洋県で発見され、北京動物園で人工飼育されている「トキ」の幼鳥。片足をあげて〝端正〟な姿を見せる=1981(昭和56)年7月14日、北京市(共同)

    商品コード: 2016022300303

  •  オーソドックス回帰の傾向
    1994年10月25日
    オーソドックス回帰の傾向

    男物スーツを女性向けに端正に仕立てたスーツ(コム・デ・ギャルソン)=パリ・コレクションより

    商品コード: 1994102500084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年10月29日
    米の収穫 一筋の道を行く

    丹精込めた稲の収穫に笑みがこぼれる山形県高畠町の農民・伊藤幸吉さん。代々続く篤農家に生まれ、農業一筋の道を歩んできた。海外へ技術指導をするなど規模は大きくなったが、その志は息子たちがしっかりと受け継いでいる

    商品コード: 1999102900119

  •  こんなひつぎはいかが
    2000年02月11日
    こんなひつぎはいかが

    ちょっとへんてこな顔つきをした魚とにわとり、実はこれ死者をとむらうためのユニークなひつぎ。生前携わっていた職業が分かるように、職人が丹精込めて作り上げた。アフリカのガーナ独特のひつぎは、世界の収集家の間でも人気を呼んでいるとか。(ロイター=共同)

    商品コード: 2000021100024

  •  目立つディテール表現
    2000年11月14日
    目立つディテール表現

    端正な服づくりの技術を強く感じさせる(柳田剛=NAiyMA)=東京・南青山の「スパイラルホール」

    商品コード: 2000111600041

  •  五感丸ごと花に酔う
    2000年12月04日
    五感丸ごと花に酔う

    丹精込めた庭の前で寄り添うホッブスさん夫婦=クライストチャーチ

    商品コード: 2000120400051

  • 出荷待つ黒毛和牛 丹精込めても大赤字
    2001年10月30日
    出荷待つ黒毛和牛 丹精込めても大赤字

    牛舎内で出荷を待つ黒毛和牛=10月22日、佐賀県伊万里市

    商品コード: 2001103000093

  • 松尾勝馬さん 丹精込めても大赤字
    2001年10月30日
    松尾勝馬さん 丹精込めても大赤字

    「もっと和牛を食べてほしい」と語る松尾勝馬さん=10月22日、佐賀県伊万里市

    商品コード: 2001103000092

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年10月30日
    牛の世話 丹精込めても大赤字

    丹精込めて世話をしても牛肉の相場は低迷したままだ=10月22日、佐賀県伊万里市

    商品コード: 2001103000094

  • 洋ランのオブジェ 夢の島に洋ランのオブジェ
    2002年02月05日
    洋ランのオブジェ 夢の島に洋ランのオブジェ

    東京都江東区の「夢の島熱帯植物館」で5日から多種多様の洋ランを集めたオーキッドフェスティバルが始まった。ホールには洋ランと観葉植物のオブジェが飾られ華やかさを添えている。愛好家が丹精込めて育てたもので展示は11日まで=5日午後

    商品コード: 2002020500164

  • 端正な顔立ち ブルカの下の素顔
    2002年04月13日
    端正な顔立ち ブルカの下の素顔

    黒いマフラーをし、国際婦人デーの式典に出席した女性。端正な顔立ちに思わず見入ってしまう=カブール(共同)

    商品コード: 2002041300053

  • ACミランのインザギ イタリア勢が復権
    2003年04月24日
    ACミランのインザギ イタリア勢が復権

    端正な顔立ちに似合わず、強引な突進で今大会10得点と好調なACミランのインザギ(ロイター=共同)

    商品コード: 2003042400092

  •  端正な文章と旺盛な行動
    2004年09月16日
    端正な文章と旺盛な行動

    生誕100年で新装版が刊行された「父 その死」「木」と、代表作「流れる」ほか。

    商品コード: 2004091600084

  •  端正な文章と旺盛な行動
    2004年09月16日
    端正な文章と旺盛な行動

    幸田文(1977年当時)

    商品コード: 2004091600086

  •  等身大の日本を紹介
    2005年06月17日
    等身大の日本を紹介

    「小さな力ですが、日本を紹介する仕事を3年は続けたい」と語る毛丹青さん=兵庫県西宮市

    商品コード: 2005061700076

  • 遺作持つ夫の冨士雄さん 残された妻の遺品思い込め
    2005年06月24日
    遺作持つ夫の冨士雄さん 残された妻の遺品思い込め

    尼崎のJR脱線事故で亡くなった山田博子さんが丹精込めて作ったタマネギを持つ、夫の冨士雄さん=24日夜、兵庫県川西市

    商品コード: 2005062400256

  • 復興誓う中島喜久子さん 「地球に負けてたまるか」
    2007年03月29日
    復興誓う中島喜久子さん 「地球に負けてたまるか」

    丹精込めて築き上げた酒蔵は壊滅的な打撃を受けたが「絶対に復興させる」と誓う中島酒造店の中島喜久子さん=28日、石川県輪島市

    商品コード: 2007032900268

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年01月04日
    毛丹青氏ら 初の日本専門誌創刊

    4日、北京で行われた中国の日本専門雑誌「知日」の創刊発表会で、創刊号を手に持つ(右から)在日作家で主筆の毛丹青氏、蘇静編集長ら(共同)

    商品コード: 2011010400398

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月07日
    毛丹青氏 日本を中国の「鏡」に

    都内でインタビューに答える毛丹青氏=9月30日、東京都港区

    商品コード: 2012100700059

  • 福岡県 あまおうジャム
    2012年12月05日
    福岡県 あまおうジャム

    あまおうソース・ジャム。丹精込めて育てたイチゴの香りや酸味が生かされている。地元農産物などの直売所「ドリームホープ若宮」などで販売=2012(平成24)年12月、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080200570

  • 実家の庭 自伝で同性愛者と公表
    2014年06月09日
    実家の庭 自伝で同性愛者と公表

    丹精を込めた庭に、かな子が子どものころから好きなレンゲや色とりどりの花が咲いた=神戸市内

    商品コード: 2014060900549

  • 三沢高の太田投手 高校球児がアイドルに
    2015年01月05日
    三沢高の太田投手 高校球児がアイドルに

    1969年夏の全国高校野球選手権大会で、松山商との2日間に及ぶ決勝戦を投げ抜いた青森・三沢高の太田幸司投手。色白で端正な顔立ちから女性に追いかけられるほどの大変な人気となり、高校球児がアイドル化するきっかけとなった=1969(昭和44)年8月、甲子園球場 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第5巻使用画像(P180)

    商品コード: 2015010500173

  • 講演する毛教授 「文学が日中を結ぶ」
    2015年05月12日
    講演する毛教授 「文学が日中を結ぶ」

    関西プレスクラブの会合で講演する神戸国際大の毛丹青教授=12日午後、大阪市

    商品コード: 2015051200515

  • きりたんぽを作る女性 丹精込めてきりたんぽ作り
    2015年09月18日
    きりたんぽを作る女性 丹精込めてきりたんぽ作り

    地元産の新米を使い、きりたんぽを作る女性たち=18日午後、秋田市

    商品コード: 2015091800607

  • きりたんぽ作る女性 丹精込めてきりたんぽ作り
    2015年09月18日
    きりたんぽ作る女性 丹精込めてきりたんぽ作り

    地元産の新米を使い、きりたんぽを作る女性たち=18日午後、秋田市

    商品コード: 2015091800608

  •  成熟の文体、読者への信頼
    2017年04月07日
    成熟の文体、読者への信頼

    「いつも通りの端正な文章だと思った」と話す小野正嗣さん

    商品コード: 2017040700384

  •  ぜいたくな時間
    2018年03月30日
    ぜいたくな時間

    香港で始まった美術イベント。丹精込められた作品に来場者も興味津々。(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2018033000342

  • 喜ぶ在留邦人ら コロンビア、敗戦に嘆声
    2018年06月20日
    喜ぶ在留邦人ら コロンビア、敗戦に嘆声

    ボゴタで開かれた日本―コロンビア戦の観戦会で、日本のゴールを喜ぶ在留邦人のサポーターら=19日(共同)

    商品コード: 2018062000031

  •  倉敷産イグサ守る 新商品開発にも力
    2018年07月21日
    倉敷産イグサ守る 新商品開発にも力

    丹精して育てられたイグサ。収穫は早朝に行われる。地域伝統の産物を守り続けようと、倉敷市西阿知町の今吉俊文さん(34)が、一時はほぼ途絶えた倉敷産イグサの栽培を続けている。今年からは収穫した素材を使った新製品の開発にも力を入れ〝イグサ復活〞へ意欲を燃やしている。=2018(平成30)年7月21日、岡山県倉敷市西阿知町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082804424

  •  「一帯一路」書画企画展、ポーランドで開催
    2018年09月03日
    「一帯一路」書画企画展、ポーランドで開催

    3日、ポーランドの首都ワルシャワで開催された「一帯一路」書画企画展を観賞する来場者。「中華丹青シルクロードの旅-中国書画名家『一帯一路』作品企画展」が3日、ポーランドの首都ワルシャワで開幕した。会場には中国現代書画の名家約20人による作品約40点が展示され、訪れた多くの現地の芸術愛好家らを魅了した。(ワルシャワ=新華社記者/周楠)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518745

  •  「一帯一路」書画企画展、ポーランドで開催
    2018年09月03日
    「一帯一路」書画企画展、ポーランドで開催

    3日、ポーランドの首都ワルシャワで開催された「一帯一路」書画企画展の会場で、写真を撮る来場者。「中華丹青シルクロードの旅-中国書画名家『一帯一路』作品企画展」が3日、ポーランドの首都ワルシャワで開幕した。会場には中国現代書画の名家約20人による作品約40点が展示され、訪れた多くの現地の芸術愛好家らを魅了した。(ワルシャワ=新華社記者/周楠)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518547

  •  「新華社」美しい秋のルビーリンゴの収穫が本格化陝西省延安市
    01:36.83
    2018年10月24日
    「新華社」美しい秋のルビーリンゴの収穫が本格化陝西省延安市

    秋深まる10月、中国陝北地域(陝西省北部)のリンゴが熟し収穫の時期を迎えた。陝西省延安市宜川(ぎせん)県のリンゴの木々は、実の重みで枝が垂れ下がり、一面に広がる赤いリンゴはまるで深まる秋に酔っているかのよう。丹精込めてリンゴを育ててきた果樹農家らは、今年もまた1年で最も忙しく一番喜ばしい季節を迎えた。同県太泉村の畑に真っ赤な果実が枝もたわわに実る様子は、さながら無数の「ルビー」のよう。現在、リンゴ栽培は現地の果樹農家が貧困を脱却し富を得るための支柱産業となっている。(記者/孫正好、李華)<映像内容>リンゴの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102511379

  • ①太田市美術館・図書館 にぎわいの拠点へ
    2018年12月04日
    ①太田市美術館・図書館 にぎわいの拠点へ

    白い端正な建物が目を引く、群馬県の太田市美術館・図書館

    商品コード: 2018120421662

  • ②太田市美術館・図書館 にぎわいの拠点へ
    2018年12月04日
    ②太田市美術館・図書館 にぎわいの拠点へ

    白い端正な建物が目を引く、群馬県の太田市美術館・図書館

    商品コード: 2018120421647

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている董其昌の「秋興八景図」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109674

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、明末に活躍した中国書画の大家・董其昌の肖像画。同氏を描いた「公式の肖像画」とされている。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109670

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている北宋皇帝・徽宗の「竹禽図巻」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109642

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている懐素の「苦笋帖」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109363

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」の会場に並ぶミュージアムグッズ。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109380

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている蘇軾(蘇東坡)の「行書洞庭春色・中山松醪二賦巻」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109667

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている王羲之の「行穰帖」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109333

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、会場で説明する上海博物館書画研究部主任で同展を企画した凌利中(りょう・りちゅう)氏。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109686

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催されている「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」の会場。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109938

  •  上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結
    2018年12月06日
    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結

    6日、上海博物館で開催中の「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」で展示されている「顔真卿・自書告身帖」。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109949

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:35.42
    2018年12月13日
    「新華社」【字幕あり】小さな「ナン」が大産業へ「ナン」ブランド売り出す新疆クチャ県

    中国新疆ウイグル自治区アクス地区クチャ県にあるクチャ大ナン城に13日、黒山の人だかりができていた。「ナン」は同自治区の各民族の人々が深く愛する伝統食品で、クチャ県の大ナンは、自治区の無形文化遺産として地元の人々に愛されるだけでなく、同県の顔として広く知られている。氷点下に届く冷え込みも、地元の人々のナンへの熱愛を阻むことはできないようだ。同日、第1回新疆ナン産業PR会が始まり、人々は会場でナン作りの過程を見物し、各種の特色あるナンを食べ比べ、クチャの大ナンの悠久の歴史に触れた。PR会には自治区内の11の地区(州、市)から集まった116社が230種類余りの製品を出展した。また中国南方航空グループ航空食品有限公司や中国鉄路ウルムチ局集団公司、新疆公路局など機関がナン産業協会や企業と協力意向書に署名。新疆のナンが旅客機や列車のほか、サービスエリアやガソリンスタンド、ホテルで販売される時代が始まろうとしている。現在、クチャ県の中心部には300余りのナンの店があり、毎日2万枚以上のナンが作られる。同県はここ数年、「プラットフォーム+観光」を突破口に文化の宣伝を手段として、貧困を脱却し豊かになることを目標に据え、絶えずナン産業建設を拡大するとともに「クチャ大ナン」ブランドを丹精込めて打ち立てることで、農家の増収に向けたルートを広げ、増収を達成している。(記者/阿曼、阿伊努尓)<映像内容>第1回新疆ナン産業PR会の様子、撮影日:2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018121921010

  •  世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会
    2019年01月03日
    世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会

    3日、ハルビン氷雪大世界の競技会場で氷の彫刻を制作する選手。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第8回中国ハルビン国際氷彫大会は4日目に入り、世界各国から参加した選手らが氷の彫刻を丹精込めて作り上げ、極寒の美を表現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400524

  •  世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会
    2019年01月03日
    世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会

    3日、ハルビン氷雪大世界の競技会場で氷の彫刻を制作する選手。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第8回中国ハルビン国際氷彫大会は4日目に入り、世界各国から参加した選手らが氷の彫刻を丹精込めて作り上げ、極寒の美を表現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400431

  •  世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会
    2019年01月03日
    世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会

    3日、ハルビン氷雪大世界の競技会場で氷の彫刻を制作する選手。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第8回中国ハルビン国際氷彫大会は4日目に入り、世界各国から参加した選手らが氷の彫刻を丹精込めて作り上げ、極寒の美を表現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400494

  •  世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会
    2019年01月03日
    世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会

    3日、ハルビン氷雪大世界の競技会場で氷の彫刻を制作する選手。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第8回中国ハルビン国際氷彫大会は4日目に入り、世界各国から参加した選手らが氷の彫刻を丹精込めて作り上げ、極寒の美を表現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400495

  •  世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会
    2019年01月03日
    世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会

    3日、ハルビン氷雪大世界の競技会場で氷の彫刻を制作する選手。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第8回中国ハルビン国際氷彫大会は4日目に入り、世界各国から参加した選手らが氷の彫刻を丹精込めて作り上げ、極寒の美を表現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400428

  •  世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会
    2019年01月03日
    世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会

    3日、ハルビン氷雪大世界の競技会場で氷の彫刻を制作する選手。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第8回中国ハルビン国際氷彫大会は4日目に入り、世界各国から参加した選手らが氷の彫刻を丹精込めて作り上げ、極寒の美を表現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400560

  •  世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会
    2019年01月03日
    世界の氷彫刻家、極寒の美競うハルビン国際氷彫刻大会

    3日、ハルビン氷雪大世界の競技会場で氷の彫刻を制作する選手。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン冰雪大世界(ハルビン氷祭り)で3日、第8回中国ハルビン国際氷彫大会は4日目に入り、世界各国から参加した選手らが氷の彫刻を丹精込めて作り上げ、極寒の美を表現した。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400561

  •  北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて
    2019年01月11日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1983年9月19日午後7時、北京西直門内の楡樹館路で、園芸愛好家の王常(おう・じょう)さんが丹精込めて育てた月下美人14輪が開花。付近の住民が次々と観賞に訪れた。(北京=新華社記者/戴紀明)下:4月29日に開幕する2019年中国北京国際園芸博覧会の中国館。(2019年1月11日撮影)(北京=新華社記者/張晨霖)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412160

  •  北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて
    2019年01月11日
    北京の今と昔北平平和解放70周年を迎えて

    上:1983年9月19日午後7時、北京西直門内の楡樹館路で、園芸愛好家の王常(おう・じょう)さんが丹精込めて育てた月下美人14輪が開花。付近の住民が次々と観賞に訪れた。(北京=新華社記者/戴紀明)下:4月29日に開幕する2019年中国北京国際園芸博覧会の4大パビリオンの1つ、植物館。ここにはさまざまな希少植物が展示される。(2019年1月11日撮影)(北京=新華社記者/張晨霖)中国北京市は1月31日、北平(北京の旧称)平和解放70周年を迎えた。この70年間の撮影記録を通して、歴史と現在の「時空を超えた対話」を行うことで、北京の実りある成果を振り返り、その将来像を展望する。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411884

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:54.35
    2019年03月06日
    「新華社」新疆の漁民、「ハクチョウ向けレシピ」に工夫凝らす

    韓新林(かん・しんりん)さんは中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州伊寧県を流れる伊犁(イリ)河付近に住み、魚の養殖で生計を立てている。しかし、そのうち二つの養魚池はすでに野生のハクチョウの越冬地になっており、50歳を過ぎた韓さんも今ではハクチョウの「世話係」だ。ハクチョウたちに良いものをお腹いっぱい食べさせるため、韓さんは工夫を凝らし、「ハクチョウ向けレシピ」を何度も変更してきた。1993年の晩秋、韓さんは生まれて初めて自宅の玄関先でハクチョウと出会った。何日もエサを与え続けたところ、本来南へ飛び立つはずの渡り鳥が、なんと一冬留まったのだ。その後、ここで越冬するハクチョウは増え続けた。ハクチョウたちに良いものをお腹いっぱい食べさせるため、韓さんが丹精込めて調合したハクチョウの餌は、栄養面と健康面に特に配慮されている。韓さんはレシピから白菜を除き、トウモロコシとヒマワリのかすに変えた。さらに毎日ウマゴヤシを干したものも与え、餌に含まれる食物繊維の割合を増やすようにした。「トウモロコシだけでは、ハクチョウが太り過ぎて、飛べなくなってしまいますからね!」。今年から韓さんは、餌のレシピをトウモロコシとコメと大麦に決めた。今年、伊犁天鵝泉(てんがせん)湿地には約300羽のハクチョウが越冬にやって来た。地元の野生動物保護部門の分析では、ここを越冬地に選ぶハクチョウが増え続けているのは、地元で天然林保護や湿地生態系の回復に力を入れていることと深い関係がある。こうした生態環境建設プロジェクトによって、伊犁河谷の生態環境がいっそう好転し、湿地の生物種も効果的に保護されているため、ハクチョウの群れが次々引き寄せられているのだという。(記者/宿伝義、白佳麗、胡虎虎)<映像内容>越冬してきたハクチョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030704352

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月11日
    岡山県総社市福谷 希望の花咲く 夢白桃 岡山・総社

    西日本豪雨の浸水被害を乗り越え、開花した桃畑で人工授粉の作業に励む剣持さん=総社市福谷。西日本豪雨で浸水被害に遭った総社市福谷の畑で、桃の花が咲き誇っている。被災後も諦めず手入れをしてきた生産者は喜びつつ、甘い桃をたくさん実らせようと、人工授粉の作業に汗を流している。剣持雅さん(43)=同所=は昨年7月の豪雨で高梁川沿いの桃畑約60アールが浸水。桃の木が流されたり、実が水に漬かったりして収穫を間近に控えた桃の多くが出荷できなかった。その後、桃畑には肥料を与えるなどしてきたが、水に漬かった影響は分からず、祈るような気持ちで春を迎えた。4月に入って濃いピンクの花が次々と咲き始めた時には「本当にほっとした」と話す。11日には、花粉を持たず自家受粉できない「おかやま夢白桃」の花に、他品種から採取した花粉を散布機で吹き付けていった。剣持さんは「今のところ、生育は順調。丹精した桃を消費者に届けたい」と意気込む。夢白桃は7月下旬ごろに収穫期を迎える。=2019(平成31)年4月11日、岡山県総社市福谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041508101

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、茶葉の品質を確認する東籬茶園の従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402893

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業者。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402927

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402923

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051403052

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、天日干しする茶葉を整える曲保民さん。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402951

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、天日干しする茶葉を運ぶ曲保民さん。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402939

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、茶葉を包装する東籬茶園の従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402911

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業員。(小型無人機から)中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402953

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、摘み取った茶葉を集め、天日干しの準備をする東籬茶園の従業員ら。(小型無人機から)中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402945

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、臨城県の東籬茶園で茶摘みをする従業員。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402981

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日に撮影した臨城県の東籬茶園。(小型無人機から)中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402944

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、天日干しする茶葉を整える曲保民さん。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402902

  •  太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    2019年05月07日
    太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    7日、天日干しする茶葉を運ぶ曲保民さん。中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(邢台=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402888

  •  「新華社」太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県
    01:43.31
    2019年05月15日
    「新華社」太行山脈に漂うお茶の香り河北省臨城県

    中国の太行山脈中腹に位置する河北省邢台市臨城県の東籬(とうり)茶園は、初夏を迎え茶摘みの最盛期を迎えている。茶園の主人、曲保民(きょく・ほみん)さんは、多忙な日々を送りながらも、丹精込めて栽培した茶の木を大切に守り続ける。北京市で10年以上商売をしていた曲さんと妻の楊素珍(よう・そちん)さんは2012年、臨城県の三峰山麓にある桐花(とうか)村を訪れ、30ムー(2ヘクタール)の土地の使用権を得て茶の木の栽培を始めた。東籬茶園で生産される太行山茶葉は知名度こそ低いが、品質と口コミを頼りに北京市、天津市、石家荘市などで販路を広げている。(記者/高博、牟宇)<映像内容>茶園の風景と茶摘みの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600499

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.74
    2019年07月02日
    「新華社」雲南省に育った世界最大の日本向け菊苗生産基地

    中国雲南省農業農村庁はこのほど、同省がここ数年、日本向け菊苗の最重要供給地の一つになっていることを明らかにした。昆明市にある昆明虹之華園芸有限公司は現在、年間2億株近くの菊苗を生産し、うちの90%を日本に輸出している。ここ10年間に同社が日本に輸出した菊苗の量は、日本の菊苗輸入量全体の40%以上となっており、対日輸出用の菊苗供給業者の中でトップとなっている。同社総経理で庭園専門家の薛建平(せつ・けんぺい)さんは5月中旬、同省紅河ハニ族イ族自治州開遠市にある同社の菊苗生産基地で取材に答え、同社が1996年から日本向けの菊苗輸出事業を試験的に始め、現在では600〜700品種を輸出していると説明した。熱心な園芸事業者の薛さんは1990年代、経験と知識を吸収するため2度訪日した。最初の1年間余りは、愛知県の農家に住み込み花と野菜の栽培技術を専門に学習し、勉強したばかりの日本語で、多くの花の栽培技術を習得した。薛さんは同社に就職後の1996年、菊事業を拡大し発展させるため、再度訪日して生産管理を専門に学んだ。この訪日期間中、ベテラン花卉業界人の高田昌夫さんが熱心に支援、指導してくれたという。薛さんは日本の花卉農家が菊の育苗だけでなく、花の栽培にまで丹精をこめるという、非常に苦労しておりコストも高い状況を目の当たりにして、日本の花農家が花の栽培に専念できるよう、中国で菊の挿し木を栽培することを日本の関係者に提案した。このことが、同社の大規模な日本向け菊苗輸出事業の始まりとなった。「通年生産、通年供給、通年納品」モデルを基本的に形成しており、農業標準化による生産が菊苗栽培の全工程に採用されている。同社はまた、中国国内初の菊の遺伝資源データベースを持ち、2800品種余りの遺伝資源を収集、保存し、年間を通じて菊の新品種を選抜育種しており、新品種50種以上で独自の知的財産権を取得している。(記者/楊静、許暁青、魏夢佳)<映像内容>日本に輸出される中国の菊苗生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205201

  •  河北省邢台市で明代の石碑発見地域の歴史・文化研究に価値
    2019年08月07日
    河北省邢台市で明代の石碑発見地域の歴史・文化研究に価値

    7日、邢台市南和県で発見された明代の石碑。中国河北省邢台(けいだい)市南和県の文化財保護部門はこのほど、同県の文化財保護スタッフが県内の河郭郷樊牌村で、明の万暦6(1578)年に建立された石碑を発見したと公表した。441年の歴史を持つという。この石碑は全体が青石製で、高さ138センチ、幅48センチ、厚さは19センチある。碑首(上部)は半円形で、碑身(本体)はほぼ完全な状態だが、碑座(台座)はすでに失われている。石碑の正面には全部で518文字の碑文が、端正な楷書体ではっきりと刻まれている。樊(はん)氏一族が明代初期に山西省太原から移り住んで以来の家系の分岐と発展が詳細に書かれているほか、万暦年間(1573~1620年)の冀中南(現在の河北省の北京・天津以南)地域の社会・経済状況や現地の地理的環境、民間の風俗習慣なども記されている。同市の文化・歴史の専門家、蘭剣輝(らん・けんき)氏によると、この石碑の発見は、冀中南地域の移住者の歴史や当時の経済・社会の発展状況、民間の風俗習慣を研究する上で、高い歴史的価値があるという。(邢台=新華社記者/劉桃熊)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081406902

  •  北京園芸博ランの国際コンテスト開催
    2019年09月05日
    北京園芸博ランの国際コンテスト開催

    5日、コンクールで展示されたランの花。中国北京市延慶区で開催されている北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の国際館でこのほど、ランの花の国際コンテストが開幕した。国内外から参加した48団体が丹精込めたラン約千点と、ランを用いたアレンジメント作品が勢ぞろいし、華やかな「ランのお祭り」が来場者の目を楽しませている。会期は16日まで。(北京=新華社配信/楊爽)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900519

  •  北京園芸博ランの国際コンテスト開催
    2019年09月05日
    北京園芸博ランの国際コンテスト開催

    5日、コンクールで展示されたランの花。中国北京市延慶区で開催されている北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の国際館でこのほど、ランの花の国際コンテストが開幕した。国内外から参加した48団体が丹精込めたラン約千点と、ランを用いたアレンジメント作品が勢ぞろいし、華やかな「ランのお祭り」が来場者の目を楽しませている。会期は16日まで。(北京=新華社配信/楊爽)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900454

  •  北京園芸博ランの国際コンテスト開催
    2019年09月05日
    北京園芸博ランの国際コンテスト開催

    5日、コンクールで展示されたランのアレンジメント。中国北京市延慶区で開催されている北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の国際館でこのほど、ランの花の国際コンテストが開幕した。国内外から参加した48団体が丹精込めたラン約千点と、ランを用いたアレンジメント作品が勢ぞろいし、華やかな「ランのお祭り」が来場者の目を楽しませている。会期は16日まで。(北京=新華社配信/楊爽)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900458

  •  北京園芸博ランの国際コンテスト開催
    2019年09月05日
    北京園芸博ランの国際コンテスト開催

    5日、コンクールで展示されたランの花。中国北京市延慶区で開催されている北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の国際館でこのほど、ランの花の国際コンテストが開幕した。国内外から参加した48団体が丹精込めたラン約千点と、ランを用いたアレンジメント作品が勢ぞろいし、華やかな「ランのお祭り」が来場者の目を楽しませている。会期は16日まで。(北京=新華社配信/楊爽)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900583

  •  北京園芸博ランの国際コンテスト開催
    2019年09月05日
    北京園芸博ランの国際コンテスト開催

    5日、コンクールで展示されたランの花。中国北京市延慶区で開催されている北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の国際館でこのほど、ランの花の国際コンテストが開幕した。国内外から参加した48団体が丹精込めたラン約千点と、ランを用いたアレンジメント作品が勢ぞろいし、華やかな「ランのお祭り」が来場者の目を楽しませている。会期は16日まで。(北京=新華社配信/楊爽)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900484

  •  北京園芸博ランの国際コンテスト開催
    2019年09月05日
    北京園芸博ランの国際コンテスト開催

    5日、コンクールで展示されたランの景観作品。中国北京市延慶区で開催されている北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の国際館でこのほど、ランの花の国際コンテストが開幕した。国内外から参加した48団体が丹精込めたラン約千点と、ランを用いたアレンジメント作品が勢ぞろいし、華やかな「ランのお祭り」が来場者の目を楽しませている。会期は16日まで。(北京=新華社配信/楊爽)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900586

  •  北京園芸博ランの国際コンテスト開催
    2019年09月05日
    北京園芸博ランの国際コンテスト開催

    5日、コンクールで展示されたランの花。中国北京市延慶区で開催されている北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の国際館でこのほど、ランの花の国際コンテストが開幕した。国内外から参加した48団体が丹精込めたラン約千点と、ランを用いたアレンジメント作品が勢ぞろいし、華やかな「ランのお祭り」が来場者の目を楽しませている。会期は16日まで。(北京=新華社配信/楊爽)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900442

  •  北京園芸博ランの国際コンテスト開催
    2019年09月05日
    北京園芸博ランの国際コンテスト開催

    5日、コンクールで展示されたランの花。中国北京市延慶区で開催されている北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の国際館でこのほど、ランの花の国際コンテストが開幕した。国内外から参加した48団体が丹精込めたラン約千点と、ランを用いたアレンジメント作品が勢ぞろいし、華やかな「ランのお祭り」が来場者の目を楽しませている。会期は16日まで。(北京=新華社配信/楊爽)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900486

  •  「新華社」香港中文大で中国絵画の展覧会宋から清代までの名品120点を展示
    01:58.87
    2019年09月21日
    「新華社」香港中文大で中国絵画の展覧会宋から清代までの名品120点を展示

    中国香港特別行政区の香港中文大学の文物館と芸術学部が共催する「北山汲古:中国絵画」展が21日、一般公開された。同展は「北山堂」の堂名で知られる香港の収蔵家、利栄森(り・えいしん)氏が文物館に寄贈または寄託した中国絵画作品から120点を選び展示する。展覧会は江山勝景、仿古山水、花鳥雑画、揚州逸韻、粤地丹青など10のテーマに分かれており、宋から清代までの山水画や花鳥画、人物画などを網羅している。中国絵画のすばらしさを展示するだけでなく、絵画史の研究に実例を提供する。開催は12月15日まで。(記者/陳其蔓、薛晨)<映像内容>中国絵画の展示の様子、撮影日:2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092504697

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日に撮影した法海寺の壁画「水月観音像」。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501440

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日、毘盧寺南西壁の壁画を鑑賞する観光客。53人が描かれ、南東壁の壁画の図案と対称になっている。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501327

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日、道教の人物などを描いた毘盧寺東壁の壁画。30組125人が上中下3列に描かれている。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501329

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日に撮影した法海寺の壁画「花瓶を持つ侍女」。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501330

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日に撮影した独楽寺の壁画「第五尊者諾矩羅(なくら)」。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501341

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日に撮影した独楽寺の壁画「無能勝大忿怒明王」。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501441

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日に撮影した毘盧寺南東壁の壁画。対称を成す南西壁ともに、儒家の人物などを描いている。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501411

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日、133人が描かれた毘盧寺西壁の壁画。人物配置は東壁と対称になっている。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501371

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日、壁画を鑑賞する観光客。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501335

  •  天津博物館で古代壁画展開催
    2019年10月26日
    天津博物館で古代壁画展開催

    26日に撮影した法海寺の壁画「金毛犼(きんもうこう、伝説の霊獣)」。中国の天津博物館でこのほど、「粉壁丹青-京津冀(北京市・天津市・河北省)古代名作壁画芸術展」が開幕した。入場無料で、会期は2020年1月まで。同展では北京の法海寺、天津の独楽寺、河北省の毘盧寺の3寺が所蔵する宗教を題材とした優れた壁画をインクジェット印刷や高精細複製で再現し展示している。壁画の題材は菩薩や羅漢、天女、神々、歴史上の人物、市民生活など多岐にわたり、それぞれ歴史に裏打ちされた風格を持つ。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501300

  • 1
  • 2
  • 3