KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ツバキ油
  • 令和
  • 伝統
  • 村民
  • あられ
  • もち米
  • ショウガ
  • 三江トン族自治県
  • 人々
  • 日常

「つばき油」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
30
( 1 30 件を表示)
  • 1
30
( 1 30 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1954年11月21日
    青ケ島風景

    臼ときねでつばき油を作る島の女性=出稿1954(昭和29)年11月21日、東京都青ケ島村

    商品コード: 2013031100403

  • 1995年10月23日
    ツバキの種集める島民 利島でツバキの収穫盛ん

    ツバキ油の原料となるツバキの種を拾い集める利島の島民

    商品コード: 1995102300007

  • 2005年09月29日
    五島列島・福江 つばき油作り

    五島市で始まったつばき油作り=2005(平成17)年9月頃、五島市奥浦町、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015090300201

  • 2009年03月07日
    大学純正のつばき油

    新潟大生協が発売した「純正キャンパス椿油」

    商品コード: 2009030700090

  • 2009年07月17日
    五島列島・福江 五島うどん作り

    強い腰を出すため、さらに麺を細く伸ばしていく「こなし作業」。のど越しが良くなるよう、パケを使って特産のつばき油を塗り込む=2009(平成21)年7月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015090200561

  • 2010年02月02日
    椿油

    キーワード:つばき油、名産品=2010(平成22)年2月2日、長崎県、クレジット:長崎新聞社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003662

  • 2011年11月20日
    「つばき油」で地域振興

    長崎県五島市

    商品コード: 2011112000173

  • 2011年11月20日
    「つばき油」で地域振興

    長崎県五島市

    商品コード: 2011112000174

  • 2011年11月20日
    「つばき油」で地域振興

    長崎県五島市

    商品コード: 2011112000175

  • 2011年11月20日
    「つばき油」で地域振興

    長崎県五島市

    商品コード: 2011112000176

  • 2011年11月20日
    資生堂が製油所を視察 「つばき油」で地域振興

    今村製油所の今村光次社長(左)から、搾油方法の説明を受ける資生堂の岩田喜美枝副社長=10月、長崎県五島市

    商品コード: 2011112000193

  • 2011年11月20日
    栽培の苦労語る山口さん 「つばき油」で地域振興

    ツバキを指しながら栽培の苦労を語る山口保さん=10月、長崎県五島市

    商品コード: 2011112000196

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月20日
    石川秀一さん 伝統のつばき油復活

    つばき油のろ過作業をチェックする石川秀一さん=8日、岩手県陸前高田市

    商品コード: 2012112000006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月20日
    つばき油「気仙椿油」 伝統のつばき油復活

    復活したつばき油「気仙椿油」

    商品コード: 2012112000009

  • 2015年08月01日
    生搾りつばき油

    生搾りした天然つばき油「恋するつばき」

    商品コード: 2015080100268

  • 2019年02月25日
    つばき油 「最高のつばき油作る」

    石川秀一さん、春枝さん夫妻が作ったつばき油

    商品コード: 2019022501301

  • 2019年02月25日
    工房を再建した石川夫妻 「最高のつばき油作る」

    岩手県陸前高田市で、つばき油の工房を再建した石川秀一さん(左)と春枝さん=11日

    商品コード: 2019022501303

  • 2019年02月25日
    つばき油と石川夫妻 「最高のつばき油作る」

    再建した工房で、つばき油に目をやる石川秀一さん(右)と春枝さん=11日、岩手県陸前高田市

    商品コード: 2019022501304

  • 2019年11月24日
    アブラツバキ増産で貧困脱却を後押し広西凌雲県

    24日、ツバキ油をポリタンクに注ぎ入れる凌雲県下甲鎮双達村の村民。中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市凌雲(りょううん)県はここ数年、「村集団+合作社(協同組合)+基地+農家」というモデルを採用し、収穫量の低いアブラツバキ畑を改造、増産に取り組んでいる。現在、同県のアブラツバキ栽培面積は27万ムー(約180平方キロ)余り、生産額は3億9千万元(1元=約16円)になっている。(凌雲=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701516

  • 2019年11月24日
    アブラツバキ増産で貧困脱却を後押し広西凌雲県

    24日、凌雲県下甲鎮双達村の村民が生産したツバキ油。中国広西チワン族自治区百色(ひゃくしょく)市凌雲(りょううん)県はここ数年、「村集団+合作社(協同組合)+基地+農家」というモデルを採用し、収穫量の低いアブラツバキ畑を改造、増産に取り組んでいる。現在、同県のアブラツバキ栽培面積は27万ムー(約180平方キロ)余り、生産額は3億9千万元(1元=約16円)になっている。(凌雲=新華社記者/張愛林)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701524

  • 2020年03月16日
    地球の割れ目、ゴジラも?

    島の名産であるつばき油を使って揚げる「椿フォンデュ」=東京都大島町

    商品コード: 2020031601506

  • 2020年08月25日
    EC導入で村の貧困扶助を後押し河南省光山県

    25日、東岳村のECモデルステーションで地元のツバキ油を観光客に紹介する従業員(右)。中国河南省信陽市光山県文殊郷の東岳村はここ数年、電子商取引(EC)と産業、サービスを組み合わせた発展方式を力強く進めている。農村ECを積極的に発展させ、ECの農村進出総合モデル業務やECによる貧困支援業務を実施。村ECサービスセンターを設立し、地鶏の卵やコメ、キウイフルーツなどの農業副産物の販売経路を開拓するなど農民の増収を後押ししている。(光山=新華社記者/郝源)=2020(令和2)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100548

  • 2021年01月28日
    (2)春節を前に伝統の「油茶」作り広西チワン族自治区

    25日、三江トン族自治県同楽ミャオ族郷高武村平文屯で、もち米の粉をこねて広げた後、細かく切る村民。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では、トン族の人々が春節(旧正月)を前に「油茶」用のあられ作りに追われている。油茶は、良質のもち米を石臼でひいてこねた後、細かく切ってツバキ油で揚げたあられを他の具材と共に器に入れ、茶葉やショウガなど薬味を炒めて煮出した湯を注いで食べる。トン族の人々にとっては日常的な食べ物で、来客をもてなす際にも出される。春節前にあられを作るのはトン族の人々の伝統的な風習となっている。(三江=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803243

  • 2021年01月28日
    (8)春節を前に伝統の「油茶」作り広西チワン族自治区

    25日、三江トン族自治県同楽ミャオ族郷高武村平文屯で、村民が作った出来たてのあられ。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では、トン族の人々が春節(旧正月)を前に「油茶」用のあられ作りに追われている。油茶は、良質のもち米を石臼でひいてこねた後、細かく切ってツバキ油で揚げたあられを他の具材と共に器に入れ、茶葉やショウガなど薬味を炒めて煮出した湯を注いで食べる。トン族の人々にとっては日常的な食べ物で、来客をもてなす際にも出される。春節前にあられを作るのはトン族の人々の伝統的な風習となっている。(三江=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803247

  • 2021年01月28日
    (1)春節を前に伝統の「油茶」作り広西チワン族自治区

    25日、三江トン族自治県同楽ミャオ族郷高武村平文屯で、もち米を石臼でひく地元の村民。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では、トン族の人々が春節(旧正月)を前に「油茶」用のあられ作りに追われている。油茶は、良質のもち米を石臼でひいてこねた後、細かく切ってツバキ油で揚げたあられを他の具材と共に器に入れ、茶葉やショウガなど薬味を炒めて煮出した湯を注いで食べる。トン族の人々にとっては日常的な食べ物で、来客をもてなす際にも出される。春節前にあられを作るのはトン族の人々の伝統的な風習となっている。(三江=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803248

  • 2021年01月28日
    (6)春節を前に伝統の「油茶」作り広西チワン族自治区

    25日、三江トン族自治県同楽ミャオ族郷高武村平文屯で、あられを揚げる村民。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では、トン族の人々が春節(旧正月)を前に「油茶」用のあられ作りに追われている。油茶は、良質のもち米を石臼でひいてこねた後、細かく切ってツバキ油で揚げたあられを他の具材と共に器に入れ、茶葉やショウガなど薬味を炒めて煮出した湯を注いで食べる。トン族の人々にとっては日常的な食べ物で、来客をもてなす際にも出される。春節前にあられを作るのはトン族の人々の伝統的な風習となっている。(三江=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803251

  • 2021年01月28日
    (7)春節を前に伝統の「油茶」作り広西チワン族自治区

    25日、三江トン族自治県同楽ミャオ族郷高武村平文屯で、出来たてのあられを油茶用の器に入れる村民。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では、トン族の人々が春節(旧正月)を前に「油茶」用のあられ作りに追われている。油茶は、良質のもち米を石臼でひいてこねた後、細かく切ってツバキ油で揚げたあられを他の具材と共に器に入れ、茶葉やショウガなど薬味を炒めて煮出した湯を注いで食べる。トン族の人々にとっては日常的な食べ物で、来客をもてなす際にも出される。春節前にあられを作るのはトン族の人々の伝統的な風習となっている。(三江=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803241

  • 2021年01月28日
    (3)春節を前に伝統の「油茶」作り広西チワン族自治区

    25日、三江トン族自治県同楽ミャオ族郷高武村平文屯で、白砂糖を鍋に入れて煮詰める村民。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では、トン族の人々が春節(旧正月)を前に「油茶」用のあられ作りに追われている。油茶は、良質のもち米を石臼でひいてこねた後、細かく切ってツバキ油で揚げたあられを他の具材と共に器に入れ、茶葉やショウガなど薬味を炒めて煮出した湯を注いで食べる。トン族の人々にとっては日常的な食べ物で、来客をもてなす際にも出される。春節前にあられを作るのはトン族の人々の伝統的な風習となっている。(三江=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803246

  • 2021年01月28日
    (4)春節を前に伝統の「油茶」作り広西チワン族自治区

    25日、三江トン族自治県同楽ミャオ族郷高武村平文屯で、石臼でひいたもち米の粉を器に移す村民。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では、トン族の人々が春節(旧正月)を前に「油茶」用のあられ作りに追われている。油茶は、良質のもち米を石臼でひいてこねた後、細かく切ってツバキ油で揚げたあられを他の具材と共に器に入れ、茶葉やショウガなど薬味を炒めて煮出した湯を注いで食べる。トン族の人々にとっては日常的な食べ物で、来客をもてなす際にも出される。春節前にあられを作るのはトン族の人々の伝統的な風習となっている。(三江=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012803250

  • 2021年01月28日
    (5)春節を前に伝統の「油茶」作り広西チワン族自治区

    25日、三江トン族自治県同楽ミャオ族郷高武村平文屯で、石臼でひいたもち米の粉をこす村民。中国広西チワン族自治区柳州市の三江トン族自治県では、トン族の人々が春節(旧正月)を前に「油茶」用のあられ作りに追われている。油茶は、良質のもち米を石臼でひいてこねた後、細かく切ってツバキ油で揚げたあられを他の具材と共に器に入れ、茶葉やショウガなど薬味を炒めて煮出した湯を注いで食べる。トン族の人々にとっては日常的な食べ物で、来客をもてなす際にも出される。春節前にあられを作るのはトン族の人々の伝統的な風習となっている。(三江=新華社配信/龔普康)= 配信日: 2021(令和3)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012804414

  • 1