KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 資料
  • 風景
  • 新疆ウイグル自治区
  • 発見
  • 黄河
  • エジプト
  • ルクソール
  • 位置

「とうやま」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
141
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
141
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    (とうやま・みつる) 頭山満

    国家主義運動家=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080202060

  • -
    (とうやま・みつる) 頭山満

    国家主義運動家=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080201950

  • 1907年12月31日
    明治40年 玄洋社の顔ぶれ

    玄洋社のそうそうたる顔ぶれ。(前列右から)末永純一郎、杉山茂丸、進藤喜平太、内田良五郎、頭山満、福本日南、月成功太郎。(後列右から)児玉音松、月成勲、的野半介、内田良平、大原義剛、古賀壮兵衛、武井忍助=1907(明治40年)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300525

  • 1925年07月01日
    大正末期 頭山満と内田良平

    写真に収まる頭山満(右)と内田良平(左)=1925(大正14)年7月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400163

  • 1929年01月19日
    日本電報通信社資料

    年寄「花籠」を襲名する三杉磯の断髪式。かつては大関の呼び声も高かったが、この春場所の番付では幕尻2枚目に落ち、初日を前に8日に力士廃業届を相撲協会に出した。左端、最後のはさみを入れるのは頭山満=1929年(昭和4年)1月19日、東京会館(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929011900001

  • 1929年05月19日
    日本電報通信社資料

    孫文の慰霊祭に参列することになった国家主義者の頭山満氏(左端)=1929(昭和4)年5月19日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929051900001

  • 1929年06月12日
    日本電報通信社資料

    孫文の慰霊祭参列を終え帰国した頭山満翁(中央)=1929(昭和4)年6月12日、東京駅(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929061200003

  • 1930年08月06日
    日本電報通信社資料

    名古屋第5旅団長に赴任する東久邇宮殿下(前列左から3人目)の送別会で記念写真に納まる(東久邇宮殿下の右へ)頭山満氏(1人おいて)徳富猪一郎(蘇峰)氏、牧野氏、光永星郎氏=1930(昭和5)年8月6日、東京・芝公園(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2012092400303

  • 1931年06月29日
    日本電報通信社資料

    国粋主義の新政党「大日本生産党」の結党式。内田良平氏を主唱者として、頭山満翁(手前から3人目の白ひげ、メガネ)を顧問とし発足した=1931(昭和6)年6月29日、大阪・中之島公会堂(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931062900003

  • 1932年01月13日
    日本電報通信社資料

    閑院宮殿下の参謀総長就任感謝の国民大会準備会。発起人頭山満翁(左端)、徳富蘇峰氏らが市政会館に集まり開かれた協議会。手前右から2人目は日本電報通信社の光永星郎社長=1932(昭和7)年1月13日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2014062000717

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1932年03月21日
    日本電報通信社資料

    文久2年1月に起きた坂下門事件(老中安藤信正暗殺未遂事件、坂下門外の変)の70周年にあたり、事件で死亡した勤王志士の慰霊祭が行われた。写真手前右から発起人の田中光顕伯、頭山満翁=1932(昭和7)年3月21日、東京・九段の靖国神社(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2009051100122

  • 1933年04月09日
    日本電報通信社資料

    明治神官に老「つつじ」の大木献納式は、午前10時30分宝物殿の側に於て挙行された。右から参列の栗原代議士、安達総裁夫人、頭山満翁、有馬明治神宮宮司の諸氏=1933(昭和8)年4月9日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015111600161

  • 1934年06月20日

    別KA 3752 ◎頭山満・その他、とうやま・みつる、国家主義者、黒竜会会長、全、昭和9年6月20日、複写、和服、腰掛、ネガは内田良平と同写(向かって右)

    商品コード: 1934062000001

  • 1935年07月19日
    夢野久作の父 杉山茂丸

    小説家・夢野久作(昭和11年3月没)の父・杉山茂丸(左)と頭山満(右)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400239

  • 1935年12月31日
    俳優・遠山満と 頭山満

    俳優・遠山満。右は頭山満=昭和10年代、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300516

  • 1936年10月16日
    軍人会館に集う 頭山満ら

    軍人会館に集まった前列左から金子堅太郎、黒田長敬、頭山満、久世庸夫、後列左から武末祐三郎、宮川一貫氏ら=1936(昭和11)年10月16日、東京・九段下、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300491

  • 1940年06月12日
    頭山満と馬車に 中野正剛

    衆議院議員。馬車に乗る中野氏(前列左)と頭山満翁(同右)=1940(昭和15)年6月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400219

  • 1943年11月14日
    会談するボース氏 ボース氏が頭山満を訪問

    インドのチャンドラ・ボース氏(右)と会談する頭山満翁=1943(昭和18)年11月14日、東京都港区常磐松の頭山邸(キャビネ複写)

    商品コード: 2019032901123

  • 1944年10月05日
    刀を持つ 頭山満

    刀を持つ頭山満=撮影日不明、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300370

  • 1944年10月10日
    故頭山満翁の葬儀

    徳冨翁の弔辞=1944(昭和19)年10月10日、東京・芝増上寺(19年内地番号なし)

    商品コード: 2015010700203

  • 1945年12月31日
    頭山満の兄 筒井亀来

    頭山満の兄、筒井亀来=撮影日不明、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030400164

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1949年04月21日
    参院法務委証人喚問 昭電疑獄

    5月7日からの昭電疑獄公判を前に、参院法務委員会での証人喚問に臨む(右から)田中隆吉、頭山秀三、畔上てるえの各証人=1949(昭和24)年4月21日

    商品コード: 1949042150001

  • 1960年12月31日
    北九州市 高塔山公園

    若松市の高塔山公園=1963(昭和38)年(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2016121500477

  • 1963年10月02日
    北九州市 高塔山公園

    若松区の高塔山公園=1963(昭和38)年10月2日、北九州市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2016121500114

  • 1964年03月19日
    北九州市 高塔山公園

    高塔山公園=1964(昭和39)年3月19日、若松市(北九州)(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016112800262

  • 1980年02月20日
    映画「太陽の子」制作発表

    映画「太陽の子」制作発表、左から、原田晴美、河原崎長十郎、大空真弓、当山全拡、1980(昭和55)年2月20日撮影、撮影場所記載なし

    商品コード: 1980022000007

  • 1994年09月08日
    (とうやま・しげる) 藤山茂

    広島アジア大会代表・柔道選手(綜合警備保障)=1994(平成6)年6月15日撮影

    商品コード: 1998071300104

  • 1995年11月09日

    人物通信 31343 ◎当山秀人(當山秀人)(とうやま・ひでと)・プロゴルフ選手・半・正・撮(95.10.06)(カラーネガ)

    商品コード: 1998061800067

  • 1997年05月17日
    当山忠さん 従来の政治対立乗り越えて

    「沖縄も日本もともに自立しないと…」と語る当山忠さん(とうやま・ただし=広告制作業)

    商品コード: 1997051700035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年07月03日
    意見陳述する反戦地主 米軍の土地接収に怒り訴え

    沖縄県収用委員会の公開審理で、高齢で会場に来られないため、16ミリ映画を使って意見陳述する反戦地主の阿波根昌鴻さん=3日午後、沖縄県宜野湾市の宜野湾市民会館(あはごん・しょうこう、沖縄県の米軍用地強制使用問題で、県収用委員会(当山尚幸会長)の第五回公開審理が三日、五百人余りが参加して同県宜野湾市で開かれた)

    商品コード: 1997070300095

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年07月07日
    当山尚幸さん

    米軍用地強制使用を審理する沖縄県収用委員会の新会長、当山尚幸(とうやま・なおゆき)さん

    商品コード: 1997070700022

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1999年09月05日
    壊された「河童封じ地蔵」 葦平小説の石仏、壊される

    何者かに壊され、倒れて首が折れた「河童封じ地蔵」=5日午後、北九州市若松区の高塔山

    商品コード: 1999090500027

  • 1999年09月18日
    修復された地蔵 「河童封じ地蔵」を修復

    折られた首の修復を終え、再び魂を入れる開眼供養が営まれた北九州市若松区の「河童(かっぱ)封じ地蔵」=18日午後3時、北九州市若松区の高塔山山頂

    商品コード: 1999091800073

  • 2003年06月12日
    山村浩二監督 「頭山」が仏アニメ祭賞

    山村浩二監督

    商品コード: 2003061200202

  • 2004年08月23日
    授賞式の山村浩二監督 広島国際アニメ祭

    広島国際アニメーションフェスティバルでグランプリに輝いた「頭山」の山村浩二監督=23日午後、広島市中区

    商品コード: 2004082300269

  • 2007年12月13日
    番組制作した当山さんら 13年越しの「ありがとう」

    ラジオ番組を制作した関西学院大の当山実佳さん(右)と貴島耕平さん(左)=6日午後、兵庫県三田市の関西学院大

    商品コード: 2007121300005

  • 2008年05月22日
    頭山満らの書など並ぶ 玄洋社記念館閉館

    頭山満や中野正剛らの書や手紙などが並ぶ玄洋社記念館=2008(平成20)年5月22日午後、福岡市中央区、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016030300378

  • 2008年08月14日
    生還する浦添商・当山加ら 関東一―浦添商

    関東一―浦添商 7回表浦添商2死満塁、漢那の左前打で三走宮平(7)に続き二走当山加もガッツポーズで生還=甲子園

    商品コード: 2008081400064

  • 2008年08月15日
    頭から滑り込む当山加 浦添商―慶応

    浦添商―慶応 4回表浦添商1死一、三塁、当山加が遊撃ゴロで一塁に頭から滑り込み、併殺崩れで2点目を奪う。一塁手鈴木裕=甲子園

    商品コード: 2008081500311

  • 2011年01月23日
    ゴールする當山 全国都道府県対抗男子駅伝

    ゴールする沖縄県のアンカー・當山篤志=広島・平和記念公園

    商品コード: 2011012300101

  • 2011年06月23日
    当山富美さん 犠牲者に「どう償えば」

    米軍普天間飛行場(後方)に隣接する施設のフェンス前で、沖縄戦の体験を話す当山富美さん=20日、沖縄県宜野湾市

    商品コード: 2011062300016

  • 2012年04月17日
    会談する石井氏と町長 嘉手納統合に「断固反対」

    当山宏嘉手納町長(左端)と会談する、民主党の石井一参院予算委員長(左から2人目)ら=17日午前、沖縄県嘉手納町

    商品コード: 2012041700148

  • 2012年04月17日
    取材に応じる嘉手納町長 嘉手納統合に「断固反対」

    石井一氏との会談後、取材に応じる嘉手納町の当山宏町長=17日午前、沖縄県嘉手納町

    商品コード: 2012041700168

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月20日
    質問に答える沖縄市長ら 夜間外出禁止の恒久化を

    下地郵政民営化相との会談後、記者の質問に答える東門美津子沖縄市長(左)と当山宏嘉手納町長(中央)=20日午後、沖縄県沖縄市

    商品コード: 2012102000352

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月23日
    謝罪文を手渡す司令官 嘉手納周辺自治体にも陳謝

    海軍兵による集団強姦致傷事件で、謝罪文を当山宏嘉手納町長(右)に手渡す在日米海軍のダン・クロイド司令官=23日午後、沖縄県沖縄市役所

    商品コード: 2012102300513

  • 2013年01月18日
    声明を発表する当山町長ら 嘉手納へのオスプレイ反対

    米軍嘉手納基地へのCV22輸送機オスプレイ配備計画に反対する声明を発表する沖縄県嘉手納町の当山宏町長(中央)ら=18日午後、沖縄県沖縄市

    商品コード: 2013011800316

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年06月03日
    要請する当山町長ら F15事故の原因究明要請

    沖縄防衛局で、武田博史局長(左)に要請書を手渡す嘉手納町の当山宏町長=3日午前、沖縄県嘉手納町

    商品コード: 2013060300161

  • 2016年06月06日
    会見する当山委員長 候補者間の票取り違え

    沖縄県議選の開票トラブルについて、記者会見する県選挙管理委員会の当山尚幸委員長=6日未明、沖縄県庁

    商品コード: 2016060600232

  • 2016年07月13日
    伊波氏に当選証書/「沖縄の課題 取り組む」

    県選挙管理委員の当山尚幸委員長から当選証書を受け取る伊波洋一氏=2016(平成28)年7月13日午前、那覇市泉崎・県庁、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062106987

  • 2016年07月13日
    伊波洋一 当選証書

    県選挙管理委員の当山尚幸委員長から当選証書を受け取る=2016(平成28)年=7月13日午前11時、那覇市泉崎・県庁、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062106982

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年12月19日
    握手を交わすニコルソン氏 沖縄米軍トップ住民に謝罪

    オスプレイ不時着事故現場に近い集落の住民に謝罪し、当山真寿美・安部区長(左)と握手する在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官=19日午後、沖縄県名護市

    商品コード: 2016121900660

  • 2017年06月29日
    記者会見する翁長知事ら 米降下訓練で政府に抗議へ

    沖縄県庁で記者会見する翁長雄志知事。右は当山宏嘉手納町長=29日午後

    商品コード: 2017062900720

  • 2018年04月07日
    かりゆしグループの当山氏 オール沖縄「革新色強く」

    「オール沖縄会議」からの脱会を表明した、かりゆしグループの当山智士代表代理=3日、那覇市

    商品コード: 2018040700414

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:15.62
    2018年11月25日
    「新華社」過去に絶滅の野生のモウコノウマ、60頭まで増加甘粛省敦煌市

    中国甘粛省敦煌市の西湖国家級自然保護区では、区域内で野生復帰させたモウコノウマ(蒙古野馬)の数が最初の28頭から60頭まで増えたことが分かった。繁殖は順調に続いているようだ。モウコノウマは現在、地球上で現存する唯一の野生馬で、中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の北塔山(ほくとうざん)や甘粛省と内モンゴル自治区の境界にある馬鬃山(ばそうざん)の一帯が原産地とされている。野生種は1960年代に一度絶滅し、1980年代末以降に欧州から里帰りした馬を新疆ウイグル自治区や甘粛省で繁殖させ、再度の野生化を試みている。甘粛省の蘭州から敦煌へ通じる河西回廊(かせいかいろう)の最西端に位置する敦煌西湖自然保護区は、乾燥・砂漠地帯にある典型的な内陸湿地で、砂漠生態系と野生動植物の保護区とされている。保護区内には16万ヘクタールにわたる天然の植生があり、モウコノウマの生息に適している。河西回廊はまた、新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地と並ぶモウコノウマの中国での主な生息地とされ、甘粛省絶滅危惧動物保護研究センターや甘粛省安西極度乾燥荒漠国家級自然保護区、甘粛省敦煌西湖国家級自然保護区でその姿を見ることができる。(記者/多蕾、李笑)<映像内容>過去に絶滅の野生のモウコノウマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616050

  • 01:27.91
    2019年01月01日
    「新華社」黄河を横断、寒中水泳で新年を祝う甘粛省蘭州

    「蘭州市第30回元旦黄河寒中水泳大会」が1日午後、中国甘粛省蘭州市を流れる黄河で開催された。300人余りの寒中水泳愛好者が参加した。同大会は蘭州市体育局と体育総会の主催で、黄河下りと黄河横断の2つの種目で行われた。黄河下りは中山橋西側150メートルの地点から入水し、西から東へ中山橋を通り白塔山埠頭に到着する400メートルのコース。一方、黄河横断は中山橋西側近くの近水広場からスタートし、南から北へ中山橋を通り白塔山埠頭に至る500メートルのコース。元日の黄河横断は、蘭州の新年を迎える伝統行事。蘭州市民の寒中水泳大会は30年の歴史を持ち、今では蘭州の市民フィットネスを代表するイベントになっている。(記者/王朋)<映像内容>「蘭州市第30回元旦黄河寒中水泳大会」の様子、撮影日:2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020825158

  • 2019年01月29日
    赤いちょうちんで春節を迎える

    1月29日、陝西省延安市宝塔山の麓に飾られた赤いちょうちん。春節(旧正月)を目前に、中国各地でちょうちんが飾られ、新年を迎えるおめでたい雰囲気が広がった。(延安=新華社配信/王福建)=2019(平成31)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412511

  • 01:10.04
    2019年12月12日
    「新華社」湖北省武当山で消防技能競技大会道士代表隊が優勝

    中国湖北省十堰市の武当山で12日、消防救助技能を競うイベントが開催され、4種目で熱戦が繰り広げられた。団体優勝を果たしたのは、武当山紫霄宮隊(道士代表隊)。武当山には古建築が多く、消防技能は各道観(道教の寺院)の道士たちにとって必修の技能となっている。(記者/李偉)<映像内容>消防技能競技大会の様子、撮影日:2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122001023

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月05日
    佐藤善文さん 津波に備え「佐藤山」整備

    外国語に翻訳された絵本「おさとうやま」を手にする佐藤善文さん=2月、宮城県東松島市

    商品コード: 2020030504879

  • 2020年03月19日
    シルクロードの「要衝」都市蘭州を空から楽しもう

    19日、蘭州市城関区の白塔山公園。(小型無人機から)中国の西北部、甘粛省の中部に位置する蘭州市は、中国で唯一黄河が東西を貫いて流れる省都にあたる。また、奥深い文明を擁する古代シルクロードの「要衝」都市で、中国文化の重要な発祥地の一つであり、黄河文明やシルクロード文明、中原(黄河中下流域の平原をさす)および西域文明の重要な文化・文明が交差する地点でもある。シルクロードの形成に伴い、前漢時代から多くの民族が融合・交流し、互いの文化を取り入れたことで、多様かつ独特な地域文化が徐々に形成されていった。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032425753

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、初夏を迎えた皋蘭山頂。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104618

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、蘭州市城関区の蘭州黄河鉄橋(中山橋)。中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104639

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、初夏を迎えた蘭州市城関区の白塔山公園。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104678

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、初夏を迎えた皋蘭山頂。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104684

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、蘭州市城関区から見た皋蘭山頂と市街地。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104700

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、初夏を迎えた黄河の蘭州区間沿岸。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104637

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、初夏を迎えた蘭州市城関区の白塔山公園とその周辺。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104683

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、初夏を迎えた蘭州市城関区の白塔山公園。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104655

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、初夏を迎えた皋蘭山頂。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104695

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、初夏を迎えた蘭州市城関区の蘭州黄河鉄橋(中山橋)と周辺の景色。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104748

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、白塔山の麓にある金城関文化博覧園。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104827

  • 2020年05月18日
    初夏を迎えた甘粛省蘭州市

    18日、皋蘭山麓にある五泉山公園。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の市街地は初夏を迎え、黄河沿岸だけでなく、南北にそびえる皋蘭(こうらん)山と白塔山にも緑が生い茂っている。地域生態環境の「緑の障壁」を効果的に構築するため、同市は2013年以降、人工造林事業と自然林への立ち入り禁止を進め、累計60万ムー(約4万ヘクタール)以上の造林を完了した。地域の森林総面積、森林率、森林蓄積はいずれも増え続け、水源の涵養、一部の気候調節、黄河の土砂量の減少に重要な役割を果たしている。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104667

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、完成した酸梅湯を容器に移す胡亜蓮さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702407

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、通行人に酸梅湯を配るため前童鎮の古街道に向かう童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702451

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、童松達さん(右)が火を起こす様子をそばで見つめるひ孫の周予童(しゅう・よどう)さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702397

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、前童鎮の古街道で通行人に酸梅湯を配る童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702399

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、当日分の酸梅湯を配り終え、オート三輪で帰宅の途につく童松達さん一家。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702408

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、自宅でくつろぐ童松達さん夫妻。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702457

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、酸梅湯を作るため火を起こす童松達さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702405

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、通行人に酸梅湯を渡す童松達さんのひ孫、周予童(しゅう・よどう)さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702449

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、酸梅湯配りが一段落し、一息つく童松達さん(右)とひ孫の周予童(しゅう・よどう)さん(中央)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702471

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、酸梅湯を作るため火を起こす童松達さん(左)と湯を沸かす胡亜蓮さん。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702404

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、前童鎮にある石臼。「咸豊七年七月」と刻まれており、史料によると童松達さんの先祖がお茶を煮出すのに用いたという。中にはお茶を煮出すかまどが入っている。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702412

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、通行人に配る酸梅湯を入れた容器を荷台付き三輪車に乗せる胡亜蓮さん(右)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702414

  • 2020年07月17日
    通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    17日、近隣の住人に酸梅湯を配る童松達さん(右)。中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(寧波=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072702411

  • 01:14.68
    2020年08月11日
    「新華社」通行人に無料でお茶、代々続けて10代目浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県前童鎮に住む童松達(どう・しょうたつ)さん(84)は、先祖代々続く無料の「茶攤」(ティースタンド)を守り続けて60年経つ。家の中では童さんが火を起こし、長男の妻の胡亜蓮(こ・あれん)さんが湯を沸かし、孫娘の童暁娜(どう・ぎょうだ)さんが酸梅湯(さんめいたん)と呼ばれる梅を使った伝統的な飲み物を作る。童家の人々は自宅から近い古い街道で、自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供している。古くから商人の往来が盛んな同鎮で、童家の人々は進んで慈善を施し通行人に無料でお茶を提供してきた。そのため地元の村人からは「焼茶世家(代々お茶を煮出してきた家)」と呼ばれている。童家の家系を記した「塔山童氏族譜」には、清代の祖先、童維泰(どう・いたい、1771~1845)が同地でお茶を出して4世代目だと書かれている。童さんの世代は、心温まる慈善行為を受け継ぐ10代目に当たるという。(記者/鄭夢雨、顧小立)<映像内容>自家製の酸梅湯を通行人に無料で提供する「茶攤」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205284

  • 00:48.05
    2020年09月13日
    「新華社」武当山玉虚宮でライトアップショー開催湖北省

    中国道教の名山、湖北省十堰市に位置する武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題したライトアップショーが開幕した。1600個余りのさまざまなライトの光が音楽に合わせて動いたり、点滅したりして最先端技術と重厚な建築物の融合を表現し、観客の目を楽しませている。ショーは来年1月10日まで行われる予定。(記者/李偉)<映像内容>武当山玉虚宮のライトアップショー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400278

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801807

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801737

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮でライトアップショーを鑑賞する観光客。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801752

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801762

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801813

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801673

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801750

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801804

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801806

  • 2020年09月14日
    武当山玉虚宮でライトアップショー「玄岳之光」開催湖北省

    14日夜、武当山の玉虚宮で開催されたライトアップショー。中国湖北省十堰市に位置する道教の名山、武当山の玉虚宮でこのほど、「玄岳之光」と題した大型ライトアップショーが開幕した。歴史的建築物を現代の音響光学技術が彩り、夜の闇の中に浮かび上がらせている。玉虚宮は武当山建築群の中で最も大きな宮殿の一つで、明の永楽年間に創建された。(十堰=新華社記者/杜華挙)=2020(令和2)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801808

  • 2020年11月10日
    當山さんと玉木さん 消えない恐怖、晩年に発症

    當山冨士子さん(左)に沖縄戦の体験を語る玉木利枝子さん=那覇市

    商品コード: 2020111005903

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.80
    2020年12月30日
    「新華社」武当山で明代大改修の背景示す新たな石刻見つかる湖北省

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山で20日、自然景観調査隊が、明代に行われた道教寺院群の大規模修復の背景を示す新たな摩崖(まがい)石刻を発見した。同山は道教の聖地と知られ、世界遺産にも登録されている。調査隊は、五竜宮の周辺で「三十六岩」と呼ばれる奇岩を捜索していた際、山奥にある採石場跡で偶然、摩崖石刻を見つけた。岩には「武昌左」「武」「山」の文字が刻まれており、明の朝廷が地域の兵士や民間人を集めて武当山の大規模修復を実施したとする古い地理誌の記載、中でも明代軍事制度の根幹をなす「衛所」の軍隊が「皇室工兵部隊」として派遣されていたことを裏付ける証拠となった。採石場跡は五竜宮周辺の岩の上にある。これまでに確認された面積は約千平方メートルで、採石の跡がはっきりと残っている。「武昌左」の3文字は、いずれもこぶし大の大きさで、湖北省文物考古研究所武当山考古研究センターの康予虎(こう・よこ)考古隊隊長は、状況から見て文字を刻んだのは当時の採石職人だろうとの見方を示す。文献には、明の永楽帝が武当山の大改修を行った際、兵士や民間人を30万人集めたとの記載があることから、「武昌左」は当時の衛所の一つ「武昌左衛」を指すと考えられる。同調査隊は2017年11月にも、「武当山七星樹」の向かい側の密林にある採石場跡の巨岩の上で、「永楽十年軍夫二十七万」「武昌右」「武昌前」「常」「岳」など、修復工事に兵士が参加したことを示す文字を見つけている。(記者/李偉) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123106965

  • 2021年02月08日
    蘭州市の白塔山を訪ねて

    白塔山にある法雨寺の大雄宝殿。(2月8日撮影)中国甘粛省蘭州市の黄河北岸に位置する標高1700メートル余りの白塔山は、元代に創建された白塔があることで知られる。白塔は白い外壁を持つ八角形の7層塔で、高さは約17メートル。明代の景泰年間(1450~57年)に再建され、現在に至る。山麓に架かる蘭州黄河鉄橋(中山橋)は、黄河で最初に設置された道路橋であることから「天下黄河第一橋」と称される。1909年に竣工し、現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。白塔山と蘭州黄河鉄橋はいずれも、蘭州市を代表するシンボルとなっている。(蘭州=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041212064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    (22)「2020年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表

    上空から見た熱水墓群2018血渭1号墓の全景。(資料写真)中国北京市の中国歴史研究院で26日、中国社会科学院考古学フォーラムが開かれ、同院考古研究所が「2020年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件と海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、浙江省余姚市の井頭山新石器時代遺跡、河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹新石器時代遺跡、湖北省武漢市の郭元咀商周遺跡、寧夏回族自治区固原市彭陽県の姚河塬西周遺跡、新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州ロプノール(尉犁)県の克亜克庫都克唐代烽燧(ほうすい)遺跡、青海省海西モンゴル族チベット族自治州都蘭(とらん)県の熱水墓群2018血渭(けつい)1号墓。海外からは、中国考古学の「海外進出」における成果の一つ、エジプト・ルクソールのカルナック神殿北側にあるモンチュ神殿遺跡が、入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032912681

  • 1
  • 2