KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 記者
  • 令和
  • ムー
  • 特色
  • ヘクター
  • 農家
  • 湘潭県
  • 平成
  • 村民
  • 発展

「はすの実」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
98
( 1 98 件を表示)
  • 1
98
( 1 98 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  芽が出た千数百年前のハスの実
    1951年05月09日
    芽が出た千数百年前のハスの実

    発芽2日と十数時間後のはすの実=1951(昭和26)年5月9日(26年内地1373)

    商品コード: 2013080700071

  •  2000年前の生命、花開く
    1952年07月18日
    2000年前の生命、花開く

    2千年前のはす、千葉県検見川の弥生時代の遺跡から発見されたはすの実が7月18日、薄紅色のつぼみを開いた。「はす博士」大賀一郎・東大教授(写真)は「はすの実の寿命は2000年以上との予言が実証された」とうれしそう=1952(昭和27)年7月18日、千葉県千葉市

    商品コード: 2002112900066

  •  二千年ハスの植え付け
    1956年04月17日
    二千年ハスの植え付け

    岡山市の夏の風物詩・後楽園の観蓮節が始まったのは1956年の夏。きっかけは、ハスの権威で岡山市出身の故大賀一郎博士が2000年前のハスの実から育てた7本のハスが、後楽園の花葉池に植えられたのが、始まり。当日は大賀博士(帽子の人)の指導の下に池田厚子さん(博士の手前)が手渡されて、池に移植された。この年の7月24日に桃色の一輪が咲き、2000年の眠りから目覚めた。=1956(昭和31)年4月17日、後楽園=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818109

  •  昆虫
    2003年07月22日
    昆虫

    キーワード:1匹、ツユムシ、ハスの実、屋外、昆虫、植物、生き物、日本、無人、ハス、テーマメイン写真=2003(平成15)年7月22日、埼玉県越谷市、クレジット:Hiromi Suzuki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060205004

  •  昆虫
    2004年07月11日
    昆虫

    キーワード:1匹、カマキリ、ハスの実、屋外、昆虫、植物、生き物、日本、無人、ハス、テーマメイン写真=2004(平成16)年7月11日、埼玉県さいたま市、クレジット:Hiromi Suzuki/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060205482

  •  ハスの実にとまったトンボ
    2010年06月30日
    ハスの実にとまったトンボ

    キーワード:1匹、トンボ、屋外、昆虫、実、初夏、生き物、動物、日本、無人、ハス、動植物メイン写真=2010(平成22)年6月30日、愛媛県松山市、クレジット:Shinobu Soga/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030806520

  •  ハスの実にとまった赤トンボ
    2010年07月01日
    ハスの実にとまった赤トンボ

    キーワード:1匹、アカトンボ、トンボ、屋外、昆虫、実、生き物、動物、日本、無人、ハス、動植物メイン写真=2010(平成22)年7月1日、愛媛県松山市、クレジット:Shinobu Soga/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030806388

  •  ハスの実にとまった赤トンボ
    2010年07月01日
    ハスの実にとまった赤トンボ

    キーワード:1匹、アカトンボ、トンボ、屋外、昆虫、実、生き物、動物、日本、無人、ハス、動植物メイン写真=2010(平成22)年7月1日、愛媛県松山市、クレジット:Shinobu Soga/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030806413

  •  ハスの実
    2010年07月09日
    ハスの実

    キーワード:屋外、夏、実、潤い、植物、水滴、日本、無人、ハス、動植物メイン写真=2010(平成22)年7月9日、愛媛県松山市、クレジット:Shinobu Soga/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030806385

  • 古代遺跡の実から発芽 2千年前のハス開花
    2012年07月12日
    古代遺跡の実から発芽 2千年前のハス開花

    1952(昭和27)年7月18日、千葉市検見川の古代遺跡から見つかった2千年前のハスの実が発芽し花を咲かせた。発掘に関わった“ハス博士”大賀一郎氏を米ライフ誌が「世界最古の花・生命の復活」として掲載、「大賀ハス」と名付けられた。千葉市の花に制定、株分けされ各地で薄紅色の花を咲かせている。

    商品コード: 2012071200259

  • 古代遺跡の実から発芽 2千年前のハス開花
    2015年07月09日
    古代遺跡の実から発芽 2千年前のハス開花

    1952(昭和27)年7月18日、千葉市検見川の古代遺跡から見つかった2千年前のハスの実が発芽し花を咲かせた。発掘に関わった「ハス博士」大賀一郎氏を米ライフ誌が「世界最古の花・生命の復活」として掲載、「大賀ハス」と名付けた。千葉市の花に制定され、株分けされて各地で薄紅色の花を咲かせている。

    商品コード: 2015070900339

  •  ハスのアップ
    2015年08月09日
    ハスのアップ

    キーワード:アップ、ハスの実、屋外、夏、花、花びら、実、植物、素材、日本、無人、ハス、9日、イメージ、動植物メイン写真=2015(平成27)年8月9日、新潟県長岡市、クレジット:imageeye/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051304865

  •  ハスのアップ
    2015年08月09日
    ハスのアップ

    キーワード:アップ、ハスの実、屋外、夏、花、花びら、実、植物、素材、日本、無人、ハス、9日、イメージ、動植物メイン写真=2015(平成27)年8月9日、新潟県長岡市、クレジット:imageeye/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051304796

  •  枯れたハスの実とトンボ
    2015年08月09日
    枯れたハスの実とトンボ

    キーワード:1匹、カゲロウ、トンボ、のどかな、ハスの実、しなびる、萎れる、屋外、夏、果実、枯れる、昆虫、水生植物、生き物、日本、無人、蓮池、花托、花床、動植物メイン写真=2015(平成27)年8月9日、愛媛県松山市、クレジット:Shinobu Soga/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082901060

  •  ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県
    2018年07月08日
    ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県

    8日、福建省三明市建寧県の均口鎮修竹村に広がるハスの花畑で、ヨガを披露する愛好家たち。(小型無人機から)第3回中国建蓮(建寧のハスの実)文化観光カーニバルならびにヨガ世界大会が同日、中国福建省三明市の建寧県で開かれ、千人余りのヨガ愛好家が一面に広がるハスの花畑でヨガを披露した。ここ数年、山地に位置する同県では特色ある農業を活かし、「ナシ畑」や「ハス畑」を利用して特色ある観光農業を発展させることで、農産物の付加価値を高め、農民による一層の増収を支援している。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200387

  •  ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県
    2018年07月08日
    ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県

    8日、福建省三明市建寧県の均口鎮修竹村に広がるハスの花畑で、ヨガを披露する愛好家たち。(小型無人機から)第3回中国建蓮(建寧のハスの実)文化観光カーニバルならびにヨガ世界大会が同日、中国福建省三明市の建寧県で開かれ、千人余りのヨガ愛好家が一面に広がるハスの花畑でヨガを披露した。ここ数年、山地に位置する同県では特色ある農業を活かし、「ナシ畑」や「ハス畑」を利用して特色ある観光農業を発展させることで、農産物の付加価値を高め、農民による一層の増収を支援している。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200415

  •  ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県
    2018年07月08日
    ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県

    8日、福建省三明市建寧県の均口鎮修竹村に広がるハスの花畑で、ヨガを披露する女性。第3回中国建蓮(建寧のハスの実)文化観光カーニバルならびにヨガ世界大会が同日、中国福建省三明市の建寧県で開かれ、千人余りのヨガ愛好家が一面に広がるハスの花畑でヨガを披露した。ここ数年、山地に位置する同県では特色ある農業を活かし、「ナシ畑」や「ハス畑」を利用して特色ある観光農業を発展させることで、農産物の付加価値を高め、農民による一層の増収を支援している。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200405

  •  ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県
    2018年07月08日
    ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県

    8日、福建省三明市建寧県の均口鎮修竹村に広がるハスの花畑で、ヨガを披露する女性たち。第3回中国建蓮(建寧のハスの実)文化観光カーニバルならびにヨガ世界大会が同日、中国福建省三明市の建寧県で開かれ、千人余りのヨガ愛好家が一面に広がるハスの花畑でヨガを披露した。ここ数年、山地に位置する同県では特色ある農業を活かし、「ナシ畑」や「ハス畑」を利用して特色ある観光農業を発展させることで、農産物の付加価値を高め、農民による一層の増収を支援している。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200425

  •  ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県
    2018年07月08日
    ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県

    8日、福建省三明市建寧県の均口鎮修竹村に広がるハスの花畑で、ヨガを披露する愛好家たち。(小型無人機から)第3回中国建蓮(建寧のハスの実)文化観光カーニバルならびにヨガ世界大会が同日、中国福建省三明市の建寧県で開かれ、千人余りのヨガ愛好家が一面に広がるハスの花畑でヨガを披露した。ここ数年、山地に位置する同県では特色ある農業を活かし、「ナシ畑」や「ハス畑」を利用して特色ある観光農業を発展させることで、農産物の付加価値を高め、農民による一層の増収を支援している。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200388

  •  ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県
    2018年07月08日
    ハスの花畑でヨガショー披露福建省建寧県

    8日、福建省三明市建寧県の均口鎮修竹村に広がるハスの花畑で、ヨガを披露する愛好家たち。(小型無人機から)第3回中国建蓮(建寧のハスの実)文化観光カーニバルならびにヨガ世界大会が同日、中国福建省三明市の建寧県で開かれ、千人余りのヨガ愛好家が一面に広がるハスの花畑でヨガを披露した。ここ数年、山地に位置する同県では特色ある農業を活かし、「ナシ畑」や「ハス畑」を利用して特色ある観光農業を発展させることで、農産物の付加価値を高め、農民による一層の増収を支援している。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200401

  •  「白蓮の郷」が観光業発展に注力江西省広昌県
    2018年07月15日
    「白蓮の郷」が観光業発展に注力江西省広昌県

    7月15日、江西省広昌県の驛前蓮花古鎮(古い建物が並ぶ集落)で、地元の人々が手作業でハスの実を取り出す様子を撮影する観光客。夏の盛りを迎え、「白蓮の郷」として知られる中国江西省広昌県ではこのところ、11万ムー(約7333へクタール)にわたってハスの花が咲き競い、観光客が多く訪れている。近年、広昌県は良好な生態環境を強みとして、観光インフラを整備し、ハス観光を主体とする複数のツアーを打ち出している。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071800238

  •  雅趣に富むハス池
    2018年08月11日
    雅趣に富むハス池

    11日、江蘇省淮安市鉢池山公園の愛蓮島で、ハスの実に止まるトンボ。立秋(8月7日)が過ぎ、中国江蘇省淮安市鉢池山公園のハス池では、ハスの葉の色が次第に深くなり、黄色に色づき、秋の味わいを見せるようになっている。(淮安=新華社配信/賀敬華)=2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400347

  •  「新華社」腊八粥を食べて新年を迎える江蘇省南京市
    01:28.27
    2019年01月13日
    「新華社」腊八粥を食べて新年を迎える江蘇省南京市

    臘八節(ろうはちせつ、旧暦12月8日)に当たる13日、中国江蘇省南京市内の数カ所で粥(かゆ)が市民に無料で振る舞われ、伝統的な祝日のムードを盛り上げた。毎年、旧暦12月8日が近づくと、南京市の毘盧(びる)寺の職員は臘八粥の準備を始める。この粥はもち米や小豆、ナツメ、栗、落花生、ギンナン、ハスの実、ユリネなど十数種類の食材を煮て作られるため、厨房には出来たての温かい粥の甘い香りが立ち込めている。この日の早朝、まだ暗いうちから、各地から訪れた市民や観光客が毘盧寺に集まり、臘八粥が配られるのを待った。並んだ人々の中には多くの高齢者や子どもの姿も見られた。粥の入った碗を手にした人々は、この粥が新年の訪れをお祝いすると口々に語った。(記者/林凱)<映像内容>中国江蘇省南京市で臘八粥の無料配布に集まる人たちの様子、撮影日:2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717855

  •  臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市
    2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、臘八粥を食べ中国の風習を体験する日本人観光客。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624145

  •  臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市
    2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、春聯と「福」の字を書き観光客や市民に贈る上海の青年書道家、顧斌(こ・ひん)氏。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624150

  •  臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市
    2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、書道家からもらった「福」の字を両手に持って見せる子ども。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624156

  •  臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市
    2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、臘八粥を食べ中国の風習を体験する3人の日本人観光客。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624163

  •  臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市
    2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」で臘八粥を配るスタッフ。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギlンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624162

  •  臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市
    2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、春聯と「福」の字を書き観光客や市民に贈る上海の青年書道家、顧斌(こ・ひん)氏。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624161

  •  臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市
    2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」が作ったさまざまな食材と漢方薬を煮込んだ臘八粥。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624102

  •  臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市
    2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」で観光客や市民に臘八粥を振る舞うスタッフ。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624159

  •  建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省
    2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901406

  •  建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省
    2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901404

  •  建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省
    2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901420

  •  建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省
    2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901422

  •  建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省
    2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901427

  •  建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省
    2019年07月06日
    建寧県のハス畑で千人集う祭典福建省

    6日、福建省建寧県均口鎮修竹村のハス畑で「通心白蓮」を作る人々。(小型無人機から)中国福建省三明市建寧県均口鎮修竹村の千ムー(約66・7ヘクタール)に及ぶハス畑で6日、第4回中国建蓮文化観光祭りが幕を開け、農家と観光客計約千人がハスの実の外皮と胚芽を除き乾燥させる「通心白蓮」作りに取り組んだ。ハスの実生産は同県の基幹産業で、農民に増収をもたらす主要産業でもある。同県産のハスの実は「建蓮」と呼ばれ、福建省の特色ある輸出農産物として、日本やシンガポールなどに輸出されている。(建寧=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901440

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、朝日に照らされた双泉村のハスの花。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601829

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、収穫したハスの花を仕入れセンターに運ぶ双泉村の村民。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601833

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、収穫したハスの花を抱え、村の仕入れセンターへ向かう双泉村の村民。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601835

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、双泉村のハス仕入れセンターでハスの花を出荷用に整える村民。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601845

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、ハス池でハスの花を収穫する双泉村の村民。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601767

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、ハス池でハスの花を収穫する双泉村の村民。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601816

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、双泉村のハス仕入れセンターでハスの花を束ねる村民。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601832

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、ハス池でハスの花を収穫する双泉村の村民。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601859

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、双泉村で収穫されたハスの花。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601840

  •  ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村
    2019年07月25日
    ハス栽培で増収日本へ輸出も浙江省双泉村

    25日、ハスの花の収穫に向かう双泉村の村民。中国浙江省建徳市大慈岩鎮の双泉村は「ハスの村」として広く知られる。栽培面積は400ムー(約27ヘクタール)余りに達し、ハスの実や蓮根粉(れんこんパウダー)、ハス茶を中心としたハス産業を形成している。2003年から「ハス経済」発展を進める同村では、毎年日本に輸出される3~5万本のハスの花が、農家1世帯あたり5千元(1元=約16円)の増収をもたらしている。(建徳=新華社記者/翁忻暘)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072601793

  •  ハス栽培名人の花畑河北省
    2020年07月19日
    ハス栽培名人の花畑河北省

    19日、ハスの実を収穫する陸寧さん。中国河北省河間市興村鎮陸家村に住むハスの専業農家、陸寧(りく・ねい)さん(41)は、ハス栽培の名人として地元でよく知られている。幼い頃からハスの花が好きだった陸さんは、30歳の時に実家の4ムー(約0・3ヘクタール)の土地を使って事業を開始。試行錯誤の末に10種以上の新品種を作り出した。現在では30ムーを超える栽培地に100以上のハス池があり、年間10万株を作付けしている。陸さんが育てたハスの鉢植えは全国各地で販売されている。(河間=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072703377

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.26
    2020年09月28日
    「新華社」洪水後に豊作迎えたハスの実江西省都昌県

    中国江西省九江市都昌(としょう)県徐埠鎮象山村にあるハスの実産業基地ではここ数日、農家の人たちがハスの花托の摘み取り作業に追われている。同村で栽培されるハスの実の年間生産量は2万5千キロ余りに上り、ハスが見頃の時期になると、毎年多くの観光客が観賞に訪れる。現在、村全体のハスの実の年間生産額は20万元(1元=約15円)余りに達する。都昌県徐埠鎮は今年、当地で最も深刻な洪水被害を受けた郷鎮の一つで、被災人口は3183人、農作物の被災面積は2万4300ムー(1620ヘクタール)に上った。しかし、同鎮の約1千ムー(約66・7ヘクタール)のハス田では、農家の人たちが収穫期を迎え、純収益が230万元以上に達しており、貧困者に増収をもたらしている。(記者/彭菁)<映像内容>ハスの花托の摘み取り作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092901268

  •  「新華社」始まりは「けがの功名」?広東風月餅誕生秘話
    01:08.92
    2020年10月02日
    「新華社」始まりは「けがの功名」?広東風月餅誕生秘話

    中国広東省の飲食文化を代表する食べ物の一つ広東風月餅は、餡の違いによって大きく純白蓮蓉餡(ハスの実白餡)と雑餡(各種素材がミックスされた餡)の2種類に分けられる。純白蓮蓉餡は広州市の老舗レストラン「蓮香楼」が発祥で、その製造技法は同省の省級無形文化遺産リストに登録されている。清末から中華民国初期の頃、蓮香楼の点心師、陳維青(ちん・いせい)さんがハスの実のシロップを作っていた時、うっかり煮汁がなくなるまで煮込んでしまった。当時の飲食業界では原材料を無駄にしないことが非常に重んじられていたため、陳さんは煮詰まったハスの実をつぶして餡にし月餅を作ってみてはどうかと考えた。結果的に、この月餅は大好評を博すことになる。広東風月餅の特徴はシロップを混ぜて作った皮にあり、シロップの良し悪しが月餅の食感と売れ行きを左右する。広州市蓮香楼の責任者で40年余り月餅を作り続けてきた潘偉志(はん・いし)さんは、いい月餅を作るには、職人の技術に対する尊敬の念と客への責任感が重要だと語っている。(記者/鄧瑞璇)<映像内容>広東風月餅の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100701209

  •  (1)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市
    2021年04月04日
    (1)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市

    1日、上海企業が生産する輸出向け青団。中国上海税関の統計によると、このところ地元伝統の軽食が輸出を伸ばしている。創業140年以上の老舗「沈大成」が、抹茶ミルク餡や小豆餡の青団(チントワン、草団子)660キロをカナダに輸出した他、別の老舗企業、上海南区老大房食品もオーストラリアに青団など特色のある食品を前年同期比5倍増の2万4千ドル(1ドル=約111円)以上輸出している。青団は中国江南地方の伝統的な軽食で、通常はヨモギをすりつぶした汁をもち米粉に混ぜるため、見た目は鮮やかな緑色をし、小豆や蓮蓉(れんよう、ハスの実ペースト)などの餡を包んで作る。甘く爽やかな味わいともちもちした食感が特徴で、一般に清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)の墓参りの供え物にする他、春を感じさせる軽食として親しまれている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040405609

  •  (2)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市
    2021年04月04日
    (2)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市

    1日、上海企業が生産する輸出向け青団。中国上海税関の統計によると、このところ地元伝統の軽食が輸出を伸ばしている。創業140年以上の老舗「沈大成」が、抹茶ミルク餡や小豆餡の青団(チントワン、草団子)660キロをカナダに輸出した他、別の老舗企業、上海南区老大房食品もオーストラリアに青団など特色のある食品を前年同期比5倍増の2万4千ドル(1ドル=約111円)以上輸出している。青団は中国江南地方の伝統的な軽食で、通常はヨモギをすりつぶした汁をもち米粉に混ぜるため、見た目は鮮やかな緑色をし、小豆や蓮蓉(れんよう、ハスの実ペースト)などの餡を包んで作る。甘く爽やかな味わいともちもちした食感が特徴で、一般に清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)の墓参りの供え物にする他、春を感じさせる軽食として親しまれている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040405611

  •  (3)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市
    2021年04月04日
    (3)清明節シーズンの伝統菓子「青団」の輸出が増加上海市

    1日、上海企業が生産する輸出向け青団。中国上海税関の統計によると、このところ地元伝統の軽食が輸出を伸ばしている。創業140年以上の老舗「沈大成」が、抹茶ミルク餡や小豆餡の青団(チントワン、草団子)660キロをカナダに輸出した他、別の老舗企業、上海南区老大房食品もオーストラリアに青団など特色のある食品を前年同期比5倍増の2万4千ドル(1ドル=約111円)以上輸出している。青団は中国江南地方の伝統的な軽食で、通常はヨモギをすりつぶした汁をもち米粉に混ぜるため、見た目は鮮やかな緑色をし、小豆や蓮蓉(れんよう、ハスの実ペースト)などの餡を包んで作る。甘く爽やかな味わいともちもちした食感が特徴で、一般に清明節(二十四節気の一つで今年は4月4日)の墓参りの供え物にする他、春を感じさせる軽食として親しまれている。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040405610

  •  (5)夏本番、ハスの花托の収穫に追われる農家湖南省湘潭市
    2021年07月13日
    (5)夏本番、ハスの花托の収穫に追われる農家湖南省湘潭市

    11日、湘潭市雨湖区姜畬鎮聯映村のハス池で、ハスの花托を収穫する農家の人。真夏を迎えた中国湖南省湘潭市雨湖(うこ)区姜畬鎮の聯映村にあるハス池では、ハスの花托(かたく)が成熟し、地元農家の人たちが摘み取り作業に追われている。同村はここ数年、「ハスの実経済」の発展を推進。農村振興を後押しする特色ある産業で豊かさへの道を切り開き、村民の増収を促している。(湘潭=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071308734

  •  (4)夏本番、ハスの花托の収穫に追われる農家湖南省湘潭市
    2021年07月13日
    (4)夏本番、ハスの花托の収穫に追われる農家湖南省湘潭市

    11日、湘潭市雨湖区姜畬鎮聯映村のハス池で、ハスの花托を収穫する農家の人。(小型無人機から)真夏を迎えた中国湖南省湘潭市雨湖(うこ)区姜畬鎮の聯映村にあるハス池では、ハスの花托(かたく)が成熟し、地元農家の人たちが摘み取り作業に追われている。同村はここ数年、「ハスの実経済」の発展を推進。農村振興を後押しする特色ある産業で豊かさへの道を切り開き、村民の増収を促している。(湘潭=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071308733

  •  (2)夏本番、ハスの花托の収穫に追われる農家湖南省湘潭市
    2021年07月13日
    (2)夏本番、ハスの花托の収穫に追われる農家湖南省湘潭市

    11日、湘潭市雨湖区姜畬鎮聯映村のハス池で、ハスの花托を収穫する農家の人。真夏を迎えた中国湖南省湘潭市雨湖(うこ)区姜畬鎮の聯映村にあるハス池では、ハスの花托(かたく)が成熟し、地元農家の人たちが摘み取り作業に追われている。同村はここ数年、「ハスの実経済」の発展を推進。農村振興を後押しする特色ある産業で豊かさへの道を切り開き、村民の増収を促している。(湘潭=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021071308709

  •  (8)中日の料理人が地元食材を使った料理で交流遼寧省鳳城市
    2021年10月05日
    (8)中日の料理人が地元食材を使った料理で交流遼寧省鳳城市

    9月29日、市場でハスの実を選ぶ中日の料理人、羅成輝さん(右)と金高山光紀さん(右から2番目)。中国遼寧省鳳城(ほうじょう)市でこのほど、食を通じた交流イベントが行われた。期間中、中国と日本の料理人、羅成輝(ら・せいき)さんと金高山光紀さんが同市の地元食材を使った料理を作り、交流を深めた。同市は省の東部に位置し、板栗、ブルーベリー、サルナシ、サクサン(柞蚕、ガの蛹)、チョウセンニンジンなどの農産品が有名。(鳳城=新華社配信/李永宏)= 配信日: 2021(令和3)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100601921

  •  (6)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (6)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを包む店員。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708894

  •  (2)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (2)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを購入する客でにぎわう「ちまき通り」。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708896

  •  (4)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (4)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを包む店員。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708876

  •  (7)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (7)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきの葉を準備する店員。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708879

  •  (5)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (5)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを並べる店員。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708892

  •  (3)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (3)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、卵黄が七つ入った、重さ約1キロの高級ちまき「七星連珠」。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708888

  •  (1)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市
    2022年05月27日
    (1)端午節を前に、にぎわい見せる「ちまき通り」四川省成都市

    24日、ちまきを購入する買い物客。中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月3日)を前に、四川省成都市の馬鞍東路、通称「ちまき通り」がにぎわいを見せている。30年以上の歴史を持つこの通りは、全長200メートル余り。豚肉、豚の角煮、臘肉(ラーロウ、干し豚肉)、八宝(リョクトウやアズキ、ハスの実など複数の素材を混合したもの)といった伝統的な具材のちまきから、アワビやトムヤムクン、パイナップル、チキンスープなどの味の創作ちまきも売られている。(成都=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2022(令和4)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052708890

  •  (7)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (7)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮でハスの花托を収穫する農家の人。中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809154

  •  (9)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (9)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮でハスの花托を収穫する農家の人。中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809164

  •  (11)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (11)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮のハス池。(小型無人機から)中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809160

  •  (2)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (2)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、美しく咲いたハスの花。中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809204

  •  (3)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (3)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮でハスの花托を収穫する農家の人。中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809152

  •  (6)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (6)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮で、ハスの花托に止まったトンボ。中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809155

  •  (5)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (5)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮でハスの花托を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809149

  •  (4)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (4)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮でハスの花托を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809146

  •  (1)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (1)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、ほころんだハスの花。中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809153

  •  (12)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (12)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮でハスの花托を収穫する農家の人。中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809157

  •  (8)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (8)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、湘潭県花石鎮でハスの花托を収穫する農家の人。(小型無人機から)中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809156

  •  (10)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県
    2022年07月18日
    (10)名産のハスの実、収穫たけなわ湖南省湘潭県

    17日、美しく咲いたハスの花。中国湖南省湘潭市湘潭県花石鎮では17日、村民がハスの実の収穫に追われる姿が見られた。ハス産業は花石鎮の特色ある産業で、栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)以上になっている。(湘潭=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071809161

  •  (1)ハスの実の収穫・加工が本格化福建省武夷山市
    2022年09月16日
    (1)ハスの実の収穫・加工が本格化福建省武夷山市

    15日、武夷山市五夫鎮の自宅でハスの花托を加工する農家の人たち。中国福建省武夷山市五夫鎮ではこのところ、農家の人々がハスの花托(かたく)の収穫と加工作業に追われている。同鎮では古くからハス栽培が行われており、地元産のハスの実は甘くて粘り気が強く、煮崩れしないため消費者に好まれている。(武夷山=新華社配信/陳穎)= 配信日: 2022(令和4)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091610540

  •  (2)ハスの実の収穫・加工が本格化福建省武夷山市
    2022年09月16日
    (2)ハスの実の収穫・加工が本格化福建省武夷山市

    15日、花托から取り出したハスの実の外皮と胚を取り除く武夷山市五夫鎮の農家の人たち。中国福建省武夷山市五夫鎮ではこのところ、農家の人々がハスの花托(かたく)の収穫と加工作業に追われている。同鎮では古くからハス栽培が行われており、地元産のハスの実は甘くて粘り気が強く、煮崩れしないため消費者に好まれている。(武夷山=新華社配信/陳穎)= 配信日: 2022(令和4)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091610544

  •  (3)ハスの実の収穫・加工が本格化福建省武夷山市
    2022年09月16日
    (3)ハスの実の収穫・加工が本格化福建省武夷山市

    15日、ハスの花托を加工する武夷山市五夫鎮の農家の人たち。中国福建省武夷山市五夫鎮ではこのところ、農家の人々がハスの花托(かたく)の収穫と加工作業に追われている。同鎮では古くからハス栽培が行われており、地元産のハスの実は甘くて粘り気が強く、煮崩れしないため消費者に好まれている。(武夷山=新華社配信/陳穎)= 配信日: 2022(令和4)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091610541

  •  (3)福建省の「母なる河」閩江をたどる
    2022年10月07日
    (3)福建省の「母なる河」閩江をたどる

    福建省三明市建寧県の坪上棚田蓮池でハスの実を摘む村民。(8月9日撮影)中国福建省を流れる閩江(びんこう)は、同省の「母なる河」とされる。宋代に八つの行政区画が置かれたことから「八閩(はちびん)」とも呼ばれる福建の大地は、山が多く、水と緑に恵まれる。森林被覆率も長年、全国首位を維持している。(建寧=新華社記者/周義)= 配信日: 2022(令和4)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100707606

  •  (11)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (11)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点に咲くハスの花。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213461

  •  (8)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (8)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点に咲くハスの花。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213452

  •  (6)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (6)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮加工場で、ハスの花托から実を取り出す地元住民。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213450

  •  (10)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (10)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の店舗に並ぶハス関連商品。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213465

  •  (15)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (15)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点で、ハスの実を収穫する生産者。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213495

  •  (7)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (7)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点で撮影したハスの花。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213456

  •  (5)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (5)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点に咲くハスの花。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213457

  •  (14)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (14)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点。(小型無人機から)中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213460

  •  (13)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (13)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の店舗で商品を確認する責任者。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213463

  •  (2)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (2)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点。(小型無人機から)中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213451

  •  (4)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (4)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点で、ハスの実を収穫する生産者。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213453

  •  (1)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (1)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点に咲くハスの花。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213455

  •  (9)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (9)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮加工場で、ハスの実を仕分ける地元住民。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213462

  •  (3)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (3)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮加工場で、乾燥機に入れる前のハスの実を整える地元住民。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213454

  •  (12)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県
    2023年08月02日
    (12)ハスの実の関連産業が盛況湖南省湘潭県

    7月31日、湖南省湘潭県花石鎮の羅漢村にある湘蓮栽培拠点で、実の芯を取る地元住民。中国湖南省湘潭県花石鎮は7月以降、ハスの実の収穫シーズンを迎えている。同鎮は特産のハスの実「湘蓮」関連産業で栄え、集散地として全国に知られる。ハスの栽培面積は2万ムー(約1333ヘクタール)余りで、栽培、加工、取引に携わる企業や個人事業主は900超、従業者は2万人余りに上る。(湘潭=新華社記者/柳王敏)= 配信日: 2023(令和5)年8月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080213467

  •  (2)福建省武夷山市でハス祭り開催
    2023年08月07日
    (2)福建省武夷山市でハス祭り開催

    5日、ハスの実の皮むきコンテストに参加した地元住民。中国福建省武夷山市五夫鎮で5日、第11回ハス祭りが開かれた。同鎮ではここ数年、特色ある農業と観光産業を結び付け、「ハス経済」の発展に力を注いでいる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080711262

  •  (3)福建省武夷山市でハス祭り開催
    2023年08月07日
    (3)福建省武夷山市でハス祭り開催

    5日、ハスの実の皮むきコンテストに参加した地元住民。中国福建省武夷山市五夫鎮で5日、第11回ハス祭りが開かれた。同鎮ではここ数年、特色ある農業と観光産業を結び付け、「ハス経済」の発展に力を注いでいる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080711259

  •  (4)福建省武夷山市でハス祭り開催
    2023年08月07日
    (4)福建省武夷山市でハス祭り開催

    5日、ハスの実の皮むきコンテストに集まった人々。中国福建省武夷山市五夫鎮で5日、第11回ハス祭りが開かれた。同鎮ではここ数年、特色ある農業と観光産業を結び付け、「ハス経済」の発展に力を注いでいる。(武夷山=新華社配信/邱汝泉)= 配信日: 2023(令和5)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080711324

  • 1