KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • カメラ
  • センサー
  • ハンドル
  • マイクロバス
  • 下野新聞
  • 中山間地域
  • 乗客
  • 令和
  • 位置
  • 信号

「ふみの森もてぎ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 01:18.34
    2021年06月06日
    茂木で実験スタート 実現へ成果積み重ね 「下野新聞」自動運転バス実装へ 栃木県

    自動運転バスの実用化を目指す県の「ABCプロジェクト」の初の実証実験が6日、茂木町でスタートした。地元町民ら約40人も乗車し、実装への期待を高めた。県は20日までの計13日間で効果を検証。2023年度までに県内10市町で実験を行い、25年度までの実装を目指す。ただ今回はまだ初歩的な段階で、実現に向けては技術の進歩や成果の積み重ねが必須だ。6日午前。乗客を乗せたマイクロバスが公道に入る。運転手はハンドルを握っていない。ハンドルが自動で回り、スムーズに左折していった。茂木町での実験は、中山間地域の高齢者らの移動手段確保を目的とする。区間は道の駅もてぎと茂木駅、ふみの森もてぎを結ぶ往復約3・7キロ。道路の形状などを3D化した地図を基に走り、マイクロバスに搭載したカメラやセンサーが車両の位置や信号、障害物を認知する。運転手は乗車し、踏切など一部区間を除き自動で運行した。 撮影日:2021(令和3)年6月6日、撮影場所:栃木県茂木町 クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062904705

  • 1