KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 風景メイン
  • 日本農業新聞
  • 郷土民芸
  • 中国福建省
  • 新型コロナウイルス
  • スパイダーマン
  • ファーフロムホーム
  • 新型肺炎
  • ナノハナ
  • 日本百名山

「ふるさと」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
14,703
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
14,703
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月16日
    授業の様子 日中学生「故郷」で交流

    オンライン授業の参加者を映し出した画面と都留文科大の周非特任准教授=16日、甲府市

    撮影: 16日、甲府市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月16日
    オンライン授業の様子 日中学生「故郷」で交流

    オンライン授業の参加者を映し出した画面と都留文科大の周非特任准教授(奥)=16日、甲府市

  • 2021年01月15日
    (1)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、無形文化遺産の工芸品を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、湘綉(湖南刺しゅう)の刺しゅう技法を見学する生徒。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、展示を撮影する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、木造帆船の製造技術を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、長沙銅官窯陶磁器の焼成過程を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (6)冬の橘子洲風景区で無形文化遺産を味わう湖南省長沙市

    8日、展示を見学する来場者。中国湖南省長沙市はこのところ好天に恵まれ、多くの市民や観光客が橘子洲(きっししゅう)風景区にある長沙市無形文化遺産展示館の見学に訪れている。館内には「湘綉」と呼ばれる湖南の伝統的な刺しゅうや、長沙銅官窯(どうかんよう)陶磁器の焼成過程、郷土料理の調理法などが展示されている。また、観光客は劇場で伝統劇や音楽、民間芸能などを楽しむことができる。2018年11月に正式オープンした同館では、各種の無形文化遺産展示品が千件余り、同遺産の代表的項目が70件余り展示されている。(長沙=新華社記者/陳宇簫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    コロナで寄付額過去最高か

    ふるさと納税寄付総額の推移

  • 2021年01月11日
    コロナで寄付額過去最高か

    ふるさと納税寄付総額の推移

  • 2021年01月11日
    コロナで寄付額過去最高か

    ふるさと納税寄付総額の推移

  • 2021年01月11日
    コロナで寄付額過去最高か

    ふるさと納税寄付総額の推移

  • 00:40.66
    2021年01月10日
    「新華社」香ばしい芳香が魅力、燻製食品の販売がピーク迎える湖南省

    中国湖南省永州市江永県では、元旦を過ぎた頃から同地産のアヒルの燻製「板鴨(バンヤー)」や中国ソーセージ「臘腸(ラーチャン)」などの伝統的な燻製食品の販売がピークを迎え、街のあちこちから、香ばしい芳香が漂ってくる。毎年この時期になると、同県の桃川鎮や瀟浦(しょうほ)鎮などに住む村民が、板鴨や臘腸などの燻製食品の製造に取り掛かる。同地では、故郷に戻って起業した人たちがネットショップを立ち上げ、安くて品質の高い燻製食品をライブ配信で販売しているという。(記者/程済安) =配信日: 2021(平成33)年01月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.73
    2021年01月09日
    「新華社」まるで天の宮殿、輝き放つ「媽祖の古里」福建省湄洲島

    中国福建省莆田市秀嶼(しゅうしょ)区の湄洲(びしゅう)鎮にある湄洲島は、航海の安全を守る道教の女神、媽祖の生誕地として知られ、「南国の蓬莱」「媽祖の故里」などの美称を持つ。同島には湄嶼潮音や九宝瀾黄金沙灘(ゴールデンビーチ)などの景勝地のほか、2億人の信者が信仰する媽祖祖廟もあり、夜になるとライトアップされた媽祖祖廟が黄金色に輝く「天の宮殿」のような姿を見ることができる。福建湄洲島媽祖文化観光区はこのほど、観光地の等級が最高ランクである「国家5A級」に引き上げられたことが明らかになった。(記者/郭圻) =配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    SPORTS-FBC-BAKER-COLUMN-1-PT

    January 9, 2021, USA: Sickles High alumnus Ray-Ray McCloud celebrated Clemson‘s national title in his hometown, Tampa.\n (Credit Image: © TNS via ZUMA Wire)、クレジット:©TNS via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    Singer Ute Freudenberg

    06 January 2021, Thuringia, Weimar: Ute Freudenberg, singer, stands in the market square of her hometown. She is best known for the song “Jugendliebe“, one of the cult hits of the East. The singer turns 65 on 12 January. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    Singer Ute Freudenberg

    06 January 2021, Thuringia, Weimar: Ute Freudenberg, singer, stands in the market square of her hometown. She is best known for the song “Jugendliebe“, one of the cult hits of the East. The singer turns 65 on 12 January. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    Singer Ute Freudenberg

    06 January 2021, Thuringia, Weimar: Ute Freudenberg, singer, stands in the market square of her hometown. She is best known for the song “Jugendliebe“, one of the cult hits of the East. The singer turns 65 on 12 January. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    Singer Ute Freudenberg

    06 January 2021, Thuringia, Weimar: Ute Freudenberg, singer, is standing in front of the music academy in her hometown, where she began her career by studying singing. She is best known for the song “Jugendliebe“, one of the cult hits of the East. The singer turns 65 on January 12 Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 00:49.15
    2021年01月06日
    「新華社」学校で親しむ郷土の文化河北省唐山市

    中国河北省唐山市豊潤区の教育部門はここ数年、区内の小・中学校の一部で伝統影絵劇「皮影戯(ピーインシー)」や剪紙(せんし、切り絵細工)などを取り込んだ授業を実施し、子どもたちが地元の伝統文化に親しめるようにしている。(記者/鞏志宏)=配信日:2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    Singer Ute Freudenberg

    06 January 2021, Thuringia, Weimar: Ute Freudenberg, singer, is standing in front of the music academy in her hometown, where she began her career by studying singing. She is best known for the song “Jugendliebe“, one of the cult hits of the East. The singer turns 65 on January 12. Photo: Martin Schutt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 01:11.47
    2021年01月03日
    空撮と地上撮 Uターンがピーク JR東京駅、例年の混雑なく

    年末年始を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンが2日、ピークを迎えた。新型コロナウイルスの感染拡大や政府の観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止の影響で、例年ほどの混雑は見られなかった。<映像内容>JR東京駅のJR東日本新幹線ホームの表情、東名高速の海老名JCT(海老名市)と横浜青葉JCT(横浜市青葉区)の空撮。撮影日:2021(令和3)年1月3日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月3日

  • 01:06.03
    2021年01月02日
    Uターン開始も、駅はひっそり 東京駅の様子

    年末年始を古里などで過ごした人たちのUターンが始まった。新型コロナウイルスの感染拡大やGotoトラベルの全国一時停止もあり、JR東京駅の新幹線ホームは、例年に比べ混雑は見られず、ひっそりとしたUターンスタートとなった。<映像内容>JR東京駅の新幹線ホーム雑観など、撮影日:2021(令和3)年1月2日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年1月2日

  • 2020年12月31日
    復興「順調」福島は30%

    ふるさとの復興は順調だと思うか

  • 2020年12月31日
    復興「順調」福島は30%

    ふるさとの復興は順調だと思うか

  • 2020年12月31日
    復興「順調」福島は30%

    ふるさとの復興は順調だと思うか

  • 2020年12月31日
    復興「順調」福島は30%

    ふるさとの復興は順調だと思うか

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:26.24
    2020年12月31日
    「新華社」雪に覆われたシベ古城新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州チャプチャル・シベ自治県のシベ古城風景区では、降り積もった白い雪と夕日が映え、静かな雪の世界がまるで歴史の変遷を静かに語りかけているようだ。シベ古城には、清代乾隆29(1764)年にシベ族の一部の将兵とその家族が、故郷の盛京(現在の遼寧省瀋陽市)から新疆イリ地区に農地開墾と国境警備のためにやって来た歴史がある。(記者/張嘯誠) =配信日: 2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.32
    2020年12月31日
    「新華社」収監者が再出発する力に、刑務所がEC教育講座開設浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市の喬司刑務所は2017年12月、中国の電子商取引(EC)大手アリババ・グループの教育部門、淘宝大学と共同で収監者を対象とするEC講座を始めた。同刑務所は当初、収監者のインターネット教育のため淘宝大学に接触したが、一定の技能習得は収監者の将来に有益だと考えるようになった。淘宝大学は18年1月に教育計画を作成し、同刑務所と覚書を交わした。今月10日までに、同刑務所でECの授業を受けた収監者は2500人を超えており、故郷の農産品のネット通販で働いている人や、ネット企業を立ち上げた人もいる。アリババの資料によると、活況を呈するECによって中国ではECのカスタマーサービススタッフや人工知能(AI)の機械学習エンジニアなど、デジタル経済関連で約40の新しい職種が生まれた。淘宝大学は薬物リハビリテーション施設との協力も進め、特殊な経歴を持つ人たちの就業を支援したいとしている。=配信日:2020(令和2)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月30日
    記者会見する泉佐野市長 コロナ対策、地方に存在感

    ふるさと納税訴訟で国に勝訴し、大阪府泉佐野市で記者会見する千代松大耕市長=6月

    撮影: 6月

  • 2020年12月29日
    飾られた巨大な丑(うし) 津の神社に巨大な丑の像

    新年の干支(えと)「丑(うし)」をかたどった巨大なオブジェが29日、津市の辰水神社に飾られた。地域住民らでつくる「ふるさと愛好会」が1986年から制作を続けており、高さ約2・2㍍、長さ約3・6㍍、鉄骨と発泡スチロールを使用。住民らが引いて練り歩いた後、神社前に飾られた。同会の増井公生代表(72)は「牛の勢いでコロナが吹き飛ぶように力強い姿にした」と話した。

  • 2020年12月29日
    巨大な丑(うし) 津の神社に巨大な丑の像

    新年の干支(えと)「丑(うし)」をかたどった巨大なオブジェが29日、津市の辰水神社に飾られた。地域住民らでつくる「ふるさと愛好会」が1986年から制作を続けており、高さ約2・2㍍、長さ約3・6㍍、鉄骨と発泡スチロールを使用。住民らが引いて練り歩いた後、神社前に飾られた。同会の増井公生代表(72)は「牛の勢いでコロナが吹き飛ぶように力強い姿にした」と話した。

  • 2020年12月29日
    丑(うし)のオブジェ 津の神社に巨大な丑の像

    新年の干支(えと)「丑(うし)」をかたどった巨大なオブジェが29日、津市の辰水神社に飾られた。地域住民らでつくる「ふるさと愛好会」が1986年から制作を続けており、高さ約2・2㍍、長さ約3・6㍍、鉄骨と発泡スチロールを使用。住民らが引いて練り歩いた後、神社前に飾られた。同会の増井公生代表(72)は「牛の勢いでコロナが吹き飛ぶように力強い姿にした」と話した。

  • 01:07.80
    2020年12月29日
    津の神社に巨大な丑の像 丑のオブジェ

    新年の干支(えと)「丑(うし)」をかたどった巨大なオブジェが29日、津市の辰水神社に飾られた。地域住民らでつくる「ふるさと愛好会」が1986年から制作を続けており、高さ約2・2メートル、長さ約3・6メートル、鉄骨と発泡スチロールを使用。住民らが引いて練り歩いた後、神社前に飾られた。<映像内容>倉庫から丑の像がお目見え、子どもたちが引いて町内を練り歩き、神社前に設置、祈祷など、撮影日:2020(令和2)年12月29日、撮影場所:三重県津市

    撮影: 2020(令和2)年12月29日

  • 2020年12月26日
    表彰を受ける山口怜央 故郷でアマ相撲の指導へ

    全日本相撲選手権で準優勝し、表彰を受ける近大の山口怜央=6日、両国国技館

    撮影: 6日、両国国技館

  • 2020年12月26日
    近大の山口怜央 故郷でアマ相撲の指導へ

    全日本相撲選手権で準優勝した近大の山口怜央(左)=6日、両国国技館

  • 2020年12月24日
    学生寮に残る女子学生 上京学生「帰省できない」

    新型コロナウイルス感染症が拡大する中、地方から上京した多くの大学生が年末年始の帰省を諦めている。山形県の学生が集う東京都北区の学生寮では特別メニューの「芋煮」が振る舞われた。クリスマスの飾りがされた寮の食堂で1人で食べていた都内の大学に通う2年生の女性は、時折窓の外に目をやりながら、故郷の味に思いをはせていた=23日

    撮影: 23日

  • 2020年12月24日
    韓国で田舎暮らしに熱視線

    韓国・ソウル、抱川、提川

  • 2020年12月24日
    韓国で田舎暮らしに熱視線

    韓国・ソウル、抱川、提川

  • 2020年12月24日
    韓国で田舎暮らしに熱視線

    韓国・ソウル、抱川、提川

  • 2020年12月24日
    韓国で田舎暮らしに熱視線

    韓国・ソウル、抱川、提川

  • 2020年12月24日
    学生寮に残る大学生 上京学生「帰省できない」

    新型コロナウイルス感染症が拡大する中、地方から上京した多くの大学生が年末年始の帰省を諦めている。山形県の学生が集う東京都北区の学生寮では特別メニューの「芋煮」が振る舞われた。クリスマスの飾りがされた寮の食堂で1人で食べていた都内の大学に通う2年生の女性は、時折窓の外に目をやりながら、故郷の味に思いをはせていた=23日

    撮影: 23日

  • 2020年12月24日
    寮の食堂の女子学生 上京学生「帰省できない」

    新型コロナウイルス感染症が拡大する中、地方から上京した多くの大学生が年末年始の帰省を諦めている。山形県の学生が集う東京都北区の学生寮では特別メニューの「芋煮」が振る舞われた。クリスマスの飾りがされた寮の食堂で1人で食べていた都内の大学に通う2年生の女性は、時折窓の外に目をやりながら、故郷の味に思いをはせていた=23日

    撮影: 23日

  • 2020年12月24日
    安さん夫妻 韓国で田舎暮らしに熱視線

    韓国・抱川でイチゴを栽培する安海成さん(右)と妻=9日(共同)

  • 2020年12月24日
    金永完さん 韓国で田舎暮らしに熱視線

    韓国・堤川で取材に応じる金永完さん。最近、ビニールハウスを増設した=8日(共同)

    撮影: 8日

  • 2020年12月24日
    寄贈されたマトリョーシカ ロシア人形、元は七福神?

    神奈川県の箱根町立郷土資料館に展示されている、1984年に当時の在日ソ連大使館から寄贈されたマトリョーシカ(後列)=11月

  • 2020年12月23日
    パークマンサーさん タレント、故郷でガチ農業

    ふるさとで農業を始めたタレントのパークマンサーさん=富山市

    撮影: 富山市

  • 2020年12月23日
    就農のパークマンサーさん タレント、故郷でガチ農業

    ふるさとで農業を始めたタレントのパークマンサーさん=富山市

    撮影: 富山市

  • 2020年12月23日
    優しい鬼で津軽PR

    青森県がPRする「古津軽」(弘前市、平川市、黒石市、大鰐町、藤崎町、西目屋村、田舎館村)

  • 2020年12月23日
    優しい鬼で津軽PR

    青森県がPRする「古津軽」(弘前市、平川市、黒石市、大鰐町、藤崎町、西目屋村、田舎館村)

  • 01:27.51
    2020年12月21日
    Dough Figurines Reproduce Frescoes of Liao Dynasty

    The liao Dynasty mural tomb group is especially abundant in mural paintings. Cheng Xueming, a dough sculpture artist, integrated the intangible cultural heritage of dough sculpture with the culture of his hometown, and embodied the figures and tea sets in the mural scenes in kind. Zhangjiakou, Hebei Province, China, December 10, 2020.=クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ 

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (3)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    15日、診察を受けに来た村民に薬の説明をする鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (7)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    15日、江西省宜春市宜豊県双木村の医務室で、村民に届ける薬を救急箱に入れる鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (6)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    15日、村民の自宅で、高齢者に日常生活で注意することなどについて説明する鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (5)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    16日、山道を歩いて往診に行く鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (2)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    15日、村の医務室で村民のカルテを探す鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (4)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    16日、山道を歩いて往診に行く鍾樹新さん。(小型無人機から)中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.68
    2020年12月20日
    「新華社」故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(記者/彭昭之) =配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月20日
    (1)故郷と共に生きる、遠隔地の村で人々の健康を守り続ける医師

    16日、江西省宜春市宜豊県の双木村で、診察を受けに来る村民を待つ鍾樹新さん。中国江西省宜春市宜豊(ぎほう)県の双峰営林場双木村は、同県で最も標高が高い場所にある村として知られる。同村出身の鍾樹新(しょう・じゅしん)さん(54)は、1991年からこの村で医師として働いている。村では2010年まで、山あいの石混じりの細い泥道を通ってふもとに下りるしかなく、町で医師の診察を受けるには、若い人に頼んで竹の担架で運んでもらわなければならなかった。こうした遠隔地の村で暮らす人々がすぐに診察を受けられるように、鍾さんは日頃から往診を行っている。時には片道5キロの山道を歩くこともある。鍾さんは長年かけて、村民の健康管理ファイルを徐々に作成。慢性疾患をもつ村民の治療がより適切に行えるようになった。若者や中年の人たちは県城(県政府所在地)に移住したり、出稼ぎに出たりして村を離れ、今では平均年齢50歳以上の村民30人余りが残るのみとなった。鍾さんはそれでも、より高い収入が得られる仕事の誘いを断り、「私は一生この村に残って、故郷の人々を守っていきたい」と話している。(宜春=新華社記者/彭昭之)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (3)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県の「e裳小鎮胡春青漢服ワークステーション」で、展示されている漢服を整える胡春青さん。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (10)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、スタジオで撮影中の生徒にアドバイスをする胡春青さん(左)。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (11)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、撮影前に生徒の髪飾りを整える胡春青さん(右)と妻の孟暁霞さん。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (6)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県大集鎮の作業場で、漢服の縫製作業をする従業員と打ち合わせをする胡春青さん(左)。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年ct月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (4)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県大集鎮にある胡春青さんの作業場で、漢服の縫製作業をする従業員。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (9)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、生徒にお辞儀の仕方を教える胡春青さん(右)。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (2)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県の「e裳小鎮胡春青漢服ワークステーション」で、展示されている漢服を整える胡春青さん。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (1)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、サンプルデザインの打ち合わせをする胡春青さん(左)と従業員。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (7)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県大集鎮の作業場で、ビデオチャットで顧客とやり取りする胡春青さん。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (8)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県にある職業教育中等専門学校(中等専業学校)の実習拠点で、ライブ配信で漢服を販売する生徒。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月16日
    (5)故郷で「漢服」ビジネスに取り組むUターン博士山東省

    11日、山東省渮沢市曹県大集鎮にある胡春青さん(右から2人目)の作業場で、減税とコスト削減に関する優遇政策について説明する曹県税務局の職員。中国遼寧省の中国科学院金属研究所と大連理工大学の博士課程で学んだ胡春青(こ・しゅんせい)さんは2018年、故郷の山東省渮沢(かたく)市曹県大集鎮に戻り、学業を続けながら妻の孟暁霞(もう・ぎょうか)さんを助け、二人で舞台衣装と漢民族の伝統衣装「漢服」のビジネスを立ち上げた。孟さんは美術専攻で学んだ技能を生かしてデザインを担当し、胡さんは運営と販売を担当。ビジネスは順調な展開を見せた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、舞台衣装の販売が大幅に減少し、過剰在庫の問題が深刻となったため、胡さんは漢服へ重心を移し始めた。曹県税務局の職員が訪ねて来て事情を聞き、胡さんの納税信用評価を元に、銀行融資を受けられるようにしてくれたことで、急場をしのぐことができた。現在、胡さんは地元で400人以上の雇用を創出するとともに、同県の職業教育中等専門学校(中等専業学校)と提携し、電子商取引(EC)事業の人材育成を進めている。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2020(令和2)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (4)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院の住民。中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (8)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (9)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院を訪れた観光客。中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (1)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (3)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (7)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院を訪れた観光客。中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (6)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (5)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院を訪れた観光客。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月15日
    (2)河南省の無形文化遺産、陝州地坑院

    10日、陝州区張汴(ちょうべん)郷北営村の地坑院。隣接区域(奥)には新たに建設された現代的住居が並ぶ。(小型無人機から)中国河南省西部の伝統住宅建築「地坑院」は「地下の四合院」とも呼ばれ、地面を四角く掘り下げ、四方の壁に掘った穴を住居とする。郷土史や建築学、地質学、社会学を研究する上で高い価値を持つ。その建築技術は2011年、第3次国家級無形文化遺産に指定された。同省三門峡市陝州区にある陝州地坑院の多くは現在、改装を経て観光名所となっている。(三門峡=新華社記者/陶明)=配信日:2020(令和2)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.33
    2020年12月13日
    「新華社」年越しに欠かせない郷土菓子「牛皮糖」浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海(ねいかい)県では、お茶とお茶菓子を楽しむ習慣が先祖代々、住民の間で受け継がれてきた。二十四節気の大雪(たいせつ)を過ぎると、同県の各家庭で年越しに欠かせない郷土菓子「牛皮糖」作りの準備が始まる。1970年代から、地元の村の住民と製糖技師が先人の製糖技術を掘り起こして整理し、伝統食品として改めて販売。食感、弾力性、柔らかさの三つがそろった最高の状態にたどり着いた。牛皮糖作りは、洗い、蒸し、煮詰め、炒りなど多くの工程を経る。まずサツマイモを洗って皮をむき、スライスしてから千切りダイコンと一緒に鍋でよく蒸す。蒸して柔らかくなったサツマイモに麦芽を加えてペースト状にすりつぶし、ふたをしてしばらく蒸らしてから水気を切り、シロップになるまで煮詰める。煮詰めたものにピーナツ、ゴマ、オレンジピール、ショウガパウダーを加え、数回炒ってからすくい取り、シロップが冷めて固まるのを待って、サツマイモの粉をたっぷりまぶせば出来上がりとなる。(記者/顧小立)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    BRUSSELS DEPARTURE PROTEST CONTACT PROFESSIONALS

    Illustration picture shows a ‘funeral procession‘, a protest action of contact professionals, at the start in Brussels, on the way to Brakel, hometown of Prime Minister De Croo, Sunday 13 December 2020. Contact professionals as hairdressers, nail stylists and other members of non-medical contact professions protest against the ongoing forced closures of their salons, one of the measures taken to reduce contact during the ongoing coronavirus crisis.BELGA PHOTO OPHELIE DELAROUZEE、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    BRAKEL PROTEST CONTACT PROFESSIONALS

    Illustration picture shows a ‘funeral procession‘, a protest action of contact professionals, in Brakel, hometown of Prime Minister De Croo, Sunday 13 December 2020. Contact professionals as hairdressers, nail stylists and other members of non-medical contact professions protest against the ongoing forced closures of their salons, one of the measures taken to reduce contact during the ongoing coronavirus crisis. BELGA PHOTO NICOLAS MAETERLINCK、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    BRUSSELS DEPARTURE PROTEST CONTACT PROFESSIONALS

    Illustration picture shows a ‘funeral procession‘, a protest action of contact professionals, at the start in Brussels, on the way to Brakel, hometown of Prime Minister De Croo, Sunday 13 December 2020. Contact professionals as hairdressers, nail stylists and other members of non-medical contact professions protest against the ongoing forced closures of their salons, one of the measures taken to reduce contact during the ongoing coronavirus crisis.BELGA PHOTO OPHELIE DELAROUZEE、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    BRAKEL PROTEST CONTACT PROFESSIONALS

    Illustration picture shows a ‘funeral procession‘, a protest action of contact professionals, in Brakel, hometown of Prime Minister De Croo, Sunday 13 December 2020. Contact professionals as hairdressers, nail stylists and other members of non-medical contact professions protest against the ongoing forced closures of their salons, one of the measures taken to reduce contact during the ongoing coronavirus crisis. BELGA PHOTO NICOLAS MAETERLINCK、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月12日
    夢見た帰還、故郷は廃虚に

    アゼルバイジャン・ナゴルノカラバフ、バクー、フズーリ、アグダム、アルメニア

  • 2020年12月12日
    夢見た帰還、故郷は廃虚に

    アゼルバイジャン・ナゴルノカラバフ、バクー、フズーリ、アグダム、アルメニア

  • 2020年12月12日
    夢見た帰還、故郷は廃虚に

    アゼルバイジャン・ナゴルノカラバフ、バクー、フズーリ、アグダム、アルメニア

  • 2020年12月12日
    夢見た帰還、故郷は廃虚に

    アゼルバイジャン・ナゴルノカラバフ、バクー、フズーリ、アグダム、アルメニア

  • 2020年12月12日
    地雷の爆破処理 夢見た帰還、故郷は廃虚に

    地雷の爆破処理で上る煙=11日、ナゴルノカラバフ東部アグダム(共同)

    撮影: 11日、ナゴルノカラバフ東部アグダム

  • 2020年12月12日
    廃虚となったアグダム 夢見た帰還、故郷は廃虚に

    1990年代の紛争後、廃虚となったナゴルノカラバフ東部のアグダム=11日(共同)

    撮影: 11日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月12日
    不発のロケット弾 夢見た帰還、故郷は廃虚に

    地面に突き刺さったままの不発のロケット弾=10日、ナゴルノカラバフ東部フズーリ(共同)

    撮影: 10日、ナゴルノカラバフ東部フズーリ

  • 2020年12月12日
    元住民のネゼロブさん 夢見た帰還、故郷は廃虚に

    11日、ナゴルノカラバフ東部アグダムを訪問する元住民のメヘンメド・ネゼロブさん(左)とイサ・アブドッライブさん(共同)

  • 2020年12月11日
    今野明医師 故郷の患者、見守り続ける

    福島県伊達市の民間病院で院長を務める今野明医師=8日

    撮影: 8日

  • 2020年12月11日
    来院者と話す今野院長 故郷の患者、見守り続ける

    福島県伊達市の民間病院で、来院した男性と話す今野明院長=8日

    撮影: 8日

  • 2020年12月11日
    来院者と話す今野院長 故郷の患者、見守り続ける

    福島県伊達市の民間病院で、来院した男性と話す今野明院長=8日

    撮影: 8日

  • 2020年12月11日
    今野明医師 故郷の患者、見守り続ける

    小高診療所で診療する今野明医師(右)=11月、福島県南相馬市小高区

  • 2020年12月11日
    故郷の患者、見守り続ける

    福島県南相馬市小高区、伊達市、福島第1原発、新潟県三条市

  • 2020年12月11日
    故郷の患者、見守り続ける

    福島県南相馬市小高区、伊達市、福島第1原発、新潟県三条市

  • 2020年12月11日
    故郷の患者、見守り続ける

    福島県南相馬市小高区、伊達市、福島第1原発、新潟県三条市

  • 2020年12月11日
    故郷の患者、見守り続ける

    福島県南相馬市小高区、伊達市、福島第1原発、新潟県三条市

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...