KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 子ども
  • れい
  • たく
  • コウ・レイ
  • 世の中
  • 中心市街地
  • 仕方がない
  • 位置

「ほうとう」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
66
( 1 66 件を表示)
  • 1
66
( 1 66 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  森を歩いてリフレッシュ
    2003年06月09日
    森を歩いてリフレッシュ

    山梨名物のほうとう作りに挑戦。農家の女性が「太さがそろわなくてもおいしいよ」と教えてくれる=山梨県高根町の高根クラインガルテン

    商品コード: 2003060900124

  •  レトルトほうとう
    2014年09月13日
    レトルトほうとう

    レトルト食品販売会社が売り出した「一泊ほうとう」

    商品コード: 2014091300118

  •  書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館
    2019年01月16日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    近代・雷峰塔磚硯(れいほうとうせんけん)、上海松江博物館蔵。かつて浙江省杭州市にあった雷峰塔のれんがで作られた硯。(1月16日撮影)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717732

  •  成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省
    2019年06月17日
    成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    17日、成都武侯祠の文臣廊の先頭にある蜀漢の軍師、龐統(ほうとう)の像。龐統は諸葛亮と並ぶ名軍師と称された。中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。(成都=新華社記者/陳健)=2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624968

  •  「新華社」成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省
    01:03.27
    2019年06月26日
    「新華社」成都武侯祠に「三国志」愛好家が注目四川省

    中国四川省成都市にある武侯祠はまたの名を「漢昭烈廟」という。本来は三国時代の223年に造営が始まった蜀漢の昭烈帝、劉備の陵墓であり、後に丞相の諸葛亮(孔明)を祭る祠堂が廟内に移され中国史上唯一の君臣合祀廟となった。諸葛亮は生前「武郷侯」に封じられ、死後は「忠武侯」と呼ばれたことから、人々は敬意をこめてこの廟を武侯祠と呼ぶようになった。成都武侯祠は中国の全国重点文物保護単位に指定されている。廟内には「三国志」の登場人物47人の塑像があり、中国でもその数は最も多い。最古の塑像は300年以上の歴史がある。最も目立つ場所に置かれているのは劉備とその義兄弟の関羽と張飛、そして諸葛亮の塑像。劉備殿の両側の廊下にはそれぞれ武将と文官が並んでおり、武将の最前列は日本でも人気の高い趙雲、文官の最前列は諸葛亮に並ぶ軍師として称えられた龐統(ほう・とう)となっている。武侯祠では8日から10月31日まで「2019成都武侯祠三国志フェア」が開催されており「三国志」愛好家は文化展示や三国書院、クリエイティブ・マーケット、文化クリエイティブ・コンテストなど十数項目の「三国志」関連イベントを楽しむことができる。(記者/陳健)<映像内容>「三国志」の登場人物の塑像など成都武侯祠の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625283

  • キャラクター「笛吹らほ」 ラーメン×ほうとう好評
    2019年06月28日
    キャラクター「笛吹らほ」 ラーメン×ほうとう好評

    ラーメン店「めんや なないろ」がつくったキャラクター「笛吹らほ」

    商品コード: 2019062800020

  • 新名物ラーほー ラーメン×ほうとう好評
    2019年06月28日
    新名物ラーほー ラーメン×ほうとう好評

    ラーメン店「めんや なないろ」の「しょうゆ味ラーほー」

    商品コード: 2019062800022

  •  「新華社」「パンダの故郷」宝興で野生パンダの親子の映像を初めて撮影
    00:10.00
    2019年12月18日
    「新華社」「パンダの故郷」宝興で野生パンダの親子の映像を初めて撮影

    中国四川省雅安(があん)市宝興(ほうこう)県の四川蜂桶寨(ほうとうさい)国家級自然保護区は18日、同保護区のスタッフが赤外線カメラの映像を整理していた際、野生のジャイアントパンダの親子を捉えた貴重な映像を発見したことを明らかにした。映像では、パンダの親子が山中の水たまりのそばを歩く様子が捉えられている。母親パンダは水たまりを避けるように倒れた木の上をゆっくり歩いていく。子どものパンダは水たまりに顔をつけて水を飲んでいたが、母親が離れたのに気付くと急いで後を追いかけた。この親子パンダの映像は6月6日、同保護区内の大水溝(たいすいこう)で撮影された。大水溝保護ステーションの巡視員、李貴仁(り・きじん)さんは「見たところ親子の健康状態は大変良好で、子どものパンダは1歳ぐらいだろう」と語った。(記者/張超群)<映像内容>野生のパンダの親子の様子、撮影日:2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122300100

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を整理する地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201291

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を織る地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201344

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を天日干しする地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201248

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布づくりに必要な原料を集める地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201256

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布地を平らにならす地元の女性たち。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201280

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を織る地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201330

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を織る地元の女性たち。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201345

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を天日干しする地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201346

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、豊登トン寨に暮らす少数民族の女性が織り上げた布。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201306

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨を流れる小川で、布を洗う地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201320

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を織る地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201342

  •  秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省
    2020年09月06日
    秋のトン寨で伝統的な布づくりにいそしむ女性たち貴州省

    6日、榕江県栽麻鎮の豊登トン寨で、布を天日干しする地元の女性。秋を迎えた中国貴州省榕江(ようこう)県栽麻鎮のトン族集落「豊登(ほうとう)トン寨」では、少数民族の女性たちが同地の気候条件を利用して原料を集め、織りや染め、天日干しを行ない、民族的な特色を備えた布を丹精込めて制作している。(榕江=新華社記者/劉続)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091201337

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんに字の書き方を教えるの黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801763

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、1年生の劉迎喜(りゅう・げいき)さんに字の書き方を教える呉孟津(ご・もうしん)先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801769

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんに国語の授業をする黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801782

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、黄麗珠先生から字の書き方を教わる同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801793

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の盤谷郷栄新小学校で、クラスメートとおしゃべりする3年生の劉若新(りゅう・じゃくしん)さん。劉さんは両親が出稼ぎ労働者で、幼い頃から祖父母と一緒に暮らしている。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801783

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さんに国語の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801758

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、3人の児童を連れて、永泰県の紅星郷淡洋小学校の校門を出る劉錫生(りゅう・せきせい)先生(左端)と呉孟津(ご・もうしん)先生(右端)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801799

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、休み時間に一緒に遊ぶ2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん(右)と1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん姉弟。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801803

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、下校する2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801802

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、並んで下校する永泰県の盤谷郷栄新小学校の児童。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の盤谷郷栄新小学校で、一列に並んで下校する10人の小学生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801798

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、下校する児童を送る永泰県の盤谷郷栄新小学校の先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、1年生の劉迎喜(りゅう・げいき)さんを迎えに来た保護者(奥)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801691

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、授業中に朗読する1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん(左)と劉迎喜(りゅう・げいき)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801776

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、下校する2年生の劉芷鑫(りゅう・しきん)さん(中)と1年生の劉宏洪(りゅう・こうこう)さん(右)、劉迎喜(りゅう・げいき)さん。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801685

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷礼柄小学校で、同校唯一の児童、徐佳怡(じょ・かい)さんと撮影に応じる黄麗珠先生。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801787

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、全校児童3人に体育の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801800

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    学びの場を守り続ける、へき地の小規模小学校福建省

    8日、永泰県の紅星郷淡洋小学校で、全校児童3人に体育の授業をする劉錫生(りゅう・せきせい)先生(58)。中国福建省福州市永泰県の西北部に位置し、県の中心市街地から20キロ以上離れた紅星郷と盤谷郷には、紅星郷礼柄小学校、淡洋小学校、盤谷郷栄新小学校の三つの小規模小学校が点在する。礼柄小学校には児童と教員がそれぞれ1人しかいない。県の教育部門はこの児童のために学校を維持し続けており、同校の黄麗珠(こう・れいじゅ)先生が1人で国語、数学、音楽、体育などの科目を教えている。紅星郷淡洋小学校には、3人の児童と2人の教師がいる。現在、盤谷郷栄新小学校に在籍する10人の児童は、全員出稼ぎ中の親と離れて農村で暮らす「留守児童」だという。盤谷郷中心小学校の卓暁永(たく・ぎょうえい)校長は、学校の統廃合は世の中の流れで仕方がないが、自宅の近くで学びたい子どもが1人でもいれば、学校を維持していくとし、「このような『児童数1人の学校』がなければ、子どもたちは学びをあきらめてしまうだろう」と話した。統計によると、2019年末時点で、永泰県のへき地にある村級(村レベル)小学校28校のうち8校が、児童数1人あるいは児童数3人の学校となっている。紅星郷中心小学校の陳鳳騰(ちん・ほうとう)校長は、「たとえへき地であっても、地理的条件が厳しくても、子どもたちのために学びの場を確保し続けなければならない」と語った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801819

  •  まるで山をはう巨大な竜秦漢時代の万里の長城をゆく
    2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦漢時代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201781

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    15日、内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201790

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201801

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    15日、内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201860

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201796

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201847

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月15日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区包頭市固陽県にある秦代の長城の遺跡。(10月15日撮影)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201747

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月16日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗小佘太鎮にある秦代の長城の遺跡。(10月16日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201843

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月16日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗小佘太鎮にある秦代の長城の遺跡。(10月16日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201865

  •  まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく
    2020年10月16日
    まるで山をはう巨大な竜秦代の万里の長城をゆく

    内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗小佘太鎮にある秦代の長城ののろし台跡。(10月16日撮影、小型無人機から)中国内モンゴル自治区中西部の包頭(ほうとう)市とバヤンノール市の境界地域には、比較的保存状態の良い秦代の長城の遺跡が分布している。この区間の長城の壁は主に石積みで築かれたため、2千年以上たった今でも良好な状態を保っている。陰山(いんざん)山脈に連なる秦代の長城は、山をはう巨大な竜のような雄大な姿を見せている。(バヤンノール=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201799

  •  (3)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (3)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、包頭市で開かれたウインタースポーツイベントの開幕式で、入場する選手ら。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100705

  •  (4)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (4)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、包頭市のオリンピック公園で、氷の上で中国伝統のこま遊び「空竹(コンジュー)」を披露する市民。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100707

  •  (2)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (2)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、包頭市で開かれたウインタースポーツイベントの開幕式で、氷の上を滑る子どもたち。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100711

  •  「新華社」内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    00:42.84
    2021年01月20日
    「新華社」内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(記者/賈立君) =配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100738

  •  (10)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (10)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、包頭市のオリンピック公園で、雪遊びを楽しむ人たち。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100708

  •  (6)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (6)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、「包頭市青少年スピードスケート選手権大会」に臨む子どもたち。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100702

  •  (1)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (1)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、包頭市で開かれたウインタースポーツイベントの開幕式の様子。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100709

  •  (5)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (5)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、包頭市のオリンピック公園で、スケートを楽しむ市民。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100704

  •  (7)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (7)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、包頭市のオリンピック公園で、アイスホッケーの練習に励む選手ら。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100703

  •  (9)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (9)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、包頭市のオリンピック公園で、雪遊びを楽しむ子ども。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100710

  •  (8)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催
    2021年01月20日
    (8)内モンゴル自治区包頭市でウインタースポーツイベント開催

    16日、「包頭市青少年スピードスケート選手権大会」に臨む子どもたち。中国内モンゴル自治区包頭(ほうとう)市で、中国政府が掲げる「全民健身活動(全国民の健康活動)」に合わせたウインタースポーツイベントが16日から開かれている。オリンピック公園やオリンピックスポーツセンターなど市内各地の競技施設で、雪上サッカーや雪上運動会など一連のイベントが行われている。会期は2月末まで。(包頭=新華社記者/賈立君)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012100706

  •  (3)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見
    2022年02月22日
    (3)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見

    太平遺跡から出土した卜骨(ぼっこつ、占いに使う骨)。(資料写真)中国陝西省西安市でこのほど、約4千年前の大規模な集落跡が発見された。遺跡は太平遺跡と名付けられた。遺跡は同市西咸新区の灃東(ほうとう)新城斗門街道にある。新石器時代後期の客省荘文化に属する大規模集落跡で、年代は約4150~3700年前と推定される。これまでに40万平方メートルで調査を実施し、3900平方メートルを発掘。客省荘第2期文化に属する灰坑173カ所、灰溝2カ所、家屋跡5カ所、墓7基が見つかり、大量の土器、石器、骨角器、動物の骨のほか、少量の玉器と玉原石が出土した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022208380

  •  (4)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見
    2022年02月22日
    (4)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見

    太平遺跡の大型袋式灰坑の壁面と底部。(資料写真)中国陝西省西安市でこのほど、約4千年前の大規模な集落跡が発見された。遺跡は太平遺跡と名付けられた。遺跡は同市西咸新区の灃東(ほうとう)新城斗門街道にある。新石器時代後期の客省荘文化に属する大規模集落跡で、年代は約4150~3700年前と推定される。これまでに40万平方メートルで調査を実施し、3900平方メートルを発掘。客省荘第2期文化に属する灰坑173カ所、灰溝2カ所、家屋跡5カ所、墓7基が見つかり、大量の土器、石器、骨角器、動物の骨のほか、少量の玉器と玉原石が出土した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022208406

  •  (1)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見
    2022年02月22日
    (1)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見

    太平遺跡から出土した土器。(資料写真)中国陝西省西安市でこのほど、約4千年前の大規模な集落跡が発見された。遺跡は太平遺跡と名付けられた。遺跡は同市西咸新区の灃東(ほうとう)新城斗門街道にある。新石器時代後期の客省荘文化に属する大規模集落跡で、年代は約4150~3700年前と推定される。これまでに40万平方メートルで調査を実施し、3900平方メートルを発掘。客省荘第2期文化に属する灰坑173カ所、灰溝2カ所、家屋跡2カ所、墓7基が見つかり、大量の土器、石器、骨角器、動物の骨のほか、少量の玉器と玉原石が出土した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022208378

  •  (2)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見
    2022年02月22日
    (2)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見

    太平遺跡から出土した陶鈴。(資料写真)中国陝西省西安市でこのほど、約4千年前の大規模な集落跡が発見された。遺跡は太平遺跡と名付けられた。遺跡は同市西咸新区の灃東(ほうとう)新城斗門街道にある。新石器時代後期の客省荘文化に属する大規模集落跡で、年代は約4150~3700年前と推定される。これまでに40万平方メートルで調査を実施し、3900平方メートルを発掘。客省荘第2期文化に属する灰坑173カ所、灰溝2カ所、家屋跡2カ所、墓7基が見つかり、大量の土器、石器、骨角器、動物の骨のほか、少量の玉器と玉原石が出土した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022208397

  •  (5)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見
    2022年02月22日
    (5)陝西省で約4千年前の大規模集落遺跡を発見

    太平遺跡の2号家屋跡。(資料写真)中国陝西省西安市でこのほど、約4千年前の大規模な集落跡が発見された。遺跡は太平遺跡と名付けられた。遺跡は同市西咸新区の灃東(ほうとう)新城斗門街道にある。新石器時代後期の客省荘文化に属する大規模集落跡で、年代は約4150~3700年前と推定される。これまでに40万平方メートルで調査を実施し、3900平方メートルを発掘。客省荘第2期文化に属する灰坑173カ所、灰溝2カ所、家屋跡5カ所、墓7基が見つかり、大量の土器、石器、骨角器、動物の骨のほか、少量の玉器と玉原石が出土した。(西安=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022208407

  •  (9)中国の支援医療チーム、モザンビークで活動
    2023年08月01日
    (9)中国の支援医療チーム、モザンビークで活動

    モザンビークの首都マプトにあるマプトセントラル病院で、現地の医師に気管挿管の方法を指導する中国医療チーム麻酔科医の方登峰(ほう・とうほう)さん(右から2人目)。(7月17日撮影)中国の第24次モザンビーク支援医療チームはここ数カ月、現地の医療チームを率いて重篤患者の治療に成功し、臨床上の複雑な課題を相次いで解決してきた。また、新たな医療技術を積極的に駆使することで、現地の医師と患者から評価と信頼を得ている。12人からなる同チームは2022年10月から支援活動を行ってきた。(マプト=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023080106900

  •  (7)成都博物館で宋代金銀器の特別展四川省
    2024年01月28日
    (7)成都博物館で宋代金銀器の特別展四川省

    成都博物館「満庭芳-金銀器に見る宋代の生活」展に展示された鳳頭鈕執壺(ほうとうちゅうしっこ、宋代、成都文物考古研究院蔵)。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で26日、宋代の金銀器120点(組)余りを集めた特別展「満庭芳-金銀器に見る宋代の生活」が始まった。(成都=新華社配信)= 配信日: 2024(令和6)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024012813439

  • 1