KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 風雨
  • 構造
  • 高さ
  • 長さ
  • 楼閣
  • くぎ
  • 奥行き
  • 斗栱
  • 材木

「ほぞ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
83
( 1 83 件を表示)
  • 1
83
( 1 83 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Limestone finial of a funerary stele with two recumbent lions, Archaic, late 6th or early 5th century B.

    Limestone finial of a funerary stele with two recumbent lions, Archaic, late 6th or early 5th century B.C., Cypriot, Limestone, Overall: 13 1/4 x 24 1/2 x 7 in. (33.7 x 62.2 x 17.8 cm), Stone Sculpture, The cavetto finial is decorated with a winged disk; on the underside, a mortise of 4½ x 4 cm was used for attachment to a stele. The two lions are recumbent, back to back, but the hindquarters are raised, leaving an unfilled space below.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022050703933

  • -
    Fragment of a limestone statue of a male votary (worshipper), Archaic,

    Fragment of a limestone statue of a male votary (worshipper), Archaic, probably 1st half of the 6th century B.C., Cypriot, Limestone, Overall: 6 5/8 x 7 1/4 x 1 1/4 in. (16.8 x 18.4 x 3.2 cm), Stone Sculpture, The fragment comes from an over-life-sized statue. Preserved are traces of the figure‘s navel and part of his belt, decorated in low relief. The subject is Herakles in combat with the lion, between oriental vegetation.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022050704052

  • -
    NINO DE LA BARQUITA (1904) CAT 666.

    キーワード:ホアキン・ソローリャ、NINO DE LA BARQUITA (1904) CAT 666. Author: Joaquin Sorolla. Location: MUSEO SOROLLA. MADRID. SPAIN.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019112100272

  • -
    大工たち

    庭先で家大工が建前の前に柱の切り込み作業を行なっている様子。左手前は墨壷を使っている。右手は手斧を使っており、奥は鑿で臍切りを行なう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号84‐25‐0]

    商品コード: 2017081401516

  • 1943年12月30日
    メンタウイ島

    メンダウイ島の少女、臍にはご覧のように旭形の入れ墨がある=撮影年月日不明、インドネシア(番号なし)

    商品コード: 2015062900388

  • 1943年12月30日
    メンタウイ島

    メンダウイ島の少女、臍にはご覧のように旭形の入れ墨がある=撮影年月日不明、インドネシア(番号なし)

    商品コード: 2015062900390

  • 1978年04月08日
    仲津媛陵古墳 「古代の木ゾリ」また出土

    5日に続き発掘された二つ目の木ゾリ「修羅」(しゅら・手前)。大小二つの修羅は運搬する石の大きさに応じて使い分けたとみられる。小型修羅は全長2・9メートル、最大幅0・6メートル。ホゾ穴が後部に二対、四つしかない=1978(昭和53)年4月8日、大阪府藤井寺市の仲津媛(なかつひめ)陵古墳

    商品コード: 2015061000108

  • 2014年06月28日
    Daily Life In Ladakh

    Ladakhi woman herding dzos and dzomos in a small village in Zanskar, Ladakh, Jammu and Kashmir, India. A dzo is a hybrid cross between a yak and a domestic cow and a dzomo is the female counterpart. (Photo by Creative Touch Imaging Ltd./NurPhoto)=クレジット:Creative Touch Imaging Ltd/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062209224

  • 2014年11月05日
    本美濃紙保存会の鈴木さん 昔ながらの作り方守る

    紙をすく本美濃紙保存(ほぞん)会の鈴木豊美(すずきとよみ)さん=10月20日、岐阜県美濃(みの)市

    商品コード: 2014110500424

  • 2015年01月22日
    縄文時代晩期の角材 縄文晩期にほぞ付き角材

    真脇遺跡で見つかった、ほぞ状の突起がある縄文時代晩期の角材(手前)=19日、石川県能登町

    商品コード: 2015012200486

  • 2018年09月27日
    今も現役、トゥチャ族式「吊脚楼」倉庫湖北省恩施

    9月27日、「吊脚楼」食糧倉庫の外観。中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県椒園(しょうえん)鎮には、トゥチャ族式の高床式家屋「吊脚楼(ちょうきゃくろう)」の建築技術を用い4年をかけて建てられた食糧倉庫がある。数十年の風雨に耐え今も変わらず使用されている。1951年秋に完成したこの食糧倉庫には、880トンの食糧が貯蔵できる。倉庫上部には数百本の木材をほぞ組みして梁を作り、その上に中国式の瓦を乗せることで通気性を確保している。底部は数百本の四角形の石柱を支柱に倉庫を持ち上げて高床式倉庫とし、防湿防鼠の機能を持たせている。現在、この食糧倉庫は文化財保護指定を受けて修復作業が行われ、一部が一般公開されている。(恩施=新華社配信/宋文)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919791

  • 2018年09月27日
    今も現役、トゥチャ族式「吊脚楼」倉庫湖北省恩施

    9月27日、倉庫内で食糧貯蔵のための道具を運ぶ作業員。中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県椒園(しょうえん)鎮には、トゥチャ族式の高床式家屋「吊脚楼(ちょうきゃくろう)」の建築技術を用い4年をかけて建てられた食糧倉庫がある。数十年の風雨に耐え今も変わらず使用されている。1951年秋に完成したこの食糧倉庫には、880トンの食糧が貯蔵できる。倉庫上部には数百本の木材をほぞ組みして梁を作り、その上に中国式の瓦を乗せることで通気性を確保している。底部は数百本の四角形の石柱を支柱に倉庫を持ち上げて高床式倉庫とし、防湿防鼠の機能を持たせている。現在、この食糧倉庫は文化財保護指定を受けて修復作業が行われ、一部が一般公開されている。(恩施=新華社配信/宋文)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919941

  • 2018年09月27日
    今も現役、トゥチャ族式「吊脚楼」倉庫湖北省恩施

    9月27日、「吊脚楼」食糧倉庫底部の石柱。中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県椒園(しょうえん)鎮には、トゥチャ族式の高床式家屋「吊脚楼(ちょうきゃくろう)」の建築技術を用い4年をかけて建てられた食糧倉庫がある。数十年の風雨に耐え今も変わらず使用されている。1951年秋に完成したこの食糧倉庫には、880トンの食糧が貯蔵できる。倉庫上部には数百本の木材をほぞ組みして梁を作り、その上に中国式の瓦を乗せることで通気性を確保している。底部は数百本の四角形の石柱を支柱に倉庫を持ち上げて高床式倉庫とし、防湿防鼠の機能を持たせている。現在、この食糧倉庫は文化財保護指定を受けて修復作業が行われ、一部が一般公開されている。(恩施=新華社配信/王俊)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919223

  • 2018年09月27日
    今も現役、トゥチャ族式「吊脚楼」倉庫湖北省恩施

    9月27日、倉庫の屋根に雨漏りがないかを確認する作業員。中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県椒園(しょうえん)鎮には、トゥチャ族式の高床式家屋「吊脚楼(ちょうきゃくろう)」の建築技術を用い4年をかけて建てられた食糧倉庫がある。数十年の風雨に耐え今も変わらず使用されている。1951年秋に完成したこの食糧倉庫には、880トンの食糧が貯蔵できる。倉庫上部には数百本の木材をほぞ組みして梁を作り、その上に中国式の瓦を乗せることで通気性を確保している。底部は数百本の四角形の石柱を支柱に倉庫を持ち上げて高床式倉庫とし、防湿防鼠の機能を持たせている。現在、この食糧倉庫は文化財保護指定を受けて修復作業が行われ、一部が一般公開されている。(恩施=新華社配信/宋文)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919492

  • 2018年09月27日
    今も現役、トゥチャ族式「吊脚楼」倉庫湖北省恩施

    9月27日、倉庫外の窓を確認する作業員。中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県椒園(しょうえん)鎮には、トゥチャ族式の高床式家屋「吊脚楼(ちょうきゃくろう)」の建築技術を用い4年をかけて建てられた食糧倉庫がある。数十年の風雨に耐え今も変わらず使用されている。1951年秋に完成したこの食糧倉庫には、880トンの食糧が貯蔵できる。倉庫上部には数百本の木材をほぞ組みして梁を作り、その上に中国式の瓦を乗せることで通気性を確保している。底部は数百本の四角形の石柱を支柱に倉庫を持ち上げて高床式倉庫とし、防湿防鼠の機能を持たせている。現在、この食糧倉庫は文化財保護指定を受けて修復作業が行われ、一部が一般公開されている。(恩施=新華社配信/宋文)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919168

  • 2018年09月27日
    今も現役、トゥチャ族式「吊脚楼」倉庫湖北省恩施

    9月27日、倉庫の防湿状況を確認する作業員。中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県椒園(しょうえん)鎮には、トゥチャ族式の高床式家屋「吊脚楼(ちょうきゃくろう)」の建築技術を用い4年をかけて建てられた食糧倉庫がある。数十年の風雨に耐え今も変わらず使用されている。1951年秋に完成したこの食糧倉庫には、880トンの食糧が貯蔵できる。倉庫上部には数百本の木材をほぞ組みして梁を作り、その上に中国式の瓦を乗せることで通気性を確保している。底部は数百本の四角形の石柱を支柱に倉庫を持ち上げて高床式倉庫とし、防湿防鼠の機能を持たせている。現在、この食糧倉庫は文化財保護指定を受けて修復作業が行われ、一部が一般公開されている。(恩施=新華社配信/宋文)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100919130

  • 2018年09月27日
    今も現役、トゥチャ族式「吊脚楼」倉庫湖北省恩施

    9月27日、つり下げられた種もみをチェックする作業員。中国湖北省恩施(おんし)トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩(せんおん)県椒園(しょうえん)鎮には、トゥチャ族式の高床式家屋「吊脚楼(ちょうきゃくろう)」の建築技術を用い4年をかけて建てられた食糧倉庫がある。数十年の風雨に耐え今も変わらず使用されている。1951年秋に完成したこの食糧倉庫には、880トンの食糧が貯蔵できる。倉庫上部には数百本の木材をほぞ組みして梁を作り、その上に中国式の瓦を乗せることで通気性を確保している。底部は数百本の四角形の石柱を支柱に倉庫を持ち上げて高床式倉庫とし、防湿防鼠の機能を持たせている。現在、この食糧倉庫は文化財保護指定を受けて修復作業が行われ、一部が一般公開されている。(恩施=新華社配信/宋文)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918875

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.34
    2019年02月22日
    「新華社」古代の帆船を復元した「福寧号」、無事進水福建省寧徳市

    福建省寧徳(ねいとく)市蕉城(しょうじょう)区漳湾(しょうわん)鎮で22日、中国古代の帆船である福船(福建船とも呼ばれる)を復元した「福寧号」が順調に進水し、その貴重な瞬間を見学しようと大勢の人々が集まった。「福寧号」の造船には、国家級無形文化遺産に登録されている水密区画福船製造技術が用いられている。クスノキ、マツ、スギを主な材料とし、ほぞ継ぎや水漏れ防止などの核心技術を用いることで船体強度を高め、船室を仕切って水密区画を作り、非常時に水密扉を閉鎖することで浸水を防ぐ構造。師傅頭と呼ばれる職人のリーダーが指揮をとり、大勢の職人が緊密に連携して完成させた。設計と製造に携わった国家級無形文化遺産伝承者の劉細秀(りゅう・さいしゅう)氏によると、「福寧号」の船体は長さ41・6メートル、幅12メートル、中央の帆柱を含めた高さは26メートルで、これまで世界最大の木造帆船とされていたスウェーデンの復元船「イエテボリ号」の長さと幅を超えたという。福船を復元した「福寧号」は進水後、さらに動力系統の設置検査を行い、竣工後間もなく、漁業観光レジャー船として就航する見込み。(記者/郭圻)<映像内容>中国古代の帆船を復元した「福寧号」の様子、撮影日:2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022701568

  • 2019年05月17日
    Weekend Animal Sponsorship Survey - Pekari

    17 May 2019, Saxony, Leipzig: A Chaco-Pekari, a South American species of umbilical pigs, runs across a meadow in the South American enclosure of Leipzig Zoo. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401104

  • 2019年05月17日
    Weekend Animal Sponsorship Survey - Pekari

    17 May 2019, Saxony, Leipzig: A Chaco-Pekari, a South American species of umbilical pigs, runs across a meadow in the South American enclosure of Leipzig Zoo. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061400907

  • 2019年05月17日
    Weekend Animal Sponsorship Survey - Pekari

    17 May 2019, Saxony, Leipzig: A Chaco-Pekari, a South American species of umbilical pigs, runs across a meadow in the South American enclosure of Leipzig Zoo. Photo: Sebastian Willnow/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401162

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    A water truck sprays the Crawlerway as NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200340

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200379

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200341

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    A water truck sprays the Crawlerway to reduce friction asNAS A‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200337

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200427

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200368

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200385

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    A Technician controls the Crawler from his cab as NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200392

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200395

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200459

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200422

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200347

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200430

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200390

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    Water trucks spray the Crawlerway to reduce friction as NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200346

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200339

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    A Technician walks along with the Crawler Transporter as NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200398

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    A Technician inspects the treads on NASA‘s Crawler Transporter as NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200348

  • 2019年06月27日
    NASA rolls Mobile Launch Platform to Complex 39B at the Kennedy Space Center NASA ROLLS LAUNCH TOWER TO 39B

    A Technician inspects the Crawler Transporter treads as NASA‘s Mobile Launcher rolls toward Launch Complex 39B at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, June 27, 2019. The Platform and Umbilical Tower will be placed on top of the historic pad for mechanical and electrical testing. Once completed, the mobile tower will return to the Vehicle Assembly Building where NASA will begin to construct the Space Launch System (SLS) rocket. The SLS is NASA‘s chosen vehicle to launch the Orion Spacecraft on future lunar and deep space missions. Photo by Joe Marino-Bill Cantrell/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070200370

  • 02:00.42
    2019年07月10日
    「新華社」名匠が5200本の箸で築いた建築模型福建省仙遊県

    中国福建省莆田(ほでん)市仙遊県の工芸職人、陳金捷(ちん・きんしょう)さんは、5200本の箸を使い、45日間かけて蘇州庭園の古建築模型を完成させた。まさに匠の技といえる。「秋山雲居」と名付けられた長さ1・30メートル、高さ45センチメートルの手作り作品はインターネット上で注目を集めている。華麗な模型作品は陳さんの自宅に置かれている。建物は2階建てで、階段、柱、目隠し用の塀、楼閣、反り返った屋根など、細部にわたり緻密に仕上げられている。門を入るとすぐ塀があり、1階の両側に部屋、2階に4本の柱を持つあずまやが配置され、左右に長い廊下が延びる。大広間や客間、寝室などもそろっている。さらに驚くべきことに、「秋山雲居」の小さな窓や扉は実物と同様に開け閉めすることができる。作りはしっかりしているが、くぎやねじは見当たらない。陳さんによれば、この作品に使われているのは箸とのりだけで、計5200本の箸を古くからあるほぞ・ほぞ穴を利用した接合方法で組み上げたという。仙遊県は「工芸美術の里」「中国古典工芸家具の都」として全国的に知られており、多くの名匠が存在する。(記者/林凱)<映像内容>5200本の箸で築いた蘇州庭園の古建築模型、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005892

  • 02:30.44
    2019年08月16日
    「新華社」【字幕あり】古建築の技術を積み木に浙江省杭州市

    「2019淘宝造物節(タオバオ・メーカー・フェスティバル)」の開催発表会が16日、中国浙江省杭州市で開かれた。同フェスティバルは杭州市を会場に9月12日から14日間開催される。発表会の会場ではこの日、ブロック玩具のように各部材を組み立てた、中国では「榫卯(しゅんぼう)構造」と呼ばれる工法で作られた精巧な古建築模型が展示された。山西省の五台山にある仏光寺をモデルにしたこの模型は、長さ23センチ、幅13センチ、高さ13センチ。実物を100分の1に縮小し、非常に緻密に作られている。模型の作者は、古建築の縮小模型の設計・制作と研究開発を手掛ける晚峰書屋の創業者、劉文輝(りゅう・ぶんき)さん。劉さんが作りたいのは中国版のブロック玩具で、一般市民の古建築という芸術に対する関心と熱意を呼び起こしたいと考えているという。「榫卯構造」とは、中国で古くから用いられる木の部材に作った凹凸部を組み合わせて部材同士を連結する独特の工法をいう(榫は「ほぞ」、卯は「ほぞ穴」を指す)。「榫卯」は建築や家具に広く応用されており、その構造設計は科学的で精巧、部材同士を結合するのに釘など金属を一切用いていないが、耐久性は100年に及ぶという。古建築の模型を実物と同じように作るのは簡単ではない。例えば斗栱(ときょう)の模型は、単純な積み木とは異なり、縦横の材木それぞれの「ほぞ」を「ほぞ穴」に差し込んで連結し、一つの部材を完成する。各材木にはミリ単位の精度で精緻な切り出しと彫刻が施され、わずかでも誤差があると構造に大きな問題を引き起こす。一つの精巧で美しい斗栱の模型は、幾度もの試行錯誤によって誕生する。劉さんはその努力を重ねてきた。(記者/張璇、宋立峰)<映像内容>古建築模型の展示、ブロック玩具のように各部材を組み立てる様子、撮影日:2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2019082001885

  • 2020年07月16日
    Traditional Chinese Medicine In Summer

    A patient performs umbilical moxibustion with traditional Chinese medicine, Lianyungang city, Jiangsu Province, China, July 16, 2020.=2020(令和2)年7月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120812454

  • 2020年07月16日
    Traditional Chinese Medicine In Summer

    A patient performs umbilical moxibustion with traditional Chinese medicine, Lianyungang city, Jiangsu Province, China, July 16, 2020.=2020(令和2)年7月16日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021120812493

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月26日
    (5)新疆のチェルクート古城、漢晋時代の上級都市と判明

    チェルクート古城遺跡で出土したほぞ継ぎ構造の朱塗りの木柱。(資料写真)中国の北京大学考古文博学院と新疆ウイグル自治区文物考古研究所が2018~20年に合同で実施した発掘調査で、ブグル(輪台)県にあるチェルクート(卓爾庫特)古城遺跡が、漢晋時代にタリム盆地北端の上級都市の一つだったことが判明した。調査では、古城の形状が三重構造で、使用された年代が戦国~魏晋時代だったことが分かった。「高台城址」と名付けられたエリアでは、規模が大きく、格式の高い建物跡も見つかった。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012703750

  • 2021年03月01日
    Daily life in Tokyo, Japan - 01 Mar 2021

    キーワード:東京、浅草、浅草寺、宝蔵門、女性、晴れ着、和服、着物、姿、後ろ姿-March 1, 2021, Tokyo, Japan: Visitors dressed in Kimono inside Asakusa Shrine walk through Hozomon gate. (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031704230

  • 2021年03月31日
    U.S. Navy Aircraft Carrier USS Theodore Roosevelt Patrols Indian Ocean

    STYLELOCATIONThe U.S. Navy Nimitz-class, nuclear-powered, aircraft carrier USS Theodore Roosevelt during a routine patrol with the 7th Fleet March 31, 2021 on the Indian Ocean. (Credit Image: © Mc2 Casey Scoular/Planetpix/Planet Pix via ZUMA Wire)、クレジット:©Mc2 Casey Scoular/Planetpix/Planet Pix via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040202853

  • 2021年04月01日
    (6)山西省で2千年以上前の大型木造井戸遺構を発見

    陽泉市で見つかった井戸遺構の井戸壁に見られるほぞ接ぎ構造。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、最新の調査成果を発表し、同省陽泉市で規模が大きく保存状態の良い木造井戸の遺構を発見したと明らかにした。木製部材の年代測定などにより、井戸の建築と使用年代は戦国末期から前漢初期だと判断した。(陽泉=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040113599

  • 2021年04月17日
    (2)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、生徒に孔明鎖に関する知識を解説する、河北省沙河市の孔明鎖職人の侯全辰さん。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704493

  • 2021年04月17日
    (3)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、孔明鎖を体験する河北省沙河市第四中学の生徒。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704472

  • 2021年04月17日
    (5)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、孔明鎖を体験する河北省沙河市第四中学の生徒。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704470

  • 2021年04月17日
    (1)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、生徒に孔明鎖に関する知識を解説する、河北省沙河市の孔明鎖職人の侯全辰さん。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704471

  • 2021年04月17日
    (4)孔明鎖で無形文化遺産の知恵の伝承河北省沙河市

    14日、生徒に孔明鎖に関する知識を解説する、河北省沙河市の孔明鎖職人の侯全辰さん。中国河北省沙河市第四中学で14日、諸葛亮(しょかつ・りょう、孔明)が発明したとされる立体パズル「孔明鎖」を使った無形文化遺産の保護・伝承イベントが行われた。講師として招かれた地元の孔明鎖職人の侯全辰(こう・ぜんしん)さんが、孔明鎖の制作技法や、中国伝統の木材の接合方法である「ほぞ接ぎ」に関する知識を生徒に解説した。同市ではここ数年、無形文化遺産関連の活動を積極的に実施している。地元の特色のある無形文化遺産を学校で紹介し、生徒らに民間伝統技法の魅力を間近で感じてもらいながら、無形文化遺産の保護や伝承を促進するのが狙い。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041704473

  • 2021年05月27日
    President Macron Visits Genocide Memorial - Kigali

    French President Emmanuel Macron and Valerie Mukabayire, la présidente de l‘association des veuves du génocide, AVEGA Agahozo at Kigali Genocide Memorial, where some 250,000 victims of the massacres are buried, in Kigali on May 27, 2021. Photo by Eliot Blondet/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月27日、クレジット:Blondet Eliot/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060412130

  • 2021年05月27日
    President Macron Visits Genocide Memorial - Kigali

    French President Emmanuel Macron and Valerie Mukabayire, la présidente de l‘association des veuves du génocide, AVEGA Agahozo at Kigali Genocide Memorial, where some 250,000 victims of the massacres are buried, in Kigali on May 27, 2021. Photo by Eliot Blondet/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月27日、クレジット:Blondet Eliot/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060412151

  • 2021年05月27日
    President Macron Visits Genocide Memorial - Kigali

    French President Emmanuel Macron and Valerie Mukabayire, la présidente de l‘association des veuves du génocide, AVEGA Agahozo at Kigali Genocide Memorial, where some 250,000 victims of the massacres are buried, in Kigali on May 27, 2021. Photo by Eliot Blondet/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月27日、クレジット:Blondet Eliot/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060412170

  • 2021年05月27日
    President Macron Visits Genocide Memorial - Kigali

    French President Emmanuel Macron and Valerie Mukabayire, la présidente de l‘association des veuves du génocide, AVEGA Agahozo at Kigali Genocide Memorial, where some 250,000 victims of the massacres are buried, in Kigali on May 27, 2021. Photo by Eliot Blondet/ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年5月27日、クレジット:Blondet Eliot/ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060412250

  • 01:33.18
    2021年11月24日
    「新華社」驚きの職人技!福建省の職人、竹の棒2千本で蘇州庭園を制作

    中国福建省莆田(ほでん)市仙遊県榜頭鎮象塘村ではこのところ、住民の陳金捷(ちん・きんしょう)さん(42)が竹の棒2千本を使い、6カ月かけて作り上げた蘇州庭園の模型が評判を呼んでいる。陳さんは若くして木工の道に入り、広東省広州市で伝統家具店を開いた。2017年からは地元特産の割り箸の材料となる竹を使った古建築の模型制作に専念している。面積3平方メートル未満の作品でも制作には半年以上かかるが、手間を惜しまない繊細な仕事を続けるうちに販路が開け、今年3月には中国の古建築の精華「蘇州庭園」の模型に挑戦することを決意した。全体に古来のほぞ組み工法を用い、接着剤やくぎは使わない。陳さんによると、擬古建築模型には刺しゅうと同等の手数を要し、中でも小窓の類いが最も腕を問われるという。陳さんの5番目の作品となった蘇州庭園の古建築模型は、奥行き160センチ、幅140センチ、高さ70センチ、重さ約30キロ。16室で構成され、小さいながらもあずまやや楼閣、階段や庭などを備えている。(記者/林凱) =配信日: 2021(令和3)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112407899

  • 2022年03月22日
    News - March 22, 2022

    March 22, 2022, USA: Many Spanish colonial furniture pieces incorporate a mortise and tenon joint. One of Miguel Chavez‘s signature styles is to make the tenon longer and cut off the sharp corners, as he‘s done on a child‘s chair in his wood shop at his home in Santa Fe, Tuesday, March 22, 2022. (Credit Image: © Eddie Moore/Albuquerque Journal via ZUMA Press Wire)、クレジット:©Eddie Moore/Albuquerque Journal via ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022040202956

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (1)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台の牌坊(はいぼう)と真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010585

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (2)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    正面から見た真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010699

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (7)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010738

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (10)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣と脇に立つ碑刻。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010740

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (9)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台真武閣の夜景。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010741

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (15)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣の斗栱。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010744

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (6)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010735

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (21)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣の1層面。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010782

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (24)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台に隣接する繍江ふ頭。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010787

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (20)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣からの眺め。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010789

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (5)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010709

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (11)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣の2層目内部。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010736

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (3)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010742

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (13)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣2層目の宙に浮いた柱。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010743

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (16)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣2層目の内部。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010750

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (19)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣3層目の内部。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010755

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (8)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台に隣接する繍江ふ頭。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010737

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (12)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣2層目の宙に浮いた柱。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010746

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (23)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    正面から見た真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010793

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (22)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣1層目から望む経略台牌坊。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010784

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (18)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    正面から見た真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010753

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (17)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣2層目の柱。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010748

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (14)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    真武閣の軒。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010797

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年06月10日
    (4)経略台真武閣を訪ねて広西チワン族自治区

    経略台真武閣。(5月18日撮影)中国広西チワン族自治区玉林市容県にある道教建築、経略台真武閣は、基壇部分の経略台と上部建築の真武閣からなる。1982年に第5次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。経略台は唐の大暦3(768)年、官僚で著名詩人の元結(げん・けつ)が容管経略使(現在の広西チワン族自治区内に設置された国境地帯の軍事長官)として同地に赴任した際、軍事訓練や景色観賞のために建造した。長さ約50メートル、幅約15メートルで、高さは約4メートルある。真武閣は明の万暦元(1573)年に3層の楼閣として建てられた。当初は廊舎など付属建築があったが、現在は真武閣のみが残る。真武閣は独特の風格を持つ木造建築で、高さは13・2メートル、間口13・8メートル、奥行き11・2メートル。石のように堅いセイロンテツボクの材木を大小3千近く組み合わせており、優美かつ堅固で統一感のある造りとなっている。1層目には巨大な20本の柱を用い、うち8本は最上階まで通し、3層全体の荷重を受けている。柱の間は梁と枋(ほう、横木)で相互に連結し、柱上部には斗栱(ときょう、ますぐみ)を設けて角材を支えている。2層目にある4本の支柱は、上層の床板や梁、柱、屋根瓦などを支えているが、柱脚は宙に3センチほど浮いており、全体構造の中でも最も奇抜かつ精巧な部分となっている。くぎは一本も使われておらず、木と木を組み合わせる「ほぞ継ぎ」だけで建てられている。400年余りの間、風雨や地震で倒壊することなく今に残っており、中国古建築の傑作とされる。(容県=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022061010711

  • 1