KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • メアリーエバンス
  • 蒸しパン
  • 新型肺炎
  • マントウ
  • デザイン
  • キャラクター
  • オーナー
  • 伝統文化
  • 寝泊まり
  • アルシャー

「まんじゅう」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
380
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
380
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月20日
    (8)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウの作り方を学ぶ生徒ら。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (10)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    15日、明代の長編小説「西遊記」の登場人物をかたどったマントウ。中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (14)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    明代の長編小説「西遊記」の主人公、孫悟空をかたどったマントウ。(2020年6月22日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社配信/欧陽勤芸)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (11)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウの作り方を指導する欧陽さん。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (7)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウ作りに必要な生地の量について生徒に説明する欧陽さん。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (5)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、マントウ生地のこね方を生徒に教える欧陽さん(右)。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (9)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウの作り方を教える欧陽さん(奥中央)。(3月26日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (13)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    13日、唐代の俑(副葬品の人形)をかたどったマントウ。蒸す前(左)と蒸した後(右)。(組み合わせ写真)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (6)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    13日、唐代の俑(副葬品の人形)をかたどったマントウ。中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (12)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    13日、重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウのデザインスケッチを描く欧陽さん。中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (2)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    きのこをかたどったマントウ。(2020年4月3日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社配信/欧陽勤芸)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (3)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    15日、重慶市渝北区のキッチンスタジオで、飾りマントウを見せる欧陽さん。中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    15日、重慶市渝北区のキッチンスタジオで、自身が作った飾りマントウを生徒に見せる欧陽さん。中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社記者/黄偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.94
    2021年04月20日
    「新華社」元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(記者/李愛斌) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    上海の老舗レストラン、桜にちなみピンクの小籠包を新発売

    南翔饅頭店が売り出したピンク色の小籠包。(資料写真)中国上海市の豫園商城にある、無形文化遺産の技術を受け継ぐ南翔饅頭店がこのほど、桜の季節に合わせて皮がピンク色をした小籠包を発売した。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    (6)10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    3日、「永恒陽光」マントウ店を訪れた人たち。中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」。以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    (1)10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    3日、「永恒陽光」マントウ店で、マントウを作るオーナー(右奥)とボランティア。中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    (3)10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    2日、「永恒陽光」マントウ店を訪れた人。中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」。以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.11
    2021年03月08日
    「新華社」10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(記者/魏培全) =配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    (2)10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    2日、「永恒陽光」マントウ店で、マントウを受け取る清掃員。中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」。以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    (4)10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    2日、「永恒陽光」マントウ店の外観。中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」。以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    (7)10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    2日、「永恒陽光」マントウ店で働くボランティア。中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」。以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    (5)10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    2日、「永恒陽光」マントウ店で、マントウを受け取る高齢者。中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」。以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    (8)10年間に500万個、温もり届けるマントウ店福建省

    3日、「永恒陽光」マントウ店で働くオーナー(右)とボランティア。中国福建省石獅(せきし)市には、開業から10年を迎えた「特別」なマントウ(饅頭、中国式蒸しパン)の店がある。「永恒陽光」という名のこの店はこれまで、一般的な顧客には販売せず、経済的な支援を必要としている人たちに約500万個のマントウを無料で配布してきた。店の前に置かれた看板には、次のように書かれている。「当店は全てのマントウを困難な問題を抱える人たちに無料で配布しています。販売はしませんので、ご了承ください。生活に困っている一時帰休者、所得の低い貧困家庭、就職活動に奔走する卒業生、生活に困っている高齢者、ホームレスなどの皆さん、無料なのでご利用ください」。以前、同市で働いた経験を持つ店のオーナーは、縫製工場の経営者で、昔世話になった地元の人々に恩返ししようと、マントウの無料配布を始めたという。開店当初は控えめに慈善活動をしたいと思っていたが、この10年間は春節(旧正月)期間中だけ休み、新型コロナウイルス感染症が発生した後も休まず「営業」を続けてきた。(石獅=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月16日
    WORLD‘S SMALLEST SEMLA BUN WORLD‘S SMALLEST SEMLA BUN

    The world‘s smallest semla bun. Café owners Malin Soderholm and Geir Hansteen Jorgensen baking the world‘s smallest semla bun. The width of this tiny bun is 2.73 millimeters. The world record attempt will be submitted to the Guinness Book of Records for registration. Picture: Roberto Rufo, who wittnessed the world record attempt together with his parrot Ake. The parrot ate the bun.Photo: Nils Petter Nilsson / Aftonbladet / TT code 2512=2021(令和3)年2月16日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月16日
    WORLD‘S SMALLEST SEMLA BUN WORLD‘S SMALLEST SEMLA BUN

    The world‘s smallest semla bun. Café owners Malin Soderholm and Geir Hansteen Jorgensen baking the world‘s smallest semla bun. The width of this tiny bun is 2.73 millimeters. The world record attempt will be submitted to the Guinness Book of Records for registration. Picture: Roberto Rufo, who wittnessed the world record attempt together with his parrot Ake. The parrot ate the bun.Photo: Nils Petter Nilsson / Aftonbladet / TT code 2512=2021(令和3)年2月16日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月16日
    WORLD‘S SMALLEST SEMLA BUN WORLD‘S SMALLEST SEMLA BUN

    The world‘s smallest semla bun. Café owners Malin Soderholm and Geir Hansteen Jorgensen baking the world‘s smallest semla bun. The width of this tiny bun is 2.73 millimeters. The world record attempt will be submitted to the Guinness Book of Records for registration. Picture: Geir is looking at the bun with a magnifying glass. Photo: Nils Petter Nilsson / Aftonbladet / TT code 2512=2021(令和3)年2月16日、クレジット:TT News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    まんじゅうとカード 「あなたも振り向いて」

    チョコ入りまんじゅうと、背後から襲われやすいひったくりや性犯罪などに注意を促すメッセージカード

  • 2021年02月08日
    (1)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、子どもたちに花饃にまつわる伝統文化を紹介する山東省浜州市沾化区富国街道の住民、王金満(おう・きんまん)さん(右から3人目)。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (2)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、山東省浜州市沾化区富国街道富中社区で、子どもたちにさまざまな形をした花饃を紹介する住民。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    (3)年越し文化体験イベントで伝統を知る山東省浜州市

    5日、山東省浜州市沾化区富国街道富中社区の住民が作った花饃。春節(旧正月)を間近に控え、中国山東省浜州市沾化(せんか)区富国街道の富中社区(コミュニティー)でこのほど、年越し文化体験イベントが開かれた。社区の住民は、寿桃(祝い事がある時に食べる桃の形をしたまんじゅう)や福袋、ヒョウタンなどをかたどった手作りの花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を使って、沾化区第一実験小学校の子どもたちにその歴史や伝承、制作技法を紹介した。子どもたちは伝統文化への理解を深めながら、年越しムードあふれるひとときを楽しんだ。(浜州=新華社記者/范長国)= 配信日: 2021(令和3)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月04日
    ずんだ餅のアイス 商品ニュース

    丸永製菓の「あいすまんじゅう ずんだもち」

  • 2020年10月31日
    法話付きまんじゅう

    「しんどい心の処方箋まんじゅう」と法話

  • 2020年09月11日
    発売されたまんじゅう 首相退陣まんじゅうも登場

    安倍首相の退陣表明を受け発売された「ありがとう!!!晋ちゃんまんじゅう」

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加し交流する地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントで小麦粉料理をほおばる子ども。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月22日
    キリバスで中国グルメ交流会開催

    22日、キリバスの首都タラワで、中国グルメのイベントに参加した地元の人々。キリバスの首都タラワにある居住区「ラーニングガーデン」で22日、中鉄一局集団のキリバス事務所と、現地の団体「キリバスホームガーデン」が共同でグルメ交流会を開催した。イベントでは主に、中国陝西省の麻食(マーシー、一口サイズの麺料理)や肉夾饃(ロウジャーモー、中国風のハンバーガー)、河南省の滷麺(ルーミエン、あんかけ麺)や包子(バオズ、肉や野菜のあんを包んだ蒸しまんじゅう)など、中国の代表的な小麦粉料理が紹介された。中国の伝統的な料理法と地元の新鮮な食材で、参加者は中国・キリバス折衷グルメを楽しんだ。(シドニー=新華社配信/王剛)=2020(令和2)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年08月18日
    World News - August 18, 2020

    August 18, 2020, Kingston, on, Canada: Peter Hern, 74, a resident of the Belle Island homeless encampment, is shown in Kingston, Ont., on August 18, 2020. Peter Hern rolls around the encampment where he lives in Kingston, Ont., in his wheelchair toward a large table filled with food. He grabs a bun and starts eating. About a dozen tents and a few wooden shacks dot Belle Park, the place he has called home for the past three months. (Credit Image: © Lars Hagberg/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Lars Hagberg/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2020年08月12日
    Tourism in Sassnitz

    12 August 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Sassnitz: A long queue has formed in front of the fishing cutter “Heimat“. Numerous tourists queue up for fresh fish rolls. In the foreground a seagull flies past. The birds like to steal the fish buns from tourists. Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月08日
    ニコニコ饅頭本舗 旅行者の足回復で巻き返し

    JR立野駅前にある「ニコニコ饅頭本舗」に並ぶ人たち=8日、熊本県南阿蘇村

    撮影: 8日、熊本県南阿蘇村

  • 2020年07月22日
    矢崎文彦さん まんじゅうの味、忘れない

    中国湖北省・応城に駐屯した体験を語る矢崎文彦さん

  • 2020年07月08日
    元デザイナーが生み出すかわいい「飾りマントウ」重慶市

    パンダをかたどったマントウ。(2020年7月8日撮影)中国重慶市出身の「80後」(1980年代生まれ)の女性、欧陽勤芸(おうよう・きんげい)さんは、ファッションデザイナーから「マントウ(饅頭、中国式蒸しパン)デザイナー」に転身した。欧陽さんは2019年にSNSサイトで偶然、アニメキャラクターをかたどったマントウを目にしてから転職を決意し、見た目がかわいらしく、味もおいしい「飾りマントウ」の作り方を模索し始めた。たゆまぬ努力を経て、欧陽さんは2万種類余りのマントウのデザインを生み出した。見た目とおいしさを兼ね備えたマントウの写真をSNSにアップするたびに、多くの人たちの好評を博している。欧陽さんは現在、オンラインマントウ教室を立ち上げ、より多くの愛好家に飾りマントウの作り方を覚えてもらおうと努めている。(重慶=新華社配信/欧陽勤芸)=配信日:2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月14日
    Black Lives Matter protest in Leeds, UK - 14 Jun 2020

    June 14, 2020, Leeds, United Kingdom: A protester holds a placard saying ‘bun the hate‘ during a demonstration..Thousands of demonstrators gather in Millennium square as part of the Black Lives Matter campaign to protest against Racism in the UK, and the killing of George Floyd by Police in USA. (Credit Image: © Patrick Bannon/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Patrick Bannon/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    老舗小籠包店の創業120周年を祝う親子イベント開催上海市

    5月30日、小籠包の生地を伸ばす子どもたち。小籠包(しょうろんぽう)専門店として中国上海市随一の知名度を誇る老舗「南翔饅頭店」の創業120周年を祝う親子文化体験イベント「南翔小当家(小籠包作りを体験しよう)」が5月30日、同市豫園九曲橋の畔にある同店で開催された。同市の湖北省支援医療チームメンバーの家族や新型コロナウイルス感染症対策の最前線で治療にあたった同市の医療従事者の家族40組が参加した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    老舗小籠包店の創業120周年を祝う親子イベント開催上海市

    5月30日、子どもたちに小籠包の包み方を教える「南翔饅頭店」の小籠包制作技術の6代目伝承者、游玉敏(ゆう・ぎょくびん)さん。小籠包(しょうろんぽう)専門店として中国上海市随一の知名度を誇る老舗「南翔饅頭店」の創業120周年を祝う親子文化体験イベント「南翔小当家(小籠包作りを体験しよう)」が5月30日、同市豫園九曲橋の畔にある同店で開催された。同市の湖北省支援医療チームメンバーの家族や新型コロナウイルス感染症対策の最前線で治療にあたった同市の医療従事者の家族40組が参加した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    老舗小籠包店の創業120周年を祝う親子イベント開催上海市

    5月30日、小龍包作りを体験する子ども。小籠包(しょうろんぽう)専門店として中国上海市随一の知名度を誇る老舗「南翔饅頭店」の創業120周年を祝う親子文化体験イベント「南翔小当家(小籠包作りを体験しよう)」が5月30日、同市豫園九曲橋の畔にある同店で開催された。同市の湖北省支援医療チームメンバーの家族や新型コロナウイルス感染症対策の最前線で治療にあたった同市の医療従事者の家族40組が参加した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    老舗小籠包店の創業120周年を祝う親子イベント開催上海市

    5月30日、小籠包の包み方を学ぶ子ども。小籠包(しょうろんぽう)専門店として中国上海市随一の知名度を誇る老舗「南翔饅頭店」の創業120周年を祝う親子文化体験イベント「南翔小当家(小籠包作りを体験しよう)」が5月30日、同市豫園九曲橋の畔にある同店で開催された。同市の湖北省支援医療チームメンバーの家族や新型コロナウイルス感染症対策の最前線で治療にあたった同市の医療従事者の家族40組が参加した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月30日
    老舗小籠包店の創業120周年を祝う親子イベント開催上海市

    5月30日、小籠包作りを体験する子どもたち。小籠包(しょうろんぽう)専門店として中国上海市随一の知名度を誇る老舗「南翔饅頭店」の創業120周年を祝う親子文化体験イベント「南翔小当家(小籠包作りを体験しよう)」が5月30日、同市豫園九曲橋の畔にある同店で開催された。同市の湖北省支援医療チームメンバーの家族や新型コロナウイルス感染症対策の最前線で治療にあたった同市の医療従事者の家族40組が参加した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月12日
    中国伝統文化を取り入れた「国潮」商品、豫園で人気上海市

    12日、豫園の九曲橋近くにある南翔饅頭店の入り口に設置された「国潮」と書かれた看板。中国上海市の商業文化スポット、豫園の老舗ブランドがこのところ、消費促進を狙い、「国潮」と呼ばれる伝統文化を取り入れた新たな商品を次々と打ち出し、消費者の人気を集めている。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」で、豆腐や大根、たけのこ、きゅうりなどの供物を持つ黄檗宗の僧侶。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、万福寺で営まれた宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月03日
    日本の黄檗宗、新型コロナ早期終息を祈願

    3日、京都府宇治市の黄檗宗大本山万福寺。日本三禅宗の一つ、黄檗(おうばく)宗の大本山万福寺(京都府宇治市)は3日、宗祖・隠元禅師の命日法要「開山祥忌」を営み、世界平和と新型コロナウイルスの早期終息、中日両国の世代友好を祈願した。隠元は中国明代の臨済宗を代表する僧で、1654年に日本へ渡来した。法要には、隠元の故郷、福建省福清県にルーツを持つ在日華僑で一般社団法人黄檗文化促進会理事長の陳熹(ちん・き)氏を始め、日本福建経済文化促進会の呉啓竜(ご・けいりゅう)会長、日中福清商工会の渡辺竜治会長ら華僑同胞が参列した。法要では豆腐や大根、たけのこ、きゅうり、サヤインゲンなどが供えられた。黄檗宗の僧侶によると、インゲンマメやレンコンは隠元が中国から日本にもたらしたとされる。また、黄檗宗の僧侶は長きにわたり中国風の食生活を続けたことから、彼らが食したごま豆腐や黄檗豆腐、黄檗饅頭なども日本の寺院や民間に伝わり、日本人の食生活に隠れた影響をもたらしたという。(京都=新華社配信)=2020(令和2)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月31日
    杭州市、16億8千万元分の電子クーポンを発行経済持ち直しへ

    3月31日、浙江省杭州市のまんじゅう店で顧客を取り込むために張り出された「本店は杭州市の消費クーポン券が利用可能」との掲示。中国浙江省杭州市はこのほど、総額16億8千万元(1元=約15円)の消費クーポン券を発行して消費活動を活性化させると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が地元経済に与えた影響を緩和するのが狙い。アリババグループのモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」を通じて電子クーポン券を受け取り、店舗での決済時に使うと割引が適用される。市内の飲食店や商業施設など600万店舗で利用できる。第1弾として発行された50元相当のクーポン券200万枚は、3月27日から利用が始まっている。(杭州=新華社配信/張鐸)=2020(令和2)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    上海の有名店が続々と店内飲食を再開メニュー改革で客を呼び込む

    14日、豫園商城の南翔饅頭店で、小籠包を作る調理人。中国上海市の有名な観光スポット豫園商城では14日から客足が大幅に回復した。老舗レストランが続々と店内飲食を再開し、マスクを着用して訪れた客は待ちに待った美食を存分に堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    上海の有名店が続々と店内飲食を再開メニュー改革で客を呼び込む

    14日、南翔饅頭店で客のテーブルに料理を運ぶホールスタッフ。中国上海市の有名な観光スポット豫園商城では14日から客足が大幅に回復した。老舗レストランが続々と店内飲食を再開し、マスクを着用して訪れた客は待ちに待った美食を存分に堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    上海の有名店が続々と店内飲食を再開メニュー改革で客を呼び込む

    14日、南翔饅頭店を訪れた客。中国上海市の有名な観光スポット豫園商城では14日から客足が大幅に回復した。老舗レストランが続々と店内飲食を再開し、マスクを着用して訪れた客は待ちに待った美食を存分に堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    上海の有名店が続々と店内飲食を再開メニュー改革で客を呼び込む

    14日、南翔饅頭店の小籠包。南翔饅頭とは上海の小籠包のこと。中国上海市の有名な観光スポット豫園商城では14日から客足が大幅に回復した。老舗レストランが続々と店内飲食を再開し、マスクを着用して訪れた客は待ちに待った美食を存分に堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月14日
    上海の有名店が続々と店内飲食を再開メニュー改革で客を呼び込む

    14日、南翔饅頭店の店内で食事をする客。中国上海市の有名な観光スポット豫園商城では14日から客足が大幅に回復した。老舗レストランが続々と店内飲食を再開し、マスクを着用して訪れた客は待ちに待った美食を存分に堪能した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    牧畜と観光業で貧困者から「裕福な切れ者」に転身甘粛省

    12日、甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で、できたての饅頭(中国風蒸しパン)を台所に運ぶ宋天柱さん。中国甘粛省武威市天祝チベット族自治県抓喜秀竜鎮南泥溝村で暮らすチベット族の宋天柱(そう・てんちゅう)さんは、地元の貧困脱却支援策により、自らの努力で「裕福な切れ者」に転身した。わずか3千元(1元=約15円)余りだった一家の年収は、現在20万元を超えるまでになった。宋さんは2013年、貧困者支援ローンを借りて、牛と羊の飼育規模を拡大することを決めた。数年の奮闘の後、宋さんは村民を誘って大規模飼育を展開、同自治県に雪域蔵羊繁殖飼育専門合作社(協同組合)を設立した。今では宋さんの家だけで白ヤク40頭、羊380頭を飼育している。さらに宋さんは数年前、同村の明珠生態観光合作社に加入し、自宅の草原と牧草地を資産として出資し配当を得ているほか、飼育している馬を観光客の乗馬体験用に提供している。牧畜業と観光業により、宋さん一家の収入はますます増加した。この宋さんの例は、地元の貧困脱却の縮図にすぎない。同自治県は13年以降、政策による支援と貧困者自身の努力により1万4336世帯の5万4616人が貧困から脱却し、86村が貧困から脱却した。また13年末に33・8%だった貧困発生率は、19年末には0・07%まで減少した。今年初めには貧困脱却の名を返上し、歴史的にも絶対的な貧困状態から脱却した。(武威=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.32
    2020年02月29日
    「新華社」記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々

    新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、中国ではドライイーストの販売量が急増している。出前サービス大手の美団外売がこのほど発表したリポート「2020春節在宅経済ビッグデータ」によると、自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみとなっている。ベーカリー関連商品の検索数は前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上に増えたという。(済南=新華社記者/趙小羽)<映像内容>自宅待機する人が料理する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け

    23日、ネットショッピングプラットフォーム「美団外売」に出店しているコンビニのネットショップで、今月すでに409袋のイーストが販売された。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々

    23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け

    23日、安微省合肥市のスーパーですでに品切れ状態となったドライイーストの棚。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社記者/陳尚営)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    ドライイーストの売れ行き好調手作りブームが後押し

    23日、中国人ネットユーザーが微信(ウィーチャット)の朋友圈(モーメンツ)にアップした手作り包子(肉やあんなどを入れたまんじゅう)の写真。(微信モーメンツのスクリーンショット)新型コロナウイルスによる肺炎との闘いが続く中国では、普段あまり注目されないドライイーストが最も売れてる商品の一つになっている。品切れ状態が続くスーパーも多いという。社区(コミュニティー)が封鎖的管理を行い、人々が家でさまざまな「面点(小麦粉で作ったパンや菓子などの食品)」作りを学ぶ時間が十分にあることから、ドライイーストのニーズが高まったとみられている。このようなありふれた家庭での出来事の背後には、中国政府による強い動員力の成果が表れている。人々は「外出を控えよう」という政府の呼びかけに応えており、家にいることが新型肺炎に立ち向かうために自分ができる貢献だと信じている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々

    23日、山東省済南市で自宅待機中の趙小羽記者が焼いたメロンパン。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    記者の自宅待機ブログドライイーストと過ごす日々

    22日、山東省済南市の自宅でパン作りを楽しむ趙小羽記者。新華社山東支局の記者、趙小羽(ちょう・しょうう)は、春節(旧正月)休暇を他省の夫の実家で過ごしたため、休み明けに勤務地の同省済南市に戻った後も規定に従い自宅で待機し、在宅勤務を続けている。自宅待機中の生活は、パン作りに不可欠なドライイーストが「良き友」であり、さまざまなパンや中国風蒸しパン「饅頭(マントウ)」などを手作りしている。(済南=新華社記者/趙小羽)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    饅頭を受け取る買い物客 北京市民、したたかに自衛

    店外へ渡された板の上で饅頭を受け取るマスクとゴーグル姿の買い物客=13日、北京(共同)

    撮影: 13日、北京

  • 2020年02月20日
    中国でドライイーストの販売量が急増新型肺炎の影響を受け

    20日、山東省済南市の馮(ふう)さんが自宅で焼いたパン。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、ほとんどの中国人はこの1カ月間、外出を控えてきた。家で過ごす時間が長くなったことから、多くの人々は料理に凝り始め、通常はあまり使われない食材やドライイーストなどの販売量が急増している。中国ネット出前サービス大手の美団点評が19日「2020年春節(旧正月)在宅経済ビッグデータ」を発表した。それによると自宅で料理の腕前を磨くことが国民の楽しみになっており、普段からよく作っている総菜以外に、例えば饅頭(マントウ、中国風蒸しパン)やパン作りにもチャレンジしていることが見て取れる。ビッグデータによると、ベーカリー関連商品の検索数が前年同期の100倍、ドライイーストの販売量は約40倍、餃子の皮の販売量は7倍以上にそれぞれ増加した。(合肥=新華社配信)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    観光客のいない桟橋でカモメに餌やり山東省青島市

    10日、饅頭(マントウ)やパンをカモメが食べやすいよう小さくちぎる青島桟橋風景区の係員。中国山東省の青島桟橋風景区は新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、一時的に閉鎖され、越冬中のカモメ数千羽に餌をやる観光客がいなくなった。カモメの「食事」が市民の心配の種となったため、同市南区連合海浜風景管理処が複数のアルバイトを特別に配置し、カモメを飢えさせないよう、市民や企業から寄付された食品を毎日2回に分けて集中的に与えている。特殊な時期に人が集まることを避け、新型コロナウイルスの感染予防にもなっている。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月08日
    ニシンまんじゅう

    「江差ニシンまん」をPRするポスター

  • 2020年02月04日
    別府市西野口町の「やまよし」 乾シイタケを使ったスイーツ

    別府産の乾シイタケを使った「七八饅頭」と「CONONソフト」=2020(令和2)年02月04日、別府市西野口町の「やまよし」、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年02月02日
    新型肺炎と戦う熱々の包子が伝える温もり湖南省長沙市

    2日、店内で包子を蒸す従業員。中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するにつれて、人々は外出を控えるようになり、多くの飲食店が店を閉め、休業している。そんな中、湖南省長沙市のある包子(パオズ、肉や野菜、あんなどを入れたまんじゅう)店は最近とても忙しい。この店のオーナーの潘壬子(はん・じんし)さんは、湖北省からの旅行者40人余りが同市天心区にあるホテルに集団で身を寄せていると聞き、自らホテルのある先鋒街道の職員に連絡を取って、彼らに朝食を無料で提供したいと申し出た。この店は、1月27日から毎日数十個の熱々の包子を、先鋒街道の職員を通じて湖南省に滞在中の湖北省の旅行者たちに届けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月02日
    新型肺炎と戦う熱々の包子が伝える温もり湖南省長沙市

    2日、店内で包子を作る従業員たち。中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するにつれて、人々は外出を控えるようになり、多くの飲食店が店を閉め、休業している。そんな中、湖南省長沙市のある包子(パオズ、肉や野菜、あんなどを入れたまんじゅう)店は最近とても忙しい。この店のオーナーの潘壬子(はん・じんし)さんは、湖北省からの旅行者40人余りが同市天心区にあるホテルに集団で身を寄せていると聞き、自らホテルのある先鋒街道の職員に連絡を取って、彼らに朝食を無料で提供したいと申し出た。この店は、1月27日から毎日数十個の熱々の包子を、先鋒街道の職員を通じて湖南省に滞在中の湖北省の旅行者たちに届けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月02日
    新型肺炎と戦う熱々の包子が伝える温もり湖南省長沙市

    2日、湖南省に滞在中の湖北省の旅行者に朝食を届ける長沙市天心区の社区(コミュニティー)の職員(右)。中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するにつれて、人々は外出を控えるようになり、多くの飲食店が店を閉め、休業している。そんな中、湖南省長沙市のある包子(パオズ、肉や野菜、あんなどを入れたまんじゅう)店は最近とても忙しい。この店のオーナーの潘壬子(はん・じんし)さんは、湖北省からの旅行者40人余りが同市天心区にあるホテルに集団で身を寄せていると聞き、自らホテルのある先鋒街道の職員に連絡を取って、彼らに朝食を無料で提供したいと申し出た。この店は、1月27日から毎日数十個の熱々の包子を、先鋒街道の職員を通じて湖南省に滞在中の湖北省の旅行者たちに届けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月02日
    新型肺炎と戦う熱々の包子が伝える温もり湖南省長沙市

    2日、店内で包子を作る従業員たち。中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するにつれて、人々は外出を控えるようになり、多くの飲食店が店を閉め、休業している。そんな中、湖南省長沙市のある包子(パオズ、肉や野菜、あんなどを入れたまんじゅう)店は最近とても忙しい。この店のオーナーの潘壬子(はん・じんし)さんは、湖北省からの旅行者40人余りが同市天心区にあるホテルに集団で身を寄せていると聞き、自らホテルのある先鋒街道の職員に連絡を取って、彼らに朝食を無料で提供したいと申し出た。この店は、1月27日から毎日数十個の熱々の包子を、先鋒街道の職員を通じて湖南省に滞在中の湖北省の旅行者たちに届けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月02日
    新型肺炎と戦う熱々の包子が伝える温もり湖南省長沙市

    2日、湖南省に滞在中の湖北省の旅行者に朝食を届ける先鋒街道の職員。中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するにつれて、人々は外出を控えるようになり、多くの飲食店が店を閉め、休業している。そんな中、湖南省長沙市のある包子(パオズ、肉や野菜、あんなどを入れたまんじゅう)店は最近とても忙しい。この店のオーナーの潘壬子(はん・じんし)さんは、湖北省からの旅行者40人余りが同市天心区にあるホテルに集団で身を寄せていると聞き、自らホテルのある先鋒街道の職員に連絡を取って、彼らに朝食を無料で提供したいと申し出た。この店は、1月27日から毎日数十個の熱々の包子を、先鋒街道の職員を通じて湖南省に滞在中の湖北省の旅行者たちに届けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月02日
    新型肺炎と戦う熱々の包子が伝える温もり湖南省長沙市

    2日、店内で従業員が包子を作る様子。中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するにつれて、人々は外出を控えるようになり、多くの飲食店が店を閉め、休業している。そんな中、湖南省長沙市のある包子(パオズ、肉や野菜、あんなどを入れたまんじゅう)店は最近とても忙しい。この店のオーナーの潘壬子(はん・じんし)さんは、湖北省からの旅行者40人余りが同市天心区にあるホテルに集団で身を寄せていると聞き、自らホテルのある先鋒街道の職員に連絡を取って、彼らに朝食を無料で提供したいと申し出た。この店は、1月27日から毎日数十個の熱々の包子を、先鋒街道の職員を通じて湖南省に滞在中の湖北省の旅行者たちに届けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月02日
    新型肺炎と戦う熱々の包子が伝える温もり湖南省長沙市

    2日、湖南省に滞在中の湖北省からの旅行者たちに差し入れる包子を袋に入れる潘壬子さん(右)とボランティア。中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するにつれて、人々は外出を控えるようになり、多くの飲食店が店を閉め、休業している。そんな中、湖南省長沙市のある包子(パオズ、肉や野菜、あんなどを入れたまんじゅう)店は最近とても忙しい。この店のオーナーの潘壬子(はん・じんし)さんは、湖北省からの旅行者40人余りが同市天心区にあるホテルに集団で身を寄せていると聞き、自らホテルのある先鋒街道の職員に連絡を取って、彼らに朝食を無料で提供したいと申し出た。この店は、1月27日から毎日数十個の熱々の包子を、先鋒街道の職員を通じて湖南省に滞在中の湖北省の旅行者たちに届けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月02日
    新型肺炎と戦う熱々の包子が伝える温もり湖南省長沙市

    2日、トランクから容器に入った朝食を取り出し、長沙市天心区のホテルに届ける潘壬子さん(左)とボランティア。中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するにつれて、人々は外出を控えるようになり、多くの飲食店が店を閉め、休業している。そんな中、湖南省長沙市のある包子(パオズ、肉や野菜、あんなどを入れたまんじゅう)店は最近とても忙しい。この店のオーナーの潘壬子(はん・じんし)さんは、湖北省からの旅行者40人余りが同市天心区にあるホテルに集団で身を寄せていると聞き、自らホテルのある先鋒街道の職員に連絡を取って、彼らに朝食を無料で提供したいと申し出た。この店は、1月27日から毎日数十個の熱々の包子を、先鋒街道の職員を通じて湖南省に滞在中の湖北省の旅行者たちに届けている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:19.77
    2020年01月24日
    街を彩る1万5千の明かり 「西日本新聞」長崎ランタンフェスが開幕

    約1万5000個のランタン(中国風ちょうちん)やオブジェが街を彩る長崎の冬の風物詩「長崎ランタンフェスティバル」が24日、長崎市中心部で始まった。2月9日までの期間中、100万人の人出を見込む。春節(中国の旧正月)に合わせたイベントで今年27回目。午後5時、商店街や川沿いに配されたランタンやオブジェに明かりがともされ、幻想的な光景が広がった。新地中華街など3会場では中国雑技や伝統楽器の二胡(にこ)が披露され、華やかなムードに包まれた。新型コロナウイルスへの警戒ムードが広がる中、今年は各所に消毒液が置かれ、マスク姿の見物客も目立った。福岡市から訪れた大野直樹さん(28)は名物の角煮まんじゅうを手に「中国らしい雰囲気で楽しい」と声を弾ませた。人気の皇帝パレードは2月1、8日。1日は長崎県出身の女優宮崎香蓮さん(26)が皇后役を務める。、撮影日:2020(令和2)年1月24日、撮影場所:長崎県長崎市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年1月24日、長崎県長崎市

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、「蒲河年越し市」を散策する瀋陽航空航天大学の留学生たち。中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、大勢の人々でにぎわう「蒲河年越し市」の一角。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、「蒲河年越し市」で、年越し用品を買い求める市民。中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、売り物のコクレンを見せる行商人。中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、大勢の人々でにぎわう「蒲河年越し市」。中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、「蒲河年越し市」を散策する人々。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、「蒲河年越し市」で、獅子舞を楽しむ買い物客。中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、大勢の人々でにぎわう「蒲河年越し市」。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河(かまが)年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、「蒲河年越し市」を散策する人たち。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、「蒲河年越し市」を散策する瀋陽航空航天大学の留学生たち。中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、「蒲河年越し市」で、冷凍梨を買い求める市民。中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月22日
    新年の雰囲気に包まれて賑わいみせる「蒲河年越し市」遼寧省

    22日、大勢の人々でにぎわう「蒲河年越し市」。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市瀋北新区でこのほど、「蒲河年越し市」が開かれ、年越し用品を買いに来た大勢の人々でにぎわった。長い歴史をもつこの年越し市には、冷凍梨や凍り豆腐、冷凍まんじゅう、手編みのかご、乾燥野菜、色鮮やかな花模様の布団カバーといった記憶の奥深くに刻まれた品々も数多く売られていた。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4