KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 上部
  • 彫刻
  • 指定
  • 高さ
  • 食事
  • けまり
  • ろう
  • ユネスコ
  • 世界遺産

「みずち」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
37
( 1 37 件を表示)
  • 1
37
( 1 37 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1981年01月25日
    林・江裁判が判決公判

    特別法廷で判決の読み上げを聴く(左から)張春橋、陳伯達、王洪文、姚文元、江青、黄永勝、呉法憲、李作鵬、邱会作、江謄蛟の10被告=1981(昭和56)年1月25日、中国・北京(共同)

    商品コード: 2007091300087

  •  「新華社」ノリの収穫期到来、海に漂う「緑の波」浙江省寧海県
    01:08.12
    2020年02月19日
    「新華社」ノリの収穫期到来、海に漂う「緑の波」浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県の強蛟鎮王石嶴(おうせきおう)村は、寧海湾岸に位置している。同村では2~4月にノリ収穫の最盛期を迎え、漁民たちは新たな1年の仕事に取り掛かる。同村のノリ採取は約200年の歴史を持ち、強蛟鎮の農業経済の発展を支える基幹産業の一つとなっている。同鎮には2016年7月、小さな取引から脱却して大規模な産業構造を形成するため、寧海県初のノリ専門合作社(協同組合)が設立された。合作社はノリの買い付けを一本化しており、年間買い付け量は7万5千キロ、売上高は500万元(1元=約16円)以上に上っている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>ノリの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020021918012

  •  「新華社」渡り鳥の中継地、寧海湾の春浙江省寧海県
    01:02.64
    2020年03月29日
    「新華社」渡り鳥の中継地、寧海湾の春浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県の北東部に位置する寧海湾は、気温の上昇に伴い南から北へ移動する渡り鳥の中継地となる。同県強蛟鎮峡山村では、数百羽のコサギが養殖池で軽やかに舞っている。同村の養殖業者によると、鳥たちは毎朝早くから空を旋回しており、養殖業者が清掃を終えた池の底から魚やエビが姿を現すと、次々と舞い降りて来てついばむという。コサギのほか、水田やアシの生い茂る湖沼では羽を休めるカモやバンなどの鳥類も見られる。同湾は「海の千島湖」の呼び名を持つ。良好な生態環境と豊富な食物資源により、渡り鳥の中継地となっており、訪れた渡り鳥の約半数がこの地で繁殖する。鳥の群れの数と種類は年々増加している。(記者/鄭夢雨)<映像内容>寧海湾の渡り鳥の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040300607

  •  「新華社」コンブの収穫に大忙し浙江省寧海県
    01:48.73
    2020年04月20日
    「新華社」コンブの収穫に大忙し浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県強蛟鎮は4月、コンブの収穫の季節を迎える。象山港の端に位置する寧海湾は風や波が弱く、水質が高いため、コンブの養殖に向いている。特に今年は春の日差しが十分で温度も適しており、コンブの生育状況は良好だという。強蛟群島周辺には千ムー(約67ヘクタール)以上のコンブの養殖拠点があり、新鮮なコンブ1万トンの収穫を見込んでいる。寧海湾で毎年春から夏にかけて収穫されたコンブは上海や寧波などに出荷され、地元漁師の重要な収入源となっている。(記者/鄭夢雨)<映像内容>コンブの収穫の様子、撮影日:2020(令和2)年4月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803183

  •  「新華社」衛生院のスタッフが手料理で年越し浙江省寧海県
    00:54.93
    2021年02月13日
    「新華社」衛生院のスタッフが手料理で年越し浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県強蛟鎮衛生院の廖福生(りょう・ふくせい)院長は9日早朝、病院で働くスタッフを伴い、丑(うし)年の年越し料理のための食材を買いに出かけた。同衛生院は東中国海西海岸の象山港近くにある。毎年春節になると、病院内の食堂は休みとなり、同鎮内のレストランも全て休みとなるが、病院で働く医療スタッフには当直があり、医師は忙しくて食事を取る時間すらない。廖氏は2015年に同衛生院の院長に着任した。医師が忙しすぎて温かいご飯を食べることができない状況を見て、第一線で奮闘する医療スタッフのために年越し料理を作るようになり、今年が6年目になる。病院を守る医療スタッフが年々増加するのに伴い、院長の年越し料理も年々増えている。(記者/顧小立) =配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500966

  •  (4)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (4)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    涅槃変相碑の碑陰に彫られた「三仏四菩薩像」。(12月10日撮影)中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909253

  •  (7)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (7)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    涅槃変相碑の側面に彫られた蓮枝の間の菩薩像。(12月10日撮影)中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909312

  •  (9)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (9)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    涅槃変相碑の側面に彫られた金剛力士。(12月10日撮影)中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909328

  •  (2)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (2)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    10日、涅槃変相碑の碑陽に彫られた「臨終遺戒図」(下)と「双樹涅槃図」。中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909145

  •  (3)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (3)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    10日、涅槃変相碑の碑陽に彫られた「摩耶哭棺」(右上)、「再生説法」(右下)、「繞城送葬」(左下)、「火焚屍身」。中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909161

  •  (8)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (8)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    涅槃変相碑の側面に彫られた獅子。(12月10日撮影)中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909330

  •  (1)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (1)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    涅槃変相碑の碑陽の碑額。(12月10日撮影)中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909147

  •  (6)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (6)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    10日、涅槃変相碑の碑陽。中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909304

  •  (5)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市
    2021年12月29日
    (5)唐代の宗教芸術の至宝「涅槃変相碑」山西省太原市

    涅槃変相碑の碑陰上部とその下の「八王分舎利図」。(12月10日撮影)中国山西省太原市にある道観(道教寺院)「純陽宮」の碑廊に、現存する数少ない唐代石刻「涅槃(ねはん)変相碑」がある。1級文化財に指定されており、海外展示も禁止されている。碑は高さ302センチ、幅87センチ、厚さ25センチで、「螭首亀趺(ちしゅきふ)」と呼ばれる亀の胴体から螭(みずち、竜の一種)の首が出ている台座の上に載せられている。碑陽(表面)の碑額には神将が守る須弥山(しゅみせん)が彫られ、碑身には「臨終遺戒」「双樹涅槃」「摩耶哭棺」「再生説法」「繞城送葬」「火焚屍身」の六つの釈迦(しゃか)入滅の物語が彫刻されている。碑陰(裏面)上部にも螭があり、圭首(三角形の碑首)には舎利塔、その下には「八王分舎利」と「三仏四菩薩像」が彫られている。両側面には、上段に蓮枝の間の4体の菩薩、中段に金剛力士、下段に獅子がそれぞれ彫刻されている。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122909257

  •  (15)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (15)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻(部分)。(8月9日撮影)啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411726

  •  (16)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (16)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻(部分)。(8月9日撮影)啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411728

  •  (12)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (12)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻(部分)。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411713

  •  (6)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (6)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411620

  •  (22)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (22)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082412035

  •  (13)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (13)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411714

  •  (18)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (18)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻(部分)。(8月9日撮影)啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411753

  •  (19)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (19)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の銘文。(8月9日撮影)啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411760

  •  (9)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (9)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411693

  •  (8)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (8)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻(部分)。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411691

  •  (3)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (3)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411607

  •  (5)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (5)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411608

  •  (2)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (2)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母廟遺跡前の神道(参道)。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411611

  •  (1)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (1)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母廟の遺跡碑。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411605

  •  (11)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (11)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻(部分)。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411712

  •  (14)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (14)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻(部分)。(8月9日撮影)啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411715

  •  (7)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (7)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    万歳峰と啓母闕の覆堂。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411655

  •  (10)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (10)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の彫刻(部分)。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411786

  •  (21)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (21)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082412226

  •  (20)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (20)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕の熊に変身した禹を描いた彫刻。(8月9日撮影)啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411768

  •  (4)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市
    2022年08月24日
    (4)世界遺産の漢代石刻「啓母闕」河南省登封市

    啓母闕。(8月9日撮影)中国河南省登封市の太室山三十六峰の一つ、万歳峰の麓にある啓母闕(けいぼけつ)は、後漢の延光2(123)年に啓母廟の神道闕(参道に設けられて石造りの門柱)として造られた。彫刻を施した石のブロックを積み上げた形状で、東西に分かれ、現存部の高さは3・17メートルある。啓母は夏王朝2代目の王、啓(けい)の母を意味する。伝説によると、黄河の治水に成功して後に夏王朝を開く禹(う)は、治水工事に従事するにあたり、妻に「太鼓を鳴らしたら食事を持ってくるように。それ以外は来てはならない」と言いつけていたが、ある日、誤って鳴らした太鼓の音を聞いてやって来た妻は、禹が熊に変身して作業をしているのを見てしまった。見てはならないものを見てしまった妻は己を恥じて石に変わってしまったが、彼女は当時身ごもっており、禹が「わが子を返せ」と叫ぶと、石が北側に裂けて啓が生まれた。その後時代が下り、嵩山を訪れた漢の武帝が、啓母が姿を変えたとされる「啓母石」のために啓母廟を建てた。啓母闕には禹の治水事業などを記した銘文が残されており、希少な漢代篆書の傑作とされている。他にも馬術や騎馬での外出、雑技、幻術、飼い慣らした象、熊に変身した禹、狩猟、鹿を追う虎、2匹の蛟(みずち)、月宮図、蹴鞠(けまり)など60余りの絵が彫られている。上部には瓦壟(がろう、屋根に敷き詰められた瓦)や瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)、板瓦、垂脊(棟)などの建築部材が彫刻されている。歴史的、芸術的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されるほか、太室闕や少室闕と共に「中岳廟と東漢三闕(太室闕、少室闕、啓母闕)」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産、登封「天地之中」歴史建築群の一部を構成している。(登封=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082411610

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.63
    2023年05月08日
    「新華社」海を資源にした観光が大人気浙江省寧海県

    中国浙江省寧波市寧海県強蛟鎮は初夏の訪れとともに観光シーズンを迎え、マリンアクティビティーを通して余暇を楽しむブルーツーリズムや宿泊産業などが盛り上がっている。村民が出稼ぎに出ずとも地元で収入を得られるよう、地元政府はインフラを整えて、レジャーや飲食、宿泊、水上スポーツを集約し、海に特化した観光リゾート地区を開発することで、多くの若い観光客を引き付けている。(記者/顧小立) =配信日: 2023(令和5)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023050809203

  •  【杭州アジアパラ】(2)聖火リレー最終日杭州で集火式
    2023年10月21日
    【杭州アジアパラ】(2)聖火リレー最終日杭州で集火式

    21日、最終走者を務めた競泳の徐海蛟(じょ・かいこう)。第4回アジアパラ競技大会(杭州アジアパラ)聖火リレーの最終日となった21日、中国浙江省杭州市蕭山区で集火式が行われた。(杭州=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2023(令和5)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023102112321

  • 1