KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 高さ
  • せん
  • 指定
  • れんが
  • 建築
  • 建物
  • 創建
  • 境内
  • 歴史

「みつえ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
199
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
199
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  GRABADO-PLAZA COLONNA EN ROMA.
    -
    GRABADO-PLAZA COLONNA EN ROMA.

    GRABADO-PLAZA COLONNA EN ROMA. Author: CRUYL L. Location: MUSEUM OF FINE ARTS. CLEVELAND-OHIO.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021030303315

  •  Landscape in Tahiti. Date/Period: 1892. Painting. Oil on canvas. Height: 54.5 cm (21.4 in); Width: 31 cm (12.2 in).
    -
    Landscape in Tahiti. Date/Period: 1892. Painting. Oil on canvas. Height: 54.5 cm (21.4 in); Width: 31 cm (12.2 in).

    Landscape in Tahiti. Date/Period: 1892. Painting. Oil on canvas. Height: 54.5 cm (21.4 in); Width: 31 cm (12.2 in). Author: PAUL GAUGUIN.、クレジット:Album/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020041703515

  •  Frontal del altar de Santa María de Lluça, siglo XIII, pintura al temple sobre madera de chopo, románico catalán.
    -
    Frontal del altar de Santa María de Lluça, siglo XIII, pintura al temple sobre madera de chopo, románico catalán.

    Frontal del altar de Santa María de Lluça, siglo XIII, pintura al temple sobre madera de chopo, románico catalán. Museum: Museo Episcopal, Vic. Author: MAESTRO DE LLUÇA.、クレジット:Album/Ramon Manent/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062903031

  •  CINDERELLA IN THE CORNER.
    -
    CINDERELLA IN THE CORNER.

    CINDERELLA IN THE CORNER. AFTER BERTRAND. Cinderella, or The Little Glass Slipper, Cendrillon, ou La petite Pantoufle de Verre,Cenerentola,Aschenputtel, is a folk tale embodying a myth-element of unjust oppression/triumphant reward.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020070807778

  •  JOSE PATIÑO  (IH 7004). JOSE PATIÑO MORALES .
    -
    JOSE PATIÑO (IH 7004). JOSE PATIÑO MORALES .

    JOSE PATIÑO (IH 7004). Location: BIBLIOTECA NACIONAL-COLECCION. MADRID. SPAIN. JOSE PATIÑO MORALES.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020101001812

  •  Mishima Asa-Giri, 東海道五十三次之内 三島 朝霧, Morning Mist, Edo period (1615–1868), 1797–1858, Japan, Polychrome woodblock print
    -
    Mishima Asa-Giri, 東海道五十三次之内 三島 朝霧, Morning Mist, Edo period (1615–1868), 1797–1858, Japan, Polychrome woodblock print

    Mishima Asa-Giri, 東海道五十三次之内 三島 朝霧, Morning Mist, Edo period (1615–1868), 1797–1858, Japan, Polychrome woodblock print; ink and color on paper, 9 1/2 x 14 1/4 in. (24.1 x 36.2 cm), Prints, Utagawa Hiroshige (Japanese, Tokyo (Edo) 1797–1858 Tokyo (Edo)).、クレジット:Sepia Times/Universal Images Group/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060408756

  •  PUERTA DE SANTA MARIA-ARCO DE ENTRADA A LA CIUDAD- RECONST 1534 POR JUAN VALLEJO Y FRANCISCO COLONIA.
    -
    PUERTA DE SANTA MARIA-ARCO DE ENTRADA A LA CIUDAD- RECONST 1534 POR JUAN VALLEJO Y FRANCISCO COLONIA.

    PUERTA DE SANTA MARIA-ARCO DE ENTRADA A LA CIUDAD- RECONST 1534 POR JUAN VALLEJO Y FRANCISCO COLONIA. Author: VALLEJO JUAN / COLONIA FRANCISCO. Location: ARCO DE SANTA MARIA. SPAIN. VIRGIN MARY. CARLOS V (CARLOS I). Charles I (V of the Holly Roman Empire). FERNAN GONZALEZ. GONZALEZ FERNAN. ANGEL CUSTODIO. LAIN CALVO. CALVO LAIN. RASURA NUÑO SIGLO X. RODRIGUEZ PORCELOS DIEGO.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062700585

  •  ‘The Three Graces‘, 1630-1635, Oil on panel, 220,5 x 182 cm, P01670. PETER PAUL RUBENS . Aglaé. talia. EUFROSINA.
    -
    ‘The Three Graces‘, 1630-1635, Oil on panel, 220,5 x 182 cm, P01670. PETER PAUL RUBENS . Aglaé. talia. EUFROSINA.

    ‘The Three Graces‘, 1630-1635, Oil on panel, 220,5 x 182 cm, P01670. Author: PETER PAUL RUBENS. Location: MUSEO DEL PRADO-PINTURA. MADRID. SPAIN. Aglaé. TALIA. EUFROSINA.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062903037

  •  JOSE PATINO MORALES (1666-1736) 1 SECR.ESTADO FELIPE V. PATIÑO MORALES JOSE.
    -
    JOSE PATINO MORALES (1666-1736) 1 SECR.ESTADO FELIPE V. PATIÑO MORALES JOSE.

    JOSE PATINO MORALES (1666-1736) 1 SECR.ESTADO FELIPE V. Location: BIBLIOTECA NACIONAL-COLECCION. MADRID. SPAIN. PATIÑO MORALES JOSE.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020101002103

  •  ‘Salustiano de Olózaga Almandoz‘, 1894, Oil on canvas, 130 x 96 cm. ANTONIO GISBERT . OLOZAGA ARMANDOZ SALUSTIANO.
    -
    ‘Salustiano de Olózaga Almandoz‘, 1894, Oil on canvas, 130 x 96 cm. ANTONIO GISBERT . OLOZAGA ARMANDOZ SALUSTIANO.

    ‘Salustiano de Olózaga Almandoz‘, 1894, Oil on canvas, 130 x 96 cm. Author: ANTONIO GISBERT. Location: CONGRESO DE LOS DIPUTADOS-PINTURA. MADRID. SPAIN. OLOZAGA SALUSTIANO. OLOZAGA ARMANDOZ SALUSTIANO.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062904372

  •  Houses on a flooded area in a suburb of Paris, France, 1910.
    1910年12月31日
    Houses on a flooded area in a suburb of Paris, France, 1910.

    Houses on a flooded area in a suburb of Paris, France, 1910.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022012204827

  • (おおしろ・みつえ) 大城光恵
    1993年08月19日
    (おおしろ・みつえ) 大城光恵

    歌手、作曲家

    商品コード: 1998081700042

  • 遺骨を受け取る小笠原さん シベリア抑留者の遺骨返還
    1993年11月17日
    遺骨を受け取る小笠原さん シベリア抑留者の遺骨返還

    北海道庁職員(右)から遺骨を受け取る小笠原ミツエさん=17日午後、北海道釧路市緑ケ岡「極東」

    商品コード: 1993111700054

  • 原告の城野ミツエさん 水俣病京都訴訟で判決
    1993年11月26日
    原告の城野ミツエさん 水俣病京都訴訟で判決

    「国も人間的に妥協してほしい」と語る原告の城野ミツエさん=京都市内

    商品コード: 1993112600003

  • (うえだ・みつえ) 植田美津江
    1996年05月09日
    (うえだ・みつえ) 植田美津江

    愛知診断技術振興財団研究室長=1996年2月20日撮影

    商品コード: 1998051800083

  • 1997年04月28日

    「カラー」「人物通信」 ◎鈴木光枝(すずき・みつえ)、女優、1997.03.19、出稿19970515

    商品コード: 2007052500060

  •  TEMPLO DE LAS MIL COLUMNAS - COLUMNATA QUE FLANQUEA EL TEMPLO DE LOS GUERREROS.
    1999年01月01日
    TEMPLO DE LAS MIL COLUMNAS - COLUMNATA QUE FLANQUEA EL TEMPLO DE LOS GUERREROS.

    TEMPLO DE LAS MIL COLUMNAS - COLUMNATA QUE FLANQUEA EL TEMPLO DE LOS GUERREROS. Location: TEMPLO DE LAS MIL COLUMNAS. CHICHEN ITZA.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020112711039

  •  TEMPLO DE KUKULCAN O PIRAMIDE DE KUKULCAN CONOCIDO TAMBIEN POR EL NOMBRE DEL CASTILLO CON EL TEMPLO DE LOS GUERREROS
    1999年01月01日
    TEMPLO DE KUKULCAN O PIRAMIDE DE KUKULCAN CONOCIDO TAMBIEN POR EL NOMBRE DEL CASTILLO CON EL TEMPLO DE LOS GUERREROS

    TEMPLO DE KUKULCAN O PIRAMIDE DE KUKULCAN CONOCIDO TAMBIEN POR EL NOMBRE DEL CASTILLO CON EL TEMPLO DE LOS GUERREROS Y EL DE LAS MIL COLUMNAS AL FONDO. Location: pirámide Kukulkan. CHICHEN ITZA.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020112711033

  •  touristic ships at the Port / Grao.
    2000年04月27日
    touristic ships at the Port / Grao.

    SPAIN - Valencia (district) - Valencia autonomous region - Valencia. touristic ships at the Port / Grao、クレジット:Album/Miguel Raurich/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2021072110834

  • 2001年09月26日

    「カラー」「人物通信」 ◎高見信光(たかみ・のぶみつ)、エポック・ジャパン(全国葬祭ネットワーク)代表取締役、撮影日 2001.09.25、出稿日 2001.10.05

    商品コード: 2001092600074

  •  林三枝さん
    2005年08月04日
    林三枝さん

    小児がんの元患者を対象とした共済制度を立ち上げた林三枝(はやし・みつえ)さん

    商品コード: 2005080400141

  •  LOS DIPUTADOS EN LAS CORTES ESCUCHAN EL DISCURSO DE APERTURA DE NICETO ALCALA ZAMORA DURANTE LA II REPUBLICA,
    2010年03月24日
    LOS DIPUTADOS EN LAS CORTES ESCUCHAN EL DISCURSO DE APERTURA DE NICETO ALCALA ZAMORA DURANTE LA II REPUBLICA,

    LOS DIPUTADOS EN LAS CORTES ESCUCHAN EL DISCURSO DE APERTURA DE NICETO ALCALA ZAMORA DURANTE LA II REPUBLICA, 14 DE JULIO DE 1931. LERROUX ALEJANDRO. FERNANDEZ DE LOS RIOS ANGEL.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062901185

  •  APERTURA DE LAS CORTES EN LA  II REPUBLICA, EN PRIMER TERMINO AZAÑA SENTADO, 1931/36.
    2010年05月26日
    APERTURA DE LAS CORTES EN LA II REPUBLICA, EN PRIMER TERMINO AZAÑA SENTADO, 1931/36.

    APERTURA DE LAS CORTES EN LA II REPUBLICA, EN PRIMER TERMINO AZAÑA SENTADO, 1931/36. Location: CONGRESO DE LOS DIPUTADOS-INTERIOR. MADRID. AZAÑA MANUEL. CASARES QUIROGA SANTIAGO. FERNANDEZ DE LOS RIOS ANGEL.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020062901107

  • (かわかみ・みつえ) 河上満栄
    2010年07月30日
    (かわかみ・みつえ) 河上満栄

    第22回参院選、選挙区、京都、民主、元全日空客室乗務員(衆1)宇治市、神戸松蔭女子学院短大、2010年6月17日撮影、顔

    商品コード: 2010073000055

  • (あれん・たまい・みつえ) アレン玉井光江
    2011年01月31日
    (あれん・たまい・みつえ) アレン玉井光江

    青山学院大教授、2010年11月17日撮影

    商品コード: 2011013100183

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月23日
    河村三枝さん

    自らも痛みを抱え石綿被害の経験を語る河村三枝(かわむら・みつえ)さん

    商品コード: 2012102300280

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月06日
    安藤みつゑさんの弟 「どうして姉が」

    遺影手にする安藤みつゑさんの弟=兵庫県尼崎市

    商品コード: 2013030600194

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月11日
    鐘を鳴らす女の子と母親 東日本大震災から2年

    千葉県旭市飯岡で開かれた追悼集会で、震災後に設置された「希望の鐘」を鳴らす山中彩愛ちゃん(4)。母の光江さん(35)は「家は壊れてしまったけど、皆が無事で本当によかった。でもいまだに怖くて海沿いに戻るかどうか迷っている」と話した=11日午後4時15分

    商品コード: 2013031100976

  • 写真を見詰める弟 娘の「救い」になりたい
    2014年04月17日
    写真を見詰める弟 娘の「救い」になりたい

    姉の安藤みつゑさんの写真を見詰める弟=兵庫県尼崎市

    商品コード: 2014041700635

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月21日
    現場を見つめるミツエさん 同じベッド、分かれた生死

    倒壊し、夫が犠牲になった自宅を見つめる内村ミツエさん=17日、熊本県益城町

    商品コード: 2016042100926

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年08月14日
    料理をする内村さん 初盆「ようやく一区切り」

    倒壊した自宅の辛うじて残った台所で料理をする内村ミツエさん=14日午前、熊本益城町

    商品コード: 2016081400667

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年03月09日
    猫をあやす吉田さん あす東日本大震災6年

    福島県いわき市の仮設住宅で1人暮らしの吉田ミツエさんが猫をあやす。東京電力福島第1原発の事故で全町避難が続く同県大熊町を離れ、間もなく6年になる。災害公営住宅の完成を待ち、来年の春ごろには引っ越す予定だ。隣にどんな人が住むのか、不安がある。仮設の友達がばらばらになってしまうのは寂しい。今は「一日一日を大事に生きている」と話した=9日午後

    商品コード: 2017030900560

  •  中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る
    2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の法王寺塔。唐代に建てられた15層の密檐(みつえん)式磚塔。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102282

  •  中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る
    2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩岳寺境内に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102373

  •  中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る
    2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省汝州市の風穴寺境内に立つ汝州七祖塔。唐の開元26(738年)年の建立で、9層の方形密檐(みつえん)式磚塔。紡錘形の曲線をしており造形が美しい。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102335

  •  中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る
    2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省汝州市の風穴寺境内に立つ汝州七祖塔。唐の開元26(738年)年の建立で、9層の方形密檐(みつえん)式磚塔。紡錘形の曲線をしており造形が美しい。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(汝州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102387

  •  中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る
    2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩岳寺に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影、小型無人機から)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102321

  •  中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る
    2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩岳寺境内に立つ嵩岳寺塔。青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102315

  •  中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る
    2018年06月26日
    中国古代建築芸術の宝河南省の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩岳寺に立つ嵩岳寺塔を回り祈りを捧げる市民。嵩岳寺塔は青磚と黄泥で築いた密檐(みつえん)式磚塔。2010年に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一つとしてユネスコ世界遺産に登録されている。(2018年6月26日撮影)中国河南省はかつて中原と呼ばれた中国文明の中心地であり、悠久の歴史の中で数多くの仏塔が建設された。現存する古塔はいずれも長い年月を経ており、精巧な技術で建てられている。現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)の嵩岳寺塔、最も美しい唐代の塔と呼ばれる法王寺塔、国内最大の塔林とされる少林寺塔林、宋代の名塔として千年の歴史を誇る開封鉄塔など、その全てが中国の古代建築芸術を現代に伝える貴重な宝といえる。(登封=新華社記者/李安)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112102331

  •  ウェーブする朝の雲海
    2018年10月01日
    ウェーブする朝の雲海

    キーワード:雲海、屋外、山、秋、水平線、晴れ、青、赤、朝、日本、風景、無人、雄大、ライン、見渡す、放射冷却、冷え込み、ツエノ峰、風景メイン写真、三重県=2018(平成30)年10月1日、三重県熊野市、クレジット:TORU_SANOH/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122101850

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の全景写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108157

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の上半分の写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108240

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の全景写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108213

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の外壁に施された人物像の浮き彫り。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108216

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の上半分の写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108195

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の外壁に施された人物像の浮き彫り。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108188

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の全景写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108156

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の全景写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108210

  •  およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市
    2019年06月06日
    およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市

    6日に撮影した大城子塔の外壁に施された人物像の浮き彫り。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061108214

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月05日
    自宅跡地の表札 豪雨の被災地から

    昨年の豪雨で被害を受け、解体した自宅の跡地で藤井美津恵さん(78)が手にする表札。解体されるとき、つらくて立ち会うことができなかった。「家がかわいそうじゃ。全部無くなってしまったけどこれだけが残った」と表札についた土をそっと拭いた=5日午後、岡山県倉敷市真備町地区

    商品コード: 2019070503984

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年04月12日
    買い物に訪れた人たち 新型コロナ、緊急事態宣言

    緊急事態宣言後初めての日曜日、マスク姿で戸越銀座商店街へ買い物に訪れた人たち。会社員成田みつ江さん(54)は休校で自宅待機を続ける長男の運動も兼ね、生活必需品の買い物に訪れたという。「ずっと外出自粛を守っているのに、どんどん感染者が増えている状況に納得できない」と話した=12日午後、東京都品川区

    商品コード: 2020041200102

  •  「新華社」浙江省建徳市の国宝、南峰塔に生えている古樹を除去へ
    01:00.16
    2020年07月30日
    「新華社」浙江省建徳市の国宝、南峰塔に生えている古樹を除去へ

    中国浙江省建徳市梅城古鎮の対岸に位置する南高峰には、宋代に建てられた南峰塔がそびえている。この塔は7層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、レンガ塔)で、明代嘉靖25(1546)年に再建され、昨年、中国の全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。今回、塔を保護するために、塔の頂に生えている古樹を取り除くことになった。記録によると、古樹は100年以上にわたり塔に寄り添って生長してきた。同市林業局の専門家がこのほど、小型無人機を使って木と塔を調査したところ、木の根によって建物にひびが入っており、古塔を保護するには残念ながら古樹を除去する必要があることが分かった。同市文化財保護センターは既に、専門の文化財保護・設計機関を招いて評価を行っており、南峰塔の管理者である浙旅集団とは、最も確実な修復案を模索することで合意している。(記者/鄭夢雨)<映像内容>南峰塔の外観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020073106775

  •  (5)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る
    2020年12月13日
    (5)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    雲南省大理市の崇聖寺境内に立つ大理三塔。崇聖寺三塔とも呼ばれる。唐代に中国西南地区で独立政権を樹立した南詔国の時代に建立された。密檐(みつえん)式の中空の塔3基が三角形を成すように配置されている。主塔は千尋塔(せんじんとう)といい、平面は四角形で16層からなり、高さは69メートル。南北2基の小さな塔の高さは42メートルで、平面は八角形で10層構造となっている。西南地区の著名な仏塔で、1961年に第1次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(2015年1月27日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506221

  •  (9)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る
    2020年12月13日
    (9)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    陝西省西安市の薦福寺(せんふくじ)境内に立つ小雁塔(しょうがんとう)。唐の景竜元(707)年の建立で、方形の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、レンガ塔)としては初期の形式に分類される。大雁塔とともに唐の都・長安(現在の西安市)の面影を今に伝える重要なシンボルであり、2014年に「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の一部として世界遺産に登録された。(2015年6月18日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506123

  •  (15)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る
    2020年12月13日
    (15)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    北京市広安門外にある天寧寺境内に立つ天寧寺塔。遼代の仏教建築で、内部に空洞のない密檐(みつえん)式の実心塔。底部に高く大きい須弥座があり、塔身には豊かな装飾が施されている。同市に現存する有名な古塔の一つで、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(2015年8月20日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506197

  •  (2)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る
    2020年12月13日
    (2)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    河南省登封市の嵩山(すうざん)南麓にある嵩岳寺境内に立つ嵩岳寺塔。北魏の正光元(520)年に建立された。中国に現存する最古の磚塔(せんとう、レンガ塔)で、唯一の密檐(みつえん)式十二角形塔でもある。2010年8月に「『天地の中央』にある登封の史跡群」の一部として世界遺産に登録された。(2010年7月29日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506606

  •  (36)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る
    2020年12月13日
    (36)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    河南省洛陽市旧市街に立つ洛陽文峰塔。塔身は九層で、青磚(せいせん、青レンガ)で築かれている。各層の軒が緊密に重ねられた密檐(みつえん)式の磚石塔で、創建は宋代。明末の戦火で失われ、清初に再建された。(2017年4月10日撮影)。塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(鄭州=新華社記者/李安)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506622

  •  「新華社」臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県
    00:59.58
    2021年01月22日
    「新華社」臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県

    中国河北省石家荘市正定県にある臨済寺は、東魏の興和2(540)年の創建で、臨済塔院とも呼ばれる。唐の大中8(854)年に臨済宗の開祖・義玄禅師が逗留したことから、中国禅宗臨済派の発祥地とされており、日本の臨済宗も祖庭としている。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。主要建築の澄霊(ちょうれい)塔は、唐の咸通8(867)年に義玄の衣鉢塔として造営された。同寺に現存する唯一の古建築でもある。擬木構造の密檐(みつえん)式れんが塔で、高さは30・47メートル。義玄の衣鉢を納めた塔は、千年以上の風雨に耐え、中国と世界各国の仏教文化交流の証人としてだけでなく、世界の人々との友好の絆となっている。(記者/楊知潤) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020902504

  •  (2)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県
    2021年01月23日
    (2)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県

    正定県の臨済寺境内に立つ澄霊塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県にある臨済寺は、東魏の興和2(540)年の創建で、臨済塔院とも呼ばれる。唐の大中8(854)年に臨済宗の開祖・義玄禅師が逗留したことから、中国禅宗臨済派の発祥地とされており、日本の臨済宗も祖庭としている。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。主要建築の澄霊(ちょうれい)塔は、唐の咸通8(867)年に義玄の衣鉢塔として造営された。同寺に現存する唯一の古建築でもある。擬木構造の密檐(みつえん)式れんが塔で、高さは30・47メートル。義玄の衣鉢を納めた塔は、千年以上の風雨に耐え、中国と世界各国の仏教文化交流の証人としてだけでなく、世界の人々との友好の絆となっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500237

  •  (3)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県
    2021年01月23日
    (3)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県

    正定県の臨済寺境内に立つ澄霊塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県にある臨済寺は、東魏の興和2(540)年の創建で、臨済塔院とも呼ばれる。唐の大中8(854)年に臨済宗の開祖・義玄禅師が逗留したことから、中国禅宗臨済派の発祥地とされており、日本の臨済宗も祖庭としている。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。主要建築の澄霊(ちょうれい)塔は、唐の咸通8(867)年に義玄の衣鉢塔として造営された。同寺に現存する唯一の古建築でもある。擬木構造の密檐(みつえん)式れんが塔で、高さは30・47メートル。義玄の衣鉢を納めた塔は、千年以上の風雨に耐え、中国と世界各国の仏教文化交流の証人としてだけでなく、世界の人々との友好の絆となっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500213

  •  (1)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県
    2021年01月23日
    (1)臨済宗開祖の衣鉢を納めた臨済寺澄霊塔河北省正定県

    正定県の臨済寺境内に立つ澄霊塔。(資料写真)中国河北省石家荘市正定県にある臨済寺は、東魏の興和2(540)年の創建で、臨済塔院とも呼ばれる。唐の大中8(854)年に臨済宗の開祖・義玄禅師が逗留したことから、中国禅宗臨済派の発祥地とされており、日本の臨済宗も祖庭としている。現在は全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。主要建築の澄霊(ちょうれい)塔は、唐の咸通8(867)年に義玄の衣鉢塔として造営された。同寺に現存する唯一の古建築でもある。擬木構造の密檐(みつえん)式れんが塔で、高さは30・47メートル。義玄の衣鉢を納めた塔は、千年以上の風雨に耐え、中国と世界各国の仏教文化交流の証人としてだけでなく、世界の人々との友好の絆となっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012500238

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年07月09日
    支援物資受け取る山田さん 静岡・熱海の土石流災害

    静岡県熱海市伊豆山の土石流災害現場近くの釣具店で、地元有志からの支援物資のトイレットペーパーなどを受け取る山田光江(やまだ・みつえ)さん(左)。「街の中心部まで遠いから買い物に出るのは大変。支援品があってとても助かった」と話した=9日午後

    商品コード: 2021070907076

  •  Fendi Spr/Sum 2022 Milan Arrivals
    2021年09月22日
    Fendi Spr/Sum 2022 Milan Arrivals

    September 23, 2021, Milan, Italy: Street Style First day at Milan fashion week Fendi Spring/Summer 2022 collections (Credit Image: © IPA via ZUMA Press)、クレジット:©IPA via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Europe Rights OUT

    商品コード: 2021092404913

  •  (5)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (5)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、西八里荘にそびえる玲瓏塔。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004880

  •  (10)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (10)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004922

  •  (13)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (13)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の左側にある石碑。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004945

  •  (4)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (4)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004848

  •  (11)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (11)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004915

  •  (12)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (12)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の右側にある石碑に彫られた関帝(関羽)の彫刻。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004939

  •  (2)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (2)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の近くに設置された「慈寿寺復元図」。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004845

  •  (1)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (1)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、西八里荘にそびえる玲瓏塔。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004849

  •  (9)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (9)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004918

  •  (7)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (7)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身に施された彫刻。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004921

  •  (6)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (6)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔刹。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004878

  •  (3)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (3)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔公園の一角。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004852

  •  (8)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市
    2021年12月30日
    (8)400年の歴史持つ玲瓏塔を訪ねて北京市

    25日、玲瓏塔の塔身の一部。中国北京市内を流れる昆玉河のほとりに位置する西八里荘にそびえる玲瓏(れいろう)塔は、元の名を永安万寿塔といい、400年余りの歴史を持つ。もともと慈寿寺の境内に建てられたことから、慈寿寺塔とも呼ばれる。八角十三層の密檐(みつえん)式塼塔(せんとう、れんが造りの塔)で、高さは約60メートル。基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部からなる。明代の単層密檐式塔を代表する塔であり、市内にある天寧寺塔を模して建てられたため、この二つの塔は「姉妹塔」と呼ばれている。窓の左右の壁には金剛力士像が彫られている。塔身の各所にはれんが彫刻や泥塑像が、須弥座の上部には笙(しょう)や簫(しょう、縦笛の一種)、琴、瑟(しつ、大型の琴)などの楽器の彫刻が施されており、貴重な史料価値を持つ。昔、寺の軒下には、邪気払いの風鐸(ふうたく、鐘形の鈴)がつるされていた。かつて、玲瓏塔の軒の角には3千個余りの風鐸がつるされており、風の強弱や風向きなどによって、微妙に異なる音色を奏でたという。1980年代に行われた全国文化財普査(センサス)のデータによると、玲瓏塔に所蔵されている「魚籃観音図」は、全国に残る二幅のうちの一幅で、非常に貴重なものとなっている。同塔は1957年10月に北京市の第1次重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004919

  •  (5)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (5)万松老人塔を訪ねて北京市

    万松老人塔。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210669

  •  (7)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (7)万松老人塔を訪ねて北京市

    万松老人塔の塔院の一角。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210673

  •  (3)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (3)万松老人塔を訪ねて北京市

    万松老人塔の塔院入り口。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210657

  •  (6)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (6)万松老人塔を訪ねて北京市

    塔院内に開設された書店「正陽書局」の内部。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210671

  •  (8)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (8)万松老人塔を訪ねて北京市

    万松老人塔と磚塔胡同。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210676

  •  (4)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (4)万松老人塔を訪ねて北京市

    万松老人塔。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210668

  •  (10)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (10)万松老人塔を訪ねて北京市

    塔院内に開設された書店「正陽書局」の内部。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210678

  •  (11)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (11)万松老人塔を訪ねて北京市

    塔院内に開設された書店「正陽書局」の内部。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210705

  •  (1)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (1)万松老人塔を訪ねて北京市

    万松老人塔。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210627

  •  (9)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (9)万松老人塔を訪ねて北京市

    万松老人塔の基部と全国重点文物保護単位の表示。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210675

  •  (2)万松老人塔を訪ねて北京市
    2022年02月22日
    (2)万松老人塔を訪ねて北京市

    塔院内に展示されている万松老人塔の模型。(2021年6月21日撮影)中国北京市西城区磚塔(せんとう)胡同にある万松老人塔は、旧内城地区に唯一残存する密檐(みつえん)式磚塔(レンガ塔)で、高さは約16メートル。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は元代で、当初は八角7層だったが、清の乾隆18(1753)年に創建当時の塔全体を覆う形で9層に改築された。1927年に修繕が行われている。塔は金・元代の曹洞宗の僧侶、万松行秀禅師(1166~1246年)の墓塔として建てられた。万松は河内(現在の河南省洛陽市)の生まれで、万松野老と名乗り、人々は万松老人と敬った。モンゴル帝国初期の官僚、耶律楚材(やりつ・そざい)も師と仰ぎ、金の章宗にも重用された。2014年には、塔の立つ敷地が公共の読書スペースとして整備され、市民に開放された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022210654

  •  (17)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (17)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の斉雲塔。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811201

  •  (18)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (18)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の清凉台。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811205

  •  (1)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (1)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の山門。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811006

  •  (8)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (8)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺蔵経閣前の「吉祥古桑」。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811129

  •  (13)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (13)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の接引殿。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811162

  •  (22)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (22)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の天王殿。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811244

  •  (5)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (5)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺のインド仏殿苑。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811116

  •  (2)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (2)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の山門前広場。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811118

  •  (4)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (4)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺のタイ仏殿苑。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811039

  •  (3)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (3)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の山門前広場。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811038

  •  (11)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (11)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の鐘楼。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811159

  •  (14)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (14)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺の空海像。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811166

  •  (15)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省
    2022年08月18日
    (15)中国仏教の祖庭、洛陽の白馬寺を訪ねて河南省

    白馬寺毘盧(びる)閣の題額。(8月1日撮影)中国河南省洛陽市の白馬寺は、後漢の永平11(68)年に創建された。時の皇帝、明帝の勅命で建設され、寺名は白馬が仏教経典を運んだという伝説にちなむ。仏教が中国に伝来した後に初めて造営された官寺であり、1900年余りの歴史を持つ。中国仏教の「祖庭」「釈源(教えの発祥地)」とも呼ばれる。後漢当時は経典翻訳の中心地であり、天竺(インド)の高僧、迦葉摩騰(かしょうまとう)と竺法蘭(じくほうらん)がここで「四十二章経」を翻訳した。同経典は中国の仏教史上最初の翻訳経典とされる。白馬寺の建物は南向きに建てられており、総面積は約4万平方メートル。創建以来、寺の場所は変わらない。境内の斉雲塔は明帝時代の創建で、金王朝の大定15(1175)年に再建された。再建後の塔は高さ約25メートル、方形13層の密檐(みつえん)式磚塔(せんとう、れんが塔)で、洛陽一帯に現存する金代の地上建造物の中で最も古い。境内にはインド仏殿苑やタイ仏殿苑、ミャンマー仏塔苑などの国際色豊かな仏殿もある。(洛陽=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081811190

  • 1
  • 2