KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 竜興寺
  • 令和
  • 歴史
  • 研究
  • 創建
  • 指定
  • 市街地
  • 仏像
  • 最大
  • 弟子

「りゅうこうじ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
102
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
102
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    片瀬の龍口寺

    天保3年(1832)に竣工した本堂。間口12間奥行15間の木造大建築である。正式名称は寂光山龍口寺(じゃっこうざんりゅうこうじ)。階段下の灯籠、右手の水屋ともに現存する。左手階段上に七面堂が見える。江戸時代初期に身延七面山の七面大明神を勧請して建てられたもので、平成元年(1989)に建て替えられる前の姿である。=撮影年月日不明、藤沢、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐22‐0]

    商品コード: 2017082300927

  • -
    片瀬の龍口寺

    山門越しに本堂を見る。正式名称は寂光山龍口寺(じゃっこうざんりゅうこうじ)。山門は元治元年(1864)大阪の豪商鹿島屋の寄進により建立されたという。本堂、山門、階段下左右の常夜灯ともに現存する。昭和48年(1973)階段下に仁王門が造られたので、景観がかなり変わった。=撮影年月日不明、藤沢、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐29‐0]

    商品コード: 2017081400891

  • -
    片瀬の龍口寺

    天保3年(1832)に竣工した本堂。間口12間奥行15間の木造大建築である。正式名称は寂光山龍口寺(じゃっこうざんりゅうこうじ)。寺伝によると延元2年(1337)日蓮の弟子日法の創建とするが、当初は小さな草庵で、伽藍が整えられたのは慶長6年(1601)のことである。階段下の灯籠、右手の水屋ともに現存する。=撮影年月日不明、藤沢、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号90‐30‐0]

    商品コード: 2017081400893

  • 1997年11月10日
    旧友らと再会のキムさん 里帰りの妻たちが故郷へ

    墓参りの後、高校時代の同級生らと再会し旧交を温めるキム・グァンオクさん(左端)=10日午後、札幌市中央区の竜興寺

    商品コード: 1997111000081

  • 2016年01月12日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した青銅の仏像。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年1月12日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217193

  • 2016年01月25日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した石仏のレリーフ。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年1月25日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216773

  • 2016年01月25日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した石の経幢の一部。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年1月25日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216925

  • 2016年12月30日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した銅銭。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年12月30日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217242

  • 2016年12月30日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した平瓦。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年12月30日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216946

  • 2016年12月30日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した唐三彩の器。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2016(平成28)年12月30日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021216983

  • 2019年01月16日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土したれんが彫刻の仏像。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217251

  • 2019年01月16日
    洛陽で千年以上前の古寺遺跡見つかる唐代仏教の盛衰示す

    隋唐洛陽城寧人坊遺跡から出土した玉珠。(資料写真)中国河南省洛陽市文物考古研究院は、市内の隋唐洛陽城寧人坊遺跡から大量の仏教文化財が出土したことを明らかにした。出土したのは、小さな金銅仏2点や石の経幢(きょうどう、仏教の呪文を刻んだ石柱・金属柱)の一部、石仏のレリーフ数点、穴の空いた数珠1点など。坊内で千年間眠っていた竜興寺の遺跡だという。唐代に東都とされた洛陽には二つの竜興寺があったとされる。一つは孟津(もうしん)県麻屯(まとん)鎮韓荘村の西にあり、後漢の霊帝期の創建。史料で考証できるものとしては、中国で2番目に建てられた官立寺院だという。今回見つかった寧人坊の竜興寺は、清代に編さんされた「唐両京城坊考」に、当時の著名画家、展子虔(てん・しけん)が描いた八国王分舍利図があったと記されている。(洛陽=新華社配信/洛陽市文物考古研究院提供)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:洛陽市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217219

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604210

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604329

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された装飾品。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604378

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604346

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604337

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604266

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604317

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604318

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604287

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604270

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604256

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604302

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604229

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604327

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604294

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された装飾品。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604355

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604333

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604370

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604373

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604316

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604253

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604245

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604258

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604379

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604365

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604367

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604273

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された天女の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から出土したから400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604275

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604319

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604331

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604375

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604383

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604362

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604368

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604372

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604263

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604326

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、竜興寺の穴蔵から出土した仏像に施された飛天の装飾。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604285

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604385

  • 2019年11月28日
    端正な表情が魅力穴蔵から見つかった精巧な仏像たち山東省

    11月28日、山東省青州市にある竜興寺の穴蔵から出土した仏像。青州はかつて山東省に存在した古代中国九州の一つで、悠久の歴史をもつ。1996年、北魏時代に建立された同省青州市にある竜興寺の穴蔵(あなぐら)から400体余りの仏像が出土した。石灰石やアラバスター(漢白玉)、花崗岩(かこうがん)、陶土、鉄、木、泥などを材質とし、北魏、東魏、北斉から隋、唐、北宋時代にかけて作られたさまざまな仏像のうち、最大のものは高さ320センチ、最小のものは20センチ。仏や菩薩、弟子、羅漢、天女、供養者などをモチーフに作られ、生き生きとした表情をたたえ、滑らかな曲線を持ち、極めて高い芸術性が感じられるこれらの仏像は、中国の仏教美術史を研究する上での貴重な実物資料となっている。竜興寺の仏像をテーマにした展覧会は、これまで米国や日本、ドイツ、スイス、英国などで相次いで開催されてきた。微笑みを浮かべた仏像や優雅で上品な身なりをした菩薩、今にも飛び出してきそうな天女、そして、力強く生き生きとした教法を守護する鬼神「護法」を目にした人々は、きっと深い感銘を受けるだろう。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604360

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山中腹にある栄叡碑亭。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214221

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡大師記念碑と碑亭の桜花藻井(そうせい、装飾天井)。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214239

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山頂上の鼎湖。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214223

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡大師記念碑と碑亭の扁額。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214229

  • 2021年02月21日
    嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山慶雲寺境内の建築物の屋根。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030214230

  • 2021年02月27日
    (2)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山天湖風景区の宝鼎園から見た蝴蝶(こちょう)谷。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100399

  • 2021年02月27日
    (8)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山慶雲寺の法堂。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100457

  • 2021年02月27日
    (19)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山の山道。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100713

  • 2021年02月27日
    (18)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山中腹にある栄叡碑亭。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100710

  • 2021年02月27日
    (15)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡大師記念碑と碑亭の桜花藻井(そうせい、装飾天井)。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030103934

  • 2021年02月27日
    (7)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山の慶雲寺。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100475

  • 2021年02月27日
    (11)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡の生涯を記した石碑。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100447

  • 2021年02月27日
    (1)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山天湖風景区の宝鼎園にある中国最大の青銅鼎「九竜宝鼎」。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100389

  • 2021年02月27日
    (4)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山風景区の牌坊(はいぼう)。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100400

  • 2021年02月27日
    (5)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山の山道にあるあずまや。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100412

  • 2021年02月27日
    (14)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、栄叡大師記念碑の裏面に刻まれた四言詩「栄叡大師賛」。現代中国の宗教家・書道家、趙樸初(ちょう・ぼくしょ、1907~2000年)の書。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100479

  • 2021年02月27日
    (17)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山中腹にある栄叡碑亭。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100695

  • 2021年02月27日
    (6)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山の飛水潭瀑布。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100414

  • 2021年02月27日
    (10)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山慶雲寺の牌坊(はいぼう)。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100490

  • 2021年02月27日
    (13)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山中腹にある栄叡碑亭。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100506

  • 2021年02月27日
    (21)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、世界最大の硯とされる「端溪竜皇硯(たんけいりゅうこうけん)」。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100736

  • 2021年02月27日
    (20)嶺南四大名山「鼎湖山」を訪ねて広東省肇慶市

    21日、鼎湖山のあずまや内部。中国珠江デルタ地区の最高峰で、嶺南四大名山の筆頭に数えられる鼎湖山は、広東省肇慶(ちょうけい)市の北東部にあり、市街地から18キロ離れている。主峰の海抜は千メートル。1956年に新中国最初の自然保護区となり、中国科学院が管轄する唯一の自然保護区にも指定されている。1979年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「人間と生物圏計画(MAB)」に基づく自然保護区に中国で初めて認定され、人間と生物圏研究センターが設立された。北回帰線が通る世界のほとんどの地域が砂漠や乾燥草原であるのに対し、鼎湖山一帯のみ緑の植生で覆われていることから「北回帰線のオアシス」と呼ばれる。同山にある慶雲寺は、明の崇禎(すうてい)9(1636)年の創建で、嶺南四大名刹の一つに数えられる。また、竜興寺は唐の高僧・鑑真を招くため唐に渡った日本人僧・栄叡(ようえい)が、天宝8(749)年春に客死した地として知られる。中国仏教界は1963年、鑑真和上円寂(えんじゃく)1200年の記念活動の一環として鼎湖山に栄叡大師の碑を建立。1980年に鑑真和上像が中国に里帰りした際は碑亭が増築された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100751

  • 2021年04月26日
    泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    弘一法師紀念館の入り口。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710256

  • 2021年04月26日
    泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710282

  • 2021年04月26日
    泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の山門(天王殿)に掲げられた「紫雲」の額と西塔の上部。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710265

  • 2021年04月26日
    (26)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺西塔全体の外観。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710250

  • 2021年04月26日
    (21)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の檀越祠。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)=2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051710281

  • 2021年05月15日
    (5)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の大雄宝殿に掲げられた「御賜仏像」の扁額。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507691

  • 2021年05月15日
    (13)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    正面から見た開元寺東塔。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507698

  • 2021年05月15日
    (11)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507701

  • 2021年05月15日
    (24)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺西塔に施された彫刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507710

  • 2021年05月15日
    (1)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の拝庭。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507685

  • 2021年05月15日
    (22)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    創建当時に全国最大の寺だったことを表す「万山第一」の碑と西塔。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507708

  • 2021年05月15日
    (9)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507696

  • 2021年05月15日
    (17)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺境内にある泉州仏教博物館。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507702

  • 2021年05月15日
    (7)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507694

  • 2021年05月15日
    (10)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔に施された雕刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507697

  • 2021年05月15日
    (12)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺東塔全体の外観。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507700

  • 2021年05月15日
    (18)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の山門(天王殿)。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507703

  • 2021年05月15日
    (16)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の麒麟壁。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507705

  • 2021年05月15日
    (4)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の大雄宝殿前の拝庭。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507686

  • 2021年05月15日
    (3)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の大雄宝殿と拝庭。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507687

  • 2021年05月15日
    (23)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺西塔の基部に施された彫刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507709

  • 2021年05月15日
    (19)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    山門の外壁に刻まれた「桑蓮法界」の文字。桑の木が白蓮の花を咲かせたという開基伝説にちなんでいる。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507704

  • 2021年05月15日
    (25)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺西塔の基部に施された彫刻。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507707

  • 2021年05月15日
    (14)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    弘一法師紀念館と東塔。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507699

  • 2021年05月15日
    (2)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の蔵経閣。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507688

  • 2021年05月15日
    (6)泉州の古刹、開元寺を訪ねて福建省

    開元寺の大雄宝殿前にある石の香炉。(4月26日撮影)中国福建省泉州市の市街地、西街に位置する開元寺は、千年以上の歴史を持ち、敷地面積が7万8千平方メートルに及ぶ。創建は唐の武則天(則天武后)時代の686年で、当初は「蓮花寺」と称していた。寺名は「興教寺」「竜興寺」に変わった後、玄宗期に開元寺と改められ、今日に至っている。元代には「大開元万寿禅寺」の扁額を下賜された。境内には大雄宝殿、甘露戒壇、泉州仏教博物館(弘一法師紀念館)などがあり、現存する主な建物は明・清代のものとなっている。同寺は1982年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(泉州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051507692

  • 1
  • 2