KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 梁啓超
  • 記者
  • 政治家
  • 状態
  • 保存
  • 制作
  • 特徴
  • 世界複合遺産
  • 個性

「りょうけ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
120
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
120
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Photograph of the galaxy
    1910年12月31日
    Photograph of the galaxy

    Photograph of the galaxy in Canes Venatici taken at Mount Wilson Observatory in 1910、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2018110727020

  • (おおにし・りょうけい) 大西良慶
    1975年12月19日
    (おおにし・りょうけい) 大西良慶

    京都清水寺貫主=1975(昭和50)年12月21日で100歳に=1975(昭和50)年12月19日撮影

    商品コード: 2008020700103

  • (おおにし・りょうけい) 大西良慶
    1976年09月21日
    (おおにし・りょうけい) 大西良慶

    京都清水寺貫主=1976(昭和51)年9月21日撮影、ポーズ

    商品コード: 2008022100073

  • (おおにし・りょうけい) 大西良慶
    1976年10月07日
    (おおにし・りょうけい) 大西良慶

    京都清水寺貫主=1976(昭和51)年9月18日撮影

    商品コード: 2005030400034

  •  大西良慶
    1978年02月15日
    大西良慶

    大西良慶、その他、おおにし・りょうけい、死去・1983年2月15日、俗名・広次、号は「無隠」、京都清水寺貫主、日本宗教者平和協議会会長=1978(昭和53)年2月15日整理

    商品コード: 1978021500010

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1985年06月13日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    アマゴルファー、日大、関東アマチュア選手権で、1985(昭和60)年6月13日、横浜CCにて撮影、フォーム他

    商品コード: 1985061300002

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1985年06月13日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    アマゴルファー、日大、関東アマチュア選手権で、優勝の加藤一彦(右)と2位の川岸良兼、1985(昭和60)年6月13日、横浜CCにて撮影

    商品コード: 1985061300003

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1985年06月27日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    アマゴルファー、日大、美津濃オープンでベストアマ、1985(昭和60)年6月撮影

    商品コード: 1985062700010

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1987年06月18日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    アマゴルファー、よみうりオープンで、1987(昭和62)年6月18日、よみうりCCにて撮影、フォーム

    商品コード: 1987061800017

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1988年12月04日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    インタビューに答える川岸良兼さん=1988(昭和63)年12月4日、東京都内のホテル

    商品コード: 1988120400003

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1990年03月04日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、第一不動産ゴルフで、1990(平成2)年3月4日、宮崎国際GCにて撮影

    商品コード: 1990030400008

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1991年01月19日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、豪州SXLゴルフで、フォーム他、1991(平成3)年1月19日、豪州・サンクチュアリコーブ・パインズコースにて撮影(共同)

    商品コード: 1991011900002

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1991年01月24日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、バインズクラシックゴルフで、1991(平成3)年1月24日、豪州バインズ・リゾートにて撮影、フォーム(共同)

    商品コード: 1991012400009

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1991年01月25日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、バインズクラシックゴルフで、1991(平成3)年1月25日、豪州バインズ・リゾートにて撮影、フォーム(共同)

    商品コード: 1991011300004

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1991年01月27日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、バインズ・クラシックゴルフで、1991(平成3)年1月、豪州バインズリゾートコースにて撮影(共同)

    商品コード: 1991012700007

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1991年01月30日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、1991(平成3)年1月30日撮影

    商品コード: 1991013000004

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1991年09月01日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、ジュンクラシック・ゴルフで、1991(平成3)年9月、栃木県・ロペクラブにて撮影

    商品コード: 1991090100030

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1991年09月05日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、関東オープンゴルフで、1991(平成3)年9月5日、横浜CCにて撮影、フォーム

    商品コード: 1991090500012

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1991年09月05日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、関東オープンゴルフで、1991(平成3)年9月5日、横浜CCにて撮影、フォーム

    商品コード: 1991090500013

  • (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼
    1994年06月12日
    (かわぎし・りょうけん) 川岸良兼

    プロゴルファー、札幌東急オープンでプレー中=1994(平成6)年6月、北海道・札幌国際カントリークラブ

    商品コード: 2018042600541

  • 1995年02月23日

    人物通信 30666 ◎川岸良兼(かわぎし・りょうけん)・プロゴルフ選手・半・正・撮・帽子(94.09.07)(カラーあり)

    商品コード: 1998042000060

  • 1998年10月05日

    「カラー」「人物通信」 ◎川岸良兼(かわぎし・りょうけん)、プロゴルファー、撮影日 1998.09.09、出稿日 1998.10.15 (カラー通信23319)

    商品コード: 1998100500094

  • 2000年08月15日

    「カラー」◎川岸良兼(かわぎし・りょうけん)、プロゴルファー、ミズノ、99(平成11)年12月1日撮影、顔

    商品コード: 2000081500077

  • 2007年09月25日

    「カラー」【】 ◎川岸良兼(かわぎし・りょうけん)、プロゴルファー、2007年9月5日に千葉県印西市で撮影、顔

    商品コード: 2007092500117

  • 2007年10月31日

    「カラー」「人物通信」【】 ◎川岸良兼(かわぎし・りょうけん)、顔 プロゴルファー、撮影日 2007.09.05、出稿日 2007.11.09(カラー通信28104)

    商品コード: 2007103100240

  •  民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県
    2018年10月16日
    民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県

    16日、芦笙の笙斗(頭部分)に笙管を取り付ける芦笙職人の梁建忠(りょう・けんちゅう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/呉徳軍)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216953

  •  民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県
    2018年10月16日
    民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県

    16日、芦笙の笙斗(頭部分)に穴を開ける芦笙職人の梁建忠(りょう・けんちゅう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217120

  •  高速列車の安全を守る「看護婦さん」広西南寧市
    2019年01月16日
    高速列車の安全を守る「看護婦さん」広西南寧市

    16日、南寧にある高速列車車載設備の整備場で保守点検が終わった列車のそばを通る女性職員の沈姗姗(しん・さんさん)さん(右端)、梁慧(りょう・けい)さん(中央)、鄭双双(てい・そうそう)さん。中国鉄路南寧局集団の南寧信号通信区にある高速列車車載設備の整備場で毎晩、灯火の下で忙しく働く女性職員は、列車の「健康」を守る「看護婦さん」と呼ばれている。全ての高速列車の安全運行を確保するため、長距離列車の保守点検は夜通し続くこともある。作業は夜間、さらに忙しくなる。夜間に整備場での保守点検が必要となる列車は「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、おおむね32組前後になり、列車を守る女性たちの活躍が期待されている。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009956

  •  高速列車の安全を守る「看護婦さん」広西南寧市
    2019年01月16日
    高速列車の安全を守る「看護婦さん」広西南寧市

    16日、南寧にある高速列車車載設備の整備場で車体底部の設備を保守点検する女性職員の梁慧(りょう・けい)さん(右)と盧芳君(ろ・ほうくん)さん。中国鉄路南寧局集団の南寧信号通信区にある高速列車車載設備の整備場で毎晩、灯火の下で忙しく働く女性職員は、列車の「健康」を守る「看護婦さん」と呼ばれている。全ての高速列車の安全運行を確保するため、長距離列車の保守点検は夜通し続くこともある。作業は夜間、さらに忙しくなる。夜間に整備場での保守点検が必要となる列車は「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、おおむね32組前後になり、列車を守る女性たちの活躍が期待されている。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010132

  •  高速列車の安全を守る「看護婦さん」広西南寧市
    2019年01月16日
    高速列車の安全を守る「看護婦さん」広西南寧市

    16日、南寧にある高速列車車載設備の整備場で列車上部の設備を保守点検する女性職員の梁慧(りょう・けい)さん。中国鉄路南寧局集団の南寧信号通信区にある高速列車車載設備の整備場で毎晩、灯火の下で忙しく働く女性職員は、列車の「健康」を守る「看護婦さん」と呼ばれている。全ての高速列車の安全運行を確保するため、長距離列車の保守点検は夜通し続くこともある。作業は夜間、さらに忙しくなる。夜間に整備場での保守点検が必要となる列車は「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、おおむね32組前後になり、列車を守る女性たちの活躍が期待されている。(南寧=新華社記者/陸波岸)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009600

  •  中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕
    2019年05月17日
    中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕

    17日、「遼寧四宝」文化芸術品博覧会に出展された阜新瑪瑙の彫刻作品。遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で17日、中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕した。「遼寧四宝」とは遼寧省特有の文化資源、岫岩玉(しゅうがんぎょく)と撫順黒玉(ぶじゅんこくぎょく)、阜新瑪瑙(ふしんめのう)、本渓遼硯(ほんけいりょうけん)を指す。博覧会には千点以上の作品が出展され、多くの人々が見学に訪れている。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400442

  •  中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕
    2019年05月17日
    中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕

    17日、「遼寧四宝」文化芸術品博覧会に撫順黒玉の彫刻作品。遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で17日、中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕した。「遼寧四宝」とは遼寧省特有の文化資源、岫岩玉(しゅうがんぎょく)と撫順黒玉(ぶじゅんこくぎょく)、阜新瑪瑙(ふしんめのう)、本渓遼硯(ほんけいりょうけん)を指す。博覧会には千点以上の作品が出展され、多くの人々が見学に訪れている。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400297

  •  中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕
    2019年05月17日
    中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕

    17日、「遼寧四宝」文化芸術品博覧会に出展された本渓の遼硯。遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で17日、中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕した。「遼寧四宝」とは遼寧省特有の文化資源、岫岩玉(しゅうがんぎょく)と撫順黒玉(ぶじゅんこくぎょく)、阜新瑪瑙(ふしんめのう)、本渓遼硯(ほんけいりょうけん)を指す。博覧会には千点以上の作品が出展され、多くの人々が見学に訪れている。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400319

  •  中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕
    2019年05月17日
    中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕

    17日、「遼寧四宝」文化芸術品博覧会に出展された撫順黒玉の原石。遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で17日、中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕した。「遼寧四宝」とは遼寧省特有の文化資源、岫岩玉(しゅうがんぎょく)と撫順黒玉(ぶじゅんこくぎょく)、阜新瑪瑙(ふしんめのう)、本渓遼硯(ほんけいりょうけん)を指す。博覧会には千点以上の作品が出展され、多くの人々が見学に訪れている。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400443

  •  中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕
    2019年05月17日
    中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕

    17日、「遼寧四宝」文化芸術品博覧会に出展された岫岩玉の石刻作品。遼寧省瀋陽市の瀋陽工業展覧館で17日、中国「遼寧四宝」文化芸術品博覧会が開幕した。「遼寧四宝」とは遼寧省特有の文化資源、岫岩玉(しゅうがんぎょく)と撫順黒玉(ぶじゅんこくぎょく)、阜新瑪瑙(ふしんめのう)、本渓遼硯(ほんけいりょうけん)を指す。博覧会には千点以上の作品が出展され、多くの人々が見学に訪れている。(瀋陽=新華社配信/黄金崑)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400264

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701326

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701331

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701337

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701360

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿の一角。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701230

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701356

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701341

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701296

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701378

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701373

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701282

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701285

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701295

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701364

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、空から望む霊岩寺とその周辺の風景。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701275

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701322

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701283

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701365

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701284

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701291

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701234

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701277

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701335

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701231

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701374

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701332

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701286

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「張学良故居」内の趙一荻(ちょう・いってき)夫人の寝室。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403205

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「梁啓超紀念館」を見学する来場者。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403216

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、天津市にある「張学良故居」の外観。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403146

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「梁啓超紀念館」を見学する来場者。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403181

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「李叔同故居紀念館」を見学する来場者。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403143

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「梁啓超紀念館」を見学する来場者。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403227

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、天津市にある「李叔同紀念館」の外観。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403207

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、天津市にある「梁啓超紀念館」の外観。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403219

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「李叔同紀念館」内の洋式の書斎。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403136

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「李叔同故居紀念館」を見学する来場者。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403145

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「張学良故居」内のダンスホール。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403233

  •  名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市
    2020年04月10日
    名士の旧居・記念館が一般開放を再開天津市

    10日、「張学良故居」内の「梅蘭芳(メイ・ランファン)舞台」。中国天津市ではここ数日、新型コロナウイルス感染の影響で臨時休館していた「梁啓超(りょう・けいちょう)紀念館」「李叔同(り・しゅくどう)故居紀念館」「張学良(ちょう・がくりょう)故居」などの名士の旧居、記念館が、続々と一般公開を再開している。各施設とも記名式によるオンライン予約を実施しており、入場者数を制限している。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403223

  •  「新華社」仲人歴40年余り、千組近い良縁取り持った70代の夫婦山西省太原市
    01:00.82
    2020年04月21日
    「新華社」仲人歴40年余り、千組近い良縁取り持った70代の夫婦山西省太原市

    李才爾(り・さいじ)さんと梁建明(りょう・けんめい)さん夫妻は仲人として、中国山西省太原市で広く知られている。1976年からこれまでに、この夫妻とボランティアの助けで、千組近い良縁がまとまった。新型コロナウイルスの流行中も、夫妻の忙しさは以前を上回るほどで、二人に縁を取り持ってもらいたいと望む多くの独身男女が電話をかけてきているという。(記者/徐偉、馬暁媛)<映像内容>仲人として知られる夫婦、仲人の活動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042301869

  •  有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市
    2020年06月29日
    有名人の旧居が集まるスポット、イタリア街を訪ねて天津市

    天津イタリア街にある清末民初のジャーナリスト、政治家、梁啓超(りょう・けいちょう)の旧居。(6月29日撮影)天津イタリア街(意式風情区)は中国天津市河北区(旧イタリア租界)にあり、1902年に建設が始まった。総建築面積は約40万平方メートル。区域内の建物は全てイタリア人が設計したもので、現在、イタリア本土を除くアジアで唯一、良好な状態で保存されているイタリア風の建築群となっている。また、歴史上の有名人の旧居があり、貴重な歴史的・文化的価値を持つ。同市政府は2002年末から、イタリア街の建物の保護と開発に着手。イタリア人技術者と協力し、「修旧如旧」(昔の状態に戻すように修復する)の理念に基づいて、歴史的建物の修繕を行っている。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611661

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.92
    2020年10月19日
    「新華社」超高圧直流送電プロジェクト変電所で初の年次点検安徽省宣城市

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州と安徽省宣城市宣州区古泉鎮を結ぶプラスマイナス1100キロボルト超高圧直流送電プロジェクトの受電端、安徽省宣城市にある古泉変電所で12~24日にかけて、初の年次点検・保守作業が実施されている。同プロジェクトは世界最高の電圧等級、最大の送電容量、最長の送電距離を誇る超高圧直流送電プロジェクトとして、2019年9月に運用を開始した。同変電所の翁良傑(おう・りょうけつ)副主任によると、今回の点検・保守では、大型機器への衛星測位システム「北斗」の搭載、第5世代移動通信システム(5G)ネットワークによるモニタリング機能の強化、赤外線顔認証・検温一体型機器による点検・保守チームの感染予防・抑制など、作業効率化のために多くのテクノロジーが導入されている。今回の作業はプロジェクトの運用開始後初めての年次点検・保守で、13日間送電を停止した状態で行う。期間中は検査員約千人、大型機械60台以上、検査機器400セット余りが用いられる。(記者/汪海月)<映像内容>超高圧直流送電プロジェクト変電所の年次点検の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102007320

  •  携程旅行網、中国国内観光市場が年内に回復すると予測
    2020年10月29日
    携程旅行網、中国国内観光市場が年内に回復すると予測

    29日、四川省成都市で開催された「2020携程グローバルパートナーサミット」で講演する携程旅行網の梁建章董事局主席。中国オンライン旅行大手、携程旅行網(トリップ・ドットコム・グループ)の梁建章(りょう・けんしょう)董事局主席は先ごろ、四川省成都市で開かれた「2020携程グローバルパートナーサミット」で取材に応じ、「中国国内観光市場は、特に個人旅行や中・高価格帯のレジャー商品が年末までに回復する可能性が大いにある」と語った。梁氏は同サミットでの講演で、国内観光市場がすでに80%まで回復し、多くの地域でプラス成長が見られると指摘した。中国文化・観光部が発表したデータによると、今年の国慶節連休期間(10月1~8日)中の国内観光客数は延べ6億3700万人で、観光市場は前年比(日数の違いを考慮して計算)79・0%まで回復。国内観光収入は4665億6千万元(1元=約16円)で、同69・9%まで戻った。回復状況は端午節(旧暦5月5日)と比較して大幅に改善している。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110201654

  •  (1)トリップ・ドットコム、香港証券取引所に上場
    2021年04月20日
    (1)トリップ・ドットコム、香港証券取引所に上場

    19日、上場セレモニーの上海会場でスピーチするトリップ・ドットコムの梁建章(りょう・けんしょう)董事局主席。中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(トリップ・ドットコム・グループ)は19日、香港証券取引所に上場した。上場セレモニーは同社の本社がある上海市と香港をインターネット回線で結び開かれた。上場後の初値は281香港ドル(1ドル=約14円)となり、公募・売り出し価格の268香港ドルを4・55%上回った。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042008498

  •  「新華社」中国最北端の高速鉄道駅、建設工事始まる黒竜江省
    00:31.60
    2022年08月25日
    「新華社」中国最北端の高速鉄道駅、建設工事始まる黒竜江省

    中国最北端の高速鉄道駅となる哈伊高速鉄道(黒竜江省ハルビン市-伊春市)伊春西駅の建設工事が24日、着工した。中国鉄路ハルビン局集団が明らかにした。同駅は現在建設が進む同鉄道の黒竜江省鉄力市から伊春市に至る区間にあり、同区間は中国最北端の高速鉄道で、総延長が111・4キロ、設計時速が250キロとなる。鉄力-伊春区間の沿線には島状の永久凍土帯が複数分布し、伊春西駅の建設地は永久凍土層の厚さが2・9メートルにも達するため、工事の難度が高い。中国鉄建傘下の中鉄建設集団は、ハルビン工業大学土木工程学院の凌賢長(りょう・けんちょう)教授のチームと共同で、凍害の防止と制御という目的を達成するため、特殊土の固化を実現する新技術を採用した。同高速鉄道の全線開通後は、ハルビンと伊春の所要時間が現在の約7時間から約2時間に短縮される。(記者/王君宝) =配信日: 2022(令和4)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082505263

  •  (4)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市
    2022年08月28日
    (4)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市

    15日、北京市の国家植物園にある梁啓超墓に通じる小道。中国北京市の国家植物園北園には中国近代史上名高い思想家、政治活動家で、学者としても広く知られる広東省出身の梁啓超(りょう・けいちょう)の墓がある。総面積1・8ヘクタールの墓地は東側の墓園と西側に付属する林地に分かれており、墓園は梁啓超の息子で建築家の梁思成(りょう・しせい)によって設計された。梁啓超と2人の妻、弟の梁啓雄(りょう・けいゆう)、3人の子女が葬られている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082808661

  •  (6)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市
    2022年08月28日
    (6)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市

    15日、北京市の国家植物園にある梁啓超の墓園。中国北京市の国家植物園北園には中国近代史上名高い思想家、政治活動家で、学者としても広く知られる広東省出身の梁啓超(りょう・けいちょう)の墓がある。総面積1・8ヘクタールの墓地は東側の墓園と西側に付属する林地に分かれており、墓園は梁啓超の息子で建築家の梁思成(りょう・しせい)によって設計された。梁啓超と2人の妻、弟の梁啓雄(りょう・けいゆう)、3人の子女が葬られている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082808662

  •  (8)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市
    2022年08月28日
    (8)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市

    15日、北京市にある国家植物園内の風景。中国北京市の国家植物園北園には中国近代史上名高い思想家、政治活動家で、学者としても広く知られる広東省出身の梁啓超(りょう・けいちょう)の墓がある。総面積1・8ヘクタールの墓地は東側の墓園と西側に付属する林地に分かれており、墓園は梁啓超の息子で建築家の梁思成(りょう・しせい)によって設計された。梁啓超と2人の妻、弟の梁啓雄(りょう・けいゆう)、3人の子女が葬られている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082808670

  •  (1)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市
    2022年08月28日
    (1)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市

    15日、北京市の国家植物園にある梁啓超墓。中国北京市の国家植物園北園には中国近代史上名高い思想家、政治活動家で、学者としても広く知られる広東省出身の梁啓超(りょう・けいちょう)の墓がある。総面積1・8ヘクタールの墓地は東側の墓園と西側に付属する林地に分かれており、墓園は梁啓超の息子で建築家の梁思成(りょう・しせい)によって設計された。梁啓超と2人の妻、弟の梁啓雄(りょう・けいゆう)、3人の子女が葬られている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082808654

  •  (3)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市
    2022年08月28日
    (3)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市

    15日、北京市の国家植物園にある梁啓超墓に通じる小道。中国北京市の国家植物園北園には中国近代史上名高い思想家、政治活動家で、学者としても広く知られる広東省出身の梁啓超(りょう・けいちょう)の墓がある。総面積1・8ヘクタールの墓地は東側の墓園と西側に付属する林地に分かれており、墓園は梁啓超の息子で建築家の梁思成(りょう・しせい)によって設計された。梁啓超と2人の妻、弟の梁啓雄(りょう・けいゆう)、3人の子女が葬られている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082808656

  •  (7)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市
    2022年08月28日
    (7)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市

    15日、北京市の国家植物園にある梁啓超墓園の八角亭。中国北京市の国家植物園北園には中国近代史上名高い思想家、政治活動家で、学者としても広く知られる広東省出身の梁啓超(りょう・けいちょう)の墓がある。総面積1・8ヘクタールの墓地は東側の墓園と西側に付属する林地に分かれており、墓園は梁啓超の息子で建築家の梁思成(りょう・しせい)によって設計された。梁啓超と2人の妻、弟の梁啓雄(りょう・けいゆう)、3人の子女が葬られている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082808665

  •  (2)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市
    2022年08月28日
    (2)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市

    15日、北京市にある国家植物園の入り口。中国北京市の国家植物園北園には中国近代史上名高い思想家、政治活動家で、学者としても広く知られる広東省出身の梁啓超(りょう・けいちょう)の墓がある。総面積1・8ヘクタールの墓地は東側の墓園と西側に付属する林地に分かれており、墓園は梁啓超の息子で建築家の梁思成(りょう・しせい)によって設計された。梁啓超と2人の妻、弟の梁啓雄(りょう・けいゆう)、3人の子女が葬られている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082808655

  •  (5)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市
    2022年08月28日
    (5)国家植物園内の梁啓超墓を訪ねて北京市

    15日、北京市の国家植物園にある梁啓超墓園の入り口。中国北京市の国家植物園北園には中国近代史上名高い思想家、政治活動家で、学者としても広く知られる広東省出身の梁啓超(りょう・けいちょう)の墓がある。総面積1・8ヘクタールの墓地は東側の墓園と西側に付属する林地に分かれており、墓園は梁啓超の息子で建築家の梁思成(りょう・しせい)によって設計された。梁啓超と2人の妻、弟の梁啓雄(りょう・けいゆう)、3人の子女が葬られている。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082808660

  •  (3)唐代創建の古刹、臥仏寺を訪ねて北京市
    2023年02月20日
    (3)唐代創建の古刹、臥仏寺を訪ねて北京市

    国家植物園にある梁啓超(りょう・けいちょう)墓園。梁啓超は清朝末期の思想家・政治家で「戊戌の変法」の主導者の1人。(2022年12月31日撮影)中国北京市の西山の北麓、香山の東側、国家植物園内にある臥仏寺は十方普覚寺とも呼ばれ、北京に現存する最古の寺院の一つ。創建は1300年余り前の唐・貞観年間で、長い年月で興廃を繰り返し、寺名も変遷を経たが、清の雍正12(1734)年に再建された際に十方普覚寺の名に改められた。元代に鋳造された巨大な涅槃(ねはん)仏があることから、通称「臥仏寺」と呼ばれる。伽藍(がらん)は南向きに建てられ、南北方向の3列に配置されている。主要建築には「同参密蔵」牌坊、山門殿、天王殿、三世仏殿、臥仏殿、蔵経楼などがある。唐代の「七堂伽藍」様式を踏襲しており、北京一帯では非常に珍しい。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(北京=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2023(令和5)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022008981

  •  (13)文明の一角を守る長城保護員河北省
    2023年09月18日
    (13)文明の一角を守る長城保護員河北省

    自ら収集した長城の銘文れんがを紹介する遷西県楡木嶺(ゆぼくれい)村の梁慶立(りょう・けいりつ)さん(36、右)。中学卒業後に村の近くの明代長城の保護を始めた。2014年に県の文化財保護部門に雇用され、正式に長城保護員となった。(2018年6月29日撮影)万里の長城は2千年の歴史と、2万キロの長さを誇り、中華民族の大切なシンボルの一つとなっている。2006年12月1日施行の長城保護条例で確立された長城保護員制度の下、長城沿線には現在、6千人余りの保護員がいる。河北省は全国に先駆けて長城保護員制度を創設した。記者は15年以降、省内の長城沿いで10人余りの保護員の姿を撮影してきたが、彼らの多くは普通の農民で、30代のたくましい若者もいれば、還暦を過ぎた人もいる。彼らは長城保護の最前線でひたすら任務に励み、文明の一角を守り続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091902263

  •  (14)文明の一角を守る長城保護員河北省
    2023年09月18日
    (14)文明の一角を守る長城保護員河北省

    楡木嶺(ゆぼくれい)長城をパトロールする遷西県楡木嶺村の梁慶立(りょう・けいりつ)さん(36)。中学卒業後に村の近くの明代長城の保護を始め、2014年に県の文化財保護部門に雇用され、正式に長城保護員となった。(2018年6月29日撮影)万里の長城は2千年の歴史と、2万キロの長さを誇り、中華民族の大切なシンボルの一つとなっている。2006年12月1日施行の長城保護条例で確立された長城保護員制度の下、長城沿線には現在、6千人余りの保護員がいる。河北省は全国に先駆けて長城保護員制度を創設した。記者は15年以降、省内の長城沿いで10人余りの保護員の姿を撮影してきたが、彼らの多くは普通の農民で、30代のたくましい若者もいれば、還暦を過ぎた人もいる。彼らは長城保護の最前線でひたすら任務に励み、文明の一角を守り続けている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2023(令和5)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091902260

  •  (1)東方文化交流協会、「25年の歩み」発行記念式典開催東京都
    2023年12月06日
    (1)東方文化交流協会、「25年の歩み」発行記念式典開催東京都

    2日、「25年の歩み」発行記念式典でこれまでの中日交流活動を振り返る高山英子理事長。日本のNPO法人東方文化交流協会の「25年の歩み」発行記念式典が2日、東京都新宿区の戸塚地域センターで開かれた。式典には同協会の高山英子理事長と新井藤夫副理事長、日中友好協会の永田哲二常務理事、日中協会の長瀬野清水理事長、東京話劇芸術協会の凌慶成(りょう・けいせい)会長らが出席し、あいさつした。同記念誌は、中日平和友好条約締結45周年を祝って制作された。東方文化交流協会が1995年から2020年までに行ってきた文化交流や教育交流、視察訪問などの活動を振り返りまとめている。(東京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023120604215

  •  「新華社」東方文化交流協会、「25年の歩み」発行記念式典開催東京都
    00:56.85
    2023年12月06日
    「新華社」東方文化交流協会、「25年の歩み」発行記念式典開催東京都

    日本のNPO法人東方文化交流協会の「25年の歩み」発行記念式典が2日、東京都新宿区の戸塚地域センターで開かれた。式典には同協会の高山英子理事長と新井藤夫副理事長、日中友好協会の永田哲二常務理事、日中協会の長瀬野清水理事長、東京話劇芸術協会の凌慶成(りょう・けいせい)会長らが出席し、あいさつした。同記念誌は、中日平和友好条約締結45周年を祝って制作された。東方文化交流協会が1995年から2020年までに行ってきた文化交流や教育交流、視察訪問などの活動を振り返りまとめている。式典では在日中国人声楽家、劉子真(りゅう・ししん)さんが中国曲「越人歌」と日本の「見上げてごらん空の星を」を歌い、拍手喝采を浴びた。また、参加者全員で「北国の春」を合唱し、中国東北地域に伝わる舞踊の秧歌(ヤンコ踊り)を楽しんだ。高山理事長は、これまでに交流活動に参加した学生たちから最近、多くのメッセージをもらい、とても感動していると述べた。また、文化交流、特に青年の交流は両国にとって非常に重要であり、さまざまな民間交流活動を通じて、両国の人々が互いの文化を体験し、人と人との交流を促進するために、これからも自分の役割を果たしていきたいとの考えを示した。凌会長は、上の世代の中日友好人士が道を切り開き、国交正常化51年の道のりを歩んできたと指摘、「私たちは共に中日友好の旗を高く掲げ、新たな明るい未来に向かって歩みを進みたい」と述べた。東方文化交流協会は、アジア諸国、主に中国との友好関係の発展に尽力している。文化交流や人的交流の促進を通じて、理解と信頼に基づくアジア諸国との友好関係を築き、広く公益に資する活動に取り組んでいる。(記者/馮翀、胡暁格) =配信日: 2023(令和5)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023120604216

  •  (2)東方文化交流協会、「25年の歩み」発行記念式典開催東京都
    2023年12月06日
    (2)東方文化交流協会、「25年の歩み」発行記念式典開催東京都

    2日、「25年の歩み」発行記念式典でこれまでの中日交流活動を振り返る高山英子理事長。日本のNPO法人東方文化交流協会の「25年の歩み」発行記念式典が2日、東京都新宿区の戸塚地域センターで開かれた。式典には同協会の高山英子理事長と新井藤夫副理事長、日中友好協会の永田哲二常務理事、日中協会の長瀬野清水理事長、東京話劇芸術協会の凌慶成(りょう・けいせい)会長らが出席し、あいさつした。同記念誌は、中日平和友好条約締結45周年を祝って制作された。東方文化交流協会が1995年から2020年までに行ってきた文化交流や教育交流、視察訪問などの活動を振り返りまとめている。(東京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023120604210

  •  (7)山奥の生態系保護に尽力する「守り人」福建省福州市
    2023年12月08日
    (7)山奥の生態系保護に尽力する「守り人」福建省福州市

    11月29日、福州市永泰県嵩口鎮梧埕村の大樟渓の畔でパトロールする陳林さん(左)、村民の林栄通(りん・えいつう)さん(中央)と森林保護員の黄梁傑(こう・りょうけつ)さん。中国野生動物保護協会の古くからの会員で同協会ボランティア委員会委員の陳林(ちん・りん)さんは10年余り前から、福建省福州市の美しい生態環境と豊かな鳥類資源をレンズで記録、生態系の保護を積極的に宣伝している。同市永泰県は「福州の裏庭」とも呼ばれ、四季が明確で温暖湿潤な気候と豊かな資源があり、鳥類の生息や繁殖に適している。陳さんは2016年、チームを率いて同県嵩口鎮大喜村の陳坑自然村を訪れ、生態系修復型の保護園区を建設した。17年には、同協会と各レベルのプロ写真家協会のサポートにより、大学や専門研究機関と連携して、自然村に野生動植物研究・環境保護教育・鳥類観察撮影拠点を建設した。さらに19年には、同鎮梧埕(ごてい)村と協力し、大樟渓で絶滅が危惧されているカモ科のコウライアイサを100日間にわたって保護活動を実行した。現在、同鎮で記録された観測可能な野生鳥類は100種以上で、希少種も多く含まれている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2023(令和5)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023120804158

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2024年01月11日
    (1)江西省の大規模農家、ボーナス1千万元超を支給

    8日、ボーナスを手に記念撮影する栽培農家。中国江西省南昌市安義県の大規模穀物農家、凌継河(りょう・けいが)さんは8日、農地の管理を任せた栽培専門の農家の人々と従業員に年末のボーナスとして現金1169万元(1元=約20円)を支給した。栽培農家の年収は夫婦で12万~30万元余りになるという。年末のボーナス支給は13年連続で、支給総額は5千万元を超えた。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011106302

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2024年01月11日
    (6)江西省の大規模農家、ボーナス1千万元超を支給

    8日、ボーナスを手に記念撮影する栽培農家。中国江西省南昌市安義県の大規模穀物農家、凌継河(りょう・けいが)さんは8日、農地の管理を任せた栽培専門の農家の人々と従業員に年末のボーナスとして現金1169万元(1元=約20円)を支給した。栽培農家の年収は夫婦で12万~30万元余りになるという。年末のボーナス支給は13年連続で、支給総額は5千万元を超えた。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011106307

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2024年01月11日
    (8)江西省の大規模農家、ボーナス1千万元超を支給

    8日、栽培農家にボーナスを手渡す凌継河さん(右)。中国江西省南昌市安義県の大規模穀物農家、凌継河(りょう・けいが)さんは8日、農地の管理を任せた栽培専門の農家の人々と従業員に年末のボーナスとして現金1169万元(1元=約20円)を支給した。栽培農家の年収は夫婦で12万~30万元余りになるという。年末のボーナス支給は13年連続で、支給総額は5千万元を超えた。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011106309

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2024年01月11日
    (2)江西省の大規模農家、ボーナス1千万元超を支給

    8日、栽培農家にボーナスを手渡す凌継河さん(左)。中国江西省南昌市安義県の大規模穀物農家、凌継河(りょう・けいが)さんは8日、農地の管理を任せた栽培専門の農家の人々と従業員に年末のボーナスとして現金1169万元(1元=約20円)を支給した。栽培農家の年収は夫婦で12万~30万元余りになるという。年末のボーナス支給は13年連続で、支給総額は5千万元を超えた。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011106305

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2024年01月11日
    (3)江西省の大規模農家、ボーナス1千万元超を支給

    8日、ボーナスを手に記念撮影する栽培農家。中国江西省南昌市安義県の大規模穀物農家、凌継河(りょう・けいが)さんは8日、農地の管理を任せた栽培専門の農家の人々と従業員に年末のボーナスとして現金1169万元(1元=約20円)を支給した。栽培農家の年収は夫婦で12万~30万元余りになるという。年末のボーナス支給は13年連続で、支給総額は5千万元を超えた。(南昌=新華社記者/周密)= 配信日: 2024(令和6)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024011106301

  • 1
  • 2