KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 歴史
  • 地域
  • 伝承
  • 日本
  • 臨漳県
  • 北京
  • 彫刻
  • 曹操

「りんしょう」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
122
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
122
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    (みつくり・りんしょう) 箕作麟祥

    洋学者、元老院議官、貴族院議員、行政裁判所長官、和仏法律学校(現法政大学)校長=撮影年月日不明、場所不明、クレジット:国立国会図書館所蔵画像/共同通信イメージズ

    商品コード: 2017080201941

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年09月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園の一角。(2005年9月29日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2005(平成17)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    曹操がかつて馬をつないだ木とされるイブキの古木。(2007年資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103549

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県習文郷靳彭村にあるイブキの古木。曹操がかつて馬をつないだとされる。(2007年9月8日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にそびえる曹操の像。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103524

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ碑廊。(2011年11月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園。(2011年11月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月14日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    三国時代の歴史に関する展示品が収められている鄴城博物館。(2012年8月14日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103503

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月14日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある鄴城博物館。(2012年9月14日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103548

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳仏造像博物館所蔵の仏教造像。(2012年9月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103486

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳仏造像博物館所蔵の仏教造像。(2012年9月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103553

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年05月25日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ石碑。(2013年5月25日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103521

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月05日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    雪の中にひっそりとたたずむ建安文学館。(2014年2月5日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、その一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2014(平成26)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103504

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月16日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    三国時代の歴史に関する展示品が収められている鄴城博物館。(2016年2月16日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103538

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月07日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    仏像を専門に展示する全国初の博物館、臨漳仏造像博物館の内部。(2016年4月7日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103576

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(2016年7月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100779

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年05月28日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(2017年5月28日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2017(平成29)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103560

  •  唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲
    2018年09月20日
    唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲

    20日、唐辛子の天日干し作業をする河北省邯鄲市臨漳(りんしょう)県張村集(ちょうそんしゅう)郷後安上(ごあんじょう)村の農家の人。近年、中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は農家をリードして市場ニーズに結び付け、栽培の仕組みを調整し、「供給・販売サービス+農民専業合作社+農家」モデルにより特色ある唐辛子栽培を発展させ、農民増収の新たなルートを切り開いている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517759

  •  唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲
    2018年09月20日
    唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲

    20日、唐辛子の実を摘み取る河北省邯鄲市臨漳(りんしょう)県張村集(ちょうそんしゅう)郷後安上(ごあんじょう)村の農家の人。近年、中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は農家をリードして市場ニーズに結び付け、栽培の仕組みを調整し、「供給・販売サービス+農民専業合作社+農家」モデルにより特色ある唐辛子栽培を発展させ、農民増収の新たなルートを切り開いている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517767

  •  唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲
    2018年09月20日
    唐辛子で農家の貧困脱却を後押し河北省邯鄲

    20日、唐辛子の天日干し作業をする河北省邯鄲市臨漳(りんしょう)県張村集(ちょうそんしゅう)郷後安上(ごあんじょう)村の農家の人。近年、中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は農家をリードして市場ニーズに結び付け、栽培の仕組みを調整し、「供給・販売サービス+農民専業合作社+農家」モデルにより特色ある唐辛子栽培を発展させ、農民増収の新たなルートを切り開いている。(石家荘=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517203

  •  「新華社」【字幕あり】「唐辛子の契約栽培」で農家の生活を豊かに河北省阜城県
    03:08.22
    2018年09月21日
    「新華社」【字幕あり】「唐辛子の契約栽培」で農家の生活を豊かに河北省阜城県

    中国河北省衡水(こうすい)市阜城(ふじょう)県ではこの数年、農業の構造調整を図り、品種の差別化、作付けの大規模化、生産と販売の一体化の経営モデルを導入、「唐辛子の契約栽培」を奨励して、農民の生活を豊かにしている。秋の収穫の時期を迎え、王集郷の農民、張林松(ちょう・りんしょう)さんの唐辛子畑では、真っ赤な唐辛子が枝の先までびっしりと実っている。張さんによると、所有する15ムー(約1ヘクタール)の畑では、今年もう2回取り入れをしたが、全部売れてしまったという。(記者/張碩)<映像内容>唐辛子栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018092720621

  •  「新華社」蘭州市で非営利の民営博物館が開館
    00:33.87
    2018年09月24日
    「新華社」蘭州市で非営利の民営博物館が開館

    中国甘粛省の非営利民営博物館、天慶博物館がこのほど、蘭州市の格林小鎮(かくりんしょうちん)で開館した。同博物館は市内の不動産企業、甘粛天慶集団が10億元(1元=約16円)近くを出資して建設した民営博物館で、甘粛省が進める「文化遺産と歴史の再現」プロジェクトで初のモデル博物館となる。博物館は1万平方メートル以上の展示面積を持ち、芸術館と美術館の2つのエリアに分かれている。所蔵品は巻物と調度品・彩陶、著名人の書簡、蔵書楼の4つに分類され、趙孟頫(ちょう・もうふ)の行書体「般若波羅蜜多心経」や、アインシュタイン、トルストイ、ユーゴーなど世界の著名人物の書簡や手紙など100点余りを含む。博物館が所蔵する文化財や芸術品は全体で1万点近くに及ぶ。博物館は年中無休で、身分証明書を提示すれば市民は無料で見学できる。<映像内容>民営博物館が開館、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720632

  •  【両会】第13期全人代第2回会議の「代表通路」で取材
    2019年03月05日
    【両会】第13期全人代第2回会議の「代表通路」で取材

    5日、「代表通路」で取材を受ける全人代代表の高開賢(こう・かいけん)氏、林少春(りん・しょうしゅん)氏、譚耀宗(たん・ようそう)氏(左から)。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議は5日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/殷剛)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605557

  •  【両会】第13期全人代第2回会議の「代表通路」で取材
    2019年03月05日
    【両会】第13期全人代第2回会議の「代表通路」で取材

    5日、取材を終え「代表通路」を後にする(手前左から)全人代代表の譚耀宗(たん・ようそう)、林少春(りん・しょうしゅん)、高開賢(こう・かいけん)の各氏。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議は5日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605451

  •  【両会】第13期全人代第2回会議の「代表通路」で取材
    2019年03月05日
    【両会】第13期全人代第2回会議の「代表通路」で取材

    5日、「代表通路」で取材を受ける全人代代表の林少春(りん・しょうしゅん)氏。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第2回会議は5日、北京の人民大会堂で開幕した。(北京=新華社記者/殷剛)=2019(平成31)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605438

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年08月07日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    臨漳県の鄴城博物館で鄴城の復元模型を見学する児童ら。(8月7日撮影)中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200471

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200386

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200423

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200476

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200406

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200391

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200490

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200492

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている曹魏鄴北城の平面プラン。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200389

  •  「新華社」古代東アジアの都城建設の手本「鄴城遺跡」を訪ねて河北省邯鄲市
    00:57.71
    2019年11月11日
    「新華社」古代東アジアの都城建設の手本「鄴城遺跡」を訪ねて河北省邯鄲市

    中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県西南部にある鄴城(ぎょうじょう)遺跡は「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる。鄴城の建設に当たっては、これまでの都城における宮殿の分散配置や交通の不便さなどの弊害が改められ、それ以降の中国や周辺諸国の都城建設に深い影響を与えた。そのため、鄴城は古代東アジアの都城の「手本」とされている。臨漳県はかつて鄴と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いたのが始まりとされる。後漢末には魏公、さらに魏王に封じられた曹操(そう・そう)が鄴城を本拠地とした。曹魏鄴城は綿密な計画に基づき建設されており、宮城と役所、民家は明確に区分し、中軸線を中心とした左右対称の配置、機能別のエリア構成、単一の宮城という特徴を持つ。宮城部分の西側には文人墨客の詩歌に詠まれた「銅雀三台」がある。宮城西側城壁を基礎にとして築かれた楼台で、城の防衛と王族の安全確保、詩宴を目的としている。鄴城の革新的な建設はその後、古都長安や洛陽、さらには元・明・清代の都城建設に深く影響を及ぼし、古代の日本や朝鮮半島の都城建設でも参考にされた。(記者/岳文婷)<映像内容>鄴城遺跡の風景、模型など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111802274

  •  「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型
    2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200437

  •  「新華社」鄴城様式の芸術的魅力に迫る河北省・鄴城仏像博物館
    01:06.88
    2019年11月21日
    「新華社」鄴城様式の芸術的魅力に迫る河北省・鄴城仏像博物館

    中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡で2012年初めに見つかった「北呉庄(ほくごそう)仏像埋蔵坑」では、仏像2895体が一度に出土し、新中国成立以降で最も多くの仏像が出土した仏像埋蔵坑となった。中でも「竜樹背龕(りゅうしゅはいがん)」式と呼ばれる仏像は精巧で美しく、鄴城様式と呼ばれている。取材で訪れた鄴城仏像博物館で見た「竜樹背龕」式の仏像は、菩提樹を背屏(はいへい)とし、木の幹に絡みつく中国式な竜が透し彫りで彫刻されている。この仏像は、北朝時代後期の中国北部で鄴城が仏教学と文化芸術の中心であったという歴史的な位置づけを十分に示しており、北朝時代後期から隋・唐代にかけての同地区の仏像の類型や題材を研究する上で貴重なサンプルとなっている。(記者/岳文婷)<映像内容>鄴城仏像博物館の仏像の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201023

  •  ヘリで送電線の点検作業、安全性と効率性が向上河北省
    2020年06月18日
    ヘリで送電線の点検作業、安全性と効率性が向上河北省

    18日、ヘリを利用し活線作業を行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県で18日、ヘリコプターを使った送電線の点検・保守作業が行われた。作業の安全性と効率性を大幅に向上させた。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403014

  •  ヘリで送電線の点検作業、安全性と効率性が向上河北省
    2020年06月18日
    ヘリで送電線の点検作業、安全性と効率性が向上河北省

    18日、ヘリコプターでつり上げられる作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県で18日、ヘリコプターを使った送電線の点検・保守作業が行われた。作業の安全性と効率性を大幅に向上させた。(石家荘=新華社記者/范世輝述べ=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062402976

  •  ヘリで送電線の点検作業、安全性と効率性が向上河北省
    2020年06月18日
    ヘリで送電線の点検作業、安全性と効率性が向上河北省

    18日、ヘリを利用し活線作業を行う作業員。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県で18日、ヘリコプターを使った送電線の点検・保守作業が行われた。作業の安全性と効率性を大幅に向上させた。(石家荘=新華社記者/范世輝)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403045

  •  「新華社」ヘリで送電線の点検作業、安全性と効率性が向上河北省
    00:24.34
    2020年06月18日
    「新華社」ヘリで送電線の点検作業、安全性と効率性が向上河北省

    中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県で18日、ヘリコプターを使った送電線の点検・保守作業が行われた。ヘリにつるされたバスケットに乗った作業員2人が超高圧直流電線の上に運ばれ、1時間余りの作業実施を終えると再びヘリで地上に戻った。ヘリを利用した活線作業(電圧のかかった状態での点検・修理作業)は、世界の一部の国で実施されている。作業が速く効率的な反面、技術水準の高さが求められる。今回の作業では、ヘリからバスケットを吊り下げることで、鉄塔を登り架線の上を移動するという従来の活線作業の限界を克服。作業の安全性を大幅に向上させた。(記者/范世輝)<映像内容>ヘリコプターを使った送電線の点検・保守作業の様子、撮影日:2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020062403293

  •  米ライアットゲームズ、上海にアジア太平洋本部設立へ
    2020年06月30日
    米ライアットゲームズ、上海にアジア太平洋本部設立へ

    6月30日、戦略的提携に向けた覚書を締結した上海市新聞出版局の幹部とライアットゲームズ中国エリアの責任者、林松(りん・しょう)氏(右)。米ゲーム開発大手でeスポーツの運営も手掛けるライアットゲームズは6月30日、中国の上海市新聞出版局と戦略提携覚書を締結し、アジア太平洋地域本部を上海に置くと発表した。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611628

  •  中日韓3カ国の著名書家がオンラインで書道展
    2020年07月03日
    中日韓3カ国の著名書家がオンラインで書道展

    3日、開幕式であいさつする中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長(中央)。中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展「青山一道同担風雨」の開幕式およびオンライン書道会が3日、ビデオ方式で開かれた。同書道展は中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/薛瑩瑩)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611700

  •  (2)無錫国際花見ウイーク開幕、民間の友好交流協力を後押し江蘇省
    2021年03月26日
    (2)無錫国際花見ウイーク開幕、民間の友好交流協力を後押し江蘇省

    25日、「2021無錫国際花見ウィーク・中日桜友誼林34周年記念イベント」の開幕大会であいさつする中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長。中国江蘇省無錫市の太湖飯店で25日、「2021無錫国際花見ウイーク・中日桜友誼林34周年記念イベント」の開幕大会が行われた。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032604830

  •  (1)中日桜友誼林を訪ねて江蘇省無錫市
    2021年03月27日
    (1)中日桜友誼林を訪ねて江蘇省無錫市

    26日、「中日桜友誼林」記念碑の前で撮影する中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長。中国江蘇省無錫市の太湖北西岸に位置し、桜の名所として知られる黿頭渚(げんとうしょ)でこのほど、桜が満開となった。34年間にわたる中日両国の共同努力の下、黿頭渚公園には現在、100種類3万本の桜が植えられている。「中日桜友誼林」には賞桜楼などの施設も建ち、景観や施設がさらに改善。2010年には園内に「桜の谷」も完成し、中国最大級の桜の観賞・研究拠点の一つとなった。「中日桜友誼林」では毎年3~4月に桜が満開となり、無錫市や周辺住民、駐在日本人が花見をして交流する場となっている。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021032706508

  •  (3)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長
    2021年03月30日
    (3)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    26日、「中日桜友誼林」を視察する中国人民対外友好協会の林松添会長(中央)ら一行。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006524

  •  (1)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長
    2021年03月30日
    (1)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    26日、「中日桜友誼林」記念碑の前で記念撮影する中国人民対外友好協会の林松添会長。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、江蘇省無錫市で中日桜友誼林建設34周年記念イベントに参加した際、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006504

  •  「新華社」日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長
    01:12.48
    2021年03月30日
    「新華社」日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、江蘇省無錫市で中日桜友誼林建設34周年記念イベントに参加した際、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。同市ではこのほど、「2021無錫国際花見ウイーク・中日桜友誼林建設34周年記念イベント」が開催された。林氏は同イベントを高く評価し、「桜は中日両国民の友好の象徴。われわれは桜を媒介に皆さんを花見に招待し、中日友好の成果を目の当たりにする。今回一堂に会したのは、長谷川清巳氏ら長期にわたって中日友好に尽力した人々に敬意を表するためであり、また中国が中日友好に力を注ぐ決意と信念を日本の人々に示すためでもある」と述べた。(記者/常博深、肖月) =配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033008559

  •  (2)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長
    2021年03月30日
    (2)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    26日、「中日桜友誼林」の園内で記念撮影する中国人民対外友好協会の林松添会長。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、江蘇省無錫市で中日桜友誼林建設34周年記念イベントに参加した際、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006526

  •  (4)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長
    2021年03月30日
    (4)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    26日、「中日桜友誼林」の賞桜楼前で記念撮影する中国人民対外友好協会の林松添会長(右から3人目)ら一行。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、江蘇省無錫市で中日桜友誼林建設34周年記念イベントに参加した際、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006525

  •  (2)中日韓3カ国、山東省でマッチング協力対話会
    2021年04月25日
    (2)中日韓3カ国、山東省でマッチング協力対話会

    25日、対話会の開幕式であいさつする中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長。中国山東省済南市で25日、中国人民対外友好協会と山東省政府が共催する「中日韓マッチング協力開発山東対話会」が開かれ、3カ国の政府関係者や企業代表者らが参加した。対話会では協力プロジェクトの調印式も行われ、同省の地方政府と日本企業数社が5件の契約を締結した。同省の煙台、威海、濰坊(いほう)各市の政府や自由貿易片区(エリア)の関係者も講演。ビジネス環境のよさをアピールし、投資誘致を推進した。(済南=新華社記者/馬悦)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042504612

  •  (2)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (2)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、北京の会場で揮毫(きごう)する中国書法家協会の蘇士澍(そ・しじゅ)名誉主席。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104521

  •  (5)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (5)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、北京の会場で自らの作品を見せる書道家の杜浩氏。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104513

  •  (8)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (8)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、北京の会場で自らの作品を解説する書道家の杜浩(と・こう)氏(右端)。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104490

  •  (6)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (6)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、北京の会場で自らの作品を見せる中国国家画院の曽来徳(そう・らいとく)元副院長(左端)。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104493

  •  (7)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (7)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、北京の会場で作品を解説する中国書法家協会の蘇士澍名誉主席(前列左から2人目)。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104494

  •  (1)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (1)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、北京の会場であいさつする中国人民対外友好協会の林松添会長(中央)。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104495

  •  (4)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (4)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、開幕式で揮毫する中国の著名書道家、蔡大礼(さい・だいれい)氏。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104512

  •  「新華社」中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    01:20.62
    2021年07月21日
    「新華社」中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。林氏は開幕式のあいさつで、われわれは書道を媒介として、文化の力で、間もなく開かれる東京五輪、2022年北京冬季五輪を共に祝福し、韓国で開かれる2024年冬季ユース五輪の開催に熱い期待を寄せると表明。続けて行われるアジアのスポーツイベントが、五輪精神とスポーツの力で新型コロナウイルス感染症に打ち勝つ自信と勇気を人々に与えることを信じていると述べた。星氏と鄭氏はあいさつで、文化交流と五輪の成功によって、3カ国の人々の相互理解と友情を増進させ、世界の平和を守り、共に新型コロナ感染症に打ち勝つことを願っていると述べた。その後、開幕式兼オンライン書道会に参加した3カ国の書道家がそれぞれの場所で揮毫(きごう)し、オンラインで作品を解説。五輪に対する祝福や平和友好、共同発展への願いを示した。同展は20日からオンライン(http://j.people.com.cn/206603/416799/index.html)で開催され、中日韓3カ国の著名書道家94人の作品97点が展示されている。(記者/陳雨寧、肖月) =配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104522

  •  (11)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (11)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、開幕式であいさつする日本中国文化交流協会の星弘道常任委員(中央)。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104496

  •  (10)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (10)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、オンラインで作品を解説する日本中国文化交流協会の星弘道常任委員。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104497

  •  (3)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (3)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、北京の会場で揮毫する中国国家画院の曽来徳元副院長。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104533

  •  (9)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕
    2021年07月21日
    (9)中日韓3カ国の著名書道家によるオンライン書道展が開幕

    20日、各会場で揮毫する中日韓3カ国の書道家。中日韓3カ国の著名書道家による「平和、友情、奮闘-中日韓名家オンライン書法展」の開幕式兼オンライン書道会が20日、開かれた。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長、日本中国文化交流協会の星弘道常任委員、韓日文化交流会議の鄭求宗(チョン・グジョン)委員長のほか、中日韓3カ国の書道芸術家が中国北京、日本東京、韓国ソウルからそれぞれオンラインで開幕式に出席した。同展は「平和を大切にし、オリンピック精神を高揚」のテーマで、中国人民対外友好協会と中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術の殿堂ソウル書芸博物館が共催した。(北京=新華社記者/陳雨寧)= 配信日: 2021(令和3)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072104485

  •  (1)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省
    2021年08月24日
    (1)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    12日、福建省南安市向陽郷向陽村で、帰郷した青年起業家、林祥貴(りん・しょうき)さんの助けを借りながら、ライブ配信用の機材を設置する養蜂家親子の呉盾(ご・じゅん)さん(中央)と呉攀峰(ご・はんほう)さん(左)。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506257

  •  (4)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省
    2021年08月24日
    (4)農村振興に尽力、各地で活躍する青年たち福建省

    12日、福建省南安市向陽郷の農産品物流配送拠点で、商品を発送する養蜂家の呉攀峰(ご・はんほう)さん(左端)と帰郷した青年起業家、林祥貴(りん・しょうき)さん(奥)。中国福建省の各地では、各級政府の支援を受け、農業の現場で活躍する青年がますます増えている。彼らは自ら進んで新しい技術を学び、複数の販売ルートを開拓。農村振興に向けた産業発展の取り組みを進め、より多くの故郷の人々が豊かになれるよう後押ししている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(令和3)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082506291

  •  (2)「ピンポン外交」50周年記念シンポジウム、名古屋で開催
    2021年08月27日
    (2)「ピンポン外交」50周年記念シンポジウム、名古屋で開催

    26日、「ピンポン外交」50周年記念シンポジウムにビデオメッセージを寄せた中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長。中米、中日国交正常化のきっかけとなった「ピンポン外交」の50周年を記念したシンポジウムが26日、愛知県名古屋市で開かれた。中国の孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使がオンラインで基調講演を行ったほか、劉暁軍(りゅう・ぎょうぐん)駐名古屋総領事、愛知県日中友好協会の後藤泰之会長、日中友好議員連盟の近藤昭一幹事長、名古屋市の広沢一郎副市長、日中友好協会の岡崎温理事長、ピンポン外交の参加者代表など200人余りが会場やオンラインで出席した。(名古屋=新華社記者/楊光)= 配信日: 2021(令和3)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021082806011

  •  「新華社」古都鄴城の給排水システムに見られる治水の知恵河北省
    01:02.18
    2022年08月17日
    「新華社」古都鄴城の給排水システムに見られる治水の知恵河北省

    中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、三国時代に袁紹や曹操が拠点とし、また六つの王朝の都として栄えたことから「三国の故地、六朝の古都」と呼ばれている。鄴城の都市建設モデルは古代中国の首都建築に大きな影響を与えただけでなく、古代の日本や韓国からも手本とされた。発掘調査チームの試掘により、鄴城には給排水システムが完備されていたことが証明された。鄴北城の主要な給水路は「長明溝」で、地形を利用して漳河から引き入れた水を城内の西から東に流していた。東西の大通りと並行して流れていたほか、支流は里坊(城内の区分された区画)に分布して取水に利用されていた。鄴南城の朱明門大道には、両側に排水設備の溝が設けられていた。鄴城の給排水システムには、①堀に注水して都市を防護する②城内の里坊や宮殿、苑囿(えんゆう、皇帝の庭園)に水を供給する③大雨が降った際、直ちに排水システムを通じて水を城外に排出、下流の川に注水して冠水を防ぐ-という三つの機能があった。また、排水管は地下に埋設されて下水の排出に用いられた一方、貯水地は地表にあって城内に水を供給していた。さらに鄴城の外には都市用水やかんがい用水を確保するための天井堰や石塞堰などの水利施設も設けられており、こうした給排水施設は現代でも参考になるという。(記者/岳文婷) =配信日: 2022(令和4)年8月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022081711756

  •  北斉時代の皇室寺院、大荘厳寺の面影を再現河北省邯鄲市
    2022年09月20日
    北斉時代の皇室寺院、大荘厳寺の面影を再現河北省邯鄲市

    整備を終えた大荘厳寺遺跡の遺構。(資料写真)中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の文化・広電・観光局は、同県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡にある北斉大荘厳寺跡の保護・展示プロジェクトがほぼ完了したと発表した。原状保存された遺構に説明標識を設置する方式を採用し、塔や大殿、回廊などの遺構を展示。千年にわたり地下に眠っていた寺院の当時の面影を再現した。= 配信日: 2022(令和4)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022092012118

  •  (5)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (5)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯に彫刻を施す硯職人。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405840

  •  (12)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (12)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405845

  •  (7)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (7)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯を紹介する絳州澄泥硯の伝承者、藺濤さん(右から2人目)。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405852

  •  (2)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (2)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯に彫刻を施す絳州澄泥硯の伝承者、藺濤さん。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405836

  •  (6)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (6)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405839

  •  (1)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (1)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405883

  •  (11)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (11)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯に彫刻を施す硯職人。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405850

  •  (3)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (3)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの絳州澄泥硯を手に写真を撮る子どもたち。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405837

  •  (10)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (10)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405849

  •  (8)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (8)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405851

  •  (9)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (9)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405847

  •  (4)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (4)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405838

  •  (13)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省
    2023年01月24日
    (13)中国四大名硯「澄泥硯」、卯年シリーズを発表山西省

    16日、卯年シリーズの澄泥硯。中国が卯年の春節(旧正月)を迎える中、山西省運城市新絳(しんこう)県にある中国絳州澄泥硯(こうしゅうちょうでいけん)文化パークで、卯年シリーズの新作硯15種が公開された。第1陣として300面が販売される。これらの硯は無形文化遺産伝承者の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんがデザインから製作まで手掛けた。(運城=新華社配信/高新生)= 配信日: 2023(令和5)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023012405846

  •  Erin Shaw
    2023年02月04日
    Erin Shaw

    Erin Shaw of Australia competes in women‘s high jump race during the Hustopecske skakni meeting, within World Indoor Tour, in Hustopece, Czech Republic, February 4, 2023. (CTK Photo/Patrik Uhlir)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023020503240

  •  (8)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (8)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    15日、新絳県にある絳州澄泥硯文化パークの工房で、澄泥硯に傷がないか確認する藺霄鱗(りん・しょうりん)さん。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110247

  •  (13)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (13)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    15日、新絳県にある絳州澄泥硯文化パークに展示された澄泥硯。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110252

  •  (2)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (2)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    14日、新絳県光村にある絳州澄泥硯生産基地で、澄泥硯に彫刻を施す藺霄鱗(りん・しょうりん)さん。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110242

  •  (9)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (9)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    15日、新絳県にある絳州澄泥硯文化パークの工房で、澄泥硯の仕上げをする藺霄鱗(りん・しょうりん)さん。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110246

  •  (3)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (3)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    14日、新絳県光村にある絳州澄泥硯生産基地で、澄泥硯の泥選びについて話し合う藺霄鱗(りん・しょうりん)さんと父親の藺濤さん(右)。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110249

  •  (11)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (11)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    15日、新絳県にある絳州澄泥硯文化パークの工房で、ライブ配信を行う藺霄鱗(りん・しょうりん)さん。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110251

  •  (1)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (1)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    上:新絳県光村にある絳州澄泥硯生産基地で、澄泥硯を製作する藺濤さん(左)と父親の藺永茂(りん・えいぼう)さん。(2015年11月14日撮影)下:14日、新絳県光村にある絳州澄泥硯生産基地で、澄泥硯製作について話し合う藺濤さん(左)と息子の藺霄鱗(りん・しょうりん)さん。(組み合わせ写真)中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110297

  •  (12)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (12)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    15日、新絳県にある絳州澄泥硯文化パークの工房で、「星辰大海(星と海)」をテーマに自身がデザインした澄泥硯を見せる藺霄鱗(りん・しょうりん)さん。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110250

  •  (4)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (4)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    14日、新絳県光村にある絳州澄泥硯生産基地で、澄泥硯に用いる泥を選ぶ藺霄鱗(りん・しょうりん)さん。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110244

  •  (6)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (6)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    14日、新絳県光村にある絳州澄泥硯生産基地で、息子の藺霄鱗(りん・しょうりん)さんに彫刻の細かな処理を指導する、「絳州澄泥硯制作技法」の省級代表的伝承者、藺濤さん(左)。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110245

  •  (10)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (10)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    15日、新絳県にある絳州澄泥硯文化パークの工房で、澄泥硯製作について同僚と話し合う藺霄鱗(りん・しょうりん)さん(左)。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110248

  •  (7)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (7)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    14日、新絳県光村にある絳州澄泥硯生産基地で、澄泥硯製作ついて話し合う藺霄鱗(りん・しょうりん)さんと父親の藺濤さん(右)。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110243

  •  (5)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県
    2023年02月21日
    (5)千年の歴史ある「澄泥硯」山西省新絳県

    14日、新絳県光村にある絳州澄泥硯生産基地で、泥水をろ過する藺霄鱗(りん・しょうりん)さん。中国四大名硯の一つ「澄泥硯(ちょうでいけん)」は千年の歴史があり、ろ過した微細な泥を原料に加工、焼成することから、まるで子どもの肌のようにきめ細かく、墨をすっても摩耗しないなどの特徴を持つ。産地は広い地域に分布するが、山西絳州(こうしゅう、現在の山西省運城市新絳県)の「絳州澄泥硯」が最も知られている。絳州澄泥硯の製作技法は一時期、伝承が途絶えていたが、新絳県の藺濤(りん・とう)さんと息子の藺霄麟(りん・しょうりん)さんの努力により、再びよみがえった。製作は複雑で、泥選びやろ過、素地作り、彫刻、仮焼など数十の工程を経る必要がある。製作期間は約1年にも及ぶが、良品の割合はわずか30%にとどまる。「硯製作技法・澄泥硯製作技法」は2008年、国家級無形文化遺産リストに登録された。(新絳=新華社記者/楊晨光)= 配信日: 2023(令和5)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023022110239

  •  (3)4・1億年前の甲冑魚の新種を発見高い遊泳能力、通説覆す
    2023年04月20日
    (3)4・1億年前の甲冑魚の新種を発見高い遊泳能力、通説覆す

    尾びれが保存された九尾狐甲魚の化石。(資料写真)中国科学院古脊椎動物・古人類研究所は、同研究所の蓋志琨(がい・しこん)、林翔鴻(りん・しょうこう)、山顕任(さん・けんじん)3氏が英ブリストル大学との共同研究で、約4億1千万年前(前期デボン紀プラギアン)の広西古代魚類特異埋蔵生物群から甲冑魚(かっちゅうぎょ)の新属新種「九尾狐甲魚」を発見したと発表した。尾びれを完全な状態で残した甲冑魚の化石の発見は世界で初めてだという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042013753

  •  (2)4・1億年前の甲冑魚の新種を発見高い遊泳能力、通説覆す
    2023年04月20日
    (2)4・1億年前の甲冑魚の新種を発見高い遊泳能力、通説覆す

    九尾狐甲魚と、同魚と共に保存されていた板皮類(ばんぴるい)の化石標本。(資料写真)中国科学院古脊椎動物・古人類研究所は、同研究所の蓋志琨(がい・しこん)、林翔鴻(りん・しょうこう)、山顕任(さん・けんじん)3氏が英ブリストル大学との共同研究で、約4億1千万年前(前期デボン紀プラギアン)の広西古代魚類特異埋蔵生物群から甲冑魚(かっちゅうぎょ)の新属新種「九尾狐甲魚」を発見したと発表した。尾びれを完全な状態で残した甲冑魚の化石の発見は世界で初めてだという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042013744

  •  (1)4・1億年前の甲冑魚の新種を発見高い遊泳能力、通説覆す
    2023年04月20日
    (1)4・1億年前の甲冑魚の新種を発見高い遊泳能力、通説覆す

    九尾狐甲魚の想像図。中国科学院古脊椎動物・古人類研究所は、同研究所の蓋志琨(がい・しこん)、林翔鴻(りん・しょうこう)、山顕任(さん・けんじん)3氏が英ブリストル大学との共同研究で、約4億1千万年前(前期デボン紀プラギアン)の広西古代魚類特異埋蔵生物群から甲冑魚(かっちゅうぎょ)の新属新種「九尾狐甲魚」を発見したと発表した。尾びれを完全な状態で残した甲冑魚の化石の発見は世界で初めてだという。(北京=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023042013738

  •  「新華社」茅台酒の故郷に今も息づく端午節の伝統貴州省仁懐市
    00:59.62
    2023年06月24日
    「新華社」茅台酒の故郷に今も息づく端午節の伝統貴州省仁懐市

    中国の代表的な白酒(蒸留酒)「貴州茅台(マオタイ)酒」の生産地として知られる貴州省仁懐市では毎年、中国の伝統的な節句、端午節(旧暦5月5日、今年は6月22日)の前後に大小さまざまな酒造工房がこうじ造りを始める。「醤香型」と呼ばれる白酒の伝統的な工程の一つで、600年以上の歴史を持つ。仁懐名酒工業パークにある白酒メーカー貴州漢台酒業の工房では、酒こうじ造り用の小麦を床に広げ、職人10人が2組に分かれ、素足で踏んで塊にしていく「こうじ踏み」が行われる。職人の一人、林小英(りん・しょうえい)さんによると、素足で踏むことでこうじの塊の発酵が進む。「技能の継承にも役立つ」と話す。貴州省の酒醸造の民間十大名人の一人で「王氏醸酒」13代目伝承者の王正賢(おう・せいけん)さんによると、長江の支流「赤水河(せきすいが)」の流域は端午節のころに雨季を迎え、空気が湿って平均気温が28~30度になり、微生物が大量に繁殖する。醤香型のこうじ造りに最適な環境になる。ちまきの葉の香りが漂う端午節は、仁懐の人々にとって中国戦国時代の楚の詩人、屈原(くつ・げん)の供養だけでなく、小麦に感謝する節句でもある。端午節のころに成熟して収穫される茅台鎮の冬小麦は、余分な水分が抜けたばかりでこうじ造りにちょうど良い。端午節に合わせて市内の多くの白酒メーカーが伝統的なこうじ踏みや醸造作業の体験イベントなどを開き、全国各地から大勢の人が訪れる。端午節のこうじ造りは仁懐の独特の風習として、多くの人々に知られるようになった。(記者/斉健) =配信日: 2023(令和5)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023062502685

  • 1
  • 2