KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • トン
  • 令和
  • 丹寨県
  • 記者
  • 女性
  • 民族文化
  • 地域
  • 平成
  • 制作
  • 少数民族

「ろうけつ染め」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
151
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
151
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1953年02月25日
    皇太子さまに屏風献上

    関西旅行中の皇太子さまに贈呈される穐山竹司作・ろうけつ染め屏風「千代の松」と中井光次大阪市長=出稿1953(昭和28)年2月25日(皇9545、明仁、上皇)(小路春美撮影)

    商品コード: 2019051000977

  • 1995年10月02日
    佐野猛夫さん死去

    死去した佐野猛夫氏(日本芸術院賞受賞者)ろうけつ染め作家、詩人、京都市立芸術大名誉教授

    商品コード: 1995100200042

  • 2011年03月31日
    作業するバティック職人 慎重に繊細に…

    インドネシア・ジャワ島中部の古都、ソロでバティック(ろうけつ染め布地)の模様入れをする職人。日本でも昔から「ジャワ更紗(さらさ)」として知られており、2009年にはユネスコの世界無形文化遺産にも認定された。ユドヨノ大統領が国民に着用を呼びかけるなど、インドネシアではここ数年、伝統衣装バティックの人気が復活している(撮影・村山幸親、共同)

    商品コード: 2011033100234

  • 2015年11月06日
    大竹さんのろうけつ染め作品 富岡シルク、仏で披露

    5日、フランス・リヨンの織物博物館に展示された群馬県富岡市の大竹夏紀さんのろうけつ染め作品(共同)

    商品コード: 2015110600574

  • 2016年09月15日
    ジャカルタの展示会 ジャワのろうけつ染め

    日本で「ジャワ更紗(さらさ)」として知られるインドネシアのバティック(ろうけつ染め)。絵付け職人が手書きした高級品がジャカルタの展示会で並べられた。バティックの男性用シャツの高価なものは日本円で数万円もするという(撮影、清水健太郎・共同)

    商品コード: 2016091500467

  • 2018年07月17日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    17日、貴州省丹寨県石橋村で紙をすく職人。同村の伝統的な製紙技法は2006年、中国国家級無形文化遺産の第1回登録リストに加えられた。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700375

  • 2018年07月17日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    17日、貴州省丹寨県のミャオ族の女性に手伝ってもらい、頭飾りを着けた子ども。 季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700372

  • 2018年07月17日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    17日、芒筒や芦笙(ミャオ族など少数民族の伝統楽器)を演奏し、遠路はるばる訪れた客人を歓迎する、中国貴州省丹寨県のミャオ族の人々。芒筒と芦笙は2008年6月、中国国家級無形文化遺産の第2回登録リストに加えられた。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/陳敗撮影)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700350

  • 2018年07月17日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    17日、芒筒や芦笙(ミャオ族など少数民族の伝統楽器)を演奏し、遠路はるばる訪れた客人を歓迎する、中国貴州省丹寨県のミャオ族の人々。芒筒と芦笙は2008年6月、第2期の中国国家級無形文化遺産に指定された。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/陳敗撮影)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700370

  • 2018年07月17日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    17日、貴州省丹寨県石橋村で紙すきを見学した後、自分の作品を作るサマーキャンプに参加した子ども。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700377

  • 2018年07月18日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    18日、ミャオ族のろうけつ染め技法を見学した後、自ら挑戦するサマーキャンプに参加した子ども。ミャオ族のろうけつ染め技法は2006年、中国国家級無形文化遺産の第1回登録リストに加えられた。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700349

  • 2018年07月19日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    19日、貴州省丹寨県でミャオ族の女性から刺繍を学ぶサマーキャンプに参加した子どもたち。ミャオ族刺繍は2006年、中国国家級無形文化遺産の第1回登録リストに加えられた。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700384

  • 2018年07月19日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    19日、貴州省丹寨県でミャオ族の女性から刺繍を学ぶサマーキャンプに参加した子どもたち。ミャオ族刺繍は2006年、中国初の国家級無形文化遺産に指定された。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700369

  • 2018年07月20日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    20日、貴州省丹寨県高要村に広がる1000ムー(約67ヘクタール)以上の棚田。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(丹寨=新華社配信/陳敗撮影)=2018(平成30)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700387

  • 2018年07月21日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    21日、朝霧に包まれた、400年以上の歴史を持つ帰柳村のトン族集落の鼓楼。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(榕江=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700383

  • 2018年07月21日
    自然に帰る都市部の子どもたちが無形文化遺産を体験貴州省

    21日、色付き卵を飾り、トン族の歌を歌って、遠くからの客人を迎える、貴州省榕江県帰柳村のトン族の子どもたち。「トン族大歌」は2009年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産リストに登録された。季節は夏、北京や上海、広州、香港、ニューヨーク、クアラルンプールなどの大都市の子どもたちが、このほど中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州を訪れ、少数民族の無形文化遺産を体験した。ミャオ族の刺繍を学び、ろうけつ染めを体験し、水田で魚を捕まえ、トン族の歌を歌う……大都市の子どもたちは自然に帰り、千年に渡って続く少数民族の農耕生活を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を味わった。(榕江=新華社配信/林斌撮影)=2018(平成30)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700389

  • 2018年10月25日
    豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県

    25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、祭りの衣装を身にまとい「吃新節」の行事に参加する村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/黄暁海)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925595

  • 2018年10月25日
    豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県

    25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、芦笙を演奏する村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/黄暁海)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925548

  • 2018年10月25日
    豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県

    25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、芦笙舞を踊る村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925675

  • 2018年10月25日
    豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県

    25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、祭りの衣装を身にまとい、芦笙舞を踊る村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/黄暁海)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925622

  • 2018年10月25日
    豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県

    25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、ろうけつ染めコンテストに参加する村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/黄暁海)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925549

  • 2018年10月25日
    豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県

    25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、芦笙舞を踊る村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925668

  • 2018年10月25日
    豊作祝うミャオ族の伝統的祝日貴州省丹寨県

    25日、丹寨県揚武鎮排莫村で、祭りの衣装を身にまとい、芦笙舞を踊る村民。ミャオ族の伝統的祝日「吃新節」を迎えた25日、中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨(たんさい)県揚武(ようぶ)鎮排莫村では、周辺の村々から集まった千人近いミャオ族の人々が、芦笙舞(芦笙と呼ばれる楽器の演奏に合わせて舞う、ミャオ族やトン族、ヤオ族などの間で広く行われている舞踊)や、ろうけつ染めコンテストなどを行い、豊作を祝った。(黔東南=新華社配信/楊武魁)=2018(平成30)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925669

  • 2018年11月08日
    「シルクロード歴史公文書·文献展」、国内外のゲストを魅了

    8日、宋代の「鷺鳥紋蠟褶裙」(サギの模様のついたろうけつ染めプリーツスカート)などの資料の説明を聞くユネスコ「世界の記憶」プログラム教育研究分科会のロザー・ジョーダン(LotharJordan)会長(左から3人目)と世界各地の文化・公文書分野の専門家や学者ら。中国第一歴史档案館(公文書館)の主催する「シルクロード歴史公文書・文献展」が8日、福建省档案館で開幕した。中国、日本、韓国などの国と地域から、世界各地の文化・公文書分野の専門家や学者らが見学に訪れた。(福州=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111215399

  • 2018年12月03日
    ミャオ族の村、ろうけつ染めで所得増図る貴州省榕江県

    3日、榕江県三江郷分従村でろう画の創作に打ち込む村人。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江(ようこう)県三江(さんこう)郷分従(ぶんじゅう)村では近年、ろうけつ染めや刺しゅうなどの技能研修を積極的に行って、地元のミャオ族女性100人余りが手工芸生産に従事するよう導き、所得増につなげている。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711189

  • 2018年12月03日
    ミャオ族の村、ろうけつ染めで所得増図る貴州省榕江県

    3日、榕江県三江郷分従村でろう画の創作に打ち込む村人。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江(ようこう)県三江(さんこう)郷分従(ぶんじゅう)村では近年、ろうけつ染めや刺しゅうなどの技能研修を積極的に行って、地元のミャオ族女性100人余りが手工芸生産に従事するよう導き、所得増につなげている。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711713

  • 2018年12月03日
    ミャオ族の村、ろうけつ染めで所得増図る貴州省榕江県

    3日、ろうけつ染め作品を干す分従村の楊秀芬(よう・しゅうふん)さん。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江(ようこう)県三江(さんこう)郷分従(ぶんじゅう)村では近年、ろうけつ染めや刺しゅうなどの技能研修を積極的に行って、地元のミャオ族女性100人余りが手工芸生産に従事するよう導き、所得増につなげている。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711432

  • 2018年12月03日
    ミャオ族の村、ろうけつ染めで所得増図る貴州省榕江県

    3日、榕江県三江郷分従村でろう画の創作に打ち込む村人。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江(ようこう)県三江(さんこう)郷分従(ぶんじゅう)村では近年、ろうけつ染めや刺しゅうなどの技能研修を積極的に行って、地元のミャオ族女性100人余りが手工芸生産に従事するよう導き、所得増につなげている。(榕江=新華社配信/王炳真)=2018(平成30)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711131

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮の古法造紙体験館で「紙すき」を体験する広東省の学生。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610568

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮の古法造紙体験館で、「花草紙」(草花をすき込んだ紙)作りを体験する広東省の学生。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610671

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮ろうけつ染め体験館で、ろうけつ染めの「ろう描き」を体験する広東省の学生。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610358

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮ろうけつ染め体験館で、広東省の学生にろうけつ染めのろう描きを指導する職人。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610564

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮の古法造紙体験館で、「花草紙」(草花をすき込んだ紙)の流し込みを体験する広東省の学生。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610664

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮の古法造紙体験館で「紙すき」を体験する広東省の学生。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610708

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮古法造紙体験館で、「花草紙」(草花をすき込んだ紙)作りを体験する広東省の学生。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610289

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮古法造紙体験館で、「花草紙」(草花をすき込んだ紙)の流し込みを体験する広東省からの学生。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610335

  • 2019年01月10日
    冬休みに無形文化遺産を体験貴州省丹寨県

    10日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮の古法造紙体験館で、自ら製作した「花草紙」(草花をすき込んだ紙)を乾かす広東省の学生。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州丹寨県万達小鎮は毎年、国内外から団体で訪れる多くの学生を迎える。学生らは同鎮でミャオ族のろうけつ染めや伝統的方法による製紙などの技術を体験し、伝統的な無形文化遺産の魅力を身近に感じることができる。(丹寨=新華社配信/潘皇権)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011610694

  • 2019年01月14日
    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県

    14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で刺しゅうをするミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500593

  • 2019年01月14日
    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県

    14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で蝋画(ろうが)を描くミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500580

  • 2019年01月14日
    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県

    14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で蝋画(ろうが)を描くミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500670

  • 2019年01月14日
    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県

    14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で完成した製品を見せる責任者の楊勝艶さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500671

  • 2019年01月14日
    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県

    14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で刺しゅうをするミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500629

  • 2019年01月14日
    「指先の経済」が増収の一助に貴州省榕江県

    14日、榕江県平江鎮高鳥村の「勝艶(しょうえん)ろうけつ染め・刺しゅう合作社」で刺しゅうをするミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州の榕江(ようこう)県はここ数年、民俗手工芸による文化クリエイティブ産業の養成に力を入れている。農村女性が手工芸技術を活用し家庭内で収入を生み出すことや、合作社で観光土産品の製造を受注し、伝統的な手工芸品を貧困脱却につながる商品に変えることにより、地元農村女性が「指先の経済」という増収の道を歩めるよう積極的に指導している。(黔東南=新華社配信/楊成利)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500688

  • 2019年04月06日
    Sorbian Easter Eggs from the Spree Forest

    06 April 2019, Brandenburg, Lübbenau: Chicken eggs decorated with the wax batik technique. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041002336

  • 2019年04月06日
    Sorbian Easter Eggs from the Spree Forest

    06 April 2019, Brandenburg, Lübbenau: Chicken eggs decorated with the wax batik technique. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041002389

  • 2019年04月06日
    Sorbian Easter Eggs from the Spree Forest

    06 April 2019, Brandenburg, Lübbenau: Chicken eggs decorated with the wax batik technique. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041002360

  • 2019年04月06日
    Sorbian Easter Eggs from the Spree Forest

    06 April 2019, Brandenburg, Lübbenau: Marita Muckwar, artist, wears a Sorbian-Wendish festive costume and shows chicken eggs decorated with the wax batik technique. Photo: Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041002359

  • 2019年05月21日
    古民家を民宿に改造山あいの集落が千客万来に貴州省

    夜の民宿で行われた刺しゅうろうけつ染めの実演。(2019年5月21日撮影)サムスン中国は2018年6月、中国貧困扶助基金会を通して慈善金1千万元(1元=約16円)を寄付し、貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州雷山県丹江鎮の白岩村で「サムスン中国・村落の美しい民宿共有プロジェクト」を立ち上げた。同プロジェクトは、観光専門合作社(協同組合)の設立を通して、放置されていた古民家を民宿に改造して進化させる。第一期の家屋2棟が昨年6月に営業を開始、週末や休暇期間中はすでに予約が難しくなっている。今年上半期には第二期の営業も始まる見通しで、その頃には山々に囲まれたミャオ族の集落はさらに大勢の客を迎え、より多くの村民が恩恵を受けることになる。(貴陽=新華社配信)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011603218

  • 03:53.66
    2019年05月27日
    「新華社」朝鮮国際商品展覧会で商機見いだす中国企業

    毎年春と秋の2回、朝鮮(北朝鮮)・平壌(ピョンヤン)の3大革命展示館で国際商品展覧会が開催される。今年の春季展覧会は20日に開幕した。この展覧会は朝鮮(北朝鮮)の人々が外国の商品を購入する機会となるだけでなく、外国企業が朝鮮(北朝鮮)で商機を見いだし、市場を開拓する重要な場にもなっている。館内に設けられた中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州凱里(がいり)市のブースには、ろうけつ染めや刺しゅう、銀装飾などの民族的な手作り工芸品が並んでいる。呉士珍(ご・しちん)さん(29)は凱里市から来たろうけつ染めの伝承者で、今回ろうけつ染めを宣伝するため、初めて海外を訪れた。呉さんは海外で中国の伝統工芸品を紹介できるのは貴重な機会だとし、海外企業と直接交渉して貴州省ミャオ族の伝統工芸品を世界に広めるために経験を積みたいと述べた。今年の春季展覧会には、朝鮮(北朝鮮)市場の開拓に強い関心を示す、多数の中国企業が参加している。これらの企業は朝鮮(北朝鮮)市場の将来を有望視しており、展示会を通して市場の需要を理解し、提携相手を見つけたいと期待を示した。(記者/江亜平、程大雨、劉艶霞)<映像内容>北朝鮮の国際商品展覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052705364

  • 2019年08月14日
    踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省

    14日、大会の会場でろうけつ染めの技を披露する女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900502

  • 2019年08月14日
    踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省

    14日、大会の会場で国家級無形文化遺産の「楓香(ふうこう)染め」の技を披露する女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900425

  • 2019年08月14日
    踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省

    14日、大会の会場で刺しゅうを施す女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900434

  • 2019年08月14日
    踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省

    14日、大会の会場でろうけつ染めの技を披露する女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900463

  • 2019年08月14日
    踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省

    14日、大会の会場で刺しゅうを施す女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900492

  • 2019年08月14日
    踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省

    14日、大会の会場で刺しゅうを施す女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900454

  • 2019年08月14日
    踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省

    14日、大会の会場で刺しゅうを施す女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900456

  • 2019年08月14日
    踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省

    14日、大会の会場で刺しゅうを施す女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081900436

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月23日
    「母親製造」で貧困女性を支援伝統文化の継承も

    観光客にろうけつ染め作品を紹介する「母親製造」協同組合代表の張義苹(ちょう・ぎへい)さん(左端)。(8月23日撮影)2016年に中国婦女基金会が北京螞蟻力量伝統手工芸文化発展センターと共同で立ち上げた公益プロジェクト「母親製造(MOMHANDWORKS)」は、中国伝統の無形文化遺産である手工芸を調査・整理し、デザイナーと協力することで、東洋文化の良さを保ちながら世界にも通用する文化クリエイティブ作品を生み出しており、一定の技能を持つ低所得の女性に制作を委託する形で行われている。同プロジェクトは、これらの女性たちが労働により報酬を得て生活を向上させることで、「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守児童」(両親が出稼ぎに出て農村部に残された子ども)の問題をある程度解決することを目標としている。立ち上げから間もなく3年。「母親製造」の協同組合は既に中国の13省、46カ所にまで広がった。これまで4千人以上の起業と就業を直接支援し、各地の低所得女性の在宅就業と所得増加を後押ししてきた。同プロジェクトは「母親製造」のプラットフォームの運営を通じて、より多くの若者の伝統手工芸に対する興味を呼び起こし、伝統文化の継承を効果的に促進している。また、無形文化遺産である手工芸と近代芸術を融合させる試みも行っており、多くの人々から好評を得ている。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700619

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月23日
    「母親製造」で貧困女性を支援伝統文化の継承も

    ろうけつ染めの模様を描く「母親製造」協同組合代表の張義苹(ちょう・ぎへい)さん。(8月23日撮影)2016年に中国婦女基金会が北京螞蟻力量伝統手工芸文化発展センターと共同で立ち上げた公益プロジェクト「母親製造(MOMHANDWORKS)」は、中国伝統の無形文化遺産である手工芸を調査・整理し、デザイナーと協力することで、東洋文化の良さを保ちながら世界にも通用する文化クリエイティブ作品を生み出しており、一定の技能を持つ低所得の女性に制作を委託する形で行われている。同プロジェクトは、これらの女性たちが労働により報酬を得て生活を向上させることで、「空巣老人」(一人または夫婦のみで生活する高齢者)や「留守児童」(両親が出稼ぎに出て農村部に残された子ども)の問題をある程度解決することを目標としている。立ち上げから間もなく3年。「母親製造」の協同組合は既に中国の13省、46カ所にまで広がった。これまで4千人以上の起業と就業を直接支援し、各地の低所得女性の在宅就業と所得増加を後押ししてきた。同プロジェクトは「母親製造」のプラットフォームの運営を通じて、より多くの若者の伝統手工芸に対する興味を呼び起こし、伝統文化の継承を効果的に促進している。また、無形文化遺産である手工芸と近代芸術を融合させる試みも行っており、多くの人々から好評を得ている。(北京=新華社記者/張玉薇)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091700728

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、自身が制作したミャオ族の民族衣装「百鳥衣」を見せる省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500128

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ミャオ族の民族衣装「百鳥衣」の制作過程について話し合う省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(右)とミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500153

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ろう画を染める前の下準備をする省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(右)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500304

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、刺しゅうに励む省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(右)とミャオ族の女性。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500137

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ろう画の制作に励む省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500249

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ろう画を制作する省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500140

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、榕江県興華郷擺貝村にある「貧困扶助工房」で、ろう画を制作する省級無形文化遺産の伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110500174

  • 2020年10月25日
    「貧困扶助工房」が文化遺産伝承と増収を後押し貴州省

    10月25日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華郷の擺貝村は近年、貧困脱却の取り組みを進め、「貧困扶助工房」を設置し、「擺貝ミャオ族女性の刺しゅう相互支援チーム」を結成。地元の無形文化遺産伝承者を技術指導者として招き、ミャオ族女性が自宅の近くで刺しゅうやろうけつ染めなどの伝統工芸の技術を学べるようにしている。また、市場のニーズに合わせ、「百鳥衣」と呼ばれるミャオ族の民族衣装やろうけつ染めのマフラー、スカーフ、刺しゅう入りバッグなどの手工芸品を生産し、専門店、電子商取引(EC)プラットフォームなどを通して北京、上海、広州などの都市および東南アジアの国と地域で販売。無形文化遺産を伝承するとともに、地元の人々の増収を後押ししている。(榕江=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111006076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902475

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902485

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(前列左から1人目と2人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902498

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左から3人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902500

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(右)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902491

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902529

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902592

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左から3人目)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902534

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、ミャオ族の女性に刺しゅうを教える講師(左)。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902595

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902602

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    刺しゅうやろうけつ染めの技術を身に付け貧困脱却貴州省

    13日、貴州省従江県のミャオ族集落「岜沙(はさ)苗寨」創和刺しゅう研修拠点で、刺しゅうを習うミャオ族の女性。中国貴州省貴陽市雲岩区はここ数年、同省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江県の複数の農村に、伝統工芸の刺しゅうとろうけつ染めの技術が習得できる人材育成拠点を設立している。500人余りの女性から成る刺しゅう・ろうけつ染めチームを結成し、農村の少数民族の女性1700人余りを対象に伝統工芸の研修を実施。貧困世帯500世帯の女性が、出稼ぎに行かずとも貧困脱却を実現できるよう直接支援している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111902556

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で店舗の従業員に作品を紹介する王方周さん(左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704505

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で地元住民にろうけつ染めの模様の描き方を指導する王方周さん(手前右)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704531

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で模様を描く地元住民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704721

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で地元住民にろうけつ染めの模様の描き方を指導する王方周さん(手前左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704731

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房に展示されている作品。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704575

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で観光客に模様の描き方を指導する王方周さん(左端)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704644

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県にあるろうけつ染めの体験館で商品を選ぶ観光客。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704452

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で地元住民に作品を紹介する王方周さん(右)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704726

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で作品を鑑賞する店舗従業員(左)と地元住民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704865

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で観光客に模様の描き方を指導する王方周さん(奥左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704905

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県の工房でろうけつ染めの模様を描く地元住民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704463

  • 2020年12月01日
    ろうけつ染め技術で増収を後押し貴州省丹寨県

    1日、丹寨県のろうけつ染め工房で店舗の従業員に作品を紹介する王方周さん(左)。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の王方周(おう・ほうしゅう)さん(40)は2016年8月、同県にミャオ族伝統のろうけつ染めの工房を開いた。王さんは県内の観光スポット万達観光小鎮に、ろうけつ染めの体験館もオープン。工房と体験館は今年に入り6千人以上の観光客を受け入れ、合計30万元(1元=約16円)以上の売り上げを得た。(丹寨=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704532

  • 01:25.16
    2021年01月05日
    「新華社」ミャオ族の村で農閑期の絵画制作貴州省竜里県

    中国貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州竜里県洗馬鎮平坡村の住民は、農繁期には野良仕事、農閑期には絵画制作にいそしむ。村内では、憩いの場となっている長い回廊や農家の小さな中庭など、至る所で絵を描くミャオ族の女性たちを見かける。女性たちは新しい年への期待を込め、牛をテーマとした絵を描いていた。牛は今年の干支であり、ミャオ族にとってはトーテム崇拝の対象としてきた特別な動物でもある。村に伝わる伝統絵画「ミャオ画」は、切り絵細工や刺しゅう、ろうけつ染めなどの技法を取り入れ、地域の古い伝説や日常生活、冠婚葬祭などを生き生きと描写する。ミャオ画は今では女性たちの重要な収入源になっているという。(記者/陳嬙) =配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010503007

  • 00:40.97
    2021年01月06日
    「新華社」ミャオ族ろうけつ染め「染め娘」の願い

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県楊武鎮排倒村はミャオ族が多く住む伝統的な村落で、村民らはろうけつ染めと手編み物に長けている。王欣穎(おう・きんえい)さんは6歳から母親にろうけつ染めを教わり、「染め娘」となった。王さん一家はかつて登録貧困世帯だったが、家族でろうけつ染め体験館と工房を設立し、商品の製造開発と販売、制作体験に特化して運営したところ、低収入の家庭から「ろうけつ染めの家」へと変わった。王さんは「新しい1年は、インターネットを通してさらに多くの人々にろうけつ染め文化とミャオ族文化を知ってもらいたい。私たちのろうけつ染めを好きになってほしい」と新年の願いを語った。(記者/楊文斌、陳嬙) =配信日: 2021(令和3)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010701050

  • 2021年02月05日
    (8)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場でろうけつ染め製品を作るミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802916

  • 2021年02月05日
    (9)ミャオ族集落が歩んだ貧困脱却の道貴州省畢節市

    3日、化屋村にある貧困者支援作業場でろうけつ染め製品を作るミャオ族の女性。中国貴州省畢節市黔西県新仁ミャオ族郷の化屋村は以前、「崖の下の村」を意味する「化屋基」と呼ばれていた。同村はここ数年、的確な貧困脱却支援の推進によって飛躍的に発展。2017年には貧困からの脱却を果たし、かつて貧困率が66・3%に達していた少数民族の村は、見違えるほど変貌した。化屋村の変化の歴史は、中国の少数民族地域が歩んだ貧困脱却の道の生きた縮図と言える。(黔西=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020802839

  • 01:11.19
    2021年03月10日
    「新華社」ミャオ族のろうけつ染めで農村振興を後押し貴州省

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県興華スイ族郷にある擺貝村は、伝統的なミャオ族の集落。同村に住むミャオ族のろうけつ染め伝承者、姜老本(きょう・ろうほん)さん(59)は、地元の女性100人余りにろうけつ染めと刺しゅう工芸の手本を示し、同産業による増収をもたらした。姜さんの弟子で「染め娘」の潘老拉(はん・ろうら)さんは、ろうけつ染と刺しゅうで毎年、8万~10万元(1元=約17円)の収入を得られるようになった。今後も美しいろうけつ染めを描き続け、将来は民宿旅館を開業して観光客を迎えたいという。村の生活はますます向上し、居住条件も明らかに改善している。「染め娘」たちは今後もろうけつ染めと刺しゅうの産業を守り、民族の伝統文化を通して農村振興に力を尽くしていく。(記者/陳嫱) =配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031014534

  • 2021年04月22日
    少数民族の伝統手工芸品で農村振興を推進貴州省榕江県

    22日、榕江県車民街道臥竜社区(コミュニティー)の民族産業工房で、絞り染めをするスタッフ。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県のろうけつ染めと刺しゅうは、地元のミャオ族やトン族などの少数民族の人たちが代々受け継いできた手工芸品で、無形文化遺産リストに登録されている。同県は地域の実情に応じて、伝統的な技法をモダンな工芸品と結びつけて発展させ、自然資源と文化資源の融合によって特色ある文化産業を開拓。住民の雇用と増収を実現させるとともに、農村の振興を後押ししている。(貴陽=新華社配信/范暉)=配信日:2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042707810

  • 2021年04月25日
    「00後」のろうけつ染め伝承者が描く夢貴州省丹寨県

    25日、ろうけつ染めの体験店で、出来上がった作品の仕上がりをチェックする王欣穎さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州丹寨県出身の「00後(2000年代生まれ)」の王欣穎(おう・きんえい)さん(21)は、6歳の時にろうけつ染めに触れ、19歳の時に無形文化遺産、ろうけつ染めの同県の伝承者に認定された。ろうけつ染めはミャオ族の間で代々受け継がれてきた伝統的な染色技法で、色合いは上品で、模様は優美。濃厚な民族情緒と地域の特色にあふれ、第1次国家級無形文化遺産に登録されている。2017年、貧困脱却の難関攻略が大々的に推進される中、同県に観光スポット、万達小鎮が建設された。多くの無形文化遺産伝承者が賃貸料免除で招聘され、補助金を受けている。王さんも家族と一緒に同地にろうけつ染めの体験店を開き、観光客がろうけつ染めづくりを体験できるようにしている。店にはろうけつ染めの工房があり、王さんらはそこで商品の製作や研究開発、販売を行っている。王さん一家は以前、貧困世帯として登録されていたが、貧困から抜け出し、今では地元で有名な「ろうけつ染め一家」として知られるようになった。今年4月に上海ファッションウィークに招待された王さんは、「今後は、ろうけつ染めの要素を取り入れた、おしゃれなアパレル商品を作り、より多くの人にろうけつ染めを好きになってもらいたい」と語った。(丹寨=新華社記者/欧東衢)=2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051011675

  • 2021年04月26日
    (8)少数民族の伝統手工芸品で農村振興を推進貴州省榕江県

    22日、榕江県車民街道臥竜社区(コミュニティー)の民族産業工房で、観光客に「手工芸体験」の詳細について説明するスタッフ。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県のろうけつ染めと刺しゅうは、地元のミャオ族やトン族などの少数民族の人たちが代々受け継いできた手工芸品で、無形文化遺産リストに登録されている。同県は地域の実情に応じて、伝統的な技法をモダンな工芸品と結びつけて発展させ、自然資源と文化資源の融合によって特色ある文化産業を開拓。住民の雇用と増収を実現させるとともに、農村の振興を後押ししている。(貴陽=新華社配信/余天英)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042700246

  • 2021年04月26日
    (7)少数民族の伝統手工芸品で農村振興を推進貴州省榕江県

    22日、榕江県車民街道臥竜社区(コミュニティー)の民族産業工房で、ライブ配信で製品を販売するスタッフ。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県のろうけつ染めと刺しゅうは、地元のミャオ族やトン族などの少数民族の人たちが代々受け継いできた手工芸品で、無形文化遺産リストに登録されている。同県は地域の実情に応じて、伝統的な技法をモダンな工芸品と結びつけて発展させ、自然資源と文化資源の融合によって特色ある文化産業を開拓。住民の雇用と増収を実現させるとともに、農村の振興を後押ししている。(貴陽=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042700244

  • 1
  • 2