KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 屋外
  • 場所
  • 作業
  • 食材
  • 野菜
  • 山菜
  • 新緑
  • 野草
  • 食べ物

「わかめ」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
232
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
232
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    門司和布刈神社

    甲宗八幡神社の鳥居と石灯籠で、その向こうは塩田。社殿は写真より左側にある。写真の場所は後の築港工事で埋め立てられた。鳥居は現存しないが、石灯籠は境内の別の場所に移設されている。石灯籠はすべて明治17年(1884)建立、埋立工事は明治22年以降に行われたことから、その間の時期に撮影されたと考えられる。=撮影年月日不明、門司、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号58‐2‐0]

    商品コード: 2017081400602

  • -
    門司和布刈神社

    門司和布刈神社=撮影年月日不明、門司、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号108‐24‐0]

    商品コード: 2017081502050

  • -
    門司和布刈神社

    和布刈神社は北九州市門司区にある神社。関門海峡に面する九州の最突端に位置する。旧暦元旦早暁にワカメを刈り取って神前に供える和布刈神事は県の無形民俗文化財に指定されている。小川一真撮影。=撮影年月日不明、門司、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐47‐0]

    商品コード: 2017080400593

  • -
    ワカメ干し

    キーワード:ワカメ、屋外、加工、干す、産業、水産業、吊す、日本、複数、無人、テーマメイン写真=撮影日不明、神奈川県、クレジット:GYRO PHOTOGRAPHY/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020123000593

  • -
    筍売り

    筍は竹の地下茎から出る若芽。春になって収穫した筍を籠に入れて売り歩いている男。筍の季語は夏。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号44‐11‐0]

    商品コード: 2017080902786

  • 1952年08月31日
    北九州・門司 和布刈神社

    門司の和布刈神社=1952(昭和27)年8月、北九州、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081100913

  • 1957年11月01日
    北九州市 和布刈公園

    和布刈公園=1957(昭和32)年11月、福岡県・門司(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2016121500446

  • 1963年04月01日
    スケッチ24604 南伊豆のワカメ干し

    ワカメを乾燥させるため、天日に干す婦人=1963(昭和38)年4月1日、静岡県南伊豆町

    商品コード: 2017120100338

  • 1963年10月12日
    北九州・門司 和布刈神社

    新しい年の豊漁を祈願する和布刈神事が有名=1963(昭和38)年10月頃、北九州市門司区、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081100554

  • 1964年04月15日
    スケッチ24711−11 テングサ、ワカメ採り解禁

    テングサ、ワカメ採り解禁で、採ったワカメやテングサを浜に並べる婦人ら=1964(昭和39)年4月15日、静岡県南伊豆町

    商品コード: 2017120100603

  • 1965年04月08日
    スケッチ24815 伊豆下田でワカメ採り始まる

    ワカメ採りが始まった伊豆下田の海=1965(昭和40)年4月8日、下田市

    商品コード: 2017120700489

  • 1971年07月01日
    北九州市 関門海峡

    空から見た1971(昭和46)年当時の関門海峡と和布刈公園=1971(昭和46)年7月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016112501089

  • 1975年04月27日
    連休を乗せて

    静岡・大井川鉄道のSL 八十八夜ももうすぐ。緑の若芽が出そろった茶畑を行くコッペル号-コッペル1275号(1922年ドイツ製)がこの日の主役。定員48人の客車2両を満員にして、大井川鉄道井川線の千頭~川根両国駅間1・1キロをのんびりと15分かけて往復する。沿線には茶畑が広がり、山はしたたるような緑、今が見ごろのヤマザクラが汽笛にふるえる=1975(昭和50)年4月27日(写真ニュース「連休を乗せて 静岡・大井川鉄道のSL」5枚組の2)

    商品コード: 2012111500118

  • 1977年05月15日
    ムラサキイガイが群生 東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も

    海底にビッシリ群生するムラサキイガイ。海底は予想以上に澄んでいた(水深3メートル)−公害で“死の海”と化した東京湾の水が最近きれいになってきた。200カイリ時代を迎え、沿岸漁業や栽培漁業が注目される世相を反映してか、「身近な東京湾を見直そう」とダイビング・クラブ連絡会議のダイバーが活動開始=1977(昭和52)年5月15日、東京・船の科学館前(52年内地 3707−1)(写真ニュース「東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も」5枚組みの1)

    商品コード: 2014090100313

  • 1977年05月15日
    岩場に植えつけ 東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も

    宮城県松島湾から運んだワカメの母体を岩場に植えつけるダイバー−「身近な東京湾を見直そう」とワカメの養殖実験を開始(52年内地 3707−2)(写真ニュース「東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も」5枚組みの2)

    商品コード: 2014090100316

  • 1977年05月15日
    透明度調査 東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も

    円盤を使っての透明度調査、水温、生態系の分布など定期的な観察を続けるメンバー−東京周辺のアマチュアやプロのダイバーで組織する「ダイビング・クラブ連絡会議」メンバーが、1月から定期的に海の透明度、生物の種類、生態の観察を続けている(52年内地 3707−3)(写真ニュース「東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も」5枚組みの3)

    商品コード: 2014090100317

  • 1977年05月15日
    イワガニ 東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も

    海底をじっくりと観察するとイワガニが活発に動き回っていた−水温16度、透明後は2メートル。魚がピクンと動いた。20センチほどのアイナメだ。ムラサキイガイの隙間には、1センチぐらいのイワガニが動き回っている(52年内地 3707−4)(写真ニュース「東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も」5枚組みの4)

    商品コード: 2014090100318

  • 1977年05月15日
    イソギンチャク 東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も

    ムラサキイガイの間にきれいなイソギンチャクが波に揺られていた−予想外に水はきれいだ。ユリの花のようなイソギンチャクがたくさんいる。水深5メートルをすぎると水温が急に低くなる。流れが少ない証拠だ。水深10メートルの海底には約1メートルの厚さでヘドロが均一に積もっている(52年内地 3707−5)(写真ニュース「東京湾で潜水調査 ワカメの養殖実験も」5枚組みの5)

    商品コード: 2014090100319

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1981年04月20日
    敦賀原発で放射能漏出、事故隠し

    通常の10分の1の50円から100円の安値で競りにかけられたワカメ=1981(昭和56)年4月20日、福井県漁連敦賀支所(1981年国内十大ニュース6)

    商品コード: 2010012700080

  • 1990年01月21日
    花やワカメの紙に書道作品

    デンマークから贈られた花や海草で作った紙を見る宮本竹逕(ちくけい)さん=大阪府吹田市千里山西

    商品コード: 2020080707053

  • 1990年12月31日
    ワカメ

    ワカメ。日本で古くから食用とされてきた海藻の一つ。岡山県内では倉敷市下津井地区が主産地。香川や徳島県産なども流通している、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020907243

  • 1990年12月31日
    アスパラガス

    アスパラガス。南ヨーロッパ原産の多年生植物。地下茎から伸びる若芽を食べる。新陳代謝を促し、疲労回復に効果があるとされるアスパラギン酸を多く含む。産地を変えながら年中出回るが、岡山県産は春の訪れとともに店頭に並ぶ。同県内では勝英、津山地域が主な産地で、矢掛町でも生産者が増えている。雨に弱いため他県ではハウス栽培が一般的だが、降水量の少ない岡山は7~8割が露地物。市場関係者によると「日光をしっかり浴びて濃いグリーンに育つのが特徴」という、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041212145

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-177-27]

    商品コード: 2017082800737

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-176-9A]

    商品コード: 2017082800756

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-176-6A]

    商品コード: 2017082800841

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-178-3]

    商品コード: 2017082800852

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-178-9]

    商品コード: 2017082800837

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-176-21A]

    商品コード: 2017082800874

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-158-13A]

    商品コード: 2017082800867

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-178-2]

    商品コード: 2017082800853

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-177-16]

    商品コード: 2017082800739

  • 1993年02月15日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメ干し作業=1993(平成5)年2月15日、山口県萩市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [93-177-35]

    商品コード: 2017082800838

  • 1995年06月16日
    標本を持つ川島さん 140年ぶりに里帰り

    )、社会07S  一時里帰りしたワカメとヒジキの標本を持つ川島昭二さん=市立函館博物館(元北海道水産試験場場長で理学博士、かわしま・しょうじ)(幕末期に米国のペリーらの黒船艦隊が北海道・函館(当時は箱館)などに来航した際、随行の植物学者が採集して持ち帰った植物と海藻の標本が約百四十年ぶりに一時里帰り)

    商品コード: 1995061600002

  • 1995年09月09日
    田代信太郎さん 経口剤包装にワカメが有効

    積善会曽我病院の田代信太郎理事(たしろ・しんたろう)(カラーネガ)

    商品コード: 1995090900009

  • 1996年12月14日
    山の子がワカメ植え付け

    )、16日付朝刊以降使用  初めてのワカメの植え付けにチャレンジする園児たち=神奈川県秦野市の東幼稚園

    商品コード: 1996121400064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年05月21日
    ワカメ漁の海女 三国に海は戻ったか

    )、企画46S  水温は15度、太陽光線がふり注ぐ透明な海で、海女はワカメを見つけると素早く潜り、かまで刈る。海女の熟練の技だ=福井県三国町

    商品コード: 1998052100100

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年05月21日
    港に帰る海女 三国に海は戻ったか

    )、企画46S  決められた1時間の漁を終え、海女たちはワカメを船に積んで一斉に港に戻ってくる=福井県三国町

    商品コード: 1998052100096

  • 1998年05月21日
    ワカメの天日干し 三国に海は戻ったか

    )、企画46S  一つ一つ丁寧にこもの上で天日干しされるワカメ。作業は夕方近くまでかかる=福井県三国町

    商品コード: 1998052100097

  • 1998年12月25日
    わかめラーメン

    東洋水産の「マルちゃん麺づくりわかめラーメン」

    商品コード: 1998122500075

  • 1999年02月23日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメの灰干し作業=1999(平成11)年2月23日、徳島県鳴門市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外11-304-12]

    商品コード: 2017082800798

  • 1999年02月23日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメの灰干し作業=1999(平成11)年2月23日、徳島県鳴門市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外11-304-7]

    商品コード: 2017082800768

  • 1999年02月23日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメの灰干し作業=1999(平成11)年2月23日、徳島県鳴門市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外11-304-21]

    商品コード: 2017082800800

  • 1999年02月23日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメの灰干し作業=1999(平成11)年2月23日、徳島県鳴門市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外11-304-23]

    商品コード: 2017082800764

  • 1999年02月23日
    ワカメ 林・水産業(ワカメ)

    ワカメの灰干し作業=1999(平成11)年2月23日、徳島県鳴門市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外11-304-17]

    商品コード: 2017082800805

  • 1999年03月20日
    アワサンゴの群落 東京湾のアワサンゴが盗難

    水温13度、ホンダワラやカジメ、ワカメなどの海藻に囲まれ北限域の東京湾で生きるアワサンゴの群落=千葉県館山市沖、水深6メートル

    商品コード: 1999032000047

  • 2000年02月05日
    ワカメ刈り取る神職 門司で伝統の和布刈神事

    たいまつで照らし、神前に供えるワカメを刈り取る神職=5日午前3時10分、北九州市門司区の和布刈(めかり)神社

    商品コード: 2000020500013

  • 2001年01月24日
    海に入る神職 航海安全と豊漁祈念し神事

    たいまつとおけ、かまを手に海に入る神職=24日午前3時30分、北九州市門司区の和布刈神社

    商品コード: 2001012400008

  • 2003年11月25日
    冷泉貴実子さん 公家装束で歌会始

    「雪の下から出た若芽を摘んで食したのが春の七草、初春の喜びの象徴ですね」と話す冷泉貴実子さん=京都市上京区の冷泉家

    商品コード: 2003112500103

  • 2004年01月22日
    和布刈神事 神前にワカメ、豊漁祈る

    和布刈(めかり)神事でワカメを刈り取る神職=22日午前3時、北九州市門司区の和布刈神社

    商品コード: 2004012200011

  • 2004年02月20日
    熊本県天草市 ワカメ干し

    五和町の海岸沿いのワカメ干し=2004(平成16)年2月20日、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015070100450

  • 2004年03月11日
    具だくさんの汁が主役

    ワカメと大根、牛肉の汁(前列左)、しらたきの油いため(前列右)、春キャベツの酢のもの(後列左)、焼き豆腐のゴマかけ(後列右)

    商品コード: 2004031100047

  • 2004年05月13日
    旬のアサリを汁で

    手前からアサリとワカメと大根の汁、焼きウドの木の芽みそあえ、豚肉の小麦粉焼き、切り干し大根の酢のもの。奥の小皿は豚肉のたれ

    商品コード: 2004051300171

  • 2004年05月28日
    ワカメ洗う浜本さん 「氏神さま」に感謝の報告

    漁から帰りワカメを洗う浜本雄幸さん=28日午前、福井県小浜市

    商品コード: 2004052800074

  • 2005年02月09日
    ワカメを刈り取る神職 ワカメ刈り、豊漁祈る

    和布刈神社前で、たいまつを掲げワカメを刈り取る神職=9日午前3時10分、北九州市門司区

    商品コード: 2005020900006

  • 2005年03月11日
    野村さん、津村さん ワカメちゃんの声交代へ

    野村道子さん、津村まことさん

    商品コード: 2005031100175

  • 2005年05月30日
    ワカメともんじゅ 揺れ続けた「夢の原子炉」

    ワカメを干す住民と高速増殖炉もんじゅ=26日午前、福井県敦賀市白木

    商品コード: 2005053000253

  • 2005年05月30日
    住民と高速増殖炉もんじゅ 揺れ続けた「夢の原子炉」

    ワカメを干す住民と高速増殖炉もんじゅ=26日午前、福井県敦賀市白木

    商品コード: 2005053000250

  • 2006年01月29日
    ワカメを刈り取る神職 ワカメ供え、豊漁祈る

    たいまつの明かりを頼りにワカメを刈り取る神職=29日午前3時、北九州市門司区の和布刈神社

    商品コード: 2006012900020

  • 2007年02月18日
    和布刈神事 ワカメ刈り、豊漁祈る

    たいまつで海を照らし、ワカメを刈り取る神職=18日未明、北九州市門司区の和布刈神社

    商品コード: 2007021800068

  • 2007年02月18日
    和布刈神事 和布刈神社

    たいまつの明かりを頼りに岩場でワカメを刈る和布刈神社の神職=2007(平成19)年2月18日午前3時10分頃、北九州市門司区、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015081101034

  • 2007年05月17日
    砂浜のワカメ作り 砂干しワカメ作りが最盛期

    最盛期を迎えた「砂干しワカメ」作り=16日、福島県いわき市の小浜海岸

    商品コード: 2007051700131

  • 2008年01月26日
    「芽生えわかめ」の収穫 「漁師の特権」食卓へ

    「芽生えわかめ」を刈り取る後藤昭重さん=16日、徳島県鳴門市沖

    商品コード: 2008012600009

  • 2008年02月07日
    和布刈神事 豊漁と航海安全祈り神事

    「和布刈神事」でワカメを刈り取る神職=7日午前3時10分、北九州市門司区の和布刈神社

    商品コード: 2008020700014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年04月10日
    林原美術館館長・熊倉功夫 「灰干し」から「炭干し」

    熊倉功夫

    商品コード: 2008041000192

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年11月26日
    会見する原告代表ら 排砂のワカメ影響認める

    関西電力出し平ダムの排砂被害訴訟の判決後、記者会見する原告代表の佐藤宗雄さん(左)と青島明生弁護士=26日午後、富山市の富山県弁護士会館

    商品コード: 2008112600362

  • 2009年01月26日
    ワカメを刈り取る神職 ワカメ刈り、航海安全祈願

    旧暦の元日にワカメを刈り取り、神前に供えて航海安全や豊漁を祈願する「和布刈神事」=26日午前、北九州市門司区

    商品コード: 2009012600032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年03月29日
    若田さん地上から健康管理

    若田さんが持ち込んだ日本食と「おもしろ」宇宙実験

    商品コード: 2009032900229

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年07月29日
    マルナガ水産に入る捜査員 ワカメ産地偽装容疑で捜索

    ワカメの産地偽装で「マルナガ水産」に家宅捜索に入る捜査員=29日午前9時ごろ、徳島県鳴門市

    商品コード: 2009072900096

  • 2010年02月14日
    ワカメ刈り取る神職 ワカメ刈って豊漁祈る

    「和布刈神事」で、刈り取ったワカメをおけに納める神職=14日未明、北九州市門司区

    商品コード: 2010021400073

  • 2010年02月14日
    和布刈神事 ワカメ供え、豊漁祈る

    「和布刈神事」で、ワカメを刈り取る神職=14日未明、北九州市門司区

    商品コード: 2010021400181

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年05月09日
    家宅捜索に入る捜査員 ワカメ偽装容疑で逮捕

    マルナガ水産に家宅捜索に入る徳島県警の捜査員=9日午前9時30分、徳島県鳴門市

    商品コード: 2010050900024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年05月09日
    家宅捜索に入る捜査員 ワカメ偽装容疑で逮捕

    マルナガ水産に家宅捜索に入る徳島県警の捜査員=9日午前、徳島県鳴門市

    商品コード: 2010050900072

  • 2010年08月18日
    オカワカメ 花木(オカワカメ)

    緑のカーテン=2010(平成22)年8月18日、埼玉県さいたま市、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [20100818DN0022-01]

    商品コード: 2017092900915

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年09月13日
    押収されたカニとワカメ 粗悪なカニ売り付け、札幌

    押収されたカニとワカメ(手前左)=13日午後、札幌・白石署

    商品コード: 2010091300089

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年09月20日
    送り付けたカニなど 道産ブランド、巧みに勧誘

    北海道産ブランドを利用して客に送り付けたカニやワカメ

    商品コード: 2010092000181

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年04月01日
    海を見つめる木村優君 ワカメの町、復興させたい

    祖父が消えた海を見つめる木村優君=3月29日、岩手県宮古市の千鶏地区

    商品コード: 2011040100354

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年04月21日
    漁具を回収する阿部さん 被災地の表情

    津波で道路が寸断され、約1週間孤立状態になった宮城県南三陸町の長清水地区。ワカメを生産、加工していた阿部明さんの自宅と加工場は全壊し、出荷目前だったワカメもすべて流された。それでも阿部さんは「もう一度やり直したい」と、生産再開に向け使えそうな漁具などを回収していた=21日午後

    商品コード: 2011042100343

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年04月26日
    養殖設備説明する佐藤さん 組織化で漁業再生目指す

    がれきと共に陸に打ち上げられたワカメの養殖設備について説明する、宮城県漁協志津川支所ワカメ部会の佐藤俊市会長=23日、宮城県南三陸町

    商品コード: 2011042600403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月19日
    木を片付ける漁師ら 田老漁港で清掃作業

    津波で大きな被害を受けた岩手県宮古市の田老漁港で、打ち上げられた木を片付ける田老漁協の組合員ら。避難所や仮設住宅で暮らす約50人が午前8時から午後4時まで清掃作業を行っている。ワカメやコンブの養殖を営んできた八重樫則夫さんは「船は5隻流され漁場も壊滅した。再開のめどは立たないが、今できることを少しずつやっていくしかない」と話した=19日

    商品コード: 2011051900557

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月21日
    ワカメ漁をする漁協組合員 復興へ、70日ぶりの大漁

    震災後、初の天然ワカメ漁をする重茂漁協の組合員=21日午前5時35分、岩手県宮古市

    商品コード: 2011052100032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月21日
    ワカメ漁をする組合員 復興へ、70日ぶりの大漁

    震災後、初の天然ワカメ漁をする重茂漁協の組合員=21日午前4時56分、岩手県宮古市

    商品コード: 2011052100033

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月21日
    ワカメを積み上げる女性 復興へ、70日ぶりの大漁

    水揚げされたワカメを仕分け、釜ゆで作業のために積み上げる女性=21日午前7時17分、岩手県宮古市

    商品コード: 2011052100034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月21日
    再開されたワカメ漁 復興へ、70日ぶりの大漁

    震災以来約70日ぶりに再開された天然ワカメ漁=21日午前5時41分、岩手県宮古市

    商品コード: 2011052100035

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月21日
    ワカメを仕分ける女性 復興へ、70日ぶりの大漁

    水揚げされたワカメを笑顔で仕分ける女性=21日午前6時41分、岩手県宮古市

    商品コード: 2011052100037

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月21日
    ワカメ漁をする漁協組合員 復興へ、70日ぶりの大漁

    震災後、初の天然ワカメ漁をする重茂漁協の組合員=21日午前5時35分、岩手県宮古市

    商品コード: 2011052100186

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月21日
    ワカメを仕分ける女性 復興へ、70日ぶりの大漁

    水揚げされたワカメを笑顔で仕分ける女性=21日午前6時41分、岩手県宮古市

    商品コード: 2011052100189

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月25日
    港でのワカメ処理 津波乗り越え、浜に活気

    水揚げされたワカメは、車座になって待ち構える漁師の家族らが、すぐさま不要な部分を切り落とし(手前)、海水で釜ゆでされる(奥)=21日、岩手県宮古市音部

    商品コード: 2011052500284

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月25日
    ワカメ漁をする男性 津波乗り越え、浜に活気

    岩手県宮古市の沖合約1キロの漁場で再開された天然ワカメ漁。久しぶりの漁に力がこもる=21日

    商品コード: 2011052500285

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月09日
    ワカメ漁の漁師 ワカメ漁、3カ月ぶり再開

    ワカメ漁が再開され、棒を使ってワカメを引き揚げる漁師=9日早朝、岩手県宮古市田老地区

    商品コード: 2011060900057

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月09日
    ワカメを選別する漁師ら ワカメ漁、3カ月ぶり再開

    ワカメ漁が再開し、収穫したワカメを選別する漁師ら=9日早朝、岩手県宮古市田老地区

    商品コード: 2011060900061

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月09日
    再開されたワカメ漁 ワカメ漁、3カ月ぶり再開

    約3カ月ぶりに再開されたワカメ漁=9日早朝、岩手県宮古市田老地区

    商品コード: 2011060900088

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月09日
    ワカメを湯通し ワカメ漁、3カ月ぶり再開

    収穫したワカメを湯通しする漁師。茶色のワカメがぱっと鮮やかな緑色になった=9日早朝、岩手県宮古市田老地区

    商品コード: 2011060900089

  • 2011年06月09日
    ワカメ漁の漁師 ワカメ漁、3カ月ぶり再開

    ワカメ漁が再開され、専用の鎌と箱眼鏡を使ってワカメを探す漁師=9日午前、岩手県宮古市田老

    商品コード: 2011060900200

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月09日
    ワカメを選別する漁師ら ワカメ漁、3カ月ぶり再開

    ワカメ漁が再開し、収穫したワカメを選別する漁師ら=9日早朝、岩手県宮古市田老地区

    商品コード: 2011060900201

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月10日
    大漁旗とがれき撤去 被災地の表情

    ワカメ、カキ養殖が盛んだった宮城県南三陸町の平磯漁港では、復興を願う大漁旗がはためく中、漁業関係者たちが懸命にがれきを片付けていた=10日午前

    商品コード: 2011061000098

  • 2011年06月10日
    大漁旗とがれき撤去 被災地の表情

    ワカメ、カキ養殖が盛んだった宮城県南三陸町の平磯漁港では、復興を願う大漁旗がはためく中、漁業関係者たちが懸命にがれきを片付けていた=10日午前

    商品コード: 2011061000312

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月16日
    ワカメ刈り取るダイバー 海底で清掃ボランティア

    津波で大きな被害を受けた養殖ワカメの再生に向け、胞子採取用の天然ワカメを刈り取るダイバー=14日、岩手県大船渡市

    商品コード: 2011061600286

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月09日
    南三陸町の漁師たち ワカメ養殖の再開準備

    宮城県南三陸町の清水浜漁港で、ワカメ養殖に使う浮玉を修理する漁師たち。津波で収穫時期のワカメが流され、多くの漁師は船を失ったが、10月中の養殖再開を目指して動き始めた。福島第1原発事故の影響も頭をよぎり、震災前のような値段が付くのか不安は尽きない。吉田忠男さん(73)(左)は「半年たっても何も変わらない。でも今さら他の仕事はできねえべ」と黙々と手を動かしていた=9日

    商品コード: 2011090900337

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月13日
    漁師の清掃作業 被災地の表情

    海辺の清掃作業を終えひと息つく漁師たち。「ここらの海はワカメやカキの養殖場だったんだよ」と漁師の一人が目の前の海を指さした。震災から半年、流れ着くがれきは少なくなってきたが、漁業関係者の努力は続いている=13日午後、岩手県大船渡市

    商品コード: 2011091300345

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月15日
    港で作業する漁師 被災地の表情

    岩手県大槌町の赤浜で、ワカメの養殖に使う土俵作りに汗を流す漁師たち。土俵は毎年同じものを使っていたが、津波で全て流されてしまった。10月初旬に海中へ設置し、来年3月の収穫を目指す=15日午前

    商品コード: 2011091500322

  • 1
  • 2
  • 3