KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • コウノトリ
  • レッドリスト
  • 国家湿地
  • 国際自然保護連合
  • 湿地公園
  • 中国雲南省
  • 華海国家
  • 雲南省保山市
  • ステーション
  • センター職員

「アカハジロ」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:23.44
    2021年01月14日
    「新華社」絶滅危惧種のアカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園で9日、職員が絶滅危惧種のアカハジロの姿を確認した。カモ科のアカハジロは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅寸前(CR)」に指定されている。保山市はここ数年、湿地の生態回復事業を進めており、同湿地公園に生息する鳥類は2016年の172種から、現在では279種まで増加している。(記者/王安浩維) =配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.44
    2020年03月28日
    「新華社」泰湖国家湿地公園に近絶滅種のアカハジロ黒竜江省泰来県

    春を迎え気温が上昇した中国黒竜江省チチハル市泰来県の泰湖国家湿地公園にアカハジロの群れが姿を現した。アカハジロは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近絶滅種(CR)に指定された渡り鳥。生息数は世界で千羽に満たない。同公園ではここ数年、生態環境の保護が一定の成果を上げ、多くの鳥類がすみ着くようになった。同省林業・草原局によると、園内には現在30羽余りのアカハジロが生息しているという。(記者/鉄富)<映像内容>泰湖国家湿地公園のアカハジロの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:13.48
    2020年02月27日
    「新華社」絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(記者/林碧鋒)<映像内容>絶滅危惧種であるアカハジロの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園でマガモの群れと共に過ごすアカハジロ(上)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で羽ばたくアカハジロ(中央)。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/汪金芳)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    23日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/毛三)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月22日
    絶滅危惧種アカハジロ、雲南省保山市で確認

    22日、雲南省保山市青華海国家湿地公園で撮影したアカハジロ。中国雲南省保山市青華海国家湿地公園管理センター職員がこのほど、青華海東湖を巡回していた際、世界的に絶滅が危惧されているアカハジロを確認した。同センターが明らかにした。アカハジロは渡り鳥で、東アジアや東南アジアに分布し、ロシア極東地域や中国東部で繁殖する。1990年代以降、生息地の破壊や乱獲、人間の干渉などにより個体数が急減。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧ⅠA類(CR)に指定されている。(保山=新華社配信/張世紅)=2020(令和2)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月09日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市房山区の鳥類観測ステーションで、石の上に止まるカベバシリ。(2018年12月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月20日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市延慶区の野鴨湖湿地自然保護区を優雅に舞うクロヅル。(2018年3月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月20日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市延慶区の野鴨湖湿地自然保護区で、湖面を泳ぐハクチョウの群れ。(2018年3月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月20日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市延慶区にある野鴨湖湿地自然保護区の大空を舞うハクチョウ。(2018年3月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月20日
    百万羽余りの渡り鳥が飛来希少鳥類も確認北京市

    北京市延慶区の野鴨湖湿地自然保護区で、エサを探す渡り鳥の群れ。(2018年3月撮影)中国北京市園林緑化局によると、今年同市の鳥類観測ステーション88カ所で観測された希少なコウノトリやアカハジロなどを含む渡り鳥の数は、1日の時点で140万羽余りに達した。亜熱帯から亜寒帯への移行帯に位置する同市は、多くの渡り鳥が春と秋の渡りの時期に必ず通る飛翔ルートにあたり、世界における鳥類の渡りのルート上の重要な中継地となっている。毎年、同市を通過する渡り鳥や旅鳥は300種類以上に上る。(北京=新華社記者/李欣)=2018(平成30)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月26日
    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ

    2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶヒシクイの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月26日
    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ

    2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区に集まるコハクチョウの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月26日
    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ

    2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶソリハシセイタカシギの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月26日
    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ

    2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶソリハシセイタカシギの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年02月26日
    東洞庭湖湿地に舞う鳥の群れ

    2月26日、東洞庭湖国家級自然保護区の上空を飛ぶコハクチョウとヒシクイの群れ。中国湖南省に位置する東洞庭湖地域で越冬している渡り鳥が数日前、北部へ渡る準備をしていた。多くの渡り鳥が毎年10月以降に北部から南部へと渡り、洞庭湖にたどり着く。一部は洞庭湖で羽を休めた後に、引き続き南へと飛び、一部は翌年の春まで越冬してから北部へ渡る。今年1月に行われた「環洞庭湖越冬水鳥調査」によると、6目12科54種に及ぶ22万6352羽の渡り鳥が観測され、この数は前年度より23%増加し、4万2399羽だった。そのうち、国家重点保護鳥類が10種・1万1412羽観測された。国家一級保護鳥類にはソデグロヅル、ナベツル、コウノトリ、ナベコウの4種224羽が含まれており、世界の絶滅危機種であるアカハジロ2羽とソデグロヅル119羽も観測されている。(長沙=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1